知らないと損!安くて結婚できる婚活サービスを比較!コスパ・料金・費用総まとめ

婚活にかかる費用とコスパの良い婚活方法をリサーチ!

マッチングアプリ大学編集部

マッチングアプリ大学編集部の中本です。今回は婚活にかかる費用についてリサーチ、コスパの良い婚活方法を紹介します。

婚活にたくさんのお金をかけたくない、かけられない、という人は多いのですが、よーく聞いてみると「いっさい、お金をかけたくない」わけでもないようです。

「結果が出る(恋人候補が見つかる、婚約や結婚できる)なら、ある程度のお金を出すのは構わない」という声をよく耳にします。

そこで今回は、

  • 安くても成婚率の高いサービス
  • 婚活サービスの料金やコスパについて
  • 成功できる婚活方法とそれにかかる費用
  • タイプ別に結果が出る婚活方法の選び方
  • どうしたら安く婚活サービスを利用できるか

といった「コスパの良い婚活方法」について解説します。

婚活サービスの費用対効果(コスパ)比較表

「最低コストで最短で結婚したい!」と思っている皆さんのために、コスパ比較からスタートしていきましょう。まずは、各婚活方法のコスパを比較していきます。

  • 1ヶ月または1回当たりの料金
  • 恋人ができるまでの平均必要額

もちろん、恋人ができるまでの期間は人それぞれですが、平均値の目安として考えてみてください。

婚活方法別コストパフォーマンス比較

婚活方法 月額料金
の目安
恋人ができるまでの
平均期間
恋人ができるまでの
平均出費額
婚活パーティー 男性5千円
女性1千円
約半年 5万円前後
婚活サイト 男性4千円
女性4千円
約3ヶ月 1万円前後
マッチングアプリ 男性3千円〜
女性無料〜
約3ヶ月 1万円前後
街コン・合コン 男性5千円〜
女性2千円〜
約半年 5万円前後
結婚相談所 初期費用:10万円
月額:1万円
約3ヶ月 15万円〜50万円
知人の紹介 無料 紹介してくれる人次第 無料〜

そもそも、それぞれの婚活方法がどんなものがわからない婚活初心者はさんは、以下の婚活サービスについての比較・解説記事を先に読んでくださいね。

各婚活方法の注意点、こんな人は損する?!

婚活の方法も色々あります。自分に向いていない婚活方法を選ぶと、期間が長くなるばかりで出会いがなかったり、好みのタイプが見つからなかったり、余計にお金がかかってしまいます。

婚活費用を安く抑える、コスパを良くするには、まず自分に合った婚活方法を選ぶのがポイントです。

婚活パーティー、街コン、合コンは理想が高い&人見知りは損?

婚活パーティーや街コン・合コンでは、どんな異性と出会えるか事前に知ることはできません。

当日顔を合わせてみて初めて好みのタイプがいるか判断できるため、もし理想の異性像が固まってしまっている人は何度参加しても好みの人がいないと感じてしまいます。

婚活パーティーや合コンは、自分から声をかけて連絡先を交換してもらうので、積極性がないと連絡先交換すらできず、参加費が無駄になってしまう恐れもあります。

1回の参加費用も男性なら5,000円程度はかかります。月に2回で1万円。結局、誰とも連絡先交換ができない、なかなか相手に声をかけられない、理想のタイプを探し続けて「そのうち出会えるだろう」と参加し続けて行くと、コスパは高くなるいっぽうです。

解決策→婚活サイト・アプリが向いている

理想が高いのであれば、多くの候補から理想の条件に合う人を探す作業が必要です。婚活サイト・アプリであれば、全国数万人のユーザーから顔写真とプロフィールをみて選べるので、自分にとって理想の恋人オーディションをひっそりと開催できます。

また、人見知りな人もオンライン上のメッセージから始められる婚活サイト&アプリに向いています。じっくり返信を考える時間があるので、異性との直接会話するのが苦手でも大丈夫。

>>婚活サイトの一覧を見てみる

マッチングアプリ・婚活サイト→めんどくさがりは損する

マッチングアプリや婚活サイトは活動量が全てです。

婚活サイト・マッチングアプリの利用頻度と成功の関係

週3日以上利用 約53%が成功
週1日以下の利用 約68%が失敗
出会えていない

成功の割合*恋人ができた・婚約した・結婚した人

参考:ブライダル総研

プロフを見ていいねをする、マッチングしたらメッセージを送る、メッセージのやり取りで仲を深める・・・。

こまめに利用し、どんどん相手にアプローチし、ガンガン利用すればするほど、コスパは良くなります。それも週に3日以上、毎日利用すればするほど、成功する確率が大きくアップします。

逆に言えば、婚活サイト・マッチングアプリはいずれも筆不精、飽き性、面倒くさがり屋さんには向いていないということになりますね。

登録して最初の2,3日のみ利用、あとはほぼ放置状態では、出会いもありません。本来は月額費用が安いマッチングアプリや婚活サイトもズルズル放置してしまうと、コスパの悪い婚活方法ということになってしまいます。

マッチングアプリや婚活サイトは、メッセージが好きな人向きです。

解決策→婚活パーティーで短時間集中にしよう

宿題はまとめてやるような面倒くさがりさんは、婚活パーティーに申し込みしてしまって短時間で婚活するのが向いています。申し込みしてしまったら行くしかないですから、あとは実際に会って1〜2時間、異性と会話するだけです。

>>婚活パーティーの一覧を見てみる

結婚相談所→他人に口を挟まれるのが苦手な人は損をする

結婚相談所はアドバイザーや仲人と二人三脚で結婚に向けて頑張ろう!というスタンスですので、基本的には母親のように色々とお世話を焼かれます。

アドバイスが欲しい・相談したい人にはこれ以上ない良いサービスなのですが、逆に他人からアレコレ言われるのは嫌いな人には向いていません。

高い入会金を払ったけれど、実際入ってみると自分に合わなくて退会となってしまった。こうなっては損です。

解決策→自分のペースで好きに進められるマッチングアプリが向いている

自分で決めたいマイペース派の人は、他人にペースを乱されないマッチングアプリが向いています。好きな時にアプローチして、好きな時に返信し、好きな人だけ会う。やめたくなれば月額会員の解約をすれば良いだけですし、また再開したくなったら登録し直せば良いです。

>>マッチングアプリの一覧をみる

知人の紹介→人脈が薄い人はいつまでも独身のまま

紹介してくれる人がどれくらいいるかがカギですね、紹介してくれる人が少ないとずっとそのまま独身ということになってしまいます。

友人や同僚も一度くらい、ひとりかふたり程度なら紹介もできるかもしれませんが、そう何人も紹介できるわけでもありません。

これまでに出会いがなかったとすれば、今後、あなたの周囲にいる人が急に何人もの異性を紹介してくれるとは思えません。知人の紹介自体はお金がかかることではありませんが、出会いがないのではコスパ以前の問題です。

一番安く結婚しやすいのはどれ?1位が「紹介」2位が「婚活アプリ」

一番お金がかからず結婚につながるのは、

1番:知人の紹介
2番:婚活アプリ

です。

婚活方法 成婚率 成婚までにかかる
平均料金
知人の紹介 23% 無料
婚活サイト・婚活アプリ 22% 1万円前後
結婚相談所 20% 15万円〜50万円
マッチングアプリ 19% 1万円前後
婚活パーティー 17% 5万円前後
合コン・街コン 10% 5万円前後

出典:ブライダル総研

成婚率を見ると大きな差がないように思えますが、例えば合コンと婚活サイトでは2倍以上の差があります。では、一番の「知人の紹介」と二番の「婚活サイト」について、まず簡単に解説します。

その後、ひとつひとつの婚活サービスについて、料金やコスパ、成功のコツを説明しますね。

一番お金がかからず結婚できるのは知人の紹介

ブライダル総研のデータを見ると、知人の紹介で結婚した人が一番多い確率です。知人の紹介はお金がかかりません。

とはいえ、食事に出かければ奢らなくても男性同士で折半にするところでしょう。めでたく紹介してくれた人と交際ともなれば、お礼も兼ねて友人にご馳走くらいはするでしょう。

それでも、当然ながら婚活サービスを利用するよりはお金はかかりません。20代前半で学生時代の友人ともまだ親交がある、職場で異性との出会いが多い人は、知人の紹介も期待できます。

問題は、紹介してもらうこと自体が難しい場合です。よほど交際範囲が広い人でないと、そう何人もあなたに異性を紹介することはできないでしょう。また、紹介してくれるほど親しい間柄の友人が何十人といるわけでもない。

と、考えると、たまたま友人が紹介してくれてうまくいく、というラッキーなケースをのぞいては、「知人の紹介」はハッキリ言えば他人任せ、正直「アテにはできない」婚活方法ということになります。コスパが良いとしても、現実的ではないと言えます。

自力で婚活するなら婚活サイト・婚活アプリがオススメ

知人の紹介が難しいとなると、次にコスパが良いのは婚活サイト・婚活アプリになります。自力で婚活をするなら、安くて大勢の異性と出会える婚活サービスを選ぶのが基本です。

他にも、皆さんがよく使う婚活方法としては、婚活パーティーや街コン、結婚相談所もありますね。では次で、それぞれの婚活サービスの料金や向いている人をもっと詳しく解説します。

婚活サイト・アプリの料金と上手な使い方

自分のプロフィールを登録し、相手を条件で探してアプローチする。相手も承諾してくれれば、まずメッセージ交換をし、タイミングをみはからってデートに誘う、これが婚活サイト・マッチングアプリの基本的な利用法です。

婚活サイトの料金表

まずは婚活サイト(結婚を意識しているユーザーが多い)の料金表です。

サイト名 料金 リンク
ブライダルネット
ブライダルネット
男性 3,980円/月
女性 3,980円/月
公式
詳細
マッチドットコム
マッチドットコム
男性 3,980円/月
女性 3,980円/月
公式
詳細
ユーブライド
ユーブライド
男性 3,980円/月
女性 3,980円/月
公式
詳細
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
男性 4,298円/月
女性 4,298円/月
公式
詳細

男女同額が特徴です。女性もサイト利用のお金がかかる=真剣度も高い=結婚に対する熱意も高い、と考えられます。

恋活マッチングアプリ料金表

いわゆるマッチングアプリでも、恋活と婚活の間くらい、結婚に至る出会いもけっこうあるよ!というアプリの料金表です。

アプリ名 年齢 料金 リンク

with
with

20代向き 男性3,400円/月
女性無料
公式
詳細
ペアーズ
ペアーズ
30代向き 男性3,980円/月
女性無料
公式
詳細
Omiai
Omiai
30代向き 男性3,980円/月
女性無料
公式
詳細
マリッシュ
マリッシュ
40代・バツイチ向き 男性2,980円/月
女性無料
公式
詳細

恋活マッチングアプリはほとんどが女性無料です。婚活サイトよりは、「恋人候補探し」の恋活中男女が増えますが、そこから真剣交際、結婚へと結びつくケースも少なくありません。

婚活サイト・マッチングアプリをタイプ別にオススメ!

すべての婚活サイト・マッチングアプリを実際に使ってみた編集部員の意見、そして中本個人の意見も交えて、タイプごとにおすすめのアプリを紹介します。理由(根拠)も載せておいたので、参考にして下さいね。

とにかくお金を使いたくない!安く婚活したい!人には

match(マッチドットコム)
  • 初回半額クーポンがあるので安い
  • 会員数は187万人以上、出会いも多い
  • 安くて出会いが多い=ひとりと出会う単価も安い=コスパ◎!

初めての婚活・ひとりで婚活するのに自信がない人には

ブライダルネット
  • サポートが充実
  • 結婚相談所のように相談できる担当者(婚シェル)がいる
  • 婚シェルはマッチング後も交際・結婚まで相談にのってくれる

アラサーで安全・安心に婚活したい人には

ゼクシィ縁結び
  • 相性診断が優秀でユーザー数が多い30代も好みのタイプが見つけやすい
  • 有料プラン同士のみ顔写真公開で限定されている安心感
  • 大手有名企業(ゼクシィ・リクルート運営)で信頼性が高い

バツイチの人には

マリッシュ
  • バツイチのユーザーが多い
  • シンママ・シンパパ応援プランあり
  • 40代以降の登録者も多い

地方在住の人には

ペアーズ
  • 日本最大級の会員数で全国にユーザーがいる
  • 地方でも会員が多いので出会いがある

メッセージの遣り取りが面倒くさいという人には

メッセージの遣り取りをするのが面倒くさい人は、直接お相手と話して印象を確かめられる婚活パーティーのほうが向いています。

婚活サイトもマッチングアプリも利用するのは1日わずか数十分ですが、いやいや、そんな時間もない!だけど早く結婚したいという人は、結婚相談所がオススメです。

結婚相談所も面談など時間がかかりますが、一度登録すれば、担当者の方からお相手を探して、お見合いのセッティングもしてくれるので、時間を理由に婚活できないでいる人に向いています。自ら動けない・動かない人には半ば強制的に担当者から紹介がくる結婚相談所を選ぶのも良い方法ですね。

とことん安くアプリを利用するには「割引」を使い倒す!

婚活サイトや婚活アプリのほとんどが、1ヶ月ではなく「3ヶ月」「6ヶ月」と長期で契約をすると割引になります。

①3ヶ月・6ヶ月など複数月のプランを購入

ゼクシィ縁結び(クレジットカード払い)で、契約期間別の料金を見てみましょう。

ゼクシィ縁結び「契約期間別」料金表

1ヶ月プラン 4,298円
3ヶ月プラン 3,888円/月
(一括 11,664円)
6ヶ月プラン 3,564円/月
(一括 21,384円)
12ヶ月プラン 2,592円/月
(一括 31,104円)

12ヶ月のプランでは、1ヶ月分にすると半額とは言いませんが、かなりお安くなっていますね。とはいえ、ここで注意して欲しいのは「使わないのに契約するのはお金のムダ」だということです。

婚活サイトやマッチングアプリは登録してから3ヶ月程度で恋人を見つける人が多く、利用期間は長くても半年程度の人がほとんどです。他のアプリも同じように複数月の契約で安くなりますから、ひとまず3ヶ月か6ヶ月での契約をして、安く利用しましょう!

②3ヶ月が目安!しっかり活動することがコスパを良くする秘訣

婚活サイトを利用して恋人ができるまでの平均利用期間は3ヶ月と言われています。割引になる3ヶ月プランにして、その3ヶ月はガッツリ、しっかり活動するのがポイントですよ!週末にちょこっと、ダラダラと続けていても、なかなか出会いはありません。

婚活サイトは利用している間はとにかくこまめに、1日何度もサクサク利用して、大勢の人にアプローチしていきましょう。3ヶ月利用して30人しかアプローチしなかった人と、150人にアプローチした人では、出会える人数に大きく差がつきます。「使い方の差」がコスパの良い悪いに繋がります。

マッチングアプリ大学編集部

他にもmatchのように登録すると半額で始められるなど、キャンペーンを行っているアプリも多いですよ。時期やタイミングにもよりますが、興味がわいたら、まず公式サイトで料金やキャンペーン情報をチェックして下さいね!

前回の記事

婚活サイト・アプリで成婚するコツ

費用対効果の効果について、少し補足しますね。費用対効果とは、ざっくり言えば「かけたお金に対して、どれくらい効果があるか」です。

コスパがいい、と言うのは単に料金が安いのではありません。例え1ヶ月100円しかかからなくても、誰にも出会うことがないのなら効果もゼロなので「マイナス100円」でコスパが悪いことになります。

でも月額3,000円で月に50人の異性と出会えたとすれば、ひとりあたりの出会いにかかった料金は

3,000÷50=60

たったの60円です!マイナス100円よりも60円でひとりの異性と出会える婚活サービスの方が「コスパが良い」「費用対効果がいい」ことになりますね。

婚活サイトで「できるだけ多くの出会いを得る」ことが、コスパを良くすることでもあるのです。そこで当サイトで行ってきた婚活サイト利用者のインタビュー結果をもとに、浮き彫りになったポイントを3つ解説します。

マッチングアプリ大学編集部

「婚活サイトは自分で行動しなくては成婚できないもの」あくまで出会いのきっかけを作るツールであることを認識して下さいね!待っているだけで棚からぼた餅みたいに出会いが落ちてきませんよ〜!!!

(1)プロフィールをきちんと書く

プロフィールをきちんと書くこと
自分が相手をいいなと思うのはプロフィールであるように、相手も自分のプロフを見て判断します。自分で見て、いいプロフだと思えるくらいきちんと書くようにしましょう。

写真→プロに撮影してもらうサービスあり、初期投資はかかるものの、そこまでして写真を撮っている人はいないので、とても目立ち多くの人から申し込みがある。投資以上に効果が高い。結婚相談所では全員きちんと写真をとるのと同じ考え。
プロフィール→誠実さや真剣度をアピールしていくことで、同じく結婚願望がある人を引き寄せることができる。婚活サイトのデメリットとして真剣度が人によってバラバラなのでプロフィール文章でフィルターをかける。婚活に対する真剣さが同じ人との出会いが見つけられる。

(2)検索で高望みをしない

婚活サイトは条件をいくつも指定できるので、自分の100%理想を追って高望みしすぎてしまうことが多いようです。自分が選ぶ立場になったと勘違いしてしまいがちですが、選ぶと同時に選ばれる立場であることも理解するべきです。

そのためには自分を選んでくれるだろうなという異性を選ぶのが賢い使い方。例えば、共通の趣味があるとか、好きな食べ物が一緒とか、まず相手もあなたのプロフィールを見たら「とりあえず気は合うかも」と思えるような相手を探しましょう。

要するに条件をつけすぎてハードルを高くしないこと、選ぶというより「選んでもらえるような相手」を検索で見つけることがコツです。

(3)自ら積極的に行動すること

婚活サイトで満足して結婚していった人は、みんな、何人も何人もメッセージをし、何人も何人も会うことを繰り返しています。婚活サイトはパーティーや相談所と違い、ふるいの目が大きいので初めは大人数にアタックする必要があるのですね。

何百のプロフィールを見て何十にいいねを送り、数十とメッセージをして数人と会うのが基本です。もっと乱暴に言えば「数打ちゃ当たる」です。でも、「数を打たないと」当たらない、宝くじは買わないとあたらないと同じです!

とにかく積極的に、どんどん利用して、がんがんアプローチしましょう。そうして、何人かの相手とメッセージの遣り取りをし、LINE交換になったり、会う約束に結びつく。この割合が高くなれば高くなるほど、コスパが良い婚活になります。

婚活パーティー・街コンの料金と上手な使い方

婚活パーティーや街コンは、企画されたイベントに申込み、指定された会場へ出向きます。そこで参加者同士、プロフィールカードで自己紹介したり、食事をしながら交流したり、直接会って話をしながら相手と連絡先交換をするか判断します。

①婚活パーティーの料金表

パーティー 料金
PARTY☆PARTY 男性 5,000円〜
女性 1,000円〜
シャンクレール 男性 5,000円〜
女性 500円〜
OTOCON 男性 3,000円〜
女性 500円〜
エクシオ 男性 5,000円〜
女性 500円〜

②街コンの料金

平均料金
男性 7,000円〜
女性 2,500円〜

街コンは店舗や規模によってかなり料金に幅があります。ただ目安として、飲食代込みで男性は少なくとも5,000円以上、女性もおおむね2,000円〜3,000円程度かかります。

婚活パーティー・街コンをタイプ別にオススメ!

趣味や共通する好きなことで出会いたい人・色々な婚活イベントに参加したい人

PARTY☆PARTY
  • 趣味コンやスポーツをテーマにした婚活パーティーが豊富
  • 様々な企画の婚活パーティーを毎日開催
  • 知名度が高く月間7万人と参加者数も多い

結婚大前提で出会いたい人

OTOCON
  • 結婚前提と公式サイトでも明記されている
  • 半年以内・1年以内に結婚したい人向け婚活パーティーが多い
  • 独自の独身証明書の提出など結婚相手を探すのに信頼性が高い

婚活パーティー初参加で「どんな感じが」知りたい人

シャンクレール
  • 自己紹介&フリータイムのスタンダードな婚活パーティーが多い
  • スタッフのフォローが親切でわかりやすい
  • 実績が豊富で婚活パーティー会社として安心できる

学生時代の合コンのノリがいいな!と思っている人

街コンジャパン
  • 検索サイトとして色々な街コンを一度に検索できる
  • 合コンやイベント情報も掲載されている

婚活パーティーや街コン「安く参加する方法」とは

婚活パーティーや街コンは、「早割」をしているところが多いです。なかなか先の予定はわからないものですが、2週間〜1ヶ月くらい前に予定を入れられるなら、早めに申込みをしましょう。

また、婚活パーティーに参加するごとにポイントがためられるところもあります。月に2回以上参加するなら、ポイントをためられるところはお得になりますね。

婚活パーティーの選び方で料金は大きく変わる

例えば、バスツアーやイベント企画はどうしても料金が高くなります。しかし、時間もたっぷりとあり、楽しい企画を通じて異性と話しやすいメリットもあるので、自然な雰囲気で雰囲気を楽しみながら仲良くなりたいなら、2回婚活パーティーに参加するところを1回にして、イベント参加するという方法もありです。

逆に1対1で自社ラウンジで開催されるような婚活パーティーは、合コンスタイルやイベントに比べて安い料金設定になっています。プロフィールを見ながらお相手と話して印象がわかればいい、というのであれば、スタンダードな婚活パーティーを選びましょう。

婚活パーティーは女性の参加費が安く、男性が高めの設定になっています。でも、ハイステ限定(高年収男性限定)では、女性の参加費が高いことが多いです。

結婚相手に求めるものとして、高収入とハッキリした条件があるなら、例え参加料金が高めでも、ハイステ限定婚活パーティーは、1度の参加で必ず年収の高い男性と知り合える可能性が高くなります。

他の婚活パーティーに何度も参加して、年収チェックで相手を外すことを繰り返すよりは「コスパがいい」とも言えます。

つまり、自分の目的にあった婚活パーティー選びをすることが「結果的に安くつく」ことになるのですね。

>>【2019年最新版】婚活パーティーを徹底比較して導いた本当のオススメ

結婚相談所の料金と上手な使い方

結婚相談所は、最初に担当者と面談をし、様々な条件をヒアリングしてもらいます。同時に担当者はあなたの人柄などを把握します。プランによって変わりますが、月に数人の紹介を受けお見合いをセッティングしてもらい、実際に会ってお付き合いするかどうかを決めます。

相談から成婚まで、担当者がついて、二人三脚で婚活を進めてくれるサポート力が特徴です。

結婚相談所の料金表

結婚相談所 料金
パートナーエージェント 初期費用 125,000円
月会費 約14,000円
成婚料 50,000円
IBJメンバーズ 初期費用 220,000円
月会費 15,000円
成婚料 200,000円
ツヴァイ 初期費用 約145,000円
月会費 10,500円
成婚料 なし
楽天オーネット 初期費用 約100,000円
月会費 13,900円
成婚料 なし

*プランによって料金は変わります。

結婚相談所の成婚料による違いについて

結婚相談所はハッキリ言って、高いです。様々な婚活方法がありますが、最初にかかる費用も高いですし、月々の会費もあります。そして、めでたく結婚が決まると、成婚料があるところとないところがあります。

成婚料とは:結婚相談所において、婚活をした結果、婚約または結婚を前提としたお付き合いになり退会する時に支払う「成功報酬」

成婚料があると、高く感じるかもしれません。

しかし、成功報酬があるということは、当然ながら担当者も利益をあげる必要がありますから、必死になります。成婚料がないから熱心ではない、という意味ではありませんが、成婚料があるために「短期間で結果を出す」ケースが多いのも事実です。

本当に1日も早く結婚したいと願っているなら、成婚料のある結婚相談所を選ぶのもひとつの方法です。逆に、期間よりもサポート力やじっくり気に入った相手を見つけたい、プロによるアドバイスを受けながら焦らず婚活を進めたいのなら、成婚料がなく、月会費の安い結婚相談所を選ぶといいでしょう。

結婚相談所をタイプ別にオススメ!

とにかく早く結婚したい人は

IBJメンバーズ
  • 成婚料は高いが担当者の熱意も高い
  • 会員数が多い(IBJに加盟している個人結婚相談所も多い)
  • 成婚率もトップクラス

IBJメンバーズの詳細

バツイチ再婚をめざしている人は

楽天オーネット
  • 成婚している25%以上がどちらかがバツイチ
  • 全体的な年齢層も幅広く、40代も多い
  • 再婚向けプランもあり

楽天オーネットの詳細

婚活まったくわかりません、すべてお任せしたい!という人は

パートナーエージェント
  • 専任の担当者以外にチームスタッフで婚活をフルサポート
  • フォロー体制が整っているので婚活がうまくいかないで悩んでいる人の対応もしっかりしている

パートナーエージェントの詳細

結婚相談所は高い?コスパは悪いのか?

結婚相談所は高いです!

コスパについては、もしあなたが自力で婚活をする自信がなく、婚活のサポートを最大限うけて、そして短期間のうちに結婚したいと思っているのならば、例えば成婚まで全ていれて「30万」かかったとしても、決して高いとは言えないでしょう。

いろいろな人に出会って、たくさんの出会いの中から相手を見つけたい。自分の力で相手を判断したい。実際に本当にお金がなくて、まとまった金額は出せない。こんな人には結婚相談所は向いていませんし、コスパの悪い婚活方法になってしまいます。

究極のコスパ 0円で婚活は可能なのか?

女性は0円でも、婚活はできます!

マッチングアプリは女性無料も多いですし、婚活パーティーも探すとクーポン利用や早割で実質無料というのがありますね。こうした無料の婚活サービスを駆使して、出会いを探せば、お金はかかりません。

男性は正直に言って、まったくお金をかけずに婚活するのは厳しいです。恋活アプリやマッチングアプリなら月額3,000円からあります。出会いのきっかけ作りのためですから、未来への投資と考えれば安いものですね。

まとめ

私たちはよく「コスパがいい」と口にします。コスパがいい、というのは、金額の高い安いだけでなく、
支払った金額に対しての結果にどれだけ納得がいくか、お得に感じるか、がカギになります。

婚活でいえば、結局「月に3万円使った、半年で18万は使った、でも本当に素敵な人と出会えて幸せな結婚ができた」となれば、それは決してムダな出費ではなく、逆に安く感じるでしょう。

いっぽうで、月々たったの1,000円しか使わなかったとしても、1年かけても誰にも出会えず、異性と話すこともなかったら、年間1万2千円を捨てたようなものです。それはコスパが悪いし、結果として何も得られなかった、ということになるでしょう。

大事なのは「こんな出会いを見つけた」という結果です。その結果を最短で見つけるために、まず自分の置かれた状況を判断することがポイントです。

多忙だからスキマ時間にちょこちょこ利用できる婚活サイトで相手を探そう、いや、自分からはなかなか動き出せないタイプだから、お任せでサポートしてくれる結婚相談所を利用しよう、と、自分のスタイルに合った婚活方法を見極めるのが大切なんですね。

思ったとおりの婚活ができ、やがて恋人が見つかれば、それが1万円でも50万円でも、どちらも等しく「大成功」であり、高い安いではなく、その人にとってのコスパが良い婚活だった、となるのです。

↓↓婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング↓↓

婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

編集部 中本

誰よりも詳しく、好奇心旺盛で世の中全てのマッチングアプリを使ってみる!がモットー。主にアプリの調査記事や比較記事、解説記事などを担当。