マッチングアプリでうまくいかない理由と成功のコツ・方法

マッチングアプリでマッチングするための秘訣(女性版)
マッチングアプリ大学編集部

編集部の中本です。

実は「マッチングアプリを始めてみたけど、どうもうまくいかない…」と悩んでいる人ってすごく多いんですよね。

一言で「うまくいかない」と言っても、アプリで出会うには段階を一つずつ越えていく必要があります。

今回は「アプリの選び方」〜「デートする」までの段階で、あなたがマッチングアプリでうまくいかない理由と対策を解説していきます。

▼アプリの目的はあっていますか?確認表!

まず利用しているアプリが自分に合っているか、特徴と目的、年齢層などから確認してみましょう。

アプリ名 アプリの特徴・目的 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
地方の人はここがおすすめ
圧倒的な会員数(2000万人)のため、地方住みでも出会いに困らない。初心者の恋人探しはまずこのアプリから

公式

Omiai
Omiai
20代後半〜30代の人に最適
将来を見据えた恋人探しのアラサー世代が多い。「いいね」が偏らない仕組みがありマッチングしやすい。イケメン・美女が多く、容姿を求める人向け

公式

マッチドットコム
match
婚活を始めるならここ
男女共に有料で、ユーザの真剣度が高く、手軽に婚活を始めるならこのアプリ

公式

マリッシュ
マリッシュ
再婚ならここがピッタリ
バツイチや再婚者のための支援アプリ。30代~40代と出会いたいならこちら

公式

タップル
タップル
デートの相手を探すなら
20代の気軽な恋人探し。「お出かけ機能」を使ってその日や週末に会える相手を探せる

公式

マッチングアプリの選び方

マッチングアプリの出会いやすさは、婚活サービスの中でも上位ですが、出会うためにはマッチングアプリとの相性がとっても重要です。

自分に合っていないアプリを使うと、全く出会えないということもあります。

そのため、「いい人に出会えない…」と悩んでいる人は、そもそも今使っているマッチングアプリが自分に合っているかを確かめてみて。

また、ほとんどのマッチングアプリは女性は無料ですし、男性も月数千円〜になるので掛け持ちしてもいいでしょう。

マッチングアプリ大学編集部

目的別のおすすめアプリを紹介しておきます。特徴を見ていただき、自分に合ったアプリを選んでみてください。

アプリ名 アプリの特徴 ストア
ペアーズ
ペアーズ
アプリ初心者
圧倒的な会員数のため、地方住みでも出会いに困らない。ユーザー層は20〜30代と幅広い

アプリストア

Omiai
Omiai
30代の婚活アプリ
将来を見据えた恋人探しのアラサー世代が多い。「いいね」が偏らない仕組みがありマッチングしやすい。真面目な美男美女が多い。

アプリストア

マッチドットコム
match
真剣度が高い
男女とも有料のため、ユーザの真剣度が高い。1年以内に成婚を目指すならこのアプリ

アプリストア

マリッシュ
マリッシュ
再婚ならここがピッタリ
バツイチや再婚者のための支援アプリ。シンママ、シンパパに理解のある人も多い。

アプリストア

アンジュ
アンジュ
40代ならここ
30代以上しか登録できないアプリなので、40代で婚活している人にもおすすめ。経済的に自立している人も多い

アプリストア

>>もっとアプリを見たい人はこちらにまとめてあります

マッチングアプリで上手くいかない人必見!理由と対策

マッチングアプリで上手くいかない人の特徴

マッチングアプリでやりとりが続かない、デートまでいってもうまくいかない、そんな人は知らない間に「うまくいかない」行動をしています。

ここではマッチングアプリでうまくいかない人の理由と対策を男女別に分けて紹介します。

また、うまくいってない人の声や、どのような改善をすればいいのかもわかりやすく解説します。

  • 男性編
  • 女性編
  • うまくいっていない人の声

うまくいかない人は、この記事を読んでやらないほうがいい行動をおさえて、恋人を作りましょう。

男性編

▼マッチングアプリでうまくいかない悩み・理由(男性)

Point
  • そもそもマッチングしない
    <理由>女性に求めるハードルが高い
  • いいねがもらえない
    <理由>プロフィールや趣味をしっかり書いていない
  • メッセージが続かない
    <理由>すぐタメ口になっている・質問をしていない
  • デートを断られる
    <理由>早い段階で誘っている
  • 2回目のデートに繋がらない
    <理由>相手の興味のあることで誘っていない

上記の理由の中で該当しているものがあれば、それがマッチングアプリで上手くいかない原因である可能性が高いです。

その原因を知り対処できればマッチングアプリでの活動が良い報告に進む可能性が高いです。対策方法は以下から解説していきます。

そもそもマッチングしない人は、女性に求めるハードルが高い

マッチングアプリで上手くいかない男性は、女性に求めるハードルが高い可能性があります。

「女性には、こういう人でいて欲しい」

など女性に対する要望が強ければ強いほど、うまくいくのが難しくなります。

例えば、

  • いつも身だしなみに気を付けていて欲しい
  • いつも機嫌よくいて欲しい
  • どんなことも受け入れて欲しい

などの理想の女性像を相手に押し付けてしまい、相手が思っていた相手と違っていたことで失望する男性がいます。

しかし、このことによほどこだわりがなければ、むしろ性格の相性がいい、生活のリズムがあうなどの部分に重点を置いたほうがいい相手がみつかる可能性があがります。

自分が本当に譲れない部分などを改めてみつめなおして、どんな人と付き合いたいのか、どんな人となら付き合った後にうまくいくのかを考えてみましょう。

いいねがもらえない男性は、顔がわからない写真を設定している

プロフィール写真の善し悪しもアプリでうまくいくかに影響します。メラビアンの法則という有名な実験では、人間は見た目などの視覚情報が55%の割合で相手に影響を相手に与えると言われています。

プロフィール写真を設定していない人は、まずは設定しましょう。

さらに今のプロフィール写真が顔がわかりづらかったり、あまりいい印象を与えないものであったりした場合は、顔の見える雰囲気のいい写真を改めて設定しましょう。

プロフィール文が薄い・書いていない

プロフィール文が薄い、ないしは書いていないといいねがもらえない原因になります。

プロフィール文に自分のことや、趣味趣向があまり書かれていないと、その人の人となりがわかりずらいですし、会話の糸口もつかみにくいです。

また、プロフィール文に書いていないと、活動を真剣に行っていない印象をいだかせます。

うまく行かない場合は、プロフィール文の見直しを行ってより印象のいい文章を作成してみましょう。

メッセージが続かない男性は、初回メッセージが一言だけで質問がない

初回のメッセージが一言だけの場合、そのまま返信がこないため、うまくいかないこともあります。

メッセージの返信をアップさせるには、

「いいね、ありがとうございます。○○といいます。△△好きなんですか?」

など、挨拶と一緒に質問を用意すると効果的です。質問項目は、プロフィール文から選ぶといいでしょう。

相手の了承を得る前からタメ口になっている

うまくいかない男性の中には、早い段階でタメ口をきく人がいます。

しかし、まだ相手との関係性が出来上がってない段階でタメ口をきくと、馴れ馴れしいと思われる場合があります。

相手の了承を得る前はできるだけ敬語や丁寧な言葉遣いに気を付けましょう。

デートを断られる男性は、相手に合わせず一方的にすぐ会おうとする

女性に早く会いたいとアピールをしすぎると、うまくいかない可能性があります。

相手の気持ちを無視して男性側から会いたがると、遊び目的なのかと女性に警戒心を抱かせます。相手にもタイミングがあるため、相手に合わせるようにしましょう。

マッチングアプリは、会うまで2週間から1月以上時間がかかることもあります。焦らずじっくりやりとりを行いましょう。

2度目のデートに進めない人は、女性に対して好ましくない話題をしている

女性に対して好ましくない話題をすると、マッチングアプリではうまくいかない・2度目のデートに誘っても断られることがあります。

好ましくない話題は下記のようなものがあげられます。

  • 下ネタなど性的な話題
  • ほかの女性を褒める
  • 過去の恋愛の話
  • 男性が好みそうなコンテンツの話

下ネタや、他の女性を褒めるなどの話題を喜ぶ女性は少ないですし、男友達と盛り上がった好きな映画・漫画の話を熱く語ったら相手は全く興味がなかった。なんてこともよくある話です。

相手が興味のありそうな話題を把握して話すようにしましょう。

▼メッセージが苦手な人は、マッチング後すぐにデートに繋がるアプリがおすすめ

アプリ名 アプリの特徴 リンク
タップル
タップル
■即デート相手を見つけられる
「おでかけ機能」を使えば今日・明日に会える相手を探せる!20代の利用者が多いため、気軽な出会い向き。
公式サイト
東カレデート
東カレデート
■デート日を自動でセッティング
高収入男性と美女を繋げるデートアプリ。ただし利用するための審査がなかなか厳しい。マッチングも自動でデートも自動なので忙しいビジネスマンにおすすめ
公式サイト
Dine
Dine
■日程調整・お店予約を代行してくる
マッチング日からデート日・お店まで決まるアプリ相手を探す検索条件は性別、年齢、地域だけ。
公式サイト

女性編

▼マッチングアプリでうまくいかない悩み・理由(女性)

Point
  • そもそもマッチングしない
    <理由>男性に求めるハードルが高い
  • いいねがもらえない
    <理由>写真が加工しすぎ、プロフィールは薄い
  • メッセージが続かない
    <理由>相手の話は聞かずに自分の話ばかりする
  • デートに断られる
    <理由>前の彼氏の話ばかりしている、なんでも男性任せにしている

上記の中で該当しているものがあれば、それがマッチングアプリで上手くいかない原因である可能性が高いです。

その原因を知り対処できればマッチングアプリでの活動が良い報告に進む可能性が高いです。該当するものがないかチェックしてみましょう。

女性はマッチングアプリの利用は無料なので、いくつか併用しておき、うまくいったものを中心に利用していくのがおすすめです。

▼併用におすすめのマッチングアプリ

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク

ペアーズ
ペアーズ

■アプリ会員数No.1!
2,000万人と、多くの人が利用しているので自分にぴったりの相手が見つかる可能性大。初心者は、最初にインストールしておくべきアプリ。
公式
タップル
タップル
■すぐに会える異性を探せる
ペアーズに次ぐ会員数。18歳〜20代前半の利用者数が最も多く、気軽に遊べる友人や、恋人探しのためのマッチングアプリとして人気
公式
with
with
■内面重視の出会い
20代の恋愛目的の人と出会いたい人向け。趣味や相性重視で出会えるシステムなので、中身重視したい人に◎
公式

Omiai
Omiai

■結婚を前提とした出会い
婚活目的の真面目な出会いを探している男女が多く集まっているマッチングアプリです。利用者数も多いので、出会える確率が高い。
公式

そもそもマッチングしない女性は、男性に求めるハードルが高い

マッチングアプリでうまくいかない女性は、男性に求めるハードルが高い可能性があります。

「男性ならこのくらいできて欲しい」

など男性に対する要望が強ければ強いほど、うまくいくのが難しくなります。

例えば

  • 誕生日プレゼントが趣味に合わない
  • レストランの予約をしてくれない
  • 自分をリードしてくれない

このようなことで失望する女性も存在します。

しかし、このことによほどこだわりがなければ、むしろ性格の相性がいい、生活のリズムがあうなどの部分に重点を置いたほうがいい相手がみつかる可能性があがります。

自分が本当に譲れない部分などを改めてみつめなおして、どんな人と付き合いたいのか、どんな人となら付き合った後にうまくいくのかを考えてみましょう。

いいねがもらえない女性は、加工したプロフィール写真を使っている

女性は写真の加工のしすぎに注意しましょう。

写真は第一印象に影響を与えるため、雰囲気のいい写真は相手に好印象を与えます。

そのため、加工アプリを使用して元の写真の肌をきれいに見せたり、明るさを変えて顔色をよくすることで雰囲気のいい写真を作成するとマッチングしやすくなることもあります。

しかし、やりすぎて顔の輪郭をシャープにしすぎたり、睫毛を盛りすぎたりと本来の自分と離れすぎる加工を行うのはNG。

実際にデートをしたときに、ギャップがありすぎると相手をがっかりさせ、むしろ悪印象です。

うまくいかない場合は、プロフィール写真の加工をしすぎてないかも確認しましょう。

プロフィール文が薄い or 書いていない

男性同様、女性もプロフィールの文章が薄すぎたり、書いていなかったりすると相手から好印象をもってもらうのは難しいです。

自分の人となりがわかるような内容、好きな食べ物、趣味などを書いて相手が話題をつくりやすい文章を作成しましょう。

そのプロフィールをみて「この人と話してみたい」と思うようなプロフィール文章を作成すると、うまくいきやすくなります。

メッセージが続かない女性は、前の彼氏の話ばかりしている

マッチングアプリがうまくいかない女性のなかには、前の彼氏の話を目の前の男性にしてしまう方がいます。

相手の気を引きたくて前の彼氏の話をする場合もあれば、特に意識することもなく発言することもあるでしょう。

しかし、目の前の男性からすれば前の彼氏の話ばかりをする女性は、「前の彼氏のことが忘れられないのかな」「自分のことに興味がないのかな」「デリカシーがない女性だな」とネガティブな捉え方をされる可能性があります。

特にその男性に話す必要もないのに、前の彼氏の話をすることは極力避けましょう。

相手の話は聞かずに自分の話ばかりしている

相手の話を聞かずに自分の話ばかりする女性も、うまくいかないケースがあります。

その人がよっぽど話を聞くのが好きな人である場合を除き、相手の話を聞くことも必要です。

自分の話ばかりしていると相手に興味関心がないように見えますし、会話はきちんとキャッチボールをしないと続きません。

自分ひとりで話を独占している場合は、相手に質問して相手の話を聞いてみることも大切です。

デートがうまくいっていない女性は、なんでも男性任せにしている

男性にばかり、デートのお誘い、お店選びと予約などを任せているとマッチングアプリでは、うまくいかないことがあります。

なんでも男性任せにする女性は、協力関係を結びづらい、やってもらうのが当たり前の女性と男性側に印象付ける可能性があります。

すべて男性に任せると男性はその都度お店を選んだり、予約をしたり、スケジュール調整したりと負担が大きいです。

相手の負担を考慮して、自分でも提案できることは提案し、できることはやることもうまくいくためには必要です。

うまくいっていない人の声

マッチングアプリを使っている人で「マッチングしない」という声が多くありました。

口コミだけ見ると、いざアプリを始めてみても良い出会いを見つけるのは難しそうという印象を受けます。

ですが、マッチングできない、デートまで進展しないという悩みは解決できるんです!

次の見出しでマッチングアプリが上手くいかない時にサクッと解決する方法をお伝えします。

うまくいかない時の対処法

うまくいかない原因の中でも特に多いのが下記の7つです。

▼上手くいかない時の対処法

  • マッチングしない時
  • いいねがもらえない時
  • 好みの人がいない時
  • メッセージが続かない時
  • デートに進展しない時
  • デートでうまくいかない時
  • いい人と出会えない時

これらの対処方法をみていきましょう。

マッチングしない時

マッチングしない理由は、「いいねの送り方」から「プロフィールの作り方」まで、さまざまあります。

あなたがどこに当てはまっているか確認して、改善してみてください。

1.自分から「いいね」を送っていない

対処法

  • 好みの相手がいたら積極的に「いいね」を送る

当たり前の内容になってしまいますが、まず好みの相手がいたら、積極的に「いいね」を送りましょう。

男性であろうと、女性であろうと同じです。女性からは送りづらい…と思う人もいると思いますが、せっかくマッチングアプリをやっているのですから、自分から行動していきましょう!

2.ライバルが多い相手にアプローチしている

対処法

  • 新規登録ユーザーをチェックする
  • ライバルが少ないユーザーに「いいね」を送る

ライバルが多い相手ばかり狙って「いいね」を押してませんか?

人気会員には「いいね」がたくさんきているので、埋もれてしまうことが多いです。人気会員ばかりに「いいね」を送っていると、出会える確率は下がってしまいます。

逆に、ライバルが少ないユーザーや登録したばかりの新規ユーザーに「いいね」を送ると、マッチングしやすいです。

3.プロフィールが見られていない

対処法

  • 足跡をつける
  • コミュニティに参加する
  • プロフィール項目をしっかりと埋める

マッチングアプリで出会うには、まず自分のことを相手に見つけてもらう必要があります。

いろんな人のプロフィールを覗いて足跡をつけていきましょう。足跡を辿ってプロフィールをみてくれたり、いいねをくれたりするケースもあります。

そのほか、コミュニティにたくさん入っていろんな人と共通点を作ったり、検索時にヒットしやすくするためにプロフィール項目をしっかりと埋めましょう!

4.プロフィール写真がイマイチ

対処法

  • 自撮りはNG
  • 友達に撮ってもらった自然体な写真がGOOD
  • 加工がバレバレな写真は使用しない
  • サブ写真には全身写真や横顔写真ものせる

プロフィール写真が設定されていない、もしくは顔写真じゃない場合は、すぐに設定し直しましょう。

顔重視というわけではありませんが、マッチングアプリの出会いの中で「プロフィール写真」は重要です。

自撮りではなく、他撮りで顔がしっかりと写っている写真を設定すると印象がいいですよ。

サブ写真には、メイン写真以外の角度から写した自分の写真や、趣味の写真などをのせて、相手に興味を持ってもらえるよう工夫しましょう。

>>男性版:マッチングアプリでのプロフィール写真の撮り方へ
>>女性版:マッチングアプリでのプロフィール写真の撮り方へ

5.自己紹介文がしっかり書かれていない

対処法

  • なぜマッチングアプリを始めたのか記載する
  • 仕事内容などから自分が何者なのかを伝える
  • 休日の過ごし方や趣味について書く
  • 不要なことは書かない!(「◯◯な人お断り」など)

自己紹介文はしっかりと書くようにしましょう。

自己紹介文が短文だと適当な印象を与えてしまいます。そうすると「真剣度が低い人なのか」「適当な人なのか」と思われてしまいます。

自己紹介文は、相手からの信頼を得る場相手との共通点を作る場です。プロフィールを作成して、自分が探している側だったらどう感じるかを考えてみましょう。

また、自己紹介文で「◯◯な人お断り」といった余計な一言を書かないように注意しましょう。上からな印象で不快に感じる人もいます。

>>【例文あり】自己紹介文の詳しい書き方はこちら

いいねがもらえない時

相手からいいねをもらえない原因は、プロフィールにあります。

マッチングアプリは、異性のプロフィールの写真と自己紹介文の2つを見てマッチングが行われます。つまり、この2つの質があまりよくないと、いいねがもらえません。

うまくいかないときはプロフィールを改善すると結果がでやすいです。

写真は下記の4つのポイントを意識してみましょう。

  • 顔がはっきりわかる
  • 加工は少なめ
  • 雰囲気がいい
  • サブ写真でひととなりを表現する

自己紹介文は下記の6つのポイントを意識してみましょう。

  • どんな仕事をしているのか
  • どんな出会いを探しているのか
  • 趣味・好きなこと
  • 休日の過ごし方
  • 結婚についてどう考えているか(特に20代後半以上の人)
  • どんな性格なのか

好みの人がいない時

好みの人がいない場合は、他のマッチングアプリを使ってみましょう。

現在は、マッチングアプリの数が増えています。人によってはペアーズには登録しているけど、Omiaiは使っていないという人もいます。

アプリを一つ使って終わりではもったいないです、出会いの数を増やすために他のアプリを使ってみましょう。

アプリによってユーザーの年齢層に偏りがあったり、ユーザー数が少なかったりします。そのため、登録前にそれぞれのアプリの特徴を確認すると違和感が少なく、効率がいいです。

下記の表で会員数が多い大手マッチングアプリの特徴を紹介してます。参考にしてみてください。

▼会員数が多い大手マッチングアプリ

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク

ペアーズ
ペアーズ

■累計会員数が2000万人を突破!
利用者数No.1!多くの人が利用しているので自分にぴったりの相手が見つかる可能性大。たくさんの素敵な相手に目移りしてしまうかも…。初心者は、最初にインストールしておくべきアプリ。
公式
詳細
タップル
タップル
■すぐに会える異性を探せる
ペアーズに次ぐ会員数。18歳〜20代前半の利用者数が最も多く、気軽に遊べる友人や、恋人探しのためのマッチングアプリとして人気
公式
詳細
with
with
■内面重視の出会い
20代の恋愛目的の人と出会いたい人向け。趣味や相性重視で出会えるシステムなので、中身重視したい人に◎
公式
詳細

Omiai
Omiai

■結婚を前提とした出会い
婚活目的の真面目な出会いを探している男女が多く集まっているマッチングアプリです。利用者数も多いので、出会える確率が高い。
公式
詳細

メッセージが続かない時

マッチングしたはいいものの、初回メッセージに返信が来ないというケースも多いのではないでしょうか。

マッチング段階では、相手が自分のことを好きかどうかは分かりません。初回メッセージこそ丁寧に誠実さをアピールしましょう。

人気会員であれば、いろんな人からメッセージが届いているわけですから、周りとは少し違う目にとまるようなメッセージを心がけましょう。

1.やり取りしたいと思わない〜初回〜

対処法

  • いいねした理由を必ず入れる
  • プロフィール内容から共通点を話題にする
  • 質問を入れる
  • 返事を待っていることを伝える

初回メッセージは、必ずいいねした理由を書くようにしましょう。これがあるとないとで、相手から伝わる真剣度が違います。

あとは、プロフィール内容から話題をつくり、返信しやすいように「?」で締めるようにしましょう。

最後に「お返事待っています」などの一言を添えるのも効果的です◎

2.返事に困っている

対処法

  • 質問を1つ入れる
  • プロフィール内容から話題をつくる

返事に困るメッセージだと、だんだんメッセージのやり取りが面倒になってきます。メッセージを続けたいのであれば、相手が返信に困りそうな内容を送らないことです。

そのために、一番簡単にできることは「質問」です。しかし、質問が多すぎても相手の負担になってしまうので、1メッセージ1質問とし返信の負担を軽くしましょう。

また、話題は自分のことではなく、相手のことからつくるようにしましょう

3.やり取りに疲れている

対処法

  • メッセージのテンション・頻度・文章量を相手に合わせる
  • メッセージを区切る、句読点・改行をしっかりとする
  • 質問ばかりせず、自分のことも話す
  • 質問に対する受け答えのみはNG!

メッセージのテンション(絵文字やタメ語)や頻度、文章量は相手に合わせるようにしましょう。

短文相手に長文で返信したり、返信が遅い相手に対してすぐ返信したりすると「重い…」と思われてしまうこともあります。

逆に、長文相手に短文で返信したり、返信が早い相手に対して返信が遅かったりすると、「軽い…」「相手にされていない」と思われてしまうことがあります。

また、相手のことを知りたいという気持ちは分かりますが、質問ばかりするのはNGです。自分のこともしっかりと伝えるようにしましょう。

最後に、受け身すぎるのはNG!質問に対する受け答えのみだったり、相手からの話題待ちはやめましょう。いくら相手からのアプローチであっても、この態度が続くとアプローチした側も疲れてしまいます。

デートに進展しない時

メッセージが続いたら、いよいよデートの約束ですよね。

ここではデートに誘えない、誘ってもOKしてもらえない、OKしてもらえるがドタキャンされてしまう、などのお悩みを解決していきたいと思います。

1.誘い方・タイミングが分からない

対処法

  • 共通の話題から、まずは食事デートに誘ってみる
  • やり取りが3〜5日ほど続いたらデートに誘う

デートに誘うときは、共通の話題から食事へと誘うようにしましょう。

ダラダラとメッセージのやり取りを続けるよりかは、3〜5日ほどやり取りが続いたら誘ってみましょう。

▼共通の趣味

◯◯さん、カメラやってるんですね!

実は私も最近カメラを始めたばかりで、いろいろお話聞いてみたいのでお食事にいきませんか?

▼行動範囲が同じ

職場は◯◯のようですが、実は私の職場も◯◯の近くなんです。

最近できたお店に行ってみたくて、よろしければ仕事後に一緒に行きませんか?

2.誘ってもOKしてもらえない

対処法

  • デートの誘い方を見直す(上の項目をチェック)
  • 初デートは2〜3時間がベスト
  • 細かいデートプランは相手と話し合って決める

デートに誘ってもOKしてもらえない場合は、まず誘い方を見直してください。突然の誘いだと、相手もかまえてしまうので、共通の話題からデートに誘ってみましょう。

ある程度メッセージが続いているのにデートのOKがもらえない場合は、デートプランで「嫌だな」という点が含まれてケースが多いです。大まかなデートプランはこちらから提案しますが、細かいデートプランは話し合って決めましょう。

また、初デートから丸1日一緒にいようとするのはNGです。初デートは2〜3時間がベストです。

3.ドタキャンされてしまう

対処法

  • できるだけデートの約束は早めにする
  • 会うまではやり取りを続けること
  • 電話する
  • 前日にラインを聞く
  • 前日に確認のメッセージを入れる

デートに誘う日とデートする日の間隔はできるだけ短い方がいいです。間隔が空いてしまうと断られる可能性が高くなります。

また、デートの日まで連絡は取り続けましょう。頻度はそこまで多くなくてもいいですが、メッセージが途絶えないように注意しましょう。デートまでの期間に電話するのもいいでしょう◎

あとは、待ち合わせのときに困らないように…と言って、前日にラインを聞いてみましょう。教えてくれたらドタキャンの可能性は低いです◎

デートでうまくいかない時

デートの約束はできたが、初デートで失敗してしまう、2回目のデートにつなげられない、という人も多いでしょう。

1.初デートで盛り上がらない 

対処法

  • 初デートは食事などの「会話」をメインにする
  • 相手に意見を優先するが、任せきりにはしない
  • とりあえず「笑顔」を意識する

初デートは会話をメインとしたプランにて、2〜3時間以内で切り上げるのがベストです。初デートは2回目のデートにつなげるための場だと考えてください。「もう少し一緒にいたいな」と思うくらいが良いです◎

基本的に相手の意見を優先するのが良いですが、任せきりにしてはNGです。意見を求められた時などは、しっかりと自分の考えを伝えましょう。

あとは笑顔でいることを忘れないようにしましょう。

2.2回目のデートにつなげられない

対処法

  • 会話の中で共通点を見つけ出して、デートプランとして提案する
  • デート中(もしくは直後)に、次のデートに誘う

相手の好きな食べ物や行きたい場所、興味を持っていることを、会話の中から探りましょう

そして、それらの中で一つチョイスして、次回のデートプランとして提案してみましょう。

お肉が好き

◯◯の映画が見たい

カメラにハマっている

(2回目のデートは食事以外がいいな…)

(◯◯の映画の上演日は1ヶ月後…)

もし良ければ、来週の◯日に桜の写真を撮りにXXXに行きませんか?

2回目のデートは、あまり期間が空きすぎるとよくないので、デート中もしくはデート直後に誘いましょう

いい人と出会えない時

いい人と出会えない理由は主に2つです。

1.迷惑ユーザーの特徴を知らないため、そういう人ばかりに遭遇してしまう
2.自分とアプリの相性が合っていない

マッチングアプリの認知度は日に日に広がっており、会員数が何千万人、何百万人というアプリもあります。

それだけの人数がいれば、真剣度が低い人や、出会い目的以外の人もいます。24時間悪質なユーザーを監視しているアプリがほとんですが、すべてのユーザーに監視の目を向けられないのが現実です。

そのため、いい人と出会う方法を知ることが大切です。遊び目的の迷惑ユーザーの特徴を知って、極力回避しましょう。

他にもいい人と出会えない原因として、アプリとあなたの相性が悪い可能性があります。

アプリごとに独自システムがあったり、登録している会員の年齢層に偏りがあったりします。今使っているアプリの特徴と、自分が合っているか確かめてみましょう。

アプリの特徴を下記で紹介いたします。参考にしてみてください。

もし自分の使っているアプリの特徴が自分の目的と違っていたら、他のアプリを使ってみましょう。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク

ペアーズ
ペアーズ

■累計会員数が1500万人を突破!
利用者数No.1!多くの人が利用しているので自分にぴったりの相手が見つかる可能性大。たくさんの素敵な相手に目移りしてしまうかも…。初心者は、最初にインストールしておくべきアプリ。
公式
詳細
タップル
タップル
■すぐに会える異性を探せる
ペアーズに次ぐ会員数。18歳〜20代前半の利用者数が最も多く、気軽に遊べる友人や、恋人探しのためのマッチングアプリとして人気
公式
詳細
with
with
■内面重視の出会い
20代の恋愛目的の人と出会いたい人向け。趣味や相性重視で出会えるシステムなので、中身重視したい人に◎
公式
詳細

Omiai
Omiai

■結婚を前提とした出会い
婚活目的の真面目な出会いを探している男女が多く集まっているマッチングアプリです。利用者数も多いので、出会える確率が高い。
公式
詳細

アプリでうまくいかなくて疲れた時の対処法

マッチングアプリは様々な人とやりとりを行います。相手を探したり、気を使ったりとやることも多く、異性とのやりとりで刺激が多いことから疲れてしまうこともあります。

そんな時は出会い探しを諦める以外の選択肢を持っておきましょう

ここでは、誰でも簡単にできる疲れたときの対処法を紹介します。

休む

アプリに疲れたら、アプリでの活動をお休みしましょう。

アプリの中には「休止モード」「お休みモード」など、休みたい人向けのシステムも多いです。

また同じアプリを使う可能がある人は、このお休みシステムを使いましょう。

お休みシステムがない場合は、プロフィール写真と自己紹介文を消して「いいね」が来ないようにするのがおすすめです。アプリの通知OFFするのもお忘れなく。

アプリの数ややり取りする人数を減らす

日々アプリに費やす時間が多いほど、疲れは溜まりやすくなります。もし気持ちのキャパが足りないのであれば思い切って数を減らしてみましょう。

複数のアプリを使っている人は、特に気になる人がいるアプリか使いやすいアプリ以外を消してみるといいでしょう。

やり取りする人数が多くて疲れている人は、気になる人以外はフェードアウトしてください。

このようにアプリを使う時間を減らし、疲れを癒す時間を増やしていきましょう。

【注意】遊び目的ユーザーを見分けて避けよう

マッチングアプリの性質によっても変わりますが、どうしても遊び目的のユーザーもいます。各アプリで対策を取っていますが、登録時にわかるものではないため、100%防ぐのは困難です。

そのため、マッチングアプリで彼女・彼氏を作るためには、こういった不純な動機で利用しているユーザーを見極めて避ける必要があります。

このパートでは、注意すべき男性・女性の特徴と見分け方を解説します。

具体的には以下のリストに当てはまるユーザーは要注意なので避けましょう。

  • 【共通】マッチングしてからやたら「すぐ会おう」と誘うユーザーには注意!
  • 【共通】LINEアカウントをすぐ教えてと迫るユーザーには注意!
  • 【共通】プロフィールの内容とメッセージのやり取りがかみ合っていないユーザーには注意!
  • 【女性】「夜」「お酒」をセットで誘ってくる男性は注意!

まず、すぐに「会おうとする」「LINE交換したがる」その速攻アプローチが危険信号。

普通に考えて、お互いにまだ見知らぬ相手と、最初や2回目程度のメッセージで「今夜会わない?」なんて誘わないですよね。

また、やたらハイスペックなプロフィールユーザーにも注意が必要。プロフィール内容とやり取りでの会話がかみ合わない、矛盾する点が出てきたら、プロフィールを詐称している可能性があるため、そっと距離を取ってください。

これは女性向けの注意点になりますが、夜&お酒がセットとなったお誘いには注意しましょう。相手のことをまだ詳しく知らない間は、このセットのお誘いは避けてください。

遊び目的のユーザーを見極める方法について、解説している記事もあるのでご確認ください。

悪質ユーザーがいるので要注意

業者関係はどこのアプリにも紛れ込んでいるので注意が必要です。Facebook連携でも、Facebookに登録してから入りこんできます。

友達数を見て「ギリ10名ってヘンかな」とか、だいたいおかしいのはわかります。でもそういう人たちは本当に巧みですので、別のサイトを紹介して来るなどしたら「おかしいぞ」と思った方がいいです。

口コミでも、Omiai、withなどは徹底した排除策をとっているため少ないと言われてますよ。不安なら、やはりそうした大手・有名恋活サイトを利用するのが一番。

また婚活系もシステム上、比較的少ないと言われてます。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック