福島県郡山市にある「田村神社」の縁結びについてインタビュー!

「由緒ある神社で良縁を授かろう!」でご紹介するのは、福島県郡山市にある「田村神社」さんです。

田村神社には、源頼朝と北条政子が結ばれた「伊豆山神社」の神々が祀られていることから、縁結びのご利益があるとされています。

また境内には、ご神木である樹齢1000年のケヤキや、2本の杉が1本にくっついた杉など、生命力に溢れた神秘的な木々が多く生きています。

今回は、田村神社の宮司である村上真也さんに、田村神社の縁結び祈願についてお話を聞きました。

縁結びに関心のある方、植物からパワーをいただきたい方は、ぜひご覧ください。

田村神社について

田村神社の縁結びにあやかる木である「二本の杉が一本になった杉の木」

インタビュアー

田村神社がどのような神社か教えてください。

村上さん

口承では、宝亀年間(今から1200年頃前)に鎮座したと言われています。

当地は関東方面から源氏の流れが多く移住し、もともと祀られていた神社に、故郷で信仰のあった神々を祀ったものと考えられます。

その信仰の神々とは、鎌倉幕府を開いた源頼朝公が妻・北条政子との結婚の縁をいただいた「伊豆山神社」、戦勝や暮らしの安寧を祈願した「箱根神社」および「三嶋大社」です。

関東方面ではこの三社を巡る「三社詣」や「頼朝詣」で、若い世代が訪れる神社として有名です。

ここの「田村神社」の旧社名は「伊豆箱根三嶋三社」と称し、その名残は「神額」として残されています。

田村神社の神額

土地柄は「阿久津の曲がりねぎ」の産地で、田畑が広がる昔の原風景が垣間見られる小高い丘に鎮座しています。ご神徳(御利益)は縁結び・勝負ごと・開運厄除けです。

老朽化と東日本大震災による影響から、平成30年(2018年)に氏子や県内外の崇敬者の奉賛により社殿の建て替えが行われました。

インタビュアー

源氏にゆかりのある、古くからある神社ですね。境内の厳かな雰囲気にも納得です。

「関東各地から移住してきた人々がそれぞれ信仰する神々を祀った」というお話から、不思議な縁の力を感じます。

樹齢1000年のケヤキや、縁結びにあやかる木々が見どころ

背後から見た田村神社の本殿

インタビュアー

田村神社を訪れた際の見どころはどこでしょうか?

村上さん

真新しいご社殿はもちろんですが、境内にはご神木である樹齢1000年のケヤキをはじめ、「樹洞(じゅどう)」と呼ばれる穴の開いた杉などの珍木があります。

田村神社で見られる樹洞のある杉の木

特に縁結びにあやかる木々としては、成長と共に二本の杉が一本となった杉や、枯れ木に新しい木が巻き付いたヒバなどがあります。

田村神社にある「枯れ木に巻きつくヒバ」

境内には桜・花桃などの花木が多く植樹され、開花の時期はとても癒やされる風景を味わえますよ。

インタビュアー

ご神木をはじめ、珍しい木々が多く植わっていますね。

私も後ほど、縁結びにあやかる木々を拝見し、運を授かりたいです。

田村神社の縁結びの内容について

田村神社の社殿内部

インタビュアー

縁結びの神様としての由来を教えてください。

村上さん

静岡県熱海市の「伊豆山神社」は、源頼朝と北条政子が結ばれた神社として有名であり、その神々を祀ってある由縁です。

インタビュアー

歴史的に有名な源頼朝・北条政子が結婚した伊豆山神社の神様なので、縁結びのご神徳があるとされているのですね。

木々に触れて、縁結びのご利益を授かろう

田村神社の本殿と境内のケヤキの木

インタビュアー

縁結びのご利益を得たい場合は、何をすればよいでしょうか?

村上さん

木々を直に触れて、樹勢を感じてほしいです。

希望があれば、真新しい社殿でさらにご神威(しんい)を増した神社で、良縁祈願のご祈祷もお受けいたします。

インタビュアー

木々から伝わるいきいきとしたエネルギーに励まされるようです。一方で、心がすっと落ち着く感じもします。

直接神様にお願いをしたい場合は、良縁祈願の祈祷を検討するとよいですね。

ちなみに、縁結びを願って参詣される方はどのくらいいらっしゃいますか?

村上さん

こぞって参詣する神社ではありませんが、土日など休日は若い女性の方が1人で訪れるようになりました。

インタビュアー

お休みで心が落ち着いた日に、お参りする方が多いのでしょうね。

縁結びには、宮司お手製の「桑の木守」がおすすめ

田村神社の宮司お手製の縁結び守りである「桑の木守」

インタビュアー

縁結びのご利益が得られるお守りを教えてください。

村上さん

当社には「桑の木守(くわのきまもり)」というお守りがあります。

通常の布製の袋状のものではなく、「桑の枝」そのものに幾重にも願意を施した「木の枝のお守り」です。すべて宮司手製のものとなり、同じものはありません。

インタビュアー

桑の枝そのものがお守りというのは、とても珍しいですね。生命の力を受け取ることができそうです。

また、ひとつひとつ宮司さんが作ってくださっていることにも、支えられているような心強さを感じます。

まず神様に感謝し、感謝を伝えたい時にお礼参り

風鈴が下がって涼やかな様子の田村神社の夏の境内

インタビュアー

もし縁結びの参拝で良縁を授かった場合、お礼参りなど行った方がよいですか?

村上さん

心の中で神様に感謝の念を持たれれば、それで結構かと思います。

その上で、ご自身が心素直にお礼参りをしたいと思ったならば、時間に関係なく心身に余裕がでた場合に、ご自由に参拝されてもいいかと存じます。

インタビュアー

まずは神様に感謝の気持ちを持つことが大事ですね。

素敵な縁をいただけたなら、直接神様にお伝えしたい気持ちが湧いてくると思うので、その際にお礼参りにうかがうと気持ちが伝わりそうです。

良縁に巡り合えないと悩む人へメッセージ

田村神社の宮司である村上さん

インタビュアー

最後に、良縁を願っている人へ一言メッセージをお願いいたします。

村上さん

「運」はあるものです。その「運」は待つものではなく、「つかむ」ものと考えます。

まずは行動することです。

これに、古来より先人達が守り伝えた神々への「祈りと願い」を重ねることが、良き縁に繋がるものです。

インタビュアー

運が巡ってくるのを待つのではなく、自ら行動し神様の力をお借りしながら、運をつかんでいければと思います。

今回訪れてみて、木々に癒されるだけでなく、滞在するだけでエネルギーが湧いてくる場所だと感じました。

本日はお話を聞かせてくださり、ありがとうございました。

田村神社の基本情報


住所 〒963-0667
福島県郡山市阿久津町続195番地
電話番号 024-944-3365
公式サイト https://akutsu-tamurajinjya.jimdofree.com/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック