2回目以降のデートでは「割り勘にしたい」女性が5割超!デート代の支払いから見える男女の本音

交際後のデート代の支払いは男女共に「割り勘にしたい」が1位!初デート・交際前は「全額奢りたい」男性が多数

「男性なら奢るべき」「女性は男性を立てないといけない」「フェアに割り勘にしたい」この「奢る・奢られ論争」はたびたび話題になり、なかなかスッキリとした結論が出ないテーマです。

そこでマッチングアプリ大学では、20~40代の独身男女227名にデートにおける飲食代の支払いに関する価値観についてアンケート調査を行いました。

初デートや交際前、交際後のデートで必要な飲食代の支払いに関する価値観や、その背景にある考えについて紹介します。「ずっと男性がデート代を奢るべきなのか」「本当は割り勘にしたいけれど、伝えてもいいのか」といった疑問を持っている男性・女性はこの記事を参考にしてみてくださいね。

なお、今回のアンケートは交際経験のある独身の方のみを対象としています。

初デートでは、「男性が多く支払う」を希望する男女が多い

初デートで飲食代の支払いはどうしたい?(男性)のグラフ

男性に対し「初デートにおける飲食代の支払い」についての考え方を尋ねたところ、「自分が全額奢りたい」が48.5%で最も多く、「自分が少し多めに出したい」が23.8%、「割り勘にしたい」が16.8%と続きました。

初デートで飲食代の支払いはどうしたい?(女性)のグラフ

女性は「割り勘にしたい」が40.5%で一番多く、次に「相手に全額奢ってほしい」が28.6%、「相手に少し多めに出してほしい」が25.4%という結果でした。

回答自体は「割り勘にしたい」が最も多いものの、「相手に全額奢ってほしい」「相手に少し多めに出してほしい」「自分は少しだけ出して残りは相手に出してほしい」を合計すると59.6%であり、男性に多く支払ってほしい女性のほうが20ポイント近く多いことがわかりました。

<<初デートで失敗しないコツについてはこちら!

「初デートで割り勘にしたい」男性の割合は、30代が25%で最も多い

「初デートで割り勘にしたい」男性の割合は、30代が25%で最も多い

初デートの支払いについて、男性の回答を年代別に分析してみました。

項目 20代 30代 40代
自分が全額奢る 44.4% 43.2% 56.4%
相手は少し、残りは自分で出す 11.1% 6.8% 12.8%
自分が少し多めに出す 27.8% 22.7% 23.1%
割り勘 16.7% 25.0% 7.7%
相手が全額奢る 2.3%

→スクロールで詳細を確認できます

男性に関しては、どの年代でも「自分が全額奢りたい」の割合が突出して多い結果となりました。特に40代では5割を超えており、他の年代と比べて多い割合を示しています。

一方、「割り勘にしたい」という考えに関しては、30代がもっとも多く25.0%で、もっとも少ない40代の7.7%と比較すると17.3%もの差がありました。

30代男性は婚活市場ではもっとも有利となりえる存在です。男性の中では30代が「割り勘にしたい」確率がもっとも多いのは、もしかするとそういった背景が関係している可能性もあるのかもしれません。

30・40代は「男性に多く出して欲しい派」、20代は「割り勘派」が多数

初デートの支払いに関する女性の回答についても、以下の表で年代別に分析しました。

項目 20代 30代 40代
割り勘 51.2% 31.7% 45.0%
相手が全額奢る 18.6% 34.9% 30.0%
相手が少し多めに出す 25.6% 30.2% 10.0%
自分は少し、残りは相手が出す 4.6% 3.2% 15.0%

→スクロールで詳細を確認できます

女性の20代・40代では「割り勘にしたい」が一番多いですが、30代では「相手に全額奢ってほしい」が大差はないものの最も多い結果でした。女性に関しても、男性と同じように30代のみ異なる傾向が見られます。

また30・40代の女性に関しては、割り勘派よりも男性に多く支払ってほしい派のほうが割合が多いのに対し、20代においては相手が多く出すよりも割り勘を望む割合のほうが多く見られました。初デートの支払いに対する女性の価値観は、30歳を境目に異なる傾向があるようです。

女性よりデート代を多く支払いたい男性は「男性だから」「相手によく見せたい」人が多い

性よりデート代を多く支払いたい男性は「男性だから」「相手によく見せたい」人が多い

初デートでの支払いに関して、なぜそう考えるのか理由についても尋ねてみました。男性のなかで回答が多かった「全額奢る」「少し多めに出す」「割り勘」の上位3つについて理由を比較したのが以下の表です。

項目 全額奢る 少し多めに出す 割り勘
相手に気を使わせたくない 18.4% 12.5% 41.2%
相手に少しでもよく見せたい 22.4% 33.3%
初デートは男性が頑張るもの 26.5% 16.7%
初デートだけ無理しても続かない 16.7% 5.9%
それが当然だと思っている 4.1% 16.7%
男性がお金を出すもの 12.2%
フェアなほうが良い 29.4%
金銭的に余裕がない 17.6%
奢られたいという相手と付き合いたくない 2.0% 4.2%
その後の関係で不利になりたくない 5.9%
その後の関係で有利になりたい 2.0%
それがカッコいいと思う 2.0%
相手に気を使いたくない 2.0%

→スクロールで詳細を確認できます

自分が全額奢りたいと思っている男性で、もっとも多かった理由が「初デートは男性が頑張るものだから」(26.5%)です。次に「初デートだから相手に少しでもよく見せたいため」(22.4%)、「相手に気を使わせたくないから」(18.4%)と続きました。

自分が少し多めに出したいと考える理由では、「初デートだから相手に少しでもよく見せたいため」が33.3%で一番多く、次に多かったのは「初デートは男性が頑張るものだから」「初デートだけ無理しても続かないと思うから」「それが当然だと思っているから」がそれぞれ16.7%です。

割り勘にしたい理由では、「相手に気を使わせたくないから」が41.2%で最多となりました。

ここで注目したいのは、全額奢りたい理由の3位と割り勘にしたい理由の1位が同じ「相手に気を使わせたくない」であることです。同じ理由でも、自分が多く支払いたい人もいれば割り勘にしたい人もおり、行動が異なることがわかりました。

また、自分が全額奢りたい・自分が少し多めに出したい男性は、「初デートは男性が頑張るもの」「初デートだから相手に少しでもよく見せたい」という理由が多く、女性からの評価を意識するがゆえの行動であることがうかがえました。

男性に多めに負担してほしい女性は「初デートは男性が頑張るもの」という認識強い

男性に多めに負担してほしい女性は「初デートは男性が頑張るもの」という認識強い

女性に対しても初デートでの支払いに関して、なぜそう考えるのか理由についても尋ねてみました。女性のなかで回答が多かった「相手が全額奢る」「相手が少し多めに出す」「割り勘」の上位3つについて理由を比較したのが以下の表です。

項目 割り勘 相手が全額奢る 相手が少し多めに出す
初デートは男性が頑張るもの 63.9% 34.4%
フェアなほうが良い 39.2% 9.3%
相手に気を使わせたくない 21.6% 6.3%
それがカッコいい(可愛い)と思う 13.9% 15.6%
それが当然だと思っている 13.7% 3.1%
相手に気を使いたくない 11.8% 2.8%
奢ってくれない相手とは付き合いたくない 2.8% 12.5%
その後の関係で不利になりたくない 5.9% 2.8%
初デートだけ無理しても続かない 3.9%
相手に少しでもよく見せたい 2.8% 6.3%
男性がお金を出すもの 2.8% 3.1%
金銭的に余裕がない 6.3%
奢られたいという相手とは付き合いたくない 2.8%

→スクロールで詳細を確認できます

女性が割り勘にしたい理由に関しては、「フェアなほうが良いから」が一番多く39.2%で、「相手に気を使わせたくないから」21.6%と続きました。

相手に全額奢ってほしいという女性の理由では、「初デートは男性に頑張ってほしいから」が63.9%で最も多く半数以上を占めています。

相手に少し多めに出してほしい女性に関しても、その理由は「初デートは男性に頑張ってほしいから」が一番多く34.4%で、次が「それがカッコいいと思うから」が15.6%でした。

女性に関しては理由についても二極化しており、割り勘派がフェアな関係や相手への気遣いを挙げた一方で、男性に多めに支払ってほしい派では「初デートは男性が頑張るもの」という期待が大きいことがわかりました。

交際前までのデートでは、奢りたい男性・割り勘にしたい女性が多い

2回目~交際前のデートの支払いはどうしたい?(男性)のグラフ

次に男性に対して「2回目から交際前のデート」の飲食代の支払いについて考えを聞いたところ、「自分が全額奢りたい」が最も多く28.7%、続いて僅差で「自分が少し多めに出したい」が27.7%、「割り勘にしたい」が24.8%でした。

初デートでは「自分が全額奢りたい」という男性は48.5%でしたが、2回目以降のデートでは大幅に減少しています。

また初デートに比べ「自分が少し多めに出したい」「割り勘にしたい」の割合が増加しており、初デートで全額奢りたい人がその2つの回答に移行していることがうかがえました。

2回目~交際前のデートの支払いはどうしたい?(女性)のグラフ

同じく女性に「2回目から交際前のデート」の飲食代の支払いについて尋ねたところ、「割り勘にしたい」が最も多く44.4%、その次に「相手に少し多めに出してほしい」が28.6%、「相手に全額奢ってほしい」が11.9%と続きました。

「割り勘にしたい」「交代で奢りたい」の割り勘派を合計すると52.3%、「相手に少し多めに出してほしい」「相手に全額奢ってほしい」「自分は少しだけ出して残りは相手に出してほしい」の男性に多く出してほしい派を合計すると46.8%で、交際前までのデートでは割り勘(平等に負担)が良いと考える女性の方が多いことがわかりました。

交際前は、年齢が上がるほどに「相手よりも多く支払う」男性が多い傾向

以下の表は、2回目から交際前までのデート代の支払いに関して、男性の回答を年代別に分析したものです。

項目 20代 30代 40代
自分が全額奢る 11.1% 31.8% 33.3%
相手は少し、残りは自分で出す 22.1% 9.1% 10.3%
自分が少し多めに出す 27.8% 22.7% 33.3%
割り勘 27.8% 27.3% 20.5%
交代で奢る 5.6% 6.8% 2.6%
自分は少し、残りは相手が出す 5.6%
相手が全額奢る 2.3%

→スクロールで詳細を確認できます

全体では「自分が全額奢りたい」が最も多かったものの、年代別に見ると20代男性は「自分が少し多めに出したい(27.8%)」「割り勘にしたい(27.8%)」との回答が一番多く見られました。

また30代男性に関しても、最多ではないものの「自分が少し多めに出したい(22.7%)」「割り勘にしたい(27.3%)」が多く見られました。ただし「自分が全部奢りたい」という回答に関しては、20代と30代では20.7ポイントの差があり大きな違いが見られます。

また40代は「自分が全部奢りたい(33.3%)」「自分が少し多めに出したい(33.3%)」「相手は少しだけ出して残りは自分で出したい(10.3%)」だけで7割以上を占める結果でした。

これらのことから、男性は年齢を重ねるたびに自分のほうが多く支払おうとする人が多い傾向があるようです。一般的には年齢が上がるごとに平均年収も上がるため、金銭的な余裕が「自分が奢る」という意識に繋がっているのかもしれません。

交際前は、20・40代女性は「割り勘派」、30代は「男性に多く支払ってほしい派」が多い

交際前までのデートでは、20・40代女性は「割り勘派」、30代は「男性に多く負担してほしい派」が多い

女性についても、同じく以下の表で年代別に分析しました。

項目 20代 30代 40代
相手が全額奢る 9.3% 15.9% 5.0%
自分は少し、残りは相手が出す 2.3% 4.7% 20.0%
相手が少し多めに出す 25.6% 36.5% 10.0%
割り勘 51.2% 38.1% 50.0%
交代で奢る 9.3% 4.8% 15.0%
自分が全額奢る 2.3%

→スクロールで詳細を確認できます

女性は全体で見ると「割り勘にしたい」という意見が最も多い結果でしたが、年代別で見てもその傾向は変わりませんでした。ただし、20代・40代は「割り勘にしたい」人が5割以上を占めていたものの、30代は38.1%と4割を切っています。

また30代に関しては「割り勘」「交代で奢る」を合計しても42.9%と半数を割り、男性に多く支払ってほしい女性のほうが多数派であることがわかりました。

男性が多く支払おうとする背景には「そうするべき」「相手によく見せたい」という心理

男性が多く支払うことの背景には「そうするべき」「相手によく見せたい」という心理

2回目から交際前までのデートの支払いに関して、なぜそう考えるのか理由を尋ねました。男性のなかで回答が多かった「全額奢る」「少し多めに出す」「割り勘」の上位3つの理由を比較したのが以下の表です。

項目 全額奢る 少し多めに出す 割り勘
相手に気を使わせたくない 20.7% 7.1% 8.0%
相手に少しでもよく見せたい 17.2% 32.1%
無理しても続かない 21.4% 32.0%
交際前は男性が頑張るもの 27.6% 7.2%
フェアなほうが良い 3.6% 32.0%
男性がお金を出すもの 20.7% 7.1%
それが当然だと思っている 3.4% 17.9%
それがカッコいいと思う 3.0%
相手に気を使いたくない 3.6% 8.0%
金銭的に余裕がない 12.0%
その後の関係で不利になりたくない 8.0%
その後の関係で有利になりたい 3.4%

→スクロールで詳細を確認できます

男性が自分が全部奢りたい理由としてもっとも多かったのは、「交際前は男性が頑張るものだから」で27.6%でした。また自分が少し多めに出したい理由でもっとも多かったのは、「交際前だから相手に少しでもよく見せたいため」の32.1%です。

初デートのときと同じく、“全部奢りたい”という男性の価値観には「男性が頑張るべき」、“少し多めに出したい”という価値観には「相手によく見せたい」という感情があるようです。

割り勘にしたい理由では「無理しても続かないと思うから」「フェアなほうが良いから」がそれぞれ32%で一番多く挙がりました。初デートでは割り勘にしたい理由の1位が「気を使わせたくない」でしたが、交際前までのデートではその先の交際を見据えた考え方に変化していることがうかがえます。

交際前までのデートでも、「男性が支払うもの」という考えが強い女性は少なくない

2回目から交際前までのデートでも、男性に多く負担してほしい女性は「男性が支払うもの」という考えが強い

女性に対しても、2回目から交際前までのデートの支払いに関して、なぜそう考えるのか理由を尋ねました。回答が多かった「割り勘」「相手が少し多めに出す」「相手が全額奢る」の上位3つの理由を比較したのが以下の表です。

項目 割り勘 相手が少し多めに出す 相手が全額奢る
フェアなほうが良い 35.7% 2.8%
交際前は男性が頑張るもの 22.2% 46.7%
相手に気を使わせたくない 23.2% 2.8%
無理しても続かない 17.9% 5.6%
奢ってくれない相手とは付き合いたくない 8.3% 13.3%
それがカッコいい(可愛い)と思う 13.9% 6.6%
それが当然だと思っている 7.1% 2.8%
2回目以降はそんなに頑張る必要はない 1.8% 8.3%
男性がお金を出すもの 8.3% 20.0%
相手に少しでもよく見せたい 8.3% 6.7%
相手に気を使いたくない 7.1%
金銭的に余裕がない 11.1%
奢られたいという相手とは付き合いたくない 5.6%
その後の関係で不利になりたくない 3.6%
その後の関係で有利になりたい 1.8%

→スクロールで詳細を確認できます

女性が割り勘にしたい理由で一番多かったのは「フェアなほうが良いから」で35.7%でした。次に多い理由は「相手に気を使わせたくない」(23.2%)で、傾向としては初デートと変化がありませんでした。

一方、相手に少し多めに出してほしい・相手に全額奢ってほしい理由では「交際前は男性に頑張ってほしいから」が最多でした。この「男性が頑張るべき」と回答した割合は、初デートのときと比べて減少しています。

しかし全額奢ってほしい女性に注目すると、「男性がお金を出すもの」(20.0%)、「奢ってくれない相手とは付き合いたくない」(13.3%)という意見が多く、初デートと変わらず「男性が支払うべき」という考えが強い傾向が見られました。

交際後は男女共に「割り勘にしたい」が増加するも、多く支払おうとする男性も6割以上

交際後のデート代の支払いはどうしたい?(男性)のグラフ

続いて、男性に対して交際開始後のデートにおける飲食代の支払いについて聞いたところ、「割り勘にしたい」が31.7%で最も多く、「自分が少し多めに出したい」が26.7%、「自分が全部奢りたい」が25.7%と続きました。

「割り勘にしたい」「交代で奢りたい」の合計が36.7%、「自分が少し多めに出したい」「自分が全額奢りたい」「相手は少しだけ出して残りは自分で出したい」の合計は60.3%で、交際開始後も多く支払おうとする男性の方が多数派です。

交際後のデート代の支払いはどうしたい?(女性)のグラフ

交際開始後の支払い方に関して、女性で一番希望が多かったのは「割り勘にしたい」で40.5%、次に「相手に少し多めに出してほしい」が21.4%、「交代で奢りたい」が13.5%でした。

「割り勘にしたい」「交代で奢りたい」の合計は54%、「相手に少し多めに出してほしい」「自分は少しだけ出して残りは相手に出してほしい」「相手に全額奢ってほしい」の合計は46%です。

女性については、交際開始後を含む初デート以外のデートにおいて、平等に支払いたいと考える人のほうが多いことがわかりました。

30代男性は、初デートより交際後のほうが「多く支払いたい」傾向

交際後では、男性は30代で「全額奢りたい」が一番多く、どの年代でも多く負担しようとする人が一番多い

交際開始後の支払い方に関する男性の回答について、年代別に分析したのが以下の表です。

項目 20代 30代 40代
自分が全額奢る 11.1% 31.8% 25.7%
相手は少し、残りは自分で出す 11.1% 9.1% 5.1%
自分が少し多めに出す 27.8% 22.7% 30.8%
割り勘 38.8% 27.3% 33.3%
交代で奢る 5.6% 4.5% 5.1%
自分は少し、残りは相手が出す 5.6% 2.3%
相手が全額奢る 2.3%

→スクロールで詳細を確認できます

男性はどの年代においても、「割り勘」「交代で奢る」といった割り勘派より、「自分が全額奢る」「相手は少し、残りは自分で出す」「自分が少し多めに出す」といった自分が多く支払いたい派の割合のほうが多い結果でした。

30代男性に関しては、初デートでは他の年代よりも「割り勘派」が多かったのに対し、交際開始後はその割合が逆転してどの年代よりも「自分が多く支払いたい派」が多くなっています。

このことから30代男性は、知り合ったばかりの女性よりも、交際している大切な女性に対してお金を使いたい人が多いことがうかがえます。

30代のみ、交際後のデートでも「男性に多く支払ってほしい」女性が多い

女性についても、交際開始後のデート代の支払いに関して年代別に分析しました。

項目 20代 30代 40代
相手が全額奢る 9.3% 14.3% 15.0%
自分は少し、残りは相手が出す 14.0% 9.5% 25.0%
相手が少し多めに出す 18.6% 27.0% 10.0%
割り勘 48.8% 33.3% 45.0%
交代で奢る 9.3% 15.9% 5.0%

→スクロールで詳細を確認できます

全体では「割り勘にしたい派」の割合が多い結果でしたが、年代別では傾向に違いが見られました。

「割り勘にしたい」「交代で奢りたい」という割り勘派の割合は、20代女性が58.1%、30代女性が49.2%、40代女性が50.0%と、30代のみ半数を切っています。30代女性に関しては、僅差ではあるものの「男性に多く支払って欲しい派」の割合が多い結果でした。

交際開始後においてもこれまでと同様に、30代女性は「男性に奢ってほしい」という意見が多数派であるようです。

交際開始後も「実利」より「対面」を重視する男性が多い

奢ったり少し多めに出す男性は「男性だからそうすべき」と考えている

交際開始後のデート代の支払いについても、その理由を分析しました。男性のなかで回答が多かった「割り勘」「少し多めに出す」「全額奢る」の上位3つの理由を比較したのが以下の表です。

項目 割り勘 少し多めに出す 自分が全額奢る
フェアなほうが良い 50.0% 11.1%
男性がお金を出すもの 25.9% 50.0%
無理しても続かない 18.8% 7.4%
自分のほうが多く稼いでいる 14.8% 15.5%
それが当然だと思う 11.2% 19.3%
相手に少しでもよく見せたい 3.1% 14.8% 3.8%
交際後はそんなに頑張る必要はない 12.5% 7.4%
お金のことで揉めたくない 3.1% 3.7% 3.8%
金銭的に余裕がない 9.4%
相手に気を使いたくない 3.1%
関係上、有利になりたい 3.8%
それがカッコいいと思う 3.8%

→スクロールで詳細を確認できます

男性が割り勘にしたい理由でもっとも多いのは「フェアなほうが良いから」で5割を占めました。また、自分が少し多めに出したい・自分が全額奢りたいという理由に関しては、「男性がお金を出すものだと思うから」でした。

初デートや交際前までのデート時の支払いについてもそうでしたが、交際開始後のデートに関しても同じく「男性だから」を理由に挙げる人がもっとも多い結果でした。実利よりも体面を重視する男性が少なくないのかもしれません。

交際開始後は「対面」より「実利」を重視する女性も少なくない

男性に少し多めに出してほしい理由は「自分のほうが稼ぎが少ない」が多数

女性に対しても交際開始後のデート代の支払いについての理由を分析しました。回答が多かった「割り勘」「 相手が少し多めに出す」「交代で奢る」の上位3つの理由を比較したのが以下の表です。

項目 割り勘にしたい 相手が少し多めに出す 交代で奢る
フェアなほうが良い 41.2% 7.4% 47.1%
自分のほうが稼ぎが少ない 37.0%
男性がお金を出すもの 14.8%
無理しても続かない 17.6% 3.8%
交際後はそんなに頑張る必要はない 5.9% 23.5%
お金のことで揉めたくない 13.7% 11.7%
それが当然だと思う 11.7% 7.4%
相手に気を使いたくない 5.9% 7.4% 5.9%
それがカッコいい(可愛い)と思う 11.1%
金銭的に余裕がない 11.1%
自分のほうが多く稼いでいる 2.0%
関係上、不利になりたくない 5.9%

→スクロールで詳細を確認できます

女性が割り勘にしたい理由でもっとも多かったのは「フェアなほうが良いから」で、交代で奢りたいについても同じく「フェアなほうが良いから」が最多でした。男性も同様の結果だったことから、割り勘派の人は男女問わずフェアな関係を望んでいることが分かります。

また、男性に少し多めに出してほしい理由としてもっとも多かったのは「自分のほうが稼ぎが少ないから」です。多く稼いでいる人に多く支払ってほしいという意見からは、男性とは違い体面よりも実利を重視する女性も少なくないということがいえそうです。

支払い方まとめ:男性は「多く支払いたい」、女性はデートの段階によって希望が異なる

最後に、「自分が多く出す派」「割り勘派」「相手に多く出して欲しい派」の3パターンでどの支払い方を希望する男女が多いのか、デートの段階ごとで比較しました。

項目 初デート 交際前 交際開始後
自分が多く出す 男性:82.2%
女性:0%
男性:68.2%
女性:0.9%
男性:60.3%
女性:0%
割り勘(平等な支払い) 男性:16.8%
女性:10.9%
男性:29.8%
女性:52.3%
男性:36.7%
女性:54.0%
相手に多く出してほしい 男性:1.0%
女性:89.1%
男性:2.0%
女性:46.8%
男性:3.0%
女性:46.0%

→スクロールで詳細を確認できます

男性はどの段階でも「自分が多く出したい」と考える人が多いようです。女性に関しては、初デートでは「男性に多く出してほしい」と願うものの、2回目以降のデートでは「割り勘にしたい」と考える人が多いことが分かりました。

ただし女性の「割り勘にしたい」と「相手に多く出して欲しい」の割合の差は5〜8ポイントしかなく僅差です。相手の女性の意向が分からない男性は、少しでも多めにデート代を支払うのが無難と言えるかも知れません。

「奢らないと男らしくないと思われるのでは」と思った経験がある男性は7割以上

「奢らないと男らしくないと思われるのでは」と思ったことがある?のグラフ

これまでのアンケートでも「男性は奢るものだ」という考えの男性が多い傾向が見られましたが、そう考える男性が実際にどのくらいいるのか、ストレートに質問をぶつけてみました。

その結果、「奢らないと男らしくないと思われるのでは」と思ったことがあるかという質問に対し、「はい」が46.5%、「思っていたこともあったが今は思わない」が26.7%でした。

過去に思っていたことがある人も含めると、7割以上が「奢らないと男らしくないと思われるのでは」と思った経験があることがわかりました。

その結果、実際に奢ったことがある?のグラフ

さらに「奢らないと男らしくないと思われるのでは」と思った経験のある男性に対し、その結果、奢ったことがあるかを質問したところ「はい」と回答したのは91.8%で、ほとんどが実際に奢った経験があることがわかりました。

やはり男性の中には、「女性に奢らなくてはいけない」という固定観念を持つ人が少なくないようです。

パートナーとの理想的な関係は、男女共に「対等でいたい」が最多

これまでデート代の支払いに関してアンケートしてきましたが、支払いに対する価値観はパートナーとの理想の関係性と関連してはいないのでしょうか。

パートナーとどういう関係でいたい?のグラフ

まずは「パートナーとどういう関係でいたいか」について尋ねてみました。その結果、男女共に「対等な関係でいたい」が多くを占め、男性では80.2%、女性では72.2%でした。

二番目に多かった回答は男性では「どちらかといえば自分が上に立ちたい」で10.9%、女性では「どちらかといえば相手に上に立ってほしい」19.8%です。

このことから7割以上の独身男女が、パートナーと対等な関係を望んでいることがわかりました。

デート代の支払いに関係なくパートナーと平等な関係を望む人が多数

デート代の支払いに関係なくパートナーと平等な関係を望む人が多数

「2回目から交際までのデートにおける飲食代の支払いの考え方」の上位3項目と「パートナーとどういう関係でいたいか」を一緒に分析し、次のとおり表にしました。

【交際前:男性】

項目 全額奢る 少し多めに出す 割り勘
自分が上に立ちたい 6.9%
どちらかといえば自分が上に立ちたい 17.2% 7.1% 12.0%
対等な関係でいたい 69.0% 89.3% 76.0%
どちらかといえば相手に上に立ってほしい 6.9% 3.6% 8.0%
相手に上に立ってほしい 4.0%

→スクロールで詳細を確認できます

男性では自分が全部奢りたい人でも「対等な関係でいたい」と回答した人は7割近くでした。自分が少し多めに出したい人でも9割近くは対等な関係を望んでいます。また割り勘にしたい人でも「どちらかといえば自分が上に立ちたい」人は1割程度おり、割り勘だからといって必ずしも対等な関係を望んでいるわけでもないようです。

ただし「自分が上に立ちたい」「どちらかといえば自分が上に立ちたい」の合計で比較すると、全額奢りたい人は24.1%、自分が少し多めに出したい人は7.1%、割り勘にしたい人は12.0%となっています。全額奢りたい男性は「自分がリードしたい」という考えの人が、他の支払い方を望む人よりも少し多い傾向にありそうです。

【交際前:女性】

項目 割り勘 相手が少し多めに出す 相手が全額奢る
自分が上に立ちたい 2.7%
どちらかといえば自分が上に立ちたい 5.6% 13.4%
対等な関係でいたい 91.1% 63.9% 46.9%
どちらかといえば相手に上に立ってほしい 8.9% 27.8% 33.0%
相手に上に立ってほしい 6.7%

→スクロールで詳細を確認できます

女性では割り勘にしたい人の中で、対等な関係を望んでいる人は9割以上でした。男性に全額奢ってほしい人でも対等な関係を望む人が一番多かったものの、「どちらかといえば相手に上に立ってほしい」「相手に上に立ってほしい」の合計が39.7%と他よりも高くなっています。このことから、男性に全額奢ってほしい女性は比較的男性にリードされたい傾向にあるといえそうです。

次に「交際を始めてからのデートにおける飲食代の支払いの考え方」の上位3項目と「パートナーとどういう関係でいたいか」を一緒に分析し、以下のとおり表にしました。

【交際開始後:男性】

項目 割り勘 少し多めに出す 全額奢る
自分が上に立ちたい 7.7%
どちらかといえば自分が上に立ちたい 6.2% 14.8% 19.2%
対等な関係でいたい 84.4% 85.2% 61.5%
どちらかといえば相手に上に立ってほしい 6.3% 11.6%
相手に上に立ってほしい 3.1%

→スクロールで詳細を確認できます

交際開始後のデートでも、理想の支払い方に限らず「対等な関係でいたい」という男性がもっとも多い結果でした。ただし割り勘にしたい人(84.4%)と自分が全額奢りたい人(61.5%)で比較すると、22.9ポイントの差がありました。

また、自分が少し多めに出したい人では「どちらかといえば自分が上に立ちたい」の回答が14.8%、自分が全額奢りたい人では「どちらかといえば自分が上に立ちたい」が19.2%、「自分が上に立ちたい」が7.7%でした。

やはり交際開始後に関しても、全額奢りたい男性は「自分がリードしたい」という人が多いことが分かります。

【交際開始後:女性】

項目 割り勘 相手が少し多めに出す 交代で奢る
自分が上に立ちたい 2.0%
どちらかといえば自分が上に立ちたい 3.7% 11.8%
対等な関係でいたい 88.2% 74.1% 70.6%
どちらかといえば相手に上に立ってほしい 9.8% 22.2% 17.6%
相手に上に立ってほしい

→スクロールで詳細を確認できます

女性についても男性と同様に、交際後のデートでもっとも多かったのは「対等な関係でいたい」でした。

また、どの支払い方でも「自分が上に立ちたい」「どちらかといえば自分が上に立ちたい」という女性上位派よりも、「どちらかといえば相手に上に立ってほしい」という男性上位派のほうが多く、傾向に違いは見られませんでした。

これまで交際前・交際後の理想の支払い方とパートナーとの関係についての関連性を見てきましたが、ほとんどの人においては関連がないものの、一部では価値観が関連している人もいるといえそうです。

まとめ:デート代の支払いの価値観は男女で違いが見られる

まとめ:デート代の支払いの価値観は男女で違いが見られる

デート代の支払いや割り勘に関する価値観を紹介してきました。今回の調査からは以下のことがわかりました。

  • 初デートは「自分が奢りたい男性」と「男性に奢ってほしい女性」が多い
  • 交際後も含め2回目以降は、「多めに出したい男性」と「割り勘にしたい女性」が多い
  • 年代によって価値観に差がある
  • パートナーとの理想の関係と支払い方の価値観は関連がないケースが多い

男女でデート代の支払いに対する認識に大きな差が見られたのは、交際開始後も含めた2回目以降のデート代の支払いについてです。

女性は「割り勘」や「交代で奢る」といった平等な支払いを望む人の方が多いのに対し、男性は「自分が全額奢りたい」「自分が少し多めに出したい」「相手は少しだけ出して残りは自分で出したい」といった、男性が多く支払いしたいという回答の合計が6割を超えていました。

男性が「多く支払わないと」と思っているほど、女性は「多く支払ってほしい」とは思っていないといえそうです。

どちらかが多く支払うことも、平等に支払うこともどちらかが正解なわけではありません。また傾向はあるものの、価値観に個人差があるのも事実です。

そのため、話し合いをしながら双方にとって納得・満足のできる選択ができると良いですね。もしパートナーが無理をしていないか不安でしたら、本記事をきっかけに本音を話し合ってみるのも一つの方法かもしれません。

【調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
母数:計227名
実施時期:2021年11月19日~11月24日
調査実施主体:マッチングアプリ大学
調査会社:株式会社ネクストレベル

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック