「恋人の美容整形は許せるか?」211名に大調査!43.6%が「アリ」と回答も、許せる範囲は「目、鼻、唇などのプチ整形」までか

43.6%が恋人の美容整形は「アリ」と回答!男女とも許せるボーダーラインはプチ整形

ひと昔前は、隠す傾向にあった美容整形。近年では、SNS上で施術を受けたことを気軽に公表する人も増え、美容整形に対する社会全体の認識が変わりつつあるようです。

ただ、美容整形について考えた時に気になるのが、恋人や友人、家族といった周囲の人の反応。美容整形が身近な存在なってきたとはいえ、いざ自分が施術を受けるとなった時に自分の近しい人たちがどう思うのか心配になりますよね。

そこで、20〜30代男女211人に「恋人(配偶者)の美容整形はアリかナシか」に関するアンケート調査を実施しました。美容整形に対する印象や、年代別・性別の意識の違いなどを、恋人たちの本音と一緒にご紹介します。

恋人の美容整形43.6%が「アリ」と回答!

恋人の美容整形43.6%が「アリ」と回答!

はじめに、「パートナーが美容整形をしたいと言ったらどう思う?」と聞いたところ、最も多かったのは「いいと思う」(43.6%)でした。次いで、「抵抗がある」(42.7%)、「なんとも思わない」(13.7%)が続き、恋人(配偶者)の美容整形を容認する人は全体の4割ほどいることがわかりました。

「いいと思う」あるいは「抵抗がある・なんとも思わない」理由についてもヒアリングしてみました。

【いいと思う人の意見】

美意識が高くていいと思うから。(26歳男性)
気持ちが前向きになるならいいと思うから(37歳男性)
コンプレックスを治せて、前向きになるので良いと思います。(43歳男性)
自分の容姿に無頓着な人よりは良いと思う(26歳女性)
本人が自分の希望でしたいのであれば、外見が変化しても構わないから。(30歳女性)
美容整形は今はあまり抵抗なくやってる人が多いから(40歳女性)

【抵抗がある人の意見】

後遺症等、取り返しのつかないデメリットがある可能性がなくはないため。(26歳男性)
今のままでいいと思うから(34歳男性)
失敗して健康を害さないか心配だから。(46歳男性)
そのままの相手を好きになったわけだから、私に聞かれたら、やらなくていいと言う。(25歳女性)
お金もかかるしリスクもあるのになんでやるのかと思う。(35歳女性)
お金を払ってまで、なぜやるのかと思うから(41歳女性)

【なんとも思わない人の意見】

相手はひとりの大人なのだから、相手の自由。なんとも思わない。(29歳男性)
個人の意思なので関与しないように思ったため(34歳男性)
お金がもったいないと思うが、自己実現のためにやりたいならやればよいと思う。否定も肯定もしない。(31歳女性)
コンプレックスだったのかなと、思います。(40歳女性)

「いいと思う」と回答した人からは「気持ちが前向きになるならいい」「美意識が高くていい」など、行為自体を好意的に捉える意見に加え、「やっている人が多いから」と美容整形が身近なものになっていることが背景にある意見も聞かれました。

一方で、「抵抗がある・なんとも思わない」理由については、金銭面や後遺症などのリスクを危惧する意見がみられました。社会全体で美容整形が浸透してきているとはいえ否定的なコメントも散見され、多様な意見があることがわかりました。

ただし、恋人に許せる範囲は「目、鼻、唇などのプチ整形」までか

美容整形とひと口に言ってもシミやホクロを取るだけのものや注射などを使う手軽な内容のものから、大掛かりなものまでさまざまです。

では、どの程度の美容整形であれば許せるのでしょうか。ここでは、恋人の美容整形を「いいと思う」と回答した人に、許せると思う整形の範囲についてヒアリングしてみました。

ただし、恋人に許せる範囲は「目、鼻、唇などのプチ整形」までか

恋人について美容整形を許容できる範囲は、「元の顔とほとんど変わらない美容整形」(38.1%)が最も多く、次いで「シミ・ホクロ取り・注射など(ヒアルロン酸やボトックス注射)」(32.5%)、「目、鼻、唇などのプチ整形」(20.8%)でした。

「目、鼻、唇などのプチ整形」までの上位3項目までの割合が91.4%という結果から、恋人の美容整形は、「目、鼻、唇などのプチ整形」までなら許容できる人がほとんどと言えそうです。

それぞれの理由についても聞いてみました。

■「ほとんど変わらない美容整形を許せる」と回答した女性の意見

わからない程度なら抵抗なし。(20代女性)

■「目、鼻、唇などのプチ整形が許せる」と回答した男性の意見

鼻をちょっと高くするぐらいや目を一重から二重にするぐらいなら全く抵抗ないです。現に元カノが目を二重整形しましたが、元々化粧で二重にしていました。それで化粧の時間が時短できて自分に自信がつくのならストレスも減るので良いと思います。(30代男性)

■「目、鼻、唇などのプチ整形が許せる」と回答した女性の意見

私も二重整形しているので、整形することによって自分に自信がつくなら全然いいと思う。(30代女性)

■「別人クラスの美容整形を許せる」と回答した男性の意見

可愛くなるならそれにこしたこともないし、化粧も大きくみれば一種の整形みたいなもの。それで毎日、本人が前向きになれるのなら良いと思う。(30代男性)

■「別人クラスの美容整形を許せる」と回答した女性の意見

恋人の人生なのだから許可を取る必要はないと思う。(20代女性)

実際に恋人が美容整形した人の口コミ

それでは、実際に恋人が美容整形をした13名の男女に、「恋人の美容整形についてどう思っているか?」たずねてみました。

実際に恋人が美容整形した人はどう思ってる?「いいと思った」と回答した人は9名、「なんとも思わなかった」2名、「抵抗があった」1名、「無回答」1名という結果でした。実際に恋人が美容整形をしても、9名は肯定的に捉えていました。

■実際に恋人が美容整形した人のコメント

いいと思った:自分に自信が持てて、綺麗でいてくれるのが嬉しい。(26歳男性)
いいと思った:美容にさらに興味を持つようになり、性格がより明るくなったから。(20歳女性)
なんとも思わなかった:自分で決めたことなので尊重する(40歳男性)
抵抗があった:子供ができた場合に顔が違ってしまうことへの不安がある(34歳男性)

コメントを見ると「自信が持てたよう」「性格がより明るくなった」など、相手の内面がポジティブに変化したことを喜ぶ意見が多くみられました。

美容整形をする人の動機とは?

イマドキの美容整形事情とは?

今回の「恋人の美容整形に関するアンケート」では、肯定的な意見の一方で「美容整形をする気持ちが理解できない」という否定的な意見も多く見られました。では、美容整形をする人の動機はなんでしょうか?

実際に美容整形をした人に聞いてみました。

美容整形した理由は、他者からの評価ではなく自己満足が動機の主流

美容整形をした理由についてのアンケート
「コンプレックスを克服するため」(66.7%)を筆頭に、「自分に自信を持ちたいから(自己満足)」(57.1%)「なりたい顔になるため(好きな顔への憧れ)」(52.4%)など、自分自身に自信を持ち、前向きに行動できるようになるための動機が多いようです。

男女ともに「みんなから綺麗にみられたいから」や「異性からモテたい」といった他者評価からではなく自己満足が動機の主流であることがわかりました。

コロナ禍でのマスク着用は動機に影響したのか?

前項の「美容整形した理由」について、少数派ではありましたが「マスクの着用が日常になったから」という意見がありました。

そこで、マスク着用が日常となったコロナ禍が美容整形をすることになんらかの影響を与えたかについても聞いてみました。
コロナは美容整形に影響したかの男女別のグラフ

性別でみてみると、女性については「特に影響は受けていない」が最多になったものの、「マスクを着用ができるから整形しようと思った」(41.2%)が全体と比較すると高い結果となりました。女性のなかには、マスクが着用できる環境が、美容整形への後押しとなった人もいるのかもしれませんね。

今回の調査では、恋人の美容整形について4割の人が美容整形を肯定しており「自分に自信がつく手段」と好意的に捉えている人も多いことがわかりました。

とはいえ、いざ施術を受けるならパートナーの理解は絶対あった方がいいですよね。美容整形を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

【調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:20〜30代の独身・既婚男女
アンケート母数:計211名
実施日または時期:2023年8月4日~2023年8月9日
調査実施主体:マッチングアプリ大学
調査会社:株式会社ネクストレベル