婚活サイト利用の流れを解説!登録から結婚までの7つのステップ

婚活サイト 流れ

この記事では、婚活サイトを使い始めてから結婚するまでの流れを解説していきます。気になる項目からチェックしてみてください。

ちなみに婚活サイトで知り合ってから付き合うまでの期間は平均3ヶ月〜半年。結婚までは平均半年〜1年です。

婚活は基本的に自分一人で進めていくものなので、周りの人はどれくらいで婚活を終えているのか不安に思うこともありますよね。この期間を一つの目安として意識すると活動しやすいかと思います。

STEP1:自分に合った婚活サイトを探そう!

婚活サイト 自分に合った婚活サイトを探そう!

無数にある婚活サイトの中から、自分にあった婚活サイトを探すには次のような点を考慮しましょう。

  • 年齢層が自分に合っているか
  • 結婚への真剣度が高いか
  • 自分が初婚か再婚か
  • コンシェルジュなどサポートはあるか

自分に合わない婚活サイトを使ってしまうとうまくいきません。

例えば、20代の若い世代が多いアプリでは、結婚願望はなくて気軽な恋活や友達探し感覚で使っている会員がメインです。そのアプリを真剣な婚活目的の人が使っても、希望するような相手に出会える可能性は低いですよね。

やみくもにアプリを使うのではなくて、目的や年齢などに合わせて、自分に向いているアプリを見極めることが重要です。

婚活サイトの選び方 

婚活サイトの中には、優良なサイトもあれば、そうでないものもあります。安全な婚活サイトかどうかを判断するには次のようなポイントを確認してください。

  • 料金プランが明瞭で、月額固定の料金であること
  • 法人が運営者であること
  • 会員数が5万人以上いること
  • 利用時に各種証明書での本人確認・年齢確認があること

悪質なサイトは、メッセージ1通ごと・プロフィール閲覧1件ごとにポイントを消費する仕組みで、使えば使うだけ高額な請求がくるようになっています。

それに対して、安全に使えるサイトでは月額3,000〜4,000円ほどに固定されているのが一般的です。公式サイトにきちんと料金が記載してあるかどうかを確認しましょう。

また、優良婚活サイトの公式Webサイトには、運営者の情報やサイトの会員数が明記されています。どのような会社が運営しているのかをチェックしましょう。個人で運営していたり、活動の実績がない企業が運営しているアプリは安全対策がきちんと取られていない可能性があります。

迷ったらココに登録!おすすめ婚活サイトBEST5

数ある婚活サイトの中から、特におすすめの婚活サイトを5つ厳選しました。ここで紹介する婚活サイトは、先ほど解説した「安全なサイトかどうか判断するポイント」の条件を全て満たしています。
それぞれの特徴と、どんな人にむているのかをまとめました。

アプリ名 特徴 リンク
match
マッチドットコム
世界中に利用者がおり、結婚への真剣度が高い人が集まるアプリ。
女性も有料なので、真剣度が高い人には特におすすめ。
公式
詳細
pairs
pairs
累計会員数2000万人突破の、国内最大級アプリ。20代がユーザーの中心。
とにかくたくさんの会員の中から理想の相手を厳選したいという人におすすめ。
公式
詳細
マリッシュ
マリッシュ
再婚者、シンママ、シンパパ支援あり。30〜40代のバツイチさんにおすすめ。 公式
評価
ブライダル
ネット
ブライダルネット
婚活業界大手のIBJが運営。結婚相談所並みのサポートあり。
婚活をサポートしてくれるサービスを希望する人におすすめ。
公式
詳細

STEP2:婚活サイトのプロフィール設定をしよう!

婚活サイトのプロフィール設定をしよう

使用する婚活サイトが決まったら、次はサイトに掲載するプロフィールを設定しましょう。
婚活サイトにおいて、プロフィールはあなたの名刺がわりになる大切なもの。プロフィールの良し悪しで異性とマッチングする数は大きく左右されるので、気合いを入れて作成してくださいね。

プロフィールでは、主に次の3つを設定します。

  • プロフィール写真
  • 自己紹介文
  • 詳細プロフィール

この中で最も重要なのはプロフィール写真。プロフィール写真の印象がよくないと、そもそもプロフィールを読んでもらえない可能性すらあります。

プロフィール写真は、次のような写真を選びましょう。

  • 顔がはっきりわかる写真
  • 笑顔で明るい雰囲気の写真
  • 過度な加工・修正をしていない写真

さらに詳しいテクニックは、こちらの記事で解説しています。

>>【男性版】女性にウケるプロフィールの作り方

>>【女性版】好印象を与えるプロフィールの書き方・設定の仕方

プロフィールの書き方

プロフィールの自己紹介文は、何を書いたらいいのか迷いますよね。
婚活サイトでは、まだ会った事のない相手に自分について興味を持ってもらうことが大切。どんな人なのかわからない相手には興味の持ちようがないので、自分が何をしている人でどんなことに興味を持っているのか、なんのためにサイトを利用しているのかなど人間性が伝わる内容にする必要があります。

そこで、プロフィールではつぎの要素を入れてみてください。

  • サイトを利用している目的(結婚相手を探しているなど)
  • 仕事について
  • 趣味、休日の過ごし方
  • 自分の性格
  • 好きな異性のタイプ

全体の文量は全部で10〜20行ほどで、それぞれの項目を簡潔に読みやすくまとめるのがポイントです。

こんなプロフィールはNG!プロフィール設定の注意点

反対に、気をつけるべき代表的なNGポイントもまとめました。次のポイントに当てはまる場合は改善が必要です。

  • 顔がわからない写真を使っている
  • 写真に自分以外の人が写り込んでいる
  • 写真の表情や背景が暗い
  • 写真を加工しすぎている
  • 自己紹介が2〜3行で適当
  • 自己紹介文にネガティブな内容や自虐がある
  • 詳細プロフィール(居住地、年収などを埋める欄)に空欄が多い
  • 年収や学歴などに嘘がある

プロフィールの嘘が厳禁なのは言うまでもないですが、写真の加工をやりすぎるのもNGです。婚活サイトは真剣に活動している人が多いので、誠実さが大切。自分を偽ったり過度に良く見せようとしても、最初はうまくいくかもしれませんが結婚までには至りません。

また、プロフィールは一度設定したら終わりではなく、反応を見ながら修正して磨き上げていくことが大切です。思ったように「いいね!」がもらえなかったり、マッチングできなかったりする場合は、どこかに改善できる部分があるはずです。写真や自己紹介文を変えて試してみてくださいね。

STEP3:気になる相手を探してアプローチ!

婚活サイト 気になる相手を探してアプローチ! 

婚活サイト上でプロフィールを登録したら、次は気になる異性を探してアプローチし、マッチングすることを目指します。

何人くらいとマッチングするべき?

婚活サイトにかけられる時間にもよりますが、だいたい月に10人ほどとマッチングすることを目指しましょう。
10人と聞くと多いと感じるかもしれませんが、実際にはマッチングした全員とメッセージまで発展することはありません。自分からメッセージを送ってみても返信が来なかったり、1〜3通で返信が途絶えてしまうこともよくあります。

そのため、半分くらいの相手とはメッセージが続かない前提で、保険の意味もかねて10名ほどとマッチングすることを目指してみてください。

実際に会う事になるのはマッチングした人の約1割!

メッセージのやりとりが続く相手のがマッチングした中の半数くらいだとしたら、そこから実際に会うまで発展するのはマッチングした全体の中で1割ほどです。つまり、10人とマッチングしたら会えるのは1人くらいと考えてください。

その人とダメになったら次の人へ

実際に会うところまで発展してデートができたとしても、2回目、3回目のデートに繋がるのは難しく、1回限りで終わってしまうことも珍しくありません。

うまく行かなかった場合は、またマッチングからやり直して次の人に…という流れになります。そのため、誰かとお付き合いに至るまでは複数人と同時進行したり、常にマッチング・メッセージ・デートの相手を探すのが一般的な進めかたです。

平均3か月でお付き合いする人が現れます

アプリなどマッチングサービスを使って恋人ができた人の平均利用期間は、3ヶ月ほどです。もしも最初の1ヶ月でうまく行かないと感じても、焦らずにまずは3ヶ月はアプリを使い続けてみてください。

自分と相性の良い相手に出会えるかどうかは運による部分が多いので、1〜2ヶ月使ってみてダメだったからといってあきらめてしまうのはもったいないです。

反対に、3ヶ月以上使い続けているにも関わらず、なかなか恋人ができない場合は次のようなことをしてみましょう。

  • 使用するアプリを変える
  • プロフィール写真を撮り直す
  • 自己紹介文を丸ごと変更する
  • メッセージを友人など信頼できる人にチェックしてもらう
  • デートでの服装・髪型の見直し

根本的に使うアプリがあなた向きではなかったり、プロフィールやメッセージに自分では気づかないようなマイナスポイントがあるかもしれません。一度冷静になって見直してみるか、友人など第三者の目でチェックしてもらうことをおすすめします。

STEP4:メッセージでやりとりをしてみよう

婚活サイト メッセージでやりとりをしてみよう

マッチングした相手とは、積極的にメッセージ交換をしましょう。

マッチングサービスの出会いでよくあるのが、「マッチングはするけど、メッセージでやりとりが終わってしまう」というパターンです。気軽にやりとりできる反面、メッセージが途切れてしまうことはよくあります。そのため「メッセージが続かないのはよくあること」と理解して、根気よく様々な相手とやりとりを続けることが大切です。

それと同時に、相手とメッセージを長く続けるための工夫も必要。メッセージのやりとりにはいくつかコツがありますので、ポイントを紹介していきます。

失敗しない初回メッセージのコツ※例文つき

マッチングしてから最初に送るメッセージのコツは、次の3つです。

  • マッチング後、なるべく早めに自分からメッセージを送る
  • メッセージの最初に軽い挨拶をする
  • 相手が答えやすい質問をする

どちらから「いいね!」したとか、性別とか、年齢とかは関係なく、とにかく自分から早めにメッセージを送りましょう。お互いに「マッチングしたんだし、相手からメッセージ来るでしょ」と思って待っているだけで、どちらからもメッセージを送らない…というのは非常にもったいないです!

マッチングしたということは、相手は多少なりとも自分に興味を持ってくれているはずなので、まずは自分から積極的にアプローチしてみてください。

メッセージのポイントは、「相手が返信しやすい内容にする」ことです。
よくあるNGパターンが、「よろしくお願いします!」と挨拶するだけで自分から話題をふらないメッセージ。これだと、相手はなんと返信したらいいのかわからないですよね。

初回メッセージは、相手が返信しやすい質問を入れて、自分から話題を提供してください。相手のプロフィールを読み込んで、自分との共通点をアピールしたり、相手について気になったことを質問するのがポイントです。

<例文>

初めまして、〇〇と申します。マッチングありがとうございます。

私も××が趣味なので、色々話ができたらうれしいです!

プロフィールの猫の写真かわいいですね!家で飼ってるんですか?

これくらいの文量でいいので、相手が返信しやすい内容を送りましょう。

2回目以降のメッセージのコツ

相手から返信が返ってきて、メッセージのやりとりが始まった時には、次のポイントを意識してください。

  • 返信に1つ質問を入れる
  • 相手との共通点を探す
  • 返信のタイミングと文量は相手に合わせる
  • 個人情報に関わること(会社名や住所、最寄駅など)は聞かない
  • プロフィールに書いてあることを質問しない

メッセージはお互いのことを知って仲良くなることが目的です。そのため、盛り上がる共通点を探したり、積極的に質問して相手を知ろうとする姿勢が大切です。

反対に、会社名や最寄り駅、SNSのアカウントなど身元を特定できてしまうような質問はしないようにするのがマナーです。個人情報を知ろうとしすぎると、「危険な人だ」と判断されてしまう恐れがあります。聞いていいことと、聞くべきでないことをしっかり見極めて楽しく会話するのがコツです。

メッセージのコツについて、より詳しく解説している次の記事もぜひ参考にしてくださいね。

>>【男性版】初回のメッセージ内容の例文

>>【女性版】例文あり!初回のメッセージのコツや話題

STEP5:気になった相手と実際に会ってみよう

婚活サイト 気になった相手と実際に会ってみよう 

メッセージの次のステップは、実際に会うこと。ここでは、デートに誘うタイミングとコツを紹介していきます。

デートに誘うタイミングとコツ

デートを誘うタイミングは、早すぎても遅すぎてもいけません。まだ2〜3通しかやりとりしていないのに誘ってしまうと相手に警戒されますし、かといって何週間もメッセージだけ続けていると「この人は自分に興味がないのかな?」と思われてしまいます。

あくまで目安ですが、メッセージを始めてやりとりが続いて、1週間ほど経ったら誘うのがおすすめのパターンです。1週間ほどメッセージが続くということはお互いに相手への興味があるということ。それ以上ダラダラとメッセージを続けてしまうと話題がなくなって失速してしまうので、そうならないうちに会ってしまいましょう。

誘い方は、シンプルに「よければ時間がある時にお茶でもどうですか?」と聞けばOKです。

デートの誘い方:男性編

女性をデートに誘う際に気をつけるべきポイントは、次の2つです。

  • 初デートは明るい時間帯にランチかお茶にする
  • 場所は相手が来やすい場所を選ぶ

初対面から長時間一緒に過ごすのはお互いに緊張しますよね。そのため、初めて会う場合は1〜2時間ほどのお茶やランチを提案しましょう。夜遅い時間だと女性を不安にさせてしまう可能性があるので、お昼ごろに集合して日が暮れる前には解散できるようにすることをおすすめします。

また、場所はなるべく相手が来やすい場所や、お互いの中間地点より相手寄りの場所を提案しましょう。

他にも、男性向けのデートのコツはこちらの記事で紹介しています。

>>初デート1回目2回目の必勝法!誘い方やタイミングなど

デートの誘い方:女性編

デートに誘うのは、もちろん女性からでもOKです。

シンプルに「もっとお話してみたいので、よかったらお茶しませんか?」とお誘いすれば、相手も嫌な気はしないはず。誘いずらい場合は、「行ってみたいお店がある」「みたい映画がある」など口実を作って誘ってみてもいいですね。

女性がデートに行く際に気をつけて欲しいのは、自分の身は自分で守るということです。ネット上で知り合った相手に会ってトラブルに巻き込まれたという事件もあるため、最低限次のことには気をつけてくださいね。

  • 夜遅い時間には会わない
  • お酒は飲まない
  • 相手に勧められた飲食物は口にしない
  • 個室、密室、人通りの多いところには行かない

女性向けのデートのコツは次の記事で詳しく解説しています。

>>【女性向き】アプリで男性と会うまで【デートの誘い方や見極め術】

STEP6:お付き合いすることになったら

婚活サイト お付き合いすることになったら

デートを重ね、晴れてお付き合いすることになったら、本当に相手と結婚するのかどうかを判断する時が来ます。

付き合っている段階で結婚後の生活をイメージして、次のようなことを把握しておきたいところです。

  • 金銭感覚
  • 相手の家事スキル
  • 結婚後の仕事や住居の確認
  • 二人の子供について
  • 家族、親戚づきあいで問題はないか

ちなみに、離婚の原因第一は「性格の不一致」です。いくら結婚観や相手の外見、収入、職業などスペック面に魅力を感じたとしても、性格が合わなければ結婚生活はうまくいきません。相手の嫌なところを許容できるかどうか、喧嘩した時の態度はどうか、などいいところだけでなく相手の裏の顔も見つめてみることも大切です。

また、「友達に自慢できる相手かどうか」「親が納得する相手かどうか」というような見栄や、「結婚することがゴール」という意識がないかどうか、もう一度冷静になってみることも必要です。

STEP7:プロポーズから結婚へ

婚活サイト プロポーズから結婚へ

交際から結婚までは、おおむね半年〜1年ほどかかります。ただし、婚活サイトでの出会いは結婚を前提としているため、出会ってから一年以内に結婚するカップルも多いようです。

結婚前に同棲期間を設けることを考えている方は、こちらの記事が参考になります。

ペアーズなどの公式サイトでは、アプリを通してで会ったカップルの結婚までの体験談が掲載されていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

ペアーズ公式サイトはこちら

まとめ

婚活サイト まとめ

婚活サイトを使う流れを、もう一度まとめます。

  • STEP1:自分に合った婚活サイトを探そう
  • STEP2:婚活サイトのプロフィール設定をしよう
  • STEP3:気になる相手を探してアプローチしよう
  • STEP4:メッセージでやりとりをしてみよう
  • STEP5:気になった相手と実際に会ってみよう
  • STEP6:お付き合いの過程で結婚の意思を固める
  • STEP7:プロポーズから結婚へ

「結婚相手をネット上で探す」ことは一見するととても難しいことのように感じますが、安全なサイトを選び、きちんとステップを踏んでいけば自分に合う相手が見つかる可能性は高いです。
これから婚活サイトを使ってみようと思う方は、ぜひ参考にしてみてください。

迷ったらココに登録!おすすめ婚活サイトBEST5

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック