【奈良・生駒】アジサイの咲く「長弓寺 薬師院」で写経と美しい国宝を楽しむデート

本記事でご紹介するのは、奈良県生駒市にある「長弓寺 薬師院(ちょうきゅうじ やくしいん)」の写経体験をメインにしたデートプランです。アジサイの花で有名な境内には、美しく貴重な建築物があり、心静かに写経に臨める環境が整っています。

写経に打ち込むことで日常のストレスから解放されますし、また無心になることで得られる感覚は、カップルにとっての財産となります。地域の人にも開かれたお寺なので、写経が初めてのカップルでも、リラックスして体験できますよ。

周囲には風景を楽しめる自然公園や、夜景スポットもあります。写経体験を素敵な思い出につなげられるデートコースもご紹介するので、ぜひデートプランの参考にしてみてくださいね。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20代~50代
おすすめカップル:写経体験をしたいカップル
どんなデート?:写経、自然散策、夜景

概要:写経で心を静めて夜景に浸るデートプラン

今回ご紹介するのは、奈良県の「長弓寺 薬師院」の写経体験をメインにしたデートプランです。

今回のデートのメイン
長弓寺 薬師院
周辺のデートスポット
・くろんど池自然公園
・信貴生駒スカイライン「鐘の鳴る展望台」
ランチにおすすめのお店
・ごはん家 豆豆菜菜 あすかの店
・くろんど荘和風レストラン

写経体験では、一心にお経を書き写すことで、心を静めて一つのことに打ち込むことができます。

境内では、貴重な国宝の美しさに感動したり、季節の花に目を向けて、2人で感じたことを語り合うこともできますよ。悩み事があるカップルは、予約をして住職のカウンセリングを受けることも可能です。

写経会は14時からなので、それまでは近くの自然公園でゆっくりと散策をして過ごすのはいかがでしょうか。ランチには、自然公園内のレストランや、長弓寺の近くの「ごはん家 豆豆菜菜 あすかの店」がおすすめです。

車でドライブを楽しみたいカップルは、夜景のきれいなスポットをめぐりながら2人の1日を振り返ると、素敵な締めくくりになると思いますよ。

ここからは、メインとなる「長弓寺 薬師院」について、詳しくご紹介していきます。

風情ある「長弓寺 薬師院」で無心になる写経体験

「長弓寺 薬師院」は、奈良県生駒市にある真言宗のお寺です。長弓寺の境内は、国宝に指定されている本堂と3つの塔頭、地蔵堂、蓮池などで構成されています。今回紹介する薬師院は、本堂を守る3つの寺院のうちの一つです。

普段は静かな境内ですが、お正月には初詣の人で賑わいをみせます。3つの寺院は法要や供養のほかに、精進料理の提供など独自の活動を行っており、人々が集う場となっています。

「長弓寺 薬師院」では、地域交流を目的とした「薬師院サロン」で行われる演奏会や講演会を楽しみに通ってくる地域の人の元気な表情が見られるのも特徴です。

そんな長弓寺では長年、仏教に触れる場として「写経会」を開いてきました。毎回参加されている方も多く、写経を通じて出会いも生まれています。

また、長弓寺の見どころの一つでもあるアジサイは、季節になると長い参道脇にずらりと咲き誇り、国宝の文化財とともに美しい光景を見せています。カップルのデートコースとしてもおすすめの寺院ですよ。

今回は、「長弓寺 薬師院」の写経会を中心に、住職の岡崎さんにお話をおうかがいしました。

3つの塔頭寺院が本堂を守る「長弓寺」

長弓寺 薬師院の外観

編集部

「長弓寺 薬師院」はどのようなお寺なのか教えていただけますか?

岡崎さん

「長弓寺 薬師院」は奈良県の北部、生駒市にある真言宗の寺です。長弓寺の境内には3つの寺院があり、薬師院はそのうちの一つです。このように、寺内にある寺院を塔頭(たっちゅう)寺院と呼んでいます。

編集部

塔頭寺院という言葉は初めて聞きました。いつくかの寺院を合わせて「長弓寺」になるのですね。長弓寺の創建にはいつくか逸話があるそうですが、少し聞かせていただけますか?

岡崎さん

奈良時代に遡りますが、若年の聖武天皇が土地の豪族・小野真弓長弓(おののまゆみたけゆみ)とその養子であった長麿(ながまろ)を従えて、このあたりで狩猟をしていました。

そのとき、森より一羽の怪鳥が飛び立ったのを見て、長麿が弓を放ったところ、誤って父・長弓を射殺してしまったのです。

聖武天皇はこのことを深く哀しみ、僧・行基に命じて小さな御堂を建て、十一面観音を本尊としたといいます。本尊十一面観音の頂上の仏面は、聖武天皇の弓の柄で彫られたという逸話も残っています。

鎌倉時代の弘安2年(1279年)に現本堂が建立され、現在は国宝に指定されています。この国宝である本堂とその境内地を護持しているのが、3つの塔頭寺院です。
※国指定文化財等データベース(長弓寺本堂)

奈良県生駒市の「長弓寺 薬師院」の本堂
▲国宝「長弓寺本堂」の落ち着いた色彩は、周囲の自然と調和し美しい

編集部

古い歴史に由来する寺院なのですね。仏像には詳しくないのですが、十一面観音というのは頭上に11の顔を持つ観音様ですね。頭上の顔には、いくつかの表情があるのだとか。ご本尊の十一面観音像も重要文化財だと聞きました。

奈良は日本の歴史の上でも、重要な位置づけとなる土地ですから、さまざまな言い伝えがあるのでしょうね。

岡崎さん

日本の初代天皇・神武天皇(じんむてんのう)に関する逸話もあります。神武天皇が日向から大和をめざした際に、地方豪族に敗れたのがこの辺りだとされているのです。

神武天皇は紀伊に迂回して大和に進攻しました。その時に黄金の鵄(トビ)が飛来して神武天皇の弓にとまり、神武軍を助けたとされています。古来より鳥と弓の伝説が残る地でした。

編集部

神武天皇というと紀元前で、日本書紀に出てくる人物ですよね。壮大な歴史ロマンが感じられるお話をうかがって、とても神妙な気持ちになってきました。

現在の「長弓寺 薬師院」は、どのような環境にあるのでしょうか?

岡崎さん

最寄り駅は、近鉄けいはんな線の「学研北生駒駅」で、駅から長弓寺までは徒歩17分ほどです。住宅街から一歩足を踏み入れたところにあり、閑静な雰囲気が味わえる一帯です。

無料の駐車場もありますので、お車でもお越しいただけます。

編集部

駅からは少し距離があるようですが、静かな一帯を散策しながら寺院に向かうのもいいですね。周辺の様子を少し調べてみると、駅から向かう途中には坂を下っていき、視界が開けてくるようなエリアもあるようですね。

ゆっくりと散策の時間を楽しみたいカップルには、ちょうどよいお散歩コースになると思いました。

心静かに打ち込める写経体験で感じたものを共有する

長弓寺 薬師院の写経会場

編集部

写経の会を始められたきっかけについて教えてください。

岡崎さん

宗教離れが進む中、写経という体験を通して仏教に触れる機会が提供できれば、という思いで1995年より始めました。

編集部

始めてから30年近くになるのですね。最近でこそ写経はブームになっていますが、昔から体験の場を設けているお寺があることがあらためてわかりました。

写経を体験するカップルには、どのような時間を過ごしてもらいたいとお考えですか?

岡崎さん

デートというと、気持ちの盛り上がるものを考えがちですが、時には心を静めて1つのことに打ち込むことで、感じたことをお二人で共有していただくといいと思います。

無心になることは難しく、様々な思いが湧き上がってくることもあるでしょう。そうしたことも含めて、お互いに感じたことを話し合うという体験は、今後の関係を支えていく上でも大きな糧になると思います。

編集部

普段音や映像、多くの情報に接した生活をしていると、無心になる機会というのはなかなかないので、なおさら難しそうです。

声を出したり体を動かすデートと比べると、静けさの中に身を置くデートは未知の体験になりそうです。初めて写経を体験するカップルなら「どんな体験になるのだろう?」とワクワクする時間も、一つの楽しみになると思います。

写経会は、どのような場所で行うのでしょうか?所要時間についても教えてください。

岡崎さん

写経会は、薬師院会館という建物内の、仏様をお祀りしている広間で行います。体験全体の所要時間は90分ほどです。

長弓寺 薬師院の「薬師院会館」
▲写経会が行われている「薬師院会館」

正座と椅子席で各20名ほどのお席を用意して、毎月18日の14時から行っています。

長弓寺 薬師院の写経会の様子
▲写経会では、椅子席もあるので足を楽にして取り組めます。

編集部

写経は体験したことがないのですが、仏様を前にすると凛とした雰囲気のなかで臨めそうです。仏様に見守られて取り組む、何かの試験のようにも感じられますね。

椅子席は足の痺れを気にせずにすみますし、正座が苦手な方にとっても助かります。集中して取り組めそうです。

写経か写仏のどちらかを選び、お坊さんとの茶話会も体験しよう

長弓寺 薬師院の写経用紙

編集部

実際の写経の流れについて教えてください。

岡崎さん

14時からお坊さんと一緒に本尊様の前でお経を唱えます。読経、法話の後、写経もしくは写仏に取り組んでいただきます。写経・写仏はどちらか好きな方を選択していただけます。

写経用紙や筆、墨など、必要なものは当院でご用意しております。服装も自由ですから、気持ちを楽にしてご参加ください。ご希望がございましたら、お2人の写経の様子などを撮影させていただきます。

終わった後に、お坊さんを囲んでの茶話会の時間を設けていますが、参加せずに、ご自由にお帰りいただいても結構ですよ。

長弓寺 薬師院の写仏用紙
▲こちらは写仏で使う用紙。線で描かれた仏さまの下絵の上から輪郭をたどって写していきます。

編集部

公式サイトを拝見すると、写経についてこのように書いてありました。

自分の願い事や、ご先祖様、あるいは亡きみたまのご供養の為に一字一字を仏さまとして書き写していきます。

引用:長弓寺薬師院公式サイト「写経・写仏について」

写経というと、お坊さんの修行というイメージがありましたが、私たちができる供養でもあるのですね。文字を仏さまとして捉える、ということがとても新鮮に感じました。

写経で心を落ち着けた後にうかがうお話は、きっと心に深く染みるものがあると思います。茶話会に参加しないのはもったいないですね。

写経を納めて気持ちも整う!参加者同士が交流できる場

長弓寺 薬師院のご本尊

編集部

写経したものは、持ち帰ることはできるのですか?

岡崎さん

写経したものは、特にお申し出がない限り、納経いただいております。

編集部

書いたお経を納めることで、自分達のさまざまな思いも浄めてもらうことになるのかな、と思いました。後に何も残らないからこそ、写経に取り組む時間は、その時限りの貴重な体験だということがわかってきますね。

一緒に体験したその時間が、2人にとって価値のある思い出になりそうです。

岡崎さんが、これまでの写経会で感じた、やりがいなどがあれば教えてください。

岡崎さん

常連の方が何度も足を運ばれるので、求められている場を提供できて良かったという思いがあります。お写経を通じて知り合われる方も多く、参加者同士が交流できる場を提供できていると感じています。

編集部

常連の方が、どのような思いで参加されているのか、お話を聞いてみたい気がします。日頃のストレスを抱えながら写経会に参加したカップルが、他の方から参考になるお話を聞く、ということもありそうですね。

人とのつながりが自然に生まれる雰囲気であれば、リラックスした気持ちで臨めると思いました。

お寺ヨガデートもできる!条件が揃えば精進料理もいただいてみて

長弓寺 薬師院の和室

編集部

写経以外にも寺院で体験できるものがあれば、教えてください。

岡崎さん

毎週水曜日の午前中、ヨガインストラクターの先生をお呼びして、ヨガをすることができます。ヨガに参加された方からは、「インストラクターの先生がひとりひとりに合わせて丁寧に指導してくださる」と評判ですよ。

また、5名以上からのご予約になりますが、精進料理をご提供させていただいています。自家製の精進料理は、ふるさと納税の返礼品としてもご好評いただいています。

長弓寺 薬師院の精進料理
▲精進料理=お斎(おとき)は、予約をすると、情緒のある和室(イス席)でいただくことができます。

編集部

お寺でのヨガは人気がありますよね。心が静まるお寺の雰囲気は、ヨガを行うにはぴったりです。お寺ヨガに興味のあるカップルは、動きやすい服装で挑戦してみるとよさそうですね。

お寺で精進料理が食べられるというのもいいですね。カップルが2人きりのデートで予約したい場合は一度問い合わせてみるといいですよ。運よく作っている日だと別室でいただくことができるそうです。

グループデートでの利用や、ふるさと納税の返礼品としてもぜひチェックしてみたいです。

▼おてらヨガのご予約はこちら
yoga i.um「おてらヨガ」

地域交流の場「薬師院サロン」とカウンセリングで人々を癒す

編集部

ホームページを拝見すると、地域の方が交流できるような催しもあるようですね。どのような内容なのか、教えていただけますか?

岡崎さん

「薬師院サロン」と称して毎月第4水曜日に、地域の方々が集まって月替わりのレクリエーションを楽しめる場を提供しています。薬師院サロンはボランティアの方々によって運営され、当院は場所を提供しています。

長弓寺 薬師院サロン
▲薬師院サロンの様子。ミニコンサートや発表会なども行われます。

法話の後、尺八、民謡、落語、太極拳など月替わりで様々なレクリエーションを楽しんでいただき、集まった方々には茶話会で交流を深めていただいています。

社会情勢により開催ができない時期もありましたが、多くの方々が楽しみにしてくださっている交流の場です。

編集部

薬師院サロンという名称が素敵ですね。以前サロンで行われたアートセッションの動画を拝見したのですが、プロのミュージシャンの方がいらしたりと本格的な演奏ばかりで、参加された皆さんがとても良い表情をされているのが印象的でした。

こうした交流の場があることは、地域にとっても活気が生まれて素晴らしいですね。

岡崎さん

“きょういく”はやはり大事だなと感じています。“今日行くところがある”という意味の“きょういく”です。

皆で楽しめる場の提供も大切ですが、当院では、臨床心理士・公認心理師の資格を持つ住職によるカウンセリングも行っています。こちらは予約が必要です。

長弓寺 薬師院サロン「心の相談室」のイメージ
▲「こころの相談室」では、岡崎住職に悩みごとを相談することができます。

カウンセリングを利用された方からは、「カップルの間で起こっている問題について、第三者を交えることで冷静に話し合えた」という声などもいただいています。

編集部

解決できない問題や悩みがある場合には、ご住職に話を聞いてもらうという方法があったのですね。心のケアに関する資格を持つご住職であれば、どんなことでも受け止めてもらえそうで心強いです。

何かトラブルを抱えているカップルは、頼れる場所があるということを知っているだけでも違いますね。

▼岡崎住職のカウンセリングについてはこちら
長弓寺 薬師院「こころの相談室」

美しく佇む本堂が見どころ!ぜひ訪れたいアジサイの時期

長弓寺境内の一風景

編集部

長弓寺の境内を散策する場合の見どころや、撮影スポットなどがあれば教えてください。

岡崎さん

国宝の本堂を外からご覧いただけます。宮大工の小川三夫氏の本の中で「鎌倉の名刀を思わせる見事な建築」と称されており、森を背にした本堂は美しい光景です。国宝の本堂を背景に写真を撮影していただくことも可能ですよ。

長弓寺本堂の外観
▲本堂は「鎌倉の名刀」とも形容される、曲線が美しい建築。森を背にした落ち着いた佇まいも魅力

編集部

これはとても美しく、見とれてしまう建物ですね。緑によく映える国宝は、思わず写真を撮りたくなります。

「鎌倉の名刀」と例えられるのは、緩やかに反り返って見える屋根の部分でしょうか。四隅の角度から見ると、先の尖った屋根は迫力がありそうですね。細かい建築様式も、近くでじっくり見てみたいです。

目に映る景色が美しい境内ですから、季節ごとに咲く花もきれいでしょうね。境内では、どのような花が楽しめるのでしょうか?

岡崎さん

春は桜がきれいに咲き誇っています。6月から7月はアジサイの花がきれいですよ。

長弓寺参道脇のあじさい
▲初夏には、境内がアジサイの優しい色合いで染まります。

四季折々に花も咲いておりますので、思い思いの場所で記念撮影をしていただけます。

少数ですが、公園の木漏れ日の下に座って休めるベンチもあります。天気のいい日などは、飲食スペースとしてご利用いただくのも気持ちのいいものかと思います。

編集部

長弓寺は、アジサイの穴場スポットとして密かに知られているとうかがいました。観光客が押し寄せることもなく、カップルがゆっくりと2人の時間を楽しむデートコースとして、ぴったりですね。

デートの記念になる御朱印とカップルで持ちたい曼荼羅のお守り

長弓寺 薬師院のご本尊

編集部

カップルにおすすめの授与品などはありますか?

岡崎さん

ヒノキ材に曼荼羅(まんだら)を彫り込んだお守りがあり、金剛界と胎蔵界の2つの種類があります。
※仏教で悟りの境地を絵にしたもの

真言宗には、金胎不二(こんたいふに)といって、「お互いが別々の物でなく、補い合う表裏一体の関係にある」という考えがあります。カップルでそれぞれお一つずつ持たれるのがピッタリかと思います。

編集部

哲学的な意味を持つお守りなので、2人で持つと、精神的な結びつきが強くなりそうですね。デートの記念にいただいて帰りたくなると思います。

ちなみに、御朱印を受けることはできますか?どのような御朱印なのかも教えていただきたいです。

岡崎さん

当院では、3種類の御朱印をご用意しています。

  • 長弓寺のご本尊である十一面観音様の御朱印
  • 十三仏霊場巡りの勢至菩薩様の御朱印
  • 薬師院のご本尊の阿弥陀如来様の御朱印

阿弥陀如来様の御朱印
▲薬師院の阿弥陀如来様の御朱印

また特別朱印として、本尊の十一面観音様のイラスト入りの御朱印もご用意しております。1枚500円で書置きとなります。

編集部

3種類の御朱印すべて欲しいというカップルもいるでしょうね。お守りと合わせて大切に持っていると、ときどき見ては、写経体験で得られた2人の心の結びつきを思い返すこともできると思いました。

「長弓寺 薬師院」で写経体験をした方の感想と口コミ

編集部

写経を体験された方からは、どのような感想が寄せられますか?

岡崎さん

忙しい日常から離れてここへ来られた方からは、「読経の後、お線香の香りに包まれながら写経をすると心が落ち着く」という声をいただいています。

編集部

普段の生活から離れて臨む写経体験は、心を静める特別な時間となるのですね。家でやろうとしても、同じ感覚は得られないと思います。お寺という、他にない空間だからこそ体験できる、貴重な機会ですよね。

アジサイが見事!寺院群にも活気を感じる

編集部でも、長弓寺を訪れた人の口コミを探してみましたので、要約してご紹介します。

アイコン
参道のアジサイがきれいで、境内に入るまでも楽しめる
アイコン
居心地の良い和室で美味しい精進料理がいただけた
アイコン
境内は静かだけれど、寺院群には活気を感じる

口コミでは、きれいなアジサイに感動する声が多く、アジサイの季節に訪れたら、インスタ映えしそうなショットがたくさん撮れそうだと思いました。

アジサイの上品な色を見ると、気持ちが落ち着きますね。カップルでデートするならアジサイの時期がおすすめですよ。2人で癒されて優しい気分になれると思います。

「長弓寺 薬師院」からカップルへのメッセージ

編集部

写経体験を考えているカップルへメッセージをいただけますか?

岡崎さん

住宅街から一歩足を踏み入れると、周りとは趣の違った閑静な境内の雰囲気を味わっていただけます。いつもとは少し違ったデートをしたいとお考えの方、よろしければ足を運んでいただけたらと思います。

編集部

静かな境内で写経で心を落ち着けて、アジサイの花に癒やされる。お話をうかがいながら、そんなカップルの姿が浮かんできました。

今回は、「長弓寺 薬師院」の魅力についてお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

「長弓寺 薬師院」の基本情報

住所 〒630-0131
奈良県生駒市上町4446番地
アクセス 【電車】
近鉄「学研北生駒駅」から徒歩約17分
近鉄「白庭台駅」から徒歩約18分
【車】
県道7号線「真弓橋東詰」交差点を東に入ってすぐ
駐車場 70台
開催日時  毎月18日、14:00~16:00頃
※4月のみ8日に実施(時間は要確認)
参加料 奉納写経代1,000円(お茶代含む)
予約 不要
 電話番号 0743-78-2468
公式サイト http://chokyuji-yakushiin.com/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

「長弓寺 薬師院」周辺のデートスポット

写経体験の前には、できれば静かに、2人でゆったりと過ごしてみてはどうでしょうか。

「長弓寺 薬師院」の周辺には、生駒八景にも選ばれている自然公園があるので、散策を楽しむにはおすすめだと思います。長弓寺の近くにはテイクアウトができるレストランもありますよ。

また周辺には、カップルに人気の夜景スポットで有名なドライブコースがありますので、あわせてご紹介しておきます。

周辺のおすすめデートスポット

自然景観に思いきり浸れる「くろんど池自然公園」

「くろんど池自然公園」は、長弓寺から車で20分ほどの場所にあります。江戸時代の寛永元年に開堀された農業用水の溜池として造られました。自然あふれる素朴な景観が親しまれ、生駒八景のひとつに指定されています。

池の周りには散策路があり、季節の風景を楽しみながらのんびりと過ごしたいカップルにおすすめです。池ではレンタルボードに乗ったり、水辺の生き物を鑑賞したりすることができます。

展望台に上がると池の全景や遠くの山里を眺めることができますよ。池を隣接した和風レストランもあるので、ランチをとることもできます。

参考URL:日本観光振興協会「くろんど池」

彩りがきれいなメニューに惹かれる「ごはん家 豆豆菜菜 あすかの店」

「ごはん家 豆豆菜菜(ごはんやまめまめさいさい) あすかの店」は、長弓寺から歩いて12分ほどの場所にある小さなご飯屋さんです。彩り豊かなヘルシーメニューがとっても気になるレストランです。

テイクアウトもやっているので、お弁当を買って長弓寺の境内でいただくという手もアリですね。

公式URL:ごはん家 豆豆菜菜 あすかの店

2人で鐘を鳴らして夜景を拝む「鐘の鳴る展望台」

ドライブを楽しみたいというカップルは、夜景スポットとして有名な信貴生駒スカイライン(しぎいこまスカイライン)でロマンティックな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

信貴生駒スカイラインは、生駒山と信貴山の尾根沿いを結ぶ観光有料道路で、自然景観はもちろん、大阪と奈良の夜景が美しいルートとして知られています。

展望スポットはいくつかありますが、「鐘の鳴る展望台」には、恋人同士で鐘を鳴らすと幸せになれるといわれている「希望の鐘」もあります。2人で鐘を鳴らし、ロマンティックな夜景に包まれてデートを締めくくるのはいかがでしょうか。

参考URL:信貴生駒スカイライン(夜景スポット)
参考URL:信貴生駒スカイライン(鐘の鳴る展望台)

まとめ:写経体験で2人の距離が近づくデート

今回ご紹介した「長弓寺 薬師院」の写経体験では、仏さまを前にして真剣に取り組む時間が、2人の絆を一層強くしてくれそうですね。日頃の疲れやストレスから解放されて、心機一転、翌日からまた頑張りたいというカップルにもおすすめのデートプランです。

境内の美しい本堂や鮮やかなアジサイも印象的でした。周辺には生駒八景に選ばれた自然景観や関西屈指の夜景スポットもありました。デートコースに組み入れると、写経体験とともに2人の印象的な思い出となって残ることでしょう。

生駒市方面でデートを計画中のカップルは、ぜひデートプランの参考にしてみてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック