「毎日キス」は42.9%!マッチングアプリで出会って結婚した人のラブラブ度を調査

マッチングアプリで出会って結婚した夫婦のラブラブ度調査のイメージ

婚活の手法として、今やマッチングアプリは主流になりつつあります。マッチングアプリでの出会いは、職場や学校などでの出会いと比べてなんとなく味気なく感じる人も少なくないかも知れませんが、実態はどうなのでしょうか? 

そこでマッチングアプリ大学では、「マッチングアプリで出会って結婚したカップルのラブラブ度」を調査してみました。

結婚に至るまでの期間や、毎日キスをする夫婦の割合、マッチングアプリを使ってよかったことなど、アプリ婚をした夫婦のリアルを紹介します!

調査対象者は、平均年齢31.4歳。9割以上が「結婚3年以内」

マッチングアプリで出会って結婚した人の年齢

今回の調査は男性33人、女性72人の計105人を対象に行いました。

平均年齢は31.4歳で、30歳前後の人がボリュームゾーンです。マッチングアプリがメジャーになってきたのが最近ということもあり、ほとんどの人が結婚3年以内となっています。

まずは結婚相手との出会いやお付き合いについてみていきしょう。

結婚相手と出会ったマッチングアプリは「ペアーズ」が最多

結婚相手と出会ったマッチングアプリ

結婚相手と出会ったマッチングアプリは「ペアーズ」が40%で、他のアプリと30%ほどの差をつけてダントツトップという結果でした。その他に10%以上だったのは、「Omiai」「タップル」「ゼクシィ縁結び」です。

ペアーズは「マッチングアプリの先駆け」として、日本では比較的早い時期にリリースされたサービスです。そのせいもあってトータル登録者数も他サービスと比べて多いため、当然の結果とも言えるかもしれません。

実際に結婚した人が使っていたということで、これからマッチングアプリで婚活をしたいと思っている人は参考にしたいですね。

出会いまでの期間は「半年以内」が、58.1%

結婚相手と出会うまでの期間

婚活をするとなると、出会えるまでの期間は気になるところです。

今回の調査対象者は婚活を始めてから「半年以内」に結婚相手と出会えたという人が、58.1%でした。1年以内に出会えている人は、全体の84.8%です。

この数字は、本気で結婚したいと願って行動した結果、1年以内に8割以上の人が結婚相手に出会ったという事実を裏付けています。マッチングアプリでの婚活を考えている人には、とても心強い数字ですね。

結婚相手の第一印象は、見た目の好みにかかわらず「話が合った」が9割

結婚相手の第一印象

「出会った瞬間にビビッときた」というように、相手が将来のパートナーとすぐに分かる人は多くはいません。

実際に結婚相手の第一印象がどうだったのかを聞いてみたところ、「顔や見た目が好み」だと思った人は52.4%でした。顔や見た目にかかわらず「話が合った」と思った人は88.6%です。この数字からは、第一印象を「顔や見た目」で判断せず、「話が合うか」で判断した方が結婚する相手を見つけやすいということが推察されます。

マッチングアプリで結婚相手を探すときは、外見が自分の好みでなくても「もう少し話してみたいな」と思ったのであれば、その気持ちに素直に従ってみるのがよいかもしれません。

具体的にはどんな第一印象だった?

マッチングアプリで初めて会う人のイメージ

結婚相手と初めて出会ったときの印象について、詳しく聞いてみました。

【外見が好みで、話が合った】

初めて会った瞬間どストライクすぎて、見た目も話し方もドンピシャでした。居酒屋で飲んだのですが、会話も何もかもリードしてくれて居心地がよく、これが運命なんだと直感しました。(29歳女性)
思っていたよりもステキな人が現れて嬉しかったのを覚えています。食事をしたのですが、人見知りな私がどんどん喋って、よほど仲良くないと行かないカラオケまですんなりと行っちゃいました。(35歳男性)
写真での彼は好みではなかったので、1時間程度のお茶でいいかと待ち合わせすることに。実際会ってみるとかなりタイプで、しかも関西弁で話しやすくおもしろい。「今日は時間を作ってくれてありがとう」とケーキの手土産まで!この人と結婚するかもと直感して、また会いたいと彼に次の約束を申し込みました。(28歳女性)

【外見は好みではないが、話が合った】

全くタイプの男性ではなかったが、そのおかげで一切緊張することもなくリラックスして話ができた。とにかく優しいオーラが出まくっている人だった。(41歳女性)
顔は特にタイプでもなかったのですが、会った瞬間に懐かしいような気がして、この人と仲良くなるなと察しました。ソウルメイトというか、ビビビというか。とても会話もしやすくて、また会うことも自然と決めていました。(38歳女性)
写真とは全然違い、正直あんまり好みの容姿ではなかった。話をすると趣味や食べ物の好み、価値観や感覚などが今までに出会った人の中で一番合うことに気付き、だんだんと魅力的に感じ始めました。(42歳男性)

【外見は好みだが、話は合わなかった】

事前に送ってもらっていた写真よりも化粧が濃く、初対面の日は頑張っていた気がする。見た目は可愛いけど、気が強そうという印象だった。(39歳男性)
年下だったし期待していなくて、会ったときもあんまりタイプでなかったので2度目はないなと思うぐらいでした。(31歳女性)

【外見が好みではなく、話も合わなかった】

服装はジーンズにナイロンパーカーというラフな格好で、私はそういった服装が好みではありませんでした。声も緊張のせいなのか聞き取りづらく、全体的に私とは合わないと感じました。(28歳女性)
初めて会った日の彼の服装は、カジュアルスーツのセットアップでシンプルでした。ボストンバッグを持っていたので、「こんな大きなバックいる?」と思った記憶があります。また、色も白く華奢な感じで私とは正反対だったので、全く私のタイプではなかったです。(32歳女性)

コメントを読むと、この後結婚する相手との出会いにしては意外に感じる部分もありますね。初対面の印象がとてもよい場合もありますが、そうでなくても結婚に至ることがあるようです。

第一印象のよしあしとその後の展開に、マッチングアプリを介したかどうかはあまり関係ないようです。このことから、マッチングアプリでも運命を感じる出会いは大いに期待できると言えそうですね。

出会いから交際までは、「1ヶ月以内」が39%

出会いから交際までの期間

上のグラフは、相手と出会ってから交際に発展するまでの期間を聞いた数値です。1ヶ月以内が39%と最も多く、3ヶ月以内までを合計すると84.8%となっています。

初対面で出会ってそのまま交際することにした人も多く見受けられ、マッチングアプリで出会ってから最終的に結婚する相手と交際が始まるまでは、それほど時間を要さない人が多いことがわかりました。

出会いから交際まで、どんな状況だった?

結婚相手とどんな風にして交際が始まったのかも聞いてみました。

彼がいいねしてくれたことから、メッセージをやりとりするようになりました。1ヶ月ほど毎日連絡して、とても楽しかったのを覚えています。そろそろ会ってみたいなぁと思っていたら、彼から「よければ昼間に会いませんか」とお誘いが来ました。「昼間」というところに好感が持てたので、すぐにOKしました。直接会ってみると彼は写真よりも断然かっこよく、一瞬で好きになりました。彼も私のことを気に入ってくれたみたいで、その後に告白され、付き合うことになりました。(34歳女性)
当時2000を超えるいいねがあり、彼からのメッセージは埋もれていました。メッセージをやりとりしても面倒になってしまい、毎回既読スルーの状態でした。しかし、千鳥のノブが好きな私のことを覚えていてくれて、ノブがテレビに出るたびにメッセージをくれて、こんなにアプローチしてくれるなら会ってみてもいいかなとメッセージのやりとりをし始めました。(28歳女性)
カメラという共通の趣味があったので、メッセージのやりとりから「一緒にカメラを持って風景の撮影に行きませんか?」というお誘いまでそんなに時間はかかりませんでした。一緒に週末に出かけるようになり、2ヶ月ほどで交際に至りました。(27歳女性)
マッチングアプリで相手からメッセージが来ました。プロフィールを見ると未記入、アプリを始めて間もなかったので、なんとなくメッセージでやり取りをしていましたが、レスポンスは良い感じでした。お会いするまで相手の顔写真もない状態でしたが、お会いしたときにとても美人だったので逃したくないと思いました(笑)。それから夏祭りや水族館に行き、猛アプローチし、交際を申し込んで付き合うことになりました。(35歳男性)

女性からのコメントを見ると、マッチングアプリではかなり多くの男性から“いいね”がくるようですね。男性は、共通の趣味についての話や猛アプローチなど、何かしら相手の印象に残るやりとりが大事になりそうです。

男性からは「何度も食事に誘った」など、積極的なアプローチをしたコメントが多くありました。付き合ってみたいと思った女性には、多数の男性がアプローチしていることも多いので、男性が「この人だ」と心に決めたなら、自ら積極的にアピールすることが必要です。

交際から結婚の意志を固めるまでは「半年前後」が多い

交際から結婚の意志を固めるまでの期間

交際から結婚までは、「5~7ヶ月」が最も多く26.7%でした。次に多くなっているのは「1年~1年半」で15.2%です。

マッチングアプリで出会った交際相手とは、半年もしくは1年を区切りに、結婚するかどうかを決める人が多いようです。

「この人と結婚しよう」と思った決め手は?

マッチングアプリで出会った相手と結婚をすることにした決め手について、聞いてみました。

趣味や嗜好がかなり一致していたので、一緒にいて楽だなと思ったところ。お互い生まれたのが片田舎の兼業農家ということもあり、生まれ育った環境や価値観が同じで、親近感を感じたところ。一人暮らしをしている中で金銭面がしっかりしており、安心できると感じたところ。(31歳男性)
家庭環境が似ていて、お互い家族に恵まれなかったことがわかった。どんな家庭にしたいかの話も合って、お金の使い方も派手じゃなさそうなので大丈夫だと思った。(30歳女性)
まずお金やものの考え方、価値観が似ていました。無駄遣いはしないけれど、お互い好きなものがあってそれを大切にしていることなど、一緒にいても気を使うことが少なかったのが決め手でした。(30歳女性)
私が「一人暮らしはずっとしているけど、料理が苦手で…」と打ち明けたときに、「一緒にやればいいじゃん!」と言ってくれたことです。「気にしないよ」「少しずつでいいよ」などといった言葉ではなく「一緒に」と言ってくれたので、パートナーとして歩んでいけると感じました。(31歳女性)

決め手として多く上がったのは「価値観が似ている」「金銭感覚が似ている」「家庭環境が似ている」といった部分でした。

日常でも自分と似たタイプや環境にいる人と出会うことはあります。しかし、マッチングアプリではプロフィールなどから“自分に似ている”と感じる人を探せるので、そういう人に出会える確率がさらに高くなるのではないでしょうか。

結婚は長い共同生活であるため、「自分と似ている」=「一緒に暮らせそう」と判断した人が多いようです。

「初キス」はどんなシチュエーション?

結婚相手との初めてのキスの状況も教えてもらいました。

初めて会った日「お付き合いしましょう」と言われ、そうしましょうと答えた後に。夕日がよく見えるカフェの窓際でした。(32歳女性)
3回目のデートで彼女を家まで送ったところで、交際を申し込みました。OKをもらった後に、案内された自宅の部屋で初めてのキスをしました。(31歳男性)
2回目のデートで居酒屋に行った帰り際に、彼からキスされました。(23歳女性)
初デートの日です。帰りの電車の中でほとんど誰もいなかったのでしてしまいました。(28歳女性)

初キスは意外に早く、「付き合うことになったその日」、またはその次のデートという回答が大半を占めました。交際することが決まった段階でお互いの意思がはっきりしているため、初キスまでの時間も短くなる傾向にあるのでしょうか。

プロポーズの言葉・シチュエーションとは?

マッチングアプリで出会った人にプロポーズするイメージ

プロポーズの言葉やシチュエーション、場所などについても教えてもらいました。

交際1年記念と彼女の誕生日を兼ねて、京都旅行へ行きました。結婚式場兼レストランのお店でディナーを食べ、スタッフの協力のもと、食後に彼女を屋上のチャペルへ誘導しました。そこで婚約指輪を彼女に渡し、「幸せにするので、僕と結婚してください」と言いました。(31歳男性)
彼女の誕生日に居酒屋で食事した後、プレゼントに革のバッグを手渡しました。そのバッグのポケットには「marry me」と書いたメッセージカードを仕込み、彼女が家に帰ってカバンを開けたときに見つけ、喜んでOKしてくれました。(35歳男性)
キャンプへ行き私が夜ご飯の支度をしていると、後ろからいきなりケーキをもって彼が来ました。そのケーキに「結婚してください!」と書かれていました。(41歳女性)
初めてのデートで行ったのカフェで、彼がいつもより話さなかったので別れ話をされるのかと身構えていたら、婚約指輪を渡してもらいました。お花やステキな夜景はなかったですが、ふたりの始まりの場所を覚えていてくれたこと、記念日でもなんでもないのに急にプロポーズされたことが、とても嬉しかったです。(23歳女性)

どれもロマンチックなプロポーズですね。コメントの中には「初めて出会った場所」「出会って1年」などふたりの出会いに絡めたプロポーズだった人が複数いました。

マッチングアプリを使用すると日常生活では出会えなかった人との出会いがあるので、ある意味では運命的と感じられることもあるでしょう。出会ったことを大切にしたい、という思いが多くのカップルの中にあるようです。

結婚後の生活「一緒にいる時間が楽しい」が72.4%!

結婚後の生活状況

結婚後の生活について、選択肢の中から自分にあてはまるものを全て選んでもらう方式でヒアリングした結果が上記のグラフです。回答のうち最も多くの人が選んだのは、「一緒にいる時間が楽しい」で72.4%でした。

「毎日ハグをする」(53.3%)、「満足できる“夫婦生活”がある」(49.5%)、「毎日キスをする」(42.9%)など、スキンシップに関する選択肢については概ね半数が「あてはまる」と回答しています。「どれにも当てはまらない」という回答はわずか1.9%でした。

マッチングアプリがきっかけで出会った夫婦であっても、愛情の表現方法やスキンシップに関して消極的という印象はありませんでした。

「夫婦のラブラブ度は100%」という人が、21.9%!

結婚後のラブラブ度

「すばりふたりのラブラブ度は何パーセントですか?」という質問もしてみたところ、ラブラブ度が80%以上と答えた人が70.5%という結果になりました。

100%と答えた人も21.9%いて、夫婦関係のよさがはっきりと感じられます。

ラブラブ度の回答の理由は?

夫婦のラブラブ度について、それぞれ回答の理由を聞いてみました。

【ラブラブ度100%】

今の結婚生活に不満な点がないので100%にしました。付き合うときのキュンキュンはないけど、代わりにもっと大きな幸福度があります。(32歳女性)
今は妻のおなかに子供がいます。新しい人生が始まると思うと、不安もあるけどワクワクします。これからもお互いのことを分かり合って、共に歩んでいける相手だと思っているから大好きです。(35歳男性)

【ラブラブ度70~99%】

(90~99%)キスはあまりしていないので100%はいっていないのですが、毎日ハグしたり「好き」と言い合っています。とても癒されていて日々の活力になっています。(31歳女性)
(80~89%)結婚当初と変わらず、行ってきますのキスをしています。子供が産まれて母としての妻を見ていてホッコリします。(35歳男性)
(70%)産後スキンシップは少なくなりましたが、今が彼のことが一番大好きなので70%にしました。(28歳女性)

【ラブラブ度69%以下】

(60~69%)もともとすごくべったりしてるわけではなかったから、ずっとこれくらいな感じ。(28歳女性)
(50~59%)付き合うようになってから結婚も含めすでに3年以上。同棲期間が長かったことなどもあり新婚感は皆無ですが、気のおける唯一の人物が彼なのでいなくてはならない存在です。でも一緒にいるからこその欠点も垣間見え、イラッとすることも多々あるので60%程度です。(25歳女性)
(30~39%)もともとラブラブだった期間が一度もありません。でも喧嘩もしないし、話は合うし、ふたりでカラオケに行ったりお酒を飲んだりと楽しい時間を過ごしています。(34歳女性)

ラブラブ度という質問だったので、回答者の多くは「スキンシップ」の度合いとして答えてくれたようです。

スキンシップの度合いは少なくても、お互いに心地よい距離感が保てているカップルが多いことが分かりました。

マッチングアプリで出会った相手と結婚して、ココがよかった!

マッチングアプリで結婚相手と出会ったことについて、当事者はどう思っているのか聞いてみました。

【マッチングアプリでココがよかった!】

社会人で出逢いも少なくなっていた中でアプリは少し抵抗もありましたが、ちゃんとしたよい人もいるんだなと思いました。使い方をしっかりすれば、ちゃんとステキな人に巡り会える手段だと思います。今の結婚相手とは、アプリでないと出逢えなかったんじゃないかと思います。(27歳女性)
お互いに結婚したいという意志があったので、合理的に物事を進めることが出来ました。恋愛ではこんな風に合理的には進まないと思います。(34歳女性)
会社や学校とは違うところで出会ったので、彼の会社のことや育った地域のことを聞くことが新鮮ですごく楽しいです。(26歳女性)
千葉と北海道という離れた土地に暮らしていた私たちでしたが、運命の相手を見つけられたのがよかったところです。(40歳男性)
趣味が合い、共通点がある相手が簡単に見つかるという点でマッチングアプリはよかったです。また、事前に共有している趣味や共通点があるので、会ったときの話題にも困らずすぐに打ち解けあえるのもよかったです。(31歳男性)
会社は男ばかりだし職場結婚はしたくなかったので、アプリでぐんと出会いが増えた。会う前から雰囲気や趣味などのプロフィールが分かるから、合コンより無駄がないと感じた。(33歳男性)

マッチングアプリは普段の生活で出会えない人に会うことができる、結婚の意志がある人同士なので合理的といった意見が多くありました。

忙しい日々に追われたり、異性が周囲にいなかったりなどの理由で結婚に距離があった人でも、マッチングアプリを利用することで出会いを見つけることができるのはステキなことですね。

アプリ婚はニューノーマルに!婚活向きのアプリで出会いを見つけて

マッチングアプリで恋人を探そうとするイメージ

これまで見てきたように、出会いのきっかけはマッチングアプリでもそれ以降は一般的な恋愛と同様のプロセスを経て結婚し、信頼し合った夫婦関係を築いているカップルが多いようです。

「結婚したいけれど相手が見つからない」という悩みがある人は、まずは一度マッチングアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

ただ、マッチングアプリにも婚活に向いているものとそうではないものがあります。遊び目的や結婚への本気度が低い人に出会って時間を無駄にしたくない人は、以下の記事を参考にアプリを選んでみてくださいね。

マッチングアプリでの出会いでも、夫婦のラブラブ度に影響なし!

ラブラブなカップルのイメージ

マッチングアプリで出会った夫婦の実態調査、いかがでしたか?今回の調査からは、以下のことが分かりました。

  • 婚活から結婚相手と出会うまでは、「半年以内」が5割以上
  • 交際から結婚の意思を固めるまでは「半年」か「1年」が多い
  • 結婚後の生活で「一緒にいる時間が楽しい」が7割以上
  • 夫婦のラブラブ度は80%以上と答えた人が7割以上
  • マッチングアプリは普段の生活で出会えない人に会うことができる
  • マッチングアプリでの出会いは“自分に似ている”と感じる人に会える確率が高い

出会いがマッチングアプリであっても、夫婦のラブラブ度に影響はないようです。マッチングアプリを利用したことで、運命の人に出会えたという人も多くいました。

「今年こそは結婚!」と考えているなら、あまり気負わずに一度マッチングアプリを利用してみてくださいね。

【調査概要】

調査方法:インターネットアンケート
アンケート母数:計105名
実施時期:2021年2月16日~2021年3月2日
調査実施主体:マッチングアプリ大学
調査会社:株式会社ネクストレベル

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

稲垣 幸子

2004年、株式会社リクルート入社。結婚情報誌「ゼクシィ」の編集に携わる。編集デスクを経て、2010年独立。