山口ふるさと伝承総合センターで大内塗の箸作りを体験!和の伝統に親しむデートプラン|縁結び大学

この記事でご紹介するのは、山口県山口市の「山口ふるさと伝承総合センター」で、地元の伝統工芸「大内塗箸作り(おおうちぬりはしづくり)」や「そば打ち」を体験をする、外国人の彼女や彼氏も大喜びする和の伝統に親しむデートプランです。

同センターは、明治期に建てられた造り酒屋の母屋と、その敷地などを整備した施設。インスタ映えする外観だけでなく、手ごろな料金でモノづくりの楽しさを体感できますから、デート利用にもぴったりだと思います。

今回は、「山口ふるさと伝承総合センター」の体験講座の特徴や魅力、デートでの楽しみ方などについて、同センター副館長の兒玉(こだま)さんにお話を伺いました。

山口ふるさと伝承総合センターで知るモノづくりの楽しさ

「山口ふるさと伝承総合センター」の正面外観
▲明治期の造り酒屋の母屋などを手入れした「山口ふるさと伝承総合センター」の外観

「山口ふるさと伝承総合センター」は、明治期の造り酒屋の母屋を整備して、大内塗や山口萩焼(やまぐちはぎやき)、徳地和紙(とくぢわし)など、山口市の伝統工芸品を展示した「まなび館」と、明治期の豪農の家屋を再現した「みやび館」、そして大内塗の実演も見学できる新しい「たくみ館」の3館からなっています。

最初に、体験講座の起ち上げや同センターの特徴について、お尋ねしてみました。

地元・伝統工芸の魅力とモノづくりの楽しさを広く知ってほしい

編集部

今回初めて「山口ふるさと伝承総合センター」に伺っていますが、明治期の造り酒屋の雰囲気が残っていて、何とも趣(おもむき)ある建物なんですね。

最初に、体験講座を始められたきっかけや、狙いなどをお聞かせください。

兒玉さん

当センターが体験講座を始めたのは、「大内塗(おおうちぬり)(※1)」などを始めとする地元・山口市の伝統工芸を若い世代の皆さんにも伝承し、さらに、モノづくり全般の楽しさを知っていただきたかったからです。

(※1)山口県山口市周辺で作られている漆器(しっき)。室町期に権勢を誇った大内氏の下で誕生したことから、「大内塗」と名付けられた。14世紀後半に、大内氏が都から漆塗り職人を呼び寄せ、漆器を作らせたことが始まりと言われる。

私どもでは、「大内塗箸作り」体験と、「そば打ち」体験を中心に、年間を通じてモノづくりの楽しさを体感いただける各種の体験講座を企画・開催していますよ。

豊かな歴史と文化を感じる立地!その道のプロに教えてもらえる

編集部

「山口ふるさと伝承総合センター」の体験講座では、実際どのような方が教えてくださるのでしょうか?また、制作体験をする場所についても触れていただけると嬉しいです。

兒玉さん

例えば、「大内塗箸作り」体験の指導は、大内塗漆器振興協同組合の会員さんが担当しています。大内塗のベテラン職人さんですね。

そのほかの体験講座も、当センターが長年お願いしている、その道のプロフェショナルの方が、ていねいに分かりやすくお教えしていますよ。

また、体験講座が開かれる場所は、主に当センター「たくみ館」の一室です。作業用テーブルや、椅子などをご用意しており、開放的な広いお部屋となっています。

ちなみに、当センターの立地は、室町期に西日本有数の大名であった大内氏が、京の都を参考にした街づくりを行った大殿地域です。西の京として栄え、国宝の「瑠璃光寺五重塔(るりこうじごじゅうのとう)」を始め、長い歴史と豊かな文化を感じさせる街並みとなっています。

一方で、春の桜や夏の蛍で四季折々の姿を見せてくれる「一の坂川」なども街中を流れ、豊かな自然が心を和ませて(なごませて)くれるエリアでもあるんですよ。体験講座ご参加の前後に、カップルで散策するのもいいかと思いますね。

山口ふるさと伝承総合センターで伝統工芸の制作体験

「山口ふるさと伝承総合センター」で展示される伝統凧(その1)

「山口ふるさと伝承総合センター」では、年齢や性別に関係なく楽しめる「大内塗箸作り」の体験講座が大人気。まったくの未経験者カップルでも、30分~1時間ほどで漆(うるし)塗りの本格的なお箸を作れますよ。

ここからは、同センターの体験講座の内容について、具体的に見ていきましょう。

所要30分~!本物の大内塗箸作り・そば打ちを体験

編集部

「山口ふるさと伝承総合センター」さんの体験講座に参加すると、どのような伝統工芸品を制作できるのでしょうか?

兒玉さん

基本的に、通年で2つの体験講座をご用意しておりますよ。

1つ目は、「大内塗箸作り」体験です。箸に色漆(いろうるし)を塗り、金箔を置いて模様をデザインしていただきます。なかなか本格的な制作体験ですが、所要時間は30分~1時間ほど、体験料も税・材料費込みでお一人880円(送料別)となっていて、デート中のカップルもお気軽にご参加いただけるでしょう。

「山口ふるさと伝承総合センター」で「大内塗箸作り」体験に参加する皆さん
▲「大内塗箸作り」の体験講座に参加中の皆さん。本格的な漆塗りのお箸を自分の手で作れる

ただ大内塗箸作りの体験は、原則平日のみ予約制で受け付けており、完成したお箸は、後日の郵送となります。その辺りは、ご注意くださいね。

2つ目は、「そば打ち」体験です。昨今では、大人の趣味として、そば打ちが大いに人気を博しています。本格派のそば打ちを行っていただき、打ったそばは、お一人当たり3人前(そばだし付き)を当日お持ち帰り可能なんですよ。

「山口ふるさと伝承総合センター」でのそば打ち体験の様子
▲「大内塗箸作り」のほか、「そば打ち」の体験講座も用意されている

基本は毎月月末ころに開催していますので、ご興味があれば、公式サイトでチェックしてみてくださいね。各コマ6~8名の少人数制で、アットホームな雰囲気ですから、そば打ち初心者の方でもリラックスして体験できるかと思いますよ。

なお、そば打ち体験の所要時間はおおよそ2~3時間、体験料は税・材料費込みでお一人1,200円です。

ちなみに、「大内塗箸作り」と「そば打ち」の体験以外にも、季節ごとに「布ぞうり作り」や「ミニ門松作り」、「和菓子作り」などいろいろな体験講座も企画・開催しています。

具体的なスケジュールや予約については、公式サイトの「その他体験講座」ページをチェックしてみてくださいね。

>>公式サイト「その他体験講座」

「大内塗箸作り」体験が一番人気!世界で一つのマイ箸が完成

編集部

「山口ふるさと伝承総合センター」さんの制作体験の中で、最も人気があるものと言えば、どちらになるのでしょうか?

兒玉さん

やはり、伝統工芸品に指定されている大内塗の箸作り体験は、小学校の体験学習から一般のカップルの方まで、幅広い人気ですね。

世界でただ一つの、オリジナルの一膳(いちぜん)を自分の手で作れることが、一番の魅力に映るのでしょう。お箸ですから、ご自身の作品を毎日のお食事で使えることも喜ばれています。

それに、大内塗の箸は漆で仕上げますから、抗菌効果も期待できるんです。カビや雑菌が発生しにくくなりますし、何より漆は木の樹液なので、人体に優しい点も魅力になりますね。日々使って漆が剥げてきたら、再塗装などのメンテナンスをすれば、末永く愛用できる逸品ですよ。

3週間後を楽しみに!体験講座参加の流れ

編集部

参加するカップルの参考になるよう、制作体験の流れを具体的にご紹介ください。

兒玉さん

「大内塗箸作り」体験の流れは、ザッと以下の通りです。

  1. 伝統工芸である大内塗についてのご説明
  2. 箸作り作業の注意事項についてご説明。漆や金箔、道具などについての具体的なお話です。
  3. 箸作り作業のデモンストレーション
  4. 制作の作業へ
  5. 完成した箸の扱い方をご説明

参加者の皆さんが作られた作品は、当センターの方で乾燥させて、約3週間後にご自宅にお届けしていますよ。

また、「そば打ち」体験の大きな流れは、作業のご説明後に実作業に入り、水回し(そば粉に水を馴染ませる)と捏ね(こね)、生地を延ばして畳む、最後に切る、という感じですね。現在は社会情勢等を考慮して、試食は中止していますので、どうぞご承知おきください。

完全未経験のカップルも大歓迎!汚れても大丈夫な服装で

編集部

「大内塗箸作り」や「そば打ち」の体験講座は、まったくの未経験者でも参加できるでしょうか?もしも上手く作業出来ないような場合は、講師の方にサポートいただけますか?

兒玉さん

未経験者の方でも、まったくご心配は要りません。それぞれの道のプロフェッショナルが、初めての方にもていねいに、分かりやすくお教えしています。必要ならば、もちろん都度サポートに入るので、どなたでもお気軽に参加可能ですよ。

編集部

体験講座の参加に必要な持ち物は、何かあるのでしょうか?また、こういった服装で参加した方がよいなど、アドバイスはありますか?

兒玉さん

「大内塗箸作り」体験は、必要な持ち物はありません。「そば打ち」体験の方は、エプロン、頭を覆う手拭いやバンダナ等をご持参ください。

服装に関しては、特に「大内塗箸作り」の体験では、汚れても問題ない格好でいらしてくださいね。衣服に漆が付着してしまうと、洗濯では落ちません。漆が手に付いた場合は、担当講師が拭き取ります。

あと、どちらの体験講座に参加する際にも、髪の長い方は後ろで結んでください。髪に漆が付いたり、そばに髪の毛が混入したりしないようにするためなんですよ。

写真撮影OK!カップルがデートで参加する時の楽しみ方

「山口ふるさと伝承総合センター」で展示される伝統凧(その2)

ここまで、一般的な参加者の目線で「山口ふるさと伝承総合センター」と、体験講座について伺ってきました。ここからは、カップルがデートで参加することを意識して、お話を聞いてみましょう。

カップルにおすすめの体験講座は「大内塗箸作り」

編集部

体験講座の中で、デート中のカップルにおすすめのものと言えば、兒玉さんからご覧になってどちらになりますか?

兒玉さん

そうですね、やはり「大内塗箸作り」の体験がカップルにもおすすめになります。お互いに相手のお箸を一膳ずつ作って、完成後に交換して、実際に日々のお食事で使っていただけると、とても印象に残るデートになるでしょう。

ご結婚前に、新居でお使いになる大内塗の箸を一膳ずつ制作する、なんていうのもとても素敵ですね。本物の漆塗りの箸は、大切に使えば、末永くお使いになれますよ。

写真撮影も自由!インスタ映えする一枚を狙ってみよう

編集部

昨今では、お気に入りの写真をSNS投稿して楽しむカップルも増えてきました。

二人で体験講座に参加中、写真撮影などを行っても問題ないでしょうか?

兒玉さん

はい、体験講座に参加中でも、自由に写真撮影をしていただけますよ。また、当センターの「まなび館」の外観や内部の吹抜、マンスリー展示はインスタ映えしますから、お気に入りの一枚を狙ってみてください。

なお、ほかの参加者の方の写り込みなどには、ご配慮をいただけると幸いです。

カップルでの参加記念にも!地元の伝統工芸品もお土産にできる

編集部

二人で体験講座に参加した記念に、何か記念の品を購入したいと考えるカップルもいるかと思います。

「山口ふるさと伝承総合センター」で、地元の伝統工芸品などを買い求めることはできるでしょうか?

兒玉さん

はい、可能ですよ。当センター内では、地元の代表的な伝統工芸品である大内塗や山口萩焼、徳地手漉き和紙(とくぢてすきわし)などの商品を始め、当センター開催の教室卒業生によって組織された工房で制作されたお土産品もご購入いただけます。

せっかく当センターに足をお運びいただいたのなら、お二人のお気に入りアイテムをお土産に探していただくのも、また楽しいのではないでしょうか。お互いの好みやセンスが新たに分かって、面白いかもしれませんね。

山口ふるさと伝承総合センター周辺のデートスポット

編集部

「山口ふるさと伝承総合センター」さんの周辺で、体験講座参加の前後にカップルがランチやお茶を楽しめる食事処・カフェなどがありましたら、ぜひ教えてください。

兒玉さん

当センターの近隣には、家族経営的な小さな食事処はありますが、数は多くありません。

当センターから徒歩10分ほど山口市役所方面に向かっていただくと、中心商店街に出られます。JR山口駅から当センターに向かう道すがらでもあるので、この辺りでランチやお茶を楽しんでいただくといいかもしれないですね。

>>山口市商店街連合会(公式サイト)

編集部

カップルが体験講座に参加する前後で立ち寄れそうな、周辺デートスポットがありましたら、いくつかご紹介いただけますか?

兒玉さん

まず、先にちょっと話題にしましたが、当センターから車で5分弱の「瑠璃光寺五重塔」に立ち寄られてはいかがでしょうか。国宝指定されており、景色のよい「香山(こうざん)公園」内に建っています。

「山口ふるさと伝承総合センター」近くの「瑠璃光寺五重塔(るりこうじごじゅうのとう)」と「香山(こうざん)公園」
▲「香山(こうざん)公園」内に建つ「瑠璃光寺五重塔(るりこうじごじゅうのとう)」。いつ訪れても、インスタ映えする一枚を狙えるスポット

とりわけ春の桜と秋の紅葉が美しく、人気の絶景スポットですよ。どの季節に訪れたとしても、大変インスタ映えする写真が撮れます。

>>一般財団法人山口観光コンベンション協会「香山公園 国宝瑠璃光寺五重塔」(参考サイト)

あと、車で3分ほどの「亀山公園」内に建つ、「山口サビエル記念聖堂」にも注目です。近代的に再建されたカトリック教会でして、ステンドグラスが神秘的な美しさを見せてくれますよ。

「山口ふるさと伝承総合センター」近くの「山口サビエル記念聖堂」の正面外観
▲「亀山公園」内の「山口サビエル記念聖堂」。見応えある美しいステンドグラスにも注目!

16世紀のイエズス会士であったフランシスコ・サビエルの足跡が展示されており、歴史ファンのカップルならば必見でしょう。当地では、伝統的に「ザビエル」を「サビエル」と発音してきました。

>>山口カトリック教会サビエル記念聖堂(公式サイト)

そして、当センターの体験講座を終えられた後には、車で約10分のところにある「湯田(ゆだ)温泉」に行くのもおすすめです。アルカリ度の高い天然温泉で、古くから「美肌の湯」と呼ばれてきました。怪我を負った白狐が傷を癒やしたという「白狐伝説」が残っています。

日帰り入浴可能な宿も多くありますから、お二人でお湯に浸かったり、地元ならではのお食事を召し上がったりと、のんびりと温泉情緒を満喫できるスポットですよ。

>>湯田温泉旅館協同組合「天然温泉 湯田温泉」(公式サイト)

山口ふるさと伝承総合センターからのメッセージ

「山口ふるさと伝承総合センター」で展示される鳥凧

編集部

これから「山口ふるさと伝承総合センター」の体験講座に参加するカップルへのメッセージや、今回のインタビュー取材で伝えきれなかった想いなどがありましたら、ぜひお話しください。

兒玉さん

オリジナルの一膳を作れる「大内塗箸作り」体験は人気があり、参加すれば、きっとお二人のよい思い出になるはずです。加えて、モノづくりの楽しさを知っていただく機会になれば、私どももこんなに嬉しいことはありません。

編集部

二人でモノづくりを体験すると、いつもとは違う彼女・彼氏の一面を発見できるかもしれませんね。制作体験は、その方本来の人間性が出ると聞いたこともあります。

和のアートや地元の伝統工芸に興味があるカップルはもちろん、最近ちょっとデートがマンネリ気味かなと感じている二人にも、ぜひ体験講座に参加してほしいと感じました。

兒玉さん、本日はお時間を割いていただきまして、大変ありがとうございました。

山口ふるさと伝承総合センターの口コミ・感想

デートの参考になるよう、実際に「山口ふるさと伝承総合センター」の体験講座に参加した皆さんの口コミや、感想をいくつかご紹介しましょう。

アイコン
大内塗のお箸のおかげで、食事の時間が楽しみになりました。
アイコン
自分の手で作ることの楽しさを知った体験講座!誰にでもおすすめできる。
アイコン
指導してくださる方がていねいに、親切に教えてくれます。未経験でも、まったく問題なかったです。

評判のよい体験講座という印象でした。とくに「大内塗箸作り」の体験では、いいものが作れてよかった、地元の伝統工芸について理解する機会になった、という参加者の感想を多く目にします。

まったくの未経験者カップルがデートの一環で参加しても、楽しめる体験講座だと感じました。

山口ふるさと伝承総合センターの料金・予約・服装・持ち物

体験料金
(材料費込)
■入館料無料
【大内塗箸作り体験】
一人880円(箸1膳分)
※完成品の送料別途
※所要30分~1時間

【そば打ち体験】
一人1,200円(そば3人分)
※所要2~3時間
予約 【電話での予約が必須】
電話:083-928-3333
※「大内塗箸作り」体験は、原則平日のみの開催
服装 汚れても差し支えない服装を推奨
※漆が付着すると、通常の洗濯では落とせないため
持ち物 エプロンや髪を覆う手拭い/バンダナなどを持参するとよい

※金額は、すべて税込表示です。

山口ふるさと伝承総合センターの基本情報(アクセス・営業時間)

住所 〒753-0034
山口県山口市下竪小路12番地
電話 083-928-3333
アクセス 【公共交通機関】
・JR山口線:山口駅下車で徒歩約20分/上山口駅下車で徒歩約15分
・防長バス:竪小路バス停下車で徒歩約5分
【車】
・中国自動車道:山口ICから約20分/小郡ICから約25分
駐車場 無料駐車場あり
※普通車20台分程度
※満車の場合、近隣の駐車場をご案内可
開館時間 9:00~17:00
休館日 ・年末年始(12月29日~1月5日)
・お盆時期(8月14日~16日)
公式サイト http://y-densho.sblo.jp/
公式サイト Instagram
Facebook

※最新の情報は、公式サイト等でご確認をお願いいたします
※記事中の金額は、すべて税込表示です