マッチングしたら即デート!Dine(ダイン)の口コミ・会員200名データ

dine

Dine(ダイン)

”100通のメールよりも、1回のデートを。”がコンセプトの、ファーストデートのセッティングをサポートするアプリ。真剣な恋活・婚活よりも、ご飯や飲み友達を求める人向きです。

料金 月額6,500円(税込)~
友達招待で一週間無料
目的 ご飯・飲み友達探し
主な年齢層 20代後半~30代前半
無料でアプリインストール

Dine(ダイン)はこんな人におすすめ!

Dine(ダイン)はこんな人にオススメです。3個以上当てはまった方は今すぐダウンロード

  • マッチング後のメッセージがめんどくさい!
  • 初デートのお店選びに自信がない!
  • まずは会ってみないと始まらない
  • 顔に自信がある
  • 可愛い女の子にご馳走したい
  • ご馳走してくれる男性を探したい
  • ご飯・飲み友達を探したい
  • 行きたいお店があるけど一人じゃ行きにくい
  • 3日以内にデートの予定を立てたい
  • 家か職場が東京・名古屋・大阪・福岡のあたり

⇒Dine(ダイン)を無料で使ってみる!

……いやいや、3つも当てはまらない!そんな人は別のマッチングアプリ・婚活サイトを検討してみて。

  • 結婚前提のお付き合い希望→婚活サイトをチェック
  • メッセージで相手をじっくり知りたい
  • 年収、学歴、身長など条件で相手を検索したい
  • すぐに会いたがる人は信頼できない
  • 外見よりも内面重視→相性診断があるwith
  • 外見に自信がない
  • 初デートは絶対割り勘がいい
  • 東京から離れたところに住んでいる→会員数最大級のペアーズ
  • 控えめでも真面目で誠実な人が好み

「デートすること」大前提ならオススメ!

Dine(ダイン)は「デートすること」が目的のデーティングアプリ。

実際に会ってデートするまでのプロセスが最高にスムーズなんです。

ふつう、マッチングアプリでは、マッチング→メッセージ→LINE交換→デート…というお決まりの流れがありますよね。

でも、Dine(ダイン)は、マッチングデート!……これだけ!

だらだら長いメッセージのやり取りをなくして、マッチングしたらまずデートの約束をしましょう、というスタンスです。

さらに、会員はハイスペック男性&美女が多いのもポイント!

⇒Dine(ダイン)を無料で使ってみる!

ただし、ライトな出会いを求めている人が多いので、真剣な恋活・婚活には一切向きません

恋人・結婚相手が欲しい人は、結婚を前提にお付き合いしたい人が多いOmiaiか、イケメン・美人が多いと評判で恋活向きのwithがオススメですよ。

また、対応エリアが限られているので、東京・名古屋・大阪・福岡周辺に住んでいる人でなければ利用できません。

対応エリア外でライトな出会いを求めている場合は、ご近所で相手を探すクロスミー、会員数の多いペアーズがオススメ!

口コミ・評判は…とにかくデートしたい人には好評!

ふつうのマッチングアプリとはちょっと違うコンセプトのDine(ダイン)。

その口コミ、評判を調べてみました。

デートすることが目的の人には、高評価を得ているようです。

Dine(ダイン)のここが良い!

  • お互いデートが目的なので、話がはやい
  • 好きなお店に行けるので、デートするのが楽しみ。
  • 日程とお店が具体的なので、メッセージに時間をかけられない忙しい人にぴったり。

⇒Dine(ダイン)を無料で使ってみる!

Dine(ダイン)のここがイマイチ……

  • 月額6,500円(税込)は高い…
  • 一日に見れる会員数がたった10名なので、少ない
  • プロフィールが埋まっていない人が多く、写真でしか判断できないことが多い

口コミをチェックしてみると、とにかくデートしたい!という人には向いているようです。

ただしコスパが悪く、外見勝負の傾向が強いので、内面重視の人には向かないですね。

アプリストアの評価をチェック!

App Storeでの評価は3.7。主要なマッチングアプリと比較すると、やや低めです。

でも、Dine(ダイン)は2016年にアメリカ、カナダでリリースされた後、2017年に日本でリリースされたばかりの、まだ新しいアプリ。

ここ1~2年でリリースされたTorte(2017年)、ポイボーイ(2016年)などと比べると評価が劣っておらず、健闘していますね。

順次エリア拡大予定なので、まだまだこれからに期待です。

評価の比較はこちら!

順位 アプリ名 App Store 評価件数(2018年2月現在)
1 Pairs 4.1 4,840
2 タップル 4 24,618
3 with 3.9 4,767
4 Omiai 3.8 21,051
6 Dine(ダイン) 3.7 161
8 ポイボーイ 3.6 35
9 マッチドットコム 3.2 742

Dine(ダイン)3つの特徴

Dine(ダイン)はペアーズやOmiaiと比べて、デートまでのプロセスがとにかくスムーズ無駄がない

その画期的な3つの特徴をざっくりとご紹介します。

1:自己紹介より先にデートの約束!

ペアーズ、Omiaiなどメジャーなマッチングアプリでよくある流れはこちら。

1.相手の条件設定 ↓ 2.検索 ↓ 3.いいね! ↓ 4.マッチング ↓ 5.メッセージ ↓ 6.LINE交換 ↓ 7.デートのお誘い ↓ 8.日程調整 ↓ 9.お店決め ↓ 10.デート

デートに至るまで、だいたい10ステップも!!

それに対して、Dine(ダイン)のデートまでの流れは、4つのステップで完了。

1.行きたいお店をリクエスト ↓ 2.マッチング ↓ 3.日程調整 ↓ 4.デート

Dine(ダイン)はメッセージで「初めまして^^」なんてやり取りする間もなく、マッチングしたら即デートの日程決め。画期的!

2:デートに行くお店選びが超カンタン

デートで行く場所は、Dine(ダイン)が厳選したデートにぴったりなお店のリストから選ぶだけ

お店の数は約100店舗で、夜景の綺麗なレストラン、看板のない隠れ家的お店、気軽に立ち寄れるお好み焼き屋まで、ジャンルはさまざま。

どれを選んでも外れなしなので、お店選びに自信がない方でも安心ですね。

3:東京・名古屋・大阪・福岡のみ対応、順次エリア拡大予定!

日本ではまだ、対応エリアは東京、名古屋、大阪、福岡のみ

ただ、家や職場が東京や名古屋、大阪、福岡でないとNGというわけではありません。

デートとして提案されるお店が全てこの4エリアだけなので、その場所まで通える距離であれば問題なし!

⇒Dine(ダイン)を無料で使ってみる!

実際に使ってみた

アラサー女性の筆者が、実際に一週間Dine(ダイン)を使ってみました。

その成果と、使ってみた感想をレポートします!

まず率直な感想は、「手っ取り早くデートしたい人にはオススメ!ただしリスクを理解すること!」です。

現役CAがDineを実際に使った感想と評価もご参考に。

一週間使った成果を発表!

一週間使ってみたところ、なんと45人とマッチングしました!

このマッチング数、筆者としてはとても多い方なんです。他のアプリを一週間使った結果との比較はこちら。

Dine Omiai with
マッチング数 45 4 15

Omiaiと比べると、マッチング数10倍以上。驚異的な数字ですね。

マッチングしやすい理由は、プロフィールが薄いので気軽にいいね!(=デートのリクエスト)できるからです。

なんせ、相手の情報は写真、名前、年齢、職業くらいしか表示されません。つまり、ほとんど写真勝負!

Dine(ダイン)のプロフィール画面

自己紹介文や、詳細なスペックがほとんど書いて無いから、フィーリングで気軽にマッチングできちゃうんですね。

マッチング=即デートの約束というのがDine(ダイン)の仕組みなので、マッチングのハードルは高いのかと予想してましたが、結構気軽にマッチングできます

(反対に、Omiaiの時はこちらも真剣度が高いので、プロフィールや自己紹介を読み込み、かなり厳選してマッチングしてました。)

ただし、Dine(ダイン)はマッチ期間は3日間と制限があります。

この時間内にどちらかからメッセージを送るか、日程の提案をしないとその後のやり取りは一切できなくなってしまうので要注意です。

【要注意】サクラ?体目的?こんな人は避けた方がいいかも?!

Dine(ダイン)はプロフィールが薄く、自己紹介文をしっかり書いている人は20%くらい。5人に1人の割合です。

薄いながらも、プロフィールを見てこの人ちょっと違うかな~?と感じた人も、少数ですがいました。

例えば…

    • プロフィールがほぼ空白な人

→自己紹介も、職業も書いてない…適当に作ったアカウントなのかも?

    • 顔写真が一枚だけの人

→どこかから拾ってきた画像を使ってるだけで、本人の写真じゃないのかも?

    • 不自然にイケメン・美人・きれいな写真

→やたら高画質で、やたら決め顔で、やらた見た目が良い写真は、本当にこれ本人?読者モデルとかじゃないの?と疑ってしまう

こういう人は避けた方が安全かなと思いました。

どんな人とマッチングした?

女性目線だと、デートで食事に行くなら正直ご馳走して欲しいですよね。

なんと、Dine(ダイン)は相手がご馳走する気がある場合、プロフィールに「おごります」というマークをONにできるんです!

こちらが、実際のお相手のプロフィール画面。「おごります」のマークがありますよね。

Dine(ダイン)の「おごります」アイコンON状態

今回は、この「おごります」があることを基準にしてマッチングしてみました。

⇒おごってくれる男性の割合を調べてみた!

例えば、こんな男性会員がいましたよ。

会員男性

Yさん・28歳・大手メガバンク勤務 趣味が旅行・テニスのアクティブさわやかスポーツマン。

会員男性

Eさん・27歳・経営者 ジムで鍛えた体が自慢の、細マッチョ系経営者

会員男性

Oさん・30歳・コンサルタント 東大卒、知的な雰囲気ただよう、スーツの似合う大人な男性。

こんな感じで、どんな高級店をリクエストしても快くおごってくれそうな男性が多数…!

Dine(ダイン)はプロフィールに年収が設定できないので、その分学歴や職業、会社名をじっくりチェックしました。

マッチングできなかったハイスペック男性は?

惜しくもマッチングできなかった、超ハイスペック男性もついでにご紹介。

全体的に、華やかで流行に敏感そうな男性が多かったです。

会員男性

Sさん・30歳・広告代理店勤務 某有名広告代理店勤務、もこみち似の身長180cmイケメン。

会員男性

Aさん・27歳・建築家 東大卒の、アーティスティックなムードに包まれた癒し系イケメン。

他にも、サイバーエージェントや電通、テレビ局勤務などなど……マスコミ、IT関連が多かったです。

経営者やコンサルタント、メガバンク勤務など、なんとなくお金持ってそうな肩書の人も少なくありません。

⇒男性会員100名の職業・外見レベルを調べてみた!

真剣婚活サイトでは人気会員すぎて、絶対にマッチングできないスペックの男性がゴロゴロいて意外でした。

ライトなデーティングアプリだからこそ、ハイスペック男性も気軽に利用してるのかもしれませんね!

⇒Dine(ダイン)を無料で使ってみる!

でも、反対に、医者・弁護士などお金持ちそうだけど硬い職業の人は他のマッチングアプリと比べて少なく感じました。

控えめでも堅実で誠実そうな人と出会いたいわ~という方は、Omiaiがおすすめです。2018年2月に、30代以上の女性も無料になりましたし!

いいね!の代わりに、デートのお誘い

Dine(ダイン)を使ってびっくりしたのは、「いいね!」が無いということ!

その代わりに、このお店行きたい!と「リクエスト」します。

こちらが実際の画面。行きたいお店を選ぶと、相手にリスエストしたことになるんです。

Dine(ダイン)の「Today‘s Picks」画面

挨拶より先に行くお店が決まるっていうスピード感がすごいですよね。

相手が自分のクエストにOKしたらマッチングします。

このお店はDine(ダイン)オススメのお店約100店から選ぶことができるのですが、どれもセンスのいいお店ばかり。

相手のプロフィール写真がちょっと微妙でも、お店の写真が良い感じなので、この人に会いたいというよりこのお店に行きたい!!って感じでリクエストしてしまいます(笑)

どれくらいお誘いがくる?

さて、マッチングした後は、即デートの日程決め!

自分からこの日空いてます!と指定することもできますし、こんな感じで、相手から日程調整のメッセージが届くことも。

Dine(ダイン)の日程調整画面(相手からのメッセージ)

実際に、マッチングした45人中、16人から日程調整のメッセージが届きました。

マッチング数 45人
相手から日程の連絡が来た数 16人
日程連絡が来る割合 35%

さすがに、マッチングしたからと言って全員とはデートできないのでちょうどいい割合かな~と思います。

しかし、ここで日程が決まればもうデートの約束完了…!と思うとなかなか返信できない筆者でした……。

デートまでの流れがスムーズすぎて怖い?ちょうど良い?

まだ挨拶も自己紹介もしていないのに、こんなトントン拍子でいいのか?!とビビってしまうほど、スピーディーにデートの約束が決まっちゃうんですね。これはすごい。

でも、本末転倒ですが、あまりにも簡単にデートの約束ができてちょっと怖い!というのが正直な感想です。

これまで使ったOmiai、withなどのアプリでは、メッセージ交換を通して相手を見極めてから、実際に会う・会わないを判断していました。なので、このスピード感はちょっと抵抗があります……。

反対に、次のような人にとって、このテンポの良さはちょうど良いと思います!

  • メッセージが苦手な人
  • 長~いメッセージの末にやっと会ったら思ってたのと違う人だった!時間返して!なんて経験がある人
  • 数日以内に、ご飯・お酒を楽しめる相手が欲しい人
  • メッセージより会うこと重視の人

ふつうのマッチングアプリだと、ろくにメッセージ交換もしてないのに即会いましょう!というと警戒されることもありますけど、Dine(ダイン)はデート前提

だらだら長いメッセージは逆にめんどくさがられる可能性が高いのです……。

なので、このスピード感が心地よい人にはオススメできます!

⇒Dine(ダイン)を無料で使ってみる!

Dine(ダイン)のデメリットは?

とはいいつつも…すぐにデートすることには、やっぱり、それなりのリスクもありますよね。

例えば、メッセージのやり取りがあれば、この人なんとなくやめておこう…と判断ができます。

でも、その過程が一切ないので、会ってみたら要注意人物だった!というリスクも高めです。

また、Dine(ダイン)のプロフィールから知れるのは、職場、学歴、趣味など簡易的なものだけなので、そこから相手の人となりや素性を探るのも難しい。

メッセージでのコミュニケーションが無いところ、プロフィールではなく写真やお店重視でデート相手を選べるところがメリットでもあり、デメリットでもありますね。

Dine(ダイン)でデートする時はここに注意!

実際にデートが決まった場合、次のような対策をおすすめします!

    • メッセージの交換をお互い一回以上して、有料のコインを1枚(=約220円、10枚=2,200円から購入可能)消費し、相手のFacebookを見て違和感のあるところがないかチェック

→Dine(ダイン)はメッセージ交換をしてコインを使えば、相手のFacebookを閲覧できる機能があるので、これを活用しましょう!

    • 職場や家の住所・最寄り駅は教えない

→Facebookに職場を登録しているとDine(ダイン)のプロフィールに表示されてしまうので、知られたくない場合はFacebook側で消しておきましょう

  • 密室にならない場所を選ぶ
  • 人通りの少ないところには行かない
  • デートはランチや夕方など、早い時間に設定する

実際に会うことのリスクは他のマッチングアプリと同様ですが、DineのFacebook連携を利用して相手を知るという手段は一つの対策としてオススメです。

会員男女200名調査!

Dine(ダイン)にどんな会員がいるのか、詳しく調査してみました!

男女200名の年齢、外見レベル、職業、アプリを使っている目的、おごってくれる割合、有料会員の割合を大公開します。

まず、調べて分かった結果はこちら。

  • 年齢層は87%がアラサー
  • 外見レベルは高い
  • 職業はIT・広告が多め
  • アプリを使っている目的は友達探しが多数派
  • おごってくれる男性の割合は39%
  • 有料会員の男性は38%

それでは、気になる詳細をお伝えします。

年齢層は87%がアラサー!

Dine(ダイン)会員男女200名の年齢

Dine(ダイン)の主な年齢層は25~29歳。次いで多いのが30~34歳。

約87%がアラサー世代(ここでは25歳~34歳を指します)!圧倒的に多いですね。

筆者は、お金に余裕があって女の子にご馳走したい40~50代くらいのおじ様も多いのかなと勝手に予想していたので、ちょっと意外でした。

まだ新しいアプリなので、ひょっとしたらおじ様世代にはあまり知られていないのかもしれませんね。

外見レベルは高い!

Dine(ダイン)の外見レベルは、正直高いです!

会員男女各100名の写真を見て、イケメン・美人はどれくらいいるか調べた結果がこちら。

男性 女性
イケメン・美人 12 18
ふつう 56 70
普通よりちょっと下 22 6

誰が見てもイケメン・美人だという人は約15%。ざっくり言うと7人に1人の割合です。

また、「ふつう」と評価した人も、オシャレで都会的な人ばかりだったので、デート相手として文句なしだと思います。

特に女性はキレイな人が多くて、好印象でした。

さらに、会員の写真を独断で5段階評価してみた結果、男性の平均は2.88、女性は3.12でした。

これをイケメン・美人が多いと噂の他のアプリと比較してみると……

順位 アプリ名 男性 女性
1 イヴイヴ 2.63 3.48
2 Dine 2.88 3.12
3 ポイボーイ 2.85 2.84

1位はユーザーによる審査(ほぼ顔重視!)を通過した人しか会員になれず、イケメン・美人が集まりやすい仕組みが話題のイヴイヴでした。

Dine(ダイン)はイヴイヴに次ぐ2位なので、外見レベルはほかのアプリと比較しても高いといえます。

⇒Dine(ダイン)を無料で使ってみる!

職業はIT・広告が多め

続いて、職業について調べました。

男性会員で多かった職業はこちら。

職業 人数
会社員 11
IT関連 7
広告業 7
経営者 4
エンジニア 4
営業 4
教育関連 3
コンサルタント 3

IT関連広告業の割合が高いですね。

使ってみた体験談の方でも言いましたが、誰もが知ってるIT企業や大手広告代理店勤務の方もいて、流行に敏感そうな方が多い印象です。

次に、女性の職業はこちら。男性と同じく、IT関連が多いですね。

職業 人数
会社員 24
IT関連 8
営業 7
美容関連 4
学生 4
広告業 4
医療関係 3
マーケティング 3

全体の傾向では、バリバリ仕事して充実してます!という雰囲気のキャリアウーマン的な女性が多かったです。

アプリを使っている目的は友達探しが多数派

Dine(ダイン)の会員は、どんな目的でアプリを使っているのでしょうか?

プロフィールをみて、多かった順にその目的をいくつかご紹介します。

ご飯・飲み友達探し目的

会員
一緒に楽しくお食事できる方よろしくお願いします! シャイなので初回は友達と一緒に4人でご飯を食べられたらいいなと思ってます。
会員
彼氏が欲しいというか友達が欲しいです。 美味しいお店開拓一緒にしてくれる方募集。
会員
気軽に焼肉など、一緒に食事してくれる方いないかと思い始めました。
会員
気軽にご飯行ける人探してます。 友達になったり、いろんな人とつながれたら嬉しいです!

食事しつつ恋活・婚活の出会い目的

会員
普段あまり出会いがないのと、食べること・飲むことが好きなので登録しました。
会員
他のアプリの会うまでのやり取りが苦手で使ってます。
会員
一緒にご飯行ったり、遊べたりできて、将来を考えられる人を探してます。

おごってもらうこと目的

会員
休職中なのでおごってもらえると嬉しい。 ビール、日本酒、ワインが好きです。
会員
和食が一番好きです!

やはり一番多いのはご飯相手探しです。

しかし、単に友達が欲しいだけというパターンと、恋愛に発展することを望むパターンがあるので、相手の目的を見極める必要がありそうですね。

おごってくれる男性はどれくらいいるの?

Dine(ダイン)は、相手のプロフィール写真の下に、「おごります」というアイコンがあるんですね。それがこちら!

Dine(ダイン)の「おごります」アイコンON状態

「おごります」がONになっている人は、文字通り「おごる気のある人」です。

ちなみに、「おごります」がOFFになっている状態はこちら。

Dine(ダイン)の「おごります」アイコンOFF状態

「おごります」は、自分のプロフィールページで設定できます。

で、気になるのはどれくらいの人がおごってくれるのか?ということですよね。

実際に調べてみると、男性の39%が「おごります」でした!

あれ、意外に少ないかも……?

割り勘でも気にしないよ~という女性ならばいいのですが、おごりじゃないとかありえない!むしろ最初からおごってもらうことが目的!って人は、このマークを要チェックです。

ちなみに、女性で「おごります」になっている人は見かけませんでした。

有料会員はどれくらいいるの?

Dine(ダイン)は、相手が無料会員か有料会員か、一目でわかるようになっています。

下の画像のように、プロフィール写真の左上にゴールドのメダルマークがついている人は、有料会員です。

Dine(ダイン)の有料会員のメダル

調べたところ、男性会員の38%が有料会員でした。

会員ランク 割合
有料会員 38%
無料会員 62%

どちらかが有料会員でないと日程調整のメッセージが送れないので、相手が有料会員かどうかは重要です。

ただし、Dine(ダイン)は友達を招待すると一週間有料会員のサービスを無料で使えます

なので、もし気になる相手が無料会員だったとしても、自分が有料会員になれば相手とメッセージのやりとりが可能です。

↓男性向き:かわいい彼女を探せる婚活アプリ↓

男性向き:かわいい彼女を探せる婚活アプリ

読者からの意見や感想

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
メールアドレス

投稿されたコメントは編集部で確認後に公開されます。なお、批判的な内容等、問題があると判断した場合、非公開または一部削除して公開させていただきます。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック