マリッシュでブロックした時のメッセージと足跡はどうなる?|非表示との違いも解説!

マリッシュ ブロック

マリッシュでブロックする仕方は?相手をブロックしたらメッセージや足跡はどうなる?非表示との違いも解説!

マッチングアプリの中でも、かなり優良でおすすめなマリッシュはシングルやバツイチなど、再婚希望者などが多く登録しています。登録者の真剣度が高いことが、マリッシュの人気の秘密です。そんなマリッシュを上手に活用して婚活するためには、「ブロック」「非表示」などの便利な機能を使いこなすことも大切なのです。

今回はマリッシュのブロック方法や、非表示との違いについて解説していきます。どんな時に、ブロックを使うべきなのかについても紹介しています。マリッシュを使っての婚活の参考にしてみてくださいね。

マリッシュの口コミを知りたい人はこちら

マリッシュのブロック機能とは?非表示との違い・使い分け方

こういった婚活アプリを使いなれていないと、「ブロック」「非表示」の機能の違いがよくわからないという人も多いでしょう。実際に使ってみればわかりやすいですが、マリッシュのブロックと非表示はLINEと近い感覚で利用できます。

「ブロック」「非表示」の違いを一覧表にしてまとめてみました。

ブロック 非表示
相手にバレない
マッチング前にも設定できる
メッセージ送受信ができる ×
メッセージ履歴が残る ×
相手の検索結果に残る ×
検索条件に入る × ×
相手から見た表示 退会済み 変化なし

どちらとも、こちらが設定していることは相手にはバレないような仕組みになっています。

相手とのコンタクトだけでなく、こちらの情報を全てシャットアウトしたいときにはブロック設定が便利です。自分がマリッシュを利用中に、相手の情報などを見たくないというときなどには非表示を使用するのがいいと思います。

下記で、さらに詳しく説明していきます。

ブロックした相手には、足跡やメッセージに「退会済み」と表示される

ブロックした相手には、足跡やメッセージに「退会済み」と表示される

ブロックした相手には、自分の情報がどのように反映されるか不安になりますよね。結論からいうと、相手には「退会済み」とだけ表示されます。そのため、すでにいない会員と同じように情報が全て削除されたような状態に見えます。

今までこちらが残した足跡や、メッセージなども「退会済み」となり閲覧できなくなるので、そこから遡ってコンタクトをとることは不可能になります。

ブロックしたことが相手にバレることはない

ブロックした相手の全ての検索機能から、こちらの情報はシャットダウンします。こちらが相手にブロック設定していることが表示されることもありません。なのでブロック設定しても、相手にはバレません。

ただし、長い期間マッチングアプリを利用しているベテランだと、ブロックされなれている人もいるので、勘付く可能性はあるかもしれませんね。

でも、ブロックする相手はどっちにせよご縁のない相手ですから、気にする必要はないでしょう。

マリッシュでブロックする仕方・手順【簡単2タップで完了】

マリッシュでブロックする仕方・手順【簡単2タップで完了】

マリッシュでブロック設定をする方法は簡単です。たったの2タップで終わります。実際に設定しながら説明していきます。

①プロフィール中央にある「非表示・ブロック」をタップ

まずは、ブロックしたい相手のプロフィール画面を開きます。そうすると画面中央に、×印で「非表示・ブロック」というボタンがあります。

プロフイール画像

この「非表示・ブロック」のボタンをタップして次の画面を開きます。

 ②「ブロック」を選択

「非表示・ブロック」のボタンをタップすると、今度は次のような画面が出てきます。

非表示・ブロックの内容

ここで、ブロックを選択してタップするだけです。とても簡単ですね。もし間違って、ブロックしたくない相手をブロックしてしまった、などという場合もすぐに解除することもできますから安心してください。(解除の仕方は後ほど紹介しています)

ブロックを利用すべきタイミング・相手の特徴

ブロックを利用すべきタイミング・相手の特徴

マリッシュのようなマッチングアプリを安全に利用するために、ブロックしておいた方がいい相手の特徴や、タイミングを紹介していきます。

①しつこく足跡をつけてきて嫌だと感じたとき

マリッシュでは、自分のプロフィールをみてくれた相手を足跡という機能で表示してくれます。出会いのチャンスを増やすためには、より多くの人に自分のプロフィールをみてもらえるようにすることが大切です。でも中には、1日に何度も何度も同じ人が自分のプロフィールをみにきていることもあります。

足跡を残してくれる相手は、あなたにこれからアプローチをしてくれようとしている人だけとは限りません。例えば、あなたに何かしらのアプローチをしたけれど、マッチングしなかった相手や、メッセージのやりとりはしたけれど気が合わなくてお断りした相手かもしれません。諦め切れずに何度も足跡をつけているような場合もあります。

特に気にならなければ問題ありませんが、相手から何度も足跡をつけられるのを不快に感じるようであれば、その時点でブロックしてしまってもいいでしょう。

②メッセージで不快な内容を送ってくる人

マッチングした相手が、不快な内容を送りつけてくることもあります。例えば、下ネタやエロ画像を送って欲しいなどという発言を、普通にしてくるような人もいます。またそれ以外でも、聞かれたくないようなことを執拗に聞いてきたり、上から目線で発言してくるような相手に出くわすこともあるでしょう。

そんなときは、いちいち悩まずあなたが不快だと感じたら速攻でブロックしてしまってOKです。

不快な相手とは深く関わることなく、終わらせることができるものマッチングアプリの便利なところです。

③特定の人にプロフィールを見てほしくないとき

誰か特定の相手に、自分のプロフィールをみて欲しくないときにもブロックの機能は便利です。

  • 知り合いと思われる相手
  • 以前マッチングしたけれど、お断りした(ダメだった)相手

特にこの2つのパターンに当てはまる場合は、相手にあなたがマリッシュを利用していることを気がつかれる前にブロックしてしまうことをおすすめします。

④真剣に恋愛を考えていないと感じる人

マリッシュは数あるマッチングアプリの中でも、かなり真剣度の高い人が婚活目的で利用しています。しかし、中には遊び目的で利用している人も絶対にいないわけではありません。あなたがやりとりする中で、「この人は遊び目的だな」と感じるような場合は、その時点でブロックしてしまう方がいいでしょう。

お互いに求めている相手が違うわけですから、時間の無駄でしかありません。

ブロックした相手を一覧でみる方法

マリッシュで自分がブロックした相手を確認する方法を紹介します。ブロックした相手は、一覧で確認することができます。

自分のプロフィール

この中央の歯車のマークのところに、「通知・各種設定」というボタンがあります。そこをタップします。そうすると以下の画面に切り替わります。

各種設定

この各種設定のページに、「非表示/ブロックリスト」という項目があります。ここのブロックリストを選択します。ここでブロックした相手を一覧で確認できます。

ブロックリスト一覧

ブロックを解除する方法・手順

次にブロックを解除する方法も紹介していきます。これも非常に簡単に設定できます。
まずは、先ほどの手順で、ブロックリストを開きます。

ブロックリスト

右上の赤丸で囲んである「…」のメニューボタンをタップします。

選択解除

メニューボタンをタップすると、上のような選択画面が出てきます。ここで、「選択して解除する」を選んでください。

選択画面

ここでチェックした相手を「ブロック解除」できます。試しに全員ブロック解除してみます。

ブロック解除

このように、ブロックした相手はいなくなりました。

ブロックを解除すると、検索や足跡、メッセージが再表示されるので注意

ブロックを解除するときには注意してほしいことがあります。ブロックを解除した相手には、あなたの足跡が表示されるようになります。もしブロック解除後に相手のプロフィールを見に行ったとしたら、あなた相手のプロフィールを閲覧した時刻なども表示されてしまいます。

あなたがログインした形跡もわかりますし、今までやりとりしたメッセージの履歴も再表示されてしまいます。また、相手の検索条件の中にあなたがヒットするようになるので、相手から再びコンタクトが取れるようになってしまいます。

ブロックした相手とのコンタクトを望まないようであれば、ブロック解除はしない方が安心です。

ブロックされた場合、相手が解除しない限り連絡できない

ここまでマリッシュのブロックの仕方についてレクチャーしてきましたが、もし自分が相手からブロックされたとしても同じです。あなたをブロックした相手が、あなたをブロック解除してくれない限り相手にコンタクトをとる手段はありません。

メッセージを送ることもできませんし、相手のプロフィールやログイン時間などもチェックすることはできなくなります。相手の情報は全て「退会済み」の表示になりますから、相手が本当に退会したのか自分をブロックしているのかはわからないようになってしまいます。


マリッシュ大辞典!関連ページまとめ

このサイトに掲載しているマリッシュ関連記事をまとめています。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック