アプリからリアルへ「タップルバー」出会いのシステムや特徴を解説

日本初マッチングアプリと連携したスタンディングバーであるタップルバーの公式HPキャプチャ

画像出典:https://tapplebar.jp/

ぐりこ

三度の飯と同じくらいイケメンが好きで、毎日イケメンとの出会いを探し求めているぐりこです。

2019年3月下旬、東京に新たな出会いスポットが爆誕したことをご存知ですか。

その名も、「tappleBar(タップルバー)」。

私、イケメンを探しにタップルバーに実際に行ってきました!

この記事ではタップルパーのシステムや客層、雰囲気を解説します。さらに、次の記事ではイケてるメンズとの出会いはあったのかを赤裸々に書いていきます!

tappleBarは日本初のマッチングアプリと連動したスタンディングバー

2019年3月28日、東京の銀座・恵比寿に新たにオープンしたtappleBar(タップルバー)は、出会いスポットとしてお馴染みの「SWITCH Bar(スイッチバー)」と、大手マッチングアプリ「タップル誕生」がコラボした出会いスポットです。

マッチングアプリ発のバーといえば、デーティングアプリdineの「スナックダイン」もあります。(スナックダインの紹介記事はこちら

実は、タップルバーの方が少しだけオープンが早かったために、日本初の称号を手に入れております。

タップル誕生についてはこちらの記事で紹介しています。

タップルバーのシステムや特徴は?

気軽に出会いを探せるスポットであるとして、オープン早々に話題を集めているタップルバーですが、具体的にどんな場所なのでしょうか。

まずは、タップルバーの特徴をざっとチェックしていきましょう!

チケットシステムで再入場、店舗間移動も自由!

タップルバーはチケットシステムを導入しており、ドリンクやフードは専用のチケットを使って購入する仕組みです。

タップルバーはチケットオーダー制を導入している

チケットの半券は入場券を兼ねていますので、半券を持っていれば、当日中の退場&再入場が自由。また、半券+チケットを持っている場合には、銀座から恵比寿、恵比寿から銀座と店舗間移動も可能です。

このシステムにより、

「時間帯が早すぎてお客さんが少ない……。一度退場して、どこかで時間を潰してから再入場しよう!」

「銀座のタップルバーに行ったけれど、あんまりいい人がいないから、恵比寿のタップルバーに移動しよう!」

なんてことができるのです。

しかも、余ったチケットは後日でも使えますので、「今日はいい出会いがなさそうだから、また日を改めてチャレンジしよう!」でもOK。

出会いスポットでは、酔っ払いのおっさんしかいない、ブスでモテなそうなしょうもない男しかいない、そもそも男がほとんどいない……なんてことがよくあります。

せっかく足を運んだというのに、まったくいい出会いがないなんて、めちゃくちゃがっかりしてしまいますよね。「こんなに出会いがないなら、もう二度と来るもんか!!」と思う人もいるでしょう。

いい人がいなければ店舗を移動したり、時間帯をずらしてみたり。

はたまた、日を改めてみたりと自分の好きなように楽しめるタップルバーでは、ストレスフリーに出会いを探すことができるはずですよ。

お手頃価格で気軽に楽しめる!

タップルバーは、チケットの料金がリーズナブルであることも魅力のひとつ。

女性は1000円持っていればタップルバーを楽しめる

女性は2ticket1000円。ただでさえ安いのに、LINE予約を行えば2ticket600円と、さらに安くなるシステムに驚きを隠せません。

しかも、LINE予約と言っても、数日前などに予約する必要はありません。入店する前までに予約をすればいい、なんならタップルバーのエントランスでLINE予約をしてもいいくらいの勢いです。

こんなに親切にしてくれちゃっていいんですか?とお店側の心配をしてしまうくらい親切ですよね。

婚活・恋活をしていると、交通費に飲食代、パーティーへの参加費用やアプリへの課金など、必要経費がかさみます。

「今月はお財布が寂しいから相席屋にしか行けない……」などという経験をしたことのある女性も多いのではないでしょうか。

格安居酒屋に匹敵する勢いでリーズナブルな価格のタップルバーであれば、金銭的な負担やストレスも抑えられますので、お財布が寂しいときでもバッチリ婚活・恋活に励むことができます。

充実のドリンク&フードメニュー

お安い金額でドリンクやフードを楽しめるタップルバー。

「安いってことは、しょぼいドリンクやフードばかりなんじゃないの?」と疑ってしまうものですが、ハイクオリティなドリンクやフードが幅広く取り揃えられていることもタップルバーのすごいところ。

ドリンクは居酒屋でお馴染みのサワー・カクテル・ハイボールなどに加えて、スミノフ・ジーマ・ハイネケンといったものまで。もちろん、ノンアルコールのドリンクもありますので、お酒が苦手な女性でも安心。

フードは、ナッツやチョコなど軽くつまめるスナック類や、お酒がぐいぐい進むソーセージやナチョスといったおつまみ類。さらには、ピザやグラタンのようにお腹を満たせる主食まで取り揃えられています。

変な居酒屋で不味いお酒やしょぼいご飯を楽しむくらいだったら、クオリティの高いお酒やご飯が楽しめて、しかも異性との出会いまで探せるタップルバーに行ったほうが断然お得です。

これから、銀座や恵比寿でしょうもない居酒屋に入りそうになっている人を見かけたら、「あんたらタップルバー行ったほうがいいよ!」と声をかけたくなりそうです。不審者にならないように気をつけようと思います。

スイッチャーが男女の出会いをサポート!

チケットシステムやリーズナブルな料金、メニューの充実ぶりを見ると、「333(トリプルスリー)」や「銀座300BAR(スリーハンドレッドバー)」といったスタンディングバーと同じように感じます。

ですが、ほかのスタンディングバーとタップルバーでは大きく異なる点があります。それは、タップルバーでは店員が男女の出会いをサポートしてくれること。

タップルバーではスイッチャーが男女の出会いをサポートしてくれる

タップルバーの店員さんは、「スイッチャー」と呼ばれる存在。

スイッチャーは、「あの人と喋ってみたい!けれど勇気が出ない……」という人には会話のきっかけを作り出し、「なんだか会話が盛り上がらなくて辛い!」なんて人には会話を盛り上げるための話題を提供してくれたりします。

それぞれの悩みに寄り添って出会いをサポートしてくれるスイッチャーの存在により、内気だったり人見知りだったりして、出会いスポットでは本領を発揮できないような人でも、リラックスして出会い探しをすることができます。

タップルバーって、SWITCH Bar(スイッチバー)と何が違うの?


タップルバーの基本システムはスイッチバーと同じ

タップルバーの特徴を見て、「あれ……。タップルバーって、スイッチバーとほとんど変わらなくない?」と感じた人もいるでしょう。

あなたのその感性は間違っていません。タップルバーとスイッチバーは、基本システムが同じです。

しかし、タップルバーには、マッチングアプリ「タップル誕生」と連携しているという、スイッチバーにはない特徴があります。

次は、タップルバーにしかない、「タップル誕生」との連携システムについて確認していきましょう。

タップルユーザーには格安のハッピーアワーがある!

ただでさえリーズナブルなタップルバーですが、タップル誕生のアプリに登録しているタップルユーザーであれば、さらに格安の料金でタップルバーを楽しむことができます。

タップル誕生を使っている人であれば格安料金でタップルバーに入店できる

タップルユーザーの基本料金は、女性は2ticket600円。タップルユーザーであれば、LINE予約をしなくてもLINE予約時と同等の料金になるのです。

18:00〜20:00のハッピーアワーに入店すればもっと安くなり、なんと、女性は0円!!!

タップルバーは、男性にドリンクやフードをご馳走してもらうなり、無料でイエガーが飲み放題のイエガーマイスターに頼ってお酒を楽しむなり、お金をかけずに楽しむ方法がいくらでもあります。無料で入店できたら、その日はもう無料で楽しめるも同然です。

しかも、ハッピーアワーは18:00〜20:00。定時ダッシュで銀座や恵比寿に向かえば間に合いそうな時間帯です。

都内にお勤めのOLさんであれば無理なく行ける時間帯に、無料で入店させてくれるなんて、タップルバーは婚活・恋活貧民女子を救う救世主といえるでしょう。

タップル内のお出かけシステムと連携!

タップル内のお出かけシステムと連携し、オンラインの出会いからオフラインの出会いまでをサポートしていることもタップルバーの特徴です。

タップルを使っている人ならご存知かと思いますが、お出かけシステムとは、行きたい場所を指定してデートの約束が取り付けられるシステムのこと。

タップル誕生のおでかけシステムを使うことでオンラインから出会える

マッチング→メッセージ交換を重ねる→デートの日時と場所をすり合わせるという過程をすっ飛ばせることから、効率よく出会いを探せるシステムです。

デートの日時や場所を決めるのが面倒な人、友達と遊ぶのに忙しくてデートの時間を確保するのが大変な人にとっては、デートまでの面倒な手順をショートカットできることが魅力のシステムです。

それに、複数人でおでかけすることが前提になっているので、マッチングアプリで出会った人と1対1のデートをするのに抵抗感がある人でも安心。

実際にアプリで確認してみたところ、おでかけシステムの使い方はマジで簡単でした。

まずは、タップルのアプリで「おでかけ」のタブから「tappleBarに行こう!」を選択して

タップル誕生のアプリでおでかけタブを開くとタップルバーの表示がある

自分が誰と一緒にタップルバーに行くかを選び

タップルバーに誰と行くかを選択すればおでかけプランの投稿が完了

あとは男性側からのおさそいを待つだけ。

おさそいの受付はプラン投稿から24時間以内ですので、タップルバーに行く予定に合わせておでかけシステムを活用するのがいいでしょう。このように、自分の都合を第一にデートの予定を立てられるのは気楽でいいですよね。

モテタイマー発動でリアルモテ体験!

タップルバーには、「モテタイマー」と連動したシステムもあります。

モテタイマーとは、タップルのアプリに存在するアイテムのことで、モテタイマーを使用すると、一定時間、異性ユーザーに対して自分のプロフィールが優先的に表示されるというもの。異性ユーザーの目に触れる頻度が多くなることで、「いいね」がもらいやすくなる仕組みとなっています。

このモテタイマーをタップルバーの店内で使用すると、スイッチャーが優先的に異性を紹介してくれるため、スーパーモテタイムをリアルに体験することができるのです。

タップルのモテタイマーを利用するとスイッチャーが優先的に異性を紹介してくれる

アプリでも出会いスポットでも、女性は何もしなくても声をかけられやすいため、モテタイマーは男性向けのシステムです。

でも、「いつも以上にモテまくりたい!」と思っている女性は、思い切ってモテタイマーを利用してみるのもおすすめです。

タップルバーがどんなところか紹介してきましたが、それでは、実際にわたくしぐりこが、タップルバー恵比寿店へ実際に行ってみたらどうだったか!?

そちらも合わせて紹介していきたいと思います!

>>次回タップルバー銀座体験談(準備中)

ぐりこの婚活体験談シリーズ

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ぐりこ

男は顔が命!3度の飯よりイケメンが大好きなぐりこがイケメンと出会うためにマッチングアプリを使っています。