LINEやSNSのID交換掲示板で出会える?ライン掲示板で出会う危険性と安全確実に出会う方法を解説

LINE(ライン)掲示板って出会えるの?危険すぎる実態を暴露!

編集部タクミ

編集部のタクミです。

異性との出会いが欲しい!かと言って、出会いサイトやマッチングアプリはお金がかかるしなんだか抵抗もある…。

普段使っているSNS、ツイッターやインスタ、LINE(ライン)、mixi、スナップチャット、tiktokとかで友達を探して出会って、そこから恋愛に発展したりしないかな〜。

こんなふうに思っている人に向けての記事です。※ヤリモク狙いの男性はこちらの記事が参考になります。

はじめに注意:異性と出会う目的での利用は、全てのSNSで禁止

まずはじめに注意点として、SNSで異性との出会いを求めることは禁止されています。

これはLINEを含め、全てのSNSに共通していて、逆にネット上で出会いを求めてOKなのは、異性紹介事業の認可を受けているマッチングアプリや婚活サイトのみです。

つまり、恋人を探そうとするならば専用のアプリ・サイトを使う以外の方法はないです。

マッチングアプリ大学タクミ

これは法律で決まっているので、私たちはルールを守って安全に出会いを探すしかないですね。

安全に堂々と出会えるマッチングアプリについて

マッチングアプリとは恋人を探すためのアプリで、恋人を募集している人のプロフィールを見て、ラインのように個人対個人でメッセージをして出会っていけるアプリです。

10年くらい前はネットの出会い=出会い系というイメージでしたが、ここ3〜4年で安全対策に力を入れた、健全な出会いのマッチングアプリが広まってきました。

マッチングアプリを使ったことがない人にとって「怪しい、怖い、なんとなく抵抗がある」とマイナスなイメージを持たれてしまうことが多いのは事実なんですが…。

アメリカでは国民の3人に1人がマッチングアプリ(デーティングアプリ)で恋人を作っているデータが出ています。

日本でも、年々マッチングアプリの利用率は伸びていて、マッチングアプリを知っている人のうち30%が利用しています。(MMD研究所の調査より

特にここ1〜2年で利用者が増え市民権を得ている恋人探しのツールでして、「はじめは半信半疑だったけど、実際に恋人ができた」と使った人だけが得をしているような状態です。

マッチングアプリはなぜ安全&出会いやすいの?

  • 恋人が欲しい人しか利用していないので話が早い
  • 年齢確認があるため未成年が紛れ込んでない
  • 規約違反者の排除システムが整っているため安全
  • 検索システムで近くの異性のみを探して出会える

LINEやSNSで出会いを求める行為は利用規約に違反していてさらに危険性も高いです。本気で恋人が欲しい、異性と出会いたいと考えるならば、まずは専用のアプリを使うことを検討してみてください。

僕が利用して安全と確認したマッチングアプリ5つ

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
恋人募集中の4人に1人が利用。地方でも出会いに困らない。初心者の恋人探しはまずこのアプリから 公式
解説
Omiai
Omiai
安全性が高く、20代〜35歳までの出会いに最適 公式
解説
マッチドットコム
マッチドットコム
女性も有料で、その分真剣度が高く、手軽な婚活を始めるならこのアプリ 公式
解説
タップル
タップル
20代の気軽な恋人探し。「お出かけ機能」を使ってその日や週末に会える相手を探せる 公式
解説
マリッシュ
マリッシュ
バツイチや再婚支援アプリ。30代~40代と出会いたいならこちら 公式
解説

「いろんなマッチングアプリを見て決めたい!」

そういう人は、最新のランキングページから自分に合うアプリを探してみてください。

<気軽な出会いor彼女を作りたい>
マッチングアプリおすすめランキングへ

<結婚相手を探したい>
婚活アプリや婚活サイトランキングへ

【非推奨】SNSやLINE掲示板での出会いが危険な具体的な理由

ここからは、なぜLINE掲示板やSNSでの出会い探しを推奨しないか、きちんと説明をします。

1.どのSNSも出会いを求める行為は利用規約に違反

LINEを含め、有名なSNSの利用規約において、異性との出会いに利用していいのかを調査しました。

その結果、LINEやmixiなど国内のサービスは「異性との交際や出会いを目的とした利用」は完全にNGです。これは日本での法律や国からの指導もあり禁止されています。

TwitterやInstagramなど海外企業は利用規約に明確にNGとは書いていませんが、他人への迷惑行為は禁止となっているので、相手側が通報をした場合に違反として対処される可能性があります。

いずれも、通報やバレた時点でアカウントの停止(垢バン)や利用規制、凍結を食らう可能性が高いです。

複数アカウントで使えばバレないと思うかもしれませんが、実際、サービス運営者が利用者を特定するのは容易なため、永遠にサービスが使えなくなる可能性は十分にあり得ます。

2.LINEのID交換掲示板は「カモ」を探している人しかいない

コミュニケーションツールでID交換や話そう!と募集をする女性のほとんどが「あなたを悪用しようとしている人」です。

僕は実際にID掲示板に書き込んでいる女性にコンタクトをとったところ、こんな結果になりました。

初めまして!よろしくね。

ありがと^^!最近ハマってるアプリがあるんだけど一緒に遊ばない?

いいよ!なんていうアプリ?

ここからダウンロードして!必ずこのページからお願いね!終わって開いたらフレ登録するから教えて!

ダウンロードしたよ!

アプリ起動して会員登録してくれるかな?

終わったよ!どうすればいい?

おーーい?どうしたらいい?

おーーい、待ってるんだけど?

結局ここで音信不通になってしまいました。あとで詳しい人に相談したところ、この女性は紹介経由でアプリをダウンロードさせ、会員登録の紹介料をもらうことが目的だったと判明。

これはまだ自分に損害がないので良かったのですが、実際はもっとエグいことをしている人が山ほどいます。その人たちのカモが、僕らのような出会いを探しに掲示板に来ている男性なんです。

これ、よく考えてみたらわかると思います。

  • まともな女性がこうした掲示板で自分のIDをさらすわけがない
  • ラインはプライベートの連絡手段、フェイスブックは本名登録なのに、不特定多数の人に教えるのはおかしい
  • 興味半分に連絡したらワンクリック詐欺などに遭う可能性大

要するに、このテの掲示板で平気で自分のID・個人情報をさらすなんていうのは普通の人なら絶対にあり得ないというコトです。

もし遊びやご飯、彼氏探しをしている女性がいたとしても、今や女性は無料かつ匿名利用できるマッチングアプリが山ほどあるのでわざわざID掲示板は利用しないということです。

社会問題にさえなっているLINEやSNSでの出会いトラブル

軽い気持ちで手を出すな!

SNSのフレンド募集やID掲示板は誰でも無料で利用できて、本人確認も年齢確認も性別の確認もありません。

つまり、誰かになりすまそうが、他人のIDを勝手に流そうが無法地帯。さらに、ID掲示板を運営しているのも個人かつアクセスを集めるためのサイトなので、安全対策は皆無でやりたい放題です。

オトコならちょっとは「タダだし、出会いあるならやってみるか」くらい思うかもしれないけど、いい出会いがあるなんてのは奇跡に近いほどの確率です。

僕の先輩が下心ミエミエで利用して、見事に勧誘業者のサイトへと導かれ、少なからぬお金を支払うハメになりました。落ち込んでたけど「人に言えない過ちだ」と深いため息を付いていました。

「タダでいい思いしてやろう」なんて安易に手を出さないほうがいいです。

マッチングアプリや出会いのためのサービスが安全かつ国や法律でOKを出しているのは、本人確認をきちんとして、運営が利用者の状況をきちんと把握・監視し、トラブルが起きないように運営しているからです。

マッチングアプリ大学タクミ

国としては少子化問題があるので結婚する人自体は増やしたい、しかし、実際に出会いを求める人の中には悪いことをする人が多いため、安全なものだけ利用して良いと規制をかけるしかないのが現実です。

SNSでの出会いに潜むこんなコワイ話

国や法律がどうであろうと「多少のリスク覚悟で、都合のいい女性をタダで見つけられるならいいんじゃん」なんてまだ思ってる人!

実際にトラブルが起きた時点で終わりです。逮捕されたり、多額のお金を騙し取られたり、一生ものの傷ができたり、時には相手に一生の傷をつけてしまったり…。

軽い気持ちで始めた結果、いきなり人生が変わるほどのトラブルに巻き込まれるリスクがあります。そうなると、知らなかった、そんなつもりじゃと後悔しても遅いのです。

実際に起きたLINE掲示板やSNSでの出会いで起きた、本当に危険なリスクを解説します。

知らないうちにあなたが犯罪者になるリスクがある

ID掲示板は誰でも書き込むことができますし、LINEやSNSは未成年も利用しています。

つまり、未成年が遊び感覚で書き込みをしていて、知らないで未成年と出会ってしまった場合、あなたは「犯罪者」になる可能性があるわけです。

※法律を守った出会いアプリは年齢確認が義務付けられているため、こういったケースは起こり得ないです。

土壇場で未成年と言われ、終わってから「あんたのやったこと、ヤバいよ」と脅され、金銭を要求される事件もありました。弱みを握られた本人は誰にも相談できず、要求を呑むしか無くなります。

相手はあなたを傷つけたり、晒したりする人かもしれないリスク

ツイッターなどで出会いを求めてダイレクトメールをしてきた人を晒しあげて炎上してしまった。個人情報を特定され、職場に連絡が行き問題になった。

こんな「炎上」からの悲惨な状況は誰しも一度は見たことがあると思います。

SNSやLINEのID掲示板では、面白半分やストレス解消にあえて他人を騙したり傷つけたり、バカにする人が少なからず存在します。

個人情報を拡散され、ネット上に自分の情報がばら撒かれ、友達や知り合い、家族に説明を求められ…。いや、考えるだけで地獄じゃないですか。

「自分はダマされない」なんて思わない方がいいです。

繰り返すようですが、「SNSやコミュニケーションツールは男女が出会うためのものではない」と断言しているんですから、そもそも出会いを求めちゃダメなんです。やるならば、安全に出会える方法を使うべきです。

SNSで出会いを求める「出会い厨」は嫌われる

出会い厨とは、もう簡単に言うと「女子と(男子と)出会うために必死な人」の総称です

相手が異性だと気がつけば、「どこに住んでるの?」「LINEで通話しよう?」「遊びに行こう?」と声をかけたり、いわばナンパのような行為をする人のことです。

出会いを求めて行動すること自体は問題ないのですが、要は「知らない異性から急に距離を縮められる怖さ」「下心丸見えで近づいてくる不快感」「恋人の有無にかかわらず男女の関係を匂わせる身勝手さ」から、嫌われてしまう行為の一つです。

注意喚起として晒される場合も多いので、一方的なアタックは控えましょう。

あくまでも「結果的に恋をした」が正しいSNSでの出会い

恋愛というのははじめましてから始まり、時間をかけて相手を知り、コミュニケーションを通じて恋愛感情が芽生えるものです。

LINEやツイッター、Facebookなど、SNSを通じた出会いも同じで、趣味や世間話など雑談から始まり、仲良くなり、結果的に会うことになりお付き合いに発展するのであれば、問題はありません。

出会い利用OK!目的に合わせた出会いアプリまとめ

出会いたい理由に合わせた専用のアプリを使うべきです。各目的に合わせた記事で具体的なアプリを紹介しています。

堂々と恋人募集してOKのアプリ

目的別オススメアプリとその理由を紹介します。

彼女探しのマッチングアプリ

アプリ名 特徴 参考リンク
Omiai
Omiai

真剣な会員が多いので真面目に交際できる相手が見つかる

アプリDL
詳細
ペアーズ
ペアーズ

会員数が多く、恋活から友活まで広く利用できる

アプリDL
詳細

友達作りのマッチングアプリ

アプリ名 特徴 参考リンク
タップル
タップル

スピーディーな二択でマッチング率が高く、恋活未満でも相手が見つかる

アプリDL
詳細

with
with

若い20代ユーザーが多いのでライト感覚で出会える

アプリDL
詳細

マッチングアプリは有料だけど時間を買うと考えるべき

上記で紹介したマッチングアプリ4つは、どれも月額料金制です。料金の平均は3,500円〜4000円です。

無料でSNSで出会いを探そうとしていた人にとって、月額4000円は正直高いと思うと思います。

ですが、

  • 数万人の100%恋人が欲しい異性と出会える効率の良さ
  • どうどうと恋人を探せる楽さ
  • 相手の年齢や性別、写真などプロフィールに嘘がない確実性
  • トラブルがあった時に対応してもらえる運営のサポート
  • あなたを陥れるような悪意のある人がいない安全性
  • より早く出会える、恋人ができ、時間を節約できる

これらのサービスを購入していると考えれば、決して高すぎる買い物ではないと思います。

実際に、僕自身はマッチングアプリのOmiaiでしたが、なんと最初の1ヶ月で30人とマッチング、そして3人の女性と実際に出会うところまでいきました!

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

月額3,500円程度といえば、1回の居酒屋代金程度ですよ。確かに何人もの女性にいいねをしてスルーもされました。

でもちゃんと反応してくれる女性もいて、マッチングに成功してからメッセージ交換へと順調に進んだんです。

そこで仲良くなったら「LINEのID交換しようか」って自然と流れていきます。

しかも、どの女性もマトモです。本当にごくごく普通の女性が「気の合う人がいたらいいな」って感じで登録してるんですよ。

僕は4,000円かけても、真剣に恋人探しができることを考えたら安いと思いました。そしてココも大切ですが、マッチングアプリは安全性がとても高いので安心して利用できます。

まとめ:安全確実に出会える出会いのためのアプリを使おう

結局、どのSNSにしても顔見知りから初めて友達になってやっと恋愛がスタートと大変に時間がかかりますLINEやツイッター、インスタグラム、facebookなどはそもそもコミュニケーションを取るためのツールであって、出会いのためのツールではありません。

例えると、缶を開けるのに、缶切りではなく定規を使うようなものです。頑張ってなんとかなる方法はあっても、定規(SNS)ではほとんどがうまくいかず、壊れたり、ケガをしたり、時間がかかったりします。

であれば、はじめから万能な缶切り(マッチングアプリ)を使ってささっと目的を達成した方が早いと思いませんか。

出会いに関する参考記事

読者からのコメント

LINEの掲示版はちょっと抵抗ありますね。何か、色々余計なこと考えちゃうので。やっぱりアプリのほうがあまり気にせずできるのでいいですね。

30歳・女性・2018/10/31

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック