30代女性178名のアンケート調査で判明!離婚経験者の「間違った結婚相手選び」とは!?

30代の既婚女性と離婚経験者に聞いた「結婚の決め手」のイメージ

婚活中の女性にとって、男性のどんなポイントを見極めて結婚相手を決めればよいのかは非常に悩ましいところです。そこでマッチングアプリ大学では、結婚のリアルを経験している30代女性に「結婚の決め手」についての調査を行いました。

初婚で結婚した相手と婚姻継続中の既婚女性99人と、離婚を経験したことがある女性79人の「結婚の決め手」を比較してみたところ、異なる傾向があったことが分かりました。

相手の何を決め手にすればよいのか、男性を見る目を養いたい婚活女性に役立つ、見極めポイントを伝授します。

結婚した年齢は、既婚者・離婚経験者とも25歳が最多

結婚した年齢

まず最初に、今回の調査対象者のプロフィールを紹介します。

初婚で結婚した相手と継続して結婚している女性の結婚年齢は平均26.9歳で、最も多かったのは25歳で24.2%でした。離婚を経験した女性が、離婚した相手と結婚した年齢は平均で26.2歳です。平均年齢は婚姻中の女性との差はわずかですが、20歳以下で結婚した人が10%いて、比較的若い年齢で結婚した人が多い傾向にありました。

夫との出会い方自体が、離婚のリスクになるわけではない

30代女性へアンケート調査、夫との出会いについて婚姻中の女性と離婚経験者の比較

結婚相手との出会いは、既婚者、離婚経験者とも「職場・仕事上の知人」「友人の紹介」が多数を占めました。

大きな差が見られたのは「学校生活の中」での出会いです。既婚者は14.1%ですが、離婚経験者は3.8%です。

結婚の平均年齢が25歳前後であることから、「学校生活の中」で出会った相手とは、知り合ってから結婚までの期間が比較的長いと考えられます。結婚相手として自分に合う人かどうかを、時間を掛けて確かめた結果かもしれません。

「結婚紹介所・お見合い」は既婚者では1.0%ですが、離婚経験者は5.1%で、離婚経験者の方が多くなっています。

ただし「マッチングアプリ」での出会いは、既婚者と離婚経験者でそれほど差はありませんでした。

「マッチングアプリ」は、もともと譲れない条件を決めてから相手を選ぶことができるのが利点です。最初の出会いがネット上であることは、離婚のリスクとは関係ないようです。

どんな風に結婚相手と出会った?

連絡先を交換する男女

既婚者と離婚経験者、それぞれに結婚した相手との出会いを聞いてみました。

【既婚者】

マッチングアプリのチャットで共通の趣味や恋愛相談を話しているうちにお互いに惹かれあって、ネット上で付き合うことになりました。後日会って改めて告白してもらいました。(北海道/30歳/27歳で結婚)
初めて就職した会社の同期でした。最初はこの人だけはありえないと思っていましたが、日々同じ職場で働く中で飾らない人間性に惹かれて付き合うことになりました。(長野県/37歳/23歳で結婚)
私が勤めていた病院に、バイク事故でけがをした旦那が入院してきたことがきっかけでした。(大阪府/30歳/23歳で結婚)
同じスポーツサークルに入っていて、年2,3回あるイベントでたまたま隣同士に座りました。趣味の話で盛り上がり仲良くなって、連絡を取り合うように。(静岡県/39歳/32歳で結婚)
学生時代のゼミの同級生でした。一緒に課題等を取り組んでいく中で徐々にという感じです。(愛知県/30歳/25歳で結婚)
「マリッシュ」というマッチングアプリで出会いました。旦那から「いいね」を付けてくれたので取り敢えず「いいね」を返しました。(新潟県/33歳/33歳で結婚)
30歳前に婚活を頑張っていたところ、友人と飲む機会がありその時にセッティングしてもらえないかと相談。 友人が合コンを主催してくれて、今の旦那様と出会いました。(徳島県/35歳/29歳で結婚)

【離婚経験者】

婚活中の時に友人から紹介された。会ってみると高身長で爽やか、同い年で話しやすく、好感が持てた。私が好きな車に乗っていて、運転も上手かった。(大阪府/33歳/29歳で結婚)
マッチングアプリで出会い結婚しました。印象は優しそうで、安心する感じでした。(神奈川県/30歳/27歳で結婚)
私がアルバイトとして入社した不動産会社で出会いました。 彼は営業マンで私は事務。毎日顔を合わせる環境だったことがきっかけです。(北海道/35歳/29歳で結婚)
一つ年上の男性で私にぴったりの人がいるという友達の誘いから食事会に参加しました。私の友達と私、友達の会社の人と先輩(元旦那)の計4人で仕事帰りに食事をしました。(東京都/35歳/33で結婚)
同じ会社の仕事ができると評判の先輩でした。容姿がタイプで、仕事ができると噂だったので、飲み会で話して仲良くなりました。(大阪府/31歳/26歳で結婚)
結婚相談所のツヴァイを通して出会いました。3ヶ月のお付き合いを経て結婚しました。(東京都/37歳/34歳で結婚)
友達が住んでいたシェアハウスの違う階の住人で、友達のところに遊びに行った時にバーベキューやドライブに参加したのがきっかけです。(神奈川県/32歳/24歳で結婚)

婚活などで自分から探して出会った人もいれば、偶然のきっかけや友人の紹介などさまざまです。結婚相手との出会いには、既婚者と離婚経験者に大きな違いがあるようには見受けられません。

出会い方そのものが離婚のリスクになるわけではなさそうです。

結婚の決め手|離婚者は「自分を大切にしてくれる」を重視しない傾向

「結婚相手の決め手」について30代女性へアンケート調査、婚姻中の女性と離婚経験者を比較

結婚相手を選んだ「決め手」が、“既婚者と離婚経験者で異なるか”を調べた結果が上のグラフです。

まず比較したいのは、既婚者の1位「自分を大切にしてくれる」の項目です。既婚者では54.5%であるのに、離婚経験者では19.0%しかありませんでした。

既婚者の同率1位「優しい・穏やか」は、離婚経験者でも第1位でした。ただ数値は32.9%しかありません。これは離婚という経験から、元夫への印象が変わってしまったことが低い数字に表れているのかも知れません。

既婚者の40%以上が「決め手」としてあげた項目は「一緒にいて楽しい」「真面目」「価値観が合う」「浮気しなさそう」です。 この4項目はいずれも離婚経験者と20%以上の差がありました。

また既婚者では総じて20%以上なのに、離婚経験者では10%に満たなかったのは「他人への気遣い」「責任感がある」 「子どもが好き」 「金銭感覚が合う」 という項目です。これらはいずれも恋愛中はそれほど気にならないものの、結婚生活では必要な部分です。

唯一、離婚経験者の方が数値が高かったのは「顔が好み」でした。顔は年齢と共に性格や価値観が表れてくるものです。

「顔が好み」であると、相手と合わない部分があっても目をつぶりがちになります。“恋は盲目”でもよいのですが、結婚の決め手となると話はまた別ということなのかも知れません。

「結婚するなら、この人!」と思ったのは、具体的にどんなところ?

笑顔のカップル

既婚者、離婚経験者それぞれに「結婚するなら、この人だ」と思った時のことを聞いてみました。

【既婚者】

一緒にいて楽しいし、気を使わなくて良いのが楽だったので、長く一緒に生活するイメージが簡単にできたのが大きいです。(福岡県/30歳/25歳で結婚)
優しいだけじゃなく、時折リードしてくれるので一緒にいる時に居心地が良かったです。(静岡県/30歳/25歳で結婚)
彼の友達の家に遊びに行った時、その方のお子さんを可愛がる姿を見て、「この人と結婚したら、子供も可愛がってくれていい家庭が築けそう」と思ったから。(愛知県/32歳/25歳で結婚)
夫とだけでなく、家族が仲良しでみんな穏やかで素敵な人ばかりだった。今まで出会った誰よりも話しやすく、とても大事にしてくれたから。(兵庫県/33歳/25歳で結婚)
とにかく頼り甲斐があり明るい性格なので、こちらを不安にさせる要素がまったくない人でした。口癖は「私がいたら大丈夫ですよ」、将来のビジョンも常に明確でした。(アルゼンチン/36歳/28歳で結婚)
長年彼が一人暮らしをしていてある程度の家事ができたのと、大手企業に勤めて将来性があったから(埼玉県/31歳/26歳で結婚)

【離婚経験者】

顔がタイプで初めて会った時から好感が持てたから。容姿が好みでないと一緒にはいられないから。(広島県/31歳/25歳で結婚)
それまでの彼氏は結婚するには、安定した職に就いてなかったり、まだまだ遊びたい感じの人ばかりで自分のことを一番に考えている人が多かったのですが、元旦那は私のことをちゃんと考えて仕事を頑張ってくれていたり、先のことを話してくれたので安心しました。(愛知県/39歳/26歳で結婚)
とにかく私が盲目的に彼のことが好きだったこともあり、この人と絶対結婚するという思いが強かったです。(愛知県/32歳/25歳で結婚)
顔が好みで、この人と一緒にいたいと思い、妊娠したのもあり結婚しました。若気の至りです(笑)(愛媛県/39歳/19歳で結婚)
以前の夫は金融機関に勤めていたので収入はある方でした。その頃私は早く仕事を辞めたかったのでそれも理由かと思います。(愛媛県/32歳/26歳で結婚)
高身長で爽やかな所もあるが、お互い結婚適齢期であり、30歳までに結婚したかったため。(大阪府/33歳/29歳で結婚)

上記は寄せられたコメントのほんの一部です。ただこれらの既婚者と離婚経験者のコメントを読み深めると、少し視点が異なる部分があるように感じます。

既婚者の場合は、相手との相性のみならず子どもへの接し方や家事への積極性、家族との仲など「結婚」を多面的に捉えている感があります。

他方、離婚経験者では容姿が好みであったり、自分が仕事を辞めたい、結婚したいなどの自身の欲求から「結婚」自体が目的となっている様子が分かります。

また過去の男性と比較して相手の長所を相対的に判断している人も見受けられました。

【既婚者】結婚する時の決め手が「間違ってなかった」が88.9%

婚姻中の30代女性へアンケート、結婚の決め手は間違ってなかった?

初婚で現在も婚姻中の既婚者に、夫と結婚する際に「決め手だと思ったこと」が間違っていなかったかどうかを聞いてみた回答が上記のグラフです。

「間違っていなかった」と感じている人が88.9%で多数を占めています。結婚前に相手のことをよく見極めた結果、現在も幸せである割合と考えられます。

「違っていた」と感じている11.1%の人からは、以下のようなコメントがありました。

貯蓄が出来るくらいの収入が大切です。生活するというのは想像以上にお金がかかり足りればいいと思っていた自分の考えはとても甘かったと思います。(長野県/39歳/23歳で結婚)
流れで、職やお金が安定しているので結婚しました。が、お金よりも大事なものはあります。
優しさ、思いやり
があるひとでないと共同生活は苦しいです。(大阪府/31歳/26歳で結婚)
お金も必要で信頼性があるかも大事なことだなと感じました。お金がないと苦しいのは自分……。(愛知県/32歳/26歳で結婚)

「違っていた」と感じている人は、しっかりした収入と相手への思いやりを挙げていました。そのどちらが欠けても結婚生活は厳しいというのが、実状のようです。

【離婚経験者】結婚前「この人と合わないかも?」と思った人は69.6%

30代女性の離婚経験者へアンケート調査、相手と合わないかも?と思った割合

離婚経験者には、結婚前に相手と「合わないかも?」と不安に思ったことがなかったかどうかを聞きました。その結果、「あった」人は69.6%で「なかった」のが30.4%です。

結婚前には「ゼッタイにうまくいく」と信じていた相手と離婚した人は、結婚前の見極めが甘かったと言うことかもしれません。

これから結婚をしたいと思っている人は、どんな部分に気を付ければ良いのでしょうか?

ずばり、離婚の原因は何だった?

30代女性の離婚の原因

経験者に離婚の原因を聞いたところ、1位は「性格や価値観の不一致」でした。また2位の「金銭感覚の不一致・借金」も多くを占めています。

「夫の浮気・不倫」については、交際期間中に相手の本質を見抜くことの難しさを吐露したコメントもありました。

真面目そうに見えても、そうとは限らない。じっくり付き合ってみてその人の本質を見抜くことが必要。(東京都/35歳/33歳で結婚)
性格や価値観って付き合っている時はなんとでも隠せるし、取り繕うこともできるので難しいです。結婚前の同棲は反対でしたが、本当の姿を知るために同棲すべきかもしれないなと思いました。(愛知県/31歳/27歳で結婚)

結婚後も「間違いなかった」と思える相手を選ぶには、恋心に惑わされない冷静な観察力が必要なようです。

「夫選びで最も大事な条件」は何?

一緒に家事をする夫婦

結婚の現実を知り尽くした30代女性たちに「夫選びで最も大事な条件」を挙げてもらいました。

【既婚者の意見】

結婚前は経済力や容姿や肩書きなどばかり見ていたが、旦那さんに出会ってから経済力や見た目も大事だけど自分を大切にしてくれる、真心がある温かさが必要なんだと思った。今も毎日感謝しています。(福岡県/36歳/30歳で結婚)
収入は自分がしっかりしていればどうにかなるけど、相手が自分を大切にしてくれるかどうかは付き合う中でしっかり確認した方が良い。(北海道/30歳/27歳で結婚)
家事、育児にどれだけ協力的になってくれているかです。こればかりは結婚前にはなかなか分かることではないけれど、一人暮らしなどしていたらちゃんと家事や部屋が整理整頓できている人なら大体当てはまる気がします。(埼玉県/35歳/25歳で結婚)
いくら良い人でも、お金は大切だと思いました。貯蓄がなく、収入も低ければ子育ては難しいです。産まれる前に出産、育児に必要な買い物もあるし、産まれてからも、必要なものがたくさんでてきます。(福井県/30歳/23歳で結婚)
結婚は本人達の問題だけではありません。相手の親、親戚など背景の調査も十分調査・見極めてから結婚したほうがいいと思います。(青森県/32歳/29歳で結婚)
収入も大切ですが、一緒に家事や育児をできるなら共働きができるので、そのラインを見極める。(鳥取県/33歳/29歳で結婚)
常にドキドキする恋愛対象の人がいいと思っていましたが、自分をさらけ出して落ち着ける人が一番です。結婚前の自分はイケメンを探していたので、「容姿ではなく結婚対象タイプで選ぶんだよ」と伝えたいです。(埼玉県/39歳/33歳で結婚)

【離婚経験者の意見】

優しいと単なる優柔不断の見極めは大事だと思いました。また、ある程度お互いが自分の意見を言えて相手の言う事を理解することが出来る人が大事だと思います。
結婚前の自分に教えるなら「本当の優しさを見極めて」と言いたいです。(滋賀県/39歳/19歳で結婚)
浮気をしないことだと思います。一番夫婦間の関係を引き裂くものだと思います。(神奈川県/30歳/25歳で結婚)
結婚したら終わり、ではなくて結婚してからも愛は育んでいくものだと思い知りました。相手への思いやりや優しさをいつも大切にと言いたいです。(北海道/30歳/22歳で結婚)
結婚前の自分に教えるなら「子供好き」の人と伝えたいです。
やはり子供が出来たときに育児に率先して参加してくれる人が1番いいのかなと振り返り思いました(大阪府/39歳/18歳で結婚)
旦那だけではなく、義母など親族がどれくらい理解あるか
、どれくらい寄り添ってくれるかがめちゃくちゃ大事だと思います。 結果的に離婚の原因は相手方の親族でした。(千葉県/38歳/26歳で結婚)
自分の発言に責任を持って行動できる人、意外と少ないです。いざという時、きちんと妻の味方をしてくれる人。それを見極めなさい、と結婚前の自分に教えたいです。(神奈川県/37歳/25歳で結婚)
長く一緒にいたり、子供が生まれたりして環境が変わってしまうと、お互いに考えや価値観が変わってしまうのだと思いました。
もっとお互いに思いあえる人や、尊敬しあえる人なら良かったのだろうなと思います。(東京都/30歳/23歳で結婚)

コメントで最も多かったのは「自分のことを大切にしてくれる人」という意見でした。

“大切にしてくれる”という言葉には、実家の親と意見が違ったときに自分の味方になってくれるかどうかや、暴力を振るわない、浮気をしない、生活に必要なお金を渡してくれるなど、行動が伴っているかも見極めるべきという意見が印象的でした。

生活面で言えば、ある程度の家事を分担できるか、子どもの世話をしてくれるかもポイントとして挙げた人が多くいました。

まとめ|本当に「自分を大切にしてくれる」人を探そう!

家事をする男性

今回の調査に寄せられた多くの意見をまとめると、次のことがいえそうです。

【夫選びで見極めるべき条件】

    • 自分を大切にしてくれる、優先してくれる
    • 生活できる収入がある、金銭感覚が合う
    • 浮気をしない
    • 家事や身の回りのことができる
    • 子どもが好き
    • 親離れできている

    また、以下は相手を見極める材料にはならないので注意が必要です。

    【相手を見極める材料にならない条件】

    • 容姿、顔が好みか
    • ドキドキするか、ときめくか
    • 自分が早く結婚したいという欲求
    • 以前の交際相手との相対的な比較

    自分に合った相手を探せる「マッチングアプリ」を試して

    スマホでマッチングアプリを使う女性

    今回の調査では、幸せな結婚を手に入れた人は、大切な条件が当てはまるかどうかをしっかり見極めていたことが分かりました。ということは、条件がある程度当てはまっている人の中から、自分と合う人を見つけるのが結婚への近道と言えます。

    その面で「マッチングアプリ」は、時間と労力がかからないお勧めの方法です。

    こちらの記事では、37歳アラフォー女性の実体験をもとに、真面目で条件も性格も良い男性を探せるマッチングアプリを紹介しています。マッチングアプリはそれぞれ集まっている人のタイプが異なるため、30代で結婚を真剣に考えている女性は、自分に合ったマッチングアプリに登録することで効率的に婚活ができると思いますよ。

    友人からの紹介や職場での偶然の出会いに身を任せるのは、まるで箱の中に残った数少ないリンゴから1つを選ぶようなものです。自分のコミュニティーの中だけで探すより、広いフィールドで出会いを見つける方が、自分に合った人に巡り会える可能性が高まるはずです。

    30代女性の「結婚の決め手」を参考にして、結婚後も“間違いなかった”と断言できる相手を自分から見つけに行ってくださいね。

    調査方法:インターネットアンケート
    対象者:婚姻中99名、離婚者79名 計178名
    実施日:2021年01月05日~2021年01月19日
    調査実施主体:マッチングアプリ大学
    調査会社:株式会社ネクストレベル

    公式アカウントをフォロー

    マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

    この記事を書いた人

    稲垣 幸子

    2004年、株式会社リクルート入社。結婚情報誌「ゼクシィ」の編集に携わる。編集デスクを経て、2010年独立。