通宝山彌勒寺(弥勒寺)で布袋さんと自然あふれる境内に癒やされる御朱印デート|姫路|縁結び大学

今回ご紹介するのは、兵庫県姫路市の山間にたたずむ「通宝山彌勒寺(弥勒寺)」に参拝し、平安期以来の歴史を重ねた境内と、四季折々の自然を堪能して、御朱印も受けるデートプランです。

1,000年以上もこの地にある彌勒寺(みろくじ)は、自然豊かな境内を持ち、国指定の重要文化財も残っている天台宗の古刹です。気忙しい日々に少々お疲れ気味、巨大な布袋さんから金運・財運パワーをいただきたい、そんな二人にもぴったりのスポットになると思います。

今回は、彌勒寺の歴史や見どころ、デートでの楽しみ方などについて、同寺院のご住職・草別さんにお話を伺いました。

愛嬌ある布袋さんにほっこり!平安期開山の通宝山彌勒寺

「通宝山彌勒寺」本堂の正面外観
▲築600年以上が経つ本堂。国指定の重要文化財となっている

姫路市夢前町の「通宝山彌勒寺」は、1,000年以上前の平安期以来の歴史を誇る名刹です。性空上人(しょうくうしょうにん)(※1)の草庵がお寺の始まりと伝わっており、国指定重要文化財の本堂や巨大な布袋尊の石像など、見どころもたっぷり。

(※1)平安中期の天台宗の僧侶で、京都の生まれ。存命中から多くの霊験があったと伝えられている。

ここからは、そんな彌勒寺について具体的に見ていきましょう。

車でのアクセスがおすすめ!姫路市郊外の山間にたたずむ古刹

編集部

今回初めて彌勒寺にお邪魔しましたが、平安時代の開山とあって、長い歴史の重みを感じる境内の雰囲気と、ちょっとユーモラスな表情の巨大な「日本一の布袋さん」像とが対照的で、何ともユニークですね。

最初に、お寺のロケーションの魅力やアクセスについて、ご紹介をお願いします。

草別さん

彌勒寺は、姫路市郊外の夢前町にあり、自然豊かで風光明媚な環境に立地した古いお寺です。

「通宝山彌勒寺」境内の桜咲く庭園(春)
▲春の境内。いかにも歴史の風格を感じる、自然美も豊かな庭園

街中からは離れていますが、道路幅が広いですし、大型車でも乗り入れできます。無料駐車場も100台分ほどは確保しており、駐車場から3分とかからずに参拝可能ですよ。公共交通機関ですと、最寄りのバス停から30分程度歩きますので、お車の利用をおすすめします。

緩やかな参道ですから、車椅子ご利用の方でも、無理なくお参りしていただけるでしょう。

開山から1,000年超!平安中期から営々と続く彌勒寺の歴史

編集部

彌勒寺の歴史や、御由緒などについても教えてください。

草別さん

彌勒寺は、天台宗(総本山は比叡山延暦寺)に属する寺院です。「書写山圓教寺(えんきょうじ)」の奥の院と呼ばれており、近隣の圓教寺とは密接な関係にあるんですよ。

平安期の1000(長保2)年に、圓教寺を開山された性空上人がこの地に隠棲され草庵を営まれたのが、彌勒寺の始まりと伝わっております。当山も、開山から1,000年以上は経っているわけですね。

当時の花山法皇が性空上人の徳を慕われて、彌勒寺に行幸されて以来、境内に諸堂を建立させた経緯があります。境内の開山堂には、性空上人の尊像が安置されております。

「通宝山彌勒寺」境内の開山堂と紅葉(秋)
▲開山堂と紅葉。風情ある境内の光景

本堂は、室町期の1380(天授6)年に、備前・美作・播磨の3か国の守護であった赤松義則公が建立しました。600年以上昔のお話です。本堂内陣天井は唐様の模様であり、重要文化財の建造物に相応しく、繊細華麗な装飾となっていますよ。

「通宝山彌勒寺」本堂の正面外観
▲国指定の重要文化財である築600年超の本堂。圧倒的な歴史の重みを感じる

また、お祀りしている御本尊の弥勒三尊ですが、平安期の999(長保元)年の造立です。やはり、1,000年超の歴史を重ねており、国指定の重要文化財となっています。

性空上人が仏師・安鎮に依頼して刻ませた仏像ですが、弥勒三尊自体が大変に珍しく、国内にも例がほとんどありません。

直書き御朱印が3種類!授与所で16時まで受付中

「通宝山彌勒寺」境内の巨大な布袋尊像と雪景色(冬)
▲雪景色の中に鎮座する巨大な布袋さん。これもフォトジェニックな光景

編集部

「通宝山彌勒寺」に参拝した際に受けることができる御朱印は、どのようなものでしょうか?

草別さん

当山で受けられる御朱印は、現在3種類あります。御本尊の弥勒三尊と、夢前七福神の一番札所として布袋尊、そして子安地蔵尊です。シンプルな墨書と、押印の御朱印となっておりますよ。

編集部

御朱印は、どちらで受けられますか?また、志納料や、受付時間についても教えてください。

草別さん

山門をくぐって右側に授与所がありまして、そちらで御朱印を受けていただけます。志納料は、各300円をお納めになってください。ちなみに、「夢前七福神」の色紙は、御朱印込みで志納料1,000円です。

>>公益社団法人 姫路観光コンベンションビューロー「夢前七福神

「通宝山彌勒寺」山門にある龍の彫刻
▲山門にある龍の彫刻。精緻な技巧が見事!

御朱印の受付時間は、冬季は毎日9:00〜16:00頃、夏季は毎日8:00~17:00頃となります。

なお、授与所は基本無人ですが、庫裏(くり)(※2)に寺の者がおりますので、インターホンで呼び出していただければ大丈夫ですよ。

(※2)寺院の境内にある、僧侶などが居住したり、調理したりするための建物を指す。

編集部

御朱印帳は、持参した方がよろしいのでしょうか?また、彌勒寺のオリジナル御朱印帳はありますか?

草別さん

直書きしますので、可能であれば、御朱印帳をご持参なさってください。お忘れの際には、書き置きの御朱印をお渡し可能です。

なお現在、オリジナル御朱印帳の頒布はありません。

編集部

昨今の社会情勢の影響からか、郵送で御朱印を受けたいとの声をしばしば耳にするようになりました。彌勒寺では、御朱印の郵送対応はされているのでしょうか?

草別さん

御朱印の郵送対応は、現在のところ致しておりません。

そもそも御朱印は、御本尊さまにお参りされて、仏縁を結ばれたことの証となるものです。本堂で参拝されてから、授与所で御朱印をお受けになっていただければと思います。

必見の巨大な布袋さん!彌勒寺は見どころ盛りだくさん

「通宝山彌勒寺」境内の巨大な布袋尊像(接写)
▲本堂裏に鎮座する巨大な布袋さん。花崗岩を彫ったもので、なかなか愛嬌のあるお顔をしている

編集部

観光で訪れた際の、「通宝山彌勒寺」の見どころなどについて、お話しください。

草別さん

最初にご注目いただきたいのは、境内奥(本堂裏手)に鎮座する日本最大級の布袋尊です。重さ約130t、高さ5mほどもある花崗岩に刻んだ大きな像で、何ともユーモラスな表情が人気となっていますよ。

布袋さんは、中国・唐代末五代の頃に実在していた僧侶であり、当山の御本尊・弥勒仏の化身であるとされていることから造立されました。七福神の中では、唯一実在の人物と伝えられています。

「通宝山彌勒寺」境内の巨大な布袋尊像と紅葉(秋)
▲紅葉の中にたたずむ大きな布袋さん。秋の参拝も、インスタ映えする一枚を狙えそう

そして、先にも話題になりましたが、国指定の重要文化財の本堂は見逃せません。内部の彩色格天井は、600年以上前のものとは思えぬ素晴らしさです。

なお、本堂内部および御本尊(弥勒三尊)の拝観を希望される場合は、事前の予約(電話:079-335-0330)と別途拝観料が必要です。

「通宝山彌勒寺」本堂内の弥勒三尊
▲本堂内に安置される弥勒三尊。1,000年以上の歴史を刻む仏像で、国指定の重要文化財

編集部

彌勒寺に参拝する上で、季節ごとで違った楽しみなどがありましたら、教えていただけますか?

草別さん

何と言っても、自然豊かな境内です。春は新緑が美しく、夏は木々の間を涼しい風が吹き抜けていきます。秋には紅葉が見事です。初夏の紫陽花(アジサイ)や、夏のホタル、晩秋の紅葉を楽しみにお参りされる方も多く見受けます。

「通宝山彌勒寺」境内で開花したアジサイ(夏)
▲境内の紫陽花(アジサイ)を楽しみにお参りする方も多数

また、大晦日には一般参拝の方も除夜の鐘を突いていただけますし、元旦の初詣にも多くの方々がお参りされていますよ。一年を通して、いつ参拝されても楽しんでいただける境内ではないでしょうか。

彌勒寺ならデートでの楽しみ方もいろいろ選べる

ここまでは、「通宝山彌勒寺」の歴史や見どころなど、観光で訪れた際の魅力を中心にお聞きしてきました。ここからは、デートの一環で参拝した場合に特化して、お話を伺ってみたいと思います。

デート中のカップルに人気なのは「おもかる布袋さん」

編集部

デートの一環で彌勒寺に参拝する場合、「これだけは見てほしい!」という、草別さんおすすめのものはありますか?

草別さん

デート中のカップルにひときわ人気の、「おもかる布袋さん」をおすすめします。願いごとが叶うかどうかを占う布袋尊の像なんですよ。先ほど話題にした大きな布袋さんとは、また別ものになります。

「通宝山彌勒寺」境内に安置された「おもかる布袋さん」の像
▲デート中のカップルに人気の「おもかる布袋さん」

まず、願いごとをせずに、布袋さんを持ち上げてみてください。だいたいの重さを感じ取れますね。

次に、手を合わせて、想いを胸中に念じてから、持ち上げてみてください。先ほどよりも軽いと感じれば願いは叶い、重いと感じれば叶いません。あまり深刻にならずに、試してみてくださいね。

絶好の撮影ポイントにも!巨大布袋尊前の芝生広場でまったり

編集部

デート中のカップルが、ゆっくり過ごせるような場所など、境内にありますでしょうか?

草別さん

国内最大級の布袋尊前に広がる芝生広場など、お二人でのくつろぎの場にいかがでしょうか。ピクニック気分で、ちょっとした森林浴も楽しめますよ。

布袋さんの前でリラックスしていると、普段なかなか話せないことでも、すんなりと切り出せるかもしれませんね。

「通宝山彌勒寺」境内の巨大な布袋尊像と開花した桜(春)
▲お花見の時期の巨大な布袋さん。像の前には、芝生広場が広がっている

編集部

記念撮影に向いたスポットや、おすすめの撮影ポイントなどが境内にありましたら、ぜひ教えてください。

草別さん

やはり、日本最大級の布袋尊を構図に入れて、撮影していただくのが人気です。巨大な布袋さんですから、一緒に写れば、金運・財運のご利益も大いにあるかもしれません。

春のお花見の時期や、晩秋の紅葉の時期になると、布袋さんと桜色・朱色のコントラストがとても綺麗で、インスタ映えする一枚を狙えると思いますよ。

彌勒寺周辺のデートスポット

編集部

彌勒寺に参拝する前後に、カップルが立ち寄れそうな周辺デートスポットがありましたら、教えていただけますか?

草別さん

当山から車で南に5分ほど下ると、「夢街道farm67」があります。地元農家さんから直接仕入れたこだわりの野菜や米、加工品の販売所です。おうちデートの食材探しにも使えると思いますよ。

カフェメニューもおすすめで、ご当地ソフトクリームや、どデカいちごパフェ、ハンバーガーなども人気です。彌勒寺にご参拝される前後に、ランチをとっていただいてもいいでしょう。

>>夢街道farm67

「通宝山彌勒寺」の山門
▲緑に囲まれた彌勒寺の山門。街中から離れた山間でも、食事できるスポットまでは意外と近い

あと、当山から車で約8分南に下ったところには、「ヤマサ蒲鉾株式会社」もあります。桜の後は、満開のシバザクラが無料で一般開放され(芝桜の小道)、圧巻の見応えですよ。初夏になれば、ハスの花が美しく咲き誇ります(蓮の花苑)。

敷地内には、ギャラリースペース・休憩所併設の直売所「夢鮮館」や、御食事処「夢乃そば」、喫茶「一福」なども整備されていて、一般のカップルや家族連れが利用可能です。

揚げたての天ぷらや、焼きたての蒲鉾をリーズナブル価格で購入できたり、これ目当てに訪れる方がいるほどの名物・城下町ドッグ(チーかまドッグ)をいただけたりと、地元ではすっかり人気のスポットになっています。

お疲れなら、足湯にも浸かれますので、至れり尽くせりです。

>>ヤマサ蒲鉾株式会社

彌勒寺からのメッセージ

「通宝山彌勒寺」本堂内の御本尊・弥勒仏
▲本堂内に安置される御本尊の弥勒仏

編集部

これから「通宝山彌勒寺」に参拝するカップルへのメッセージや、今回のインタビュー取材で伝えきれなかった想いなどありましたら、ぜひお話しください。

草別さん

当山は、姫路市の自然豊かな郊外にあって、静かな雰囲気に包まれています。一年を通して、野鳥のさえずりが聞こえる境内です。大きな布袋さんのにこやかな笑顔には、皆さん思わず笑みがこぼれますよ。

最近、厄の文字を抜き落とす「厄落とし絵馬」も密かな人気です。のんびりとしたひと時を過ごしに、ぜひお二人でお参りになってください。

「通宝山彌勒寺」で授与される人気の「厄落とし絵馬」
▲密かな人気の「厄落とし絵馬」。カップルでぜひ!

編集部

彌勒寺は、開山から1,000年超の歴史を重ねた名刹ですが、自然に囲まれた緑の多い境内は、日々の疲れを癒やしてくれる穏やかな空気感です。どんなカップルにもおすすめできるデートスポットだと思います。

草別さん、本日はお忙しい最中にお時間を割いていただき、大変ありがとうございました。

彌勒寺の口コミ・感想をチェック!

「通宝山彌勒寺」境内の巨大な布袋尊像と11月の彌勒寺ほてい祭の様子(秋)
▲毎年11月に斎行される「彌勒寺ほてい祭」の様子

ここまで、「通宝山彌勒寺」について、さまざまな魅力を伺ってきました。実際に彌勒寺にお参りをされた皆さんの口コミや、感想についてもチェックしてみましょう。

アイコン
山門をくぐると、空気感が変わるのがハッキリと分かる。
アイコン
自然に囲まれて、野生の鹿も現れる静かな境内を散策していると、相当リフレッシュできますよ。
アイコン
本堂裏の布袋さん像が予想以上に大きく、かなり驚いた。アジサイの時期と紅葉の時期の境内は、とりわけ見応えがある。
アイコン
重要文化財指定の本堂は必見でしょう。内部の彩色格天井が特に素晴らしいです。

口コミの評価は全体として高く、山間の静かな雰囲気の境内や、国指定の重要文化財建築など見どころが多いことに、多くの方が感心しているようでした。また、境内の雰囲気に癒やされる、ご住職が親切であるとのコメントも散見されます。

1,000年超の長い歴史を誇る名刹ながら、気さくな雰囲気で親しみやすいことも魅力のお寺です。カップルがデートの一環で参拝しても、来てよかったなと感じるスポットだと思いました。

「通宝山彌勒寺」の基本情報(アクセス・駐車場など)

住所 〒671-2116
兵庫県姫路市夢前町寺1051
電話番号 079-335-0330
開門時間・授与所の対応時間 毎日9:00~17:00
※年中無休
アクセス 【車】
・姫路西ICから約20分
・夢前スマートICから約7分
【公共交通機関】
・JR姫路駅/山陽姫路駅にて下車し、神姫バスに乗車「又坂バス停」または「大村バス停」で下車し徒歩約30分
※最寄りバス停からの距離があるため、車の利用を推奨
駐車場 無料駐車場あり
※普通車約100台分
附帯飲食施設 なし
予約 原則不要
※本堂内部および御本尊(弥勒三尊)を拝観希望の場合は、要電話予約
公式サイト https://www.tsuhozan-mirokuji.com/

※最新の情報は公式サイト等でご確認をお願いいたします。