【新宿】物語の世界でワクワク気分に!「人形劇団プーク」の観劇をメインにしたデートプラン

今回、紹介するのは「人形劇団プーク」の観劇をメインにしたデートプランです。

場所は新宿エリア。メインとなるのは、新宿駅南口から徒歩7分のところにあるプーク人形劇場で上演される人形劇です。

お芝居が好きな方は多いと思いますが、特にこれから関係を深めていくようなタイミングの二人だとマニアックすぎるものは選べないし…と演目選びで迷ってしまうこともあるかもしれません。そんな方にこそ、気軽に親しめる人形劇はぴったりです!

人形劇は子どもの頃に観たという方も多いと思いますし、なおかつ人形劇団プークは、人形であることを忘れさせるほどに感情豊かなので自然と引き込まれてしまいます

観劇後は、きっとおしゃべりが止まらないはず!ぜひ次のデートの参考にしてみてくださいね。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:10代〜60代
おすすめカップル:付き合いたてのカップル、お芝居が好きなカップル
どんなデート?:人形劇で心揺さぶられるデート
目安時間:半日
目安予算:2人で7,000円

概要:都会の喧騒を忘れて過ごす胸いっぱいのデートプラン

新宿で観られる人形劇団プークの公演『くまの子ウーフ』の様子
▲『くまの子ウーフ』の公演の様子。愛らしいウーフにどっぷり感情移入してしまいそう

プーク人形劇場での公演は午前と午後に開催されることが主です。今回は、14:00開始の回を観劇する想定でプランを検討しました

人形劇を観る前に、まずコーヒーが美味しいと評判のコーヒープンクトでお茶をして、公演への期待で胸をふくらませましょう。

13:00 プーク人形劇場に到着
13:00〜14:00 コーヒープンクトでお茶をする
14:00〜15:40 人形劇団プークの公演を観る
15:40〜16:00 新宿中央公園に移動する
16:00〜16:30 新宿中央公園内を散策する
16:30〜17:00 都庁展望室から周辺の景色を眺める

観劇後は、劇場から徒歩で10分前後の場所にあるところでデートを続けます。高層ビル群が建ち並ぶ新宿エリアはまさに大都会ですが、少し歩くだけでのんびりと過ごせる場所があるんですよ。

新宿中央公園で木々や季節の花を眺めながらのんびりした後、東京都庁にある展望台へと移動し、都心の夕景を眺めるプランを考えました。観劇の興奮冷めやらぬ中、感想を語り合うもよし、ロマンティックな景色を前にムードあるひと時を過ごすもよし、思い思いの時間を過ごしてくださいね。

大人を魅了する演目を繰り広げる人形劇団プーク

新宿で観られる人形劇団プークの公演『エルマーのぼうけん』

人形劇団プークの創立は、1929年です。人形劇団プークは、すべての人々の平和と幸せを願って人形劇を続けています。

人形劇というと「子ども向けなのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、子どもから大人まで楽しめる作品が多いので、デートにもぴったり。ドキドキワクワクできる作品ばかりなので、心に刺激がもたらされるような充実したひと時を過ごせると思います。

人形劇団プークの最大の魅力はやはり、人形の表情の豊かさです!人形なので実際の表情が変わることはあり得ないのですが、細かい操作によって多彩な感情が表現され、まるで本当に心を宿しているかのように見えます。

題材には元になる絵本や民話などがあり、そこから創作することがほとんどなのですが、その登場人物たちの揺れる気持ちがダイレクトに伝わってきて、思わずホロリとしてしまう人もいるかもしれません。さまざまな試練を乗り越え、それでも前に進もうとする主人公に自分たちを重ね合わせるとさらに感極まりそうです。「ずっと仲の良い二人でありたい」と、決意を新たにするカップルもいるかもしれませんね。

また、プークが保持する劇場は新宿の裏路地にあります。幹線道路から少し入った静かな場所に位置するので、都会ならではの利便性と非日常の雰囲気の両方を併せ持つのも魅力ですよ。

では、人形劇団プークの制作部に所属する渡辺さんに詳しく伺いましょう!

人形劇団プークは1929年に誕生した歴史ある劇団

新宿で観られる人形劇団プークの稽古場での作業の様子

編集部

まず、劇団プークが生まれたきっかけや歴史について教えてください。

渡辺さん

劇団が誕生したのは1929年です。18名の若者たちが人形クラブ「LA PUPA KLUBO」の名前で『リップ・ヴァン・ウィンクル』と『クリスマス綺譚』を上演したのがはじまりです。エスペラント語で人形を意味する「pupa」の「pu」、クラブを意味する「klubo」の「k」をとって、「puk」となりました。

戦時中は名前を変えながら活動しなければならない状況が続きましたが、戦後に再建し新たにスタートをきりました。1971年には多くの方のご支援をいただき、日本で初となる現代人形劇専門劇場「プーク人形劇場」が誕生しました。

そこではプークの人形劇だけでなく、全国のプロやアマの人形劇団・海外の人形劇団・人形劇に限らず、ジャンルを越えて上演されています。

劇場が誕生した頃、劇場を管理する「プーク人形劇場」、舞台活動を行う「劇団部」、映像の人形劇製作を行う「スタジオ・ノーヴァ」と3つの独立したセクションができました。

編集部

HPを拝見し、創業時から「すべての人々の平和と幸せのために」との変わらぬ思いで人形劇を続けられるのだと知り感銘を受けました。

劇団は約100年、劇場は約50年と長い歴史をお持ちですので、親に連れて行ってもらったことがあるという読者もいそうですね。そんな方は、幼少期の記憶がダイレクトによみがえりそうですが、こちらの記事で人形劇団プークを初めて知った方も胸が熱くなるような充実した時間を過ごせそうです。

プーク人形劇場は新宿からほど近くというアクセスの良さも魅力

新宿にあるプーク人形劇場の外観

編集部

続いて、人形劇団プークの演目を観劇できるプーク人形劇場について教えてください。

渡辺さん

東京・新宿にあるプーク人形劇場では年間を通して定期的に公演しています。客席は106席と、こじんまりとして温かい雰囲気の劇場です。

昨年、劇場が誕生50年を迎えました。地下3階、地上5階建てで、今は周りをビルに囲まれた小さな劇場です。外壁には建設当時の劇団員が手彫りした劇団の歴史が刻まれています。客席と舞台の距離が近く、客席と舞台が一体となるのも魅力です。

また、年2回、中規模〜大規模作品を新宿の紀伊國屋ホールにて上演しています。全国に出かけて公演もしていますよ。幼稚園・保育園・児童館・図書館・ホール・公民館など、会場の規模感はもちろんのこと観客の年齢層によっても作品をかえて上演しています。

編集部

プーク人形劇場は新宿駅南口から徒歩7分と交通の便が良く、デートにぴったりですね。落ち着いた裏路地に佇む外観もかわいらしい雰囲気で、建物に入る瞬間、非日常の世界に飛び込むような気分も味わえるのではないでしょうか。

一方、東京から遠いところに住んでいる読者もいると思いますが、全国で公演をされているとのことですので意外と身近なところで観られることもあるかもしれません。

46年に渡って連続公演されている不朽の名作も!

編集部

人形劇団プークが行う人形劇はどのようなものなのでしょうか?

渡辺さん

人形劇と言っても、片手遣い・両手遣い・棒遣い・糸操り・からくり人形など、人形も技法もさまざまなんですよ。

中でも人気なのは、プーク人形劇場で毎年12月に公演している『12の月のたき火』です!クリスマスごとに連続公演となり、46年目を迎えました。

新宿で観られる人形劇団プークの公演『12の月のたき火』
▲年末にはカップルで『12の月のたき火』を観よう

自然の厳しさとやさしさに向き合って生きる少女マルーシャの物語でして、今では3世代に渡って愛されている作品です。カップルのお客様も多くいらっしゃいますよ。

大型人形劇『エルマーのぼうけん』も人気作です。紀伊國屋ホールで何度も上演し、全国でも公演を重ねています。エルマー少年が、自分の力でジャングルを切り開いていく冒険物語です。本の方もファンが多いですが、人形劇も子どもたちを中心に大人気です。

新宿で観られる人形劇団プークの公演を、『エルマーのぼうけん』の原作者が訪問した様子
▲『エルマーのぼうけん』の原作者、R.Sガネットさんが公演に来たこともあるのだそう!

編集部

『12の月のたき火』は、スロバキアの民話をもとに作られたお話なのだそうですね。物語そのものも魅力的でありながら、人形から伝わってくる悲しみ・怒り・喜びといった感情が心にまっすぐに届く名作だと聞きました。

1年を振り返るとともに大切な人に思いをはせるようなシーンの多い年末ということもあり、胸が熱くなりそうです。そんな心揺さぶられる体験を、カップルで共有できるというのは素敵なことですね。

あらゆる世代の心に響く作品作りにこだわる

新宿で観られる人形劇団プークの公演で使われるさまざまな人形

編集部

人形劇団プークの観客はどのような方が多いですか?

渡辺さん

子ども向けの公演が多いので、お子さん連れの家族が多いです。大人向けの公演の時には大人ひとりでいらっしゃる方もいますし、シニアの方もたくさんお見えになります。プーク人形劇場の建物に惹かれて来る方もいますし、人形やアートが好きな方も多い印象です。

私たちは、幅広い世代、趣味嗜好の方に観てもらいたいと思っています。また、子どもたちにとっても良質な舞台をという思いで公演しています。ですので、作品作りでも子どもたちに媚びるようなことはしません。また、子どもに対して、大人と同じくひとりの人間として接するようにしています

編集部

絵本や民話など、既存の物語を題材にされることが多いようですね。私自身、幼少期に触れたような作品も多数ありますが、大人になった今親しむことで、心に響くものも変わっていそうだと感じました。

幼少期の頃を思い出しながら観られるので、、観劇後にお互いの感想を語り合う中で、二人がどんな子ども時代を過ごしたのかを知る良いきっかけにもなりそうです。

人形劇団プークのファンになったら「プーク友の会」に入ろう

新宿にあるプーク人形劇場の舞台の様子

編集部

魅力たっぷりの人形劇団プークですが、ほかにも「うちだからこそ!」というポイントはありますか?

渡辺さん

平常時には、終演後にポラロイド写真での撮影会をしていました(2021年12月時点では中止中)。人形が舞台からロビーまで来てお見送りし、ご希望の方と撮影するのですが、すぐに浮き上がってくる写真は今の子どもたちにはめずらしく映るようですね。ポラロイド写真を家族の成長の記念として撮影される方も多くいます。

また、「プーク友の会」というプークの観客組織がある点も当劇団の特徴だと思います。以前は上演後に、友の会のみなさん限定のイベント「友の会つどい」を定期的に開催していました。舞台裏や人形を紹介したり、俳優への質問を直接受け付けたりして、会員さん同士での交流の場にもなっていました。

稽古場ツアー・公園でのバーベキューなど、ご家族を伴ってご参加いただける企画もまた開催したいと思っています。

編集部

プーク友の会に入会すると、お得な料金で観劇できるという特典もあるようですね。会員になった本人だけでなく、友人やパートナーもお得になる同伴割引もあり、人形劇団プークの温かさが感じられました。

また、年4回届くプークの新聞「みんなとプーク」も興味深いですね!作品の紹介だけでなく観劇のポイントなども記載されているようなので、読んでから観ると演目をより深く味わえそうです。

人形操作や発声にとどまらずダンスや歌も稽古する

新宿で観られる人形劇団プークの稽古場で人形を作る様子
▲人形は劇団のスタッフがひとつずつ丁寧に作る

編集部

人形劇団プークにはどのような方が所属されているのでしょうか?また公演活動と稽古についても教えてください。

渡辺さん

劇団の年齢層は20代から80代まで幅広いです。劇団90年の歴史をはじめから知る人はいませんが、先輩から引き継がれてきた歴史、技術は人を通して若い世代にも伝わっています。

俳優は約20人います。2019年の90周年記念公演『オッペルと象』上演時には、全員が総出演しました。

全員で公演することはまれで、普段は何班かに分かれて公演活動をしています。幼稚園・保育園を中心に回る小さな班、全国を回る中規模班に分かれますが、大型人形劇の時には班を合体させて10人編成で上演します。

当劇団の稽古場は、西東京市の花小金井にあります。1階が美術部のアトリエで2階が稽古場です。人形を保管する倉庫や、全国へ公演に出かける際に人形やセットを運ぶトラックの駐車場もあります。

稽古では、人形操作・発声・体の使い方、そして時にはダンスや歌なども行います。人形劇の俳優は思っている以上にやることが多いんです。それぞれのプロフェッショナルをお呼びしながら、演出家を中心に舞台を作っています。

編集部

人形劇団プークのノウハウと魂が、脈々と受け継がれている様子がひしひしと感じられます。さまざまな世代の方がいらっしゃることで、表現の幅も広がりそうですね。そんな点も、プークの演目に引き込まれる一因となっているのかもしれません。

2022年2月に上演される『オカピぼうやのちいさなぼうけん』は必見!

編集部

今後の公演の予定を教えてください。

渡辺さん

プーク人形劇場では、次回は2022年2月6日〜23日に『オカピぼうやのちいさなぼうけん』と『がんばれローラーくん』を上演いたします。

『オカピぼうやのちいさなぼうけん』はプークの岸本作の物語ですが、長谷川義史さんの絵で「ひさかたチャイルド」より絵本も出版されました。上演にあわせて「長谷川義史絵本原画展」も開催予定です。

『オカピぼうやのちいさなぼうけん』では出遣いという手法をとるので、俳優が表に出て演技をする点もポイントです。ただ、人形劇の主役はやはり人形です。人形は顔の表情は変わりませんが、顔の傾け方や仕草で、悲しい表情も楽しい表情も表現できます。人形の遣い方にぜひご注目ください。

編集部

人形と俳優と、それぞれの演技が観られる『オカピぼうやのちいさなぼうけん』は見応えたっぷりすね。期待が高まります。『オカピぼうやのちいさなぼうけん』には、どなたが出演されますか?

渡辺さん

出演するのは、川尻麻美夏・山越美和・遠田香苗の3名です。

川尻麻美夏は入団して20年以上でして、舞台のほかにテレビの人形操演・ワークショップ・国際活動など幅広く活動するベテランです。山越美和は入団15年以上で、舞台のほかプーク友の会の活動も積極的に行い、会員さんとの交流を大切にしている役者です。

劇団員の川尻麻美夏さんの写真
▲20年以上在籍しているベテラン劇団員の川尻麻美夏さん

劇団員の山越美和さんの写真
▲入団15年以上の劇団員山越美和さん

主役のオカピぼうやを演じるのが、入団7年目の遠田香苗です。かわいいオカピのぼうや、ご期待ください。

劇団員の遠田香苗さんの写真
▲『オカピぼうやのちいさなぼうけん』で主演をつとめる遠田香苗さん

川尻・山越・遠田の歌とともに響き渡る、アフリカをイメージした音楽も素敵ですよ。

作品の音楽を手がけた権頭真由さん・佐藤公哉さんをお迎えし、生演奏上演の企画も決定しました。2月12日、13日限定です。

続いて2月28日〜3月9日には、『プーク人形劇場50周年記念フェスティバル』と題し国内5劇団によるジョイント公演を行います。一度に2劇団の人形劇が観られるスペシャルプログラムです。大人向けの作品も多くラインナップしているので、おすすめですよ。

さらに、3月12日〜14日には『カモメに飛ぶことを教えたドラ猫の物語』を上演いたします。ブルガリアとの共同製作でして、生演奏の音楽でお贈りする贅沢な舞台です。

編集部

『オカピぼうやのちいさなぼうけん』は、お母さんを探しに小さなオカピがひとりで冒険に出かけるお話ですね。初めての経験というのは、振り返ると些細に感じられるようなことでもドキドキとワクワクと不安があり、勇気が要りますよね。

そんな繊細な感情がどのように表現されるのか、今からとても楽しみです!

大人になっても不安がなくなるわけではないですし、勇気が必要なシーンもたくさんありますので、『オカピぼうやのちいさなぼうけん』に心を励まされる方もいそうですね。

観劇の前後には館内のコーヒープンクトでひと休みしよう

新宿のプーク人形劇場にあるコーヒープンクト
▲観劇の前後はコーヒープンクトでひと休みしよう

編集部

プーク人形劇場には、観劇の前後でひと休みできるような場所はありますか?

渡辺さん

美味しいコーヒーと手作りのケーキを召し上がっていただける「コーヒープンクト」が、ロビーにあります。

また、周辺には美味しい定食屋や居酒屋がありますよ。新宿で有名な三是グループなら、寿司から沖縄料理まで食べられます。マインズタワーの地下にあるレストラン「ひつじや」も、雰囲気がよくおすすめです。夜なら近くにある「クライネヒュッテ」で、美味しいビールで乾杯するのも良いのではないでしょうか。

編集部

「コーヒープンクトのコーヒーが美味しい」という口コミを多数見かけました。酸味が少なくコクが深いのだそうですね。

個人的にはイタリアンソーダというメニューが気になりました。氷をたっぷり入れたグラスに、オレンジやレモンやピーチといったフレーバーシロップ少々と炭酸水が注がれるのだそうですが、暖かい日にはぴったりですね。

フレーバーシロップの香りで、なつかしい気分に浸れそうな感じも良いなと思います。

人々の平和と幸せのために舞台と客席が一体となる舞台を届け続ける

新宿で観られる人形劇団プークの公演『死神』

編集部

今後の展望やビジョンについて教えていただけますか?

渡辺さん

劇団は創立から92年、プーク人形劇場は誕生50周年を迎えました。ここしばらくは公演の延期や中止、劇場の閉鎖もありましたが、全国から劇団への励ましや応援の声、そしてご支援をたくさんいただき私たちはなんとか存続できています。

今は難しくても、全国でプークの人形劇を待ってくれている方がいるということが、大きな励みになりました。映像配信にも色々と挑戦していますが、生の舞台に勝るものはないと改めて感じています。

上演中の子どもたちの反応、それを受けた役者の演技、舞台と客席が一体となってこそ成り立つ舞台ならではの魅力を、ぜひご堪能いただきたいです。

すべての人々の平和と幸せのために、これからも子どもから大人まで楽しめる人形劇を創り続けていきます。日本では人形劇は子どもの観るものというイメージが強いですが、そのイメージを打破し、幅広い層の方に観てもらえることをこれからも目指していきます。

編集部

心に響く人形劇が繰り広げられるプーク人形劇場は、カップルが夫婦になり家族が増えても、足を運び続けたくなるような場所だと思います。多くの作品に触れることで、心が豊かになりますね。これからも応援しています!

人形劇団プークの口コミ評価

新宿で観られる人形劇団プークの公演『オッペルと象』

編集部

プーク人形劇場を訪れた方からはどのようなご感想がありますか?

渡辺さん

次のような感想をいただくことが多いです。

アイコン
こじんまりした劇場が、とてもかわいい。
アイコン
あたたかい雰囲気がある。
アイコン
舞台と客席の距離が近いので、客席と舞台の一体感が味わえる。
アイコン
子ども向けと思って行ったが、気付いたら大人の方が楽しんでいた。
アイコン
ストーリーに自分を重ね、泣いてしまった。
アイコン
客席の子どもたちの笑い声に元気が出た。

編集部

笑いあり涙ありと、みなさん心揺さぶられている様子が伝わってきますね。

劇はもちろん建物全体の満足度が高い

編集部でもインターネット上の口コミをチェックしてみました。参考になりそうなものをいくつかピックアップして紹介します。

アイコン
建物もとてもかわいらしい。
アイコン
歴史が感じられるハイレベルな舞台!
アイコン
プンクトのコーヒーが本格的ですごく美味しい。

建物の雰囲気やロビーにあるカフェの評判も良いので、観劇の前後も心ときめくひと時を過ごせそうです。

人形劇団プークからのメッセージ

編集部

最後に、プーク人形劇場での観劇を検討している読者へメッセージをお願いします。

渡辺さん

大人だけのお客様も大歓迎です。ぜひ子どもたちと一緒お楽しみくださいね。プーク人形劇場のロビーにあるコーヒープンクトは上演がない時でも営業しているので、お茶の利用だけでもOKです。ふらりといらしてくださいね。

編集部

今日はお時間をいただき、ありがとうございました。

人形劇団プークの基本情報

住所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-12-3(プーク人形劇場)
問い合わせ先 Tel:03-3370-3371
Mail:puppet@puk.jp
平均的なチケット料金 3,190円程度
(作品によりシニア割引・学生割引・団体割引あり)
平均的な公演時間 90分〜105分(休憩をはさむ)
チケット取り扱い ・公式サイト
・チケットサイト「カンフェティ
・電話
公式サイト https://puk.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

プーク人形劇場の後に訪れたいデートスポット

プーク人形劇場の公演を楽しんだ後は、二人で感想を語り合うような時間が欲しくなりますよね。そんな方にぴったりな場所を紹介します。新宿中央公園も都庁展望台も、都会の喧騒を忘れさせるようなのんびりとした時間が過ごせるのでおすすめですよ。

おすすめのデートスポット

芝生広場でのんびり「新宿中央公園」

西新宿エリア、都庁の裏手に位置する広々とした公園です。園内の豊かな木々や、四季折々の草花が生けられている様子を眺めながら散策するだけで心癒されるよう。敷地内にあるナイアガラの滝・白糸の滝には、カメもいますよ。

芝生広場の前には、「スターバックス コーヒー」やレストラン「むさしの森 Diner」がある交流施設「SHUKNOVA(シュクノバ)」もあります。コーヒーを片手に二人でのんびりと語り合ってくださいね。

新宿中央公園:https://parks.prfj.or.jp/shinjuku/

ドラマティックな景色が広がる「都庁展望室」

地上202mから東京の街を一望できる展望台です。都庁にあり、一般向けに無料で解放されているんです!新宿の街並みはもちろんのこと、東京タワーや東京スカイツリーも眺めることができます。天候の良い日には富士山が見えることも。

南展望室にはカフェスペースや、芸術家の草間彌生さんが監修したストリートピアノ「都庁おもいでピアノ」もありますよ。

ダイナミックな眺望を前に、二人で愛を深め合ってくださいね。

都庁展望室:https://www.yokoso.metro.tokyo.lg.jp/tenbou/index.html

その他のおすすめスポット

新宿御苑
三是グループ
ひつじや
クライネヒュッテ

まとめ:心に響く人形劇で二人の思い出を増やそう

人形劇団プークの人形劇は、大人の心にも響くのが魅力です。物語の世界でドキドキとワクワクを感じたひと時は、きっと二人にとって大切な思い出になるはずです。

また、アクセスの利便性の高い新宿エリアに位置しながらも、穏やかな雰囲気の中でデートができる点も魅力だと思います。ぜひこちらのデートプランを参考に、二人で素敵な時間を過ごしてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック