通潤酒造で酒蔵見学デート。県内最古の蔵をリノベーションしたカフェも魅力|熊本県山都町

この記事では、大人向けのデートスポットとして、熊本県山都町にある通潤酒造(つうじゅんしゅぞう)の酒蔵見学をご紹介します。

通潤酒造は「通潤」や「蝉(せみ)」の銘柄で有名な酒造メーカーです。準高冷地の気候を生かしつつ、地元の美しい水や米、また「くまもと酵母」にこだわりながら、独自の酒造りを進めています。

そんな通潤酒造では、200年以上もの歴史を持つ酒蔵「寛政蔵」があり、酒蔵見学を実施しています。寛政蔵の中はカフェスペースとしてリノベーションされており、とてもおしゃれな空間なので、カップルのデートにぴったりです。

歴史と地域に根差す「通潤酒造」の酒造り

通潤酒造の酒造りに使用する米を育てる水田

山都町は、緑川や五ヶ瀬川といった大きな川を生み出す水源地です。特に通潤酒造のあるエリアは、水田が湖面のように美しく広がることから「浜町」と呼ばれるようになったそう。そんな山都町の恵みを活かし、通潤酒造では、町内で栽培されたものを使用した酒造りにこだわっています。

時間をかけて熟成&飲みやすい!通潤酒造の「純米吟醸酒 蝉」

通潤酒造の看板商品でもある「純米吟醸酒 蝉」。1年以上、蔵の中で寝かせて出すことから、土の中で眠る蝉をイメージして名づけられました。

通潤酒造では、すべてのお酒に「くまもと酵母」を使っています。これにより生まれる優しい味わいと適度な吟醸香は料理を選ばず、食前・食中・食後と幅広く飲まれているようです。

その中でも「純米吟醸酒 蝉」は、リンゴ系の爽やかな香りと少し熟した濃さが魅力の、口当たりが柔らかい辛口のお酒です。「くまもと酵母」の特徴がよく生かされていて、特に食中酒を意識して造られている一方で、ボリューム感があるので、お酒だけで飲んでも楽しめる味わいです。

まさにオールラウンダーなお酒と言えるでしょう。

通潤酒造の酒蔵見学の見どころ

通潤酒造の外観
▲歴史を感じさせてくれる通潤酒造の外観

ここからは、通潤酒造での酒蔵見学デートについて紹介します。

通潤酒造での酒蔵見学は、「寛政蔵」で行います。寛政蔵は1792(寛政4)年に建てられ、熊本県内に現存する最も古い蔵です。2016年の熊本地震の後は、主要な柱などを生かしつつ、観光酒蔵としてリニューアルオープンし、和の雰囲気が魅力のラグジュアリーな空間として、観光スポットやイベントスペースとしても注目されています。

そんな注目の寛政蔵について、酒蔵見学の見どころや楽しみ方を、同社の営業部・専務である山下愛子さんに伺いました。

仕込みのシーズンも酒造りの雰囲気や香りを体感できる

編集部

通潤酒造の酒蔵見学ではどのような楽しみ方ができますか?

山下さん

酒蔵見学は通年ご案内していますが、11月から3月にかけては酒造りをしているため、酒造りの雰囲気や香りを感じていただけます。この雰囲気は冬場ならではのものなので、日本酒がお好きな方であれば、ぜひ体験していただきたいですね。

また、酒蔵の正面玄関が国の有形文化財に登録されておりますので、ぜひこちらもご覧いただきたいです。

見学の際には、通潤酒造の成り立ちやマークの意味、有機農業が盛んな山都町の特徴など、当酒造の酒造りを支える背景などについて解説させていただきます。

例えば、「日本酒造りが地球に優しい産業」であるというお話もよくしています。日本酒は本当に捨てるところがなく、最初の籾殻(もみがら)から酒粕(さけかす)まで使えるんです。特に通潤酒造では、粕漬けで使った粕を最後は牛に食べてもらっています。

また、熊本県は日本の中でもかなり南の方にありお酒の造り方も異なる点があるので、日本酒好きの方であれば、熊本ならではの酒造りのポイントをご質問いただくとお楽しみいただけるかもしれません。

酒蔵見学を希望される場合、基本的には予約していただけるとありがたいのですが、ふらっとお立ち寄りいただいてもご案内させていただきます(※)。デートで近くへいらした際に、思いつきでお越しいただいても大丈夫ですよ。
※酒造りやイベントなどの状況によっては見学できない日時もあり。

見学後は試飲のほか、県内最古の蔵「寛政蔵」でランチやスイーツも可能

通潤酒造のカフェスペースで楽しむカップル

編集部

酒蔵見学のあとは、みなさんどのように過ごされていますか?

山下さん

見学の最後には試飲していただけるよう準備しています。日本酒の解説にそこまで興味がない方にとっては、一番楽しみなところかもしれません(笑)。酒蔵見学の解説は20分ほどですが、見学に来られる方は1時間ほどかけて、ゆっくりお過ごしいただく方が多いです。

また、酒蔵の一番奥にある寛政蔵はカフェスペースになっているので、見学後はこちらでゆっくりカフェタイムを過ごしていただくこともできます。カフェではスイーツやランチも提供しておりますので、お酒を飲めない方もお楽しみいただけます。

ランチは土日祝日限定で、旬の野菜をふんだんに使い、日本酒にも合う「通潤特製ランチ」のみご提供しています。スイーツは土日祝日のみ限定のチーズケーキもありますが、平日でも大体7種類ほどをご用意しています。

酒蔵見学なしでカフェのみのご利用も可能ですので、普段のデートでもぜひご利用いただきたいです。

通潤酒造の酒蔵見学の予約方法・所要時間・見学料金

通潤酒造の瓶詰めの様子

予約 申込フォーム※10人以上の場合は事前申し込みが必要
見学方法 個別(1人~30人)
見学可能時間 9:00〜16:30
店休日 ・毎週火曜日(祝日の場合は営業)
・年始、お盆
通潤橋放水休止期間の第2、4日曜日
※天候その他都合により店休日が変更となる場合あり
見学料金 無料
所要時間 約30分

酒蔵見学デートの後は直売所へ。通潤酒造の直売所ならでは楽しみ方

通潤酒造の酒蔵には直売所が併設されています。ここからは、直売所ならではの楽しみ方について伺っていきます。

プロ直伝の“美味しい飲み方”のアドバイスも。季節や好みに合わせて提案

通潤酒造の営業部専務の山下さん
▲インタビューに応じてくださった、通潤酒造・営業部専務の山下さん

編集部

酒蔵見学の後は、直売所に立ち寄られる方が多いと思います。例えば、蔵の方から選び方のアドバイスを受けることもできるのでしょうか?

山下さん

もちろんです。例えば、春先なら生原酒、暑い時期には純米酒など、季節に応じた旬の商品や飲み方のポイントなどをお伝えしています。

通潤酒造には、熱燗で飲むと美味しいお酒や、氷水でキンキンに冷やしても味わえるお酒などがあるんです。

また基本的には、お客様の好みに合わせてご提案するようにしています。スタッフは皆、ニコニコとしていますので、良ければ話しかけてみてください。

無濾過生原酒など、直売所ならではのお酒が並ぶ

通潤酒造の直売所で購入できるお酒

編集部

直売所で、よく選ばれている銘柄があればご紹介いただけますか?

山下さん

まずは一年中並んでいるものだと「純米吟醸酒 蝉」ですね。こちらは山田錦と華錦というお米を使っていて、後味のボリューム感、甘やかな感じの余韻が特徴です。冷蔵庫から出して5分、10分とちょっと置いて、常温に近い状態で飲んでいただくと、個性をよりはっきり感じていただけます。

こちらはシンプルに、厚揚げをただ焼いて、醤油とネギ、かつお節をかけたようなものにぴったり合いますよ。

また、「オーガニック純米酒 さくや」も人気です。使用するお米を、30年以上ずっと同じ契約農家さんにお願いしており、アイガモ農法で作っていただいています。他のお酒に比べて少しアミノ酸度が高いことが特徴で、少しぬる燗にしていただくと、熊本特有のふくよかな雰囲気が際立ちます。

編集部

直売所でしか買えないような銘柄もあるのでしょうか?

山下さん

大吟醸を絞り立てで出している「純米吟醸酒 雲雀 無濾過生原酒」などは、春先の季節限定で特約店にのみ卸しています。もちろん直売所にも置いています。

格別な華やかさをもっていますので、冷たいままで、できたらお酒を主役にしていただきたい逸品です。例年ですとゴールデンウィーク、遅くても6月には品切れになっています。

通潤酒造の日本酒のラベル
▲こちらは貴重な生原酒のラベル。

通潤酒造の酒蔵見学に訪れた人の声や口コミ

それではここで、通潤酒造の酒蔵見学に訪れた人の声や口コミを見てみましょう。

アイコン
外観はもちろん、池のある中庭やカフェなど、どこも素敵でした。
アイコン
店員さんたちが気さくに話しかけてくださり、とても居心地が良かったです。
アイコン
寛政蔵は、まさに日常を忘れられるような空間です。
アイコン
子どもを連れて行きやすい雰囲気のカフェでした。
アイコン
運転のため、ノンアルコールの甘酒を注文しました。とても美味しかったです。

通潤酒造の酒蔵見学に訪れた方は、ほとんどが寛政蔵のカフェにも立ち寄っているようでした。雰囲気が良く、味わいにも満足しているようで、「リピートしたい」という声が目立ちました。

また、運転手はノンアルコールの甘酒を注文することが多いようです。お酒が飲めなくても、酒蔵ならではの味わいを楽しめるのは嬉しいですね。

通潤酒造の酒蔵見学と一緒に楽しめる、周辺のおすすめデートスポット

通潤酒造の酒蔵の周辺には、酒造関連の施設や観光名所など、カップルで訪れやすいスポットが豊富です。

ここからは、通潤酒造の山下さんに教えていただいた、おすすめのデートスポットをご紹介します。

ビール・日本酒・ワイン・焼酎!お酒のフルコースを巡る

お酒が好きなカップルなら、熊本市内から宮崎方面へ向けて、「サントリー九州熊本工場」「通潤酒造」「五ヶ瀬ワイナリー」を巡り、さらに宮崎の焼酎メーカーへ足を延ばしてみるのも良いでしょう。

車であれば、通潤酒造からサントリー工場までは約30分、ワイナリーまでは約40分の道のりです。

特に五ヶ瀬ワイナリーでは、見晴らしの良いレストランで、ビュッフェスタイルのランチを味わうことができますよ。

ドライバーが必要なプランなので、ダブルデートで訪れてみるのも良いかもしれません。

公式:サントリー九州熊本工場
公式:五ヶ瀬ワイナリー

放水が見どころの国宝!珍しい石造アーチ水路橋「通潤橋」

通潤酒造の前後でぜひ訪れたいスポットが、屋号にもなっている巨大な「通潤橋」です。車なら約5分でアクセスできます。

通潤橋は1854年、白糸台地の水不足を解消するために造られた水路橋で、石造アーチ橋の中では「放水」が可能な唯一の橋だと言います。

橋の長さは約78メートルで、水路の総延長は約30キロにも及び、今もなお白糸台地の棚田へ水を供給しています。2023年には国宝に指定されました。

見どころは、何と言っても迫力のある放水。基本的には毎日1回、13:00から行われます。カップルで雄大な光景を共有してください。

なお、凍結の可能性がある冬季や農業用水として利用される期間は放水が行われません。事前に公式サイトから「放水カレンダー」を確認しましょう。

公式:通潤橋

九州でも屈指のパワースポット「幣立神宮」

「幣立神宮(へいたてじんぐう)」は、通潤酒造から車で約20分のところにある神社です。

九州の中心付近、さらに高い位置にあることから「九州のへそ」「高天原(たかまがはら)」とも仰がれています。境内には御神木や古木・巨木が並び、静かで神聖な雰囲気が漂います。

九州でも屈指のパワースポットとして知られており、全国各地から観光客が訪れていると言います。

通潤酒造から向かう場合、そのまま宮崎方面へ抜けていけば、五ヶ瀬や高千穂などを通るため、1日かけてたっぷりと観光を楽しみたいカップルにもおすすめのスポットです。

参考:熊本県公式観光サイト(幣立神宮

通潤酒造の基本情報(アクセス・営業時間)

住所 〒861-3518
熊本県上益城郡山都町浜町54
アクセス・最寄駅 【車】
熊本ICから約1時間

【公共交通】
・熊本市電幹線「花畑町駅」下車後、熊本桜町バスターミナルへ
・「熊本桜町バスターミナル」1番のりばから、イオンモール熊本・御船経由「通潤山荘」行きで約1時間30分。「浜町」下車後、徒歩約5分
・福岡(博多区)の「博多駅交通センター(始発)」または「天神バスセンター」から高速バス「ごかせ号」利用。「山都町(矢部)」下車後、徒歩約10分
電話番号 0967-72-1177
営業時間 9:00〜17:00
店休日 ・毎週火曜日(祝日の場合は営業)
・年始、お盆
通潤橋放水休止期間の第2、4日曜日
※天候その他都合により店休日が変更となる場合あり
駐車場 あり
公式URL https://tuzyun.com/

※最新の情報はホームページでご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。