小国町で映えスポット巡り!ナイトゲレンデや巨大かまくらを楽しむデート|山形県|縁結び大学

この記事では、小国町(おぐにまち)産業振興課・白い森ブランド戦略担当係長の遠藤さんにお聞きした情報をもとに作成した、冬の小国町で"映え"スポットを巡るデートプランをご紹介します。

山形県の西南端に位置する小国町は、東京23区がすっぽり収まるほどの広大なまちです。町の約9割がブナを中心とした森で、飯豊連峰や朝日連峰などの名峰に囲まれた自然豊かなエリアなので、どの季節にも四季折々の彩りあふれる美しい景色に出会えますよ。

また、冬には2メートルほどの雪が積もる豪雪地帯でもあり、大量の雪が雪解け水となってまちを潤すことから日本三大和牛とも称される米沢牛や生産量日本一を誇る山菜のわらび、澄んだ清流に生きるイワナといった山の幸・川の幸が充実。「自然の恵みを堪能できる場所でのんびりとデートを楽しみたい」とお考えのカップルにおすすめですよ。

今回は小国町で特に人気の"映え"スポットを巡る、冬のデートコースを考えました。ウィンタースポーツ&"映え"写真の撮影を楽しめる魅力的なプランに仕上がっているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

小国町の"映え"スポットを巡るおすすめルート

今回ご紹介するのは、『白い森おぐに』ならではの冬のデートプランです。

まずは横川ダムのダム湖である「白い森おぐに湖」で、一面の雪原のなかでワカサギ釣りを楽しみましょう。釣ったワカサギは、近隣の食事処で天ぷらにしてもらって味わうのがおすすめです。

次に、北京オリンピック・スノーボードハーフパイプ金メダリストの平野歩夢選手のホームゲレンデである「横根スキー場」で、スノーボードやスキーを楽しんではいかがでしょうか。ハーフパイプがあるので、ボード上級者はカッコイイ姿をお披露目できます。スキー場は道の駅に併設されており、ランチやお買い物もあわせて楽しめますよ。

そこから町の南部へ移動して、ぜひ巨大かまくらがある「民宿の越後屋」に立ち寄ってみてください。かまくらの中には小さな雪だるまや雪雛などが飾られているほか、音楽を聴くこともできます。

そのあとは、近くの「飯豊温泉梅花皮荘(いいでおんせんかいらぎそう)」へ。温泉に浸かったり、山菜や川魚といった郷土の味覚を味わったりと、くつろぎの時間をお過ごしくださいね。

ここからは、各スポットの魅力や"映え"写真の撮り方について詳しくご紹介します!

おすすめ“映え”スポット1「横川ダム 白い森おぐに湖」

白い森おぐに湖に設営されたテント

白い森おぐに湖は、1967年に発生した「羽越水害」をきっかけに建設された横川ダムのダム湖です。冬にはダム湖一面が真っ白い雪に覆われて雪原となり、その上でワカサギ釣りを楽しめます

ワカサギ釣りの様子
▲凍結した湖面で「穴釣り」を満喫!ワカサギの動きが活発な早朝の時間帯が狙い目です

釣ったワカサギは、車で10分ほどのところにある水源の郷交流館内の「御食事処ほたる」で天ぷらにしてもらうとよいでしょう。自分で釣ったワカサギの味は格別ですよ。

水源の郷交流館の外観
▲「御食事処ほたる」を備えた水源の郷交流館。パークゴルフ場もあるほか、多彩なイベントも開催されています

御食事処ほたるのワカサギの天ぷら
▲揚げたてのワカサギは絶品!抹茶塩とともにいただきましょう

女性スタッフのアイコン
遠藤さん

御食事処ほたるでは、手打ち蕎麦や地元小国産のわらび粉100%のわらび餅もおすすめです!

御食事処ほたるのわらび餅
▲わらび本来の香りや粘りを味わえる!御食事処ほたるのわらび餅

一面の雪原や釣ったワカサギの撮影が人気!

インスタグラムに投稿されている横川ダムの写真
▲白い森おぐに湖ならではの風景が「映える」と話題!(引用:インスタグラム

インスタグラムで「横川ダム」や「白い森おぐに湖」と検索してみると、真っ白な雪原や釣ったワカサギの写真が数多くアップされていました。ハイシーズンには50以上のテントが湖面に並ぶため、そういった色とりどりのテントの風景を写真に収めるのもいいですね。

白い森おぐに湖のテントの風景
▲ここは北欧?と錯覚するような美しい風景に癒されます

横川ダムの基本情報(アクセス)

住所 〒999-1321
山形県西置賜郡小国町綱木箱口736
問い合わせ先 0238-65-2363
アクセス JR「小国駅」から車で約15分
営業時間 24時間営業
※【きてくろ館】9:00~17:00
定休日 なし
※【きてくろ館】冬期間(12月~4月上旬)
公式サイト https://www.hrr.mlit.go.jp/uetsu/contents/dam/yokokawa/index.html

おすすめ“映え”スポット2「横根スキー場」

横根スキー場の風景

横根スキー場は、初心者~中級者向けの3種類のコースを備えたコンパクトなスキー場です。北京オリンピック金メダリストの平野歩選手のホームゲレンデとしても有名で、スノーボード用のハーフパイプを備えていることから、スノーボーダーには特におすすめですよ。

横根スキー場のハーフパイプの風景
▲延長100m・幅員14mのスノーボード専用ハーフパイプコース

女性スタッフのアイコン
遠藤さん

日曜・祝日以外はナイターも営業しているので、スケジュールによっては夜に訪れるのもいいですね。

横根スキー場のナイターの風景
▲ロマンチックなナイトゲレンデはデート利用にぴったり!

ナイトゲレンデの幻想的な写真は映え度120%!

インスタグラムに投稿されている横根スキー場の写真
▲美しいゲレンデで記念写真を!(引用:インスタグラム

横根スキー場を訪れたら、ぜひ広大な雪景色を写真に収めましょう。リフトを降りた頂上から望む、朝日連峰の雄大な山々を撮影するのもおすすめですよ。

また、ナイターで見られる町中心部の夜景もロマンチックで素敵です。

横根スキー場周辺の観光スポット1:道の駅「白い森おぐに」

横根スキー場は、茶屋のような外観の道の駅「白い森おぐに」と隣接しています。レストランや軽食・休憩コーナー、物産品直売所を備えた施設で、地場産の味覚を手軽に味わえますよ。

こちらにある「お母さん食堂あいあい」で人気の"映え"メニューが、小国町産の雑穀を練りこんだ「たかきびうどん」。うどんの薄紅色の色合いがとても美しく、デート中のランチにぴったりです。

お母さん食堂あいあいのたかきびうどん
▲天ぷらもたっぷりでボリューム満点なので、カップルでシェアして食べるのもおすすめ!

横根スキー場周辺の観光スポット2:「カモスク」

カモスクの外観

横根スキー場から車で10分ほどのところには、酒造カフェ&コワーキングスペースの「カモスク」があります。無料Wi-fiとフリードリンク付きで1時間500円、1日1,000円(入退室自由)でスペースを利用できるほか、おぐに味噌を使用した「発酵カレー」や「味噌フィナンシェ」といったフードメニューも味わえます。

カモスクの内観
▲築300年の石蔵をリノベーションした店内で、ゆったりとくつろぎの時間を過ごせます

横根スキー場の基本情報(アクセス)

住所 〒999-1363
山形県小国町小国小坂町616-1
問い合わせ先 0238-62-4723
アクセス JR「小国駅」よりバスで約8分(町営バス南部線「片岩」下車)
営業時間 【日中】9:00~17:00
【ナイター】17:00~21:00
【ハーフパイプ】11:00~16:00
定休日 【ナイター】日曜及び祝祭日は休業
【ハーフパイプ】木曜休業
※冬季のみ営業(降雪・積雪状況により変動あり)
公式サイト http://www.siroimori.co.jp/yokone-ski/index.html

おすすめ“映え”スポット3「民宿の越後屋」

民宿の越後屋は、飯豊連峰のふもとに位置するアットホームな民宿です。お昼にはそばやうどんのほか、山菜・岩魚・熊料理を味わえる食事処としても営業しています。

女性スタッフのアイコン
遠藤さん

冬には直径約15メートル・高さ約8メートルの巨大かまくらが出現するので、ぜひ足を運んでみてください。2人で中に入って壁面の飾りを眺めたり、音楽を聴いたりと、非日常の貴重な体験を楽しめます。

民宿の越後屋のかまくら
▲かまくらの中では雪に音が反響し、ホールでライブを聴いているような感覚で音楽を堪能できます

かまくらやそば・うどんなどの"映え"メニューをパチリ!

インスタグラムに投稿されている民宿の越後屋の写真
▲柿×くるみのシャーベット「柿くるみ」もおすすめの"映え"メニューです(引用:インスタグラム

越後屋においては、冬の風物詩であるかまくらの写真をはじめ、店主自慢のグルメの写真を撮影する方が多い印象です。

食事メニューのなかで特に注目したいのが、1杯10万円の「熊の手そば」と「熊の手うどん」。熊の手を丸ごと煮込んだものがトッピングされているインパクト抜群のメニューで、過去にテレビやネット、雑誌などの各メディアで数多く紹介されていますよ。ぜひチェックしてみてください。

民宿の越後屋の基本情報(アクセス)

住所 〒999-1522
山形県小国町小玉川456
問い合わせ先 0238-64-2430
アクセス JR「小国駅」から車で約30分(国道113号線→新潟県境付近から県道260号線を経由)
営業時間 11:00~15:00(食事処)
定休日 なし
公式サイト https://yamagata-oguni-shiroimori.jp/en/tourism/minnshuku-no-echigoya/

おすすめ“映え”スポット4「飯豊温泉梅花皮荘」

飯豊温泉梅花皮荘の風景

約800年前に、熊が温泉で傷を癒やしていたところをマタギ(※1)が見つけ、開湯したと伝わる飯豊温泉。梅花皮荘はそんな飯豊温泉を代表する宿で、雄大な飯豊連峰を背景に、眼下には玉川の渓流が流れる美しい景観のロケーションにあります。
(※1)伝統的な狩猟法によって狩りを行う人

宿泊にて温泉を堪能できることはもちろん、日帰り入浴も可能です。大浴場からは周囲に広がる豊かな大自然のほか、美しい星空も眺められます。

女性スタッフのアイコン
遠藤さん

梅花皮荘の食事処では、山菜そばや舞茸丼といった地元の特産物をふんだんに使用したお食事を味わえます。

春から秋にかけては、別館の「川入荘」にて露天風呂も満喫できます。ログハウス造りの風情あふれる外観の施設で、玉川渓谷や飯豊連峰を眺めながらゆったりと温泉に浸かれますよ。

飯豊温泉川入荘の露天風呂
▲四季折々に変わる風景を眺めながら味わう温泉は格別です!

飯豊連峰×玉川の渓流の風景をお好みのアングルで!

インスタグラムに投稿されている飯豊温泉梅花皮荘の写真
▲風情ある大浴場の写真も数多くアップされています(引用:インスタグラム

飯豊温泉梅花皮荘では、ぜひ玉川渓谷や飯豊連峰の絶景をお気に入りのアングルで撮影するとよいでしょう。宿泊する場合やお昼の食堂を利用する場合は、宿自慢の川の幸・山の幸グルメの写真もたくさん撮影してくださいね。

飯豊温泉梅花皮荘の基本情報(アクセス)

住所 〒999-1522
山形県西置賜郡小国町小玉川564-1
問い合わせ先 0238-64-2111
アクセス JR「小国駅」から車で約30分(国道113号線から県道260号線を経由)
営業期間 通年営業
※例年9月頃は引湯管清掃のため数日間休業
営業時間 【宿泊利用】16:00~翌10:00
【休憩利用(お部屋利用)】10:30~15:00
【日帰り風呂入浴】10:00~16:00
【川入荘露天風呂】受付時間17:30まで
【昼の食堂営業】11:30~13:30(ラストオーダー13:00)
公式サイト http://www.siroimori.co.jp/kairagisou/

取材協力:小国町産業振興課(公式サイト:山形県小国町「白い森」