一度断られ、二度目のプロポーズでゴールイン!Omiaiで結婚

誕生日ディナーのお台場デート

ご夫婦プロフィール

女性:YM、年齢:30歳
男性:YH、年齢:30歳
出会ったアプリ:Omiai
アプリをはじめてからお二人が出会うまでの期間:1週間(まずはZoomで会話しました)
出会ってから交際までの期間:1ヶ月

恋活・婚活は始めたきっかけを教えてください

YMさん(女性)

20代後半になり、周りの友達が次々と結婚していくのを見て始めました。

また、コロナの影響で外出する機会や話す機会が減ったことで寂しく感じたため、家族を持つことで家の中をもっと充実する時間にできたらいいなと思ったこともきっかけでした。

YHさん(男性)

元々積極的に婚活を始める予定ではなかったのですが、2021年の年始だったこともあり、会社の上司に今年の新しい目標の1つとして勧めてもらい始めることにしました。

出会いの方法にアプリを選んだ理由は?

YMさん(女性)

お金もかからず気軽に自分のペースで始めることができるため選びました。また、友人にもアプリで結婚している人が何人かいて勧められたこともきっかけでした。

YHさん(男性)

会社の上司より、「1人でいないで彼女を作って、プライベートを充実させなさい」と勧められたためです。

アプリではどのような相手を探していましたか?

YHさん(男性)

ネガティブな項目を書く人より、ポジティブな項目を書く人を優先的に探していました。

自分自身もポジティブな項目(好きな事や楽しい事)をプロフィールに記載するように気をつけており、趣味がマッチする人を探していました。

YMさん(女性)

私自身がアクティブで自然が好きなため、登山やキャンプやダイビングなど、同じように自然が好きな人と一緒に出かけられたらいいなと思って探していました。

お相手とマッチングするまでの経緯を教えてください

YMさん(女性)

最初にいいねをもらった際に、プロフィールに設定されていた1枚目の写真が少し強面だったのでビビってしまいNGにしようかと思いましたが、2枚目の写真を見るととっても素敵な笑顔の写真だったことと、プロフィールに「お菓子作りが好きです」と書いてありギャップに惹かれていいねを返しました。

YHさん(男性)

プロフィールに設定されていた浴衣の写真の笑顔が素敵だったので、純粋にまずお話ししてみたいと思い"いいね"を送りました。

マッチングしてから直接会おうと思ったきっかけは?

YMさん(女性)

彼と始めてZoomで話した際に、「1人キャンプをしたり、1日何十キロも自転車を漕いでいるんです!」と聞いて、自然が好きな趣味が似ていて、私も同じような経験があったため意気投合しました。

直接会うまでに3回ほどZoomで話しましたが、毎回2〜3時間ほど話しても話が尽きないほど盛り上がっていたため実際にお会いしたいと思いました。

YHさん(男性)

お互いの職業が似ていて同じような苦労があったり、共通の趣味で盛り上がる部分もあったので、「一度趣味のお買い物に行きたいですね」って盛り上がったことがきっかけでした。

アプリで活動した感想を教えてください

YMさん(女性)

最初はちょっと怖いなというイメージがありましたが、使っていなければ出会うことができなかった価値観の合う素敵な人とマッチングすることができて使ってよかったと感じています。

ただ、気軽に会える分闇雲に何人かと会っていて、せっかくの週末も気疲れで終わってしまうこともありました。会う前にメッセージを重ねたり、電話やビデオ通話などを活用して気が合うかを確かめてから実際に会う流れにすると、失敗も少なく、緊張も緩和され、より自分らしい自分で会えると思います。

彼とは事前に沢山話していた分、最初から友達のような感覚で会えたので、ハードルが下がって最初から気疲れせずとても楽しいデートになっていました。

YHさん(男性)

実生活で会うことがない人と出会うことができた事はよかったと思っています。

初めて会ったときの印象は?また初デートエピソードはありますか?

デートした場所:渋谷

YHさん(男性)

お昼にカフェで待ち合わせして、その後はお互いの趣味であるキャンプ関係のお店を回るなどウィンドウショッピングを楽しみました。

最初の予定では夕方までに帰ろうと話していたのですが、話が盛り上がって晩御飯も一緒に食べたり、趣味の雑誌を見ながら会話をしたりと一日があっという間に感じるほど楽しい時間となりました。

メッセージでやりとりした時の優しそうな印象は変わらず、素敵な方だなと思いました。

YMさん(女性)

仕事で到着が少し遅くなった分汗をかきながら急いで入ってきて、素直で可愛い人だなというのが第一印象でした。デート中は、気遣いができて優しいなと感じて好印象でした!

アプリで出会ったからこそよかったと思うことは?

YMさん(女性)

趣味や仕事などは最初のプロフィールの内容である程度把握ができるので、すれ違いやすい価値観を最初から合う人で探せることはいいなと感じました。

YHさん(男性)

友達の紹介だと人を通すので色々調整が大変だったりしますが、2人のペースで気を遣わずに進められたことがよかったなと感じています。

結婚を決めた理由とプロポーズのエピソードを教えてください

プロポーズした際の写真

YMさん(女性)

彼といると実家にいるような安心感があり、自分が無理ない素でいられて、ずっと笑っていることができたので結婚したいと思いました。

実は同棲を開始したタイミングでも一度プロポーズをしてもらっていたのですが、その時引越し作業で私がコケて怪我をして包帯ぐるぐるの状態だったため別日にしてほしいと断っていました。(笑)

そのため、クリスマスイヴに改めて2度目のプロポーズをしてもらうことになりました。

彼はバラの花束も用意してくれていて、「お嫁に来てください」という言葉も、付き合う前にモジモジしていた彼と違ってしっかり伝えてくれてお店ですが感動して少し泣いてしまいました。

レストランは私の友人が働いていたお店を予約していたため、当日友達にもその場で報告や紹介もでき、とてもいい思い出になりました。

YHさん(男性)

プロポーズは、2021年のクリスマスイヴでした。

レストランを予約して待ち合わせをしていたのですが、その前にサプライズで渡すプレゼントをレストランに事前に預けていました。

後から分かったことなのですが、実は2人ともプレゼントを預けていて、10分違いでお店に事前に来ており、もし時間が被っていたらサプライズにならなかったと2人で笑っていました。

結婚をすることは、お付き合いをする最初から決めていました。お付き合いをしようと思っていた時に、「付き合ってください」と言えずに、「こんなにいい子なんだからお嫁に来ちゃいなよ」と笑い話のように話をしていて、彼女が「まだ付き合っていないでしょ」と、ニコニコ笑って聞いてくれていました。

そのため、お付き合いする前の話をプロポーズの言葉に選んで「お嫁に来てください」と伝えることで、2人のかつての笑い話を現実にすることができて嬉しかったです。

アプリで出会い婚約したことについて周囲の反応は?

彼の実家に挨拶に伺った際に、彼のお母さんが誕生日ケーキを焼いて歓迎してくれました

YMさん(女性)

私の友人も両親も特に嫌悪感を抱く人はおらず、「いい人が見つかってよかったね!」と皆祝福してくれました。

彼が北海道出身だったので、都会よりもアプリでの出会いに嫌悪感を抱かれないか心配でしたが、ご両親ともに歓迎してくれてとても嬉しかったです。

YHさん(男性)

婚約に関しては、両親含めて好意的な反応でした。

それよりも付き合ってから婚約するまでが9ヶ月と早かったのでむしろそのスピードに驚かれました。

これからアプリで出会いを探す方へのメッセージ

YMさん(女性)

周りと比較したり、年齢や環境のせいにすることなく、どんな人でも自分にあったいい人が見つけやすいのがアプリではないかと思います。

色々な職業や価値観の人と出会えるので、"必死な婚活"ではなく、"自分の趣味や価値観を広げる出会いの場"として焦らず楽しみながら始めてみるときっとうまくいくと思います!

そして、やっぱり1人でいるより誰かと人生を共有できることはとても幸せだと感じています。頑張ってください!

YHさん(男性)

職場、友人関係、紹介など色々な出会いの方法があるかと思いますが、その1つの方法としてアプリを活用してみるのは良いのではないかと思います。

「怖いから絶対嫌だ」とは考えずに、まずは気軽に始めて、広く色々な人に会う機会を作ってみることもいいのではないかなと思います。

良縁レポート情報まとめ

このサイトに掲載している良縁レポートをまとめています。

アプリの良縁レポート
結婚相談所の良縁レポート

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック