利用前に注意!ママ活アプリSILK(シルク)実際に使った感想と評価

ピチピチの高学歴大学生男子とお茶したりご飯したりできるママ活アプリSILK

マッチングアプリ大学マミ

こんにちは、マッチングアプリマニアのマミです。

マッチングアプリを120個以上使ってきた私ですが…(マッチングアプリを使いまくった総まとめ記事はこちら

男子大学生と年上女性が出会うコンセプトというマッチングアプリを見つけたので使ってみました。ただ、このアプリはママ活で利用されており、危険性もあるため、利用はルールを守って正しく使う必要があります。

この記事ではSILK(シルク)利用時の注意点と、ママ活に対する正しい知識を解説していきます。

ママ活に関する注意点
本来のママ活とは、男性が食事やデートの見返りとして金品を受け取るなど経済的なサポートをしてくれる女性を探す活動のことです。独身のキャリア女性が勉学や夢に向かって頑張るお金のない男子大学生を応援するという目的での支援が本来の姿で、性行為などは行わないものとされています。

ただ、実際のところは既婚女性が若い男性と出会ってしまったり、食事やデート以上の関係になってしまう事例も発生しています。既婚者と恋愛は不貞行為にあたりますし、未成年との性行為や、金銭の受け渡しは犯罪です。ママ活を始めたい男性も女性も危険性を十分に理解してください。

※このページでは不健全なママ活は推奨していません。独身女性が年下男性を応援する、本来の意味でのママ活としての観点で紹介をしています。

男女ともに守るべきママ活の注意点2つ

本来「頑張っている大学生男子を応援したい」という気持ちから始まったものです。男女ともに守るべきルールをおさらいしましょう。

この2つの約束は犯罪につながる可能性がある内容です。トラブルになった後に知らなかったでは済まされませんので、しっかりと理解してください。

金銭のやりとりは禁止

SILKの利用規約にて、ユーザー間で金銭のやりとりは禁止されています。美味しいご飯一緒に食べたり、似合う服を選んで買ったり、そういったコミュニケーションの中で発生する費用は女性側が持ちますよというスタンスでのマッチングが基本です。

既婚者やパートナーがいる人の利用は禁止

男性と女性がマッチングする目的である以上、不貞行為につながる可能性があるため、既婚者やパートナーがいる人の利用はNGです。

それでは、本編です!

ママ活アプリSILKシルク評価

健全な男性も多く年下と話してみたい人には良いアプリ

良いと言っても、すごくニッチなサービスなので特定の人にしか向いているとは言えませんね。

SILKに向いている人はこんな人

SILKの利用に向いている女性は、以下のような特徴に当てはまる人です。

  • 大学生男性とお話ししてみたい
  • 可愛い年下男性に世話焼きをしたい
  • 18歳~25歳の男性がストライクゾーンのアラサー女性
  • 将来の社長・起業家候補と今のうちにつながっておきたい
  • 結婚する気がない人

SILKに向いている人はこんな人

一方、男性の場合は以下のような人にはSILKの利用向いていると言えるでしょう。

  • キャリアのある年上の女性からビジネスの話を聞いてみたい
  • 女性の話を聞くのが好きな人、聞き上手
  • 自分の学歴に自信がある人

SILKを利用している女性側の心理として、仕事のストレスや疲れを年下男性に癒やしてもらおうという欲求があります。そのため、相手の愚痴を聞いてあげられる聞き上手でないと、出会いは難しいかもしれません。

また、女性側は将来有望な若い男子との出会いを期待してSILKを利用しているので、男性側にも高学歴などの魅力が求められます。

上記をクリアできる人なら、女性にデート費用を負担してもらいつつ、ビジネスの話を聞き出すことができるでしょう。

>>SILKを無料ダウンロードする

SILKの利用に向いていない人

  • 男性に奢ることに抵抗がある
  • 普通に恋愛や結婚がしたい人
  • 年下にはあまり興味ない

SILKに登録している男性はデート費用を女性が持つのを期待しているので、奢るのに抵抗がある女性には向いていません。

また、SILKはメッセージをやり取りするのに男性側に4,000円(税込)の月額課金が必要になります。

その他、メッセージ付きのいいね機能である花束は1,000円分のポイントが必要になるので、男性側は女性と出会うまでに金銭的な負担があります。

さらに、SILKに登録している男女で恋愛関係を期待しているのは少数なので、恋愛や結婚を意識している人には向いていません。

SILKのデメリットは好みの相手を探しにくいこと

SILKは課金するまで検索機能が利用できません。そのため、仮登録してもどんな人がいるかは、ログイン順で上から見るしかない。

なので、好みの子を探すのはほぼ不可能と思った方が良いです。

また、SILKは2018年から始まった新しいアプリなので、大手マッチングアプリと比較して登録者数が少ないというデメリットもあります。

最新のデータの公表はありませんが、2019年4月時点で15,000人ほどのユーザー数なので、大手の数百万の会員数と比較すると少ないと言えるでしょう。

会員登録者数が少ないと、会える距離で相手を探す難易度が上がるほか、ライバルも多くなります。そのため、大都市圏に住んでいて自分に自信がある人でないと、SILKは使いにくいかもしれません。

SILKを検討していた人におすすめのアプリ

ここまで紹介してきて、SILKが合わないなと思った人向けに、年下の男子や年上の女性と出会えるアプリを紹介します。

大手のマッチングアプリは会員数が数百万人から1,000万人と多いので、SILKと比べると多くの出会いが期待できます。

また、大手マッチングアプリは女性無料で、男性も会員登録は無料で検索機能まで使えます。月額課金もクレカ払いで4,000円未満にできるので、課金額を抑えたい男性にもおすすめです。

【おすすめの大手マッチングアプリ】

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ

■検索機能が優れる男女向けアプリ
年収、年齢、職業や居住地域から異性を探せる検索機能で条件を絞って相手を探せる。
会員数も1,000万人と多く、好みの異性を探しやすい。

公式
解説へ
タップル
タップル

■大学生と出会いたい女性向けアプリ
大学生~20代の登録が多いので、若い男子と恋愛したい人向けのマッチングアプリ

公式
評判
with
with

■相性のいい20代と出会いたい女性向け
20代の中心のアプリ。趣味や相性重視で出会えるシステムなので、中身重視したい人にも!

公式
口コミ

SILKの安全対策について

SILKは安全対策はきちんとしています。

他の大手マッチングアプリと同様に、メッセージ交換をするには身分証明証の提示による本人確認が必要です。また、運営による24時間365日の監視体制もありますので、迷惑ユーザーがいつまでもSILKに登録し続けている心配もありません。

シルクに実際に登録してみた体験談

さて、軽く評価をまとめたところでここからは実際の体験談です。

そして、まさかの検索機能がない!

見ての通り、超超シンプルな作りです。

マッチングアプリSILKの画面、検索すらない

プロフを登録して承認されるまでの約数時間、その間にすでに約50人からいいねが届いた!これにはびっくり。

アクティブ率はかなり高く、さらに自ら連絡してくる男子も多い模様。

ちなみに、自分のプロフを登録しないと男子のプロフは見れない仕組みになっています。

シルクに登録している男子学生たち

どこを見ても有名大学の子ばっかり!慶応、東大、早稲田、一ツ橋、上智、国立大…。頭良さそうすぎて話についているか若干不安になります。

頭良さそうすぎて話についているか若干不安になります

プロフを見てみるとこんな感じの子が多いですね。

  • 社会人の話を聞きたい 
  • 起業したい
  • 本当にお金がないからご飯を食べさせてほしい
  • 年上の女性が好き
  • 同年代には相談しにくいことを聞いてほしい
  • 興味本位で登録してみた

流石の高学歴、プロフィールの文章がきちんとしていて真面目そうな子が多い。

パパ活のようなドロドロとしたものを想像していましたが、普通に「美味しいもの食べたいです」「相談に乗って欲しい」みたいなタイプが多く、健全性は高いです。

このアプリについてはママ活という言葉は合わないかなと感じますね。頼りになる姉御と仲良くなるアプリ。姉活に近いかもしれません。

SILKのイケメン率は高い、中には芸能人クラスのイケメンもいた。

顔写真登録率は7割くらい、中には本名も出している子がいて、顔写真と大学名と本名出したら個人情報丸裸だけど大丈夫?と心配になってしまうほど。

ミスター慶応などミスターコンで上位に入りそうな、ジャニーズや若手俳優風の子もたくさんいました。

ジャニーズや若手俳優みたいでかっこかわいい

あとはかわいい系、さわやか系、マッチョ系でイケメンだよね~って言われるくらいの子もいます。

カワイイと思える男性が美味しそうにご飯を食べている姿を見るのは、仕事で忙しい中の癒しになりそう。

シルクで出会った大学生とのメッセージ内容公開

実際のメッセージレポートをしていきます。

実は、なんだかんだ開始1週間で200いいねくらい届いていました。これは他のマッチングアプリと比べてもかなりハイペースだと思います。

※ちなみに、私はプロフィールに顔を出していません。雰囲気しかわからない写真です。

マッチングアプリSILKで200人からいいねを貰った

東京大学のAくん

私がプロフに「冬は鍋が食べたい!」と書いたところ、僕も鍋好きです。何が好きですか?と連絡が来た。

東大のAくんは外資のコンサルに内定済みで暇らしい。そして、モツ鍋が食べたいです!とかなりストレートなお誘い。初っ端からご飯の話題を突っ込んでくる子は大体ご飯をおごってほしい子なんだろうなぁ。

素直だけど、明らかにご飯食べさせてという空気感にちょっと戸惑ってしまいました。

早稲田大学のBくん

Bくんは私がIT系に勤めているという話から、「今後業界はどうなっていくとお考えですか?」とお硬い内容で連絡。IT系を目指すか迷っているようで、業界のことをいろいろ聞きたいからこのアプリを始めたみたい。

すごく真剣で真面目に私の話を聞いてくれてかわいいなぁと思った。が!話が終わりかけた頃、ありがとうございました!と彼は去っていった…。メッセージだけで満足するという人も多いみたいです。

青学のCくん

Cくんはかなり調子いい感じだった。「こんにちは!」の一言から始まり、年上の女性が好きです!のアピールから、旅行が好き、温泉に行きたいなどなど、子犬系男子で可愛らしい。結構ガチでママ活してそうなタイプだった。

が、私の返事が遅かったからか次第にフェードアウトされてしまった…。

マッチングアプリ大学マミ

え・・・まって・・・

マッチングアプリ大学マミ

なんかみんなかわいく見えてくる ・・・

マッチングアプリ大学マミ

年下男子アリかも。

今まで年上好きだと思っていたけど、齢30歳にして年下も悪くないなって思ってしまった。ただ恋愛につながる出会いは全然なさそうね、コレ。

年下大学生男子とメッセージをした感想:自分優位は楽っちゃあ楽

年下大学生男子とメッセージをした感想:自分優位は楽っちゃあ楽

マッチングアプリって基本男性から女性にアレコレするのが当たり前という空気感があると思います。

でも、SILKでは立場が逆になります。女性がリードをして初回のメールを送ったり、お誘いしたり、話を振ってあげたりしなくてはいけません。ここはデメリットなのかなと。

正直めんどくさいと感じてしまいます。女性的な感覚でいるとなんとなく自然消滅してしまうので、肉食系のガツガツした女性じゃないと合わないかなという印象。

メリットとしてはある程度緊張せずにメッセージができる。自分が上に立っているという優越感がある。年下がかわいいと思える。

母性があふれ出て抑えきれないタイプの女性にはいいかも知らん。

まとめ:シルクは年下の大学生に癒されたい人向き

このアプリを使うべきなのは、男子大学生とお話ししたり食事に行ったりして癒されたいと考えている人です。

2週間ほど使ってみてわかったことは

  • 恋愛したい人はかなり少ない
  • 男女バランスで言えば男性が圧倒的に多い
  • ご飯をおごってもらいたい男子大学生が多い
  • 同じくらい仕事や相談を聞いてもらいたい男子大学生がいる
  • アプリ自体はメチャクチャ使いづらい
  • 有料プランで使うかというと微妙!

個人的にはペアーズやOmiai、withあたりで年下の男性と出会って恋愛したほうが良いかなぁ。なんて思いました。

たとえば、ペアーズはアプリも使いやすく、会員数も1,000万人と多いので、全国の男性を見ることができます。

その中から、年齢や大学生に絞って検索できるだけでなく、「年上女性もOKか?」も参加コミュニティーから知ることもできてしまいます!

同じような機能があるアプリもありますが、会員数の多さでいうとペアーズが一番効率的です。

>>ペアーズ公式:https://www.pairs.lv/

>>ペアーズについてはコチラ

SILKの料金システムや課金要素について

SILKは男女とも会員登録は無料でできますが、メッセージを利用するのに男性側のみ4,000円以上の課金が必要になります。

参考までに、ペアーズとの料金比較は以下です。

【SILKとペアーズの料金比較】

プラン SILKの料金 ペアーズの料金
(アプリ内課金)
ペアーズの料金
(クレカ払い)
1ヶ月 4,000円 4,300円 3,590円
3ヶ月

3,400円/月
10,200円/一括

3,600円/月
10,800円/一括
2,350円/月
7,050円/一括
6ヶ月

2,967円/月
17,800円/一括

2,400円/月
14,400円/一括
1,830円/月
10,980円/一括
12ヶ月

2,400円/月
28,800円/一括

1,733円/月
20,800円/一括
1,320円/月
15,840円/一括

※すべて税込

3ヶ月以内のアプリ内課金ならSILKはペアーズよりも安く利用可能ですね。ただし、クレジットカードでペアーズのサイトから課金する場合は、全プランでペアーズの方が料金が安くなります。

そのため、クレジットカードを利用できる男性は、ペアーズなど他の大手マッチングアプリの方がコスパが良い可能性があります。

もちろん、ペアーズに登録している女性でママ活OKな人は多くないので、ママ活重視の場合はコスパ度返しでSILKを利用するのも良いでしょう。

また、SILKはいいねにメッセージをつける花束システムの利用が可能です。花束を利用すれば、相手に本気度を示すことができます。

花束システムを利用するには、アプリ内ポイントが1,000ポイント必要です。SILKは1ポイントが1円なので、花束システムを利用するには1,000円分の課金が必要になります。

>>SILKを無料ダウンロードする

>>ペアーズを無料ダウンロードする

運営会社について

運営している会社はSPIKE株式会社。企業サイトが見つからず、おそらくSILKのサービスのみしかやっていないようです。現在は年下男性と年上女性のマッチングですが、今後はちょっと訳あり女性とのマッチングに広げていくとの記事もありました。

第2部!ママを探したい男性たちへ

マッチングアプリ大学マミ

ここからは『ママ活をしたい男性』へ向けての解説記事になります。

安全にママ活をする上での約束

ママ活は一歩間違えるとトラブルに巻き込まれる可能性がある行為です。

まだまだ若い18歳から20代の男性が、この歳でのちの人生に影響を与えるような大きなトラブルには巻き込まれたくないですよね?

  • 既婚者や恋人がいるかを先に確認し、パートナーがいる人であれば連絡はやめること。
  • 付き合う気がないのに体の関係を求めるのはNG
  • あくまでも相手の好意に甘えて食事やプレゼントを貰っていることを忘れずに!

ちなみに、年収1000万以上の女性の割合は日本全体の1%。さらにここから独身となると本当にごくわずかです。

この確率で考えると、シルクに登録している女性の中にはもちろん超高収入の女性もいますが、ほとんどはそれほど高収入というわけではありません。

たまに会って食事を奢ってもらう、映画や買い物に付き合って色々な体験をしてもらう、これが本来の目的ということをお忘れなく。

よく考えて!ママ活のリスク

ママ活にはあなたの人生を壊すレベルの危険性があることも理解しておくべきです。

ママが既婚者だった場合トラブルになるリスクがある

いくらデートだけとは言え、既婚者だった場合、様々なトラブルの原因になりかねません。

ちょっとしたバイトやお小遣い稼ぎのつもりで手を出したら、大変なトラブルに巻き込まれてしまった…。こんなの後悔しても後悔しきれませんよね。

だからこそ、会う前に相手が独身かどうかきちんと確認しましょう。

子供ができた最悪のケースもある

もし、ママがあなたのことを大好きになってしまい結婚したいと思っていた場合。わざと子供を作り逃げられない状態にする可能性も0ではありません。

友人や家族にバレるくらいならばシャレになります。でも、人生が変わるほどのトラブルに巻き込まれるリスクがあるのに簡単に手を出すべきではありません。

お金を稼ぐ手段は他にたくさんあります。ママを探したいと思う前に一度考えてみてください。

ママが求めている子ってどんな子?

それでも自分はトラブルに巻き込まれない自信があるからママ活をしたい!という坊ちゃんへどんな子なら奢ってあげてもいいと思えるか、解説します。

笑顔が素敵で元気が貰えるような子

笑顔にキュンとときめいてしまったり、ご飯を美味しく食べたり、喜んでくれたり、一緒にいることで自分まで若々しくなれる子が人気です。

元気で素直、頑張り屋な弟キャラ

ママが求めるのはついつい応援したくなっちゃう男の子です。だから、息子だったり弟だったり母性をくすぐるような言動にハマります。

鉄板ですが、

  • 将来の夢に向かって必死に頑張っている子
  • 貧乏でも部活など何かに打ち込んでいて頑張っている子
  • ママの話を感動しながら聞いてくれる子
  • 褒め上手で自信が出る言葉を言ってくれる子

こんな子がいたら「私が美味しいご飯をお腹いっぱい食べさせてあげる」と応援したくなります。

ママに求めるのはご飯程度にしておくべき

人生を壊すリスクを取らないためには、ママとの仲を深くしないことが一番です。

金銭をもらうとなんだか申し訳ない気分になり、深入りしてしまいがち。だからこそ、月に1回ご飯を奢ってもらって、話をする仲がベストです。

トラブルに発展しない良いママは、「ご飯を食べにいきたいけど一人では入りにくいから一緒に来て欲しい」「話を聞いて欲しい」「若い子の話を聞いてみたい」こんな風に思っている人です。

要は恋愛ではなくてコミュニケーションを求めているママを探すのが一番ということ。

年上、社会人の高収入彼女を探したらどう?

でも、私がオススメするのは仕事ができる彼女を探すことです。

20代後半〜30代のバリキャリ女性で、結婚よりも今は仕事が好きでたまらない、でもたまに寂しくなっちゃう。こんな女性とお付き合いしたら、ご飯も食べれるし旅行も行けるし、夜も充実だし…良いことづくめじゃないですか?

年上の女性と恋愛を前提に出会うならば、マッチングアプリで出会えます。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
■検索機能が優れるマッチングアプリ
年収、年齢、職業や居住地域から異性を探せる検索機能で条件を絞って相手を探せる。
会員数も1,000万人と多く、好みの異性を探しやすい。
公式
評価へ

>>年上彼女を作るコツへ

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

マミ

29歳、婚活歴3年。30歳までに結婚を目標に婚活中。世に出ているマッチングアプリは全部使う!を目標に現在20種類以上を使用中。