Tinderは友達にバレる可能性あり!身バレ防止策と見つかった時の対処法

Tinderにおける身バレの可能性

Tinderを使っている人の中には、「友達や知人にアプリを使っていることを知られたくない!」と思っている人もいるでしょう。

本記事では、Tinderにおける身バレの可能性と、知人にバレないための対処法をまとめました。

また、 「絶対に知り合いには知られたくない!」と思っている人におすすめの編集部による厳選アプリも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Tinderは友達や知人にバレる可能性がある

Tinderは友達や知人にバレる可能性がある

最初にお伝えしておきますが、何の対策も取らないでTinderを利用すると、友達や知人にバレる可能性は十分にあります。それは、以下のような理由からです。

  • Facebookの「共通のつながり」として友人の友人が表示される
  • 電話番号・Apple ID登録だと知り合いに見つかることがある
  • 位置情報でバレることがある

では、順番に解説していきますね。

Facebookとの連動で知人が表示される

Facebookアカウントを使ってTinderにログインすると、Facebook上の友達とはマッチングしない仕組みになっています。

しかし、Tinderには「共通のつながり」という機能があり、Facebookの「友達の友達」が表示されてしまうのです。

そのため、Facebookアカウントでログインすると、友達の友達経由でTinderの使用がバレる可能性があります。

「共通のつながり」とは?

例えば、Facebookで友達のAさんとBさん が、Facebookアカウントを使ってTinderにログインしているとしましょう。

2人はFacebook上で繋がっているので、Tinderの画面に互いが表示されることはありません。

そして、BさんにはCさんというFacebook上の別の友達がいたとします。すると、CさんがAさんのプロフィールを見た際に、「Bさんという共通の知り合いがいる」と表示されてしまうのです。

そのため、BさんがTinderを利用していることがCさんに分かってしまいます。

残念ながら「共通のつながり」機能は解除することができないので、Facebookアカウントを利用して登録した時点で、tinderの使用がバレる可能性があることは覚悟しておいた方がよいでしょう。

電話番号・Apple ID登録は知り合いに見つかることがある

Tinderは電話番号やApple IDで登録することもできます。

しかし、 これも知り合いに見つかるリスクがないとはいえません。それは、Facebookアカウントで登録した場合と違って、友達をマッチングから除外する仕組みがないからです。

先述したように、Facebook登録ならFacebook で繋がりがある友達がTinderに表示されることはありません。

しかし電話番号やApple ID登録では、身近な友人が表示されることもありえます。

実際に私も電話番号で登録した結果、近所に住む知人が表示されました。

電話番号やApple ID登録する場合も、身バレをしないための対策が必須といえますね。

Tinderの位置情報でバレる

Tinderは自分の指定したエリアのアプリ利用者を検索できるだけでなく、年齢や性別まで細かく設定できます。

そのため、同じ地域や同じ年代などで知り合いが検索すると、見つかる可能性は自然と高くなってしまうといえるでしょう。

また、滅多にないのですが、アプリ上でバグが起こって知人が表示されることもあるそうです。

Tinderで身バレを防ぐポイント

Tinderで身バレを防ぐポイント

Tinderは、友達や知り合いに身バレする可能性があることが分かりました。ここからは「知り合いにはバレたくない!」と思っている人に向けた情報です。

以下にTinderで身バレを防ぐためのポイントをまとめました。

  • 有料の「Tinder Gold」や「Tinder Plus」を利用する
  • ディスカバリー機能をオフにする
  • 詳細な個人情報は書かない
  • 普段とは雰囲気が違う写真を使用する
  • 友達・知人が多い地域での使用を控える
  • 特定の連絡先をブロックして非表示にする
  • 友達や知人が多い場所で使用しない

順番に詳細を解説していきます。

有料の「Tinder Platinum」や「Tinder Gold」「Tinder Plus」を利用する

有料ではありますが、「Tinder Plutinum」や「Tinder Gold」、「Tinder Plus」を利用すれば、友達や知人にバレる確率は大幅に減ります。

これらのプランに加入すれば、自分が「いいね」を押した相手にのみプロフィールが表示されるように設定できるからです。

他に「自分の年齢を隠す」「自身の位置情報を変更する」などのオプション機能も付いているので、Tinderの利用を知られたくなければ検討する価値はあるでしょう。

ディスカバリー機能をオフにする

Tinderには『ディスカバリー』というフィルター機能が付いており、この機能を使うことで、現在地からの距離や性別、年齢で好みの相手を探すことができます。

しかし、このディスカバリー機能をオフにすれば、自分のプロフィールを他のユーザーに表示しないようにすることが可能です。

マッチした相手とはプロフィールを表示したりチャットで話すこともできるので、デメリットは大きくありません。

Tinderの使用を絶対に知られたくないなら、活用すべき機能といえます。

詳細な個人情報は書かない

Tinderではプロフィールに自己紹介文が書けるほか、『職業』『勤め先』『学歴』など細かい情報を記載できます。

ただし、身バレを気にしているなら、詳細な個人情報は書かないほうが賢明です。

細かい情報を書くと、知っている人にバレる可能性は高まります。プロフィールには最低限の情報だけを記入しておくことをおすすめします。

顔が特定しにくい写真を使用する

Tinderの利用は、『写真』からわかることがもっとも多いです。顔がはっきり写っている写真を使うと、友達や知人にすぐにわかってしまいますよね。

ただし、顔が見えない写真を選ぶと、当然マッチング率は下がってしまいます。それを避けるためには、横顔や斜めから撮ったものなど、顔が特定しにくい写真を使用すると良いでしょう。

友達・知人が多い地域での使用を控える

先ほども説明したように、Tinderには「近くにいるユーザーを探す」という検索機能が付いています。

そのため、知り合いが多い地域で利用すれば、必然的にバレてしまう可能性が高くなります。

逆に言えば、友達や知人が多い地域での使用を避ければ、バレる確率が下がります。

旅行に行った時や出張に行った時など、自分が住んでいる場所以外でTinderを使うと良いでしょう。

特定の連絡先をブロックして非表示にする

特定の人物のみを非表示にしたい場合は、『連絡先のブロック』機能が使えます。

友人のメールアドレスや電話番号を、Tinderの設定画面のブロック(非表示)リストに入れましょう。これでお互いの画面に、表示される心配がなくなります

友達や知人がいる場所で使用しない

友達や知人がいる場所で使用しないことも、身バレを防ぐための対策になります。Tinderは気軽に利用できるため、職場やお酒の席で使用する人も多いので注意が必要です。

バレないようにするには以下の点に気をつけて利用するようにしましょう。

  • 設定でTinderからの通知をオフにする
  • Tinderの話をしない
  • 人目に付くところでは使用しない

アプリに慣れてくると、友達や知人がいる場所でもつい使用してしまいがちです。油断して周りにバレてしまわないよう、注意するようにしましょう。

万が一知り合いを見つけた・見つかった時の対処法

万が一知り合いを見つけた・見つかった時の対処法

ここまで、Tinderで身バレを防ぐ方法を解説してきました。ただし、注意深く使用していたとしても、知り合いにわかってしまう例は少なくありません。


このように、実際にバレてしまう人はいます。ここでは、知り合いを見つけた、もしくは見つかってしまったという時の対処法についてまとめてみました。

知り合いを見つけた時の対処法

知り合いを見つけたら驚くかもしれませんが、相手もTinderの使用を知られたくないと思っている可能性があります。なのでTinder内で関係を深めるつもりがないなら、そっと『NOPE』をしましょう。

NOPEしたことは相手に通知されないので、自分の存在がバレることはありません。

知り合いに見つかった時の対処法

万が一知り合いに見つかったとしても、相手はあなただと気づいていない可能性があります。

特に男性の場合は、手当たり次第「いいね!」をしているケースもあるので、バレていないことも少なくありません。

その場合は「いいね!」が来ても、スルーすればすみます。また、仮に間違ってマッチしても、解除することは可能です。

ただし、マッチした後にLINEなどで「Tinderやってるよね?」とメッセージが送られてくることも考えられます。


分かってしまった場合は、正直にありのままを話したほうがよいでしょう。友達も使用しているのですから、理解してくれる場合が多いと思われます。

Tinderを使用するにあたっての考え方

Tinderの使用を友人や知人に知られたくないと考えている人は、その理由を一度考えてみた方が良いかもしれません。

「なんだか恥ずかしい」「アプリで恋人探しをしているのを知られたくない」など、人によって理由は違うでしょう。

しかし、マッチングアプリは多数存在し、恋活にアプリを利用することは珍しくなくなってきています

Tinderに限っても、その利用者数は世界で5,000万人、日本では1,000万人を超えています。

マッチングアプリの利用は恥ずかしいものではない」と考えれば、バレることへの抵抗感も薄れるのではないでしょうか。

Tinderの課金はバレる?

Tinderの課金はバレる?

友達や知り合いだけでなく、家族にもTinderのことは秘密にしておきたいという人もいるのではないでしょうか?

無料で使用していれば問題ありませんが、課金をした場合、「利用明細を家族が見てバレてしまうのでは?」と心配になる人もいるかと思います。

そこで、Tinderで課金したためにバレることがあるかどうかについて解説します。

領収書を見ただけではバレない

Tinderで課金すると領収書が送られてきますが、見ただけではまずバレません。また、カード会社の利用明細にも、「Tinder」とは表示されません。

課金する場合の支払い方法は、以下の3つから選ぶ必要があります。

  • Web・・・カード決済
  • iOS・・・カード決済、キャリア決済、App Store & iTunesギフトカード
  • Android・・・カード決済、キャリア決済、Google Playカード

クレジットカード決済、もしくはキャリア決済を選んでも、明細には「Apple Store」と表示され「Tinder」とは表示されません。

そのため、見られただけでは、まずバレることはないといえるでしょう。

課金がバレないようにするための対処法

ただしTinderでの課金が家族にバレてしまうこともありえます。例えば、以下のようなパターンです。

  • 課金した後に届いたメールを見られてしまった
  • 毎月届く領収書のメールを見られてしまった
  • クレジットカードの利用明細について尋ねられた時、説明できなかった

これらのことから、思いがけずTinderの利用を知られてしまうことがあります。

そのため、Tinderから届くメールは、家族に見られないように設定しておくようにしましょう。

また、クレジットカードやスマホの支払いが家族と一緒の場合、明細の詳細を聞かれることがあるかもしれません。「何の代金か」をきちんと説明できなければ、家族にバレることも考えられます。

それを避けるため、支払いは家族と別々にしておくほうがよいでしょう。

絶対に身バレしたくない人におすすめのアプリ

絶対に身バレしたくない人におすすめのアプリ

Tinderは、近くにいる知り合いに見つかりやすいというデメリットがあります。

もし「絶対に知人にバレたくない!」と思うなら、『シークレットモード』や『プライベートモード』などの機能がついているアプリの利用がおすすめです。

これらはアプリに付いている身バレ対策機能で、プロフィール閲覧の範囲を制限することができます。

ここでは無料で利用できて、バレる可能性が低いアプリを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Omiai

Omiai

真剣恋活Omiai

Omiai

料金 登録無料
男性のみ有料月額プランあり
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~30代が特に多い
目的・真剣度 婚活と恋活の間
運営会社 株式会社ネットマーケティング
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

Omiaiは婚活と恋活両方の目的を持っている人が多く利用しており、結婚を意識した恋人を作りたい人にピッタリのアプリです。

メインの年齢層は20〜30代で、検索機能が充実しているので理想条件に合わせて、相手を探すことができます。

身バレ対策は、「プロフィール公開設定」を変更することで可能です。

例えば管理画面で、『すべての会員への公開を非公開』を選ぶと、以下の人たちにのみプロフィールが表示されます。

  • 自分がいいねをした人
  • マッチングした人

自分のプロフィールを特定の人だけが見られるように設定できるので、知り合いにバレる可能性は非常に低くなります

会員になれば無料で利用できるので、身バレしたくない人におすすめです。

with

with

with(ウィズ)

with

料金 月額3,600円(税込)~(女性無料)
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代中心
目的・真剣度 恋活
運営会社 株式会社イグニス/株式会社アイビー
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

withは若い世代に人気のマッチングアプリで、主に恋活を目的とした20代が使用しています。

メンタリストDaigo監修の「性格診断機能」が搭載されており、外見だけでなく内面の性格・共通点が分かるのが特徴です。

withには、「休憩モード」という身バレ対策機能がついています。

「休憩モード」をオンにしておけば、自分のプロフィールを非表示にできるので、知り合いにバレる可能性が下がります。

ユーブライト

ユーブライド

ユーブライド

ユーブライド

料金 月額4,300円~(税込)
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 25歳~30代
目的・真剣度 真剣婚活
運営会社 株式会社Diverse
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

無料登録はこちら

本気で結婚を意識している人が利用するマッチングアプリ、ユーブライトは、約6割の会員が3ヶ月以内に結婚相手を見つけることができます。

希望する結婚生活や相手の家族構成などがプロフィールに表示されるので、結婚を目的とした出会いを求めている人にピッタリのアプリです。

利用していることを知られないようにするには、「プロフィールの公開条件」を変更しましょう。公開条件としては、以下の選択肢があります。

  • 全体に公開
  • 本人確認済みの会員にのみ公開
  • 有料会員にのみ公開
  • 非公開(検索結果にプロフィールを表示しない)

身バレしたくないなら、アプリを使用しない時は『非公開』を選択しておきましょう。知人にバレる確率がグッと下がりますよ。

マッチドットコム

マッチドットコム

match

マッチドットコム

料金 月額4,490円(税込)〜
マッチコムの詳しい料金解説はこちら
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~40代
目的・真剣度 真剣婚活
運営会社 マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
公式サイトへ

マッチドットコムは、結婚を意識した真剣なパートナー探しをしている30〜40代の利用者が多いマッチングアプリです。

世界25カ国で使用され、「出身国」「言語」「髪の毛の色」など条件を細かく設定できるので、自分好みの相手を探しやすいという特徴があります。

知り合いに利用を知られたくない場合は、設定画面の「プロフィール公開設定」でプロフィールを非公開にしましょう。ボタンひとつで設定できるので、アプリの使用に慣れていない方でも簡単にできます。

ラブサーチ

ラブサーチ

lovesearch

料金 女性無料
男性月額2,000円~(税込)
対象者 規制なし
年齢層 30代~40代
目的・真剣度 真剣婚活
運営会社 株式会社オープンサイト
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

ラブサーチは、真面目な出会いを探している30〜50代の利用者が多いマッチングアプリで、恋人や結婚相手を探している人におすすめです。

老舗のアプリということもあって、真面目な出会いを探している会員が多いという特徴があります。

身バレ対策としては、『足あとの設定』と『プロフィールの公開設定』を活用するのが有効です

足あとの設定をオフにすれば、他の人のプロフィールを見ても履歴が残りません。またプロフィールの公開設定で「公開しない」を選べば、プロフィールを非公開にできます。

ラブサーチは同性のプロフィールも見ることができるので、友達に知られたくない人はしっかりと対策をしておきましょう。

まとめ

まとめ

今回はTinderの使用が友達や知人にバレる可能性やバレないための対策、また、利用していることがわかりにくいおすすめのマッチングアプリなどを紹介してきました。

Tinderは課金をしない限り、無料で利用できるというメリットがあるものの、友達や知人にバレる可能性がないとはいえません。

友人や知人に知られたくない人は、バレないための対策を講じましょう。また、周りに知られるのは絶対に避けたいという人は、最後に紹介した『身バレ防止機能が付いている無料で利用できるアプリ』の利用がおすすめです。

皆さんが安心して利用できると感じたアプリで、ステキな人と出会えることを願っています。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック