【北海道】旭川市にある「男山酒造り資料舘」でお酒造りの歴史を学ぶデートプラン

「男山酒造り資料舘」は、旭川を代表する地酒「男山」で知られる男山株式会社が運営する、日本のお酒造りに特化した資料館です。

旭川市旭山動物園から車で約15分のところにあり、日本酒好きのカップルであればぜひ訪れてほしいスポットです。蔵元限定のお酒を試飲できるほか、お酒造りの歴史や日本酒の製造工程を学ぶことができます。

この記事では、男山酒造り資料舘の現場責任者である菊地倫紀さんにも話を伺い、施設の見どころや男山酒造り資料舘前後に訪れたいデートスポットについてもまとめています。

ぜひ次回のデートの参考にしてみてください。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20~30代
おすすめカップル:日本酒が好き、自然が好き、動物が好き
どんなデート?:お酒の歴史が学べる、お酒にまつわるグッズが買える、動物園を満喫
目安時間:約5時間
目安予算:2人で4,000円~

概要:お酒の歴史を学んだあと動物園を見てまわるデートプラン

今回は、男山酒造り資料舘でお酒にまつわる歴史を学んだあと、旭川市旭山動物園を見てまわるデートプランをご紹介します。

移動時間の短縮のため、車を使ったデートプランになります。

11:30~12:00 男山酒造り資料舘の展示物を見る
※車移動ということで試飲はなし
売店でお土産を購入
12:10~13:10 あさひかわラーメン村でランチ
13:25~16:25 旭川市旭山動物園を見てまわる

※空白の時間は移動時間です

男山酒造り資料舘の入館料は無料なので、予算としてはお土産代・ランチ代・旭川市旭山動物園の入園料(大人1人1,000円)がかかることになります。

男山酒造り資料舘の試飲コーナーを楽しみたい場合は、公共交通機関を利用することになります。男山酒造り資料舘から旭川市旭山動物園まではバスで1時間ほど(乗り換えあり)。

男山酒造り資料舘でお土産をたくさん買いたい場合は、午前中に旭川市旭山動物園を訪れてから男山酒造り資料舘に行くのもよいでしょう。またランチを挟む場合は、あさひかわラーメン村ではなく旭川市旭山動物園内にあるレストランを利用することをおすすめします。

では、男山酒造り資料舘について詳しく解説します。

日本のお酒造りについて学べる、男山酒造り資料舘

男山酒造り資料舘の2階江戸時代資料室

旭川の地酒として有名な「男山」。江戸幕府の官用酒「御免酒」として知られ、浮世絵や歌舞伎などにも描かれた歴史あるお酒です。1887年に男山株式会社の前身である山崎酒造が北海道の地にて創業されたのち今日に至るまで、北海道の自然の恵みに育まれたお酒を世に送り出しています。

男山酒造り資料舘は、男山株式会社が運営する資料館であり、江戸時代の酒造りに関する貴重な資料を展示している点が特徴的です。実際の仕込みの様子なども見ることができますよ。

春から夏にかけては、前庭でエゾヤマザクラやフジ(フジ棚)、アジサイといった植物を鑑賞できるほか、池の鯉にエサをやることもできます。また毎年2月第2日曜日には、「酒蔵開放」という造りたての酒を味わえるイベントも開催していますよ。

今回は、男山酒造り資料舘の現場責任者である菊地さんに施設の魅力について話を伺いました。

季節限定のお酒を飲み比べできる

編集部

男山酒造り資料舘では、江戸時代の貴重な資料や酒器などを展示していると伺いました。男山酒造り資料舘で体験できることについて、詳しく教えていただけますか?

菊地さん

1階の試飲コーナーにて蔵元限定や季節限定のお酒などの試飲ができます。無料試飲は、種類を10種類に縮小し、この中からおひとり様3杯までとさせていただいております(2021年10月現在)。試飲されるにあたり「整理番号札」を用意して、試飲コーナーに人が集まり過ぎないようにしています。

有料試飲では、「純米大吟醸」と蔵元限定大吟醸酒「木綿屋 七ツ梅」30mlを各100円(税込)にてお楽しみいただけます。

男山酒造り資料舘の試飲コーナー
▲10種類の中からどれを試飲しようか迷ってしまうかも!

2階と3階は展示施設となっており、ガラス越しに蔵の中をご覧いただけます。冬場の仕込み時期ですと、仕込み作業を一部ご覧いただける場合がございます。

3階では、昔の酒造り道具の展示のほか、日本酒の製造工程と男山の歴史を5か国語(日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語)対応のVTR(約8分間)でご覧いただけます。

男山酒造り資料舘で展示されている昔の酒造り道具
▲お酒造りの道具を間近で見られるのはレア

編集部

男山で販売しているお酒の無料試飲ができるのは、男山酒造り資料舘ならではですね。カップルで別々のお酒を選んで感想を言い合うのも楽しいと思います。

「木綿屋 七ツ梅」は蔵元限定ということで、この機会にぜひ飲んでいただきたいですね。「後味がすっきりとして香りもよい」という口コミも見かけました。

また、お酒を飲む機会というのはあっても、実際に仕込んでいる様子や道具を間近で見る機会というのは中々ありません。男山酒造り資料舘では、酒造りの道具なども色々見ることができるので「お酒ってこういう風にできるんだ」「色んな道具を使うのね」と会話も弾みそうですね。

5か国語対応のVTRもあるので、国際恋愛カップルも利用しやすそうです。

前庭では四季折々の植物を鑑賞できる

男山酒造り資料舘の前庭

編集部

菊地さんが思う、施設の魅力や見どころを教えていただけますか?

菊地さん

日本酒に興味がある方や、日本酒が好きな方にはより満喫していただけると思っておりますが、そうではない方にも楽しんでいただける施設作りを行っているつもりです。

売店では、お酒以外にもお菓子や、酒器や前掛け、Tシャツなどの男山グッズや甘酒(190g缶)、酒粕アイスなどもございます。

資料舘前に前庭(日本庭園)があり、お花の時期になるとエゾヤマザクラやフジ(フジ棚)、アジサイなどのお花が咲きそろいます。前庭にある池には鯉が泳いでおり、その年の気温に左右されますが、5月頃から9月頃までエサやりを楽しむことができます。
※エサ1袋10円、1日あたり数に限りあり、雨天中止

男山酒造り資料舘の前庭にある池で泳ぐ鯉
▲天気の良い日であれば「ひょうたん池」で鯉にエサをあげることも!

雪が積もる時期になると、この前庭の一部に雪の滑り台を作り、チューブ滑りを楽しんでいただいています。

編集部

前庭は私も先ほど拝見しましたが、とても優雅な雰囲気で驚きました!鯉が泳ぐ「ひょうたん池」にかかっている橋も、風情があって落ち着きます。春から夏にかけてのお花のシーズンには、私もぜひ足を運びたいと思いました。デートで訪れるのにもぴったりの場所ですね。

また、ウィンターシーズンでは雪の滑り台を設置するなど、季節に合わせた演出を行っているのも魅力的です。地元の方で足しげく通っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

売店の話題が出ましたが、おすすめの商品についてもう少し詳しく教えていただけますか?

菊地さん

当館1階に売店があり、弊社のほとんどのお酒をお買い求めいただけます。蔵元限定商品としてお酒や食品、雑貨があります。

食品では、原料のお米を精米する時に発生する米粉で造った「蔵おこし」、酒粕を使ったカップアイス等もございます。雑貨では酒器や前掛け、男山オリジナルグッズなども販売しています。

男山酒造り資料舘の売店
▲とにかく商品の種類が豊富!

編集部

試飲して気に入ったお酒や、デートの記念になるお酒を購入することができるのはいいですね。蔵おこしはサクサクとした軽い食感で美味しいと聞いたことがあります。男山酒造り資料舘を訪れたらマストで手に入れたいお菓子ですね。私も米菓子が好きなので、後ほど購入したいと思います♪

また、お酒にまつわるグッズや食品がさまざまあるのはとても魅力的だと思いました。日本酒が得意でない方でも、酒粕を使ったアイスや蔵おこしを食べて日本酒やお米自体のポテンシャルの高さを実感することができそうです。

カップルでお揃いの酒器を買って、おうちで男山を一緒に味わう…というのもよいですね。

喜多川歌麿の浮世絵が完成する過程を再現したパネルは必見

編集部

菊地さんから見て、特に好きな展示やコレクションなどがあれば教えてください。

菊地さん

当舘2階にある江戸時代資料室には、「男山」の由来や、当時の人気などを裏付ける歴史的資料を展示しています。

その中で、喜多川歌麿の浮世絵「名取酒六家選 若那屋内白露 木綿屋乃男山」が完成するまでを、制作過程が分かる「順序摺(じゅんじょずり)」で再現した浮世絵をパネル22枚にて公開しております。多色刷りの繊細さや正確さ、色の鮮やかさなど、とても興味深いと思います。

編集部

名取酒六家選は、人気の遊女と銘酒を組み合わせて描かれた浮世絵ですよね。私も「名取酒六家選 若那屋内白露 木綿屋乃男山」を拝見しましたが、ほっそりとした優美な雰囲気の遊女・白露の佇まいが何とも言えずよいですね。江戸幕府の官用酒(御免酒)であった男山の歴史の深さを感じさせる貴重な資料だと思います。

また、浮世絵の順序摺は日本の伝統的な木版画制作の過程が学べて面白いです。美術好きのカップルにもおすすめできる展示ですね。

お酒造りの職人ポーズでデートの記念写真を撮ろう

編集部

思い出の写真を撮影できるスポットはありますか?

菊地さん

資料舘の正面入り口の両サイドに写真スポットをご用意しております。入り口に向かって左側には、木製の「大桶」がございます。桶の中には「櫂棒(かいぼう)」という米、米麹、水などの原料を混ぜる時に使う道具も設置しているので、お酒を造っている感じで撮影いただけます

男山酒造り資料舘の大桶
▲インパクトのある写真を撮るなら大桶がおすすめ

また、向かって右側には大きな「酒林(さかばやし)」が吊るされており、その下にベンチがありますので、こちらでも記念撮影をしていただけます。館内には「はっぴ」と「前掛け」、それから4.5Lサイズのお酒の瓶をご用意しておりますので、撮影の際に自由にお使いください。

男山酒造り資料舘の酒林
▲ベンチに座って写真を撮るのもおすすめ

編集部

大桶と酒林はとてもインパクトがあり、ユニークな写真が撮れそうですね。男山のはっぴや前掛けを身に着けて、職人風の写真を撮るのも面白そうです♪また、4.5Lサイズの酒瓶も雰囲気を盛り上げるのにぴったりのアイテムですね。一緒に持ってポーズを決めたりと、色々な撮り方ができそうです。

男山酒造り資料舘の口コミ・評価

北海道旭川市にある男山酒造り資料舘の外観

編集部

来館者さんからよく聞く感想などがあれば教えてください。

菊地さん

お酒の仕込み時期なら特に、館内に入られた直後、「お酒の匂いがする!」と驚かれるお客様がいらっしゃいます。

編集部

お酒の匂いがするというのも、男山酒造り資料舘ならではの感想ですね。

編集部でも口コミを調査したところ、以下のようなお声がありました。

アイコン

色々な資料が展示されていて日本酒の勉強になった。

アイコン
前庭がとてもキレイ!
アイコン
お土産も買えて楽しかったです。
アイコン
試飲コーナーの内容が充実していてよかった。

「施設内容がよい」と感じている方が多い印象です。また、男山酒造り資料舘では「延命長寿の水」と呼ばれる男山の仕込み水を無料開放しているということで、お水を汲みに行っている方もたくさんいるようです。デートの際に水筒などを持参してお水を汲んで帰るのもよいですね。

男山酒造り資料舘からのメッセージ

男山酒造り資料舘の菊池さん

編集部

最後に、デートでの来館を検討しているカップルやご夫婦へのメッセージがあれば教えてください。

菊地さん

蔵元限定酒や季節限定酒、お酒が苦手な方には甘口タイプや低アルコールのものなど色々なタイプのお酒をご用意しております。お酒選びを通して、お互いの好みを話しながら、お二人の気持ちを深めていっていただけたら嬉しい限りです。

お酒をお土産に、お家に帰ってからも一緒に楽しいひと時をお過ごしいただきたいとも思っています。

編集部

本日はお忙しい中、ありがとうございました。

男山酒造り資料舘の基本情報

住所 〒079-8412
北海道旭川市永山2条7丁目1番33号
アクセス 【車】
・旭川空港から30分/旭山動物園から15分
・ラーメン村から5分/鷹栖ICから15分
【公共交通機関】
・道北バス「永山2条6丁目バス停」下車徒歩2分
営業時間 9:00〜17:00
※酒蔵開放:2月第2日曜日は10:00〜15:00
休館日 年末年始(12/31、1/1〜3)
駐車場 あり(バス8台、自家用車50台)
料金 無料
問い合わせ 0166-47-7080(酒造り資料舘)
予約 不要
空いている時間帯 2021年10月現在は、ほぼ毎日空いています。
※自粛期間に入る前は、9:00台・13:00前後・16:00台・土日祝日が混雑。
その他

新型コロナウイルス感染症対策については公式HPの最新情報をご確認ください。
https://www.otokoyama.com/

公式サイト http://www.otokoyama.com/
museum/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

男山酒造り資料舘の後に訪れたい観光スポット&グルメ

男山酒造り資料舘は、自由見学形式です。試飲コーナーが混み合うと少し時間がかかりますが、通常の流れであれば滞在時間は30分ほどです。

デートプランに組み込む際は、前後に観光スポットや食事ができる場所をピックアップしておくとよいでしょう。

おすすめのデートスポット

日本最北の動物園「旭川市旭山動物園」

年間約140万人が訪れる日本最北の動物園、旭川市旭山動物園。旭川市民はもとより、日本全国から観光客が訪れる旭川きっての観光スポットです。フラミンゴやペンギン、ホッキョクグマ、レッサーパンダ、爬虫類、さる、きりんなどさまざまな動物を飼育しています。

旭川市旭山動物園では「行動展示」に力を入れており、飼育動物それぞれの特徴がしっかり発揮されるよう、施設設計などにも工夫を凝らしています。

園内には休憩できるレストランなどもあり、デートでも利用しやすいスポットといえるでしょう。

公式サイト:https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

ランチにおすすめ!「あさひかわラーメン村」

ラーメン文化も有名な旭川。あさひかわラーメン村では以下の8つのお店が集合し旭川ラーメンの魅力を伝えています。

  • 青葉:昭和22年創業。化学調味料を一切使わない自然の恵みたっぷりのスープが特徴。
  • いってつ庵:魚だしと豚骨をブレンドした和食のテイストのスープが人気
  • いし田:厳選した素材を使用して生み出した「すね骨」の豚骨スープは絶品。
  • 天金:豚骨・鶏ガラスープが昔ながらの味を演出。
  • 山頭火:「ただひたすら飽きない」というモットーを掲げ、食べやすいラーメンを追求。
  • さいじょう:「健康になる、美人になる」がコンセプト。あっさりめのスープが特徴。
  • 平和:厳選した3種類の味噌をブレンドしているところがポイント。ホルモンもおすすめ。
  • 梅光軒:ザ・旭川ラーメン。自家製中細ちぢれ麺と秘伝スープのコラボが絶妙。

公式サイトにメニューが載っているので、ふたりでどこのお店に行こうか事前に決めておくとよいでしょう。

公式サイト:https://www.ramenmura.com/

まとめ:日本酒の奥深さを学べるデート

男山酒造り資料舘では、貴重な資料の数々から日本のお酒造りに関する歴史や製造工程を学ぶことができます。日本酒が造られる過程を知ることで、何気なく飲んでいる日本酒の奥深さを再発見することができるでしょう。

また、デートの記念として男山のお酒や、蔵おこし、オリジナルグッズなどを購入するのもおすすめです。おうちに帰って、ふたりでデートの思い出を語りながら杯を傾けるというのも乙なものですよ。

少し足を延ばせば、旭川市旭山動物園で動物園デートも楽しめます。ランチには旭川ラーメンを食べて、旭川の魅力を満喫してみてください。きっと素敵な思い出になるはずです。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック