pairsで出会い結婚!夜景を見ながらプロポーズしました

結婚式での幸せそうなお二人

ご夫婦プロフィール

女性:あきほ、年齢:27歳
男性:りょう、年齢:31歳
出会ったアプリ:Pairs
アプリをはじめてからお二人が出会うまでの期間:りょう→約4年 あきほ→約2ヶ月
出会ってから交際までの期間:1週間強

恋活・婚活は始めたきっかけを教えてください

あきほ(女性)

このままシングルマザーの生活だと寂しいからです。子どもがいてもお付き合いできる人がいないか探すには1番良いと思ったからです。

りょう(男性)

職業柄、職場に出会いが全くなく、友だちに恋人がいたり、結婚を考えていたりしていたためです。自分だけ遅れているというような焦りもありました。

出会いの方法にマッチングアプリを選んだ理由を教えてください

結婚式での幸せそうなお二人

あきほ(女性)

有名だし、手軽に始められるからです。でも意外と周りにマッチングアプリのことは知られていませんでした。

りょう(男性)

普段生活をしていて出会うことのない方とお話してみたいという興味と、合コンとは違って月々の料金で複数の方と出会える可能性があるからです。

アプリではどのような相手を探してましたか?また気をつけていたことはありますか?

りょう(男性)

お相手に自分がどのような人か分かるように、プロフィールはかなり細かく記入しました。身長や住まいなどの基本情報はマイナスと捉えられるところも全て入力しました。

そしてプロフィールとは別に、趣味や付き合ったらどんな関係が良いかなどの意思表示ができる「コミュニティ」というものにも多数参加していました。

 どのようなお相手を探していたかというと、自分の中である程度の理想はありました。プロフィール検索で様々な条件を絞ることができるので、

  1. 身長と年齢を自分の理想に設定しました。身長165センチ以上。年齢は自分よりプラスマイナス4歳。
  2. 同じ県(ペアーズでは市町村まで絞ることはできませんでした)
  3. 非喫煙者 → 私はタバコが大っ嫌いなのでこれは譲れません。
  4. 他業種の方

振り返ると割と細かく決めていましたね(笑)

お相手を探すときに気をつけていたことは3つです。

  1. 顔写真がない方はプロフィールを見ることもしない。
  2. 後ろ姿だけの写真で、プロフィールに「マッチングした後に写真は見せます」と書いていた方は、そもそもマッチングアプリの趣旨を理解していないと思い、「いいね」することはありませんでした。
  3. プロフィールの文量があまりにも少なかったり、隠すことないのに、身長やお住まい、お仕事などの基本情報が入力されていない方も怪しいと感じていました。

あきほ(女性)

チャラくない人、真剣に活動をしている人を探しました。出会えなかったらすぐにやめようと思っていましたが、初めてすぐに色々な方から「いいね」をもらいました。プロフィールにも子どもがいることを正直に書きました。

お相手とマッチングするまでの経緯を教えてください

あきほ(女性)

「いいね」をいただき、見た目から優しさが溢れているように感じたことと、私には子どもがいたので、子どもを受け入れてくれるかなと思ったので、私も「いいね」を送りました。

実際、子どものことをとても可愛がってくれました。

りょう(男性)

私から「いいね」をしました。プロフィール写真には、子どもが写っていたので友だちのお子さんかなと思ったのですが、シングルマザーだったのです。

驚きはありませんでしたが、若くして産んだのだなと感じました。恥ずかしいですが、写真がとても素敵だなと思ったのですぐさま「いいね」をしました。

マッチングしてから直接会おうと思ったきっかけは?

あきほ(女性)

初めて間もない頃に1度マッチングしたお相手がいるのですが、その方は神戸市在住の方でした。近いといえば近いのですが、移動のことを考えると地元の方が良いと思い、その方とは1回きりでした。

その直後に地元が同じ夫とマッチングし、その時点でこのチャンスは逃してはいけないと感じました。夫も会いたいと言ってくれたので、そのまま会おうと思いました。

不安なことや心配事はありませんでした。ただ私がその時、タバコを吸っていたので、臭いを消すのに必死で香水を振りまくったことを覚えています。

りょう(男性)

マッチングしたということは次のステップに進まないといけません。すぐに無料通話アプリの連絡先を交換して、メッセージのやりとりをしました。

今までも何人かとマッチングした後に実際に会ったことはありますが、全員私の地元から離れていました。しかし妻は地元も地元、自転車で10分の距離に住んでいました。

広い兵庫県に住んでいて、これは運命だと感じました。地元の話で盛り上がったのは今でも記憶に残っています。

マッチングアプリで活動した感想を教えてください

あきほ(女性)

もっと遊び半分でしている人が多いと思っていましたが、素敵な人が多くて驚きました。いわゆる一流企業に勤めている人、若くに起業して経営している人など多種多様の職業の方とやり取りをして、単純に楽しかったです。

りょう(男性)

私は約4年間マッチングアプリを使ってきました。1つのアプリでは出会いが足りないと思い、2つ掛け持ちをしていたこともありました。おそらくアプリをやっていなかったら今でも独身でいたと思います。結果的には良かったことしかありません。2つ伝えます。

1つ。月々何千円と費用はかかりますが、「いいね=アプローチできる回数」が30回あること。アプリによっては1日1回ログインすると1いいねをもらえるアプリもあります。

2つ。合コンだと初めて会った人と会話をスタートさせないといけませんが、アプリだとマッチングしたあとに、メッセージのやりとりができます。

ある程度やり取りをしてお相手のことを知ってから会えるので、極端な人見知りの人でも少しは緊張を和らげて会うことができると思います。私も会話をしてから会っていたので、初めましてとはあまり感じずに過ごしていました。

初めて会ったときの印象と初デートエピソードを教えてください

デート

デートした場所:妻の仕事終わりに迎えに行って、芦屋浜の公園で3時間ほど話しました。

あきほ(女性)

夫は喫煙者が無理だと言っていたのですが、私はタバコを吸っていました。その臭いを消すために香水を振りまくったことを鮮明に覚えています。

幸いにも高速道路が工事中だと聞いたので、たっぷりと時間を使うことができました。

初めて会った気がしないくらい話しやすかったです。時間を忘れて遅くまで話してしまいました。

りょう(男性)

私の理想通り(身長が高い、ショートヘア)でした。初めて会った時は妻の仕事終わりでした。当時大阪で仕事をしていたので、車で迎えに行きました。

その日に限って降りるはずの高速道路の出口が工事中で閉鎖しており、かなり遠回りしてしまった記憶があります。妻はその時に香水を振りまくってタバコの臭いを消す準備ができていたから良かったと言っていました。

その日は夜遅く22時くらいでした。そこから芦屋浜までドライブをし、公園で3時間ほど話しました。内容は全く覚えていません(笑)

最後は次に会う約束をして家まで送りました。

マッチングアプリで出会ったからこそよかったと思うことは?

あきほ(女性)

趣味などを聞かなくても、会う前にやりとりができるため、緊張をあまり感じなかったです。なかなか会う時間がなかったので、子どもを寝かしつけてから、メールで会話することができました。

夫が子どもと関わる仕事をしている人だったので、そのことを聞いたり、地元の人にしか分からない話を事前にしたりできるため、とても自然にやり取りをすることができました。

りょう(男性)

職業柄、他の職業と出会うことが全くありませんでした。アプリを始めてから他業種の方と話をすることで、自分自身にはなかった仕事の考え方を聞くことができたり、初めてのことを知ることができたりする良さがありました。

妻以外は地元ではない方との出会いだったので、そこまで向かう道中やその土地ならではの話をしたり、遊び場に行けたりしました。

普段1人だったり男友だちとは行くことのない場所に行くことができたりしたことは、今の家族と行くきっかけ作りになったので良かったと思います。

結婚を決めた理由とプロポーズのエピソードを教えてください

結婚式

あきほ(女性)

子育てで悩んでいた時にすぐに駆けつけてくれて、励ましてくれた瞬間です。2人が付き合うことになった同じ場所、同じ日にプロポーズされました。嬉しすぎて号泣でした。

りょう(男性)

地元が同じだったことが最大の決め手です。そして色々な感覚が合うからです。私たちは結婚する前に一緒に暮らしました。なぜかというと、結婚するということは一緒に暮らす前提なので、お互いの生活感を知らなければいけません。そのためには日中のデートでは把握できません。

だから結婚する前に一緒に暮らして違和感がなければ「結婚」という意識がついてくるからです。これは私の考えです。

それに妻にはすでに1歳半の子どもがいたので、尚のこと一緒に暮らしてから子どもの様子などを感じながら、結婚するかどうか決めようと思っていました。

プロポーズは私たちが付き合った記念日である10月10日(ちなみに私の誕生日の翌日です)に初めてデートした六甲山の芦有ドライブウェイの展望台で婚約指輪を・・・ではなく、お互い大好きなスヌーピーの婚約届に私がサインをしておくという仕込みをしておきました。

到着し、車を降りて夜景を見ているときに「結婚しよか」と言いました。そして14日に両親に報告をし、婚約届を市役所に提出しました。

マッチングアプリで出会い結婚したことについて周囲の反応は?

あきほ(女性)

「今どきやねー」と驚いている様子でした。私の姉と夫が同い年だったので、当初は姉の紹介だと誤魔化していましが、結婚式のムービーを作るときにペアーズで出会ったことを打ち明けました。そこからは他の友だちから聞かれても堂々と「ペアーズで出会った」と言っています。

りょう(男性)

初めから隠すつもりは全くありませんでした。高校や大学の友だちに話したときは、妻の職業と私の職業とを照らし合わせた時に、どう考えても自然に出会うことがないため、「どこで知り合ったん?」と必ず聞かれました。

私は堂々と「マッチングアプリで出会ったよ」と言います。「それって出会い系ちゃうん?」と聞かれたことがありました。「何それ?」と存在を知らない友だちもいました。「すごい!ホンマに出会えるんや」という反応もありました。友だちにアプリをしている人がいなかったため、興味津々でした。

彼氏、彼女がいない友だちには合コンとか紹介より断然いいよ!とゴリ押しをしました。

これからマッチングアプリで出会いを探す方へのメッセージ

あきほ(女性)

真剣に出会おうとしたらいい人に出会えます。「いいね」を待ってばかりいてもなかなか先へ進めません。先は長いかもしれませんが、諦めずに楽しく活動してください。

りょう(男性)

マッチングアプリの最大のメリットは相手を探そうとするときに相手の顔や年齢など詳しい情報を見てからアプローチできることです。合コンでは相手の詳しい情報は当日会ってから話してやりとりが始まります。

紹介だと紹介してくれる人との関係もあるので、おそらく1人・2人が限界ですよね。マッチングアプリは一気に何人にもアプローチすることができます。同時に複数とやり取りすることもできます。

よく言われるのが、「業者とかサクラはいないのだろうか」ということです。確かにそのような人もいますが、すぐに運営に通報されるでしょう。それにプロフィールを読むとだいたいわかってきます。何も不安に思うことはありません。

「不安だな」と思う時間が無駄です。気になったらとりあえずやってみましょう。登録した時点で月額料金はかかりません。制限はありますが、雰囲気は感じることができます。

月額会員になると4千円ほどかかりますが、それほどの価値はあると信じています。ぜひやりましょう!時間はかかるかもしれませんが、必ず良い出会いがあります。応援しています。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック