【劇団天八】笑いあり涙ありの感動作揃い!社会派からコミカルなものまで多彩な作品を作り続ける劇団の魅力

この記事では、兵庫県尼崎市に劇団を構える「劇団天八」の魅力について紹介します。劇団天八は、大阪北エリアを中心に公演を行っています。

天八は1993年に創立された劇団で、アメリカの人種問題をテーマにした演劇作品から、SF、コミカルな作品まで多彩な作品を上演しているのが特徴です。

心の底から泣いたり笑ったりして、観た後に元気になれるような演劇が好きな人におすすめの劇団です。今回はそんな、劇団天八の魅力や想い、作品の見どころについて紹介します。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20〜50代
おすすめカップル:演劇好きのカップル
演劇スタイル:ストレートプレイ
観劇料:2,500円〜4,000円
場所:主に大阪北エリア

笑い・涙・怒りあり!勢いある作品を生み出す「劇団天八」

劇団天八の舞台の様子

劇団天八は、社会問題を扱った硬派な演劇から、企業ドラマ、SFやファンタジー、大阪の下町を舞台としたコミカルなものまで、幅広い作品を上演しています。笑いあり涙あり、時には怒りありと、観る人の感情を揺さぶり感動を生み出す作品が多い劇団です。

劇団員はそれぞれが独立した活動を行いながらも、集まると抜群のチームワークを発揮しています。仲の良さがそのまま舞台に現れているような、勢いのある演劇がファンの心をつかんでいるんですよ。

主な上演場所は大阪北エリアで、劇場のほかカフェでも上演していますので、気軽に鑑賞することができます。

今回はそんな、劇団天八の脚本・演出を担当されている劇団員の三宅さんに、天八の魅力について教えていただきました。

劇場だけではなくカフェでの公演も精力的に行っている

劇団天八の舞台でのアクションシーン

編集部

これまで様々な作品を上演されてきたそうですが、劇団の歴史について教えてください。

三宅さん

劇団天八は、福満“グリズリー”ヒロユキによって、愛と浪漫を胸に1993年に旗揚げされました。旗揚げ当時の劇団名は「天満八軒家駐劇場」でした。

主な演劇作品は、アメリカの歴史では有名な、チェロキー族(ネイティブアメリカン)への白人による迫害の歴史「涙の旅路」を描いた「チェロキー」です。本公演の他、多くの中学や高校、高専で上演されています。

劇団天八の演劇『チェロキー』のチラシ
▲『チェロキー』は全国の学校でも上演されています

その他、大阪の納豆工場や酒蔵などを扱った企業ドラマもの、SFやファンタジーの他、大阪の下町を舞台に男性役者が大阪のオバチャンをコミカルかつ感動的に演じる「Mrs.Katoh」シリーズなど、扱うジャンルは多岐に渡ります。

劇団天八の演劇『Mrs.Katoh』のチラシ
▲男性俳優が大阪のオバチャンを演じます

現在は、福満“グリズリー”ヒロユキの他に、HISAKO、加藤崇幸、SACHIの4名で活動中です。

編集部

特定のジャンルにとらわれない、多彩な作品を作られている点がとても魅力的だなと思いました。学校で上演しているということは、社会問題に真摯に向かい合っている点が高く評価されているのでしょうね。

普段は、どのような場所で公演されることが多いのでしょうか。

三宅さん

主な上演場所は大阪北エリアです。公演している劇場の大きさは、本公演では定員200名ほどの劇場、カフェ公演では30名ほどのカフェ、学校公演では体育館や講堂、学校指定の劇場で行っています。

編集部

カフェ公演だと、本当に間近に俳優さんたちを見ることができて、その息遣いまでも感じられますよね。劇場公演とはまた違った演劇が楽しめます。

特に人気の演目は「チェロキー」と「Mrs.Katoh」

編集部

多岐にわたるジャンルの作品を上演してきたとのことですが、繰り返し公演される演目があれば、教えてください。

三宅さん

まずは、先ほども触れた「チェロキー」ですね。それから、「Mrs.Katoh」シリーズは、大阪の下町を舞台に、男性役者2名(福満と加藤)が大阪のオバチャンを演じています。オバチャン達と泣いたり笑ったりできる人気の作品です。

ジャンルは様々ですが、主にストレートプレイを上演することが多いですね。ストレートプレイとはセリフに音楽・歌などを用いない会話劇のことをいいます。

編集部

「Mrs.Katoh」シリーズは、福満さんと加藤さんの掛け合いが独特の世界を作り出していますね。2人の様子は、YouTubeチャンネルからもその雰囲気が伝わってきます。

それら作品のアイデアは、どのようなところから生まれてくるのですか?

三宅さん

日常生活の中からふと思い立つこともあれば、見た夢を参考にしたり、昔、多大な影響を受けた漫画や小説などから着想を得たりしています。

編集部

日々、アンテナを張って作品のことを考えているのですね。だからこそ、お客さんが身近なこととして感じられる演劇が作り上げられているのかもしれないと思いました。

「観た人が元気になれるような作品を届けたい」と考えて活動している

編集部

劇団天八には、根強いファンの方達がいらっしゃるようですが、演劇や観客の方への思いなどを教えてください。

三宅さん

役者と一緒に泣いたり笑ったり怒ったり喜んだりというような、「生」でその時にしか生まれない、舞台ならではの感動を分かち合う喜びを、お客様には体感していただきたいと思っています。幅広い年代の方に観ていただいていますが、お客様は40代以降の方が多いように思いますね。

観てくださったお客様が「また明日から頑張ろう!」と元気になってもらえたら嬉しいという気持ちで、劇団員一同、一丸となって活動しています。

編集部

舞台を観て、思いっきり笑ったり泣いたりすると、心が解放されてスッキリしますよね。そんなお客様へのファンサービスとしては、どのようなことをされていますか?

三宅さん

ほとんどの小劇団でされていることだと思いますが、当劇団もお見送りやロビーでの写真撮影、握手などを行っています。短い時間ですが、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。

編集部

観たばかりの演劇に出演していた俳優さんとカップルで記念写真が撮影できたら、いい思い出になりますね。

個性的な俳優がそろって舞台を作り上げている

劇団天八の稽古風景

編集部

それぞれが様々な活動をされている俳優さんとのことですが、劇団員はどのような方ですか?

三宅さん

脚本と演出を手掛ける福満“グリズリー”ヒロユキは、広報ジャーナリストとして全国を飛び回っています。著書に『メディアを動かすプレスリリースはこうつくる!』(同文館出版社/現在6度目の重版)があります。

同じく脚本と演出を手掛けるHISAKOは大手エンタメ系専門学校等で演劇講師として、SACHIはプレゼン講師として活躍しています。加藤崇幸は客演が最も多く、あらゆる役をこなせます。

編集部

ユニークな経歴の方たちですが、それぞれの劇団員の注目してほしいところを教えてください。

三宅さん

それぞれ注目してほしいところは、下記の通りです。

福満・・・アドリブ爆弾
HISAKO・・・泣きの演技
加藤・・・カメレオンのような演じ分け
SACHI・・・年齢不詳な巧みな演技

皆それぞれのびのびと活動しています。劇団員同士、程よい距離感で繋がっていますね。「出来る人が出来る時に出来ることを」を共通認識として持っています。

編集部

それぞれの方の個性が一つの劇団としてチームになっているのですね。劇団員の中のみなさんの役割のようなものがあれば、教えてください。

三宅さん

決まった役割などはあまりないような気がします。少人数というのもあると思いますが、それぞれがアドバイスしあったり、励ましあったりしています。

編集部

そのフラットな人間関係が、作品に力を与えているのかもしれませんね。誰かが指導者になるわけではなく、劇団員全員で一つの作品を作り上げていくことで、社会派の作品の背景も構築されているのかもしれないと思いました。

普段は、どのよう稽古をされているのですか?

三宅さん

準備体操の後、発声練習をしています。その後は台本を用いて感情表現やステージ上での動きの確認などを行っています。基本的にはゆったりとしたペースで楽しんでやっています。

また、よくサプライズで外部出演者や劇団員のお誕生日をお祝いするのですが、本人のびっくりした顔を見ると、皆から「やったー!」と喜びの声が上がります。

編集部

劇団の和気あいあいとした雰囲気がよく伝わってくるエピソードですね。楽しんで稽古をしているなんて、素敵なことですね。

劇団天八の公演を観劇したお客さんの口コミや感想

編集部

劇団天八の劇を観たお客さんからは、どのような感想をいただくことが多いでしょうか?

三宅さん

「感動して泣いた」「次回も楽しみにしています」といったお声をいただくことが多いです。また、新型コロナ感染症の感染拡大による、公演の延期に次ぐ延期のお知らせに対しても、「待ってるよ」とあたたかいお言葉をたくさんかけていただいたことが、私たちの心の支えになりました。

編集部

日常生活の中ではなかなか感動して泣くような機会はありませんが、天八の劇を観ると心が動かされるからこその感想だと思いました。

感動のあまり号泣してしまったという声が多数

劇団天八の劇を観覧されたお客さんの感想の中には、以下のようなものもありました。

アイコン
感動して号泣してしまい、ハンカチでは涙を拭ききれないくらいだった。
アイコン
衣装や照明がとても華やかだった。
アイコン
「Mrs.Katoh」のオバチャンがますます綺麗になってきた。

劇に感情移入して、思わず泣いてしまったという人が多いようです。俳優さんの迫真の演技によって、作品世界に引き込まれてしまうのかもしれません。

劇団天八からカップルへのメッセージ

編集部

自粛が続いた影響は様々なところにあったかと思います。そのときに考えたことや、お客さんに伝えたい思いなどがあれば教えてください。

三宅さん

できることが限られてはいますが、私達のできる範囲、例えば定期的なYouTubeの配信などで頑張っています。また劇場でお客様と笑顔でお会いできることを楽しみにしています。

今後は、今まで培ってきた劇団としてのスキルや経験を生かして、地域に貢献していきたいと思っています。例えば、ステイホームによる運動不足解消やストレス発散、新しいことへの挑戦として、子供たちやシニア世代の方々など色々な方に「お芝居」や「演劇」を提供したいと考えています。

気軽に体験できるようなスクールやクラブなども作りたいと思っています。

この記事を見られた方々にたくさんの幸せが訪れますように!

編集部

演劇を体験できる場を作るという構想は、この時代ならではの意義深い取り組みだと思いました。また、楽しいYouTubeの動画を観ていると、実際に生で舞台を観てみたくなりますね。

本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

今後の公演予定

今後の公演予定について三宅さんに教えていただきました。ぜひ劇団天八の演劇をご覧ください。

 劇団天八が公演予定の『Kwaidan 雪女』『Kwaidan 情念』『Mrs.Katoh』のチラシ

作品名 『Kwaidan 雪女』『Kwaidan 情念』
公演期間 2022/4/9(土)~4/10(日)
会場 コモンカフェ(大阪市北区)
内容 小泉八雲の作品をベースにした怪談もの
作品名 『Mrs.Katoh』
公演期間 2022/5/14(土)~5/15(日)
会場 コモンカフェ(大阪市北区)
内容 大阪のオバチャン達が大活躍するアットホームコメディもの

チケット購入方法

チケットは、劇団にメールで申し込みできます。カンフェティなどのチケットサイトでも購入可能です。ごひいきの役者がいらっしゃいましたら、その役者から直接購入もできます。

劇団天八の基本情報

住所 兵庫県尼崎市塚口町
問い合わせ先 info@tenpachi.jp
チケット料金 ・本公演:4,000円
・カフェ公演:2,500円
平均公演時間 ・本公演:約90分
・カフェ公演:約50分
公式サイト http://www.tenpachi.jp/
※チケット取り扱いも公式サイトから

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

劇団天八の観劇の前後に訪れるおすすめデートスポット

直近で公演予定の大阪市北区にあるコモンカフェ周辺でおすすめのデートスポットも合わせて紹介します。すべて大阪駅や中崎町駅から徒歩10分圏内ですので、車を持っていないカップルにもおすすめです。

おすすめのデートスポット

レトロな雑貨をぶらっと探そう「green pepe」

green pepe(グリーンぺぺ)は、「昭和レトロ雑貨」をテーマに、1970年代の古着やキッチン用品、家具などを中心に販売している雑貨屋です。特に古着やワンピースは国産品を厳選しているので、チェックしてみましょう。

昭和世代なら懐かしいものだらけですし、平成世代には新鮮なデザインに感じられるものがたくさんありますよ。カップルで店内に入ったら、話が盛り上がる物がきっと見つかるでしょう。

公式URL:https://www.greenpepe3104.com/

土作りからこだわった焼き芋屋「蜜香屋」

蜜香屋(みっこうや)は、農家と土作りに取り組んで、おいも作りからこだわっている焼き芋屋です。量り売りスタイルの定番の焼き芋から、あったかいお芋に冷たいお芋のアイスをのせた「おいもとアイス」、薄くスライスしたさつまいもを素揚げした「中崎ポテト」など、様々なさつまいもの魅力が引き出されています。

街歩きに疲れたら、ちょっと一休みしてみませんか。カップルでシェアして、いくつものメニューを注文してみるのもいいですね。

公式URL:http://mikkouya.com/

大阪の食が集まっている阪神百貨店「阪神梅田本店」

お腹が空いたら、阪神百貨店「阪神梅田本店」に行ってみましょう。9階レストラン街には、話題のお店が集まった「フードホール」があります。

カップルにおすすめなのが、個室空間を楽しめる予約制の「プレミアムルーム」(90分1,000円)です。落ち着いた、2人の時間が過ごせます。

また、地下2階にある「阪神バル横丁」では、和食・中華・スペイン料理・イタリアンなど様々なお店のフードとお酒を楽しむこともできますよ。

公式URL:https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/

まとめ:劇団天八の演劇から明日への活力を得よう

劇団天八へのインタビューを通して、劇団の魅力や劇団員のお客様への想いについて紹介しました。劇団天八の演劇には、心から泣いたり笑ったりできる、本物の感動があります。

日常のストレスが溜まってしまった人や、最近感動することがあまりなくなってきたと感じているカップルに、ぜひご覧いただきたい演劇です。

劇団天八の演劇に感動し、鑑賞後は元気が出て、明日も頑張ろうと思えるようになっていることでしょう。ぜひデートの参考にしてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック