【選択的夫婦別姓、実際どう思う?】賛成・反対の意見と背景にある現状を解説

日本では現在、結婚すると夫か妻のどちらかが、必ず姓を変える必要があります。ただし、男性が姓を変えることは稀で、95%以上のカップルが夫の姓を選び、妻が改姓しています。しかし改姓は、結婚後も仕事を続けている女性などにとって不便な面もあるでしょう。

最近になって、夫婦が望む場合には結婚後もそれぞれ結婚前の姓を名乗ることができる「選択的夫婦別姓」制度を導入しようという議論が再び盛り上がりを見せていますが、「家族の絆が崩壊する」などの根強い反対もあります。

実際に結婚を考えている独身男女、そして結婚の経験がある既婚男女は、選択的夫婦別姓についてどんな考えを持っているのでしょうか?アンケート結果からわかった、選択的夫婦別姓や改姓への具体的な意見、その背景にある現象についてご紹介します。

【アンケート対象者】
20歳以上の結婚を考えている独身男女/結婚経験のある男女(事実婚を含む)
(内訳)未婚女性98人、未婚男性94人、既婚女性99人、既婚男性94人

【対象者の職業】
会社員・契約社員42.6%、無職17.9%、パート・アルバイト・派遣17.1%、自営業13.2%、公務員1.7%、その他7.5%

「選択的夫婦別姓」に賛成か反対か

まずは、選択的夫婦別姓に賛成か反対か、未婚者・既婚者あわせて385名にアンケート調査しました。

結果は下図の通りです。

未婚男女・既婚男女に「選択的夫婦別姓に対する賛否」を聞いた結果

「賛成」「どちらかといえば賛成」の合計が79.0%で、賛成派が約8割の結果でした。全体的に見ると、大半の人が選択的夫婦別姓を前向きに捉えていることがわかります。

これを男女、未婚・既婚の別に見てみましょう。

未婚女性 未婚男性 既婚女性 既婚男性
「賛成」 42.9% 19.1% 27.3% 21.3%
「どちらかといえば賛成」 49.0% 54.3% 57.6% 43.6%
「どちらかといえば反対」 7.1% 18.1% 10.1% 27.7%
「反対」 1.0% 8.5% 5.1% 7.4%

特徴的なのは未婚女性の「賛成」の割合(42.9%)の高さです。 「賛成」と「どちらかといえば賛成」を合わせると91.9%に上りました。 既婚女性も84.9%で8割を超えています。

実際に姓を変えることが多い女性の方が、姓が選べるようになることを望んでいる人が多いといえそうです。

「選択的夫婦別姓」に賛成の理由

では、選択的夫婦別姓に賛成する理由は何でしょうか。選択的夫婦別姓に「賛成」「どちらかといえば賛成」の人が回答した理由は、下図の通りです。

選択的夫婦別姓に「賛成」の未婚男女・既婚男女に、その理由について聞いた結果

「同姓か別姓か選択肢が広がるのはいいこと」の回答が56.9%で半数を超えています

一方、選択的夫婦別姓の議論は、女性の社会進出を背景に盛り上がってきた面がありますが、「男女平等につながる」の回答は、8.2%に止まりました。

賛成の具体的な理由には、次のような内容がありました。

それぞれの家庭の事情で決めればよく、法律で縛る必要はない。(31歳アルバイト女性、独身)

反対の人は「家族の絆が壊れる」などと言うが、夫婦同姓の日本でも夫婦喧嘩や家庭崩壊は数えきれないほどあるし、海外を見れば別姓でも円満な夫婦はたくさんいる。姓が違うだけで崩れるような絆なら、最初から結婚するべきでないと思う。(29歳会社員男性、独身)

あくまで選択制というのが一番のポイントで、今は強制的に同一の姓にされている。これは個人の権利という面から見てどうかと思う。(25歳会社員女性、既婚)
夫婦別姓でも困ることはないのに、日本だけが夫婦同姓に固執しているのはおかしい。(74歳男性、既婚)

どの姓を名乗るかは個人の自由、他国でも夫婦別姓は珍しくない、といった意見が多いようです。夫婦のどちらかが改姓することへの実害よりも、「選択できる自由」を重視している人が多いのかもしれません。

「選択的夫婦別姓」に反対の理由

一方で、選択的夫婦別姓に反対する人の意見も確認してみましょう。選択的夫婦別姓に「反対」「どちらかといえば反対」と回答した人に理由を聞いたところ、下図の結果となりました。

「選択的夫婦別姓に反対」と回答した独身男女・既婚男女に、その理由について聞いた結果

「夫婦の子どもにとっては、同姓がいいと思うから」が29.6%でもっとも多い結果となりました。特に選択的夫婦別姓に反対する既婚女性の53.3%が「子ども」を理由として挙げていました。

反対意見の具体的な理由を一部紹介します。

別姓にすることにどういう意味があるのか理解に苦しむ。別姓の必要性とメリットを見出せない。(29歳会社員女性、未婚)
別姓を名乗りたいのであれば、そもそも結婚などするべきでないと思うから。(34歳会社員男性、独身)
以前勤めていた職場でも旧姓を名乗るかどうか確認があり、旧姓を名乗ることはできました。また、夫の職場でも旧姓で勤めている人がいると聞いているので、選択的夫婦別姓を導入しなくてもよい環境は整いつつあるのではないでしょうか。(30歳公務員女性、既婚)
子供の姓を決めるのにもめるから。また、兄弟で姓が違うなど、さまざまな問題点が出てくると思うから(40歳会社員男性、事実婚)

選択的夫婦別姓に反対する人は、子どもへの配慮に加えて、「結婚するからには同じ姓になるべき」「別姓の意義がわからない」「旧姓使用の拡大で十分」などの多様な意見がうかがえました。

夫婦別姓で「家族の絆が壊れる」か

男性が考え事をしている時のイメージ

選択的夫婦別姓制度の導入を反対する人に多かった「家族の絆が崩壊する」「家族がばらばらになる」という意見。実際に夫婦別姓で家族の絆が壊れると考える人は、どれくらいいるのでしょうか?

選択的夫婦別姓に賛成な人も含めて、未婚者・既婚者それぞれにアンケートした結果は以下の通りです。

独身男女・既婚男女に、選択的夫婦別姓によって「家族がばらばらになる」と感じるかどうか聞いた結果

「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」を合計すると7割以上という結果になりました。同じ姓を名乗らなくてもよくなると、家族の絆が弱まると考える人は少数派のようです。

しかしこの回答も、男女、未婚既婚によって次のような違いがありました。

独身女性 独身男性 既婚女性 既婚男性
「そう思わない」 48.0% 31.9% 34.3% 28.7%
「どちらかといえばそう思わない」 39.8% 39.4% 47.5% 34.0%
「どちらかといえばそう思う」 11.2% 22.3% 13.1% 29.8%
「そう思う」 1.0% 6.4% 5.1% 7.4%

「どちらかといえばそう思う」「そう思う」と回答した人の割合が、独身女性は合わせて12.2%なのに対し独身男性は28.7%で、既婚男性にいたっては37.2%と独身女性の3倍以上でした。既婚女性は18.2%で、独身女性よりやや多い結果です。

このことから、夫婦別姓が「家族の絆に影響する」と考えているのは、女性よりも男性の方が多い傾向にあるといえそうです。

今の制度・環境への認識

夫婦別姓への認識を深めるために、現状の制度や環境に関する認識も確認してましょう。

まずは「夫婦は同一の姓を名乗らなければならない」という現行制度についてどう考えるか、意見を聞きました。

独身男女・既婚男女に現行の「氏制度」についてどう思うか聞いた結果もっとも多かったのは、「家族が同一の姓を名乗る必要はない。希望する場合は夫も妻も結婚前の姓を名乗ればいい」で50.2%です。次に多かったのが、「家族が同一の姓を名乗るのは当然。夫婦で話し合い、それぞれの事情でどちらかの姓に決めるべき」の39.7%で、相反する意見が1位・2位となりました。

現行の「夫婦は同一の姓を名乗るのは当然」と回答した人の合計は46.2%で半数を下回るものの、「夫婦が同一の姓を名乗る必要はない」という回答の合計と大きな差はありませんでした。

もっとも多かった「家族が同一の姓を名乗る必要はない。希望する場合は夫も妻も結婚前の姓を名乗ればいい」という回答の、男女、未婚・既婚別の内訳は以下の通りです。

未婚女性 未婚男性 既婚女性 既婚男性
家族が同一の姓を名乗る必要はない
希望すれば夫も妻も結婚前の姓を名乗ればいい
67.4% 42.6% 48.5% 41.5%

→スクロールで詳細の数値を確認できます

この意見は未婚女性の割合が67.4%で、目立って高い結果です。今後結婚により改姓の可能性がある立場として、希望的な意見という側面が大きいのかもしれません。

一方、39.2%で次に多かった「家族が同一の姓を名乗るのは当然。夫婦で話し合い、それぞれの事情でどちらかの姓に決めるべき」の意見では、未婚女性が26.5%と低く、既婚者が高い傾向でした。

未婚女性 未婚男性 既婚女性 既婚男性
「家族が同一の姓を名乗るのは当然
夫婦で話し合い、どちらかの姓に決めるべき」
26.5% 39.4% 46.5% 46.8%

→スクロールで詳細の数値を確認できます

今の制度が続けば改姓する可能性が高い未婚女性は、改姓せずに結婚前の姓を名乗りたいと考えている人が多いといえます。しかし結婚した女性では、どちらかの姓を選んで同じ名字を名乗った方がよいと考える人が増えるようです。

女性の改正が大半であることへの認識

女性が不満に思っているイメージ

厚生労働省の「婚姻に関する統計」(2015年)によると、結婚して妻の名字を選んだ夫婦は4.0%、夫の名字を選んだ夫婦は96.0%です。今回のアンケートでも、比較的女性の方が夫婦別姓に賛成している傾向があります。

圧倒的多数で妻が改姓している現状について、男女、未婚者・既婚者のそれぞれの立場に意見を聞きました。

独身男女・既婚男女に「結婚して妻が改姓する」ことについて思うか聞いた結果

「女性ばかりが改姓するのは不公平」が38.2%で最も多くなっていましたが、「特にどうも思わない」も37.9%であまり割合は変わりません。

次のとおり「女性ばかりが改姓するのは不公平」と考えている人の男女・未婚既婚の内訳を見てみると、やはり女性が高い傾向です。

未婚女性 未婚男性 既婚女性 既婚男性
「女性ばかりが改姓するのは不公平」 45.9% 29.8% 38.3% 29.8%

→スクロールで詳細の数値を確認できます

一方、「日本の風習、伝統なので妻が夫の姓を名乗るのは自然」と考える人は20.5%でした。男女・未婚既婚の内訳は次の通りです。

未婚女性 未婚男性 既婚女性 既婚男性
「日本の風習、伝統なので
 妻が夫の姓を名乗るのは自然」
15.3% 23.4% 19.2% 24.5%

→スクロールで詳細の数値を確認できます

未婚既婚を問わず女性の方が「妻が夫の姓を名乗るのは自然」と考える人の割合が低い結果でした。当然に自分の姓が引き継がれる傾向にある男性より、改姓を求められる可能性の高い女性の方が、現在の風習に違和感を感じるのは当然といえるでしょう。

「旧姓使用の拡大」に対する認識

次に、職場などで普及しつつある「旧姓使用」の拡大について、それぞれの意見を確認しましょう。

現在、仕事でも旧姓を「通称」として使用できるようにしている企業が増えています。また希望すれば、パスポートやマイナンバーカードに旧姓を併記することができます。選択的夫婦別姓の導入に反対する人たちの意見には、「旧姓使用を拡大すればいい」というものも見られました。

このように旧姓が使用できる場所や文書を拡大していけば、戸籍上の名前を変えても不便ではないだろうという考え方について、それぞれの意見を聞いた結果が下図の通りです。

独身男女・既婚男女に、「旧姓使用の拡大で夫婦別姓は必要なくなる」と思うかどうか聞いた結果

旧姓使用を拡大すれば夫婦別姓は必要ないかについて、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」の合計が69.9%でほぼ7割を占めました。男女、未婚既婚別の割合は次の通りです。

未婚女性 未婚男性 既婚女性 既婚男性
「そう思う」
「どちらかといえばそう思う」の合計
70.4% 65.9% 65.7% 77.7%

既婚の男女の差が12%と大きい点が目を引きます。実際に結婚により改姓した女性が、旧姓使用の拡大だけでは不十分だと考えている結果なのかもしれません。

「選択的夫婦別姓」に対する既婚者の意見

カップルが二人並んで写っているイメージ

旧姓使用の拡大で十分だとの認識が、男女で10%以上差が開いた既婚者の意見。なぜ旧姓使用の拡大で十分・不十分なのかを読み解くために、既婚者に対して「改姓して良かったこと」「悪かったこと」をそれぞれ調査しました。

改姓して良かったかこと

そもそも改姓して良かったと感じることはあるのか、アンケートで分かった結果が以下の通りです。

既婚男女に「改姓してよかったこと」があったかどうか聞いた結果

改姓して良かったことが「あった」と答えた人は全体の25.4%でした。およそ四分の一が「改姓して良かったことがあった」と答えています。

「よかった」こととは、どんなことなのでしょうか。結果は次の通りです。

「改姓したよいことがあった」と回答した既婚男女に、その内容について聞いた結果

「家族としての一体感が得られた」(69.4%)と「結婚したことを周囲に示すことができた」(53.1%)を選んだ人が多くなりました。改姓によって結婚の実感が得られるという面があるようです。

改姓して困ったこと

次に、改姓して困ったこと・嫌だったことについても調査しました。困ったことがあったかどうかの割合は、下図の通りです。

既婚男女に改姓によって「困ったこと」があったかどうか聞いた結果

改姓して「困ったこと」や「嫌だったこと」があったかについて、「あった」が26.9%で、こちらも全体のおよそ四分の一程度となっています。ちなみに困ったことが「あった」と回答した人の88.5%は女性でした。

困ったこと・嫌だったことの詳細は次のとおりです。

「改姓して困ったことがあった」と回答した既婚男女に、その内容について聞いた結果

「各種名義変更が煩雑、大変だった」を回答した人が86.5%に上り、断トツのトップでした。

2位は「好きだった旧姓を変えなければならなかった」が23.1%、3位は「夫(妻)の姓になったことで、従属させられる感じがした(13.5%)」と続いています。

改姓による実務的な手間だけでなく、自分自身のアイデンティティが損なわれたと感じる人が一定数いることがわかりました。「別姓使用の拡大だけでは不十分」と考える女性が多い傾向には、個人の尊厳に関する想いがあるのかもしれません。

一方で、「仕事上、キャリア面で不利益を被った(9.6%)」などはそれほど多くありませんでした。この結果から、職場における改姓のデメリットは減ってきているといえそうです。

「選択的夫婦別姓」に対する独身者の意見

女性がポジティブに笑っているときのイメージ

最後に、これから結婚を迎えるだろう独身の男女を対象に、改姓が結婚の障害になる可能性があると考えているかについても調査しました。結果は下表のとおりです。

■結婚による改姓は、結婚の障害になるか

未婚女性 未婚男性
「そう思う」 6.1% 4.3%
「どちらかといえばそう思う」 14.3% 20.2%
「どちらかといえばそう思わない」 51.0% 43.6%
「そう思わない」 28.6% 31.9%

「どちらかといえばそう思わない」「そう思わない」の合計が未婚女性は79.6%、未婚男性が75.5%といずれも8割近くに達していて、「改姓が結婚の障害になる」と思う人は少数派です。

「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と回答した人には理由も聞きました。結果は以下の通りです。

■改姓が結婚の障害になる理由

未婚女性 未婚男性
物理的なわずらわしさ 60.0% 34.8%
精神的な苦痛
(改姓よるアイデンティティの喪失など)
15.0% 34.8%
物理的なわずらわしさ、精神的苦痛の両方 5.0% 26.1%
その他 20.0% 4.3%

女性は「改姓による物理的なわずらわしさ、不便さなど」を選んだ人が60%と多数を占めました。

一方、男性は「改姓による物理的なわずらわしさ、不便さなど」と「改姓による精神的な苦痛」が34.8%と同率で、「物理的なわずらわしさ、精神的苦痛の両方」は26.1%でした。実情として改姓することが少ない男性は、自身の改姓に対して“精神的な苦痛を感じると懸念する人も少なくないようです。

「その他」と回答した人の理由では、「家を継ぐ必要がある人にとって、改姓は結婚の障害になりえる」「一人っ子同士の場合、もめそう」といったものがありました。

改姓が結婚そのものへのハードルを高める危険性があると感じる人が、一定数いることがわかります。このような背景からも、選択的夫婦別姓はより積極的に議論されるべきといえるのかもしれません。

夫婦別姓に対する本音

夫婦が結婚式でケーキを入刀しているときのイメージ

これまでのアンケート結果を元に、選択性夫婦別姓に関する独身・既婚男女の関心や意見についてまとめてみました。

■選択性夫婦別姓に対する考え・意見

  • 選択性夫婦別姓に「賛成」が79.0%
  • 夫婦別姓でも「家族がばらばらになるとは思わない」が76.1%
  • 旧姓使用を拡大すれば「夫婦別姓にする必要はない」が69.9%
  • 「家族が同一の姓を名乗るのは当然」と考えている人が46.2%

改めて選択性夫婦別姓に対する意見を見てみると、ある矛盾に気付きます。選択性夫婦別姓に賛成という意見が79%であるのに対し、家族が同一の姓を名乗るのは当然という意見が46%存在する点です。

実際にアンケート対象者の回答を1つ1つ見ていくと、選択性夫婦別姓に賛成または反対という意見が一貫していない人が多数存在していることが分かりました。例えば、「選択性夫婦別姓には“賛成”、家族が同一の姓を名乗るのは当然(愛知県在住30歳男性)」のような具合です。

実際のところ“夫婦同姓”に対して大きな支障を感じていないものの、制度としては自由を認めるべきというのが本音というな人が多いのかもしれません。

選択的夫婦別姓の実現は?

選択的夫婦別姓制度をめぐっては、国の「法制審議会(法相の諮問機関)」が1996年に日本での導入を提言しました。それから今に至るまで断続的に議論が行われてきましたが、反発も強く実現していません。

「名字」というのは身近なもので、だからこそさまざまな人が、さまざまな意見を持っています。夫婦別姓などについて議論する自民党のワーキングチームの議論も、報道各社の記事によれば、賛否が噴出したとのこと。結論を早期にまとめるのは、なかなか難しそうです。

選択的夫婦別姓が導入されることになってもならなくても、実際に影響を受けるのはこれから結婚するカップルです。夫婦の未来を応援するような建設的な議論を期待したいものです。

【調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:20代以上の独身・既婚男女(全国)
アンケート母数:385名
実施時期:2021年3月23日~4月6日
調査実施主体:マッチングアプリ大学
調査会社:株式会社ネクストレベル