マッチングアプリで付き合うまでの期間は?流れ・マッチングする人数も解説!

マッチングアプリで付き合うまで

マッチングアプリをこれから始めようと思っている方。

「実際付き合えるの?」「どのくらい時間がかかるの?」など、アプリをはじめる前は疑問が沢山ありますよね。

そこでマッチングアプリで付き合うまでの疑問を一通り解説します。

今回はマッチングアプリを活用して結婚したインフルエンサーの瑞姫さんに監修・アドバイスもしていただきました!

監修・アドバイザー
瑞姫(mizuki)

瑞姫(mizuki)(@mizuki32k

マッチングアプリで外見も中身も理想の彼氏と出会い、交際9ヶ月で入籍。現在結婚3年目。自分の経験からマッチングアプリで成功するポイントをお伝えします!

マッチングアプリでお付き合いする相手を探そうとしている方は、まずこれらの情報を頭に入れておきましょう。

それだけで、他のライバルから一歩リードしてマッチングアプリをはじめることができます。

マッチングアプリ利用者の5人に1人は1ヶ月で恋人を見つけている!

マッチングアプリで気になる相手と出会って付き合うまでの期間はどのくらいかかるでしょうか?

アンケートをとった結果、マッチングアプリで付き合うまでの期間の平均は1〜3ヶ月でした。

マッチングアプリで付き合うまでの期間は?

マッチングアプリで恋人ができた人の86.7%が3ヶ月以内で相手をみつけています。

また、全体の20%で5人に1人が、一カ月未満と早くに恋人を作れています。

アプリが3か月という短い期間で恋人を見つけられるのには理由があります。

それはマッチングアプリには彼氏・彼女を欲しい会員が多く集まっているため、恋人作りに対して意欲的な人と出会える環境だからです。

このようにスピード感のある出会いを見つけられるのもマッチングアプリの特徴です。

マッチングアプリで付き合うまでの流れ

マッチングアプリで付き合うまでの流れ

マッチングアプリで出会うまでの一連の流れについてご紹介します。

登録、いいね、メッセージなど、マッチングアプリならではの流れがあります。

しかし、はじめてやるマッチングアプリは操作に慣れないせいか、慌てて失敗してしまうことも。

そこで、これらの一連の流れをご紹介させていただきます。

1.マッチングアプリへ登録
2.気になった人へいいねを送る
3.マッチング後はメッセージ
4.実際に会ってデートをする
5.デートを重ねて告白する

告白して付き合うまでがマッチングアプリのゴールです。

手を抜かず丁寧にやることを心がけましょう。

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

今回はマッチングアプリで実際に付き合って結婚した私が、出会って付き合うまでの流れについてステップごとに具体的にアドバイスしていきます。

マッチングアプリでの出会いは誰かの紹介ではなく、何千何万といる人の中から、自分で直感で選んで、メッセージをして、仲良くなって、実際に会うため、可能性は無限大です。

なのになぜ、「マッチングアプリで出会えない」という人がいるのか。それは、相手が多いからこその難しさからです。

自分に合ったマッチングアプリを選ぶことからスタートし、マッチングアプリならではの交際までの進め方を知れば、これまでよりもずっと良い人に出会えるはずです。

1.マッチングアプリへ登録

ますはマッチングアプリへ登録をしましょう。

そうは言っても、どんなマッチングアプリがいいのかがわからない人が大半ではないでしょうか?

マッチングアプリと一口にいっても、登録者が一番多い、遊び相手を探している人が多いなど様々なタイプがあります。

例えば、あなたが真剣な出会いを求めているのであれば、真面目に恋活・婚活をしている人が集まるアプリを選ぶことがポイントです。

アプリごとに目的が違う人が集まるので、できるだけ同じ目的で活動している人が多いアプリを選ぶことが恋人を見つけるための最初のコツになります。

マッチングアプリごとの目的・真剣度

恋人を探している人の多い、恋活アプリ。結婚相手を探している人の多い婚活アプリなど、アプリの特色をしっかりチェックして、自分に最適なアプリを見つけましょう。

>>自分にピッタリなアプリを探す

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

マッチングアプリで付き合うために、1番大事なのは自分に合ったマッチングアプリを選ぶことです。

私はマッチングアプリを始める際に3つのアプリをダウンロードして、同じ様なプロフィールと写真でしばらくアプリを続けていましたが、結局1つのアプリしか使用せず、それ以外はアンインストールしました。

これは他のアプリが悪かったわけではありません。自分に合っていなかっただけです。

私は当時Tinder、ペアーズ、withを「名前を聞いたことがあった」という理由でダウンロードしましたが、「遊べる友達が欲しい」というのが1番で、その上で「好きになれる人がいれば付き合いたいな」くらいの気持ちだったので、機能がシンプルで、家が近い人と会いやすいTinderが合っていました。

逆にコミュニティなどのの機能が充実していて恋愛への気持ちが高めのペアーズや、婚活や真剣な相手を探しているwithは合っていないと感じ、退会しました。

このように、マッチングアプリはそれぞれ真剣度や、年齢、登録している層が異なるので、アプリをスタートさせる前に自分に合ったマッチングアプリを見つけることが重要となるのです。

自分はマッチングアプリで婚活がしたいのか、それともいずれ結婚も考えられる恋人候補に出会いたいのか、はたまた「良い人がいたら付き合いたいな」 という気持ちなのか。

そして、価値観やスペック、容姿、趣味が合うかなど、何を優先して相手を探したいのか。

自分の真剣度と求めている相手をある程度明確にしてから自分に合うアプリを探すと、 アプリで交際まで発展する確率は一気に高くなります。

ユーザーの年齢層や真剣度はもちろん、どういった検索方法(距離・年収・共通の趣味など)ができるかも参考にして選んでみてくださいね。

2.気になった人へいいねを送り、マッチングを目指す

アプリに登録したら、まず気になる人へ「いいね」を送りましょう。

マッチングアプリで恋人ができた人は平均17人とマッチングしているため、まずはこの数字を目安にいいねを送ってマッチングしていきましょう。

アプリでは「いいね」を送って「ありがとう」が返ってきたらマッチング成立。そのあとメッセージのやり取りが始まります。

そのため、とにかく大事なのはマッチングすること。

アプリの仕組み上マッチングしないとメッセージができないため何も始まりません。

また、マッチングするにはプロフィールの作り込みが重要です。ただ「いいね」を送っただけではマッチングはできません。

想像みてください。あなたが「いいね」をもらった人のプロフィールを見に行ったとしましょう。

殺風景な室内で怖い表情でたたずむ人の写真1枚。自己紹介の文章は1、2行。

このようなプロフィールを見たら、「ありがとう」を返すのはやめて、スルーする人が多いのではないでしょうか。

そのため、相手に良い印象を与えるプロフィールを作るれるかが重要です。そして「いいね」がたくさん集まるモテるプロフィールは誰でも簡単に作れます。

男女別のモテるプロフィールの作り方は下記の記事を参考にしてみてください。

>>【男性】モテるプロフィールの作り方!

>>【女性】モテるプロフィールの作り方!

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

いいねを送る時のアドバイスとして、「絶対にマッチしたい!」と思う相手がいたら、是非してほしいテクニックを紹介します。

それは「相手のプロフィールから情報を読み取って、自分の写真やプロフィールを相手が求めている人物像に寄せる」ということです。

これは嘘偽りで固めろといっているわけではありません。

例えば気になった人が「あいみょんが好きでつい先日もライブに行ってきました!一緒に趣味を楽しめる人が理想です」と書いていたとします。

「自分もあいみょんが好き!」「趣味も合いそうだし、 私も一緒にライブに行ける様な恋人が欲しい!」と思ったのなら、すぐにでもいいねを押したい気持ちを一旦ストップ

自分のプロフィールに「音楽が好きでよく聞きます」としか書いていなかったのであれば、「音楽が好きです。あいみょんやYOASOBIをよく聞きます。今年はライブに行きたい!」と、相手が「好みが似てる!」と感じる様に書き換えちゃいましょう。

いいねが来ている相手の中でも、自分と凄く趣味が会う相手がいたら、他の人より気になりますよね。

プロフィール以外にも、 写真の中に相手と同じ趣味の写真を混ぜるなども有効です。(ライブ好きな人ならライブに行っている写真、 猫が好きなら飼っているペットの写真を混ぜるなど。)

マッチしたい相手を見つけたら、いいねを送る前にプロフィールを見直す。そして、 相手の好みに少し修正。これは相手のいいね数が多い人気の相手にも有効です。

絶対に「マッチできる!」という保証はありませんが、断然マッチ率が上がる方法なので、是非試してみてください。

3.マッチング後はメッセージで交流する

マッチングに成功したら、次はメッセージを送りましょう。

メッセージのやりとりを重ねてから、デートへ誘う流れにもっていきましょう。相手も違和感なく応じてくれやすいです。

なんといっても、メッセージで超大事なのは初回のメッセージ!

初回メッセージで相手が受ける第一印象の良し悪しで、返信率が大きく変わります。

「とりあえず送ればいいや」と思いがちですが、早く恋人を見つけたい方は印象の良いメッセージを心がけましょう。

印象の良いメッセージを作りたい方は、下記の文例を参考にしてみてください。

コツを掴めば簡単です。メッセージのコツを掴んで会話を盛り上げていい雰囲気を作りましょう!

初回メッセージの良い例・悪い例

初回メッセージについて、より詳しく知りたい方はこちら↓

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

マッチングアプリでは多くの人とマッチしますし、メッセージも来ます。

全員が全員、来たメッセージ全てに対応してくれるわけではありません。スルーする場合もあります。

そのためには、いかに好印象な返しやすいメッセージを送るかが重要です。

【自己紹介・お礼・敬語・質問】はもちろんマスト。タメ口や下ネタや軽いノリは絶対NGです。

その上で重要なのが返しやすい好印象なメッセージです。

オススメなのはいいねした理由」と「相手のプロフィールや写真に関連した質問」を入れること。

趣味が合いそうだったからなのか、顔が凄くタイプだったのか。そういった「いいねした理由」があると、相手は自分をきちんと見て、どこが魅力的だと思っていいねしてくれたことが分かります。

「相手のプロフィールや写真関連した質問」だと、自分に興味を持ってくれていることが分かりますし、自分のことや趣味のことですと返しやすいです。

例えば、写真が趣味で自分が撮った写真をプロフィールに載せている人がいた場合は「自分も写真が好きで、良く風景などを撮っているのでいいねしました!」→いいねした理由、「プロフィールに載せている写真、凄く素敵ですね…!カメラは何を使っているんですか?」→相手のプロフィールや写真に関連した質問というように、相手が返しやすい工夫をしましょう。

ほんの少しの工夫ですが、これで返信率は上がります。マッチしてもメッセージが返ってこない!という方はまずはここを徹底しましょう◎

4.実際に会ってデートをする

会話が盛り上がってきたら、次はデートへ誘いましょう。

デートへ誘うまでの日数は、メッセージをはじめてから4日程度が目安です。

大半の人はやり取りをはじめて何週間たってもデートの話がないと気持ちが冷めてしまいます。また、反対に当日いきなりデートへ誘うと相手に軽い印象を与えてしまうことも。

やりとりから3日以内では軽い印象になりやすいので、メッセージを重ねた4日以降を意識しましょう。

デートに誘う会話の話題は、「趣味」と「休日の過ごし方」についてです。

趣味や休日の話題はデートにつなげやすいので、自然な流れでデートのお誘いができます。

>>【男性向け】女心を掴むデートの誘い方

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

マッチングアプリでメッセージだけを重ねていても、何も発展しません。勇気を出してデートに誘うことが大事です。

デートは「1週間以内の日程」で「お互いが行きやすい場所・時間・食べたいものや行きたい場所」であると、成功率は上がります。

マッチングアプリで起こりがちなのが「当日に行きたくなくなった」「ドタキャンされた」などの悲しいエピソード。

それらを防ぐためには、「モチベーションが下がらない様に近い日にちで予定を押さえること」「めんどくさいと思わせない、楽しみな予定の立て方をすること」です。

例えば場所は相手の職場や家の近くなど、アクセスがしやすい場所にする。焼肉が好きだと言っていたら焼肉屋さんや、行きたいと言っていた場所など、相手が楽しみになる場所を選ぶ。

これはプロフィール、写真、入っているコミュニティなどから情報を得て、デートの予定を決めるときにあらかじめ提案してみましょう。

例えば飲み歩きがしたい人なのであれば、「美味しい居酒屋を高円寺で何軒か見つけたので行きませんか?」と誘ったり、猫が好きな人であれば、「気になってる猫カフェあるんですけど行きませんか?」と誘ったり、思わず行きたくなる場所を提案する。

また、最初から終わりの時間を決めるなど、予定に向かうことへの抵抗をなくすことが最大のカギです。

メールのやり取りを長く続けるよりも、まずは会う方が有効なので、「ちょっとめんどくさくなってきた」と思わせない様に、お互いの会いたい気持ちが高まっている時に早めに会う。

お互いが行きやすい場所や、共通の趣味・または好きな食べ物が楽しめる場所を選ぶ。

マッチングアプリでのデートはメッセージからデートまでのスピード感とテンポ、めんどくさいと思うポイントや会いたいと高まった気持ちをいかに下げないかがポイントです。

5.デートを重ねて告白する

初回のデートが盛り上がって、その後もやりとりが続いているのであればひとまず成功です。

成功したら、告白する前に会う回数を重ねましょう。

心理学では繰り返し会うことで、会った人への好感度が増すと言われています(単純接触効果)。

デートでもこのテクニックを使うことで、良い結果が出やすくなります。

そして告白するタイミングの目安は3回目のデートです。

何回もデートを重ねているのに何にも反応がないと相手は不安になり、関係が良くない方向へ進んでしまうこともあります。

逆に早すぎても相手からすると信頼関係が浅く断られるケースも少なくありません。

デートのとき告白しやすい空気かなども考慮して、3回目を基準に告白しましょう。

以上がマッチングアプリで付き合うまでの流れです。

まだマッチングアプリへ登録していない方は、さっそく自分に合ったアプリを探してみましょう!

>>プロが厳選!おすすめマッチングアプリ

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

マッチングアプリでは自分以外にも合っている異性がいるというのが現実とは少し違ったポイント。

自分が「いいな」と思っていたら、同じ様に他にも「いいな」と思っている人がいる確率は高いです。

そのため、ただデートを重ねるだけではなく、デートの度にしっかり自分の気持ちをしっかり伝えましょう。

これは告白をするということではなく、「今日は凄く楽しかったから、また会いたい!」「イメージ通りの人で一緒にいて落ち着いたから、次もデートしたい」など、素直な気持ちです。

相手の気持ちが分からないと「私のことをどう思っているの?」と不安になり、考えすぎてよくない方向へ勘違いしてしまうパターンがよくあります。

そのため、毎回のデートで自分の気持ちを素直に伝えながら、相手の反応を見て告白をしましょう。

告白は一発逆転を狙ってするものではありません。あくまでのお互いの気持ちを言語化して確認するためのものです。

着実にデートで自分の気持ちと相手の気持ちが惹かれ合っているタイミングで、きちんと「告白」をして恋人へのステップに進みましょう。

マッチングアプリで付き合うまでにマッチングした人数は平均17人

マッチングアプリで付き合うまでにマッチングする人数は?

マッチングアプリ使用経験者の男女165人にアンケートをとってみました。

結果として、マッチングアプリで付き合うまでにマッチングした人の数の平均は17人。

「17人とデートするのはちょっとしんどいな」と思われるかもしれませんね。

しかし、マッチングした全員とデートするわけではないので安心してください。

あくまでマッチングした人数でデートまで進まなかった人も含まれます。

実際、メッセージのやりとりをしてみて「会ってみたいな」と思うのは数人。

そのため、最初から「この人!」と決めすぎず、複数人の人と同時並行でやり取りをするのがマッチングアプリの使い方です。

3人とやりとりしてて、デートまで進めたいと思える人は1人だけだった。ということも十分あり得ます。

複数の人とやりとりするのは誠実なように思えない、など心理的に拒否感を感じる方も多いです。

しかし、平均の17人を目安に多くの相手とやりとりしないと、納得できる人と出会えないことは明らかです。

ある程度「数をこなす」という意識で活動しないと成果が出ないまま時間だけが過ぎていきます。

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

マッチングアプリなので、たった一人の人にマッチングの時点から狙い撃ちするケースは極めて少ないです。

数多くの人との出会いがあるので、1人とやり取りをして、会って、合わなかったら次へ…。とするのは非効率です。

マッチングする数は多くてもOK。メッセージをやり取りするだけでも、「この人いいな。会ってみたいな」「この人はないな」「あまり惹かれないな」と色々感じることがあると思います。

マッチングして、メッセージをやりとりして、その中で「会いたい!」と思った人だけに会いましょう。

デートも何人かと同時に予定を立てて良いのです。実際にデートしてみたらイメージと全然違った!なんてことはよくある話。

マッチングアプリだからこそ、多くの出会いがあることは承知の上です。だからこそ、メッセージした時、会った時の自分の素直な気持ちを大事にしてください。

私はマッチングアプリで15人以上と会いましたし、実際に何度かデートした相手もいましたが、「いいなと思ってテンポよく会い続けた人」は夫のみでした。

お互いが惹かれ合っていれば、メッセージもデートもテンポ良く進みます。

何人か同時進行でやりとりしていても、無意識に優先順位をつけてやり取りをしていくので、自然に自分が興味がある人が残るはずですよ。

マッチングアプリで付き合うまでのデート回数は平均3回

マッチングアプリで付き合うまでのデート回数は?

マッチングアプリ経験者の男女165人にアンケートをとってみました。

結果、マッチングアプリで付き合うまでのデートの回数の平均は3回。

告白は早すぎると相手から見て自分が「まだ、よく分からない人」のため断られやすいです。逆に遅すぎれば自分に興味がないと思われ関係が冷めてしまうこともあります。

1〜2回目のデートで告白するのは早すぎですし、ずるずるとデートを重ねるだけでは他の誰かに相手を奪われる可能性もあります。

適切なタイミングで告白するのが、マッチング成功の鍵です。

そのため、今回のアンケート結果である「3回目のデート」を基準に告白するタイミングを決めてみましょう。

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

付き合うまでのデート回数ってなかなか難しいですよね。

早すぎても相手のことをきちんと知れていないので判断できませんし、遅すぎても脈がないと思ってもマッチングアプリで知り合っている以上、他の人の方へ気持ちが移ってしまうかも知れません。

絶対的な指標はありませんが、付き合うまでの期間としては大体1ヶ月くらい。週に1回か2回会う様なペースだと、お互いに「いいな」と思っている証拠だと思うので、告白のタイミングとしては良いのではないでしょうか

理由としては、気になってもいない相手と何度も会うほど大人は暇ではないからです。

ましてやマッチングアプリですから、「合わないな」と思ったら永遠に会うことのない縁のない相手になることも可能です。

私は実際に15人以上の方とお会いしましたが、何度か会ったのは5人、その中でも出会ってから1ヶ月ほどテンポ良く会っていたのは、結婚した今の夫だけです。その他の方は頻繁には会っていませんでした。

テンポ良くデートを重ねていて、お互いにデートに前向きな気持ちなのであれば、回数や期間に左右されずに、一歩踏み出して告白するのをオススメします。

マッチングアプリで付き合うまでいかない人の特徴

マッチングアプリで付き合うまでいかない人の特徴

マッチングアプリで付き合うまでいかない人にはいくつか特徴があります。

ふだん同性の友達と同じように接していたら、相手の気持ちが冷めてしまって音信不通。ということはよくあることです。

下記の特徴にまず自分が該当しないかをチェックしてみましょう。

1.電話やメッセージの回数が少ない
2.デートの予定を立てるのが遅い
3.質問ばかりで自分のことは何も言わない

該当してしまった人、ドキッとしませんでしたか?

安心してください。今からでも改善することで良い結果に繋げることもできます!

それでは「なぜ、付き合うまでいかないのか」その理由と対策を一つひとつ見ていきましょう。

1.電話やメッセージの回数が少ない

まず付き合うまでに至らない人の原因で多いのが「電話やメッセージの回数が少ない」です。

メッセージのやりとりは1日1回はしましょう。

ある程度仲が良くなっている場合は、お互いの表情がわかるビデオ通話を使ってみるのもアリです!

接する時間が少ないと、「自分に興味がないのかな」と心の距離を感じやすい人もいます。

仕事などで忙しくメッセージする余裕がない場合は、一言でいいので今の状況を相手に伝えておきましょう。

相手からすると、返信が遅い理由が分かっているだけでも安心できます。

些細なことですが、相手に与える印象が大きく異なります。

2.デートの予定を立てるのが遅い

次の付き合うまでに至らない人の原因は「デートの予定を立てるのが遅い」です。

デートの約束が決まったら、スケジュールや場所をサクッと決めましょう。

ダラダラと相談のメッセージをしているだけではデートにたどり着けません。

それどころか、いつまでも次のステップが決まらないままだとお互い気持ちが冷めていってしまいます。

また、マッチングアプリで相手を探している場合、「同時並行」は当たり前です。あなたの気になる人には他の人からアプローチを受けている可能性は高いでしょう。

他の人とうまくいってしまったら、せっかく仲良くなった人とのチャンスが消えてしまいます。

気になる相手と良い関係を築くためにも、デートの予定はできるだけ早めに確定させましょう。

3.質問ばかりで自分のことは何も言わない

3つ目の付き合うまでに至らない人の原因が「質問ばかりで自分のことを何も言わない」です。

あまり自分のことを話さない人のなかには、ネットやアプリの出会いに不安を抱えている人もいます。

そもそもアプリでは何も知らない相手との出会いを探すのです。「自分のことを話すと何かトラブルに巻き込まれるのでは?」と思うのは普通です。

しかし、信頼関係を深めずに付き合うことはできません。これはネットもリアルも変わりません。

たくさん質問してくるのに、自分のことは一切話さない人はなかなか信用されません。

漢字のフルネームや、番地まで住所を包み隠さず話す必要はありません。

「〇〇ら辺に住んでるよ」「下の名前は〇〇だよ」など、情報の一部のみ伝えたりするだけでOKです。

お互いの信頼関係を築くために、話しても私生活に影響のない範囲で自分のことも伝えてみましょう。

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

現実との出会いとマッチングアプリでの大きな違いは、比べる相手が存在してしまうことです。

同時に色んな人とマッチングして、色んな人とメッセージをやり取りするので、マイナスポイントがあると一気に付き合うまでの成功率は下がります。

そのため、メッセージを頻繁にやりとりすることはもちろん、電話で話してよりお互いのことを知ったり、デートに誘ったりと積極的に行動することが大事になってきます。

マッチングアプリで男女ともに付き合えないパターンで多いのが受け身であること。

話題の提案を自分からしない、相手をデートに誘わない、自分の情報や気持ち言わないなどが挙げられます。

色んな人と出会う分、積極的に行かなければ自分が素敵だと思った相手には気付いてもらえません。

積極的に行動することで、相手は自分に好意を持ってくれていることに気づきます。相手の気になることを質問しながら、自分のことも話せば、共通点が見つかります。

マッチングアプリでの出会いだからこそ、気になる相手には積極的に行動するのがポイントです。

ただし!ぐいぐいと相手からの反応もないのに一方的に行き過ぎるのは禁物ですよ。

マッチングアプリで付き合うまでのLINEのコツ

マッチングアプリで付き合うまでのLINEのコツ

重要なのはメッセージの頻度です。基本的には相手の頻度に合わせましょう。

頻繁に送りすぎると相手はやりとりに疲れてちゃいますし、全く連絡がないと不安を感じやすいです。

相手が1日1回なら最低でも1回、多くても2回程度に調整すると、お互いに無理なくメッセージが続けられます。

人間はストレスを感じること嫌いです。大量のメッセージを送ったことで相手が返信をするのにストレスを感じ、関係を終わらせようと考えることもあります。

お互いにしっかりした信頼関係ができるまでは、相手に寄り添った対応を意識しましょう!

話の内容は趣味や好きなことの話、日常で起こった小話でもOKです。ただし、愚痴や、ネガティブな話題はNGです。

また、タイミングをみて電話してもいいか聞いてみましょう!

話が盛り上がったときに途切れないように、可能な限りLINE通話がおすすめです。

メッセージのやり取りだけではなく、相手の声を聞いて直接話すことができると、より関係が深まりやすくなります。

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

LINEでのやり取りのポイントは、なるべく相手の日常に溶け込むことです。

やり取りする頻度も、あくまでも流れに沿って。テンポ良く返ってきている時にテンポ良く返す。時間がありそうなのであれば「ちょっとだけ電話する?」と提案してみる。

長文で長々といくつも送ってしまったり、質問攻めにすると「読む・考える」という工程にそもそも疲れてしまいます。

日記の様な自分の報告を一方的に送るのでもなく、ひたすらに質問を送り続けるのでもなく、あくまでも無理しないでも返せる自然な流れでやりとりを続けること。

趣味や好きなこと、最近あった嬉しかったことなどを話しながら、相手のことを引き出していくことを心がける

そういった自然なやり取りを日常で数日続けられれば、電話やデートに誘う。その後も次のデートまで連絡を続ける…。といった様に、“相手にとってマッチングアプリで出会った中の1人”としての認識ではなく、最近よくやりとりしてる“〇〇さん”という印象をつけるのがポイントです。

マッチングアプリで付き合うまでに確認すべきこと4つ

マッチングアプリで付き合うまでに確認すべきこと4つ

気になる相手から突然の告白で気持ちが盛り上がって、ついついOKしてしまうこともありますね。

しかし、ちょっと待ってください!!

お見合いや結婚相談所に比べるとアプリでの出会いはスピード感がありカジュアル寄りです。

そのため、相手のことを深く知る前に交際へ発展するケースもありえます。

付き合ってみたら一緒にいるのが難しい相手だった、なんてことも。

そんなことがないように、付き合う前に下記の4つについてはチェックしましょう。

1.相手の本名や住所などの情報
2.結婚に対する考え方
3.お金に対する価値観
4.相手の好きなこと・苦手なこと

1.相手の本名や住所などの情報

最初の付き合う前にチェックすべきポイントは「相手の本名や住所などの情報」です。

「付き合いそうだな」と思ったら下記の基本的な情報は、必ず聞きましょう。

  • 相手の本名(フルネーム)
  • 居住地(大体でOK)
  • 仕事の内容・勤務先
  • 婚姻歴・子供の有無

付き合ってから聞くのでは遅いです。

相手が何者なのかわからずに恋人にすると、何かトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

また相手の真剣度を確かめられるポイントにもなり、交際に対して真剣な相手なら問題なく答えてくれます。

よくよく考えてみてください。

「相手の本名も知らず、住んでる場所も知らず、どんな仕事をしているかも知らない」なんて、怪しすぎますよね。

相手のことをきちんと知ったうえで、真面目にお付き合いできるか判断しましょう。

2.結婚に対する考え方・価値観

次の付き合う前にチェックすべきポイントは「相手の結婚に対する考え方・価値観」です。

「相手に結婚に願望があるのか」「結婚したいなら何年後にしよう思っているのか」などをチェックしましょう。

結婚に対する考え方・価値観の違いは破局の原因になります。自分が結婚したい時期でも、相手は仕事を頑張りたいとなると話はまとまりません。

こういったことスレ違いを避けるためもに、結婚に対する考え方・価値観が近いかを付き合う前に確認しましょう。

もし、結婚に対する想いが違っていても認識を合わせることができるのか、お互いに話してみることも大切です。

3.お金に対する価値観

次の付き合う前にチェックすべきポイントは「お金に対する価値観」です。

お金は人生と密接に関わる部分なので要チェック!

金銭感覚の差が大きいほど、お互いに受け入れるのは難しくなります。

もし「毎月ブランド品を大量に買っている」など、お金の使い方が派手だったり、管理がずさんだったりした場合。将来的に金銭的な問題で苦労する可能性もあります。

お金に対する価値観が自分と近いかを付き合う前に確認しておきましょう。

4.相手の好きなこと・苦手なこと

最後の付き合う前にチェックすべきポイントは「相手の好きなこと・苦手なこと」です。

お互いの好きなこと・苦手なことの違いが大きすぎると、喧嘩や日々の生活でやりにくさを感じることもあります。

例えば、相手は人混みが苦手で、自分は人が多く活気を感じられる場所が好きな場合。

デートでテーマパークに行ったら、人混みが苦手な相手はストレスを感じ、これからの関係に対する不満につながる可能性があります。

こうなると、相手のことが嫌いなわけじゃないけど「やりにくいな」「面倒だな」と感じることになります

逆に苦手なことが同じだと、お互いが不快に感じることが少なく良い関係を築きやすいです。

多少の違いは誰しもありますが、許容できる違いなのか、しっかりチェックしておきましょう。

瑞姫さんからのアドバイス
インフルエンサー瑞姫さん

私が実際に今の夫と結婚を迷わなかった理由の一つに、価値観が似ていたことが挙げられます。

価値観というのはなかなか変わりませんし、許容できる部分も人それぞれです。

そのため「絶対に譲れないポイント」は確認しておきましょう。

好きなものが似ているよりも、苦手なことが同じ、して欲しくないことをしない、言わない、という方が大事です。

上記以外にも異性との距離感、家の綺麗さなどなど、長くいる上で蓄積すると必ずストレスになるものは最初に確認するのがベスト

友達だと好きなものが一緒なだけでも楽しく過ごせますが、恋人となると話は別です。

楽しさや好きな気持ちに目がいってしまいがちですが、長い目で見た時に「積み重なるとストレスになることをしないでいてくれる」というのは、相手を見る時に重要視すべきポイントです。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック