【コピペで使おう】マッチングアプリで外国人とメッセージするときに使える英語フレーズ

CAが教えるメッセージ交換や会話で使える英語フレーズ

こんにちは。CAミサキです。

今回は、日々国際線で様々な外国人のお客様とも接しているミサキが、実践的なよく使える英語フレーズをお教えします。

CAが教える!マッチングアプリのメッセージで使える英語フレーズ

それでは早速、外国人とマッチングアプリでメッセージををするときの始まりの挨拶から紹介します。

後に、ヤリモク外国人の見分け方やフレーズなども紹介していますので、出会った外国人とのメッセージやマッチングアプリでのやりとりに役立ててみてください!

会話の始まりの挨拶

日本語でのやりとりだと、「はじめまして。マッチングありがとうございます!ミサキです。よろしくお願いいたします。」みたいなのがありがちな定型文ですよね。

そんな堅苦しい挨拶やありがとうは言わずに「How are you? (やぁ、元気?)」みたいな軽いノリで始まります。

会話の始まりに使えるフレーズ

「Hi Chris! How are you?」ーこんにちはクリス!元気?
「How was your day?」―今日はどんな日だった?(元気?)
「How are you doing today?」―今日はいかがお過ごし?(元気?)
「Pleased to meet you.」―出会えて嬉しいです。(はじめまして)
「Nice meeting you」―出会えて嬉しいです。(よろしくね)

カッコ内がニュアンスです。例えば、「How are you doing today?」―今日はいかがお過ごし?という質問は、べつに本当にどう過ごしているかの詳細が知りたくて聞くわけではありません。

日本語でもそうですよね。友達に一声目に「元気~?」って聞く場合は、「元気ー!」って返すのが当たり前の、あいさつ代わりですよね。そんな感じです。

それに対する答えは、「I'm doing good.you?」-元気、あなたは?と挨拶を返してもいいですし、もう自分からそこから話を広げるために軽くなにか説明してもいいです。たとえば「I've just came back home from work.(今仕事終わって家に帰ったところだよー。)」とか。

「Pleased to meet you.」―「出会えて嬉しいです」なんかも、直訳だと「お会いできて嬉しい」ですが、アプリ上のメッセ―ジだったらべつにまだ直面して相手に実際には会っていませんよね。それも、意味をそのままって感じではなく「はじめましてーよろしくー!」くらいの、ほぼ元の文の意味のない挨拶文だと思いましょう。

相手に質問してみよう

挨拶の次は相手への質問、何が好き?なんで日本にいるの?など仲を深めるためのフレーズをご紹介!

相手のことを知りたいときに使えるフレーズ:一般的な質問

「What do you do for living?」-お仕事は何してるの?
「Do you have free on weekends?」-週末は休み?
「What do you do on weekends?」-週末は何してるの?
「What do you like to do in your free time? 」-休みの時は何して過ごすのが好き?
「What's your hobby?」-趣味はなに?
「What kind of food do you like?」-どんなジャンルの料理が好き?
「What are you doing tomorrow?」-明日何してるの?

一般的な質問のフレーズシリーズです。基本英語なので特筆することはありませんが、明日何する予定なのか聞きたいとき、明日は未来だからと、What will you do tomorrow?と未来系です聞くよりも、「What are you doing tomorrow?」と現在進行形で聞いた方がより自然です。

日本語で考えてみても同じニュアンスです!「明日は何をするおつもり?(未来系!)」って感じより、「明日は何してるの~?」って日本語でも進行形で明日の、未来のこと聞けますよね。

あとは、相手の仕事について知りたいときに、「What's your job?」って直訳で聞いちゃうと「仕事なに!」みたいに、ぶっきらぼうな感じがします。「What do you do for living?」だと、何で生計を立てているのか?という直訳ですが、ニュアンス的には「お仕事は何をされているんですか?」になります。

日本にいることに関しての質問フレーズ

 「Where are you originally from? 」-もともとの出身はどこ?
「How long do you plan to be in Japan? 」-日本にはどのくらいいる予定なの?
「How long have you been living in Tokyo?」-どのくらい東京に住んでるの?
「Where did you grow up?」- どこで育ったの?
「When did you come to Japan? 」-いつ日本に来たの?
「What make you to Japan? 」-なんで日本に来ようと思ったの?
「How's living in Japan?」- 日本住んでてどう?

「Where are you originally from? 」-もともとの出身はどこ? これはめちゃくちゃ使えます!私は直接会った人でも、マッチングアプリ上でも誰にでも聞いてます。出身地を聞きたいとき、Where are you from?でもいいですが、THE教科書で習った英語感があります。(全然いいんですが!)

Where are you from?だと国籍を聞かれている感じがします。人によっては複雑な生い立ちや、国籍はこの国だけどここで育って…なんていろいろあります。なので直接的な質問になるよりもOriginallyがあるだけで、会話感がでます。

たとえば私が「Where are you from?」って聞かれたら、JAPAN、以上。としか答えようがないです。でも、Originallyがあると、国籍以上の生い立ちの説明の余地を与えられている感があるので、会話につながりやすいです。

「I'm orginally from Canada, but I've been living in Tokyo since i was 5.」(カナダ出身だけど5歳から東京に住んでるよ。)みたいに、軽く説明できます。(会話を広げたい相手なら(笑)!)

ヤリモク回避!マッチングアプリで出会ったお相手の目的を聞くコツ

ヤリモク回避!マッチングアプリで出会ったお相手の利用目的を聞く英語フレーズ

次は出会ったお相手がどんな相手を探しているのか知りたいときに、どう聞いたら良いか お教えします。とくにマッチングアプリだと、あなたは恋活・婚活のつもりでも相手は違う!なんてことになったら最悪です。

相手の目的は婚活なのか、恋活なのか、はたまた遊びやワンナイト相手を探しているのかは、はっきりさせておく必要があります。

>>目的が違う相手と出会わないマッチングアプリの選び方

相手の目的を聞くフレーズ

「What do you expect from this app?」-このアプリでの出会いに何を求めてる?
「What kind of relationship are you looking for?」-どんな関係を求めてる?

What do you expect from this app?」の直訳は「あたなはこのアプリに何を期待しているのか?」です。堅苦しく感じがしますが、ミサキはあえてこう聞いています。

もっと気軽にも聞けるんです。「Why are you using this app?」なんでアプリやってるの~?みたいに。でも、何が目的か聞くことは大事な質問なので、あえて堅くまじめな感じで聞いたほうがいいと思います。
※ちなみに、アプリはappです!

「What kind of relationship are you looking for?」-どんな関係を求めてる?は、超使える!覚えておくべきフレーズです!これを聞かれた相手は、抽象的な表現をしてくるか具体的な名前の付いた関係を述べてくるかどちらかです。具体的にはっきりと彼女を探している!といえる人のほうが信頼できます。

具体的かつ、いい返答

 「I'm on the lookout for a girlfriend.」-彼女募集中なんだっ!
「I'm looking for a partner/ a girlfriend」-パートナー/彼女を探しているよ。
「I'm looking for a steady relationship.」-真剣な交際を求めてるよ。
「I'm looking for a LEP. 」-タンデムパートナーを探してるよ

以上のような真剣な交際、彼女を探しているってはっきりと返ってきたら安心です。もしくは、恋活ではなくても、LEP= Language Exchange Partnerを探している(語学を教え合う勉強相手)と具体的に返ってきた場合も目的が明確で、動機が不純じゃないですね。

曖昧な返答や、良くない返答

「I'm looking for someone to hang out.」-出かけられる相手が欲しい。
「I'm looking for someone who I feel comfortable with.」-一緒にいて居心地のいい相手を探してる。
「I'm looking for someone who I can have fun with.」-一緒に楽しめる子を探してる。
「I'm looking for FWB.」-遊び相手を探してる。
「I want ONS.」-ワンナイト希望。

上の3つは、曖昧でとうとでもとれるので怪しいです。はっきりと彼女を探しているって言えないのはなぜだろうってちょっと警戒します。たとえ深い意味がなく、「そんなのは相手とのフィーリング次第だからどうなるかなんてわからないさ!」みたなノリの人だとしても、もしあなたが婚活・恋活目的なら、やめておいた方が無難です。

そんな、自分が何が欲しいかもわからないような相手とはこの先ハードモードになることがもう見えています!(笑)ちゃんとsteady relationshipが欲しいと自覚している相手にしましょう。

問題は下の2つです!!FWBにONS?!これらは意味を知らないと危険!!

FWB=遊び相手を探している不健全な男性

「I'm looking for FWB.」-遊び相手を探してる。ですが、こ~んなに堂々としてくれていたら清々しいですね(笑)FWBが何かわからないと危険なので覚えておきましょう。

FWBは、friends with benefitsの略です。

ステイ・フレンズという洋画で意味を知った人もいるかもしれません。friends with benefitsは直訳すると、利益のある友達関係。ヨーロッパではフレンドプラスって言ったりもします。よく言えば友達以上恋人未満とも訳せますが、まぁ…ただただ単純に遊び相手です。

ミサキは聞いたこがないですが、友達はbed buddyを探してる人に出会いました。ベットのお相手、ベットの友みたいな意味です。これもまた遊び相手なので気を付けましょう。

ONS=直接的にワンナイトを希望している不健全な男性

ONSはOne night standの略です。

FWBよりもさらに、もっと割り切った関係、一夜限りの関係のことです。

遊びとしての関係すら続けるつもりのない、ワンナイトです!!ONSの意味を知らずに「??」と思いながらもスルーして、いざ会ったら痛い目に!なんてことに遭わないように頭に入れておきましょう。

こんな発言には要注意!!

ONSやFWBなんて、ご丁寧にヤリモクを宣言してくださる男性ばかりではありません。隠れヤリモクを含め、その他怪しい外国人に引っ掛からないよう、こんなフレーズを言ってきたら注意!という内容を英語でお教えします!

やたら家のことを聞いてくるなら断ろう

「Where exactly in Ebisu do you live?」-具体的に(詳しく、正確に、)恵比寿のどこに住んでるの?
「Do you live alone?」-一人で住んでるの?
一人暮らしかどうかを聞いたり、詳しい住んでる場所を聞くことは日本人相手でも、聞き方や文脈の流れではべつになにも気にしないかもしれません。でもやりとりを始めて浅い段階で、会話の流れでもなくFacts(事実・情報)のみを集めようとしてくる人は怪しいので警戒しましょう。

会う場所に家を示唆してくる場合は断ろう

「I have a big flat.」-僕の部屋広いよ。
「Shall we have some drinks at my place?」-僕のところでなにか飲もうか?
「I wanna be alone with you.」-君と2人きりになりたいな。

「I have a big flat.」ですがflatという単語は聞きなれていないと意味がわからないかもしれません。フラット…?意味はそのまままっすぐ、平ら?とならないでください。フラットは部屋という意味です。家というよりもマンションやアパートの一室みたいなイメージです。

あとはat my place/at your placeと、家とはっきり言わなくても君のところ・僕のところと家を示唆してきたり、2人きりになりたいと密室を示唆してきたら要注意です。というか1回目からそんなこと言う奴は危険すぎるので会うのはやめてください!!!

alone=1人きりですが、 be alone with youで2人きりの意味になります。

その他注意ポイント

「I can pick you up!」-迎えにいくよ!
「I wanna hook up.」-イチャイチャしたいな。
「Let's have some fun.」-楽しもうぜ。
「Are you interested in making more money? 」-お金もっと稼ぎたくない?

「I can pick you up.」は、迎えにってby what...?(なにで?)って感じに思った方がいいです。徒歩で迎えにいく意味かもしれませんが、車かもしれないのではっきりしなかったらちゃんと聞きましょう。

「I wanna hook up.」は、いろんな意味にとれますがすべて性的な意味ですイチャイチャ、キス、体の関係まですべて込みなので、1回目からこんなことを言うヤツにはどうか近寄らないでください!!!

「Let's have some fun.」-楽しもうぜ。←これは私の訳にじゃっかんの悪意ありです(笑)。ただただ、純粋に意味のまま楽しもう!って場合もありますが、ミサキなら会う前からこれを言われたら超・警戒します。含みをもって捉えることもできるので、それはどういう意味でおっしゃってるの?って思います。

「Are you interested in making more money? 」-お金もっと稼ぎたくない?こんなこと言われたら、即ブロックでOKでしょう。なんのビジネスにかかわらせるつもりでしょう、怖すぎます。日本人がなにも知らずに彼氏と思っていた外国人男性のスーツケースをもって海外にいかされ、そこで薬の運び屋として捕まるみたいなこともあります。気を付けましょう。

以上のような、この人恋人探しじゃないな?と思えるポイントがでてきたら十分に警戒しましょう。べつにわざわざそんな怪しい男に執着しなくたって、ほかにも男はたくさんいるんだから、次に行きましょう!!

マッチングアプリを何の目的で使っているかカマをかけて確かめる

会っても大丈夫そうか、見分けのつかない場合は、こんなカマをかける質問で試してみてもいいかもしれせん。

What do you think of open relationship?」-※オープンな関係についてどう思う?

Open relationshipってご存知でしょうか?Facebookのステイタス(交際状況)でもこの選択肢がでてきます。(英語の場合だけかな??)

Open relationshipとは、なににも縛られない自由恋愛、責任のない関係、多数の異性と遊ぶ関係

の意味です!しかもそれを隠すことなく堂々と宣言し、騙してるわけじゃないから俺は遊ぶけど文句も言うな、みたいな感じです。

機内であるスポーツ選手と出会ったときに、彼のFacebookをチェックしたらふつ~に、「in a open relationship」になっていて度肝を抜かれました(笑)。もはや清々しいですけどね。なににも縛られずにおれは自由に遊ぶ!ということをご丁寧に宣言してくれている、そんな男性にかかわる場合は自己責任でお願いします。

この関係についてどう思うか聞いてみるのはいい手かとおもいます。「僕は賛成だな!」ってポジティブな回答をしてくるやつは絶対に誠意やまじめさに欠けます。「僕には考えられない、理解できないよ。君は理解があるのかい?」みたいにきたら、「良かった!違うの、私も理解できないから、聞いておきたかったんだ!」って言えます。

まとめ:マッチングアプリでも英語で国際交流してみよう!

日本には、親日のステキな外国人との出会いがたくさん転がっています。海外で出会うより断然効率がいいです。

日本と海外ではお付き合いに対しての価値観が違い戸惑われるかもしれませんが、何が正しいなんてありません。ご自身の価値観を大切にし、お互いの考え方をリスペクトし合える人を探しましょう!

ご紹介したヤリモク外国人の見分け方やフレーズを参考に、皆さまが素敵な外国人とお付き合いできることを願っています。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック