異性との出会い方がわからない人必見!200人に出会いのきっかけや場所を調査した結果

異性 出会い
マッチングアプリ大学ミサキ

こんにちは。現役CAのミサキです。

「今すぐ恋人がほしいわけじゃないけど、なんか寂しい…」「話せる異性がほしい…」そんな気持ちでこの記事に辿り着いた方はいませんか?

ミサキも社会人になってから「家と職場の往復で出会いがない」と思ったときがありました。でも出会える場所を知った今は、まったく出会いに困っていません。

この記事では、CAミサキの経験談やTwitter上の声を元に、話し相手から結婚を考えられる相手までをカテゴリー分けして『求める異性との出会いはどこにあり、どんなキッカケで出会えるのか』をご紹介します。

異性と出会いがない人の特徴や、解決策もお教えします。皆さんが今日からマネできる出会いの方法がたくさんあります。

異性との出会いがないと感じている人は男性31.9%、女性26%

国立社会保障・人口問題研究所による第15回出生動向基本調査においての異性との交際状況にまつわるグラフ

これを読んでいる方のなかには「出会いってこんなにもないものなの?私だけ?」と思っている方もいると思います。同じように「出会いがない」と感じている人は一体どれくらいいるのでしょうか。

「出会いがない」ということは=「未婚・恋人がいないという状態」だと言えるので、まずはこの点を調べてみます。国が行った調査結果をもとに、ミサキがわかりやすく解説します!

図表Ⅰ-2-1は、2015年に国の機関が行った「第15回出生動向基本調査」において、未婚の男女に異性の交際相手の有無を調査した結果です。※次回調査は今年2021年中に行われる予定です。

まず、「交際している異性はいない」と答えた男性は69.8%、女性は59.1%と、なんと未婚男性の約7割・未婚女性の約6割に恋人がいないことが分かりました。

次に、グラフで丸をつけたところが「交際している異性はいない」と答えた人のうち「交際を望んでいる」と答えた人の割合です。男性が31.9%、女性が26%という結果でした。

つまり、「交際したいけど、相手がいない」=「出会いがない」という人は、男女ともに約3割いるということです。

独身の約6〜7割もの男女に恋人がいないって、CAミサキはびっくりです!フリーの男女って多いんですね!でも恋人がいない人、みんながみんな「恋人が欲しい」と思っているわけじゃないんですね。

CAミサキ自身も、恋人がいない時期は「別に今すぐに彼氏が欲しい!!って飢えているわけではないけれど、なんか寂しいなぁ…。」「誰かと繋がっていたいなぁ…」と、ふと思うことがありました。

女友達じゃなく、異性の誰かに連絡したい気持ちになって、LINEの連絡先を眺めたりしていました。

きっとこの記事を読んでいる人も、同じような気持ちの人が多いんじゃないかと思います。

ミサキは、社会人(CA)になってすぐの頃は、覚えることが多くていっぱいいっぱいで恋愛に向かう余裕がなく、出会いなんてどこにあるのか本気で分かりませんでした。

しかし、今では恋多き恋愛マスター(自称)になっています!そこで、次の章では異性との出会いの場について、ご紹介していきたいと思います。

異性とどこで出会う?出会いのきっかけ・場所

異性とどこで出会う?出会いのきっかけ・場所

この章では、異性と出会う場所とそこで出会いに繋がるきっかけについて、見ていきます。

出会いの場所によって、その後どんな関係性に発展しやすいかが変わってきます。以下の3パターンに分類して、具体的な場所やサービスをご紹介していきます。

  • 友達・話相手
  • 友達〜恋人
  • 結婚相手

出会いに関するTwitter上の声や、CAミサキが実際に経験した出会いについてお話ししていきます。皆さんがマネできる出会いがきっと見つかると思います。

友達・話し相手

ここでは友達や話し相手が欲しいと願う方が参考にできる、出会いの場をご紹介します。

「絶対に恋愛関係になりたい」ってわけじゃなく、まずは話せる異性が欲しいと言う方は読んでみてください。

匿名で話すチャットアプリ:「ひまトーク」「PartyChat」など

異性との出会いが期待できるPartyChatアプリの公式画像

「暇つぶしチャット」や「暇つぶし掲示板」と呼ばれるアプリはご存知ですか?スマホがあれば、アプリ1つですぐに話相手を見つけることができます。

具体的なアプリには「Party Chat」「ひまトーク」などがあります。

電話やチャットで、気の合う相手とお話ができます。「なんか寂しい…誰かと繋がりたい」と思っている人にピッタリです。

匿名でできるので、気を張りすぎたり身バレを気にする必要もなく、ただ自分の話たいことを聞いてもらったりできるので、おすすめです。

実際に会う流れにはなりにくいですが、見た目・仕事・居住地など何も関係なく、話し相手が見つかるので、普段の生活では出会わないような人ともお話ができます。

ミサキもチャットアプリは何度か利用したことがあります。電話は苦手なので、チャットだけですが、誰かと繋がっている安心感や一期一会を感じられて良かったです。

Twitter上でも気軽に話し相手を見つけているという声がありました。

BAR

BAR

バーや居酒屋は、出会いに繋がりやすいスポットです。大きなお店よりも、狭いお店やカウンターだけのお店の方が、知らない人同士で話が始まりやすいのでおすすめです

CAミサキは実際に、バーで男性と出会ったことが何度もあります。ミサキが勇気を出して初めて1人でバーへ飲みに行ったときのことです。

友人と食事をした帰り道、早めの解散だったこともあり飲み足りなかったミサキ。しかも何だか無性に寂しくなってきてしまい「このまま家に帰ったら、1人で寂しくて病みそう…。帰りたくない!」って気持ちになりました。皆さんもそんなとき、ありませんか?

メイクが決まってる日は「せっかくキレイなのにもう帰るのがもったいない」ってなったり(笑)あと、ちょっと涼しくて気持ちがいい夏や秋の夜道を歩いてると、人肌恋しくてそのまま家に帰れなくなる(笑)わかる人いない?!(笑)そんなとき誰かミサキと飲んで〜!w

その日は帰りの電車内で、男の知り合い数名に「今から飲みませんか?」と送ったもののすべて断られたので、最寄駅に着いたところでGoogle Mapでバーを調べました1人でもしっぽり飲めそうな、オーセンティックなバーを見つけました。口コミも良かったので、意を決して入店!

30代で若いのに落ち着いたマスターが1人で営業している小さなお店でした。多くても10人しか入れない規模です。カウンターの端っこに座ってお酒を注文すると、マスターが話しかけてきました。

マスター:「初めてでいらっしゃいますよね?」
ミサキ:「はい」
マスター:「ありがとうございます。どうやって見つけてくださったんですか?お仕事帰りですか?」
ミサキ:「Google Mapです。いえ、飲み足りなくて…。」

という会話から、お酒・趣味・仕事の話をしていると、同じカウンターに唯一座っていたダンディーな男性にもマスターが話を振りました。

マスター:「こちらのお客さまはここの常連さんなんですが、同じくバーを経営されているんですよ。」
ミサキ:「そうなんですね、どうも、こんにちは。」
お客さん:「話は聞いていたよ。良かったら今度うちにも飲みに来てよ。」

と、名刺を渡されました。

ミサキは22:30くらいにお店に行きましたが、そこから閉店の4:00まで飲んで話していました(笑)初おひとり様のバーにしてめっちゃ飲んで盛り上がった〜!

こんな感じで、小さなお店でお話を聞いてくれるようなマスターがいるお店が見つかれば、あとはマスターの計らいで他のお客さんを繋げれくれたりします。皆さんもいいお店を見つけられれば、話し相手・友達が見つかりますよ!

そうは言っても自分で見つけるのは大変だしなかなか初めの一歩が出ないって方へ。具体的におすすめのお店は、この記事でまとめて紹介しています。

行きつけのお店

上の「BAR」と少し似ていますが、行きつけのお店を作ることで、話し相手や友達が格段にできやすくなります。

1度目の訪問で、こんなに盛り上がって話し相手が見つかったミサキはラッキーだったと思いますが、初めからこんなうまくいかなくても、大丈夫。何度も通うことで顔を覚えてもらえます。

ミサキの経験談と同じように「最近よく来てくれていますよね」みたいな話から、お店の人を通じて出会いに発展することがあります。

ミサキはいろんなバーに行っていますが、そういう光景をよく目にしてきました。お店の人と仲良くなれば、そこにくる他のお客さんも紹介してもらえます

たとえそのとき、そこにいない人でも!「〜〜に興味があるなら、どこどこの社長さんがきてくれているよ!今度紹介するよ!きた時に連絡する!」みたいなね。

ミサキは友人と通っている行きつけのバーがありますが、そこのマスターに好きなタイプの男性を教えてあります(爆)そのタイプにハマる人がきたら、呼んでくれと言ってあります(笑)

出会い居酒屋

出会い居酒屋

出会い居酒屋は出会いを求める男女が集まるので、行くだけで出会いに繋がりおすすめです。代表的なお店は以下の3つです。

  • 相席屋
  • パブリックスタンド
  • スイッチバー

相席屋は全国展開で、なんと100店舗以上あります。地方都市住まいの方でも行けますね!相席屋は、お店の人が異性を相席させてくれるので、初心者にもおすすめです

一方、パブリックスタンドやスイッチバーどのラウンジ系居酒屋は、お店の人が協力してくれるスタイルではないので、自分で声をかける勇気のある方には向いています

それぞれの口コミを見てみましょう!

こんな感じで、皆さん出会い居酒屋・バーで楽しい時を過ごせているみたいです。気軽に話し相手〜友達作りするにはぴったりですね!ちなみに、CAミサキはまだ行ったことがないんです。

でも皆の口コミを見ていたらすっごく行きたくなりました!!近々、デビューしてみます!

当サイトのマッチングアプリ大学が実施したアンケートで、「居酒屋での出会い」についてまとめた記事もあるので、あわせて読んでみてください!「居酒屋が出会いのきっかけになった」という人たちから聞き出した、出会いの情報をまとめています。

飲み会マッチングアプリ「JOIN US」

異性との出会いが期待できる飲み会マッチングアプリJoin Us

飲み会マッチングアプリ「Join Us(ジョイナス)」ってご存知ですか?これ、CAミサキは個人的にすっごく愛用してました!「今日ちょっと飲みたい!」「話し相手が欲しい!」ってときにぴったりです。

女性がその日の「どこで・何時から・何人で・何を」飲みたいかという情報を載せておけば、飲みたいという男性からオファーが入ります。

メッセージでお店や時間、待ち合わせ場所などの詳細を決めたら、あとは飲みにいくだけ!当日にとんとん拍子に飲む相手が見つかるので、本当に便利です。

ジョイナスは、飲むことを目的としているので、必ずしも恋活・婚活など異性としての恋愛関係に発展することを推しているわけではないのも、気軽に使えていいところです。

Twitterでの口コミも見てみましょう。

CAミサキはジョイナスを使って3回飲みに行きました!

「今日ヒマだな…。」「ペアーズなどの恋活・婚活アプリはそんな当日に気軽に飲みにいく約束を取り付けられる感じじゃないしなぁ…。「誰か新しい異性とお話ししたい!飲みに行きたい!」ってダウンロードしました。

友だち感覚で楽しく過ごしたい、男女の関係は匂わせたくないなと思って、募集条件にはこう書いておきました。

  • 今夜18時〜、2時間くらい
  • 恵比寿・渋谷・中目黒エリアで
  • 日本酒・ワイン・ビール

びっくりするくらいにオファーが入りまくりました!!!まじ、ハーレム!

厳選しても10人くらい候補がいたので、それぞれにメッセージを送ってみました。そのうち、メッセージの内容も丁寧で印象が良く、レスポンスが早くてお店の候補を出してくれた人を選びました。

初めて飲みに行ったのは、自宅で仕事をしているIT系の27歳の関西出身の男性。「ワインを飲みに行きませんか?」と、恵比寿のワインバーを予約してくれました。

ミサキはまじで飲みに行きたかっただけだということを主張したくて(?)、「2時間って書いたのは、このあと予定があるから。時間を埋めたくてアプリを使ってみた。」「今好きな人がいる、話を聞いてほしい」っていう感じで、話し相手・友達をアピールしました安易に口説かれないように(爆)!!

そんなことをしなくても口説かれていなかったかもしれませんが(笑)でも実際、私は恋人を探して来たわけじゃないってアピールしとかないと、ミサキはすぐ口説かれて異性関係に持ち込もうとしてくる人が多いのでw

ジョイナスで会った男性3人とも、とってもステキな人たちでした。どの方とも2回目はなかったので友達にはなれませんでしたが、その場はとっても楽しく飲めました!普段出会わないような異性とゆっくり飲めてよかったです。

ミサキは大人数での出会いの場よりも、マッチングアプリで決め打ちで1人の人とゆっくりお話しできる方が好きなのでジョイナスは合っていました。皆さんも自分に合う出会いの方法を模索してみるといいと思います。

最近はジョイナスでのオンライン飲みも流行っています。


この記事ではジョイナスのことを詳しくご紹介しているので、チェックしてみてください。

喫煙所

もしあなたが喫煙者なら、喫煙所も話し相手を探す場所として活用しちゃいましょう。CAミサキはタバコを吸わないので実体験はありませんが、友人は喫煙所で友達を作っていました!

ライターを借りたのがきっかけで話始めたそうです。Twitterでも喫煙所で話し相手・友達ができたという声は本当にたくさんありました。




喫煙所で話しかけられたことがない人は、うつむきがちだったり、音楽を聞いていたり、怖い表情をしているのかも。話しかけやすい雰囲気でいることが大切です。

インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)

インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)

最近はインスタグラムでも出会いがあります!

一昔前は、Facebookで友達申請をしたり、メッセンジャーで連絡を取って知り合いになるという方法も多かったですが、最近はインスタでの出会いがアツいです!

インスタでは自分の写真・趣味・生活など、載せた写真すべてが自己紹介代わりになります。「ハッシュタグ+趣味」で検索して、共通の趣味をもった人と知り合ったりできます。友人は知らない男性から届いたDMから、お付き合いに発展しました。

ミサキはインスタのアカウントを2つ持っています。1つは鍵付きでリアル友達と繋がる用で、もう1つはフライト先の写真を載せたりする鍵のついていないアカウントです。

マジでここだけの話ですが、じつはCAミサキ、その鍵のついていな方のアカウントから某芸能人にインスタでDMを送り、LINE交換までいったことがあります(笑)

その人のラジオを聴いたり、TVを観て、どんな女性が好きそうかを研究し、載せる写真をその人の好みに寄せました。で、DMで送ったのはこんな内容です。

異性との出会いが期待できるインスタのDMのメッセージ画面

まさかメッセージが返ってくるとは思いませんでしたが、やりました!この返事に自分のLINE IDを書いて送ったら、LINEでメッセージが届きました!

さすがに芸能人相手というのはミサキだからこそ(?)のちょっと飛んだ話ですが、とにかく誰とでも気軽に繋がれるっていうことを証明できたと思います!(笑)

インスタでステキだなと思った人に直接DMを送れるなんて、希望に溢れてません?

Twitter上の皆さんの声も見てみましょう。

インスタを通じて昔の友達と復活することもよくありますよね。まだアカウントを持っていない人は、ぜひ作ってみてください!そして、自分をアピールする写真などをアップしましょう!

友達〜恋人

友達〜恋人

ここからは、「話し相手〜友達」を一歩越えて、「友達〜恋人」になる人と出会える場所をご紹介します。絶対に友達止まりっていう境界線はなく、もしかしたら付き合う可能性もあるという出会いはどこにあるのでしょうか。

いきなり恋人候補っていう目で異性を見ていると、視野が狭くなってしまいますもんね。まずは友達からっていうスタンスで、「仲良くなったら異性としても意識できたら…」っていうの、いいですよね。

でも…友達って簡単に言っても、異性の友達の場合は同性と違っていろいろセンシティブ!友達から恋人になるきっかけについてはミサキがこちらの記事で真剣に語っております。

職場・仕事中

職場は恋愛に発展しやすい場所です。同じ職場内で友達〜恋愛に発展するきっかけはたくさんあります。普段の仕事ぶりを見て惹かれたり、仕事後の飲み会でキュンときたり…。

職場内にステキな異性がいないという方は、仕事で知り合うお客さんとの出会いも利用しちゃいましょう。仕事中だから絶対だめだと思わずに、チャンスはものにしちゃいましょう!後悔しても2度と同じチャンスは巡ってきません。

もちろん職場で禁止されていたり、業務に支障が出る場合はよくないですが、ミサキはたとえベテラン先輩とのフライトでお客さんへの逆ナンがハードな状態でも、どうにかお近づきになりたいお客さんがいたら、先輩の目を盗んでどうにかします(笑)

例えば、ミサキがエコノミークラスで働いていて、先輩がビジネスクラスで働いているときに、ビジネスクラスのお客様にプライベートな目的でわざわざ声を掛けに行くのは相当むずかしいんですが、それでも行きます(笑)

先輩から嫌われたり、噂されたりしないように細心の注意を払って、ビジネスクラスのギャレーに用事があるフリをしてチャンスを伺いながら話しかけに行きます(笑)

これくらいがめつくw、出会いのアンテナをつねに張っている状態でいれば、縁のある人だったら出会いに繋がります。これで出会えなくても努力したのだから後悔はありません(笑)「縁がなかったんだ〜」って諦められます。

Twitter上で、仕事中の出会いについて見てみましょう!

皆さんも、今の職場で少しでもチャンスがありそうなら、異性を意識して過ごしてみてはいかがでしょうか。

合コン

合コンは、みんなが目を光らせて出会いを求めていく飲み会っていうイメージがあるかもしれませんが、恋愛目的ではない気軽な集まりが増えています。

>>【東京エリア】婚活・恋活・友達探し!目的別に出会いの場を紹介

この記事では、当サイトで実施したアンケートから分かった、恋人ではなく「異性の友だち」ができた東京都内「出会いの場所ランキング」をご紹介しています。

このアンケート結果では、1位は職場、2位は合コンという結果でした。

「BBQ合コンで盛り上がって友達になった」「気が合う子がいたので、またみんなで会うことにした」というケースが目立ちました。

飲み会に誘われたら、気の合う異性の友達を作るつもりで気軽に参加してみることをおすすめします。

習い事

習い事

習い事から友達・恋愛・結婚にまで発展した話、ミサキの周りでははたくさん聞きます!CAミサキの記事でも何度かご紹介しましたが、私もワインスクールとゴルフスクールで友達を作りました。

ワインスクールは、少人数の質問がしやすいアットホームなところではなく、あえて人数の多いクラスに参加しました。そこはグループディスカッションに力を入れていたので、近くの席に座っている人たち同士で意見交換をする機会があり、クラスが終わったあとに「みんなで飲みに行こう!」という雰囲気になりました。

ワインアドバイザーやソムリエを目指すクラスでは、クラス皆でLINEグループを作って、定期的に勉強会や飲み会を開催しているようでした。

ゴルフスクールは、先生1人に対して生徒が2〜4人を見るレッスンに半年以上参加していました。ゴルフって、ちょっと意識高い系の男女が集まる感じがします。※ミサキの個人的な感想です(笑)

これから仕事で必要となるようなエリート男性や、趣味で自分で始めて、コースも回っているけどちゃんとレッスンを受けたことがないから通い始めたというダンディーなおじさまがいました。女性は、男性から誘われて興味を持ち始めた人が多く、みんな素敵な雰囲気でしたね。

インスタ見てても、やたら最近CA仲間も始めてます。飲み会の機会が減ってしまい、外で健康的にみんなで楽しめるスポーツとして、始める人が多いゴルフ。皆さんも体験レッスンに行ってみてはいかがですか?

ミサキはこれまで知り合った男性からも何度も「ミサキちゃん、ゴルフしないの?今度行こうよ!」お声がかかりました。ワインが好きで、さらにゴルフができることで、出会いの幅がグッと広がります。とくに、ミサキと同じようにハイスペ男性を求める女子にはおすすめです。ハイスペ男性はどちらも好む傾向があるからね!

マッチングアプリ:タップル

タップル

趣味で繋がれる、気軽に異性に会えることで人気のマッチングアプリ「タップル」は、友達〜恋人作りにぴったりです。

とくに20代を中心にユーザーが集まっているので、社会人になりたてで出会いを探している人におすすめです。


全国にユーザーがいるので、田舎住まいの方にも向いています。

そのほかの口コミや、どんな人に向いているかなど詳しくはこちらの記事をご覧ください。

タップルは、現実に行けるバーの店舗として「タップルバー」というものも運営しています。リアルに会って、お話しながらコミュニケーションを深めたいという方にもおすすめです。詳しくはこちらの記事で。

>>アプリからリアルへ「タップルバー」出会いのシステムや特徴を解説

マッチングアプリ:東カレデート

異性との出会いが期待できる東カレデートの公式画像

結婚までいくのはむずかしいかもしれないけど、ハイスペックな異性と友達〜恋人になるにはとっても向いているマッチングアプリが、東カレデートです。CAミサキ愛用の大好きなマッチングアプリです。

CAミサキは、婚活ではなく恋活目的では個人的にこのアプリでの出会いに賭けている感じです。何より、ハイスペと出会えます。

男性はとにかく高収入で成功している30代を中心にユーザーが集まっており、女性は見た目のキレイなモデル・CA・OLなどが多数登録しています。

会うまでのスピード感も、他の恋活アプリと違った特徴です。あまり長いことメッセージのやりとりを続ける感じはなく、早い段階で会う約束を決める人が多い印象です。

東カレデートは審査制なので誰でも利用できるわけではないですが、ミサキが心からおすすめする出会いのツールなのでご紹介しました。

詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、興味のある方はチェックしてみてください。

結婚も考えられる相手

結婚も考えられる相手

ここからは、結婚も考えられる相手とはどこで出会えるのかをご紹介します。結婚まで考えられるとなると、「身元がはっきりとしている」「結婚に求める条件が一致している」ことが大事なポイントになりますよね。

ただの友達には求めなかった条件が足されるため、より効率的に自分の条件を満たしているお相手と出会えることが大切になります。

友達の紹介

やはり、身元がはっきりとしていて安心できるのは友達の紹介ではないでしょうか。自分のことを知った上で紹介してもらえるため、相性もいい可能性が上がります。

ネットや街中での出会いはとても便利ですが、デメリットとして身元が保証されていないという点があります。最悪の場合、ヤリモクや既婚者だったというケースもゼロではないので注意してください。

でも信頼できる友達の紹介なら、その心配はないですよね。そのほかにもこんなメリットがあります。

  • 身元がはっきりわかっているので安全
  • お金がかからない
  • 相手について紹介してくれる友達に色々と聞ける
  • 相談がしやすい

普段から「いい人いたら紹介して!」と伝えておくようにしましょう。

この記事では、友達に異性を紹介してもらう方法について詳しく書いています。

マッチングアプリ:Pairs

pairs

ペアーズ(Pairs)は1,000万人が利用する国内最大級の会員数で、出会いの可能性がたくさん詰まった恋活・婚活アプリです。

ミサキも愛用しており、ペアーズだけで30人以上の異性に会いました。友達で終わった人から、実際に付き合った人までいます。ミサキの周りのCAたちも結構ペアーズを使って彼氏ができています。なかには結婚したカップルも数組知っています!
※エアラインによっては「CA」でこういうサイトに登録することを禁止しているので、「OL」で登録している人も多々います。


Twitter上でも結婚までいったという声がありました。


ペアーズがどんな人に向いているかなど、詳しくはこちらのページでご確認ください。

>>【2021年最新】20代におすすめの婚活アプリ解説!結婚前提の真剣な恋人探し

結婚相談所

結婚相談所は結婚に真剣な相手を見つけられる場所です。目的が「結婚」なので、結婚を視野考えられるお相手とだけお付き合い(成婚)となるのが特徴です。

「どうせ異性と出会うなら結婚できる相手を探したい」という方にはおすすめです。


20〜30代で、結婚相談所に興味のある方はこちらの記事へどうぞ。

異性との出会いが少ない人の特徴・原因

異性との出会いが少ない人の特徴・原因

ここからは、異性との出会いが少ない人の特徴・原因をご紹介します。

当てはまる特徴がある方は、それがなぜ出会いを減らしてしまっているのかを知り、出会いを増やすためにはどうしたらいいか、出会いが多い人はどういった行動をしているのかを勉強しましょう。

趣味が少ない

趣味が少ない方は、それが出会いの可能性を減らしている原因かもしれません。興味があることが少ないと、こういう弊害が生まれます。

  • 趣味をきっかけに知り合えない
  • 異性に出会ったときに盛り上がれる共通の話がない
  • 物・人などに興味がない

趣味があれば趣味サークルやスクールなどで、出会うチャンスが広がります。それだけでなく、出会いがあったときの話題にもなります。

解決策:少しでも興味のあることを趣味と呼ぶ

趣味って聞くと、「継続してやらないといけない」「お金がかかる」というマイナスのイメージを持ってしまうのかもしれません。もしくは「何にも興味がないんだもん」って人もいるかもしれません。

でも、趣味なんて大それたものじゃなくていいんです。日々の生活のなかで少しでもやってて気持ちが上がることを、趣味って呼んじゃいましょう。とくに何をしている自覚のない人にだって、何かしらあるはずです。

  • 「掃除は苦痛じゃない。集中できる」→「趣味は掃除です!」
  • 「ネットサーフィンが無心になれる時間」→「ネットが趣味です!」

自分はどんなことに興味があるのかを知り「私は普段こんなことをしていて、こんなことに興味がある」と、自分を伝えられるようになりましょう。

出会いの多いミサキは、異性とお話をするときはそのように自分の興味のあることを伝え、相手が話す趣味にも興味を持つようにしています。たとえしたことがない趣味でも「おもしろそう!どうやるんですか?」と。

「今度教えるから一緒にやろうよ!」とお誘いを受けることが多くなり、自然と出会いに繋がっています。そんな感じでゴルフも始めました!

普段から不満・文句が多い

普段から不満・文句が多い

物事をみる目がひねくれていて、何もかもネガティブに捉えてしまうようなクセがある人は出会いを遠ざけてしまっています。

悪口・不満・文句ばかりを言っていると「あの人はネガティブだ。」というレッテルが貼られ、飲み会にも誘われなくなり、友達の紹介もなくなります。最悪、友達も失ってしまうかもしれません。

いつもぐちぐち文句を言っている人とずっといると、聞かされる方も体力を消耗します。

解決策:切り替える練習をする

不満が多くても、我慢しろとは言いません。飲みに行って一度吐き出したら、スッキリした気分に切り替えて、「あとは楽しく飲もう!」「切り替えてまた明日から頑張ろう!」というマインドでいれられるようにすれば、異性からだけでなく同性からも好意を持たれやすくなります。

ネガティブな性格を、いきなり変えるのはむずかしいと思いますが、まわりにいるポジティブな人のマネをしてみるのもいいでしょう。

気のしれた友人にはどうしてもグチが多くなってしまうという方も、まずは初対面では心してネガティブワードを発さないように意識しましょう。これだけで出会いの目を潰さなくて済みます。

相手が言うことを「でも」「だって」で返すクセがある人は、相手の意見に「そうなんですね!勉強になります!」と、一度受け入れて飲み込む練習をしましょう。

異性に対する理想が高すぎる

分かります(笑)理想は高くなっちゃいますよね。だって完璧な理想像なんて、どれだけでも描けるもん。妄想で膨らみます。

ミサキの妄想:男性は永遠に歳を取らない爽やか系で、高身長で、1億円以上の収入があり、浮気は一生せず、義家族全員が優しくて、私はなんでも買い与えてもらえ、心から愛される専業主婦。家政婦付きの豪邸住まい。うん、これだな(笑)

このようにw、現実をムシした理想を追いかけていると、「この人はここがだめ」とどんどん異性をふるいにかけていってしまい、出会いを潰してしまうことに繋がります。

収入はとくに「もっとあれば」って思いがちですよね。ミサキだけ?(笑)CAミサキが同棲して付き合っていた彼氏は年収3000万でしたが、最初はその生活水準に満足していたのにだんだんと「いろいろ考えると足りない。将来が不安。あぁ、あと倍あれば…。もっと他にいい人がいるのかもしれない」っていう思考になっていました。

年収3000万円でそれ!?ってウソみたいに聞こえますよね。でも当時は本気で不安になり、お金の勉強を始めてファイナンシャルプランナーの資格を取ったほどでした…(笑)どれだけでも上が見えて、どんどん感覚が狂っていました。

解決策:今あるものに感謝する

理想を高く持つのはいいことですが、それは自分が1人で成し遂げられることに対してだけにしましょう。勉強や仕事の結果、どんな自分になっていたいかと言う理想はいいですが、対人間に理想を追いかけるのはやめましょう

突然ですが、CAミサキは周りからみたらとっても幸せに見えると思います。モテて、ハイスペの彼氏がいて、自由に生きていて、欲しいものは何でも手に入れているという印象を持たれることもあります。実際そうです。恵まれてますよね。

でも、今あるものに感謝ができないミサキはどんどん理想だけが高くなり「これでは足りない」と、つねに心が不幸になっていました。

病気になったときには「健康なだけで幸せだった」って思えるのに、恵まれた環境にいるとどんどん貪欲になって感謝を忘れてしまいます。

一度立ち止まり、今あるものに感謝して、人と比べたり周りに影響されず、自分で幸せにできるようになりましょう。

そうしたら出会い1つ1つを大切にできると思います。傲慢になると痛い目を見ますね。ミサキもつねに立ち止まって自分と向き合うようにしています。

異性として意識できない

異性として意識できない

異性をあまり異性として意識できない人はいませんか?異性の友達はできるけど、それ以上にはならない方や、異性の友達すらできない方もいるかもしれません。

解決策:少しでも異性らしい部分に目を向ける

異性を意識する方法は、先ほども紹介したこちらの「友達から恋人になるきっかけ」の記事で詳しく書いています。

女性が男性を意識するためには、「男らしい」という部分に目を向けるようにします。仕事でも、筋肉でも、優しさでもなんでもいいので少しでもかっこいいと思えるところにムリにでも注目するようにしましょう(笑)

ミサキに出会いが多いのは、これができているからだと思います。これができればミサキのように誰のことでもステキに見えてきます(笑)

異性に出会ったときにすぐに見た目などで「はい、なし」と判定してしまっては、そこで出会いの芽は終了です。「この人のいいところはなんだろう?探してみよう!」という気持ちで話してみると「こんなに熱心に仕事を頑張っている人なんだ!ステキ!!」という思考になります。

まずは人として、次に異性として、いいと思える部分を自ら努力で探す練習をしましょう。魅力がない相手が悪いんじゃない。魅力を探せない自分が悪いんです。

固定概念に囚われている

固定概念に囚われている

CAミサキの親友は、学生時代から10年付き合った彼氏に浮気されたことがトラウマになり、恋愛に消極的になってしまっていました。男性でも女性でも、裏切られたりイヤな目に遭った経験から、こういうネガティブな枠にはめて異性を見てしまう人もいるかと思います。

モテるミサキでも、複数の男性から口説かれ続けたときは、「私の本質を見てそういってくれているのかな?興味本位なのでは?」と素直に喜べない時期がありました。固定概念に囚われすぎないようにしたいですね。

解決策:自分を見つめ直して、いろんな人に会ってみる

まず、「みんな」って言うのをやめましょう(笑)

「みんな言ってたよ!」「みんなって誰?」「みんなはみんな!!」って会話、小学生のときにしたなぁ…(笑)

「男性は全員」「女性は全員」100%こう!なんて、あり得ません。本当は頭では分かっていますよね。もし、これまで自分が会った異性が全員同じ行動をしてあなたを苦しめてきたとしたら、自分がそうさせている要因はないのか考えてみましょう。

浮気された方が悪いって言ってるんじゃないですよ。そうじゃないけど自分の経験上、自分と関わる異性が全員そうなんだとしたら、自分がしてきたことが積もって相手にそうさせた可能性はないのか考えてみましょう。

例えば、ミサキの知り合いの男性は「女性って高収入の男性ならいいんでしょ」と言っています。でも、彼はお金目当ての人しか寄ってこないような自己プレゼンテーション&口説き方をしているんです。つまり、自分がそうさせているんです。自分で「お金目当ての女性」を引き寄せているんです。

「俺はこんなにお金を持っている!すごいだろ?」っていうのが口グセで、「なんでも買ってあげるよ」って女性を口説いています。そうやってお金で女性を誘ったくせに、関係がうまくいかなくなると「ほら!金目当てじゃないか!!!」と怒りだします。

はたから見ていると「そうやってお金で誘うから…そんなことしなくていいのに」って思いますよね。でも自分では何がいけないのか見えていないんです。

「自分は絶対に悪くない。だから自分は変わらない。このままの自分を受け入れる異性がいないのが悪い!」っていう考えでは、いつまでたっても同じことの繰り返しです。

自分が悪いわけがないって思っている人は自分を見つめ直すのには勇気がいると思います。でも、どうしてこんな固定概念に異性を当てはめてしまうようになったのか、そして自分に原因はないのかを考えましょう。

そして、新しい目でいろんな人に会ってみましょう。人は全員違います。男女で2パターンしかないわけないんです。自分と相性がいい人を探すためにも、自分が変われるように頑張りましょう!

同性だけでつるんで傷を舐め合っている

同性だけでつるんで傷を舐め合っている

これ、耳が痛い人は多いのではないでしょうか。男性も女性も、同性の友達でつるんで「友情バンザイ!青春バンザイ!」「ヘタに恋愛しても傷つくだけ」「変な異性しかいないよね」「もしこのまま独身だったらシェアハウスでもしよう」なんて言っていませんか?

CAミサキはの友達たちは、みんなカラーが違います。CAになってからの仲良しグループは、ガンガン出会いを求めるタイプなので、よく一緒に積極的に出会いの場に出かけています。でも学生時代の友達は、自分に自信がないタイプで男性のグチを言ったりして、集まると毎回「このまま一緒に老人ホームに入ろう」っていう話になります(笑)

あまり同性だけでつるんでいると「恋愛はめんどくさいしこのままでもいっか、十分楽しいし」「友達がいればそれでいい」っていう流れにいって出会いを遠ざけてしまいます。

解決策:友達を大切にしながら、異性へのアンテナはつねに張っていよう

ミサキは女友達とだけ遊んでいて「結婚はしない」と言っていた時期があり、親に心配されていました。学校・趣味・友達で人生が充実していたので、このままでいいやって本気で思ってました。

でも親には「歳を取っても、今と同じ濃さで友情を続けるのはむずかしいよ。とくに女性は結婚や出産で、今みたいに遊べくなって独りになるよ」と言われてました。

皆さんも友達が抜け駆けして独りになったら困るから、お互いに恋人ができないように余計に一緒にくっついていたりしませんか?依存は良くないです!

ミサキはほかの友達が結婚・出産を機にどんどん疎遠になっていくのを目の当たりにしてから、私もまずいかもって思い始めました。そこでCA友達だけでなく、学生時代の友達とも出会いに繋がりそうな、異業種パーティーやワイン会に友達を誘って参加するようにしました。

今の友情を捨てて異性を探せ!とは言いませんので、皆さんもできれば今の友達付き合いの中にも出会いに繋がるようなイベントを折り込むようにすることをおすすめします。

決まったコミュニティーで満足している・諦めている

決まったコミュニティーで満足している・諦めている

上の「同性だけとつるんでいる」に似ている部分がありますが、決まったコミュニティーで満足している人はいませんか?

例えば田舎に住んでいて、「いつも職場と家の行き来で、友達も学生時代の人だけ。新しい出会いなんてこの街にいたらどうせない」って思っていたりしませんか?

今、その生活を繰り返していても新しい人と出会えないなら、行動を起こさないと何も変わりません。人によっては、仕事でどんどん新しい人に出会う場合もあります。CAというお仕事もそう。1回飛べば、300人近いお客さんと顔を合わせます。

接客業の人や、オフィス勤務でも次々新しいクライアントと顔を合わせるような仕事をしている人は、出会いの分母が多くなる分、可能性も広がります。

解決策:街を出る・動く

可能性は無限大です。もし住んでいる場所に年頃のいい異性と出会うチャンスがないなら、週末に一番近い地方都市まで出て、趣味の学校に通ってみたり、お金を貯めて住んでみたり、行動を起こしましょう。

地方ユーザーが多くいるマッチングアプリを利用するのもいいでしょう。いないと勝手に思っているだけで、意外と近くにステキな異性がいるかもしれません。この記事でご紹介したペアーズは全国にユーザーがいるので、無料登録してみて自分の近くに登録者がいるか、見てみてはいかがでしょうか。

諦めたままでは、何も起こりません。でも、まじで、なんだって可能です。なんだってできます!

CAミサキは東京生まれですが、父の転勤で田舎や海外に住んだことがあります。そのときに「私は絶対に東京に戻る」と決めて、東京に戻ってきました。自分の行動のおかげで、出会いの可能性を取り戻しました。少しでも可能性が多くある場所へ、出てみてください。

自分に自信がない

自分に自信がない

「どうせ私なんて」が口グセで自分に自信がない人は、異性との出会いに積極的になれずに出会いのチャンスを減らしてしまっているかもしれません。

女性は年齢や容姿、男性はスペックや容姿がコンプレックスで自信が持てない人が多いように思います。

自信が持てないと、出会いの場を避けてしまうだけでなく、出会いを見逃している可能性もあります。

解決法:努力し達成する感覚を覚える

「こんな見た目なのに・スペックなのに、どうやって自信を持てと?」って思っている方。

結果も大切ですが、それよりも地道に努力したことや達成経験を積むことで「私はこんなにやった」という気持ちが、自信に繋がります。

大切なのは、努力の過程を可視化することです。グラフなどで、目に見える形にして残しましょう。達成感を感じやすくなります。

容姿にコンプレックスがあるなら、一度本気でダイエットなど努力してみませんか?まず3kg、次は5kgと決めて毎日体重変化のグラフをつけてみる。メイクが苦手なら、毎日Youtuberを参考にしてメイクを練習する、など。

CAミサキは1度ストレスで激太りしたことがあります…。「人生思うようにいかない!」と暴飲暴食を続けていたら、あっという間に10kg太りました。

太っていたときは、出かける前にとにかくテンション下がりました。肌も髪の毛も荒れていました。洋服も体型カバーがメインで、どんなにカワイイ服を買っても結局着られない…。

その状態で一度飲み会に行きましたが、私に興味を持ってくれる男性がいても、こちらが卑屈になっているので「そんなわけない。今のミサキに興味があるなんておかしい」という気持ちから、うまくいきませんでした。

だって「今度食事に行きましょう」って誘われたのに「おかしい。本当は◯◯ちゃんに興味があるはずだ」と本気で思い「◯◯ちゃんと行きます」と言って2人で行きました(笑)。今思うと「素直にお誘いに乗りなよ〜!」と思うけど、そのときは心底ひねくれて自信がなかったんだなぁと思います。

ダイエットや勉強って、あまり目に見えない変化があっても、成長を実感できなくてやめちゃうんですよね。だから始める前にルールを決めることが大切です。

努力の積み重ねていくと「私はできる女!」という自信に繋がりました。自分が持っているポテンシャルを最大限に生かした状態だと、どんな男性に出会っても堂々とできました。「これが努力で掴んだ、私のベストの状態!」という気持ちでいられたからです。

コンプレックスはそのままにしていると性格に影響するので、皆さんもこれを機に少しの努力を積み重ねてみませんか?

行動を起こすことで出会いが見つかります

行動を起こすことで出会いが見つかります

「誰かと出会いたい」って思っていても行動を起こさなければ、何も変わりません。具体的にマネしやすい出会いの方法をご紹介したので、少しでも興味が持てた方法があればぜひ行動に移してみてください。

「恋人を作る!」「結婚する!」という強い意思ではなくても、話し相手や友達探しなら、肩の力を抜いて気軽な気持ちでできると思います。肩の力を抜いているときこそ、いい出会いがあったりするものです。

出会いに関する記事は、CAミサキがほかにもたくさん書いているので、ぜひ読んでみてください。皆さんにステキな出会いがあることを願っています。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ミサキ

過去10個以上のアプリを使用して、もらった総いいねは5000以上!実際に出会った男性は30人以上!ハイスペック男性を求めて婚活中のCA。