ワインのように飲めて熟成させる楽しみもある「木戸泉酒造」の日本酒でおうち居酒屋デートしよう

おうち居酒屋デートをおすすめするこの記事では、千葉県の酒蔵「木戸泉酒造」の日本酒を紹介します。木戸泉酒造は、独自の製法で強い甘みと酸味が感じられる日本酒や、熟成して味の変化を楽しむ古酒など、ほかでは飲めないような特徴のあるお酒を造っています。

この記事では、木戸泉酒造のお酒の魅力やほかの日本酒との違い、おすすめの飲み方について解説しています。

初心者にも飲みやすいおすすめの銘柄もご紹介しますので、日本酒好きな方はもちろんのこと、普段日本酒を飲まないという方も、ぜひおうちディナー・おうち居酒屋のお供として、木戸泉酒造の日本酒を選んでみてくださいね。

先代から続くこだわり製法を貫く「木戸泉酒造」

千葉県いすみ市にある「木戸泉酒造」の正門をくぐったあとに現れる外観

木戸泉酒造は、千葉県いすみ市にて1879年(明治12年)よりお酒造りをおこなっています。

特徴的なのは、独自の仕込み方法と天然・無添加にこだわった製造方法です。今から60年以上前の3代目蔵元より受け継いできたこの製法と想いを貫き、ほかの酒蔵とは一線を画すエッジの効いたお酒を造っています。

また、日本酒ではまだ認知度の低い熟成酒「古酒」づくりにいち早く着眼・着手した酒蔵でもあります。古酒は時を重ねるごとに味わいが濃厚に変化していき、ロマンが感じられるお酒です。長期間保管することで旨味が増す、熟成を前提とした日本酒も多く手掛けています。

今回はそんな木戸泉酒造の代表取締役の荘司勇人さんにお話を伺ってきました。荘司さんは5代目蔵元兼杜氏でもいらっしゃり、ご自身も酒蔵でお酒造りの作業をおこなわれています。

木戸泉酒造の酒造りへの想いやおすすめのお酒について詳しく教えていただきましょう。

木戸泉酒造代表取締役の荘司勇人さんの写真
▲今回インタビューにお答えいただいた代表取締役の荘司勇人さん

タンクの櫂入れという工程を自ら行う荘司さんの写真
▲自ら櫂入れし、の発行具合を確認します。

自然醸造のお酒で人の心を豊かにしたいという想い

編集部

お酒を造るうえで大切にしている想いなどがあればぜひ教えてください。

代表取締役:荘司さん

酒は人々の心を豊かにするもので笑顔を生むものだと思っています。なので、それを造る人々も笑顔を絶やさないようにしています。

そして自然醸造による旨き良き酒造りをモットーにしています。

編集部

酒造りというと、強面の職人さんが黙々とおこなっているようなイメージがあったので、「笑顔を絶やさずに造る」というのはすごく新鮮です。

また木戸泉酒造と言えば、天然の乳酸菌を使って高温で酒母を仕込む「高温山廃酛(こうおんやまはいもと)」という珍しい醸造方法が特徴的ですよね。

人工の乳酸を添加すれば、酒母作りに掛かる時間を大幅に短縮できて効率的な反面、味わいが薄れてしまうため、3代目のときから60年以上も天然の乳酸菌を用い続けていると伺いました。

手間は掛かっても、味わい重視の天然醸造にこだわってお酒造りをされている姿勢に感銘を受けます。

そんな木戸泉酒造のお酒は、どんな特徴の味なのか詳しく教えていただけますか?

代表取締役:荘司さん

熟成を前提とした、コクと深みのある味わいが魅力です。

編集部

日本酒は、長期間保存することで熟成されて味が変化するのですよね。

木戸泉酒造では、40年以上前から熟成させているビンテージ古酒も販売されているほか、自家熟成を楽しむことのできる味わい深い日本酒を造っていらっしゃると伺いました。中でも酸味が強く濃厚な味わいが特徴の銘柄「アフス」シリーズは、通販サイトでも自家熟成におすすめのお酒として紹介されていました。

この、木戸泉酒造の代表作ともいえるアフスシリーズのお酒は、コンクールでの受賞歴もあるそうですね。

木戸泉酒造の代表作アフスシリーズ

代表取締役:荘司さん

はい。KURA MASTER 2021」で、次の2つのお酒が金賞を受賞いたしました

  • 純米アフス原酒(火入れ)
  • アフスフライ

「純米アフス原酒火入れ」は、火入れ処理をおこなうことで常温での長期保管が可能になったお酒です。

現代では珍しくなってきた木桶で仕込んだ「アフスフライ」は、一口飲むと口の中に木の香りが広がりますよ。

編集部

KURA MASTERとは、フランスでおこなわれている日本酒のコンクールですよね。遠く離れたフランスでも高く評価される味ということで、ますますアフスを味わってみたくなります。

木戸泉酒造の主なラインナップ

木戸泉酒造には、大きく分けて次の4つの種類のお酒があります。

  • アフス(afs)シリーズ
  • 自然栽培米を使用したお酒
  • 古酒
  • 定番酒

一段仕込みで濃い味わいが特徴の「アフス」

まず、アフスシリーズは先ほども少しご紹介があったように濃厚多酸な味わいが特徴で、木戸泉酒造の代表作です。

生酒、火入れ、古酒など全部で7種類の商品を展開しています。ちなみに一風変わったおしゃれな商品名は、開発にかかわった3名の頭文字をとって名付けられたものです。

3代目蔵元の想いが詰まった無添加・農薬不使用の「自然舞」

こちらの銘柄は製造過程での添加物だけでなく、原料米の栽培段階でも農薬や化学肥料を一切使わずに造った100%自然醸造のお酒です。

余計なものを一切排除した、お酒本来のおいしさを味わえますよ。

長期熟成させた日本酒の独特な味わいが楽しめる「古酒」

ワインやウイスキーと同じように、日本酒も長期間保管しておくと熟成されて旨味が増すことがあります。

木戸泉酒造は、この古酒づくりにいち早く着手し、1965年(昭和40年)に長期熟成用のお酒を完成させました。1番古い1974(昭和49)年製造の「ヴィンテージ古酒 玉響」は1本22,000円(200ml)の値が付いています。

美しい琥珀色の見た目と甘味のある濃厚な味わいが特徴で、特別な日にいただいたり贈り物にしたりするのにぴったりですよ。

米の旨味と乳酸菌由来の豊かな酸味を感じられる「定番酒」

そのほかに、木戸泉の伝統的な醸造方法である高温山廃仕込みで造られた定番酒も人気を集めています。会社の名前が入った「木戸泉」シリーズや、無濾過で濃い味わいが特徴の「白玉香」「しぼったまんま」「初しぼり」などさまざまなラインナップがあります。

どれもお米の旨味や乳酸菌の酸味、そして高温山廃仕込みによって生まれるキレが感じられる、味わい深い銘柄です。

旨味や酸味がしっかりと感じられる味わい深い日本酒が魅力

もろみに櫂入れをおこなう木戸泉酒造の職人の写真

木戸泉酒造のお酒について、人気のあるお酒や、味わいの特徴などを荘司さんに教えていただきました。

一番人気は山田錦の香り・旨味と天然乳酸菌の酸味がマッチした「純米醍醐」

編集部

木戸泉酒造のお酒には多くのラインナップがありますが、一番人気があるのはどのお酒なのでしょうか。

代表取締役:荘司さん

一番人気があるのは、純米醍醐です。山田錦を使用した純米酒で地元から海外まで幅広く愛飲されています

木戸泉酒造で一番人気の銘柄「純米醍醐」の写真 原料名 米(国産)・米麹(国産米)
原料米 兵庫県産 酒造好適米 山田錦
精米歩合 60%
アルコール度数 16%
価格 1.8L 2,970円
720ml 1,485円
味わい 濃醇旨口

編集部

上でご紹介したラインナップで言うと、「定番酒」に分類されるお酒ですね。

山田錦というと、日本酒用のお米としてよく名前を聞きます。脂質やたんぱく質が少なく、香り豊かで旨味のあるお酒に仕上がるそうですね。

日本酒の製造過程で米を蒸している様子
精米し洗米した米を蒸している様子

辛口・甘口の枠にとらわれない「濃醇旨口」の味わい

編集部

木戸泉酒造のお酒の中で、一番甘口・辛口のお酒をそれぞれ教えていただけますか?

代表取締役:荘司さん

弊社では旨味が非常にあるお酒が中心となっております。濃醇旨口と言いまして、一般的な辛口・甘口とは違った味わいです。非公開としておりますが、実際ほぼ全てのお酒が日本酒度上でもいわゆる辛口と甘口のちょうど中間の中口層にまとまっております。

そのためお客様からの質問に対しても「辛口・甘口のお酒は取り扱っていません、旨味が非常にあるお酒です」とお答えしています。

編集部

「濃醇旨口」ですか!その響きだけでおいしそうなイメージが湧きますね。辛口と甘口の中間ということは、味の好みを問わず幅広い方々にとって飲みやすいと感じられそうです。

日本酒が苦手な方は、「アフスウメフレーバー」を試してみて

編集部

ラインナップの中で、日本酒が苦手な方にもお勧めできるようなお酒があればぜひ教えてください。

代表取締役:荘司さん

それでしたら、「アフスウメフレーバー」がおすすめです。弊社オリジナルの製法で作った日本酒「アフス」で梅を漬けた梅酒です。

梅を日本酒「アフス」に漬け込んで造った「アフスウメフレーバー」の写真 原料名 日本酒(純米アフス)・青梅(千葉県産)・氷砂糖
アルコール度数 9%
価格 500ml 1,760円
飲み方 よく冷やすかロック

編集部

一般的な梅酒は、ホワイトリカーという焼酎の一種で作るのがポピュラーですよね。

それを日本酒で、それも一段仕込みで造った深い味わいが特徴の「アフス」に漬けて造るとなると、ほかでは味わえない特別な梅酒になりそうですね。乳酸菌由来の酸味が感じられる木戸泉の「アフス」と、梅の酸味の相性がとても気になります。

日本酒好きにおすすめのお酒3選

日本酒好きな方におすすめの銘柄を荘司さんに伺ってきました。次の3つが、とくにおすすめだと教えていただいた銘柄です。

  • 純米醍醐
  • 自然舞 純米酒
  • 純米アフス

一番人気の「純米醍醐」は日本酒好きにもぜひ飲んでほしい逸品

木戸泉酒造で一番人気の銘柄「純米醍醐」

先ほど、木戸泉酒造で一番人気のお酒として紹介していただいた「純米醍醐」は日本酒好きの方にもおすすめです。高温山廃仕込みならではのキレ、天然の乳酸菌由来の酸味など、木戸泉酒造らしさを感じられるお酒なので「ここの日本酒がどんなものなんのか試してみたい」という場合にぴったりです。

深み、キレのある味わいで脂っこいものとも好相性

原料米「山田錦」の旨味の強い「純米醍醐」は、豚肉料理など脂っこいものと合わせても味が負けることがありません。

温度は常温からぬる燗がおすすめで、ベストは42℃です。人肌よりやや温かいと感じる程度に湯煎し、平杯に注いで豊かな香りを楽しみましょう。

無添加・農薬不使用で安心して飲める日本酒「自然舞」

こちらのお酒は添加物が使用されていないだけでなく、原料のお米も農薬や化学肥
料を不使用で育ったものだけを使用
して造っています。

この自然農法産米を原料にしたお酒造りは、3代目の蔵元から受け継がれているものです。当時の日本は高度経済成長期真っ只中だったため、大量生産が好まれ、添加物や農薬等を使用した原料米でお酒を造るのは当たり前のことでした。

しかし、それらの危険性にいち早く目を向けた3代目蔵元が情熱を持って、「安心して飲める日本酒」を造り上げたのです。

近年では、食品を選ぶ際に添加物や農薬を気にする方も増えてきましたよね。大切なパートナーとお過ごしになるおうち居酒屋デートのときも、お互いの身体を気遣って「自然舞」を選んでみてはいかがでしょうか。

熟成を前提に造られているので、複数本購入して、例えば「これは5年後に開けよう」などと将来に楽しみをとっておくのも素敵ですね。

3サイズ展開で、飲みきりサイズの300mlもあります。ちょっと試しに飲んでみたいときや、2人でシェアして飲みたいときにぴったりですよ。

原料米に自然栽培米を使った「自然舞 純米酒」 原料名 米(国産)・米麹(国産米)
原料米  青森県・岩手県産 自然農法産米
精米歩合 65%
アルコール度数 16.5%
価格 1.8L 2,970円
720ml 1,485円
300ml 660円
味わい 濃醇旨口

荘司さんからのコメント

原料に使用するお米を全て自然栽培米で仕込んでおり、安全・安心してお楽しみいただける優しい味わいの純米酒です。

「自然舞 純米酒」はしょっぱいものと合わせるのがおすすめ

荘司さんによると、旨味の詰まった「自然舞 純米酒」は、常温もしくはややぬるめのお燗でいただくのがおいしいとのこと。

やや辛口よりでキレのある味わいなので、しらすや塩辛などしょっぱいものをおつまみにすると好相性です。

まるで白ワインのような新感覚日本酒「純米アフス生

通常3回に分けて行う原料の仕込みを1回にまとめて行う「一段仕込み製法」で造られているのが特徴です。その分水を加える回数が減るため、酸味と甘みが損なわれず白ワインのような独特な味わいに仕上がります。

普段日本酒をよく飲んでいるカップルこそ「こんなの初めてだね!」と驚きを感じられるはずです。一風変わった味わいの日本酒を試してみたい日におすすめです。

このほかにもお祝いの日にふさわしいスパークリングや、常温での熟成にふさわしい火入れのラインナップもあるので、どれにするか2人で相談するのも楽しそうですね。

濃厚多酸な味わいが特徴の「純米生アフス」 原料名  米(国産)・米麹(国産米)
原料米 千葉県いすみ市産 総の舞100%
精米歩合 65%
アルコール度数 13%
価格 500ml 1,650円
味わい 濃厚多酸酒

荘司さんからのコメント

弊社独自開発の高温山廃一段仕込みと、唯一無二の製造にして唯一無二の味わいの新感覚日本酒です。

おつまみや飲み方も白ワインさながらがおすすめ

まるで白ワインのような濃厚多酸な味わいの「純米アフス生」は、チーズや白身魚などさっぱりしたおつまみがよく合います。

飲み方も、おちょこではなくグラスがおすすめです。15℃以下に冷やしてワイングラスに入れて飲んだり、クラッシュアイスを入れたロックグラスに注いでいただくことで、さらに「純米アフス生」の独特の味わいを堪能できるでしょう。

日本酒初心者におすすめの銘柄2選

日本酒初心者の方でもおいしく飲める日本酒を、荘司さんに教えていただきました。

  • 純米アフス生
  • アフススパークリング

日本酒好きの方におすすめしてくださった純米アフス生は、日本酒離れした独特な味わいのため初心者の方にも飲みやすいでしょう。

同じアフスシリーズの中でも、発泡タイプのスパークリングも初心者におすすめとのことなので、詳しくご紹介します。

爽やかな発泡で飲みやすい「アフススパークリング」

こちらは、ワインのようなフルーティーな香りが特徴の「アフス」から、数量限定で製造されているスパークリングタイプで、まるでスパークリングワインのような飲みやすさが魅力です。

しゅわしゅわとした音や、グラス内で弾ける泡など、耳や目でも楽しめる要素があって、おうちデートを一層盛り上げてくれるはずです。

おしゃれなワイングラスに注いで、特別感のある雰囲気を味わうのもいいですね。誕生日や記念日のおうちデートにもぴったりですよ。

日本酒初心者にもおすすめなアフススパークリングのボトルの写真 原料名  米(国産)・米麹(国産米)
原料米 千葉県いすみ市産 酒造好適米 総の舞
精米歩合 65%
アルコール度数 13%
価格 500ml 1,760円
味わい 瓶内二次発酵
濃厚多酸酒

荘司さんからのコメント

瓶内二次発酵由来の爽やかな炭酸とアフスの持つ甘味と酸味がいいバランスで味わえます。

スパークリングの爽快感でにんにく料理が進む

純米アフス生同様、ワイングラスやロックグラスに入れて冷たい状態で飲むのがベストです。

魚介系のおつまみの中でも、たこやえびのアヒージョといった、にんにくの香りが効いたものとよく合いますよ。

木戸泉酒造のお酒の購入方法

巨大な杉玉と煙突が目印の木戸泉酒造の入り口の写真9:00~16:00

「アフス」や「自然舞」など、今回ご紹介した木戸泉酒造は、全国の取り扱い店舗にて購入可能です。とくに木戸泉酒造のある千葉県内では、酒屋のほかにもコンビニや百貨店でも取り扱っているところがあり、飲みたいときにすぐ購入できますよ。

>>木戸泉酒造の取り扱い店舗はこちら

お近くに販売店がないという方は、木戸泉酒造の公式オンラインショップでも購入可能です。

>>木戸泉酒造の公式オンラインショップ

また、木戸泉酒造の酒蔵に併設されている売店では、通常商品に加えおすすめの季節商品も購入可能です。酒蔵見学はできませんが、お近くにお住まいの方はこちらに直接買いに行かれるのもおすすめですよ。

木戸泉酒造の酒蔵に併設されている売店の外観
▲併設の売店は木造で、酒造りの道具なども飾られていて趣を感じます。

まとめ:長年守り続けてきたこだわりが魅力

熱湯を用いた高温山廃仕込みの酒母造りの様子

独自の高温山廃仕込みの製法を貫き、天然・無添加の自然醸造をモットーとしている木戸泉酒造は、ほかの酒蔵では真似できないようなこだわりのお酒を造り続けています。深い旨味・コクと乳酸菌の酸味が感じられる味わいは、そのまま飲むのはもちろんのこと、熟成させることで新しいおいしさを生み出します。

2人で一緒に買ったお酒が、将来どんな味になるのか想像するのはとてもワクワクしますよね。

また、白ワインのように飲める「アフス」シリーズは、日本酒通のカップルにとっては新たな発見になりますし、普段日本酒を飲まないカップルにとってもお気に入りのお酒になるかもしれません。

そんな木戸泉酒造のお酒を、おうち居酒屋デートのお供に選んでみてはいかがでしょうか。

木戸泉酒造の基本情報

住所 〒298-0004
千葉県いすみ市大原7635-1
お問合せ 0470-62-0013
9:00~16:00(土日祝日を除く)
営業時間 酒蔵併設の売店
9:00~16:00
定休日 土日祝
公式サイト http://www.kidoizumi.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック