【鹿児島】霧島市にある坂元のくろず「壺畑」を中心に巡るキレイを磨くデートプラン

今回、紹介するのは鹿児島県霧島市で過ごすデートプランです。

メインとなるのは、坂元のくろず「壺畑」情報館&レストランです。黒酢の生みの親として知られる坂元醸造が営む施設で、黒酢の歴史や製法を学び、実際に試すことができます。

黒酢には体に良いとされる栄養がたっぷりと含まれているので、美容や健康を気遣うカップルにはぴったりだと思います。

坂元のくろず「壺畑」の前後にも、心と体が喜びそうな周辺スポットを巡りますよ。

キレイを気遣う二人はもちろんのこと、元気をチャージしたい二人にもおすすめのデートプランです。ぜひ最後までご覧ください。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:10代〜
おすすめカップル:美容や健康が気になるカップル
どんなデート?:黒酢、絶景、美容、健康

概要:黒酢と温泉でキレイをチャージするデートプラン

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」にて、黒酢を壺の中から柄杓ですくっている様子

メインとなる坂元のくろず「壺畑」は、黒酢をテーマにしたスポットです。黒酢の歴史と造られ方を学び試飲したら、レストランで黒酢を活かしたランチをいただきましょう。

レストランでは、黒酢を醸造している壺がずらりと並ぶ壺畑とともに、桜島方面ののどかな景色が眺められます。のんびりとくつろぎながら、黒酢の奥深さと美味しさを満喫してくださいね。

今回のデートのメイン
坂元のくろず「壺畑」
周辺のデートスポット
・宮浦宮(福山のイチョウ)
・霧島温泉市場
・さくらさくら温泉

坂元のくろず「壺畑」の前後にも、霧島市内の観光スポットをまわります。「宮浦宮」にある福山のイチョウは、2本の樹が仲良く並ぶ夫婦イチョウです。いずれも樹齢1,000年以上で、パワースポットとしても有名なんです。坂元のくろず「壺畑」からは車で5分なので、ぜひ立ち寄ってくださいね。

「霧島温泉市場」は霧島温泉郷にある施設で、お土産が豊富に揃います。全国的に有名なブランド酢や霧島市内で造られる酢も扱われているので、坂元のくろずでお酢にハマったカップルには特にぴったりです。たった100円で浸かれる足湯もありますよ。

もっと本格的な湯浴みをご所望ならば、日帰り入浴できる「さくらさくら温泉」へと向かってみてください。天然の泥湯がある珍しい湯宿で、泥パックを試せば、なめらかなお肌にうっとりするはずです。

それぞれ魅力があり、キレイを磨きたい二人にはうってつけのスポットです。時間が許す限り、ぜひ1軒でも多く巡ってみてくださいね。

まずは、坂元のくろず「壺畑」から解説していきます。

黒酢の魅力を再発見する!坂元のくろず「壺畑」

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」の外観

坂元のくろず「壺畑」は、江戸時代後期に霧島市福山町ではじまった、伝統製法で造られる黒酢について学べる施設です。

坂元のくろずに使われる原料は、蒸し米・米麹・地下水のたった3種類だけ。これらを壺の中に仕込んだ後、糖化・アルコール発酵・酢酸発酵、そして熟成のすべての工程がひとつの壺の中でなされるんです。醸造技師の方は、毎日1本ずつ子どもを見守るように壺を見て回るのだそう。

くろず情報館「壺畑」では、坂元のくろずの歴史と興味深い製造過程を、映像やパネル展示を通して学べます。また、壺に触れたり試飲したりといった体験もできるんですよ。熟成年数の異なる黒酢を飲み比べると、香りやまろみの違いに驚かずにはいられません。

また、黒酢についての理解を深めたら、屋外にある壺畑を眺めましょう。おびただしい量の壺が並ぶ様子はまさに壮観!その背後には雄大な桜島も望めます。壺畑に実際に入ることはできませんが、この場所で陽光や月光を浴び、ときに雨風にさらされながら、ゆっくりと黒酢が完成していく様子を想像すると、実に感慨深いものがあります。

施設内には体に優しい料理がいただけるレストランもあり、黒酢の美味しさを再認識できますよ。新しい知識に出会うことで心が生き生きとし、黒酢の栄養で体が内側からキレイになるような実感がもてることと思います。

では、坂元のくろず「壺畑」情報館&レストランの副店長を務める戸髙さんに、施設の魅力を詳しく伺いましょう。

江戸時代から続く壺造りの黒酢を学び、体感できる

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」のシアタールーム

編集部

坂元のくろずはまろやかでコクがあり、全国的にもファンが多いですよね。まず、坂元のくろず「壺畑」の施設の特徴から教えてください。

戸髙さん

坂元のくろず「壺畑」は、200年前の江戸時代から続く鹿児島の壺造りの黒酢・坂元のくろずを直接見て、感じて、楽しんでいただける施設です。

黒酢という商品は世の中に多く出回っていますが、そもそもは1975年に坂元醸造の現会長(※1)・坂元昭夫が命名したのがはじまりなんですよ。熟成期間が長くなるほど色が黒くなることから、黒酢と名付けました。
(※1)2022年2月時点

くろず情報館「壺畑」では、江戸時代から続く伝統製法で造られる坂元のくろずの歴史や製法、研究発表などを、パネルや映像にてご覧いただけます。壺畑や桜島の風景も眺望でき、黒酢の試飲やお買い物もできますよ。

坂元のくろずを使った、体に優しい料理を提供するレストランも併設しております。実際に味わい、坂元のくろずにしか出せないコクやまろやかさを感じてください。

編集部

坂元のくろずは、世界的にとても珍しい製法を取られているのだそうですね!ひとつの壺の中で、糖化から酢酸発酵まで自然に進む、類を見ない醸造法で造られていることを知ったときにはとても驚きました。

また、仕込みから発酵までは半年かかり、その後も半年~3年ほど壺の中で熟成させるということにも感激しました。身近な調味料でありながら、完成までは長い年月を要するのですね。

歴史と製法を詳しく学ぶと、黒酢の奥深さにさらに心動かされそうです。

環境に配慮して造られている坂元のくろず

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」の売店

編集部

坂元のくろずは壺で造るという点も非常にユニークだと感じますが、ほかにはどのような特徴があるのでしょうか?

戸髙さん

坂元のくろずは、発酵熟成には太陽エネルギーを利用し、化石燃料は一切使用しません。発酵過程で生まれるもろみも利用します。

環境保護がさけばれる今日、壺造りの坂元のくろずは、人だけではなく環境にもやさしいスローフードとして注目されています。

編集部

自然の力で育つのが坂元のくろずなのですね。その恵みを、余すとこなくいただくための仕組みが整っている点にも感銘を受けます。

熟成年数で異なる坂元のくろずの味の違いを確かめよう

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」で造られた熟成年数の異なる黒酢3種

編集部

くろず情報館「壺畑」では、パネルや映像を通じて坂元のくろずを学べるとのことでしたが、戸髙さんのお気に入りの展示はどちらですか?

戸髙さん

私のお気に入りは、黒酢造りに使われている壺の展示です。この壺は200年前に造られた江戸時代の壺なんですよ。200年もの間、黒酢を造り続けてきた壺に手を触れて、歴史を感じていただければ嬉しく思います。

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」で展示されている壺とパネル
▲仕込みから完成まで壺ひとつの中で完結する様子がわかりやすく解説されている

なお、くろず情報館「壺畑」では、坂元のくろずの1年熟成・2年熟成・3年熟成・5年熟成の味比べもできます。黒酢は熟成年数によって味わいが大きく変化するんです。熟成によるまろやかさ、コクの違いを比べてお好みのものを見つけてみてください。

ほかにも、黒酢を使った商品の試飲試食やお買い物もできます。

編集部

壺は陶器でできているので、大切にすれば半永久的に使えるのだそうですね。江戸時代の人々も同じ壺を使っていたのだと思うと、ロマン心が掻き立てられます。これからも、醸造の技術を次の世代の技師に受け継ぎつつ、この壺が使われていくと思うと胸が熱くなりますね。

そんなふうに未来へ思いを馳せると、二人もずっと仲睦まじくありたいという気持ちがこみ上げそうです。

熟成年数の異なる坂元のくろずの味を確かめるというのも、非常に興味深いです。人によって好みの分かれるところもあるでしょうし、それぞれ「どんな料理に向いているかな?」「どんな気分のときに飲みたい?」と、会話が盛り上がりそうな予感です。

なお、事前にご連絡しお願いをすると、くろず情報館「壺畑」の館内をスタッフの方にご案内いただけるのだそうですね。

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」の展示を解説するスタッフ
▲くろず情報館「壺畑」は入館料も解説料も無料

疑問点が生じた際にすぐに質問させていただけますし、素敵なサービスだと感じました。

屋外に壺がずらりと並ぶ様子はまさに壮観!

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」の壺畑を眺める

編集部

続いて、先ほど少しご紹介いただいた壺畑について、詳しく教えていただけますか?

戸髙さん

黒酢造りに使われる陶器製の壺が並んでいる場所を、私たちは「壺畑」と呼んでおり、福山町内に10か所あります。壺は全部で5万2,000本です。

実際に現場で壺畑を見ると迫力がありますよ。壺畑のバックには雄大な桜島と錦江湾が広がります

編集部

雄大な山々とともに佇む壺の数々には、私も言葉を失ってしまいました…!そんな瞬間も、ひとつひとつの壺の中では、発酵や熟成が進められているのですよね。

自然の神秘を目前にしているようで、胸が高鳴ります。

ランチのおすすめは坂元のくろずを使った酸辣湯麺

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」のレストランの内観

編集部

口コミを拝見したところ、坂元のくろず「壺畑」はレストランも大評判のようですね。おすすめの商品や人気のメニューを教えてください。

戸髙さん

レストランでは、坂元のくろずをふんだんに使った体に優しい料理を提供しています。

人気があるのは、特製酸辣湯麺です。酸味と辛みのバランスが絶妙で、坂元のくろず「壺畑」こだわりの一品なんですよ。坂元のくろずにしか出せないコクのある深い味わいを、ぜひお試しください。

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」でいただける酸辣湯麺
▲坂元のくろずを使った酸辣湯麺はやみつきの美味しさ!家でも真似したくなりそう

ほかにも、オリジナルのくろずタレでいただく熱々の点心や、フルーツなどを漬け込んだくろずドリンクなどもおすすめです。

レストランは、壺畑、桜島、錦江湾の絶景を眺めながら食事ができる点もポイントですね。特に晴れて桜島がきれいに見える日の清々しさは格別です。レストランのテラスから壺畑方面を撮った写真は、SNS映えバッチリですよ。

編集部

坂元のくろずを効かせた酸辣湯麺はすごく好評のようですね。口コミでも美味しいという声を複数見つけました。

酸辣湯麺も点心もどちらも食べたい場合は、「壺畑」飲茶ランチがぴったりですね。点心もいただけますし、桜島鶏の豆鼓蒸しや前菜、揚げ物まで付いていて1,980円というお手頃価格で、満足度が高そうです。酸辣湯麺がハーフサイズなのも嬉しいですね。

絶品グルメでお腹がいっぱいになり、美しい景色を眺めて心が満たされ、最高だと思います!

坂元のくろず「壺畑」の口コミ評価

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」でいただける「壺畑」健美飲茶ランチ

編集部

坂元のくろず「壺畑」へ来館された方から、よく聞く感想やお声を教えてください。

戸髙さん

以下のような感想をよくいただきます。

アイコン
壺畑はテレビや雑誌で見たことはあったが、実際に目の前にすると迫力があり感動した
アイコン
黒酢は飲みづらいイメージがあったが、美味しくて驚いた
アイコン
ドレッシング・ジャム・香辛料・デザートソース・菓子類など、黒酢を使った商品が豊富にあってショッピングも楽しめた

編集部

黒酢が好きな方にとっては感涙ものの施設でありつつ、逆に苦手な方にとっては開眼するような魅力的な施設だということが伝わってきます。売店にあるお土産品も豊富で、日常に取り入れやすいのも良いですね。

新発見の連続!めくるめく黒酢の世界に魅了される

編集部でインターネットの口コミをチェックしたところ、とにかく絶賛の声ばかりでした!参考になりそうなものをいくつかピックアップして紹介します。

アイコン
レストランで酸辣湯麺を頼んだら、食前にジャスミンティーと食前酢のサービスがあった
アイコン
売店では、坂元のくろずが熟成の年代ごとに並んでいて興味深かった
アイコン
ここで試飲して黒酢の美味しさに目覚めた
アイコン
レストランは味もサービスも上品で満足度が高い
アイコン
くろずソフトクリームはヨーグルトのような味でとても美味しかった
アイコン
壺に材料を入れるだけで造られる黒酢は、天の恵みだと思った

くろず情報館「壺畑」での試飲やレストランでの食事に、皆さん感動されていることがうかがえます。ヨーグルトのような味がするという、くろずソフトクリームも二人で試したいですよね。

カップルで訪れたら新しい発見の連続で、ワクワクの止まらない充実したひと時が過ごせることと思います。

坂元のくろず「壺畑」からカップルへのメッセージ

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」のレストランの外観

編集部

坂元のくろず「壺畑」でのデートを検討しているカップルへ、メッセージをお願いします。

戸髙さん

健康や美に興味がある方にはぴったりな施設だと思います。

坂元醸造は江戸時代からの伝統製法を守るだけでなく、坂元のくろずがもつ機能性についても、さまざまな大学や研究機関と共同研究を行い、その驚くべき力を明らかにしてきました。

坂元のくろず「壺畑」情報館&レストランでは、その歴史・製法・利用法を紹介いたします。坂元のくろずの魅力をひとりでも多くの方に知っていただけたら幸いです。

編集部

黒酢の世界がこんなに奥深いとは、想像以上でした!坂元のくろずについて学ぶと同時に、新たな味にも出会える素敵な施設だと思います。どうもありがとうございました。

坂元のくろず「壺畑」の基本情報

住所 〒899-4501
鹿児島県霧島市福山町福山3075
アクセス 国分ICより約10分
営業時間 【くろず情報館「壺畑」】
9:00~17:00
【レストラン】
10:00~17:00(16:00LO)
(10:00~11:00はデザート・ドリンクタイム)
休館日 年末年始(12月31日~1月1日)
駐車場 あり(乗用車80台、大型バス5台)
入館料 無料
比較的空いている時間帯 ・9:00~11:00
・14:00以降
平均的な滞在時間 1時間~2時間程度
公式サイト http://www.tsubobatake.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

坂元のくろず「壺畑」の前後に立ち寄りたいスポット

坂元のくろず「壺畑」の滞在時間の目安は、1時間~2時間です。まだまだデートを満喫したい二人のために、霧島市にある観光スポットの中からデート向きの場所を選りすぐりました。

周辺のおすすめデートスポット

福山町内にあるパワースポット「宮浦宮(福山のイチョウ)」

鹿児島霧島市にある坂元のくろず「壺畑」の前後に立ち寄りたい宮浦宮

福山町内にある歴史ある神社「宮浦宮」は、坂元のくろず「壺畑」から車で5分で行けるパワースポットです。

境内に並んでいる福山のイチョウの樹は、神武天皇のご東征前の仮の宮居であったことを記念して植えられたと伝えられています。樹齢1,000年以上の2本の樹は夫婦イチョウと呼ばれ、県文化財にも指定されているんですよ。

春と夏には鮮やかな緑色をしていた葉っぱが、秋になると黄色く色づき実に風流です。その美しい彩りを愛でながら、みなぎるパワーをいただいてくださいね。

参考サイト:鹿児島県観光サイト「かごしまの旅」

足湯と温泉グルメを堪能「霧島温泉市場」

霧島市は鹿児島有数の温泉地としても知られています。「霧島温泉市場」は霧島温泉郷にある施設で、温泉の蒸気で蒸したたまごや野菜や、地元の特産品が集まります。複数ブランドの黒酢も置かれているので、坂元のくろずと見比べることもできますよ。

広場にある「湯けむりの里・足湯」は、大人はたった100円で利用できるんです。レンタルタオルが付いてくるので手ぶらでOKなんですよ。観光案内所や食事処も併設されています。

公式サイト:霧島温泉市場

泥パックでつるつるお肌に「さくらさくら温泉」

天然掛け流しの温泉に浸かれる「さくらさくら温泉」は、霧島温泉郷にある湯宿です。お湯は乳白色の硫黄泉で、心と体を優しく癒してくれます。

緑に囲まれている露天風呂では、天然の泥湯で泥パックをすることもできるんです。体だけでなく顔にも塗れば、全身なめらかしっとりなお肌になれるとの声もあり!夏と秋には貸切露天風呂もあり、プライベートな空間でくつろげます。

日帰り入浴にも対応しているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

公式サイト:さくらさくら温泉

まとめ:体に元気をくれるデートで思い出を増やそう

鹿児島県霧島市にある坂元のくろず「壺畑」は、江戸時代から脈々と受け継がれる、黒酢の奥深さに触れることができるスポットです。黒酢の歴史や、美容に良いと言われている理由を知るだけでなく、その味を試すこともできるので、きっと日常づかいしたくなるはず。

パワースポットとして知られる「宮浦宮(福山のイチョウ)」や、気軽に足湯に浸かれる「霧島温泉市場」は、体に元気をくれる場所です。泥パックもできる「さくらさくら温泉」では、体を内外から磨けます。

霧島市には、二人を元気にしてくれるスポットがいっぱいです。こちらのデートプランで、二人の思い出をまたひとつ増やしてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック