庄原市の映えスポットを厳選!四季折々の絶景と地元グルメを楽しむデート|広島県

この記事では、庄原観光推進機構・プロモーショングループ・広報担当の奥谷さんにお聞きした情報を元に作成した、広島県庄原市(しょうばらし)の撮影スポットをめぐる、“映え”デートプランを紹介します。

全国でも上位に入る面積を誇る庄原市は、のどかな里山の風景が広がる地域です。自然を生かした観光名所はもちろん、G7広島サミット2023で提供された「比婆牛」を味わえる飲食店も充実しています。

そんな庄原市で、特に撮影向きのスポットをピックアップし、デートプランを考えました。おすすめルートや撮影ポイントも紹介するので、ぜひデートの参考にしてみてくださいね。

庄原市の映えスポットめぐり・おすすめルート

おすすめするのは、車で映えスポットをめぐるルートです。庄原市は面積が広く、スポットごとの移動にも距離があります。里山の風景を眺めながら、2人きりのドライブデートを満喫しましょう。

ここからは、各スポットの特徴と、撮影ポイントをおすすめルート順にお伝えします。

おすすめ“映え”スポット1「国営備北丘陵公園」

庄原市にある「国営備北丘陵公園」の春風景

「国営備北丘陵公園(こくえいびほくきゅうりょうこうえん)」があるのは、JR「備後三日市駅」から車で約5分の場所です。園内には大きく7つのエリアがあり、売店やレストランも併設されています。

撮影におすすめなのは、季節の花が咲き誇る「花の広場」です。春にはチューリップやネモフィラ、秋にはコスモスなどが園内を彩ります。

庄原市にある「国営備北丘陵公園」の春風景
▲爽やかなネモフィラが園内の風景にマッチ

庄原市にある「国営備北丘陵公園」の秋風景
▲秋にはピンク・白などのコスモスが上品な雰囲気を演出

花に囲まれた様子を撮影するなら、花畑の中にある通路が便利です。2人で通路に立ち、季節の花をバックに自撮りする手もあります。

奥谷さんからのおすすめポイント

女性スタッフのアイコン
奥谷さん

「国営備北丘陵公園」では毎年、期間限定で「備北イルミ」が開催されています。2023年度の開催期間は、2023年11月3日~2024年1月8日です。ぜひ、撮影デートにもお役立てくださいね。

「備北イルミ」の期間中には、該当エリアの樹木にイルミネーションが施されます。暗くなるとイルミネーションが点灯し、森全体が光り輝くように見えるそう。

庄原市の「国営備北丘陵公園」に点灯するイルミネーション風景
▲樹木のイルミネーションが、幻想的な雰囲気を演出

開催エリアごとに、フォトスポットが設けられるのもポイントです。園内に点在するフォトスポットを活用し、ロマンチックな記念写真を撮影しましょう。

イルミネーション点灯時に設置される「ハートのリング」
▲ハートとツリー、2種類のイルミネーションを組み合わせるのもおしゃれ

「ハートのリング」を使った記念撮影風景
▲開催年が入った「ハートのリング」は記念撮影にピッタリ!自然と2人の距離も縮まりそう

周辺の飲食・体験・買い物スポット

「国営備北丘陵公園」の周辺には、観光・グルメスポットも充実しています。食事やアクティビティ、買い物に役立つスポットをチェックしましょう。

「ドライブイン ミッキー」で昼食タイム

ランチタイムには、「国営備北丘陵公園」から車で5分ほどの場所にある「ドライブインミッキー」がおすすめです。

広島牛を使ったステーキや定食の他、中華そばも味わえます。100種類ほどのメニューから違う料理を頼み、2人でシェアするのも楽しそうですね。

公式サイト:ドライブイン ミッキー

「ふくふく牧場」で乳搾り体験

「国営備北丘陵公園」を出て20分ほどドライブすると、「ふくふく牧場」が見えてきます。山を切り拓いた牧草地では、のびのびと生活する牛たちと触れ合えます。

牛の乳搾りや、チーズ・バター作りなど、体験メニューも豊富なので、ぜひ2人で足を運んでみてくださいね。

公式サイト:ふくふく牧場

お土産の購入に便利な「食彩館しょうばらゆめさくら」

「国営備北丘陵公園」から車で約10分の場所にある「食彩館しょうばらゆめさくら」は、家族・友人へのお土産購入におすすめです。

「庄原市の食」が集まる施設では、新鮮な野菜や加工品、庄原市のブランドとされる「比婆牛」のサーロインなどを購入できます。施設内には「ミルクファームHaru」もあり、素材にこだわったソフトクリームやジェラート、シャーベットなどを味わえますよ。

参考サイト:庄原観光ナビ「食彩館しょうばらゆめさくら」

「国営備北丘陵公園」の基本情報(アクセス)

住所 〒727-0021
広島県庄原市三日市町4-10
電話番号 0824-72-7000
(管理センター)
最寄り駅
アクセス
【徒歩】
JR「七塚駅」から:約20分

【車】
中国自動車道「庄原IC」から:約10分
開園時間 3月1日~6月30日:9:30~17:00
7月1日~8月31日:9:30~18:00
9月1日~10月31日:9:30~17:00
11月1日~11月22日:9:30~16:30
11月23日~12月25日:14:00~21:00
12月26日~2月末日:9:30~16:30
※閉園の1時間前まで入園可能
※備北イルミの開催月日・開園時間は変更になる可能性あり
休園日 ・毎週月曜日
※祝日の場合は翌平日に振替
※4月9日~5月5日・7月21日~8月31日・9月16日~10月16日の月曜日と、その翌日が休日に当たる月曜日は開園

・年末年始(12月31日〜1月1日)
公式サイト 国営備北丘陵公園

食べる“映え”スポット2「CAFE CLöüD(カフェクラウド)」

庄原市にある「CAFE CLöüD(カフェクラウド)」の内観

「国営備北丘陵公園」から車で10分ほどの場所に、「CAFE CLöüD(カフェクラウド)」があります。韓国風のカフェで、12:00〜14:00にはランチメニュー、14:00〜18:00はカフェメニューが提供されます。

「季節のフルーツクロッフル」で、旬の写真をパシャリ

「CAFE CLöüD(カフェクラウド)」で提供される「季節のフルーツクロッフル」
▲秋にはおいもを使ったクロッフルが提供される

「CAFE CLöüD(カフェクラウド)」を訪れた際には、カフェメニューの「季節のフルーツクロッフル」を注文してみてください。

クロッフルは、クロワッサンとワッフルを合体させた韓国生まれのスイーツ。サクサクのクロッフルの上にアイスや旬のフルーツを載せたメニューは、盛りつけにもこだわった1品です。

「季節のフルーツクロッフル」とドリンク
▲ドリンクと並べて撮影するのもおすすめ

奥谷さんからのおすすめポイント

女性スタッフのアイコン
奥谷さん

期間限定のメニューは、1か月ごとに内容が変わります。ぜひお店のSNSをチェックしてみてくださいね。

「CAFE CLöüD(カフェクラウド)」の基本情報(アクセス)

住所 〒727-0013
広島県庄原市西本町1丁目1-10
電話番号 0824-74-6665
最寄り駅
アクセス
【徒歩】
JR「備後庄原駅」から:約10分

【車】
JR「備後庄原駅」から:約5分
営業時間 【ランチタイム】
12:00〜14:00

【カフェタイム】
14:00〜18:00
定休日 ・日曜日
・月曜日
・祝日
公式SNS CAFE CLöüD(カフェクラウド)|庄原カフェ

おすすめ“映え”スポット3「帝釈峡」

庄原市にある「帝釈峡」の様子

「帝釈峡(たいしゃくきょう)」があるのは、「CAFE CLöüD(カフェクラウド)」から30分ほどの場所です。

庄原市と神石高原町にまたがる峡谷で、(※)日本百景にも選ばれています。(※参考:日本百選 都道府県別データベース「日本百景」

「上帝釈エリア」「神龍湖エリア」のそれぞれで、四季折々の風景を楽しめるのが特徴。上帝釈エリアを訪れるなら、新緑シーズンの夏がおすすめです。

迫力のある「雄橋」と、爽やかな新緑が織りなすリラックス空間を満喫できますよ。

「帝釈峡」での記念撮影イメージ
▲天然の岩でできた「雄橋」と緑が爽やかな雰囲気

一方の神龍湖エリアでは、「神龍橋」「桜橋」「紅葉橋」という3つの赤い橋を渡る散策デートを楽しめます。

遊覧船やカヤックを使うと、両岸にそびえる断崖や珍しい形の岩など、変化に富んだ渓流美の鑑賞も可能。秋の紅葉シーズンに見られる、赤・黄に染まる渓谷と、それを映す湖面のコントラストは絶景です。

「帝釈峡」の近くを周回する遊覧船
▲遊覧船に乗って、のんびりと渓流美を堪能するのもおすすめ

奥谷さんからのおすすめポイント

女性スタッフのアイコン
奥谷さん

遊覧船乗り場近くにある「湖畔カフェ」では、アイスやクレープなども購入できます。おいしいスイーツを味わいながら、渓流の絶景をお楽しみください。

自家製の米・地元野菜が自慢の「弥生食堂」

上帝釈エリアの第2駐車場の近くには、「弥生食堂」という定食屋さんがあります。自家製の米や、庄原市で採れた野菜、渓流で育ったアマゴなど、地元グルメを堪能できるお店です。

奥谷さんからのおすすめポイント

女性スタッフのアイコン
奥谷さん

お土産の購入や、自転車のレンタルも可能です。デートの休憩に、ぜひご利用ください。

参考サイト:食べログ「弥生食堂」

「帝釈峡」の基本情報(アクセス)

住所 〒729-5244
広島県庄原市東城町帝釈未渡
電話番号 0847‐72‐5111
(庄原市役所東城支所)

0847-86-0611
(帝釈峡観光協会)
最寄り駅
アクセス
【車】
〈上帝釈峡エリア〉
中国自動車道「東城IC」から:約20分

〈神龍湖エリア〉
中国自動車道「東城IC」から:約15分
参考サイト 帝釈観光協会「帝釈峡とは」

おすすめ“映え”スポット4「三河内棚田テラス」

庄原市にある「三河内棚田テラス」

「帝釈峡」を出て45分ほど車を走らせると、「三河内(みつがいち)棚田テラス」が見えてきます。

比和町三河内の里山は、広島県が実施したディスティネーションキャンペーンのポスター撮影の場所に選ばれた地域です。撮影地点から里山の風景を楽しむために、「三河内棚田テラス」が設置されました。

テラスに置かれた黄色い椅子が、のどかな里山の風景によく映えます。椅子に座ってバンザイをすると、より開放的な雰囲気が出せると思いますよ。

「三河内 棚田テラス」での撮影イメージ
▲のんびりと自然を楽しめる「三河内棚田テラス」は、撮影にピッタリ

快晴の日に訪れて、爽やかな青空と里山の風景を写真に残しましょう。

奥谷さんからのおすすめポイント

女性スタッフのアイコン
奥谷さん

季節を選ばないスポットですが、強いていうならば田植え前の時期がおすすめです。水を張った田んぼの水面に太陽や夕日、月が反射し、幻想的な風景を楽しめます。

「三河内棚田テラス」の基本情報(アクセス)

住所 〒727-0311
広島県庄原市比和町三河内1248
最寄り駅
アクセス
【車】
JR「備後庄原駅」から:約30分
中国自動車道「東城IC」から:約50分
参考サイト ザ・里山アート「三河内棚田テラス」

取材協力:庄原観光推進機構(https://www.shobara-info.com/