【現役CAが伝授】パイロットとの出会い方&付き合い方

パイロットってどんな人たち?

マッチングアプリ大学ミサキ

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。ミサキは相変わらず婚活に励んでおります。

本日は、大人気の職業パイロットとの恋愛について解説していきます。

恋愛・婚活市場ではなかなかお目にかかることができない、そして出会えてもお付き合いのハードルが高いパイロット。

CAとして近くで見ているからこそ皆さまにお伝えできる、彼らの生態と攻略法を紹介していきます。

CAミサキが実際にマッチングアプリを使ってパイロットと出会い、お付き合いまでした体験談も後半に載せています!

憧れのパイロットとお付き合い・結婚したい女性たちは必読です!!

パイロットってどんな人たち?

パイロットってどんな人たち?

まずは、きっと皆さまにとって謎多きパイロットについて、ご紹介していきましょう。

彼らの働き方と性格の特徴についてみていきます。

パイロットの働き方:不規則で家を開けることが多い

「パイロット」と一口に言っても、働くエアライン(国内大手の二社エアラインと、その他の子会社系やLCC系エアラインなど)、操縦する飛行機の種類などによって働き方が変わってきます。

また、フライト先もそれぞれです。

まず最初に思い浮かぶのは、大手航空会社の民間旅客機のパイロットだと思いますが、自衛隊のパイロットもいますし、カーゴ(貨物)専用の飛行機のパイロットもいます。

そしてパイロットはどんな飛行機でも操縦してよいわけではありません。1つの機材のためにたくさん勉強と訓練を行い、試験を経てようやくライセンスを取得します。

差はありますが、比較的小さめで国内線など短距離向けの飛行機のライセンスを取ってから、大きめの長距離用の飛行機のライセンスを取ることが多いです。

その会社でその機材がどこに就航しているのかによって、彼らの飛行先が変わってきます。

国内大手とその他エアラインの具体的なスケジュール

では、日系の大手エアラインで働くパイロットのスケジュール一例を見てみましょう。

例1:国内大手のエアラインスケジュール例

国際線 2泊4日

4日オフ
国内線 2泊3日
スタンバイ
(突然飛ばされるかもしれない日)
2日オフ
スタンバイ
国際線 2泊4日
3日オフ
オフィスワーク
国内線 2泊3日

こんな感じです!国際線だけが担当ということはなく、自分の保有するライセンスの機材が就航しているところすべてに飛ぶ可能性があります。なので、国内線も国際線も関係なく混ぜこぜに飛びます。

飛行機の行き先はエアラインの決定に従います。

なので、例えばボーイング777機のパイロットが、就航地であるパリがお気に入りだとしても、会社が「パリにはエアバスA340を飛ばすことにします」と決定すると、もうパリには行けなくなります。

「国際線 2泊4日」とは?

1日目:フライト
2日目:海外にステイ
3日目:海外にステイ
4日目:フライトして帰宅

という感じです。なので、例えば1日目の朝に家を出たら、4日目まで家には帰ってきません。国際線を飛んでいるCAも同じですが、結構家を空けますよね。

では国内線だけを飛ぶ場合はもっと家にいるのでしょうか?見てみましょう!


例2:国内線だけのエアラインスケジュール例

国内線 日帰り

国内線 2泊3日

オフ

この感じを繰り返す

2泊3日というのは、1日に国内線を何便か乗務して、最後のフライト先でステイ(宿泊)し、翌日も同じようにどこかにフライト&国内ステイして、3日目はフライトしたあとに自分の自宅に戻ることです。

国内線だけを飛んでいても、日帰りで絶対に家に帰ってくるわけではなく、国際線の時と同じように2、3日家を空けることになります。

結構家にいない日が多いことがお分かりいただけるかと思います。

意外とお付き合いできるチャンスがある外国人パイロット

意外とチャンスがある外国人パイロット

パイロットといっても日本人だけではありません。

金髪、青い目、映画でしか見ないようなイメージのTHE・カッコイイ外国人パイロットとも、お付き合いできる可能性はあります。

例えば、日本に就航している外資系エアラインのパイロットなら、日本に飛んでくると2日間程ステイがあるので、遠距離恋愛も可能になります。

「いやいや、可能とはいえどうやって?!」って??

ミサキが外資系エアラインで飛んでいたときも、月に1−2回日本に飛べるようリクエストして、現地の彼女と愛を育んでいるパイロットをたまにみました!

パイロットの中にもCAは嫌だっていうタイプや、日本人がいい!というタイプもいます。

彼らはステイ中に積極的に出会いを探していました。

日本語のタンデムパートナー(語学交換相手)をネットで探したり、Tinderなどの出会い系アプリを使用して出会ったという話をよく聞きました。

ミサキがいた外資系エアラインは多国籍のCAがいたんですが、日本行きのフライト中にコックピットからでてきたパイロットが、わざわざ日本人CAの私に「日本大好きなんだよね〜。君はステイ中何するの?」なんて声をかけてきたことがありました。

あれ?誘われてる!?なんて少しだけ期待しながら会話をしていたら、「僕は日本の彼女に会うよ〜(ニッコリ)」なんて言われて萎えたりしてました(笑)

あとは、外国人パイロットしか採用していない国内の某エアラインもあります。チャンスはあるので、あとはどう出会うかだけですね。

例外:外資系に勤める日本人パイロットは出会うのが難しい

上記の逆バージョンです。海外在住・外資系エアライン勤務の日本人パイロットもいないこともないのですが、もうほぼ滅多に出会えないレアキャラです。

彼らは現地のパイロットとして採用され働いていて、そこから世界中に飛んでいます。

なので日本に頻繁に来れるというわけでもなく、出会うのが困難すぎるレアキャラです。

ミサキの同僚CAは知り合いのツテを辿りに辿って、お付き合い・結婚し、その国に引っ越しました。

が、それはそれは壮絶でした(笑)これだけの根気と勇気がある人が勝つんだなぁって感じです。詳しくは記事の後半でご紹介します!

パイロットの性格は?

パイロットの性格は?

ここからは、パイロットの性格について見ていきましょう。どんな職業でもそうですが、一概に全員がこうだとはもちろん言えません。

でも、ある程度の傾向はあると思います。ミサキが実際に見てきたパイロットの性格をまとめてみました。

パイロットは女性が多い環境にいる

あまり知り合う機会のないパイロット。でもきっと皆さまの中にも、「責任感のある誠実なイメージ」と「モテる・遊び人のイメージ」の両方が混在するでしょう。

ミサキがCAになりたての頃は、仕事のたびに、もうそれはそれはピュアな気持ちで尊敬だけの念を持って彼らのことを見ていました。働いている姿は本当にカッコいい!!でも何年も見ていると見たくないことまで見えてきました…。

結論:残念ながら、彼らは努力せずとも遊べる環境にある。

もちろん、マジメなタイプもいるがすでに恋人がいることが多く、彼らが恋愛市場にでることは滅多にない。

モテる職業・環境なので、競争率が高いことや、お付き合い・結婚できた先にも不安がついて回ることなど、どうしてもそれなりの覚悟は必要となります。

パイロットがどのような環境にいるのか、簡単に説明しましょう。

女性が多い環境のため、出会う活動をしなくて良い。

航空会社は皆さまご存知の通り、女性社会です。大きな飛行機だと、CA約20人に対してパイロット3人というハーレム状態でフライトします。

会社によっても異なりますが、たいてい毎回新しいメンバーと代わる代わる飛びます。ここまでいろんな女性と接点がある職業って他にない気がします。

たとえば医師もまわりにたくさんナースがいますが、毎日仕事のたびにどんどん新しい顔ぶれになるわけではないですしね。

デートに誘わなくとも、食事の機会がある

デートに誘わなくとも、ステイ先で皆で夜ご飯行こうっていう流れになりやすいです。まぁ、なんて簡単なんでしょう。これで、パイロットはハーレム食事会の完成です(笑)

そして、どうしてもパイロット狙いのCAは存在します。彼女らを侮るなかれ(笑)もうとんでもないくらい肉食。

それに、パイロットは年収もいいので少しおごるくらいなんてことないです。たとえばステイ先の食事でも、だいたいパイロットたちが多めに払って、CAからは一律数千円だけ受け取ることが多いです。

たまに気前のいい機長だと全額奢ってくれたりします。

女性と二人きりになれる環境がある

パイロットが遊べる最大の要因は、ステイ先にホテルのお部屋があることです。

ステイ中にくっつくCAとパイロットはよくいます。パイロットとCAのホテルが別の場合もありますが、「部屋においでよ」というキラーワードさえあれば事に及べる状態になっています(笑)

それどころか、誘われてもないのに自らお酒を持って「一緒に飲みましょう〜!」って部屋にアポなしで突撃するようなCAの話も聞いたことがあります(笑)見習うべきなのかわからない程の肉食っぷりw

このように、たくさんの女性とチャンスがあり、自ら口説かなくても女性から誘いにこられるモテるパイロットは最強に遊べる環境が整っています。

フライト以外は勉強に集中して忙しいタイプが多い

パイロットがフライトをしていないオフのときは、飛行機のライセンスを更新するための試験勉強をしたり、数年も先の機長昇格試験のための勉強に集中していることが多いです。

ミサキも「オフなら遊ぼうよー!」って言えずにもどかしい思いをしたりしました。だって1ヶ月丸々勉強漬けだったりするんですよ。とくに機長昇格試験の前は音信不通を覚悟するレベルにマジで勉強しています。

リーダーシップ力があり、プライドは高い

パイロットは職業柄、乗員乗客の命を一度に預かる仕事をしています。その数は多くて500人以上にもなります。乗客・CAを含めて全員のリーダーです。

すべての人の上に立つ者としての責任感やリーダーシップ力があります。CAも機長命令は絶対だと習います。最終的にすべての権利を持つのは機長なので、従います。

これは本当に個人差が大きいと思いますが、私がお付き合いした方は、お付き合いが長くなると段々と「あ、この人はプライベートでもボスでありたいんだ。私が折れないといけないんだ。」というシーンがかなり多かったです。

この件についても、記事の最後の体験談のところでご紹介しますね。

1人行動に慣れている人が多い

お休みが同期とかぶることも少なく、もちろんカレンダーも関係なく平日にお休みができたりするので、1人でもフラッと飛行機に乗って海外にまで行けちゃう人が多いです。

CA同様、飛行機に乗る抵抗がなくバス・電車感覚です。

そのフットワークの軽さを、「またどこか行っちゃうの?もっと私と過ごしてよ!」って束縛するようでは良くないです。

パイロットと付き合うメリット

パイロットと付き合うメリット

そんなパイロットとお付き合い・結婚するメリットをご紹介しましょう。

旅行慣れしていて楽しいデートができる

パイロットは国内・海外問わずステイ先の美味しいレストランにも詳しく、案内してもらえます。フライトでいくところじゃなくても。

プライベートで旅行するので慣れています。旅慣れしているので、一緒に旅行するときはとてもスムーズで頼れます。

ステイタス・高収入

なにより、パイロットの彼女・妻というステイタスを手に入れることができます。パイロットは、なりたくて努力しても誰もがなれるわけではない、夢の仕事です。

能力だけではなく身体的なことも問われますし、倍率はとても高いです。

そんなリスペクトできる仕事をしているだけでなく、高額な収入もあります。国内大手の機長にまでなれば年収2,000万円以上あります

亭主元気で留守がいい

よく言われる「亭主元気で留守がいい」は、まさにパイロットの妻のためにある言葉ではないでしょうか(笑)

フライト中に何をしているのか不安さえ持たなければ、月の半分近く家にいないので、結婚後のライフスタイルは、奥さんにしてみたらとっても気に入るか、嫌かの二択かと思います。

女性慣れしていてエスコート上手

パイロットは女性社会の嫌なところもたくさんみています。

女性特有の面倒臭い争いやどろどろした問題などがフライト中に起こることも多々あります。そんな環境で私たちをひとつにまとめているパイロットは、とにかく女性慣れしています。

女性がどうしたら喜ぶかをわかっているので、デートがとにかく楽しいです。

もちろん全員がそうとは限りませんが、私が初めてパイロットとデートしたときはそのエスコートの上手さに感動しました。友達の付き合うパイロットの話を聞いていてもそうでした。

制服姿みたら落ちる

あの・・・落ちない人います?(笑)

ミサキは2人のパイロットとお付き合いしたことがありますが、どちらも制服姿に落ちました…(うっとり)パイロットの制服って本当にやばくないですか?(笑)もうそれ以上述べることがない(爆)

あ、ちなみにミサキはちゃんとパイロット帽までかぶってもらいたい派です←(笑)聞いてないって?w

あのパイロット帽、今はかぶらなくても良い会社もあったりするみたいです。できることならつねにかぶっていてほしいです(笑)

すいません、ミサキがいかにパイロットの制服姿が好きかを興奮気味に話して終わりました(笑)

パイロットとどこで出会う?

パイロットとどこで出会う?

さぁ、彼らのことを少しお分かりいただけましたでしょうか。では、実際にどこで出会えるというのでしょうか。

正直、エアライン業界以外の女性が、知人の紹介や街などでパイロットと出会えた話をあまり聞いたことがありません

彼らは数も少ないし、独身で彼女がいない人も少なく、とにかく分母が少ないのでなかなかお目にかかれないんです。

でも諦めないで!可能性をご紹介していきます。

合コンで出会う

合コンで出会うことは正直難しいです。彼らはほとんど現れません。まず、普通合コンには職場が同じ男性数人とかで来ますよね。

彼らはまず数人同時にオフがかぶることも少ない、というかほぼないです。
また、オフだとしても、翌日フライトだとお酒が飲めないので日程が合う可能性はさらに低くなります

あと、そもそもパイロットはあまり飲み会の場でフライト業界以外の女性と出会う気がないように感じます。よく面倒臭いって聞きました。

「大学の友達でパイロットになったやつがいるから連れてくるよ!」なーんて感じに1人だけパイロットっていう飲み会が奇跡的に開催されても、エアライン業界のことを知らない人に質問されまくったりするのが面倒になり、そんな会に行かなくてもCAと遊べるしな…ってなったりします。

合コンにパイロットがきた場合は、ミーハーな質問をしまくったり、間違っても奇をてらうつもりで(?)上から行ったりしないでくださいね。たとえ明日がオフでも「明日フライト早いんで」って途中で帰られますよ(笑)

知り合いのパイロットは、「飲みの席に呼ばれて行くこともあったけど、だいたい失礼なやつが1人はいてイライラするから行くのをやめた。」と言っていました。

だってプライベートでイライラするかもしれない食事会にわざわざ出向かなくても、ステイ中にCAたちとご飯食べてりゃ、楽ですもんね。CAは一応嫌な場合でも上司的な感覚で失礼はないように接しますし。

穴場・ステイ先のホテルやレストランで出会う

パイロットは国内外、就航しているほぼすべての都市でホテルに滞在しています。つまり、東京や大阪などパイロットのベースがある以外の地方都市の方にもチャンスはあります。

彼らが滞在しているホテル、またその周辺でパイロットが行くお店は結構決まっていたりします。そこで出会える可能性はあります。

本気の方は海外旅行のついでにその都市でパイロットに出会う奇跡に賭けるのもあり!?

海外のステイ先だととくに、CA含めクルーが食事をするレストランは口コミで何店舗かに限られたりしています。これはもう、CAに聞くのが手っ取り早いでしょう。

CAの友達に聞くか、飛行機に乗ったときにCAにおすすめのレストランを聞くのもいいと思います。

たとえCAたちと食事に行っていたとしても、そのあとはパイロットだけでホテルのバーで飲んでいることもあります。

ステイ先で出会うのは可能性としてはもちろん少ないですし、私服でいるパイロットを見つけるなんてムリなので(笑)、ギャンブルのような確率ですw でも彼らがたくさん出没するあたりに自分も出向いて、お店の人と仲良くなるのもいいかもしれません。

空港で声を掛ける

ミサキは勇気がでず、行動にうつしたことはまだありません。

CAになりたての頃は、プライベートで空港にいるときもパイロットを見かけたらいつでも渡せるようにと、同期と一緒に連絡先を書いた紙を用意していたこともありました。

これが一番手っ取り早いかもしれません。 渡しすぎて有名人にさえならなければ!

CAなら社内で悪評たたない程度に本気を出す

もしあなたがCAなら、正直チャンスはいつでもありますよね。

毎フライト勝負だと思って、ステイ中食事に誘ってもらったり、たとえその人が眼中になくても輪を広げるために仲良くなって、連絡先を交換して繋がるべきです。

そこから、プライベートでBBQやゴルフや忘年会やら、なにかしら集まる会があるときにも積極的に参加しましょう。

パイロットとの出会いの母数を増やすとともに、フライト以外で一緒に過ごす時間を増やしましょう。一度コミュニティーに入ってしまえば楽です。

マッチングアプリで出会う

もうお気づきかもしれませんが、CAではない場合、パイロットと出会うのはかなり難しいです。正直、一番手っ取り早くて確実なのはマッチングアプリで出会うことです。

いくらモテるとはいっても、近くのCAと付き合うことに興味がないなどの理由で、出会いを求めているパイロットはいます。

ミサキは社内でのパイロットとCAのどろどろ劇をみてきたので、どうしても他の会社のパイロットに出会いたく、マッチングアプリで出逢い、実際に交際までしました。

そのお話は後半でするとして…、実際にどれくらいのパイロットが登録しているのかみてみようと思います。

マッチングアプリでパイロットと出会う

マッチングアプリでパイロットに出会う

マッチングアプリで本当にパイロットに出会えるか、実際に調べてみました。

Pairs(ペアーズ)にどれだけのパイロットが登録しているかチェック!!

ペアーズでパイロットを検索している画像

とりあえず、全体の母数を調べるために、年齢や居住地などはすべて「こだわらない」にして、純粋にパイロットの人数を検索してみます。

ペアーズに登録しているパイロットの人数の画像

ちょっと、まじで?!(笑) 衝撃の2000人超え!!すごい…!

多くても100人くらいかなぁと思ってました。この中からミサキの恋愛対象となる年齢や居住地で検索してみます。条件

  • 25-40才
  • 東京・千葉在住←千葉をいれることで、成田近辺に住んでいる可能性を取り入れます

はい、どん!!!

マッチングアプリPairsで検索したパイロット

まてまてまてー!400人以上!めっちゃいるじゃないかw!!
ミサキ大興奮!!!

ミサキは基本、自ら男性を検索したりしないで「いいね」をくれた男性の中から選んでるからさっ(笑)だって自分からいかなくても、たくさんいいねがくるんだもん(てへっ☆)

でもパイロットは別!待っていても何も起こらない!がんがんいいねしていこう!それにしてもこんなにいるとはまじで思ってなかった!

例えばどんな方がいるのかお見せします。

日系エアラインの日本人パイロット(28)

ペアーズに登録しているパイロットの男性の例

笑顔がとっても素敵な男性…!これでパイロットなんてテンションあがります。

プロフィール文もしっかり書かれていて、とても好感が持てます!!そして先ほどミサキが説明したような内容の、ステイ先でパイロット仲間でご飯に行っている、そして月の半分はいないとのこと。

この方はとても優しく説明してくれていますが、ここまで書いていなくてもパイロットとはそういう職業だとちゃんと頭に入れておきましょうっ!次!

東京在住アメリカ人パイロット(39)

マッチングアプリPairs(ペアーズ)に登録しているアメリカ人パイロット

東京在住で、でも日本語を話さないと書いてあるので、ミサキの予想では記事の最初の方で説明した、パイロットが外国人だけの某国内航空会社にお勤めかなと思います。

外国人パイロットはほかにもいました。

マッチングアプリPairs(ペアーズ)に登録しているアメリカ人パイロット

い・・イケメン。

この画像をみたミサキはサクラを疑った!!なんか拾ってきた画像じゃないの?とw

2枚目以降の写真がこちら。

マッチングアプリPairs(ペアーズ)に登録しているアメリカ人パイロット2枚目の画像

あ、本当に飛んでる。日本人パイロットだけでなく、こんなイケメンの外国人パイロットにまで簡単にネットで出会える時代に感謝ですな…(しみじみ)

こんなパイロット登録者には気をつけて!!

マッチングアプリでパイロットに出会う際に、危ない人を避けるための見極めポイントをCAミサキが伝授しましょう!!

制服写真を載せている場合はここを要確認!!

マッチングアプリPairs(ペアーズ)に登録している制服姿のパイロット

まず、40歳以上の登録者の場合、すでに機長である可能性が高いです。機長か副操縦士かは、肩のラインが何本かで分かります。

4本線=機長
3本線=副操縦士

なんです。エアライン業界にいない場合、多分あんまり肩の線の本数まで見ないかな…?40歳を越えているのにまだ3本ラインの副操縦士の場合、機長に昇格できなかったワケ有りの方かも…しれません…。何か問題を起こしたとかね。推測ですよ。

いろいろあるので一概には言えませんが、ミサキは一度そういう方からいいねを頂いて、推測の結果いいねは返しませんでした。

今回そのような方はお見受けしませんでした。

もはやパイロットじゃない説

実際の写真はお見せできませんが、職業「パイロット」として登録しているけれど、本当の職業は「タクシーの運転手」みたいなことが書いてあります。

まだ、本当の職業を書いているだけマシなんでしょうか。中にはプロフィールに本当のことすら書いていない人も紛れているかもしてません。

このように、パイロットで登録すれば目に留まりやすいからと思って、プロフィール詐欺している人もちらほらいましたので、皆さまお気をつけください。

パイロットとお付き合い・結婚するには

パイロットの落とし方:お付き合い・結婚するには

さて、パイロットの働き方や性格を理解したうえでようやく出会えても、どのようにお付き合い・結婚まで進めていけばいいのでしょうか。

CAミサキのまわりで実際に交際・結婚した例も交えながらご紹介していきます。

大前提として、やはりどうしても同業者以外の女性は少しハードルがあがります。

とくにCAと付き合ったことがあるパイロットは、説明しなくても理解してもらえる居心地の良さ、専門用語をそのまま使っても話が通じる点などで、同業者と付き合いがちなところがあります。

でも同業者は世界が広がらないから嫌だという人たちもいるので、大丈夫です。

なによりもまず仕事への理解を示す

CAと付き合うための記事でもご紹介しており、私たちCAとも通ずるところがあるのですが、職業柄どうしても突然スケジュールが乱れることがあります。

なので、フレキシブルに対応してくれる方でないと、お付き合いや結婚を考えるのには厳しいところがあります。

  • 約束ができないこと
  • 急なスケチェン(会社からフライトを変えられる)でドタキャンの可能性があること
  • 頻繁に家を開けること
  • 土日休みではなく、お正月休みも夏休みもないこと
  • フライトがないときも試験のために勉強しなくてはいけないこと

これらはやはりどうしても、月〜金で働いている女性にとってみると、ライフスタイルを理解して合わせていくのは難しいところがあると思います。

前もって約束していたデートが延期になるだけでなく、最悪の場合は当日飛行機がディレイ(遅延)して、連絡できないまま当日ドタキャンもありえます。理解を示せずに怒ってしまったら、もう一巻の終わりです。

とくに同業者じゃない場合はほんとうに気をつけましょう。「あー、理解ないならやっぱCAと付き合ってたほうが説明しなくていいし楽だな。」ってなっちゃいます。

束縛しない、詮索しない

女性と出会う可能性が無限の彼らを束縛しようとしても残念ながらムダです。

ステイ先や、平日のオフにどこで何をしているかすべて把握しようとしたり、CAとはご飯いかないでって言ったりしても不可能です。

パイロットの場合は、ステイ先で何をしてるかを彼女・奥さんが知ることは不可能です。

自分も仕事を頑張る、依存しない

上記で束縛しないことが大切だとお伝えしましたが、そのためにも自分も仕事に打ち込んでいて魅力的であることが大切です。

外資系に勤めていたときは、パイロットが結婚相手に選んでいたのは、CA以外だと、医者、弁護士、学者などでした。

これはパイロットに限らず、相手に合わせられるくらい、自分も独立して依存しない姿勢が大切です。

本気ではない可能性も見極めて

パイロットは、お金とフットワークの軽さがあるので、普通の会社員よりも多くのことを実現できます。

例えば、家を2箇所借りていて、既婚か独身か全くわからない場合もあります。

どんな場合でも注意した方が良いのは、会社から渡されるフライトのスケジュールをシェアしてもらえない場合です。

やましいことがなくクリーンなら、何時にどこからランディングして、自宅にはこれぐらいの時間に帰ってくるだろうという予測も立ちますし、訓練が近いから勉強をしているというウソをつかれることもありません。

CAの場合はシェアしてもらえなかったら疑ってかかれると思いますが、エアライン業界以外の女性たち!、スケジュールを口頭で言われるだけの関係だったら気をつけましょう。

出会い初めから、スケジュール表をスクショして送ってほしいと言うと引かれると思うので、ある程度の仲になったあとで、最低限スケジュール共有はしてもらった方がいいかと思います。

実録!CAミサキのパイロットとの体験談

実録!CAミサキのパイロットとの体験談

ここからはCAミサキのパイロットとの実体験をご紹介していきたいと思います。

マッチングアプリで出会ったパイロットと交際したお話

ミサキが人生で初めてお付き合いしたパイロットは、社内恋愛ではなく、実はマッチングアプリで出会った方でした。

その時はとくにパイロットを探すために登録したわけではなかったのですが、東カレデートでイイネをしてくれた方と何度かメッセージのやりとりを重ねて、会うことになりました。

マッチングアプリで出会ったパイロットのスペック

年齢:39歳
身長:175cm
見た目:アッサリ塩顔系、芸能人で例えるなら綾野剛
職業:某国内エアラインパイロット

パイロットに会うまで

ミサキは、社内でのCAとパイロットのドロドロ劇を散々みてきたので、お付き合いするなら社内恋愛じゃなくて他エアラインの人がいいなと思っていました

イイネをくれたその方も「同じ会社のCAさんより、他のエアラインか、知らない世界でお仕事を頑張っている方に出会えたらいいなと思い登録しました。」と書いてあったので、そこの価値観はマッチしていました。

さて、そんな彼との初めての顔合わせ!国際線のフライトのあとを指定されていたので少しだけ不安でした。もしその便がDelay(遅延)したら、私めちゃくちゃ待たされることになるなぁ…と。

でもここは逆にポジティブに捉えました。もしそんなハプニングがあったって、同業者として完全に理解できるということをアピールするチャンスだなと思いました。

そしてお店選びですが、「嫌いなもの、食べたいものはありますか?」という、気遣いできる男性が聞いてくれがちなことに加えて、さらに上を超えてきたフレーズがありました。

「このお店行ってみたかったなっていう、ピンポイントのリクエストがあっても遠慮せず教えてください。どんなお店でも大丈夫ですよ。」と。

あー、さすがパイロット、女心をわかってます。勝手に決めるわけでもなく、相手の意見をすごい引き出そうとしてくれる

しーかも、どんなお店でも大丈夫って、そりゃあなたたちの経済力があれば大丈夫でしょうよ!いいね、モテそう。

とはいえ…、ですよ?具体的に高級店を指定するのも気が引けません?(笑) ミサキにはできませんでしたw ってか、メシモクだったら、そんなこと言ってもらえたらダメ元ででも3店舗くらいの候補を送っちゃってるかもしれませんが、真剣交際に賭けている私にはそんなことはできない。

というか、ここで試されてる可能性すらありますよねっ!!あまりにも浮世離れした店を指定してくるような女とは付き合えないってなりそうじゃないですか??

マッチングアプリからついにパイロットに初対面

結局、食べたいものの系統だけ伝えて、お店選びは彼に任せました。さぁ、顔合わせ当日です。駅で待ち合わせをして、ワインの豊富なイタリアンのお店に行きました。

同じ業種とはいえ、他のエアライン同士でお互いの会社のことに興味があったので、話がまったく尽きずに楽しく話せました。

1軒目では食事とワインを楽しみながら、仕事の話を中心に会話が広がりました。お互いの自己紹介も兼ねて趣味や日々の過ごし方なども話しているのがとても楽しく、盛り上がったので、2軒目に飲みに行くことになりました。

2軒目のワインバーでまたワインを楽しみながら、「なぜマッチングアプリをしているのか」という話になり、恋愛系の話が始まりました。

マッチングアプリで出会う良さはここにあると思います。

そもそもパイロットには自然に出会えるチャンスがほぼない上に、自然に出会えたとしても恋愛・結婚をお互いに求めている状態とは限りませんよね。

しかも、どんな相手を求めるか、どんな生活が理想かを話しやすいですし、そこで互いの価値観が合えば「じゃあ、お付き合いしてみましょう」というポジティブな流れでお付き合いに発展しやすいです。
あとはお互いに気にいるかどうかと、フィーリングですよね。

彼は理想として「一緒にいて居心地がいい人」「仕事を信念を持って頑張っている人」「できれば趣味のゴルフを一緒にできる人」「隠し事なくなんでもシェアできる関係」などを挙げていました。

ミサキはCA以外に趣味などの活動をしているので、それをアピールポイントにしています。

他の「ただCAをしている。仕事だからしているだけ。他には何もありません。」という人よりは、興味を持ってもらえやすいかなと思います。

しかもちょうどゴルフを始めたところだったこともあり、「じゃあぜひこれから一緒にしよう!ミサキさんが良ければ、お互いのことをもう少し深く知っていきましょう」ってなりました。

ついにパイロットの彼とお付き合い

そこから何度かデートをかさねて、スムーズに「正式にお付き合いしましょう」という流れになりました。

毎月彼の方から仕事のスケジュールが送られてきて、なるべくオフがかぶるように会社にリクエストを出すなど、一緒に過ごせるようにしました。

旅行にいったり、お互いの家を行き来したり、順調に交際を続けました。

いくら順調にお付き合いしているとはいえ…、この記事でもお伝えしましたが、色々な不安がありました。

彼のエアラインに勤めるCAの友達に彼氏ができたことを話したときに、「既婚者じゃないか調べるよ」調べてもらった結果、ほぼ未婚で間違いないという情報が得られました。

あとは、合鍵を渡してくれていたので、彼がフライトから戻る前に先に家で待ちつつ、バレない程度に家の中も探りをいれてました。

彼がフライトの間に郵便物が届いたり、たくさんのマニュアルがあったり、もうここが本拠地であることは間違いない。

もし、もう1つ部屋を借りてい流としても、こっちが絶対に本拠地だなという感じでした。

スケジュールも知っているので、フライト後には絶対に直帰していることもわかっていましたし、オフの間に謎の行動をしていた日もありませんでした。

何度もお伝えしていますが、やはりスケジュールを知っているか知らないかでは大きな差があります。

スケジュールには、何時にブリーフィング(出社して一緒に飛ぶクルーとのミーティング)があるか、どの便に乗務するかの便名、時間、飛行機の出発時間、到着時間、スタンバイの日には何時から何時に待機していなければいけないか…など、かなり詳しく書いてあります。

ミサキはスケジュールを見れるという強みがあったからか、ステイ先に着陸してもすぐに連絡をくれ、テレビ電話をして食事の様子も見せてくれました。

ステイ先でCAとご飯に行くタイプではなかったので、より安心でした。(疑い深いミサキに、そう心から思わせたのだからもういいw)

パイロットの彼と破局の道へ…

こんなにずっと一緒に過ごしていたのに、欠点がマジで見当たらないような完璧な彼だったんです。ケンカもしませんでした。そして、順調に楽しく1年間お付き合いしたのですが…。

恋は盲目…?パイロットだからこういう性格は仕方がない?と、都合よく理解して見過ごしかけていたんですが、喧嘩をしなかったのは私が折れていたからでした。例えば、何かを話し合って決定する際に、私が折れることが前提でした。

あとは、基本的にほとんどすべてのお金を払ってくれていたので、「お金を出しているのは俺だから俺が決める」っていう気持ちが根本にはあるんだろうなって思いました。

相談ゼロで、全く知らない間に大きなことが決まったりしても「でもお金を出していない私が口を出せることじゃない。」と自動的に彼に合わせるしかないことが多々起こりました

それ以外にも、基本的に彼が優位だという立場と、たまに聞くCAの悪口が気になったりしました。自分が言われているような気になって…。

それに対して私が不満な顔をしてしまっていたので、ケンカまでは行きませんが、一緒にいても空気が悪くなることが多くなってきました。

あとは、私が話したことや一緒にしたことを彼が忘れることが多くなり、以前よりも興味を持たれていないことが不満で不安でもありました。

そこで私は「他の女と間違えてるんじゃないの?モテる方は大変ですね。CAと話しすぎ・遊びすぎで私とのこと覚えられないのね。」なんていう最低すぎる嫌味を言ったりしてました…。(大反省)

そしたら、最近の関係は良くないから一度頭を冷やそうとなり、彼の方からスケジュールのシェアが終わりました(笑)ハハハ…。せっかくここまでお付き合いできたのに。

シビアだぜ。ミサキは人にアドバイスをしている場合ではないかもしれないですね。嫌味や嫉妬なんて絶対出しちゃだめなのにー!1年は我慢できても、さすがに素のミサキの悪いところがでましたw

あと、負け犬の遠吠えではありませんが、私も結婚を考えた際に、「彼とだと私が折れ続けることに疲れていつか限界が来るかも。」という予感はありました。

ムリをして彼に合わせた結果結婚生活が続けられなくなってしまっては元も子もないので…仕方ないですね。

パイロットと破局決定

その後、日を置いて話し合ったんですが、お互いの性格を考えると、このままお付き合いを続けても結婚に向けていい結果は出ないという結論に達し、正式にお別れすることになりました。

ミサキの、マッチングアプリでの出会いから、真剣交際を経て、残念ながら破局にいたってしまった
実話が少しでも皆さまのパイロットとのお付き合いの際に生かされたら嬉しいです。

番外編・ツテを辿って外資系エアラインの日本人パイロットと結婚した同僚CAの話

番外編・ツテを辿って外資系エアラインの日本人パイロットと結婚した同僚CAの話

さて、ここからは、記事の前半でお話しした日本人パイロットと結婚した同僚CAのお話しです。

彼女の名前はアイコ(仮名)とします。

アイコはとにかくパイロット好きで、はじめの頃は社内恋愛をしていました。

でも、社内恋愛だといろいろ噂も立ったり、先輩の彼氏だったことがあとから分かったり、なかなかうまくいかずでした。

CAとパイロットとの出会い

アイコは某外資系エアラインのCAの友達に、「お願いだからあなたの会社のパイロットを紹介してくれ。」と頼み込んでいました。

そこでなんとかCA数人とパイロット数人で行われた食事会に誘ってもらうことができ、そこに最終的に彼女と結婚することになるパイロットが来ていました。でも当時そのパイロットには彼女がいました。

アイコにしてみたら、彼女がいようがいまいがまったく関係ないスタンスで、結婚さえしていなければチャンスはある!と私に宣言していました。

食事会では連絡先は交換せずに終わりましたが、アイコはその会に誘ってくれたCA友達に「彼の連絡先を教えてほしい。」と頼みましたが友達はドン引きで、「彼はそういうつもりで来ていたわけじゃない。狙うなら彼女のいない他のパイロットにしてくれ。」と取り合ってもらえずでした。

そこで諦めないのがアイコ。彼女はFacebookですぐに彼のことを見つけて、メッセージを送りました。

すると彼も彼で、意外とまんざらでもない返事がきました。

Facebookでパイロットの彼女のことまで探り出し、私に見せてきました。「敵はこの○○エアラインのCA。結構可愛い。でも負けない。」と言っていました…!

パイロットを彼氏にもつと、このような劇的に強い肉食系女子がライバルになる可能性がございます。こ…こわい!!

そこからアイコの猛プッシュが始まります。何度もデートを重ね、自分といたほうがいかに楽しいかというのを存分に味わわせたうえで、いいところで「さぁ、彼女か私か、選んで?」と勝負にでました!!!

パイロットはアイコになびいて、彼女に落ちました。アイコの勝ち。

そのまま結婚へ

私は彼女の友達として、話を聞くたびに本当に驚かされていました。奪ったあとも順調に交際していたのは知っていましたが、そこからまさか結婚までいくとは…!!

狙ったら絶対に逃さないのはすごいですよね。

結婚を機にCAをやめたので、直接近況はきけていませんが、SNSを見る限りでは幸せそうにしています。

いくらパイロットには彼女がいたとはいえ、お互いに独身でしたし、弱肉強食の世界では仕方がないことだと思います

まとめ

今回は、皆さまがあまり出会う機会がないと思われるパイロットについて説明してきました。

彼らと出会うためにはどうしたらいいのか、そして出会ってからどうしたらいいのか、イメージできたかと思います。

そしていざ出会えて交際できてもいろいろ難しいことはある…というミサキの実体験エピソードも通じて、少しでも皆さまのお役に立てたら嬉しいです。

パイロットに限ったことではありませんが、やっぱり、ハイスペック男性を求める場合はハイリスクハイリターンです。

その中でも、女性が周りにいる環境にいるパイロットはその頂点のようなものです。

あなたがもしパイロットと本気でお付き合い・結婚をしたいと思っている場合は、ぜひ、そのリスクまでしっかり理解したうえで頑張ってほしいと思います。

読者からのコメント

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ミサキ

過去10個以上のアプリを使用して、もらった総いいねは5000以上!実際に30人以上!ハイスペック男性を求めて婚活中のCA。