【埼玉県】地元米の旨味が詰まったせんべいが魅力!草加市の「まるそう一福」で手焼き体験デートしよう

今回ご紹介するのは、埼玉県草加市にある「草加せんべいまるそう一福」での手焼き体験をメインに、古民家カフェや日帰り温泉を巡るデートプランです。

まるそう一福は、せんべいの手焼き体験ができるせんべい工場です。ここでは、草加せんべいの伝統的な仕事道具である「押し瓦」を使った本格的な手焼き体験ができます。自分で味付けした焼き立てのせんべいもいただけますよ。

手焼き体験に参加したあとは、ほっと一息つける古民家風のカフェや、体の芯から温まれる日帰り温泉で日頃の疲れを癒しましょう。

今回はそんな、手焼きせんべい体験やグルメ・日帰り温泉を巡るほっこりデートをご紹介します。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20~50代
おすすめカップル:ゆっくり過ごすのが好き、伝統的・レトロな雰囲気が好き、珍しい体験がしたい
どんなデート?:手焼きせんべい体験、古民家カフェでランチ、日帰り温泉

概要:手焼き体験と日帰り温泉で身も心も温まるほっこりデート

今回メインで紹介する「まるそう一福」がある草加市は、古民家をリノベーションしたお店が多く立ち並んでいます。そこで今回は、草加市のレトロな雰囲気や日帰り温泉を満喫し、身も心も温まるような癒されデートプランをご提案します。

今回のデートのメイン
まるそう一福
周辺のデートスポット

・湯乃泉草加健康センター
・竜泉寺の湯 草加・谷塚店

ランチにおすすめのお店

・うめだ商店
・蔵カフェ中屋

まずは「まるそう一福」で、せんべいの手焼きを体験してみてください。そのあとは、車で10分ほどのところにある「蔵カフェ中屋」にてランチはいかがでしょうか。木のぬくもりやレトロさが感じられる店内で、シェフ特製の日替わりランチをゆっくりお召し上がりください。

お腹が満たされた後は、「竜泉寺の湯 草加・谷塚店」にて、まったり過ごすのはいかがでしょうか。こちらも車で10分ほどで移動できる立地です。14種類ものお風呂・サウナに加え休憩スペース、飲食施設などがあり、長時間過ごせますよ。天然温泉や炭酸泉に浸かって温まるもよし、休憩スペースでおしゃべりするのもよし。きっと日頃の疲れが癒されるはずです。

ではここからは、メインのデートスポット「まるそう一福」について、詳しく紹介していきます。

年間7,000人が体験に訪れる人気の草加せんべい店「まるそう一福」

まるそう一福本店の外観

まるそう一福は、埼玉県草加市にある草加せんべいの工場兼販売店舗です。創業は昭和36年で、60年以上の歴史があります。本店のほかに、草加店・松原店・東草加店を運営しており、計4店舗にてさまざまな種類のせんべいを販売しています。

まるそう一福では煎餅の販売に加えて、せんべいの手焼き体験をおこなっています。参加費は1人500円で、紹介ビデオの視聴、焼き上げや味付けの体験、試食ができます。自分で作った焼き立てのせんべいは絶品ですよ。地元産の原料米を使用した旨味たっぷり生地を丁寧に焼き上げたせんべいが人気を集めており、体験に参加する人数は年間7,000人にものぼります。

体験中は写真撮影もできるので、貴重な体験を思い出に残せますよ。体験後は、古民家風の建物の敷地内で過ごせるため、ゆっくり過ごすのがお好きなカップルにもおすすめです。

今回はまるそう一福の高橋さんにインタビュー取材をしてきました。まるそう一福ならではの魅力やせんべいづくりのこだわり、体験の詳細などを伺ってきたので、ぜひ参考にしてみてください。

都心からも好アクセス!IC付近なので立ち寄りやすい

編集部

「まるそう一福」は埼玉県草加市にあるのですよね。まずはロケーションの魅力を詳しく教えてください。

高橋さん

東京外環自動車道の草加IC、三郷ICが近いため、車でのアクセスがいいのが特徴です。お店のある草加市は、お出かけのついでにもお立ち寄りいただきやすいかと思います。

駅からは少し離れてしまいますがバス停も近くにございますよ。

編集部

草加ICや三郷ICは、都内からも30~45分ほどで行ける近さですよね。また、近隣には大型ショッピングモール「ららぽーと」「レイクタウン」があるので、お買い物に出かける際に併せて立ち寄るのにも便利な立地ですね。

原料米にこだわった「米の甘み」を感じられるおせんべいが魅力

編集部

草加市には、草加せんべいのお店が20店舗以上もあるのですよね。その中で、まるそう一福ならではのこだわりがあれば、ぜひ教えてください。

高橋さん

当店は創業60年、草加せんべい発祥の地でお米の味を大切にしたおせんべいを作り続けております。そのため、まずは原料のお米にこだわり、地元埼玉県産の一等級のお米のみを使用しています。そして精米、生地作り、焼き上げまで一貫した製造を行っております。

そんな当店だからこそ出せる、噛めば噛むほど感じられる「お米の甘み」を皆様にご体感いただければと思っています。

編集部

まるそう一福では、お米を玄米の状態で仕入れ、生地にする直前に精米をおこなっているのですよね。そうすることで上質なお米の風味を落とすことなく、おいしいおせんべいにできるのだとか。

さらに焼き上げるときも、何度もひっくり返しながら弱火でじっくり丁寧に焼き上げていると伺いました。強火で一気に焼くと、お米の風味が損なわれてしまうのだそうですね。手間暇を惜しまない職人さんの根性も、おいしさの秘訣なのですね。

そのほかに、まるそう一福ならではのサービスや特徴などはありますか?

高橋さん

敷地内には工場があり、手焼き体験のお客様には焼きたてアツアツのおせんべいを1枚サービスしております。そのほかに売店もございますので、大きいおせんべい、小さいおせんべい、揚げ煎などさまざまなおせんべいをお買い求めいただくこともできます。

伝統の製法を守りながら、基本は変えずに時代に合わせた味やパッケージなども工夫していますので、ぜひご賞味ください。

のり、ごま、ざらめなど、味の付いたせんべいの写真
▲のり、ごま、ざらめなどさまざまな味のものを販売しています

白とピンクの小さいせんべい「ちいまる」の写真
▲一口サイズがかわいらしい「ちいまる」

ひょうたんの形をしたせんべい「千成ひょうたん」の写真
▲ひょうたんの形がユニークな「千成ひょうたん」

編集部

オーソドックスな手のひらサイズの丸いおせんべいだけでなく、さまざまな味や形のものを取り扱っているのですね。

以前限定で販売されていたものの中に「プロテインせんべい」というものがあり、目を引かれました。長年受け継がれた伝統的手法を活かしたおいしさと、ほかのお店にはない珍しさを兼ね備えているところが魅力的ですね。

生地に大豆を錬り込んだプロテインせんべいの写真
▲以前限定販売されていたプロテインせんべい。今後の限定品にも期待が高まります

時代に合わせた取り組み多数でメディアも注目

編集部

まるそう一福の手焼き体験は、お客様からの人気もさることながら、新聞やネットなど、メディアでも多く取り上げられているのですよね。

高橋さん

はい。2019年日本経済新聞工場見学ランキング東日本部門では6位に選出され、中小企業では唯一のランクインでした。

※ただ、2021年12月現在は、新型コロナ感染症対策の観点から工場見学は一時中止しています。工場で焼いたあたたかいお煎餅の試食と、お箸を使った手焼き体験のご案内をおこなっています。工場見学の再開時期は未定のため、詳しくはホームページをご確認ください。

>>まるそう一福の工場見学詳細はこちら

編集部

大手企業が名を連ねる中、まるそう一福が選出されていて、体験内容の充実度や、参加者の満足度の高さが伺えます。草加せんべいのお店は複数あるため、お店選びを迷ってしまうカップルも多いと思いますが、このような実績があると1つの判断材料になりますね。

そのほかにも、まるそう一福ならではのさまざまな取り組みをおこなっているそうですね。こちらについても詳しく教えてください。

高橋さん

市内の大学と共同で新商品の開発、廃油の活用など、SDGsに関する取り組みを行っています。敷地内に出店者を募ってマルシェを開いたり、積極的にイベントに出店したりもしています。

編集部

せんべい工場と聞くと、伝統を重んじた古典的な経営スタイルが多いイメージがありましたが、まるそう一福は新しい取り組みをたくさんおこなっているんですね。

SNSを活用されていたり、配達事業をおこなっていたりと、時代に合わせたサービスも多いですよね。これなら若いカップルでも身近に感じることができると思います。

草加せんべいの伝統的な道具「押し瓦」を使った本格的な手焼き体験

編集部

続いて、手焼き体験についてお話を伺えればと思います。まず、体験を始めようと思ったきっかけから教えてください。

高橋さん

本物の草加せんべいのことを知ってもらいたい、より身近に感じていただきたいという思いがあり、手焼き体験を行っております。多くの方はせんべい屋に行く機会があまりないかと思いますが、手焼き体験をきっかけに足を運んでいただけたら嬉しいです。

編集部

私も、草加せんべいという名前は何度も耳にしたことがありますが、直接せんべい屋に足を運んだことはありませんでした。また、「どんな特徴のおせんべいなのか」「どのようにつくられているのか」についてはほとんど知りません。

まるそう一福の体験に参加して、草加せんべいの魅力を知れたらおもしろいだろうなと思います。

また草加せんべいづくりは人の手でおこなう工程も多く、日本の伝統技術が詰まっていますよね。そんなせんべいづくりに触れることで、伝統を受け継いでいくことの大切さや、職人技のすばらしさも実感でき、貴重な時間を過ごせそうです。

ちなみに、体験では実際にどのようなことをおこなうのでしょうか?

高橋さん

手焼き体験ではお箸と軍手、押し瓦(おしがわら)という道具を用いておせんべいを焼いていただきます

体験で使う押し瓦、箸、網の写真
▲画面手前と奥に1つずつあるのが「押し瓦」

押し瓦でせんべいを押している様子
▲実際に押し瓦でせんべいを押して、膨らんできたせんべいを平らな形に整えます

編集部

せんべいを押す力加減や、ひっくり返すタイミングにコツがいりそうですね。全くの初心者でも、上手に作れるのでしょうか?

高橋さん

体験時は、うまく焼けるように職人が丁寧に補助いたします。現在は密を避けるためにも、1組ずつご案内しているのでわからないところがあれば、気軽にご質問していただけますよ。お箸が苦手なお客様でも焼けるようにトングの用意もございます。

当店の手焼き体験は小学生の社会科見学やバス旅行、年長者のデイサービスなど幅広くご利用いただいておりますので、初めての方でも大丈夫です。

編集部

小学生でも参加可能と聞くと、普段料理をしない方や不器用な方でも問題なく参加できそうですね。実際の職人さんが一緒に参加してくださるのも心強いです。

より体験のイメージが湧くように、具体的な手順もお伺いできますか?

高橋さん

まず受付を済ませていただいたあと、工場で焼いた焼きたてのおせんべいをお渡ししております。そして手焼き体験をおこなう前に、弊社工場でのおせんべいの製造工程がわかるビデオを上映します。

そのあとお部屋に移動して、手焼き体験に移ります。まずはじめに職人が実際に1枚焼きながらご説明いたします。「おせんべいやけたかな」という手遊びのリズムを目安にして表裏をひっくり返し、膨らんできたタイミングで押し瓦を使い、せんべいが平らになるよう押さえます。

そのあとはじっくり焼き色を付け、両面がきつね色になったら焼き終わりです。ハケを使ってお醤油つけをおこなって完成です。

手焼き体験をおこなっている最中の様子
▲こちらは手焼き体験中の様子。職人さんもカップルも笑顔がはじける

きれいに焼き色のついたせんべいの写真
▲きつね色のおいしそうな焼き色が付いたら食べごろ

編集部

焼くだけでなく、自分で味付けもできるのですね!初めに焼き立てのおせんべいをいただけることで、完成品のイメージがしやすいですよね。2人でそれぞれ作るので、どちらの方がきれいに焼けたか競い合うと盛り上がりそうですね。

また自分で焼くだけでも十分貴重な体験ですが、職人技を間近で見られるのも非常に貴重な経験だなと思いました。製造工程を学べるビデオも見られるとのことで、ただ焼いて終わりではなく、草加せんべいのことをよく知ることができる内容になっているところが素敵です。

体験後は、一番おいしい焼き立てのせんべいをいただきます

草加せんべいとお茶の写真

編集部

ちなみに、自分で焼いたせんべいは、その場で食べられるのでしょうか?

高橋さん

お醤油つけが終わったら、すぐ食べられますよ。焼きたてのおせんべいは別格です!体験終了後は昭和の雰囲気が残る広い敷地でゆっくりとお過ごしいただけます。

まるそう一福のせんべい工場の外観
▲奥にあるのがせんべい工場です。体験の初めの焼き立てせんべいはこちらでいただけます

まるそう一福の敷地内の様子
▲敷地内はレトロな雰囲気が漂い、ほっと一息付ける

まるそう一福の工場2階より見える景色
▲工場の隣には豊かな自然が広がっています。四季折々の景色も見どころ

編集部

焼き立てのおせんべいをいただくのは初めてという方も多いと思います。さらに、自分で丹精込めて焼いたせんべいは、きっと特別な味わいに感じられるのではないでしょうか。

体験に参加したあとも、敷地内でゆっくり過ごせるのはいいですね。古民家のようなレトロな空間に、焼き立てのせんべいの香ばしい香りが漂ってくるところを想像すると、とても居心地がよさそうだなと感じます。ここで、体験の感想を話し合ったり、このあとのデートの相談をしたりするのもいいですね。

体験をおこなうのはどのような場所なのでしょうか?

高橋さん

団体様にも対応できるような、広さに余裕のある手焼き体験専用の建物で行います。4人用の焼き台が2台あり、一度に8名様まで焼くことができます。お醤油つけも同時に8名様がおこなえます。

まるそう一福の手焼き体験場の写真
▲十分な広さのある、専用の体験場です

編集部

広さもありつつ、せんべい工場ならではの和風な雰囲気も感じられる体験場ですね。せんべいづくりの様子を、記念に写真に残したいという方も多いと思いますが、写真撮影は可能でしょうか?

高橋さん

撮影はもちろんOKです。おせんべいは食べてしまうと手元に残りませんので、体験する様子をたくさん撮ってくださいね。

ですが、注意も必要です。焼きながらカメラを構えますと、おせんべいを返すタイミングが遅れてしまって焦げてしまう場合がありますので気を付けてください。焼く人は焼く、撮る人は撮る、でお願いしております

編集部

お互いの焼いている様子を撮影し合えば、双方の写真が残せていいですね。ムービー撮影をして、完成までの様子を思い出に残すのもいいと思います。

完成後は、焼けたおせんべいを片手にツーショットも撮りたいですね。きれいな形に焼けなかったとしても、それはそれでいい思い出になりそうです。

まるそう一福の評判・口コミ

編集部

丸草一福の手焼き体験への参加を検討しているカップルの参考になるよう、実際に参加された方々の感想を教えてください。参加者からは、どのようなお声をいただくことが多いでしょうか?

高橋さん

実際に「見て」「焼いて」「食べられる」ので、いい体験ができたと言っていただけることが多いです。またお子様からご年配の方まで皆様で体験していただけるので喜ばれます。

火を使って焼くためお客様の想像以上に暑いのですが、そこが逆に思い出になった!という声もあります。季節によっては汗をかきますので、体験を希望される方はお飲み物のご準備をお願いします。

編集部

せんべいづくりに慣れている職人さんたちは涼しげな顔をして焼いているように見えますが、実際に体験してみるとかなりの温度なのだそうですね。そういった体験を実際にすると、それ以降2人でおせんべいを食べるたびに、「あのとき本当に暑くて驚いたよね」なんて思い出話に花が咲きそうです。

ネット上でも味が好評!草加で一番との声も多数

まるそう一福の評判がさらにわかるよう、編集部ではSNSやGoogleで口コミを調査しました。とくに多かった意見を要約してご紹介します。

アイコン
体験では、おいしいおせんべいを作るためのお米へのこだわりや、昔ながらの製法などを詳しく見聞きできました。思った以上に楽しめましたし、勉強になりました。小学2年生の娘も大変楽しめる内容でしたよ。
アイコン
あまりにおいしいので、体験の帰りにお土産をたくさん購入してしまいました。
アイコン
草加にせんべい屋はたくさんありますが、ここが一番おいしいです。硬くて醤油が効いていて、これぞ草加せんべいという味です。

体験内容は、焼くだけでなくビデオの鑑賞があることが好評でした。予備知識があると、そのあとの手焼き体験が一層有意義な時間になりますよね

さらに、体験に参加した人もそうでない人も、「せんべいの味に満足」との声が多く見られました。

読者へのメッセージ

編集部

最後に、この記事を読んでいるカップルに向けて一言メッセージをお願いいたします。

高橋さん

おせんべいを食べたことはあっても、焼いたことがあるという方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。お米とお醤油だけのシンプルな食べ物ですが、奥深さを感じていただけると思います。

「実は甘いお菓子よりしょっぱいほうが好きだ」「やわらかいお菓子より多少歯ごたえのあるほうが好きだ」「体験を思い出として残したい」といった方にはご満足いただけると思います。あてはまるお客様は、ご参加をお待ちしております。ぜひお気軽にお問合せください。

編集部

とくに男性は甘いものが得意ではないという方も多いですよね。デートでおやつを楽しむなら、せんべいはもってこいだなと思います。身近な食べ物であるせんべいがどのようにできるのかを体験しつつ、一番おいしい焼き立てをいただけるなんて最高ですよね。

髙橋さん、今回は貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。

「草加煎餅まるそう一福」の基本情報

住所 〒340-0002
埼玉県草加市青柳2-16-18
電話番号 048-936-6301
営業時間 売店:9:00~18:00
手焼き体験:10:00/13:30

※体験は要予約
※上記以外の時間帯を希望される場合は要相談
定休日 1/1
最寄り駅・アクセス 【車】
外環道 草加ICより約10分
外環道 三郷西ICより約10分

【電車・バス】
東武スカイツリーライン「獨協大学前<草加松原>駅」下車後、
東口(2)番乗り場より、東武バス乗車
①「青柳5丁目」行き
②「新田駅」行き
③「上彦名」行き
④「ピアラシティ」行き
上の4つのいずれかに乗車し、約10分

【タクシー】
「獨協大学前<草加松原>駅」よりタクシーにて約10分
駐車場 あり
体験料金 ・手焼き体験コース
(所要時間:1時間)
2名様以上:500円/人

・焼きたて試食コース
(所要時間:40分)
2名様以上:200円/人
予約 必要
公式サイト http://www.sokasenbei.co.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

まるそう一福での体験後におすすめのデートスポット

埼玉県草加市は、草加せんべい以外にも魅力がたくさんある街です。せっかくなので、手焼きせんべい体験のあとは周辺を観光してみませんか?まるそう一福を出たあとに併せて巡りたいおすすめのデートスポットをまとめました。

おすすめのデートスポット

築100年の古民家でいただく海鮮とスイーツ「うめだ商店」

「うめだ商店」は、古民家で美味しいお料理とカフェスイーツをいただけるお店です。2021年、ご夫婦でうめだ商店をスタートされました。なんとこのご夫婦、奥さんは人気カフェを10年、旦那さんは人気居酒屋を16年、それぞれ営まれたご経験があるそう。

その経験が十分に活かされた美しい海鮮料理とスイーツ、古民家の落ち着いた雰囲気がうめだ商店の人気の秘訣です。ぜひお2人でゆっくりと流れる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

うめだ商店公式Instagram:https://www.instagram.com/_umedastore/

レトロな店内で本格ランチがリーズナブルに叶う「蔵カフェ中屋」

草加市では空き家のリノベーションを支援しているため、街中には古民家風のレトロなお店がたくさんあります。中でもこの「蔵カフェ中屋」は、地区150年以上の倉庫をリノベーションして飲食店としてオープンしました。瓦屋根や大きな梁の渡った天井など、随所から趣が感じられますよ。

長時間煮込んだやわらかいお肉や豆からひいたコーヒーなど、本格的なメニューを用意しているにもかかわらず、ランチセットが1,100円、ケーキセットが550円と良心的な価格なのも魅力です。

蔵カフェ中屋公式ホームページ:https://kuracafe.com/

人気サウナでととのう体験「湯乃泉草加健康センター」

カップルの2人がサウナ好きであれば、湯乃泉草加健康センターで「サ活」するのもおすすめです。何を隠そうこの草加健康センターは、サウナ好きのバイブルである『サ道』のドラマにも登場しているほどの名店なんです。ととのい度が高いと評判ですよ。

加えてお風呂のお湯は日本一の清潔度を目指しており、「かまじい」と呼ばれる専門の見張り番もいます。ゆっくり過ごせる漫画コーナーやレストランもあるので、この機会に日頃の疲れを癒やしてみては?

湯乃泉草加健康センター公式サイト:http://www.yunoizumi.com/souka/

炭酸泉で体の芯から温まる日帰り温泉「竜泉寺の湯 草加・谷塚店」

草加市には、スーパー銭湯ブームの先駆けとなった「竜泉寺の湯」があります。こちらでは、入浴・食事・休憩・マッサージなどのサービスがあり、1日中ゆっくり過ごすことができますよ

炭酸泉や天然温泉など、実に14種類のお風呂・サウナに入れて、入館料は750円とお得なお値段です。男女一緒にくつろげる休憩スペースでは、マッサージ機やテレビも完備しています。カップルでのまったりデートにぴったりですよ。

竜泉寺の湯 草加・谷塚店:https://ryusenjinoyu.com/souka/

まとめ:草加せんべいの手焼き体験デートなら「まるそう一福」へ

今回ご紹介したデートプランは、「まるそう一福」での手焼き体験のあとに、古民家カフェや温浴施設を巡るものでした。

「まるそう一福」は、伝統的な手法を大切にしつつも、時代の変化に合わせた革新的な取り組みもおこなっていて、若い世代でも親しみを持てるせんべい工場です。

そんなまるそう一福での手焼き体験に参加することで、日本の伝統技術を身近に感じることができるはずです。さらに普段は食べることのできない焼き立ての絶品せんべいもいただくことができ、心もお腹も満たされるような時間になりますよ

埼玉県でデートを予定しているカップルは、ぜひ参考にしてみてください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック