【熊本】天草市の「直売所わかみや」で海山の幸をお買い物!青い海も堪能するデート

この記事では、熊本県天草市にある「直売所わかみや」を中心に、天草のきれいな海を満喫できる海水浴場や、海を眺められるカフェを併設したガラス工芸の体験工房をめぐるデートプランを紹介します。

直売所わかみやは、青い海と緑の木々が広がる美しい天草市五和町にあって、地場の豊富な農産物・海産物をリーズナブルな価格で販売中です。

コンパクトな施設ながら、「できるだけ新鮮な海山の幸をお安く提供したい!」という地元生産者の想いが詰まった直売所で、おうちデートでの食材探しにはぴったりのスポットでしょう。

今回は直売所わかみやの魅力や、周辺デートスポットの情報をたっぷりと紹介しますので、天草地方でのデートを計画するカップルは、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20代~50代
おすすめカップル:おうちデートの食材を探したい、新鮮な海山の幸をお値打ち価格で購入したい、きれいな海を眺めてリラックスしたい、ガラス工芸を体験したい
どんなデート?:農産品、水産品、若宮公園海水浴場、亀島、ガラス工房カリヒロ、プロペラプレート

概要:新鮮な海山の幸を求め綺麗な海も満喫するデート

地元農家さんが持ち込む採れたての野菜やフルーツ、近隣漁港で水揚げされたばかりの魚介類などが所狭しと並ぶ「直売所わかみや」は、天草の青い海原を展望できる絶好のロケーションにあります。

今回のデートのメイン
直売所わかみや
周辺のデートスポット
若宮公園海水浴場
亀島
ガラス工房カリヒロ(cafeニジノフネ併設)
ランチにおすすめのお店
Propeller Plate lunch and cafe(プロペラプレートランチアンドカフェ)

直売所わかみやの眼下には、亀島を望む水のきれいな若宮公園海水浴場があり、カップルで気軽に水遊びや散策も可能。フードやドリンクをテイクアウトして、キラキラ光る海を眺めながら二人寄り添うのもおすすめです。

ランチをいただくならば、直売所わかみやの前を通る国道324号線を北に1kmと少し行ったところに、隠れ家のような「Propeller Plate lunch and cafe(プロペラプレートランチアンドカフェ)」がありますよ。

鬼池港に出入りするフェリーを窓越しに眺めて、ゆったりデート気分でくつろぎましょう。長居したくなる手作り感あふれる店内でオーダーするのは、お得なランチセットがイチオシです。

それでは、今回のメインスポットとなる「直売所わかみや」の特徴や魅力から見ていきましょう。

四季の地元野菜や魚介類であふれる「直売所わかみや」

眼下に海を望む「直売所わかみや」の正面外観と駐車場
▲「直売所わかみや」の眼の前には美しい東シナ海が広がる

「直売所わかみや」は、熊本県・天草地方の心地よい海沿いを走る国道324号線に面しています。どの季節に訪れても、地元生産者の方が持ち込む新鮮この上ない農産物・海産物であふれる直売所です。

五和町は、きれいな早崎瀬戸(早崎海峡)の海に面していて、気候も温暖で雨が少なく、晴れが多い土地柄。海山の幸がよく育ち、採れるため、直売所わかみやでも季節ごとに多様な地元産品を販売しています。

並んでいる商品の鮮度は大変高く、まだ明らかに生きている魚やカニ、イカをたびたび見かけるほどの鮮度の良さが!何より生産者さんとの距離が近くて、何でも気軽に聞けるアットホームな雰囲気も魅力の直売所です。

今回は、直売所わかみやの神田さんにインタビュー取材を行い、同直売所の取扱商品やおすすめなどについて伺いました。

瑠璃色の海を臨む絶景スポット!国道沿いでアクセス性も良好

「直売所わかみや」の眼の前に広がる若宮公園海水浴場・若宮公園キャンプ場
▲「直売所わかみや」の眼下には、若宮公園海水浴場・キャンプ場がある。ローケーションは最高!

編集部

瑠璃(るり)色の早崎瀬戸の海が眼の前に広がっていて、解放感が素晴らしいロケーションですね。ここまで自然環境に恵まれている直売所だと想像していませんでした。

最初に「直売所わかみや」の立地・環境の魅力について、思うところをお話しください。

神田さん

直売所わかみやは、国道324号線沿いに立地し、天草と雲仙島原を結ぶフェリーが出ている鬼池港から、車でわずか1分です。人口が集まる本渡(ほんど)地区からも車で10分程度と、アクセス性に恵まれています。

直売所の眼の前には青い海が広がり、空気が澄んだ日には長崎の雲仙普賢岳をきれいに望めます。眼下には「若宮公園海水浴場」と「若宮公園キャンプ場」もあり、こちらは徒歩1分です。

週末になると、周囲に行楽客のテントが多くみられますね。国道を渡って斜め前にあるのは、春のツツジがきれいな「若宮神社」です。

国道を挟み「直売所わかみや」の対面に鎮座する若宮神社の鳥居
▲国道を挟んで鎮座する「若宮神社」。春にはツツジが美しく咲く

編集部

あれが有名な雲仙普賢岳だったのですね。海好きのカップルならば、買い物ついでにすぐビーチにも出られますし、最高のロケーションだと言えるでしょう。

自然環境に抜群に恵まれた直売所だと感じますが、デートで訪れたカップルにおすすめの撮影ポイントなどがもしあれば、教えていただけますか?

神田さん

直売所前の、長崎の島原を望む海をバックに記念撮影されるとよいでしょう。無人島の「亀島」もアクセントになってくれます。時間が許せば、満潮時の亀島と干潮時の亀島を比べて撮ってみるのも面白いですよ。

「直売所わかみや」から長崎・島原方向を望む
▲「直売所わかみや」から長崎・島原方向を望む絶景!満潮時なので、緑の「亀島」が青い海に浮かぶ

「直売所わかみや」から干潮時の亀島と若宮公園海水浴場を望む
▲干潮時には、直売所直下の若宮公園海水浴場から「亀島」に徒歩で渡ることができる

編集部

南国情緒を感じるヤシの木と緑の亀島が青い海原に浮かぶコントラストは、文句なくデート時の絶好の撮影ポイントだと思いますね。実にフォトジェニックで、SNS映えする光景です。

干潮時に限っては、眼の前の若宮公園海水浴場から亀島に徒歩で渡れるのでしたね。滅多にできない経験なので、これまたデートスポットとして最適と言えそうですね。

食べ方や調理法も気軽に聞ける!地元生産者から生まれた直売所

生産者とお客さまで活気あふれる「直売所わかみや」店内の様子
▲新鮮な農産品を並べる生産者と品定めするお客さまとで活気にあふれた店内

編集部

地元のさまざまな海山の幸を扱われる「直売所わかみや」ですが、こちらに直売所を開設されたきっかけ・理由などを教えていただけますか?

神田さん

直売所わかみやの母体として、もともと地元女性が作った「五和町ハーブ育成グループ」というものがありました。

天草地方では、家庭菜園を行っている家庭が多くあるのですが、過疎化が進んでいることもあって、家庭内で消費しきれない野菜類をどうしようか、という地域の課題が同時に生まれたのですね。

そこで天草地方で採れる農産物・海産物の販売拠点、同時にアンテナショップとして、特産品の開発などにも寄与しつつ、観光産業と農林水産業の活性化を図る目的で当直売所を設立しました。

私ども「直売所わかみや」は規模こそ小さいものの、天草地方では最初期からある直売所で、1996年の創業から今日に至るまで、多くのお客さまと生産者の皆さんに応援いただいています。

編集部

まさに地元の生産者さんと密着した、むしろ生産者さんそのものと言ってよい、直売所のバックグラウンドなのですね。これは直売所わかみやの特徴であり、魅力にもなると思います。

お客さま対応やサービスなどについて、直売所で働く皆さん共通の心がけ・強みのようなものがあれば、ぜひお話しください。

神田さん

地元のお客さまには高齢の方も多いので、大きな声でゆっくり・はっきりお話しするように心がけています。

そしてレジスタッフは、同時に生産者になっている場合もありまして、扱っている商品の特徴や旬の時期、食べ方などをご説明可能です。ぜひお気軽に尋ねてみてくださいね。

レジ袋は有料化されていますが、榊(さかき)(※1)や柴(しば)(※2)、鮮魚などは古新聞でお包みもできます。遠慮なくお申し付けください。

(※1)モッコク科サカキ属の常緑小高木。神道において神棚に供えるために用いられている。
(※2)地域によって仏教や神道で使用することが多い。

「直売所わかみや」のスタッフの皆さん
▲頼りになるスタッフの皆さん!美味しい食べ方や調理法も気軽に質問できる

編集部

スタッフの皆さんは、地元のお母さん方が多いのですよね。おうちデートの食材買い出しで訪れるカップルの中には、美味しい食べ方や調理法について、あまり詳しくない二人もいると思います。

皆さんに気兼ねなく相談させていただけるのは、地元以外から訪れた者にはとてもありがたいですし、食材を選ぶ際にも安心ですね。おうちデートの食事が一気に楽しみになると感じました。

高鮮度の海山の幸が一番の自慢!晴れた日の午前中に来店がおすすめ

「直売所わかみや」で販売される新鮮な冬野菜の数々
▲新鮮な朝採り冬野菜の数々。晴れた日の午前中がお買い物のベストタイミング!

編集部

地元生産者から生まれた直売所と言えるわけですが、「直売所わかみやと言えば、これが一番の自慢!」というものは何でしょうか?最もアピールできることを教えてください。

神田さん

一番のアピールポイントは、取り扱う農産物・海産物の鮮度が極めて高いことでしょうね。

新鮮な野菜類は色艶がよいですし、新鮮な魚介類は眼の透明度が高いですから、ぜひ見てみてください。イカは獲れたばかりは透明で、触ると体色が変化する様子を見られることもあります。

がらかぶ(カサゴ)やエビなどは、触ればまだピクピクと動いているものも販売中です。ワタリガニは時々泡を吹きますから、それで生きていることが分かりますよ。

▼以下の動画を見ると、魚介類の新鮮さがよく分かります(※音が出ます)

そもそも天草地方は周りを海で囲まれ、温暖な気候にも恵まれた土地です。農産物・海産物がよく育ちますから、季節ごとに新鮮な旬の海山の幸を楽しめることが最大の魅力になります。

編集部

先ほど販売コーナーに並ぶ鮮魚の眼を見てみましたが、どれも澄んでいて、とてもきれいですよね。素人目にも、極めて新鮮であることが一発で分かりました。

生産者の皆さんも、極力新鮮な状態で農産物・海産物を出荷したい、という強い想いを持っていらっしゃるのではありませんか?

神田さん

新鮮なものを少しでも早く届けたいという想いから、開店前に到着される生産者の方も珍しくありません。より多くのお客さまの手に渡るようにと、生産者自ら安い価格付けをして提供されていますね。

編集部

先ほど見かけたアジのパックなど、いかにも獲れたてのものが6~7匹も入っていて、200円で販売されていました。よい意味で少々びっくりしましたが、お買い得感は抜群でしょう。

カップルがおうちデートの食材探しに訪れても、食べたいものを気兼ねなく買えるなと感じました。

「直売所わかみや」で販売される鮮度が高くお買い得なアジ
▲眼がきれいに澄んでいて、非常に鮮度が高いことがわかるアジ。この量で200円!

ちなみにおすすめの来店時間などはありますでしょうか?売り切れやすい商品や、商品によっては品薄のタイミングなど、神田さんが思い付かれる範囲で教えてください。

神田さん

採れたての地元産農産物や海産物を豊富に扱っていますが、売り場に並ぶ種類・品数は、時間帯や天候、季節によって左右されます。基本的には、晴れた日の午前中に来店されるのがおすすめです。

ほうれん草などの葉物類や鮮魚は、午前中に売り切れることもありますよ。とりわけ鮮度を重視されるお客さまは、開店前から待っていらっしゃるほどです。

ジャガイモや里芋、ニンジンなどの根菜類、農産物・海産物の加工品であれば、午後の来店でも問題ありません。あと雨の日は農産物の収穫ができないので、入荷が少なめです。

夏野菜から秋野菜、そして冬野菜へと旬の野菜が切り替わるタイミングも、入荷が少なくなる場合がありますね。漁も季節によって獲れる魚の種類・量が変わりますし、海がしければ出漁できません。

編集部

なるほどですね。カップルがおうちデートの食材探しに「直売所わかみや」を訪れるならば、晴れた日の午前中が理想的なタイミングになりますね。

単にドライブデートの途中で立ち寄るのであれば、そこまで気にしなくても大丈夫そうです。

地場の新鮮な農産物・海産物の宝庫!旬の野菜や果物は鉄板の人気

「直売所わかみや」で扱われる新鮮なカサゴとアオサ
▲地元で水揚げされたばかりの新鮮なカサゴ(がらかぶ)とアオサもお値打ち価格!

編集部

「直売所わかみや」では、大変新鮮な農産物・海産物を扱われているわけですが、おもだった商品のラインナップをご紹介いただけますか?

神田さん

おもに扱う商品は、地元熊本県・天草地方の農産物や海産物、お土産品です。

具体的には、キャベツや白菜、レタス、ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、トマトなどのポピュラーな野菜。またタケノコやにがうり(ゴーヤー)、スイカ、トウモロコシ、みょうがなどの季節野菜もあります。

晩柑やはっさく、農薬不使用みかん、レモン、キンカンなどの柑橘類やイチジクも取り扱い中です。

ゴーヤとナツメ

ズッキーニとツワブキ

タケノコ

ワラビとサトイモ、カブ

ツルムラサキとイモヅル

ミョウガとナス

大きなサトイモ

大きなカブ

ピーマンとゴーヤー、カボチャ、グランドペチカ種のジャガイモ

原木シイタケとインゲン、ツクネイモ、オクラ、ズッキーニ

スイカとカナウリ、プリンスメロン

べにばえ箱詰め

肥の豊

→横スライドで取り扱われる野菜類や果物類の写真を参照できます。

編集部

今お話しに出たものは、扱われている農産物のあくまでも一部なのですよね。思いつく野菜や果物は、こちらでほとんどが揃うのではないでしょうか。

さらに海産物の方はいかがですか?

神田さん

海産物では、タイやアジ、かわはぎ、ブリ、かつお、カレイ、エビ、イカ、タコ、太刀魚などの鮮魚のほか、アオサやワカメなど海藻類も扱っています。

合わせて、アジのみりん干しやイカの一夜干しなど、水産加工品も販売中です。

ブダイ

ワタリガニ

カレイとクルマエビ

クサビ(ベラ)

フカ(サメ)

カツオ

タイ

イカとがらかぶ(カサゴ)、カワハギ

イカとマダイの一夜干し

干しダコ

イリコ

→横スライドで取り扱われる鮮魚や水産加工品の写真を参照できます。

編集部

代表的なものだけとは言え、これまた豊富な海の幸ですね。シーフード好きなカップルであれば、ワクワクするお買い物になりますよ。

イタリアンでも鍋料理でも、おうちデートの食材は何でも手に入りそうです。ほかにも取り扱い商品があるのでしょうか?

神田さん

さまざまな加工品も販売しています。黒砂糖やしょうゆ、塩、塩漬けオリーブ、こっぱ餅(※3)など郷土の特産品もお土産として人気があるんですよ。

ほかにも小物やキーホルダーなどの手作り品も置いていますし、切り花や野菜苗、メダカなどまで販売しています。

(※3)熊本県・天草地方特産のサツマイモと餅米を使った伝統的なおやつ。水で戻した乾燥サツマイモ(こっぱ)を餅米と合わせて炊くのが伝統製法。

黒砂糖

天草の塩各種

しょいの実(醤油のもろみ)

レモングラス茶各種

芋づる(サツマイモの苗)

メダカ各種

→横スライドで取り扱われる地元産の加工品ほかを参照できます。

編集部

天草地方のあらゆる生産品を扱われている直売所、という印象ですね。カップルでのドライブデートや小旅行の際に立ち寄れば、お土産品もリーズナブル価格で入手できそうだと思いました。

中でも人気の高い商品はどちらになりますか?感覚的なもので構いませんので、ぜひ教えてください。

神田さん

正確な順位は付け難いのですが、常連のお客さまは季節を感じられる商品をよくお買い求めくださいますね。皆さん、いつ頃が旬なのかをご存じなんです。

「ビワはまだ出とらんやー?」「イチジクはまだねー?」などと尋ねられることがありますよ。

ビワとソラマメ
▲常連さんのファンも多い夏に出回るビワ(左)。右は採れたてのソラマメ

編集部

季節ごとの旬を感じる商品の売れ行きがよさそうですね。例えばどのような野菜類・果物類なのでしょうか?

神田さん

春には、わらびやタケノコ、春キャベツ、サラダ玉ねぎなどの春野菜。夏ならば、ビワやイチジク、メロンなどの果物とトウモロコシ、スイカなどの野菜ですね。

そして秋には、早期米と極早生(ごくわせ)ミカンやイチジクなどの果物のほか、ナスや冬瓜などの秋野菜も出ます。冬になれば、温州ミカンや不知火(しらぬい)、キンカンなどの柑橘類が人気です。

「直売所わかみや」で扱われる日南種の極早生ミカン
▲例年10月ころから出回る極早生みかん(日南種)

「直売所わかみや」で扱われる肥のあかり種の極早生ミカン
▲こちらも秋に出回る極早生ミカン(肥のあかり種)。緑色でも香り・味ともに文句なし!

「直売所わかみや」で扱われる不知火の箱詰め
▲ヘタがぽっこり膨らんでいるのが特徴の不知火。手でむきやすく、糖度も高くてジューシー

編集部

これほど豊富な旬の野菜や果物が手に入るのであれば、季節ごとにドライブデートでお邪魔して、おうちデートの食材を買い込みたい気分です。美味しい食べ方は、スタッフさんにお聞きできますし。

何よりも四季の移ろいを肌感覚でしっかりと感じられる生鮮品売り場というのは、東京あたりの一般向けスーパーマーケットなどでは、まず見られないものだと感じました。

メインディッシュに「天草大王」!おうちデート向けの食材も豊富

「直売所わかみや」で扱われるアジやサバのみりん干し
▲おうちデートでの肴にもぴったりなアジやサバのみりん干し

編集部

季節ごとの海山の幸を豊富に扱う「直売所わかみや」ですが、カップルのおうちデートにおすすめの食材などありますでしょうか?神田さんの個人的なおすすめで大丈夫です。

神田さん

まず季節ごとの旬の果物をカップルで味わっていただきたいですね。天草はビワの産地で、先にも触れましたが、初夏には出回り始めます。

暑い季節ならば、果汁が多い晩柑(ばんかん)で生絞りジュースを作ると絶品ですよ。炭酸で割っても美味しくいただけます。秋には極早生ミカンが出回り、緑色でも香りがよく、味も文句なしですね。

寒い季節には、レモンやキンカンと蜂蜜でレモネードを作ってみるのもみてもよいでしょう。地元天草産の蜂蜜も置いていますよ。

「直売所わかみや」で扱われる箱入りの晩柑
▲箱入りの立派な晩柑(ばんかん)。果汁が多い柑橘類で、ジュースにすると抜群の美味しさ!

編集部

果物類は、おうちデートのデザートにぜひ欲しいところです。やはり冬季は柑橘類が豊富に出回るようですね。先に話題になりましたが、イチジクなどはいかがですか?

神田さん

夏から秋の果物として親しまれていますね。生のイチジクが手に入らない季節は、イチジクジャムをトーストに塗っても美味しいですよ。

天草地方では、16世紀にポルトガル船がイチジクの苗を持ち込んだと伝わっており、日本のイチジク発祥の地とも言われています。こちらでは、イチジクを南蛮柿と呼んでいるんですよ。

「直売所わかみや」で扱われる採れたてのイチジク
▲夏から秋にかけて出回るイチジク。「直売所わかみや」では人気商品の一つ

編集部

子供の頃に祖母の家の庭に生えていた木から直接もいで食べて以来、イチジクをいただく機会はほぼありませんでした。東京近辺では、高級スーパーマーケット以外は、あまり見かけないかも知れません。

果物以外ですと、おうちデートにおすすめの食材は何でしょうか?

神田さん

こちら天草地方は、オリーブの産地でもあるんですね。オリーブのパスタやそうめんがありますので、天草の塩やトウガラシ、ニンニクを使ってペペロンチーノを作れますよ。

また「天草大王」という地鶏のお肉も置いておりまして、ソテーにしていただくと美味しいですよ。あとイカの一夜干しやアジのみりん干しもおすすめで、焼くだけで簡単に召し上がれます。

「直売所わかみや」で取り扱う熊本地鶏「天草大王」
▲鶏肉本来のうま味と肉質が絶品の地鶏「天草大王」。おうちデートのメインディッシュにぜひ!

編集部

天草地方の食材で作るペペロンチーノ、シンプルだけど素材感が生きて、舌の肥えたカップルにもウケがよさそうです。天草大王は、国内最大級の幻の地鶏とも呼ばれていますよね。

うま味と肉質のよさは折り紙付きで、高級ホテルやレストランにも納品されていると伺いました。おうちデートのメインディッシュとして購入すれば、グレードアップした食事を楽しめそうです。

海を眺めて手作りパンやフルーツをいただく!「こっぱ餅」もぜひ

「直売所わかみや」内のこじんまりしたイートインコーナー
▲コンパクトなイートインコーナー。抜群の眺望で清潔な空間!

編集部

おうちデート向けの食材も豊富にそろう「直売所わかみや」ですが、カップルが訪れた際に、いただける軽食のようなものは何かありますか?

神田さん

「直売所わかみや」内に食事処はありませんが、ケーキ屋さんが作るパン(ボングー)や天然酵母で作るしっかりとしたパン(こつぶや)、ふんわり柔らかいパン(松村さん家のパン屋さん)を入荷しています。

常時入荷する「こつぶや」の天然酵母パン各種
▲入荷する天然酵母パン各種。しっかりした感じでヘルシーな味わい

お好みのパンとミカンなど柑橘類をテイクアウトし、眼の前に広がる海岸に下りて、お二人で召し上がるのも楽しいと思いますよ。

天候がよくない日には、店内に海を望める小さなイートインコーナーがありますので、ぜひご利用ください。長崎の雲仙普賢岳や、天草と島原を結ぶフェリーの往来なども眺められますよ。

それに毎週日曜日には、魚のすり身を揚げて天ぷらにしていますので、ぜひ揚げたてを召し上がってみてください。

編集部

パンは好みで選べますし、ちょっとした軽食にはぴったりですね。イートインコーナーも拝見しましたが、コンパクトながら清潔な空間で、なかなか居心地はよさそうでした。

何よりも窓から望める真っ青な早崎瀬戸の海が美しく、デートで訪れるカップルの特等席になりそうだと感じます。

ちなみに「直売所わかみや」を訪れたら、「これは必ず買ってみて欲しい!」「食べて欲しい!」という商品はありますか?

神田さん

先にも少し触れましたが、やはり「こっぱ餅」でしょうか。乾燥させたサツマイモと餅米を混ぜて炊き上げて作る、天草地方伝統のお餅ですね。冬になると、さまざまな生産者から入荷します。

トースターなどで軽く焼き目をつけると、香ばしくいただけますよ。冬以外でも入荷する場合がありますから、こっぱ餅が売り場で見当たらない時は、どうぞお気軽にお声掛けください。

冬季を中心に入荷する天草地方の伝統食「こっぱ餅」
▲冬季を中心に入荷する天草地方の伝統食「こっぱ餅」。乾燥サツマイモと餅米を炊いて作る

編集部

こっぱ餅は、柔らかいうちは火を通さなくても、そのままでもいただけるのだそうですね。

硬くなってからも電子レンジでチンするだけで、つきたての柔らかい状態に戻るとのこと、おうちデートの軽食やおやつにも向いていると思いました。

「直売所わかみや」の口コミ・評価をチェック!

「直売所わかみや」で販売される各種の柑橘類

編集部

「直売所わかみや」を訪れるお客さまから、よく耳にされる声などがありましたら、ぜひ教えてください。

神田さん

「農産物や海産物が新鮮で安い!」というお声をよく頂戴します。山菜や珍しい野菜の調理の仕方を聞かれたり、鮮魚によっては刺身と煮付けとどちらが美味しいのかを尋ねられたりもしばしばです。

郷土料理のタコ飯用の干しダコやこっぱ餅、アオサ、ビワ、晩柑などについてのお問い合わせが多く、ご自宅用のご注文や遠方からのご注文も入りますね。

編集部

お話しを伺っていると、生産者の皆さんと直売所わかみやの距離感が近く、そして直売所とお客さまとの距離感も近い、という印象を強く受けます。

地元の生産者と全国の消費者をスムーズにつなげるハブのような役割を担っている直売所なのだな、と改めて感じました。

口コミ:「生産者が分かってよい!」「スタッフさんが親切!」の声も多数

編集部でも独自に、GoogleやSNS上にある「直売所わかみや」を利用された皆さんの評価や口コミをチェックしてみました。おもなものを要約して紹介しましょう。

アイコン
天草地方の農産物・海産物が新鮮で豊富!眼の前の海で獲れたばかりの魚介類をそのまま売っている感じ。
アイコン
海山の幸がたっぷりの量入ってお買得!手作りのお土産品も豊富で楽しい。
アイコン
生産者のお名前が分かるので、買い物しやすいです。
アイコン
スタッフの皆さんが気さくで親切!眺望も最高でした。

おおむね高評価を受けていると感じます。地元天草地方の農産物・海産物が豊富にそろい、お値打ち価格で販売されていることを高く評価する声が多いことは予想通りですね。

他方、生産者・スタッフの皆さんの心意気を感じてファンになる方々も少なくない印象です。カップルがデートの一環で立ち寄っても、満足度の高いお買い物ができそうに思える直売所でした。

「直売所わかみや」からカップルへのメッセージ

国道324号線から眺める「直売所わかみや」の正面外観と駐車場

編集部

最後になりますが、デートの一環で「直売所わかみや」に立ち寄ることを検討中のカップルに向けて、アピールのメッセージをお願いします。

神田さん

当店の眼前には海が広がり、海水浴場やキャンプ場もあります。干潮時には、亀島に歩いて渡れますので、カップルでゆったりと観光できるでしょう。休憩ついでにでも、ぜひご来店ください。

こちら天草地方では一般的でも、よそのスーパーマーケットなどには流通しない、珍しい商品も多くあります。例えば「イモヅル」はサツマイモの蔓(つる)ですが、これを地元ではきんぴらにしていただきます。

シャキシャキとして、とても美味しいですよ。

商品名は方言で書かれていることもあります。「からいも」がサツマイモのことだったり、「がらかぶ」はカサゴのことだったり、という感じです。分からない時は、お気軽にスタッフに尋ねてくださいね。

編集部

私のように他所から訪れる人間から見ると、その土地の食材や言葉はとても魅力的に映りますね。

カップルでおうちデートの食材選びをしながら、スタッフの皆さんにいろいろと教えていただくのも楽しいひと時になるな、と今回は感じました。

神田さん、本日はお忙しい最中にお時間を割いていただいて、大変ありがとうございました。

「直売所わかみや」の基本情報

住所 〒863-2201
熊本県天草市五和町御領9490-1
電話番号 0969-32-1700
アクセス 【車】
熊本桜町バスターミナル(熊本交通センター):約2時間

(産交バス・九州産交バス)本渡バスセンター:約18分

(天草エアライン)天草空港:約19分
(島鉄フェリー)鬼池港:約1分

【公共交通機関】
(九州産交バス)本渡通詞線・鬼池港経由で若宮海水浴場バス停下車:徒歩0分
営業時間 8:00~18:00
定休日 年始(毎年1月1、2日)
駐車場 あり
飲食施設 なし
※小規模なイートインコーナーあり
公式サイト https://e-wakamiya.sakura.ne.jp/wakamiya/
公式SNS 公式Facebook
公式LINE (出荷情報を 週に1、2回発信中)

※最新の情報は公式サイト等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

「直売所わかみや」の前後に訪れたいデートスポット

「直売所わかみや」がある熊本県・天草地方は、紺碧の海と豊かな緑が身近にある土地柄。近隣にはデート向きのスポットも多く、あわせて訪ねれば二人で満足度の高い一日を過ごせますよ。

またおすすめの気の利いたランチスポットもあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

周辺のおすすめデートスポット

直売所わかみやから徒歩1分!水のきれいな「若宮公園海水浴場」

「若宮公園海水浴場」は、「直売所わかみや」の眼の前に広がる水のきれいな絶景ビーチ。更衣室やシャワー、トイレも備えられているので、カップルで気軽に海水浴や水遊びを楽しめますよ。

沖合には干潮になると徒歩で渡れる無人島「亀島」もあって、二人で青い海を眺めながら、ビーチでゆったりとくつろぐだけでも十分にリフレッシュできそうですね。

手作りパンやフルーツ、ドリンクなどを直売所からテイクアウトして、こちらのきれいなビーチでいただくのもおすすめ。ただ日中は日陰が少ないので、パラソルなどを用意しておくとベターです。

参考URL:一般社団法人天草宝島観光協会「若宮公園海水浴場」

天草のモンサンミッシェル!干潮時に歩いて渡れる無人島「亀島」

若宮公園海水浴場から満潮時の亀島を望む
▲「若宮公園海水浴場」から満潮時に「亀島」を望む。別名「天草のモンサンミッシェル」!

「直売所わかみや」の眼の前に広がる紺碧の早崎瀬戸の海に浮かぶ無人島、それが「亀島」です。「若宮公園海水浴場」から400mほど沖合にあり、景観から「天草のモンサンミッシェル」とも呼ばれます。

周囲約1.5kmの緑の小さな島で、干潮時には徒歩で渡ることが可能。カップルで島に渡れば、ちょっとしたアドベンチャー気分を味わえますよ。

島内にはキャンプ場があって、夏季には多くのカップルや家族連れが訪れるスポットとなります。満潮時には戻れなくなりますから、潮位を都度チェックしてから渡ってくださいね。

「直売所わかみや」の公式ホームページで、亀島のライブ映像を見ることができるので、潮位の確認にとても便利ですよ。

▼亀島ライブ映像
直売所わかみやの公式ホームページ

▼気象庁のホームページでは2週間後までの潮位をご確認いただけます。
気象庁「潮位表 熊本」

お洒落なカフェも併設!「ガラス工房カリヒロ」で本格工芸を体験

「直売所わかみや」から国道324号線を南に2.5kmほど下ったところに、「ガラス工房カリヒロ」はあります。青い海原を目の前にした絶好のロケーションで、カップルで本格的なガラス工芸を体験可能。

天草のきれいな海を眺めながら、グラスやアクセサリーなど世界唯一のガラス作品を制作すれば、デートでの最高のひと時になりますよ。ていねいに指導してもらえるので、初めてでも心配は要りません。

船内をイメージした「cafeニジノフネ」も併設され、特に2Fのオープンデッキ席から見渡す光景は、文句なしの絶景です。ホットサンドやケーキセットをいただけて、カフェのみの利用もできます。

公式URL:ガラス工房カリヒロ

鬼池港でフェリーを眺めてゆったりランチ「プロペラプレート」

「Propeller Plate lunch and cafe(プロペラプレートランチアンドカフェ)」は、「直売所わかみや」から国道324号線を北に約1km上った「鬼池港」が眼の前という、デート向きのランチスポットです。

手作り感あふれる居心地のよい店内から眺めるのは、天草と雲仙島原を結ぶフェリーの出入り。テーブルやイス、カウンター、ドアや建具など、店内のすべてが併設の手作り家具工房の作品となります。

おすすめは1,200円のランチセットで、メインはオムライスとお好み焼き、焼きチーズカレーから選べ、パン・スープ・前菜・ドリンク付きと大変良心的。ドリンクやケーキセットのみでも利用できますよ。

公式URL:Propeller Plate lunch and cafe(プロペラプレートランチアンドカフェ)

まとめ:天草の青い海と海山の幸に感謝する一日

今回は熊本県天草市の「直売所わかみや」を中心に、地元産の新鮮な農産物・海産物のお買い物を楽しみながら、天草の紺碧の海を愛でて癒されるようなデートプランを考えてみました。

天草地方はきれいな海と温暖な気候に恵まれ、海山の幸がともに豊富で、しかも美味しいという魅力的な土地。自然も人情も豊かで、カップルがデートで訪れても、ホッとできるひと時になるでしょう。

熊本県・天草地方でのドライブデートを検討しているカップルは、ぜひ今回ご紹介したプランを参考にしてみてください。気ぜわしい日常から離れて、二人の思い出深い一日になるかも知れませんね。