【厳選】田舎・地方住みでも出会えるマッチングアプリを紹介!身バレ対策も解説

田舎でマッチングアプリを利用して出会った男女のイメージ

「田舎にいると出会いがないなぁ」と悩んでいるあなた!マッチングアプリを利用したことはありますか?

マッチングアプリを試しに使ってみたけど、地方や田舎ではマッチングする相手もいないという声も聞いたことがあります。しかし、それはマッチングアプリの選び方が間違っているのかもしれません。

>>マッチングアプリ以外の田舎の出会いはこちらで解説

この記事では、次のことを解説します。

  • 田舎、地方でも出会えるマッチングアプリの紹介
  • 田舎、地方でマッチングアプリを使うときの不安・疑問に対する対処法

地方や田舎で、独身の異性と出会えない方はぜひ参考にして下さいね。

田舎、地方でも出会いやすいマッチングアプリ

田舎、地方で出会いを探すときに、困ってしまうことが人の少ないところ…。

独身で同世代の異性と出会いたいけど、そもそも該当する人がいない…なんてこともあります。

しかし、この問題をいとも簡単に解消する方法があります。それは、できるだけ利用者の多いマッチングアプリを使うことです!

会員数が多いマッチングアプリランキング

▼マッチングアプリごとの利用者

アプリ名 登録者数
ペアーズ
ペアーズ
約1,000万人
タップル
タップル
約500万人
Omiai
Omiai
約400万人
with
with
約250万人

ペアーズを1つ利用するだけでも、かなりの人数と出会えることが分かります!

…が!!

田舎、地方住みの人に最もおすすめしたい方法は、複数のアプリを並行利用することです。

例えば、島根県の会員数で見てみると、こんな感じです。

アプリ名 男性 女性
ペアーズ
ペアーズ
約22,000人 約34,000人
タップル
タップル
約30,000人 約15,000人
Omiai
Omiai
約17,600人 約7,200人
with
with
約5,000人 約4,250人

アプリを同時利用することで、単純に出会える人数は増えます!

女性の場合は、どのアプリも無料なので損することはないですし、

男性の場合は、有料会員になる必要がありますが、他の出会いと比較してみればコスパはかなり良いです。

出会いの場 料金 会える人数 出会える確率

アプリ
(1つ)

約3,500円
/月
約34,000人
(ペアーズだけ)
★★★★☆

アプリ
(4つ)

約14,000円
/月

約60,450人
(1.7倍増)

★★★★★

合コン

約5,000〜
/1回
約3~5人 ★☆☆☆☆

婚活パーティー

約5,000〜
/1回

約30人 ★★☆☆☆

地方や田舎でおすすめの会員数が多いマッチングアプリ

ここでは、田舎、地方住みの人におすすめのマッチングアプリを紹介します。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
地方住みにおすすめNo1
圧倒的な会員数のため、地方住みでも出会いに困らない。初心者の恋人探しはまずこのアプリから
公式
詳細
タップル
タップル
気軽に出会いたいなら
20代の気軽な恋人探し。ペアーズに次いで会員数の多さ第二位!「お出かけ機能」を使ってその日や週末に会える相手を探せる
公式
詳細
Omiai
Omiai
真剣な恋人探しなら
将来を見据えた恋人探しのアラサー世代が多い。真剣度が高く、相手を慎重に選びたい人はおすすめ。イケメンが多く、容姿を求める人向け
公式
詳細
with
with
20代に人気のアプリ
メンタリストDaiGo監修のマッチングアプリ。相性診断など独自のコンテンツがあって若い世代に人気!
公式
詳細

自分の目的に合ったアプリを選んでください。

恋愛・結婚でおすすめのマッチングアプリについて、ランキング形式で次の記事で紹介しています。

>>本音で解説!優良な大手マッチングアプリ

>>【徹底解説】口コミ評価の良い婚活サイトまとめ

また、中には「できるだけお金をかけずに出会いたい」という男性もいるかと思います。実は無料で利用できるマッチングアプリもあるんです!

詳しくは、次の記事にまとめていますので、地元でお金をかけずに出会いたい方は参考にしてください。

ペアーズ

ペアーズ

引用:ペアーズ公式サイト

  • 累計会員数1,000万人以上で、地方住みでも出会いに困らない
  • 全世代で利用されているので、好みの相手も見つけやすい
  • コミュニティが充実していて、趣味や好きなことが同じ人を探せる

ペアーズの会員数

会員数 1,000万人〜

ペアーズ 地域別会員数

ペアーズ会員の特徴

ペアーズの年齢層

ペアーズ会員の出会いに対する真剣度

年齢層のメインは20代〜30代で、20代と30代をあわせると7割から8割になります。少ないとはいえ40代や50代のユーザーも一定数はいて、比較的、幅広い年齢層のユーザーがいますね。

また、2〜3のうちに結婚したいと考えているユーザーも多く、出会いに対する真剣度の高さを伺えます。

ペアーズの料金

男性 3,590円(税込)/月
女性 無料

ペアーズの口コミや評判

>>ペアーズを無料でダウンロード

>>ペアーズ(pairs)の詳しい解説記事はこちら

タップル

タップル

引用:タップル公式サイト

  • 右か左か、スワイプするだけで出会える
  • 「趣味でつながる」がコンセプトで、共通の趣味を持った相手とすぐに出会える
  • マッチングした相手とはビデオチャットもできる

タップルの会員数

会員数 約500万人

タップル 地域別会員数

タップル会員の特徴

タップルの年齢層 タップルの出会いに対する真剣度

タップルは特に20代の男女が多いですね。20代前半の男女も気軽に利用しています。

真剣婚活というよりは、友だち以上恋人候補になりそうな恋愛重視の出会いを探している人が多い印象です。

会うまでの希望としても、「まずは会ってみたい」という人が多いです。

タップルの料金

男性 3,700円(税込)/月
女性 無料

タップルの口コミや評判

>>タップルを無料でダウンロード

>>タップルの解説記事

Omiai

Omiai

引用:Omiaiの公式サイト

  • 真剣度が高い会員が多く、真剣交際に繋がりやすい
  • 安全対策に注力していて、違反・迷惑ユーザーを強制退会させられる
  • 累計5,000万組以上がマッチングしている

Omiaiの会員数

会員数 約400万人

Omiai 地域別会員数

Omiaiの年齢層

Omiai 年齢層 Omiai 出会いに対する真剣度

Omiaiは男女ともに、20代と30代がメインの年齢層です。女性は若干、20代が多いですが、Omiaiはタップルと比べても30代の利用者が多いですね。

会うまでの希望としては、きちんとメッセージのやり取りを重ねたいという人が多く、真剣度が高く慎重派が多いです。

Omiaiの料金

男性 3,980円(税込)/月
女性 無料

Omiaiの口コミや評判

>>Omiaiを無料でダウンロード

>>Omiai(オミアイ)の詳しい解説記事はこちら

with

with

引用:with公式サイト

  • メンタリストDaiGo監修のマッチングアプリで、恋活をサポートしてくれる
  • 心理テストや診断イベントで価値観が合う相手を探せる
  • 趣味や好みを細かく設定できるので、共通点が多い相手と出会える

withの会員数

会員数 250万人

withの地域別会員数

withの年齢層

with 年齢層 with 出会いに対する真剣度

withは全体の6割以上、7割近くが20代ユーザーです。Omiaiやペアーズと比べて、10代(高校生ではない・18歳以上)のユーザーもいて、特に若い人に人気なのがわかります。

年齢層が若いにも関わらず、出会いに対する真剣度は「良い人がいれば結婚したい」という人が多く、将来を見据えた相手探しをしている人が多い印象です。

withの料金

男性 3,600円(税込)/月
女性 無料

withの口コミや評判

>>withを無料でダウンロード

>>withの詳しい解説記事はこちら

田舎、地方でマッチングアプリを使うときの不安・疑問

田舎、地方でマッチングアプリを使うと、身バレしてしまわないか?

そもそも母数が少なくて出会えないんじゃないか?などの不安を持っている方もいるでしょう。

ここでは、それらの不安や疑問に対する対策を解説します。

狭い世間だからこそ、知り合いにバレないか不安な場合

マッチングアプリは田舎だと知り合いや友だちにバレる?

今回、ご紹介したマッチングアプリはそもそもユーザー数がとても多いので、知り合いにあう可能性は低いです。

とはいえ友だちなどにバレる可能性はゼロではありません。

一般的にはですが、同性を検索することはできないので、同性の知り合いにバレることはほとんどないでしょう。(なかには、同性も検索ができるアプリがあるので、嫌な方は同性検索ができないアプリを選びましょう)

身バレ防止機能をフル活用しよう

身バレ防止機能としては「Facebookで登録」をし、Facebookの友人をまとめて自動的にブロックする方法があります。これはゼクシィ縁結びをはじめ、Facebookで登録できるマッチングアプリなら利用できる身バレ防止機能です。

他には各アプリそれぞれに身バレ防止機能があります。

  • ペアーズ

プライベートモード(有料):マッチングした相手か、「いいね」を送った・もらった相手にしかプロフィールが公開されない機能

  • タップル

とうめいマント(有料):マッチングした相手か、「いいかも」を送った相手にだけしかプロフィールが公開されない

  • with

休憩モード(無料):マッチングした相手か、「いいね」を送った・貰った相手にしかプロフィールが公開されない、ただし検索機能が使えなくなる

プライベートモード(有料):上記と同じ設定になるが、検索機能は自由に使える

  • Omiai

プロフィールの公開設定(無料):「すべての会員への公開」を「非公開」にすると、いいねを送った相手かマッチングした相手にしかプロフィールが公開されない

自分でバレないようにする対策

知り合いを見つけたらすぐにブロックする

マッチングアプリに登録して、もし知り合いを見つけたら即座にブロックしましょう。ブロックすれば相手からあなたのプロフィールなどは検索できなくなります。

田舎のように狭い地域ならば、最初にエリアを限定して検索し、友人がいないか確認する方法もあります。

SNSで使用している写真は使わない

インスタやFacebookなどで利用している写真を載せるのはおすすめしません。

写真の流用は知り合いにバレやすいだけでなく、第三者が個人情報を紐付けてしまう可能性もあるので、できるだけ使わないようにしましょう。

ニックネームも全く関係ないものを使用する

ニックネームも同じことで、あちこちで利用しているハンドルネームや、イニシャルといった、認識しやすいものは避けましょう。

そもそもなぜバレたくないのか?

ただ、ひとつ疑問としては、なぜ知り合いにバレたらダメなのでしょうか?

考えてみれば、相手もマッチングアプリをやっている=恋人を探している ということなので、恥じらう必要はなく、どっちもどっちです。

むしろ、相手も恋人募集中ということは、新しい出会いのチャンスだとも考えることができるのではないでしょうか。

プロフィールをすぐに見終わってしまい、恋愛対象が少ない

田舎、地方だと会員の母数が少なくて、すぐにプロフィールを見終わってしまう…といったこともあるでしょう。

そんなときの対処法はこちら!

検索条件を見直してみる

まずは検索条件を細かく絞りすぎていないかをチェックしてみてください。

自分の条件に合った相手を探せるという点が、マッチングアプリのメリットではあるものの、どうしても限りがあります。細かく設定している場合は、許容できる点を1つずつ外してみましょう。

プロフィールだけで判断するのはやめる

そして、プロフィールだけで判断しないことも大切です。

ストライクゾーンど真ん中しか狙わないのではなく、ゾーンに入っている人にはまず声をかけてみる、マッチングしてみる、という姿勢で、出会いを探してみてください。

なかなかマッチングしない場合

良い人はいるものの、なかなかマッチングできずに、ポイントだけが減っていく…そんなときの対処法はこちらです!

プロフィール写真を変える

マッチングしないときは、まず最初にプロフィール写真を見直してみましょう!

あなたのプロフィール写真は、こちらのチェックポイントにあてはまってないですか?

  • 自撮り写真
  • 違和感があるほどの加工された写真
  • 顔がはっきりと分からない写真
  • 暗い、画質が荒い写真

1つでもあてはまるものがあれば、プロフィール写真を変えましょう!

マッチングアプリの出会いでは、プロフィール写真が第一印象と言っても過言ではありません。

できるだけ良い印象を与える写真選びを心がけましょう。

まとめ

田舎でマッチングアプリを利用して出会ったカップルのイメージ

田舎で出会いが少ないのは、そもそも独身男女の数が少ないからです。人口が少なければ、出会える人数もどうしても狭まります。

狭い世界を広げてくれるのが、全国にユーザーのいる大手マッチングアプリです。

登録者数が多ければ、地方の田舎でも近隣で気に入った相手を見つけたり、少し遠くなっても毎週末は会いにいけるようなところにいる異性を見つけたりできます。家にいながらにして、出会うための行動範囲は日本全国に広がるのですから、チャンスも広がりますよね。

「田舎にいたら、どうせ出会いなんてないし」「マッチングアプリだって地方だと無理でしょ」

上記のような声も耳にしますが、マッチングアプリを利用しても出会えないと断定せずに、まずはインストールしてユーザー数をチェックです!

(※各アプリのデータ出典元は、自社調査によるものとなります。)

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック