【すべて実話】シンママ6人の恋愛エピソード、彼氏が出来たきっかけを語る

シンママたち6人の恋人が出来たきっかけを紹介!

離婚をして晴れて独身になったシングルマザーのみなさん。婚活や恋活は順調ですか?筆者である私も3年前にやっと離婚が成立して、自由の身を手に入れたシングルマザーです。

地獄のような結婚生活中は、「早くキレイさっぱり離婚して、子どもと2人で独身生活をエンジョイしよう!」「そしていつか、本当にいい人に出会えたら、もう一度家庭を作り直せるかもしれない。」そんな淡い期待を胸に抱いていました。

しかし。離婚後って本当に心身ともにダメージを受けています。なかなか恋愛事に意識もいかないくらいに毎日疲弊していました。

離婚後の新居に引っ越してからの約半年は「もう、なにも考えられない」くらいにヘトヘトの毎日になっていましたね。それもそのはず、離婚直後から休日や仕事の休み時間までさまざまな申請手続きのために自由な時間はほぼ潰れてしまいますよね。

離婚したてのシングルマザーに出会いを探す余裕なんてあるわけない。

私は離婚後1年たってから「あ。このままじゃこの先死ぬまで1人になるのかもしれない。」と気がついたのです。私の周りには「類は友を呼ぶ」というやつなのか、シングルのママ友が多いのですが、「ちゃんと前向きに恋愛しようと努力している子」には彼氏ができているんです。

でもどうやったら仕事と育児に追われているシングルマザーに恋愛のチャンスはやってくるの?そうは思いませんか?そもそも出会いがないから諦めているんじゃないか!なんて私も当初は思っていました。それでも、動かなければ出会いはない!とめげずに婚活&恋活を続けていました。そして努力の甲斐があったのか、少し前にやっと今後を考えることができるような彼氏ができました。

今回は私を含め、6人のシングルマザーたちが恋人と出会った実体験を紹介していきたいと思います。

みんなそれぞれの事情を抱えながらも、前向きに生きているシンママたちです。一生懸命に生きている世のシンママたちにも共感して貰えるような人生ばかりです。そしてもしかしたら、この中の誰かのお話があなたの次の幸せを探すヒントになるかもしれません。

>>シングルマザーの婚活方法

ケース1:婚活がうまくいかず、知り合いの紹介で彼氏ができた筆者のパターン

とにかく婚活に明け暮れました

ここからはまず、筆者である私の話です。私は離婚後半年くらいはまったく恋愛に関心が持てませんでした。

でも自然と1年後くらいには、彼氏が欲しいと思うようになりました。恋愛したいな〜と思うようになって、最初に私に近寄ってきたのは、妻子持ちの同級生でした。(シングルマザーは本当に遊び目的の男性が、近寄ってくることが多いのを実感しています。)

その後も、既婚者が寄ってくることはあっても、なかなか独身の普通の男性と出会う機会には恵まれませんでした。それでも、「何もしないと出会いは作れない」と思い、私は婚活を続けていました。このサイトでも紹介させていただきましたが婚活アプリや、婚活サイトも活用していましたよ。しかし、個人的には上手くいかず、(いまいち恋愛に発展する)出会いには恵まれずに過ごしていました。

その時のお話がこちら。

ネットがダメなら他の方法を考えることにしました。自然な出会いを探して、地元の知り合いの居酒屋さんなどに、子どもと飲みに出かけたりもしてみました。とにかく当時の私は、少しでも出会いのチャンスを増やそうと努力していました。

一度シングルファーザーの彼氏ができましたが、お互いに自分の子どもの幸せを一番に考えます。「子どものためにも再婚したい私」と「子どものために再婚はしないと決めた彼氏」の間にできた溝を埋めることはできずに、あっという間に破局を迎えてしまいました。

彼氏を作ることを諦めかけたときに出会った彼氏

なんだかんだ婚活にやる気になって、無我夢中で頑張っていた私。期間は2年程度でしたが、前向きに努力しているつもりで、実は婚活に翻弄されていました。

いい加減に婚活に空回りすることに疲れてきてしまいました。もう、「1人でこれから先も子どもを育てて強く生きていく」という覚悟を決めなくてはいけないな…と思っていた矢先、妹の知人からある男性を紹介したいと言われました。

実は1年近く前から、妹と知人の間では私に紹介したい人がいるという話しが出ていたそうです。しかし当時婚活に迷走中の私は、他の出会い方に目が行かずに突っ走っています。言い出せなくてタイミングを見はからっていたのだとか。

私もここまで来たら、「最後にその人を紹介してもらって、ダメそうならあきらめもつく!」と思ってその時紹介してもらった男性が今の彼氏です。

彼氏は恋愛に不慣れで無口な人ですが、私にも子どもにも誠意を持って接してくれます。今までなかったような、異性との信頼関係が少しづつ築けています。婚活に頑張りすぎていた私ですが、少し気を抜いたことで出会いを受け入れることができたようです。

ケース2:マッチングアプリで運命の相手と出会えたAちゃん

婚活アプリで出会った彼と婚約した作ったAちゃんの話

Aちゃんは、私が息子の「子育て学級」で声をかけたことがきっかけで、仲良くなったママ友です。Aちゃんは口下手だけど、友達思いの優しいとても良い子です。

私と同じ4歳の息子を1人で育てています。前の旦那さんは、自称:自営業のしょうもないヒモ旦那。(シングルあるあるですね。笑)

前の旦那さんはAちゃんからも数百万もお金を借りたり、結婚前から他でお金のトラブルが耐えない男性だったようです。もうAちゃんは男を見る目がないというしかないのですが、口達者な前の旦那さんに丸め込まれて結婚までしてしまったようです。

離婚理由は、前の旦那さんが産後にすぐに働けないAちゃんと子どもに生活費を入れることもなく、他に女を作って帰ってこなくなってしまったことです。また、その女とはAちゃん妊娠中から交際が始まっていたようで、しまいにはそっちにも子どもを産ませていたようです。最悪ですね。

最悪の結婚生活を送っていたAちゃん。離婚後に前の旦那に貸したお金も返して貰えず、もちろん慰謝料も養育費も支払われず、相当な男性不信になっていました。

友達との付き合いで始めたシングル特化型の婚活アプリでの出会い

Aちゃんが今の彼氏と出会ったのは、離婚後2年近く経ってからです。友達に誘われて始めた婚活アプリがきっかけで、今の彼氏と出会いました。(ちなみにその友達とは私のことです。笑)その時の体験談はこちら

アプリは一緒に2種類ほど使ってみましたが、Aちゃんが相性が良かったのは「マリッシュ」という再婚理解者に特化した婚活アプリでした。

口下手なAちゃんだからこそ直接会話から始まらないアプリは打ち解けやすいのかも知れません。今の彼氏はかなりののんびり屋さんです。

でも言葉で上手く伝えられないAちゃんの全てを、ただそのまま受け入れてくれるような優しい人です。彼氏にも成人した子どもがいるらしく、子育てにもかなり協力的な様子。1年ほど2人で仕事の合間に時間を作って、愛をはぐくんできています。

半年前から、同棲をスタートしており、今はAちゃんの子どもは彼氏を「お父さん」と呼んでいます。

Aちゃんは彼氏からすでにプロポーズを受けています。子どもが小学校に上がったタイミングで再婚を考えているそうです。

ケース3:水商売の黒服と夜の蝶の禁断の出会いYちゃん

夜の世界での出会い

Yちゃんは、若いころに子どもを2人産みました。今は中学生の息子と娘を1人で育てているシングルマザーです。Yちゃんの離婚理由はなんと獄中離婚。やんちゃで有名だった同級生の男子と初恋でそのままゴールインしたものの、旦那のやんちゃは歳を重ねるごとにエスカレート。

1,000万近い借金を周りの友人や知人にしたまま、旦那は警察に連れて行かれてしまいました。旦那さんがいなくなったショックより何より、Yちゃんには周りの友人知人に迷惑をかけてしまった借金の返済がのしかかります。昼も夜も働きづめで、離婚後5年程かけて1,000万近い借金を1人で返済しました。そんな尊敬すべき女性です。

そんなYちゃんはとっても器量よし。夜は高級クラブで働いているため、出会いのチャンスは自然と多いようです。今までにも何人か彼氏ができていましたが、最終的に「子どもがいる」ということがネックになって再婚には至らずに破局を迎えていました。いつも明るく強い女性を演じているYちゃんですが、きっと心の中ではすごく傷ついていたんじゃないでしょうか。

良くあるパターン?でも子持ちであることを言い出すタイミングが難しい出会い方

Yちゃんには、今は2歳下のYちゃんが働くお店の黒服の仕事をしている彼氏ができました。簡単に言えばキャバ嬢とボーイの関係です。私もYちゃんの彼氏と面識はあるのですが、彼氏の見た目は今時の男性。シングルマザーであることをお店でも隠していたYちゃんに、子どもがいることを彼氏は知りませんでした。

Yちゃんに一目惚れして猛烈アタックをしていた彼氏。あまりの熱意に根負けして交際スタートしたのですが、Yちゃんの中では「子どもたちの存在をいつ彼氏に言うのか」かなり悩んだようです。告白されたあとも、タイミングがつかめなくて彼氏と会っても返事はなあなあにしていました。(過去の苦い思い出も含め、交際をスタートする勇気が出なかったのかもしれませんね。)

周りの後押しもあり、Yちゃんは交際をOKする代わりに、思い切って子どもがいることを打ち明けたそうです。彼氏は、「そんなことは気にならない。むしろ今まで1人で頑張っていたYちゃんを支えたい!」といってくれたのだとか。

その日をきっかけに、今では本当に周りの誰もがうらやむような仲良しカップルです。温和で優しい彼氏は今はY ちゃんの家に引っ越してきています。本当の家族のように子どもたちとも仲良しです。

彼氏は料理が得意なので、毎朝早起きしては成長期の子どもたちのためにせっせと朝ご飯を作ったり、家事も引き受けているようです。辛い思いをしてきたY ちゃんだからこそ、このまま幸せになって欲しいと周りの誰もが思っています。

ケース4:人気の歯科助手で働くIちゃんの運命の出会いは患者さん

最初の出会いは歯科

以前、私と同じ職場で働いてたIちゃんは、4人の子どもを1人で育てているシングルマザーです。上の子は高校生で一番下の子は幼稚園に通っています。Iちゃんはとてもアクティブで明るく子ども好きの美人ママさんです。社交的な性格もあり、とても男性にもモテるIちゃんです。

2年くらい前に、歯科助手に転職したIちゃんは歯科医院でも人気の職員だったそうです。男性患者さんからも声をかけられることも多かったのだとか。

今の彼氏との最初の出会いは、歯科助手として勤務する歯医者の患者さんと職員という関係だったそうです。当時はまだお互い顔を知っている程度の間柄で、Iちゃんは彼氏を特に意識してはいなかったのだとか。

副業先のスナックのお客さんとしてきた彼氏!急接近するきっかけに!

実はIちゃんにはもう一つの顔があります。Iちゃんは「女は子持ちでも女でいるためには、多少のお金と人との出会いが必要だと思うよ」と以前私に教えてくれました。その言葉のとおりIちゃんは歯科助手の他に、地元のスナックでバイトをしています。

もちろん経済的な理由もありますが、自分が母親だけになってしまわないように、外の世界で過ごす時間も必要だからだといいます。

賛否両論あるとは思いますが、大きな子が小さな子の世話をしてくれる環境にあるIちゃんの環境だから成り立つのかも知れません。しかし、自分の意識をどう持っているのかでシングルマザーでもモテる女性とモテない女性がいるのでは無いかと思います。

ちなみにIちゃんの彼氏は、たまたま働いているスナックにお客さんとしてきたのだそうです。そこで2人の距離が急接近したようです。

歯医者での話をきっかけに色々話すうちに、2人は打ち解けます。幼いころから施設で育ち、家庭環境に恵まれずに過ごしてきた彼氏には、親族が誰もいません。今では、まだ籍は入れてはいませんが、彼氏がIちゃんたち家族と一緒に住む新築の一軒家を購入し、一緒に住んでいます。

彼氏も誰かと一緒に家族として大人数で生活することに、とても幸せを感じているのだとか。子どもたちも、綺麗な家とお父さん代わりの彼氏が手に入り喜んでいるそうですよ。この2人の出会いは、はたから聞いていても運命の出会いなんじゃないかな~と思います。

しかし、I ちゃんは彼氏のことも、子どものことも大事にしていますが、「男は安心しきったら大事にしてくれなくなるもんだから」とまだスナックのバイトを続けています。もしかしてIちゃん流の男性の心を掴んで離さないテクニックなのかもしれませんね。

ケース5:遠い親戚の叔父に当たる人との交際をスタートしたSちゃん

親族だからこそ信用できる?

Sちゃんも4人の子どもを、1人で育てるシングルマザーです。美人さんですが、口数も少なく男性に言いくるめられやすい性格のSちゃん。前の旦那さんは浮気が原因で離婚したようです。その後も、復縁をせがまれていたようですが、気がつけば前の旦那は浮気相手の女性と再婚していたのだとか。(もうそんな男ばっか!笑)

そんなSちゃんは、少し前まで30歳以上年上の職場のおじさんに口説かれていました。相手は本当にただのおじさんですが、Sちゃんにとっては包容力や理解力があるところが魅力的だったようです。(金銭的な援助も受けていたようです。)

しかし、そのおじさんも優しいのは初めだけ。口数の少ないSちゃんが何でも言うことを聞くことに味を占めて調子にのっていきました。

はたから見ていてもだんだんSちゃんの扱いが雑になってきていました。それでもSちゃんは、結構真剣におじさんのことを愛してしまっていたようでした。Sちゃんが何かいえば、「奥さんと離婚して、Sちゃんと暮らす」などと甘い言葉でSちゃんをそそのかしていました。

私ですら2人を見ていて、なんだか腹が立つくらいでした。しかし、Sちゃんも本当は心の中ではそれが嘘だと気がついています。

しばらくしてSちゃんも堪忍袋の緒が切れたようでした。1年近く続けた関係に終止符を打ちます。シングルマザーの弱みにつけ込む男性は結構たくさんいるんですよね。でも、何が正解なのかは私にはよくわかりません。もともと口数の少ないSちゃんが、その後おじさんの話をすることはありませんでした。

男性不信だからこそ意識し出すようになった?誰よりも信頼できる存在

Sちゃんが、おじさんとの関係を清算して1年経ちます。先日久しぶりにSちゃんと飲みにいく機会がありました。「最近どう?」なんてありふれた会話をしました。Sちゃんは最近好きな男性ができたと言います。相手はなんと5等親離れた親族の男性なのだとか。

法的にも問題はなく、親族だからこそ家庭や家族を大事にするSちゃんにはぴったりの相手なのだそうです。まだ交際がスタートする前ではあるようですが、関係性はかなり良好らしいです。すでにSちゃんの子どもたちも彼氏と結婚して欲しいと話しているそうです。

お相手の男性も、交際を視野にいれて家族ぐるみの付き合いを始めたようです。関係性が関係性なだけに、交際スタートするまでにも乗り越えなくてはいけない壁があります。お互い慎重に少しづつではありますが、前向きに進んでいるそうです。今度こそ信頼できる男性と幸せになって欲しいです。

ケース6:ママ友旦那の友達と再婚したMちゃん

自然に出会った2人

Mちゃんはおっとりした性格の少し天然な女性です。小学校高学年の娘さんがいました。Mちゃんと再婚相手の旦那さんが出会ったのは、ママ友の家に遊びにいった時だったそうです。

旦那さんの友達として遊びに来ていた男友達が今の旦那さんでした。今回紹介したママ友の中でもっとも自然な出会いかもしれませんね。

その日に自然に仲良くなり、連絡先交換をしたのをきっかけに交際スタートしたのだそうです。

最も自然な出会い方?子どもも自然に紹介できるというメリット

Mちゃんのような自然な出会い方にはメリットが大きいと思います。子どもへ彼氏を紹介するタイミングや、子持ちであることを打ち明けるタイミングも考える必要がありません。一緒に出会うからこそ一緒に交際に発展していけるのはシングルマザーにとって一番理想的な出会い方です。

Mちゃんに、新たに彼氏との間に子どもができたことをきっかけに再婚に繋がったそうです。子どもができたことで、再婚に踏み切るシングルマザーは多いです。

出会いのきっかけは人それぞれ肩の力を抜いて出会いのチャンスを待つのが吉

運命の出会いはきっとある

いかがでしたか?今回は私の周りのシングルマザー達の恋愛事情についてお話させていただきました。みんなそれぞれに事情を抱えて離婚し、今は新しい道にむかって進んでいます。

婚活にたくさん失敗してきた私だからこそ言えるのは、この記事を読んでいるあなたが真剣に出会いを望むのであれば、

  • 出会いを諦めないこと
  • でも頑張りすぎないこと
  • 子どもを一番に考えること

この3つを大事にして、さらにリラックスして生活することが近道なのかなと思います。「たくさん辛い思いをして、ここまで頑張ってきたあなたの気持ち」はとてもよくわかります。だからこそ伝えたいのです。きっと自分で勝手にあきらめなければ、運命の出会いがあるんです。なるようになります。

自分と子どもの未来はきっと明るいと信じて、笑って生きていきましょうね。運命の相手から見たあなたの笑顔はきっと、誰より魅力的なはずです。

>>出会いが広がる優良マッチングアプリ★ランキング

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ナギザ

3歳の息子を育てるシングルマザー。シンママになってからも前向きに恋愛中!体験談や失敗談など赤裸々に。