婚活サイトの注意点!登録しちゃダメな婚活サイトと注意すべき危ない人物の特徴を紹介

マッチングアプリ大学編集部

婚活サイトを利用している、編集部の中本です。

スマホやパソコンだけで好みの異性と出会えるのが人気の婚活サイト。

ですが、その手軽さが逆に不安!危ない人とか利用してない?と不安で、婚活サイトの利用に踏み切れない人は多いです。

そこで今回、婚活サイトを利用している私の経験を基に、婚活サイトを利用する前に知っておくべき注意点を紹介していきます。

婚活サイトを利用した出会いが増加中!

まずはじめに、婚活サイトは怪しい!使っている人いるの?と思っている人のために、こんなデータを紹介します。

実は、恋愛・結婚意向のある独身者の約4人に1人が婚活サービスを利用しているんです!*1

株式会社リクルートマーケティングパートナーズの調査結果を見ると、10年前とくらべて倍以上の人が婚活サービスを利用しています。ネットでの出会いといえば、なにやらあやしいイメージが今だにあるようですが、実際には多くの人が婚活サイトを利用し、出会いを見つけているんですね。

アメリカでは結婚したカップルの約2割がマッチングサイトで出会っているそうです*2。遊び目的ではなく、結婚につながる出会いが見つかるのが婚活サイトです。

出典
*1:婚活実態調査2019/リクルート総研
*2:「家族の幸せ」の経済学 山口慎太郎著/光文社新書

婚活サイト(マッチングアプリ)の利用者数と割合

もう少しくわしく、婚活サイト(マッチングアプリ)の利用者数と割合について調べてみました。

婚活サービス利用者の割合
引用:エン婚活エージェント

上記はエン婚活エージェントが2020年2月に行った調査結果です。婚活サービスを利用している人は約20%いますね。さらにどのような婚活サービスを利用しているかの回答では、婚活サイト・マッチングアプリ(婚活アプリ)が約半数となっています。

婚活サイト利用者数

次に東京都による調査結果を見てみましょう。

恋人との出会いの場
引用:都民の結婚等に関する実態及び意識に
ついてのインターネット調査/東京都生活文化局

多くの異性と多くの時間を一緒に過ごすのですから、職場や学校で出会った人が多いのは当然といえば当然です。調査結果では、3番目に「インターネットで」出会ったとなっています。

婚活サイトに限らないかもしれませんが、少なくとも多くの人がネットを通じて出会っていることがわかりますね。

ネットで出会うことに対するためらいを覚える人もいると思います。でも、出会いのチャンスが多い婚活サイトを利用しないのはもったいない! 大事なのは、ネットでの出会い・婚活サイトの安全な利用法を知ることです。

では具体的に婚活サイトを選ぶときの注意点を説明します。

【婚活サイトの選び方】登録する前に注意すべきこと

婚活サイト選びで注意したいこと4つ
  • インターネット異性紹介事業の届出がされているか
  • アプリのセキュリティ対策がどうなっているか
  • 年齢確認がしっかり行われているか
  • 運営会社の情報が開示されているか

婚活サイトで危ない思いをしない、危ない人と接点を持たないようにするには、まず第一に「安全な婚活サイト」を選ぶことが大切です。

ひとつずつ「婚活サイト選びの注意点」を解説しますね。

インターネット異性紹介事業の届出がされているか

きちんとした婚活サイトであれば、インターネット異性紹介事業の届出が必ず出されています。

インターネット異性紹介事業の届出
引用:ペアーズ公式サイト

上記はペアーズ公式サイトのトップページに掲載されているものです。インターネット異性紹介事業の届出済みと明記されていれば安心です。

アプリのセキュリティ対策がどうなっているか

  • 24時間365日の監視パトロール
  • ブロック機能などがある
  • 通報(連絡)ができ運営側が対応してくれる

婚活サイトの運営企業が、要注意人物への対応をきちんと行っているところを選びましょう。サポートセンターや通報機能があって、あやしいと思ったら相談をすれば相手に警告をだしてくれたり、場合によっては相手のアカウントを停止してくれたりします。

公式サイト上に「安全に利用するためのガイドライン」や「ヘルプ」があれば、ぜひ読んでおきましょう。さらに「結婚・婚活応援プロジェクトMSPJ」加盟業者もセキュリティ対策への信頼性が高いので、安全確認の目安のひとつとなるでしょう。

一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト(MSPJ)とは

MSPJ
MSPJ加盟企業は7つの約束(より強固な個人確認の徹底・ルール違反の監視利用者への啓蒙・注意喚起など)を策定しています。マッチングアプリ大学も加盟しています。

年齢確認がしっかり行われているか

マッチングアプリの年齢確認に利用できる証明書
引用:Omiai公式サイト

婚活サイトやマッチングアプリは18歳未満は利用できません。登録時に年齢確認をしないところは要注意ですね。クレジットカード(カードをつくる時点で年齢を確認している)による認証、あるいは公的証明書による年齢確認を行っている婚活サイトを選ぶことが大切です。

運営会社の情報が開示されているか

婚活サイトを運営している会社について、情報が開示されているかどうかも注意して確認したいポイントです。会社概要がない、あっても所在地や代表者名などが書かれていない場合はおかしいですね。

大手企業が運営する婚活サイトが安心なのは、そもそも運営企業が法律や規則にのっとってサイトを開いているからです。また大手企業は、たとえば「一般社団法人 日本経済団体連合会」「一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト」等、加盟団体に所属していることが多いです。

安心して婚活サイトを利用するために、運営企業を見極めることも重要です。

大手企業運営による安全・安心な婚活サイト

では、ここからは大手企業による運営で安心して利用できる婚活サイトを紹介します。

もし真剣度を重要視するのであれば、女性も有料の婚活サイトの利用も検討してみてください。

ペアーズ|国内最大級の会員数

ペアーズの公式サイト
引用:ペアーズ公式サイト

安心して利用できる理由
  • 常に会員のプロフィール等をモニタリング
  • 安全ガイドラインが明記されている
  • オフライン(サイト以外での行動)でも利用規約に反したら厳しく対処

ネットを通じた婚活を初めて行う人も安心して利用できる婚活サイトがペアーズです。しっかりした安全ガイドラインがあるので、ぜひ参考にしてください。

ペアーズは会員数も非常に多いです。コミュニティもたくさんあるので、好きなものや共通点のある異性と出会えます。

>>ペアーズの評判口コミ

>>ペアーズ公式はこちら

Omiai|長い実績でセキュリティも万全

Omiai公式サイト
引用:Omiai公式サイト

安心して利用できる理由
  • 入念なプロフィール審査
  • 24時間365日の監視パトロール
  • 禁止行為に対して違反報告・イエローカードでの注意喚起・強制退会

Omiaiは早くから婚活サイトを開いており、長い運営実績があります。利用規約に反するような行為をする相手はブロックするだけでなく、運営に違反報告をすれば対処してもらえます。

Omiaiでは違反報告などをもとに要注意の人物にはイエローカードをだし、本人だけでなく接点のあるユーザーに注意喚起をします。さらに状況に応じて規約違反の人は強制退会となります。

Omiaiは婚活サイトの中でも「結婚」を意識したユーザーが多く、まじめなお付き合いを望んでいる人が利用しているサイトです。

>>Omiaiの評判口コミ

>>Omiai公式はこちら

マッチドットコム|グローバルな婚活サイト

マッチドットコムの公式サイト
引用:マッチドットコム公式サイト

安心して利用できる理由
  • 不審点を報告できる
  • 受信拒否設定ができる
  • 詳細な安全ガイドライン

マッチドットコムはアメリカ発祥の婚活サイトです。そのため、ヘルプの解説が翻訳のようで少しわかりづらいのですが、たいへん細かく「注意事項」が掲載されています。安全ガイドラインは必ず読むようにしましょう。

外国人のユーザーも多いため、外国籍の方との交流についての注意喚起もあります。マッチドットコムはさまざまな国の人、いろいろなタイプの異性と出会えるサイトです。実際にマッチドットコムで知り合って結婚したカップルも多い、まさにマッチドットコムは「婚活」サイトの代表格ですね。

>>マッチドットコムの評判口コミ

>>マッチドットコム公式はこちら

マリッシュ|再婚活や40代にも人気

マリッシュ公式サイト
引用:マリッシュ公式サイト

安心して利用できる理由
  • 公的証明書による入念な年齢確認
  • オンライン・オフラインともに利用規約違反をしたらペナルティー
  • 安心ガイド・コミュニティガイドの掲載

マリッシュは再婚活やシンママなどにも人気のある婚活サイトです。ユーザーの年齢層も30代から40代とペアーズやOmiaiと比べると少し高めです。

24時間365日のサポートと監視体制でセキュリティもしっかりしています。また、MSPJ(結婚・婚活応援プロジェクト)にも参画しています。

>>マリッシュの評判口コミ

>>マリッシュ公式はこちら

【プロフィール編】婚活サイト内で避けたほうがいい要注意人物の特徴

婚活サイトを利用するとき、最初にお相手のプロフィールをチェックしますね。プロフィールは自己紹介カードのようなものです。プロフィールを見るときの注意点をまとめました。

ここに注意!プロフィールでチェック

  • あまりに好条件すぎる内容
  • 加工しすぎている写真
  • コピペ感がある

誰でも自分のことは良く見せたいので、多少はプロフィールを「盛る」ことはあるかもしれません。それにしても、たとえば年収3,000万で身長180㎝、外車やタワーマンション、趣味は海外旅行にクルージングなど「ありえないくらいキラキラしている」プロフィールは要注意ですね。

その上、超イケメンや美女、あるいは人工的で加工しているのがわかるような写真を載せていたら、かなりあやしいです。サブの写真もどこかからとってきたらしい外車や別荘やボートの写真などが載っていたら、ますます注意したいところです。

いっぽう、空欄ばかりでよくわからないプロフィールも違和感があります。またプロフィールの内容がどこかで見たことがあるようなもので、文言も何かをコピーした感じがわかるときは少し注意をはらったほうがいいでしょう。

要するに「やり過ぎ」あるいは「やらなさ過ぎ」どちらも要注意ということです。

【メッセージ編】注意すべきメールのやり取り

  • すぐにLINE交換をしたがる
  • 住所や勤務先など聞きだそうとする
  • 弱みやストレスに感じていることを聞く
  • なんとなく経済的なことを聞いてくる

メッセージやメールのやり取りは、相手がどんな人が見極めるチャンスです。よく注意して、相手の返信を読みましょう。

最初からLINE交換に誘ってきたり、1〜2度のやり取りしかしていないのに個人情報を聞きだそうとする人には注意してください。

メッセージのなかであなたの悩みや困っていることを聞き出す場合も少し慎重に相手の対応を見ていきましょう。

おおかたは好意から「相談にのる」人ですが、中には弱音を引き出し、それをきっかけに「これ飲むと元気がでるよ」「通っているセミナーに行ってから悩みがさっぱりなくなったから一緒にどう?」と購買や勧誘する人もいるので注意が必要です。

同じようにさりげなく経済状況を探ろうとする人も要注意です。

また、返信が来なくなって気になっている…という場合は、以下の記事が参考になります。

【デート編】婚活サイトで知り合った人と会う場所や時間の注意点

  • 初回から夜遅い時間に誘う
  • いきなり今から会おうなどと言う
  • 個室など周囲の視線がない場所で会おうとする
  • 知られていない場所やなじみのない地域で会おうとする

初回のデートは昼間、なるべく周囲に人が大勢いるカフェやテラスのような場所が安心です。

普通に考えたら、まだ顔を見たこともない初対面の相手に対して「いきなり、今夜これから会おう」と夜誘うことはないでしょう。個室やブースで区切られて周囲の視線が届かないようなお店や、まったくなじみのない知らない地域を指定されたら、他の場所にしてほしいとハッキリ伝えます。

相手がどんな人かは会ってみるまでわかりません。どんなにメッセージ上では良い人であっても、最初は注意してデートの約束をしましょう。

まとめ

安心して利用できる大手運営の婚活サイト4選

婚活サイト 料金 特徴
ペアーズ 男性3,590円/月
※毎週末割引あり
女性無料
国内利用者数No.1
コミュニティが人気
Omiai 男性3,980円/月
女性無料
真剣度が高い
マッチドットコム 男性3,980円/月
女性3,980円/月
婚活向け
マリッシュ 男性3,400円/月
女性無料
再婚向け
シンママ・シンパパ向け

危ない人を見極める前に、まず安心して利用できる婚活サイトを選ぶのが大前提です。

加えて、プロフィールやメッセージの内容などを見ながら、どんな人か危険はないかと判断しましょう。今回ご紹介した婚活サイトはセキュリティ対策は万全です。サポートセンターに連絡すれば、対応もしてくれます。

婚活サイトを使うときに、神経質になりすぎる必要はありません。どこか飲みにいって知らない人に声をかけられたら最初は警戒しますよね?ネット上で異性と出会うときも同じことです。

婚活サイトでは普段出会えないような相手とたくさん知り合えます。効率的に大勢の相手と出会えるメリットを活かしつつ、安全性に気をつけて婚活サイトを利用するようにしましょう。

>>婚活サイト&アプリ一覧はこちら

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

編集部 中本

誰よりも詳しく、好奇心旺盛で世の中全てのマッチングアプリを使ってみる!がモットー。主にアプリの調査記事や比較記事、解説記事などを担当。