通話&電話を制すものはマッチングアプリを制す!通話や電話のメリットや誘い方を解説

電話のイメージ画像

ぐりこ

イケメンと出会いたくて出会いたくて震えながらマッチングアプリを使っています、ぐりこです。

マッチングアプリを使っているそこのあなた。

マッチングアプリで出会った相手と、「電話や通話」ってしていますか?

今の時代は、電話番号を教えなくとも、電話代を気にしなくとも、LINEで簡単に通話ができるようになりました。

実は、マッチングアプリでマッチングをしたら、相手との関係性を深めるためにも積極的に電話や通話で直接話したほうがいいです。

でも、「緊張しちゃう…」「個人情報を教えるのはちょっと…」「相手に嫌がられたりしないかな…」なんて不安もありますよね。しかし、ちょっとしたポイントに気をつければ、緊張も和らぐし、個人情報も守れるし、相手から嫌われることもありません!

この記事では、マッチングアプリでマッチングした相手と電話・通話を活用したほうがいい理由と、通話をするときのポイントについてご紹介します。

マッチングアプリで出会った相手と通話で話すべし

マッチングアプリでマッチングした人と電話をする人のイメージ画像

マッチングアプリでマッチングした相手ともっともっと仲良くなりたい……。そう感じたときには、アプリやLINEでチマチマとメッセージのやりとりを続けるよりも、サクッと電話やLINE通話をしてみるのがベスト!

電話だと文章だけではわからないお互いのことがわかったり、たった数分話すだけでメッセージ何往復分にもあたる密度の会話ができたり、メッセージよりもお互いの素性を把握できるので距離感が一気に縮まります。

でも、電話って本当に心理的なハードルが高いですよね。

私なんかは電話が嫌いすぎて、お店の予約で電話をかけるのすら嫌だなぁ〜と思ってしまうことが…。そのレベルの電話嫌いなので、マッチングアプリで知り合った人と電話をするなんて、変な汗をかくくらいの抵抗感を覚えます。

しかし、そんな電話嫌いの私でさえも「マッチングアプリでマッチングした相手とは電話をするべき
と思っているのです。

どうしてそんなにも電話をしたほうがいいのか。また、電話をするのに最適なタイミングや特に積極的に電話を活用すべき人の特徴を解説します!

マッチングアプリで出会った相手と通話をしたほうがいい理由

マッチングアプリでマッチングした相手と電話したほうがいい理由は大きく3つ。

  • 素の性格や雰囲気がわかる
  • 会話の相性を確かめられる
  • デートの成功率を上げられる

それぞれについて、詳しい理由をみていきます。

偽りの自分を演じるのが難しく、素の性格や雰囲気がわかる

メッセージのやりとりでは、口調はや雰囲気はもちろん、性格なども偽ることができます。

メッセージではすごくおっとりとした優しそうな人が、実はせっかちで気の強い人だったとか。メッセージ上ではテンション高めに「なんでやねんwwww」とか言っていた人が、実際に会ってみたら「あ…どもっす……」とローテンションだったとか。

反対に、メッセージではすごく堅苦しくて生真面目そうな人が、会ってみたら芸人ばりに面白いなんてこともあります。メッセージと対面で雰囲気が違うのは、マッチングアプリにおける「あるある現象」です。

でも、好きなときに好きなように返信ができるメッセージと違って、リアルタイムでのレスポンスが求められる電話で、自分のキャラや性格を偽るのは至難のワザ。声のトーンや何気ない一言に、素の性格や雰囲気がでてしまうものです。

デートをしたときにガッカリしないためにも、本当はデートしたほうがいい素敵な人との縁を逃してしまわないためにも。相手の素を把握することができる電話を活用すべきです。

話すテンポや笑いのツボがわかるので、会話の相性が確かめられる

相槌を入れるタイミングが心地よいか、話の展開の仕方が似ているか、面白さを感じるツボは合っているか、などなど。そういった「会話のテンポ」や「笑いのツボ」といった部分は、文章からは計り知れませんよね。

だって、メッセージなら「相手とテンポを合わせよう」と考えて返信することができるし、笑っていなくても「(笑)」とつければいいだけですから。

電話でも会話のテンポや笑いのツボを「ある程度相手に合わせよう」と考えるものですが、あんまりにも相性が悪いと、強い違和感を感じたり、会話をしたあとにドッと疲れを感じてしまうもの。

会話の相性がいいか悪いかを確かめるには、電話を活用するのが手っ取り早いのです。

気持ちの面でも相性の面でも、デートの成功率が上がる

マッチングアプリで出会った相手とのデートはすごーく緊張しますし、「ドタキャンされるかも」「盛り上がれないかも」といった不安に襲われやすいです。

強い緊張や不安のせいで、マッチングアプリで出会った人との初デートで空回りしてしまった経験がある人は少なくないはず。

でも、デートの前に電話をしておけば、デート時の緊張や不安はだいぶ緩和されるので、初デートで空回りしてしまう確率はグッと下がります。

また、マッチングアプリでは、実際に会ったら盛り上がらない人だったとか、出会いに真剣じゃない人だったとかのケースもあります。本気で出会いを探しているときにそんな人たちに出会ってしまうと、本当に「時間を無駄にしてしまった…」とガッカリするものです。

先に電話で相手の性格や雰囲気を確かめておけば、メッセージよりも高い精度で「相手とデートしたらガッカリしそうかどうか」を見極めることもできますよ!

通話をするのはデートの約束をしたときがベスト

マッチングアプリでマッチングした相手と電話するのは、デートの約束をしたタイミングが◎

厳密にいうと、デートをしようという話になったけれど、日付まで決めていないタイミングがもっとも電話するタイミングに適しています。

特に、相手を電話に誘う場合には、デートの約束をする前に「電話しようよ」と誘っても、高確率で断られるので要注意。

なぜなら、たいていの人はやりとりから日の浅い相手と通話をすることに緊張を覚えますし、電話番号やLINEといった個人情報を交換するのは不安だと感じるからです。

しかし、デートの約束をしたタイミングであれば、お互いに「当日何かあったときのためにLINEや電話番号を知りたい」「実際にどんな人なのか気になる」と考え始めますので、90%くらいの確率で相手に「いいよ!」と言ってもらえます!

「デートの日程とか相談したいし、1回通話できる?」と誘えば非常にスマートです。

ちなみに、デートの日程を決めた後に電話をすると、仮に電話で相性の悪さなどが発覚したときに、相手に断りの連絡を入れたりしなければいけなくなります。デート前の最終確認として電話を取り入れてみてくださいね。

また、デートの約束をする前に相手から通話に誘われた場合、自分も「話してみたい!」と強く思うのであれば電話するのもアリです。ただし、LINEIDや電話番号を悪用されるとか、些細な会話などから個人情報がバレるといったリスクも少なからずあるので、少しでも気が乗らないのなら、相手ともう少し仲良くなってから通話するようにしてくださいね。

積極的に通話を活用したほうがいい人の特徴

基本的に、どんな人でもマッチングアプリでマッチングした相手とはデート前に電話をしておくのがおすすめですが、特に積極的に電話を活用したほうがいいのはこんな人。

  • マッチングアプリでマッチングした人に会うのが怖い人
  • 本気度の高い相手に出会いたいと考えている人
  • ステータスよりも相性を重視して相手を選びたい人
  • 初対面の人と会うときに緊張しやすい人

デート前に電話をすることで緊張もほぐれ、不安も和らぎ、相手の本気度や相性を見抜くことができます。

いい出会いを掴むために、ガンガン電話を使ってくださいね!

マッチングアプリでマッチングした相手と通話するときのポイント

マッチングアプリでマッチングした人と電話をしようとしている女性のイメージ画像

「マッチングアプリでマッチングした相手とは電話をしたほうがいい」とわかっていても、電話をするのは緊張しますし、不安もありますよね。

でも、「通話する前に何分間通話をするか相手と決めておく」「LINEで通話する」、この2点を押さえておけば、相手との電話が嫌な思い出で終わってしまう可能性はかなり低くなります!

まず、電話の時間を決めてお互いに認識しておくと、心理的なハードルが一気に低くなります。自分が電話に気乗りしないときでも、「通話しよう!」よりも「10分だけ通話しよう!」と決まっていたほうが、「まあ…10分なら…」と思えますよね。

設定時間の目安としては、10分程度の時間でOK。

もしも相手と相性がよくて、自然と10分を超えてしまったらそれはそれでいいのです。きっと、デートも電話と同じように楽しく盛り上がれるでしょう。

すごく緊張していたり、相性が悪かったりして、たった10分さえも永遠に感じてしまったような場合には、「あ!10分経ったからそろそろ終わりにしようか!お風呂入らなきゃだし!またメッセージするね!」と、違和感なく電話を終了することもできます。

また、LINEを使って電話をするのは、相手と相性が悪かったり、不信感を覚えた場合、LINEであればブロックをしてしまえばそれで終わりだからです。

LINEを交換する際には、「ニックネームは本名フルネームではなく、下の名前だけにしておく」などして、不用意に個人情報が漏れてしまわないように気をつけてくださいね!

自分から通話をかけるときのポイント

マッチングアプリでマッチングしたお相手に対して、自分から電話の誘いを持ちかけたいときには、以下の3点に気をつけてください。

  • 電話を断られても今までと同じように接する
  • 事前に話題をある程度考えておく
  • LINEのベストな連絡頻度を聞いてみる
  • 長電話にならないように先に、10分くらい話そうと伝えておく

上記のポイントについて詳しく解説していきます。

相手と良好な関係を築くために、断られても今までと同じように接する

自分から通話の誘いをする場合、必ず相手に「よかったら電話しませんか?」と確認を取るようにしてください!

LINEや電話番号を知っていたり、マッチングアプリそのものに通話機能がついていたとしても、急に電話をかけると相手はビックリしてしまいます。

また、断られた際には「急に誘ってごめんね。少し電話で話してみたいな〜と思って!また今度気が向いたらよろしく!」くらいの感じで潔く引き下がってください。しつこくすると「こっちの都合も考えてよ…」と悪印象を抱かれます。

私も、マッチングアプリで出会って、まだデートはしていないけれどLINEは交換している相手に「電話しようよ!」と誘われたことが何度かあります。

夜遅かったし、緊張するからまだ電話はしたくないなぁ〜と思って「今日は難しいから、また今度!」と断ったところ、しつこく「なんで?」「ちょっとだけ!(笑)」「いいから通話しようよ!」と言われてウンザリ…。

そのLINEを既読無視していたら、相手が急に電話をかけてきて、「なんでこっちが嫌がっていることをしつこくしてくるんだろう…?」と感じて、電話には出ずそのままLINEをブロックしてしまいました。

ほかにも、断ったら「そっか…俺はもっと話してみたいんだけど。そうじゃないんだね…」とネガティブモードに入られて戸惑ったこともあります。そのときは、「面倒な人だな」と思ってLINEをブロックしました…。

せっかくマッチングした相手との縁が切れてしまわないよう、電話を断られた後もしつこく電話を強要したり、変に落ち込んだりしないようにしてくださいね!

楽しく電話ができるように、事前に話題をある程度考えておく

初めての電話は結構緊張するものです。お互いに緊張して、「何を話せばいいの!?」と考えすぎるあまり、沈黙の時間が続いてしまうこともあります。

電話の最中にイヤ〜な沈黙が流れないよう、電話をする際は事前にどんな話題を話すかある程度考えておくことをおすすめします。

特に、自分から電話を誘った場合は自分が盛り上げる気持ちを強く持つことが重要。誘われた相手は「自分から誘ってきたんだから、もうちょっと盛り上げてよ」と思ってしまうからです。

実際に、私も「電話しようよ〜!」と言われてOKしたら、相手が「あ…どうも…。(沈黙)」という感じで、「なんで電話誘ったの?喋りたいと思ってくれたんじゃないの?」と引いてしまったことがあります。

話題に困ったら、「いつも何時に寝てるの?」「夜ご飯何食べた?」「仕事何時からだっけ?」といった相手のライフスタイルに関する話題がおすすめ。

「寝るの早いんだ〜!起きるのは何時なの?」「生姜焼きだったの?いいね〜!自分で作ったやつ?」「9時始業か〜!9時だと通勤ラッシュヤバそう!いつも電車で行ってる?」などと広げることもできますし、相手から「そっちは?」と質問もしやすくなるからです。

今後の付き合いを深めるために、電話やLINEのベストな連絡頻度を聞いてみる

電話をして、「この人ともっと仲良くなりたいな!」と感じたら、相手にとってベストな連絡の頻度を確かめておくと、その後の付き合いがしやすくなります。

おすすめの聞き方は以下の2つ!

  • よく友達とかと電話する?:「よくするよ〜」「あんまりしないけど、嫌いじゃないよ〜」といった回答であれば電話が嫌いじゃない人なので、その後も電話に誘っても嫌がられることはない。「あんまり…」「電話苦手なんだよね…」と言われたら、電話が苦手な可能性大なので、付き合うまではあまり電話に誘わないようにする
  • 恋人とはどのくらいのペースで連絡取るのが理想?:1日1通長文のメッセージをやりとりしたい派、短文でサクサク連絡を取りたい派などタイプはさまざまです。相手の希望を聞いて、「じゃあ、これからはそんな感じで連絡してみようかな!」といえば印象アップに

長電話は相手の負担になりがちなので時間を決めておく

おしゃべりなタイプだとついつい話しすぎちゃって気づけば30分、1時間とたっていて、相手が「電池きれそうだから切るね〜」なんて気まずそうに終了。こんな事にならないように、初回は10分〜15分ほどと時間を決めておくと良いです。

特に、初めて話す電話は自分から切りづらい人もいますし、仲良くなる前に相手のマシンガントークを聞くのはかなり疲れます。

私自身も、あまりにずっと話し続ける人だった時に会うのを見合わせたことがあります…。

相手の雰囲気を知るくらいの軽い電話で、もう少し話したいなと思うくらいで切るように意識してみてください。

>>早速試したいなら初心者にも安心の大手マッチングアプリを使おう

相手から電話したいと言われたときのポイント

急に「電話しませんか?」と言われると、「ちょっと面倒だな」「なんか怖いな」と感じてしまいますが、相手はあなたとの仲を深めたい一心で電話を打診してきています。

マッチングアプリでマッチングした相手と電話をすることには色々とメリットがありますし、あなたも相手と仲良くなりたいと感じているのであれば、快く応じることをおすすめします。

以下のポイントを頭に入れておけば、気持ちよく、楽しくいい出会いを探すことができるはずですので、事前にチェックしておいてくださいね。

  • すぐに通話終了してOK
  • 個人情報を教えすぎないように気をつける
  • 電話をしたくない時はキッパリ断る

それでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

オンライン通話が盛り上がらなかったらすぐに通話終了してOK

盛り上がらない通話を無理に続ける必要はありません!

電話をする前に「10分くらい」と決めていても、10分も経たないうちにギブアップしたくなったり、10分経ってもなかなか切るタイミングが掴めないケースもあるはず。

そういった場合には、「あ!ごめん、ちょっと待って。掛け直すね!」とだけ言って通話終了してしまえばいいのです。そのあとメッセージで「仕事の連絡がきて」「親に呼ばれて」などと言っておけば、相手との関係が悪化する可能性も低いですよ。

リスク回避のために、個人情報を教えすぎないよう気をつける

会う前の電話の段階では、相手がどんな人かはわからないので、念のため個人につながる情報はなるべく教えないようにしてください。

相手が悪い人じゃなくても、相性が悪くて付き合いをやめたくなったりすることはあります。そんなときに、必要以上に個人情報を知られているのはちょっと怖いですよね。何かしらの被害に遭う可能性だってゼロとは言い切れません。

電話だとうっかり最寄駅を教えてしまったり、出身校を教えてしまったりしやすいため、いつも以上に個人情報の扱いに注意です!

お互いのために、通話をしたくないときはキッパリお断りする

「通話に誘われたけど、どうしても通話が嫌いでしたくない」「まだ仲良くないから、もう少し経ってから通話したい」そんな場合には、遠慮せずキッパリとお断りしてください。

我慢して嫌々電話するよりも、苦手なことはきちんと最初のうちに伝えたほうが、お互いにコミュニケーションが取りやすくなるからです。

相手がしつこく通話を強要してきたり、嫌だと伝えても急に通話をかけてきたりする場合、あなたとは相性が悪いと考えてください。それに、相手は「人の嫌がることをしてしまう人」である可能性が高いので思い切ってブロックしてくださいね!

通話も活用してマッチングアプリで出会った相手とコミュニケーションを取ろう

マッチングアプリでマッチングした相手と楽しく電話をする女性のイメージ画像

マッチングアプリでマッチングした相手とは、初めてのデートをする前に電話をしてみるのがおすすめ

電話には以下のようなメリットがあり、より効率的に、いい出会いを探しやすくなるからです。

  • 素の性格や雰囲気がわかる
  • 会話の相性を確かめられる
  • デートの成功率を上げられる

相手と通話する際には、事前に「10分くらい話そう」と決めておき、LINEを使って通話をするのがベスト。

自分から通話に誘う場合であれば「断られても今までと同じように接する」「事前に話題を考える」「ベストな連絡頻度を聞いてみる」の3点を大切に。

相手から通話に誘われた場合には、「すぐに通話終了してOK」「個人情報を教えすぎない」「嫌ならキッパリ断る」の3点を頭に入れて、相手の誘い応じるか断るかしてください。

積極的に通話を活用して、マッチングアプリで素敵な出会いを見つけてくださいね!

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ぐりこ

男は顔が命!3度の飯よりイケメンが大好きなぐりこがイケメンと出会うためにマッチングアプリを使っています。