【京都市】京都芸術センターでアートの最先端に触れ新しいものに出会うデート

この記事では、京都市にある「京都芸術センター」をメインに、京都の中心部の名所をめぐるデートプランをご紹介します。

京都芸術センターは、芸術活動に関わる様々な支援や、創作、発表の場の提供を行っている施設です。その時々に応じて、アーティストによる展覧会や、演劇公演、パフォーマンスなどが活発に開催されています。

アートに触れるひと時を過ごした後は、縁結びスポットのある聖徳太子ゆかりの古いお寺や、京都中心部を流れる鴨川付近を散策し、京都観光を満喫しましょう。

今回はそんなアート体験や縁結びスポット、散策スポットをめぐり、新しいものに出会うデートをご紹介します。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:10代〜50代
おすすめカップル:新しいものに出会いたいカップル、アートに関心のあるカップル
どんなデート?:アート、遊び
目安時間:半日
目安予算:2人で2,000〜5,000円

概要:アートに触れ、新しい発見をゆっくりと語り合うデート

京都芸術センターの展覧会の様子
▲NEW INCUBATION 8 伊藤隆介×中田有美『ジオラマとパノラマ ――Diverting Realities』(2016年)アーティストトーク風景

今回メインに紹介する京都芸術センターは、京都市の室町通にあります。そこで、アートに触れた後に、京都の中心部の魅力を満喫しながらゆっくりと過ごすデートプランを考えました。

10:30~12:00 京都芸術センター見学。日程によっては公演などを鑑賞する。
12:00~13:00 「前田珈琲」明倫店にてランチ
13:00~14:30 紫雲山頂法寺(六角堂)を散策
14:30~16:30 鴨川沿いを散策

まずは、京都芸術センターを訪れます。館内の展覧会などを見学しつつ、図書室に立ち寄ったりしながら、歴史ある建築を堪能しましょう。目当ての公演や展覧会があれば鑑賞するのもいいですね。

館内のアート感あふれるカフェでランチをいただいた後は、六角堂の通称で知られる紫雲山頂法寺(しうんざんちょうほうじ)を散策します。六角堂には、縁結びの柳がありますので、おみくじを引いて、カップルで結びつけましょう

最後に立ち寄りたいのは、デートスポットとして有名な鴨川です。美しい川と、京都らしい街並みを眺めながら散歩をしたり、川べりに座ったりしながら、二人でゆっくりと語り合うのがおすすめです。

ここからは、そんなデートプランの中心となる京都芸術センターについて、詳しく紹介していきます。

様々な芸術活動に触れることができる京都芸術センター

京都芸術センター入口の外観

京都芸術センターは、京都市における芸術の総合的な振興を目指して開設された施設です。芸術に関する活動の支援や情報の発信、市民と芸術家の交流などを目的として、展覧会、公演、ワークショプ、制作室の提供、芸術家の支援などの事業を行っています。

建物は明治2年に開校し昭和6年に改築された、元明倫小学校を活用しています。国の登録有形文化財に登録されており、その歴史ある風情は一見の価値があります。

常時、様々な活動が行われていますので、展覧会や公演を鑑賞するだけではなく、芸術の現場の雰囲気を感じることができますよ。アートに関する資料が充実している図書室や、店そのものを彫刻作品としたユニークなカフェも併設されていますので、アート好きのカップルにはおすすめの施設です。

今回は「京都芸術センター」の広報担当のスタッフさんにインタビュー取材を行い、施設の魅力や周辺の見どころなどについてのお話を伺いました。

アーティストたちが作品を作り発表している、活気ある場所

京都芸術センター内でのアートパフォーマンスの様子
▲Jay Kochel "Air Study", 2014

編集部

昭和初期に改築された建物が、現役で活躍しているのを目の当たりにして驚きました。たくさんの人が出入りする、活気がある施設なのですね。

改めて、京都芸術センターの特徴や活動内容を教えてください。

広報担当:スタッフさん

京都芸術センターは京都市の創造活動拠点として2000年にオープンしました。館内では日々制作活動が行われていて、国内外の新進アーティストの作品を、展示や公演といったかたちでご覧いただけます

少しずつ活動範囲を広げ実力をつけていく段階のアーティストや、既にしっかりとした評価を得たアーティストがあたらしい表現方法やテーマ、先駆的・実験的な表現に挑戦するなど、アーティストと芸術センターが一緒になって既存の価値観をアップデートしていこうとしています。

展覧会や公演を見ていただく、あるいは館内を散策していただく中で、いま、この場所、このまちで、同じ時代を生きているアーティストがさまざまな想いを巡らせながら制作している気配を感じていただけたら嬉しいです。

編集部

アートは自分とは関わりのあまりないところで作られているもの、というイメージがありましたが、実は身近なところで作られているものなのですね。

他にも京都芸術センターならではの魅力を教えていただけますか?

広報担当:スタッフさん

作品を展示している、舞台公演を上演している、という「発表の場」というだけではなく、実際に作品を「つくっている場所」であることが京都芸術センターのおもしろいところだと思います。館内を歩いていると、芝居稽古と思われる雄たけび(?)が聞こえてきたり、日によっては大きな部材を運ぶスタッフや作品を調整中のアーティスト、公演を終えた出演者などとすれ違ったりします。

刻々と変化する「芸術の現場」でありながら、長い人々の営みの痕跡を感じさせる歴史的空間でもあり、今もまちの人々の生活の一部であり…と、いろんな要素がそれぞれに共存している場所なので、自分なりの過ごし方を発見してもらえると、みなさんにとっても居心地のいい空間になるのではないでしょうか。

編集部

伝統芸能やダンス、音楽、演劇公演、前衛的なインスタレーションなど、様々なアートの現在進行形が見られるそうですね。カップルで気になる公演を見に来て、最前線のアートに触れたら、とても盛り上がれそうです。

公演やイベント内容についても、詳しく教えてください。

広報担当:スタッフさん

館内に2つあるホワイトキューブのギャラリーを中心に、1~2か月スパンで様々なジャンルの展覧会(入場無料)を開催していますので、ご来館の折にはぜひご覧ください。小学校の講堂や室内体操場だった広いスペースでは、演劇やダンス、音楽の公演を開催しています。

京都芸術センター内の音楽公演の様子
▲風水のこえをきく#1 ヤニック・パジェ音楽公演『Vent et Eau(風と水)』(2016年)撮影:金サジ

伝統芸能などは、敷居が高く感じて観たことがない…ということがあるかもしれませんが、初めての方にも、玄人(!?)にもお楽しみいただけるよう趣向を凝らした公演などもありますので、未知の物事に出会うという冒険を、ふたりでしてみるというのはいかがでしょうか

また、京都芸術センターは京都のまちのあちこちで開催する「ニュイ・ブランシュ」(毎年10月開催)や、「京都国際舞台芸術祭 KYOTO EXPERIMENT」(毎秋開催) などフェスティバル会場のひとつでもあります。

観るだけじゃなく自分もなにかやってみたい!という方には、ワークショップなど参加型のイベントも実施していますし、情報コーナーには京都内外の展覧会や舞台公演、映画やコンサートなどのフライヤーをたくさん置いていますので、次のおでかけプランにお役立てください。

>>イベントスケジュール

京都芸術センター内の情報コーナー
▲情報コーナーには、アートに関する情報が集まっています

編集部

確かに、好みのものだけではなく、今まで見たことのないような作品にあえてチャレンジしてみるというのも、世界が広がって楽しめるかもしれませんね。カップルで、ワークショップに参加してみるのも良さそうです。

京都が誇るレトロな小学校建築をそのまま活用

編集部

広報担当として思う、京都芸術センターの魅力についても教えてください。

広報担当:スタッフさん

京都芸術センターは、元明倫小学校の校舎を活用しています。昭和6年(1931年)に竣工した校舎をほぼそのまま残していますので、油引きの廊下や教室を利用したカフェや図書室、情報コーナーなど、京都が誇るレトロな小学校建築も愉しんでいただけます

京都芸術センターの図書室
▲図書室も古風な趣があります

元明倫小学校は明治2年(1896年)に開校した、日本初の学区制小学校である「番組小学校」のひとつです。番組小学校は役所の分室のような機能や消防分団、町会所の機能を兼ね合わせるなど、地域のコミュニティーセンターとして年齢性別に関係なく誰もが出入りできる生活の中心的な場所でした。

京都芸術センターの外観
▲細部にまでこだわった小学校建築も楽しめます

芸術センターとなった今でも、あたらしい表現や未知の物事に触れる学びの場であり、それぞれがいろんな目的で訪れる営みの場であることに変わりはありません。気負わずに、通りすがりにちょっと立ち寄ってみようかなと、気軽にお越しいただきたいです。

編集部

この建物を見に来るためだけに来てもいいくらい、立派な歴史的建築ですね。小学校の校舎だからなのか、どこか懐かしく感じます。

現代美術作家とコラボして改装した楽しいカフェ

編集部

京都芸術センターを訪れる人の中には、ショップやカフェを目当てに訪れる人もいるそうですが、それぞれの施設について詳しく教えてください。

広報担当:スタッフさん

まず、事務所脇に開いた、レトロな小窓がショップ(チケット窓口)です。京都芸術センターで開催するイベントや、制作室を利用しているアーティストの公演チケット、展覧会の記録冊子、また京都芸術センター開設20周年記念グッズも販売しています。

また、カフェは明倫学区に本店を置く「前田珈琲」さんの明倫店が南館1Fにあります。現代美術作家らとのコラボレーションで元教室をアグレッシブに改装した店内は楽しく、公演前の待ち合わせや、芸術鑑賞の後のひと時を過ごすのにぴったりな空間ですよ。

編集部

京都芸術センターならではのカフェは空間そのものがアート作品となっていて、カップルで鑑賞した展覧会や公演について語り合うには、もってこいの場所ですね。

ちなみに館内でおすすめの撮影スポットはありますか?

広報担当:スタッフさん

特に撮影のためにスポットを設けているわけではないのですが、館内には90年前の意匠(デザイン)が施された素敵な場所が点在しています。みなさんの琴線に触れるスポットをご自身の感性を頼りに探してみてください!

京都芸術センター内の窓と階段
▲細部まで凝った意匠(デザイン)の小学校の内部です

とはいえ、制作室ではアーティストが制作に集中しています。オープンスタジオ等で公開していることもありますが、普段は中をご覧いただけませんので、快適な制作環境の維持にご協力くださいますようお願いいたします。

また、イベント等で入場制限をしている場所や、搬入出のためのものの移動など、記念撮影を優先できない状況が多々あると思いますので、どうかご容赦ください。撮影目的でのご来館の場合は、事前に「撮影許可申請」が必要です。

編集部

天井、壁、窓、床など、あちこちの細部にわたって、魅力的なところがたくさんありますよね。特に、梁に施されたデザインが素敵でした。昔の小学校の造りは本当に贅沢なものなので、いい記念写真がたくさん撮影できそうです。

京都芸術センターの感想・口コミ評価

京都芸術センターの階段

編集部

京都芸術センターに来館された方からは、どのような感想をいただいていますか?

広報担当:スタッフさん

「入るのをためらう」「入るのに料金がいるの?」というお声をお聴きするのですが、公共施設ですのでどなたでもどうぞ!みなさん「入ってみたら居心地がいい」とも言ってくださっています。一度踏み込んでみれば、きっとお気に入りの場所のひとつにしていただけると思います!

編集部

京都芸術センターは入館料無料なんですよね。外観からとても素敵な施設なので、無料で入館できるとは思わない方が多いのかもしれませんね。これだけ多様な芸術に触れることができる施設はとても貴重なので、一度訪れたら虜になるカップルが多いのでは、と思います。(公演など有料のイベントもあります)

「校舎の雰囲気がいい」「カフェが素敵」という声がたくさん

編集部でGoogleやポータルサイト、SNSなどで実際の口コミを調べましたので要約して紹介します。

アイコン
懐かしい教室のたたずまいに和みました。校舎のモダンなデザインがアートです
アイコン
先端のアートに触れられ、刺激的なところでした
アイコン
地元客の多いカフェはランチもコーヒーも美味しいです

校舎が懐かしく素敵な雰囲気である、カフェも落ち着けるという声が多く寄せられていました。また、公演を見てアートを楽しんだという人もたくさんいました。ぜひ実際に訪れて、ご自分の目で確認してみてください。

京都芸術センターからカップルへのメッセージ

京都芸術センターの窓際の椅子とテーブル

編集部

これから京都芸術センターを訪れようとしているカップルへメッセージをお願いします。

広報担当:スタッフさん

難解なコンセプチュアル・アートをスマートに鑑賞してみせたり、ちょっとびっくりな前衛的表現にどきどきの「吊り橋効果」を共にしたり、お互いの価値観に思わぬ発見があったり、張り切って来たら思いのほか館内が静かでしっぽり過ごすことになったりと、カップルでお越しのみなさんに思いがけない効果があるかもしれません。

芸術センターのボランティアスタッフの中には、ご夫婦で活動されている方もいらっしゃいます。二人だけの時間も素敵ですが、二人で一緒に、誰かと何かに取り組むというのも、素敵な時間の過ごし方のひとつだと思います。

編集部

アートといっても、難しく考えずに、カップルで思い切って飛び込んでみるというのもいいかもしれないと思いました。日常を離れて新しいことに挑戦すれば、二人の関係もいっそう進展するかもしれませんね。

本日はありがとうございました。

京都芸術センターの基本情報

住所 〒604-8156
京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
アクセス 【電車】
・地下鉄烏丸線「四条駅」から徒歩5分
・阪急京都線「烏丸駅」から徒歩5分
・地下鉄東西線「烏丸御池駅」から徒歩10分

【市バス】
「四条烏丸駅」下車、徒歩5分(3、5、201、203、207系統など)
営業時間 ・ギャラリー、図書室、情報コーナー:10:00~20:00
・カフェ:10:00~20:00
・制作室、事務室:10:00~22:00
※緊急事態宣言等の発令により、開館時間が変更になることがございます。
休館日 12月28日から1月4日
※施設メンテナンス等の臨時休館がございますので、お出かけ前にご確認ください。
※緊急事態宣言等の発令により、休館する場合がございます。
料金 入館料:無料
※展覧会は入場無料。公演等のイベントはそれぞれ料金設定が異なります。
駐車場 なし
・駐輪場は建物の北側にございます(京都芸術センター利用時のみ使用可)。
電話番号 075-213-1000
公式サイト https://www.kac.or.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

京都芸術センター周辺のおすすめデートスポット

京都芸術センターの滞在時間はカフェを含めて2〜3時間ほどです。周辺には飲食店やお買い物スポットがたくさんあるので、芸術センターを楽しんだ後は京都の街を散策しましょう。

ここからはカップルで一緒に回れるおすすめのデートスポットを紹介しますので、ぜひ大切な人と一緒に素敵な時間を過ごしてくださいね。

聖徳太子が創建したと伝えられる紫雲山頂法寺

紫雲山頂法寺(六角堂)は、京都芸術センターから歩いて5分ほどのところにあります。聖徳太子が587年に創建したといわれる由緒あるお寺です。京の都の中心地点とされたことから、「へそ石」と呼ばれる六角形の石もあります。

六角堂にある柳の木「六角柳」は、「縁結びの柳」と言われていますので、カップルで願をかけるのもいいですね。

また、六角堂はいけばな発祥の地とされ、隣接した華道家元池坊には、六角堂といけばなの歴史を紹介した「いけばな資料館」もあります。

六角堂公式サイト:https://www.ikenobo.jp/rokkakudo/

ゆっくりと散歩するのにぴったりな鴨川

鴨川は、京都芸術センターから歩いて10分ほどのところにあります。真っ直ぐ鴨川の方へ向かって進むと祇園などがあり、京都の中心部である四条付近に着きます。デートスポットとしても知られている場所であり、夕方になるとロマンチックな雰囲気に包まれますよ。

また、夏には「納涼床」が作られます。これは料理店が川の上や川がよく見えるところに座敷を作って、お客さんに料理を提供するというもので、京都の夏の風物詩となっています。

カップルでゆっくりと川を眺めながら、のんびり散歩してみてはいかがでしょうか。

京都府公式サイト:http://www.pref.kyoto.jp/kamogawa/

まとめ:京都芸術センターで最先端のアートに触れ、感動を語り合うデートをしよう

今回は、京都芸術センターとその周辺の六角堂や鴨川を巡るデートプランを紹介しました。

京都芸術センターは、歴史のある小学校の建物を改装して、最先端の芸術文化を発信している施設なので、建物自体を堪能しながらアート展示や公演を見ることができます。また、周辺にもカップルで巡るのにぴったりなデートスポットがありますので、ぜひ一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

カップルでアートの世界に飛び込んでみたら、新しい発見があるかもしれません。次回のデートの参考にしてみてください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック