男は「顔」!結婚目前にして破局した25歳「ぐりこ」の婚活逆襲劇

グリコの婚活逆襲劇:恋愛遍歴を赤裸々告白

ぐりこ

ありとあらゆる恋活・婚活ツールに頼り、出会いの亡者と化しているぐりこです。

自然に出会って、出会った瞬間にお互いビビっと来て、デートを重ねた上で交際へ発展して、数年の交際を経た上で結婚する。そんなごくごく普通の恋愛物語は、当然のように自分にも訪れるものだと思っていました。

しかし、25歳になった今、そもそも、私には”自然な出会い”というものすら訪れないという、悲しい事実に気が付いたのです。

出会うことが出来なければ、結婚どころか恋愛すら出来ない。出会いは勝ち取りにいかなければいけない。

そう思った25歳の私は、巷で話題の恋活・婚活というものに明け暮れる日々を過ごしています。

ラブストーリーの終わりは突然に

3年同棲、結婚目前だった彼氏との別れ

今こそは出会いの亡者となっている私ですが、数ヶ月前までは笑顔で彼氏との同棲生活を送っていました。彼とは3年ほど同棲しており、私は時期が来ればこの人と結婚するのだろうと、何の疑いもなく思っていたのです。

元々結婚願望が強かった私が何故、そんなにも悠然と構えていたかといえば、3年同棲という経歴自体も理由のひとつではあります。ですが、何よりも、一緒に過ごす日々の中で、彼は私のヒステリックな奇行を許し続けてくれた逸材だったのです。

重たすぎる愛は彼を滅ぼす

私は彼のことが好きでした。だからこそ、愛は重く、ことあるごとにヒステリックな奇行へと走りがちでした。

どのくらいヒステリックな奇行だったかというと、

  • 彼が不在の間に彼のパソコンをハッキングしてLINEのトーク等々を盗み見る
  • 彼が私に明かしていなかった彼のSNSアカウントを探し当ててストーカーする
  • 数時間の間に電話数十回、LINE数十通を送りつける

などなど。もちろん、全て別の日に起こった出来事です。

きっかけこそは彼が悪かったとしても、私の友人たちですら、このヒステリックな奇行の数々には、驚きを隠せないどころかあからさまに引きます。

私はモンスター彼女

前述した以外にも、その他いくつも私の所業を許してくれていた彼。多少のことでは別れないだろうと甘えていました。結婚しないのは時期がまだ来ていないだけで、時期が来れば私は彼と同じ苗字になるのだと、甘えた考えにどっぷり漬かっておりました。

私の甘えた考えが打ち砕かれたのは数ヶ月前のある日のことです。いつも通り些細な喧嘩から私のヒステリックが引き起こった時、別れを切り出されました。

おそらく、彼は私というモンスター彼女に疲れ果てていたのでしょう。

私は、彼と別れてようやく気付いたのです。自分は、あまりにも性格に難がありすぎる女だということにです。また、私も20代前半の”女子”から、結婚適齢期に差し掛かる”女”の年齢になっているということにもです。

振り返れば、貪欲に見つけた出会いだった

イケメン彼氏との出会いは相席屋

私が奇跡的にも同棲まで漕ぎ着けた彼との出会いは、相席屋でした。

3年ほど前、22歳だった私は彼氏居ない暦3ヶ月、悠々自適な独り身生活を謳歌していました。

その日は、久々に会った後輩と16時から飲み始めたおかげで、19時を回るころにはすっかり飽きモード。そんな後輩が提案したのは、当時流行り始めたばかりの相席屋でした。

私は相席屋未経験者で、「相席屋って本当に女は無料なの?」と確認してしまうほどに予備知識もなかったのですが、数回行ったことのある後輩を頼りに、相席屋デビューをしたのです。

いざ尋常に、相席屋デビュー

緊張感漂うデビュー戦、初戦はノリの良い2人組と相席し、本当に女性が無料だということも体感した私の緊張感はだいぶほぐれていました。そして、二戦目で出会った、松坂桃李テイストの顔面をお持ちのイケメンこそが彼です。

その日、私と彼はそんなに多くの言葉は交わしませんでした。結果、彼に抱いた印象は、「顔が良い」これだけです。

けれど、男性を恋愛対象として見るときの優先順位が、

顔>性格>年齢>仕事&お金

である私にとって、松坂桃李テイストの顔面は、求人における書類選考合格といった具合です。

顔が良いというだけで、彼とまた会いたいと思いました。

LINEを交換して解散し、私は当日中に、「また飲みに行きましょう!」と貪欲すぎるLINEを送りつけました。翌日には彼からの返信もあり、意外にも波長が同じだった私たちは、あっという間に恋人になり、それとほぼ同時に一緒に住み始めました。

このように、振り返れば、出会った場所も出会ってからの始めの一手も、私は貪欲に出会いを求めていました。

多分、あの頃は自然と出会いに貪欲だったのではないでしょうか。

数を打たねば、当たるものも当たらない

好みの人と出会うために、恋活・婚活ツールで出会いまくる

彼と別れてからというもの、私は数々の恋活・婚活ツールに頼りました。

相席屋はもちろん、クラブ通いも再開した上に、ナンパスポットや婚活パーティー、その他各種イベントにも足を運びました。それだけでは飽き足らず、マッチングアプリにも手を出し、「お前はどれだけマッチングしたいのか」と自分でも思うほどの活動ぶりでした。

お世話になっている、世にも便利な恋活・婚活ツール

参考までに、私がお世話になっている恋活・婚活ツールを以下に紹介します。

ざっと思い返してもこのくらいなので、よく思い返したらもう少しあるかもしれません。

今の私は、このくらいの勢いで求めないと、好みの男性との出会いは勝ち取れないのです。

ありあまる出会い、しかし人は見た目が9割

イケメンとマッチングすることを求めに求めて、精力的に活動を行った結果、確かに出会いはありました。盛り上げ上手に聞き上手、お金持ちにフリーター、真面目くんやチャラ男くんなど、多種多様な男性がいました。

しかし、私が求めるイケメンとの出会いはありませんでした。正確には、性格に難のあるイケメンには何度も出会いました。

それは、良く考えれば当たり前の話です。「人は見た目が9割」と偉い学者でさえも提唱する世の中で、顔も性格も良い人には彼女が居ることが多いし、彼女が居ない人は顔が良くても性格に難のある人が多いです。

顔が最優先事項の私にとってはなかなか世知辛い現実です。ただ、顔は絶対に譲れません。

自分の遺伝子とは反対のものを求めてしまうのが、動物の本能なので、顔面偏差値の低い私は顔面偏差値の高い男性を求めてしまいます。更に、性格に難がありすぎる私は、性格に難が少ない人を求めてしまいます。

性格に難が少ないイケメンと是非ともマッチングさせて頂きたいです。確率は低くとも、最近の私は、下手な鉄砲数撃ちゃ当たるという言葉を信条としています。

恋愛に発展することだけが成果じゃない

恋活・婚活では、色んな出会いと経験を得られる

恋愛に発展した出会いはなかったですが、得たものは色々とあります。

女の子の知り合いが増えた

女友達と出会いの場に行く時、別の友達も召喚しようという話になることが多いからです。どうせ知らない男と飲むのだから、知らない女が数人増えたところで大した負担ではなく、可愛い女の子であればむしろ大歓迎です。

そんなことをしていたら、女の子の知り合いが増えていきました

恋愛対象にはならない男性の知り合いも増えた

恋愛対象にはならずとも、飲み友達には良いなという男性です。もしかしたら、その男性が合コンを開いてくれたり、誰かを紹介してくれたりなんていう、棚からぼた餅現象もありえます。

出会いはどこに転がっているか、どこから転がってくるかは分からないので、交友関係は広げておくが吉だと考えています。

出会いの成果があったとしてもなかったとしても、話のネタにはなる

くだらない事でも、経験値が増えるということは、それ自体が成果と言えます。

一緒に恋活・婚活している友達が居る場合には、「今日の出会い探しは、違う次元に来たかと思うほどつまらなかった」ということだけでも楽しく笑い合えたりします。

このように、恋活・婚活は恋人を作ることだけが成果ではありません。とは言っても、最終的な目標は、自分のタイプのイケメンと出会って、恋愛を楽しみ、結婚をするということです。

目標達成までの道のりは長いかも知れませんが、自分なりに楽しみながら、私は今日も恋活・婚活に励むのです。

↓↓婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング↓↓

婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング

読者からのコメント

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ぐりこ

男は顔が命!3度の飯よりイケメンが大好きなぐりこがイケメンと出会うためにマッチングアプリを使っています。