「錦川鉄道」の錦川清流線で透き通る川の流れと山峡の風景に癒されるデート|山口県

今回は山口県岩国市にある「錦川鉄道」が運営する錦川清流線で、見晴らし抜群の列車観光を満喫するデートをご紹介します。

錦川清流線では、錦川を筆頭に美しい山峡の風景を眺めることができます。「利き酒列車」や「ホタル列車」などカップルにおすすめのイベントも充実していますよ

さらに沿線には名勝やテーマパークといった観光スポットもあり、デートプランを立てやすいのが特徴です。山口県での列車メインのデートに興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20代〜
おすすめカップル:清流を眺めたい、自然の風景を満喫したい、列車が好き、山口県の地酒が好き
どんなデート?:自然の中でリフレッシュできる列車デート

概要:列車でのプチ旅行で珍しいスポットを巡るデート

錦川鉄道(錦川清流線)では、年間を通して観光用のイベント列車が運行しているので、デートでぜひ利用するとよいでしょう。

その一方で今回は、途中下車をしながら周囲の観光スポットも巡る自由なデートプランを考えました。車内で販売している「1日フリー切符」を利用するとお得ですよ。

今回のデートのメイン
錦川鉄道(錦川清流線)
周辺のデートスポット
・錦帯橋
・地底王国美川ムーバレー
・きらら夢トンネル
ランチにおすすめのお店
観音茶屋 自販機コーナー

錦川清流線の始点となる川西駅では、ぜひ名勝に指定されている「錦帯橋」の付近を散策してみてください。時間と体力に余裕のあるカップルなら、岩国城まで足を延ばすのもおすすめです。

ランチは椋野駅で下車して、近くの「観音茶屋 自販機コーナー」で温かい肉うどんをいただきましょう。地域の人たちはもちろん、珍しい自動販売機を求める観光客にも人気のようですよ。

午後は錦川清流線の風景を満喫しながら、終点の錦町駅まで行きます。ここから「とことこトレイン」に乗り換えると、ロマンチックな蛍光石のアートが見られる「きらら夢トンネル」を通過します

カップルのお好みで、お得な割引切符もある「地底王国 美川ムーバレー」を巡るのも楽しいと思います。

それではここからは、あらためて錦川鉄道について詳細な情報をお伝えしていきます。

清流を眼下に運行&イベント豊富な「錦川鉄道」

「錦川鉄道」が運営する錦川清流線の紅葉シーズンの風景

錦川清流線を運営する「錦川鉄道」は、山口県東部に位置する第3セクター鉄道です。岩国市内の川西~錦町間を結んでおり、多くの区間で清流「錦川」を眼下に眺めながら運行しています。

観光用の特別列車などでは、車窓風景のきれいな区間で徐行運転を行うため、清流沿いの美しい風景を存分に眺めることができますよ。季節ごとのイベント列車は豊富で人気があります。

川西駅周辺には、日本三名橋に数えられることもある「錦帯橋」や「岩国城」など、見どころがたくさんあります。また全列車がJR岩徳線に乗り入れており、JR山陽本線との乗り換えもスムーズです。

ここからは錦川鉄道・鉄道部営業課長の杉原さんに、景色の楽しみ方やカップル向けのイベントについて詳しく伺っていきます。

青く澄んだ錦川の流れを眺めながら走る

編集部

錦川鉄道の一番の魅力は、なんといっても錦川沿いの美しい風景だと思います。その中でも特に見どころの区間などはありますか?

杉原さん

特に根笠駅~河山駅間には沈下橋(潜水橋)があります。その上流付近では、特に青く澄んだ錦川の流れと、水面に映る周りの山々の風景を楽しめます。

この辺りにはヤマセミやカワセミなどの野鳥もおり、冬場にはオシドリやカモなどの群れも渡ってきます。

北河内駅~椋野駅間の「清流の滝」付近でも、同様の山峡の風景をご覧いただけます。

編集部

お話を聞いているだけでも、本当に美しい景色だと想像できますね。

列車に揺られながらゆっくりと眺める山峡の風景や季節の草花は、また格別の趣がありそうです。

「観光徐行」で絶景スポットをゆっくり見られる

編集部

錦川鉄道では、景色を楽しむうえでの特別なサービスがあったりするのでしょうか?

杉原さん

観光目的のお客様の多い列車は「観光徐行」として、景色の綺麗な区間で徐行運転を行います。特に「清流の滝」と「かじかの滝」は最徐行で通過いたします

実はこれらのスポットは、地域の方々が周りの木々を伐採して、滝が見えるようにしてくれたのです。錦川鉄道は沿線の皆様のご協力に支えられているんですよ。

また錦川清流線の各駅には桜が植えられており、シーズン中は駅の近くで徐行運転をする運転士もいます。春なら南河内駅前の菜の花も見どころで、多くのカメラマンでにぎわいます。

「錦川鉄道」が運営する錦川清流線で満開の桜と菜の花の間に停車する列車
▲春の南河内駅前では桜や菜の花が満開に。人気の撮影スポットになる

観光徐行区間は弊社パンフレットにも概略位置を示しています。また車内にも沿線案内を掲出しています。

編集部

「観光徐行」とは素晴らしいサービスですね。美しい景色の中をゆっくりと進む列車は特別感があって、デートが盛り上がりそうです!

イベントでのみ降りられる「清流みはらし駅」は眺望よし

編集部

錦川鉄道において「この駅は特徴的だ」と言えるところはありますか?

杉原さん

平成31年3月に開業した「清流みはらし駅」は、たいへん珍しい駅として注目されています。実はこの駅には、駅まで行き着く道が一切存在せず、列車でしか降り立つことができません。

しかも定期列車は停車せず、「清流みはらし列車」などのイベント列車のみが停車することから、駅マニアの皆さんにとっては大変難易度の高い駅となっているようです。

「錦川鉄道」が運営する錦川清流線のイベントで清流みはらし駅に停車する列車
▲イベント限定の「清流みはらし駅」からは、澄みきった錦川をゆっくりと眺められる

眼下の錦川と周りの山々の風景を楽しんでいただくためだけに設置された「現代の秘境駅」に、ぜひお越しください。

編集部

それは不思議な駅です!名前の通り見晴らしも良いのでしょうね。

カップルで写真を撮っておけば、デートの後でも思い出話に花が咲きそうです。

カラフルな車両は沿線ゆかりの4デザイン

編集部

錦川鉄道の車両はとてもカラフルで印象的ですね。それぞれの特徴について教えていただけますか?

杉原さん

定期列車に使用される車両は4両あって、すべて違う色とデザインになっています。

それぞれの車両には、錦川清流線の沿線の風景や動植物を描いています。「アユとアマゴ」「桜」「カワセミ」「ホタル」の4種類です。

編集部

清流や自然の美しさが感じられる、素敵なデザインだと思います。

車内についてはいかがですか?

杉原さん

車内は、観光でお越しの皆様に快適にご利用いただけるよう工夫しています。転換クロスシートと小テーブルを備えており、窓も大きめとなっています。

また、主に臨時列車で使用する1両は関東からやってきた改造車です。こちらの車両はお弁当などが食べやすいよう大きなテーブルを設置しています。

編集部

テーブルがついていたり、窓が大きかったりするのは、のんびり観光気分で乗車するカップルにとってうれしいですね。

大きいテーブルを囲んでの臨時列車やイベントも、きっと盛り上がるのでしょうね。

進行方向右側の席は、眺めが良くてカップルにおすすめ

編集部

錦川鉄道の中でも、特にカップルにおすすめの眺めや座席というのはあるのでしょうか?

杉原さん

やはり錦川の車窓風景を見てもらいたいですね。全国でも、川底まで見通せるような清流沿いを長距離にわたって進む路線はほとんどありません。泳ぐ魚や水鳥、岩にあがったスッポンも見られますよ。錦町行きの場合、特におすすめは進行方向右側の席です。また車両前方は、運転席の横まで通れますので、進行方向の風景を楽しむこともできます。

編集部

ほとんどのカップルは列車で往復するでしょうから、行きは右側、帰りは左側の席に座るとよいのですね。

進行方向の風景は迫力があることでしょう。一緒に見るとテンションが上がりそうです。

お弁当付きの「清流みはらし列車」を定期運行

「錦川鉄道」が運営する錦川清流線で夏でも涼しげな錦川の側を走る列車

編集部

錦川鉄道で定期的に行われているイベントがあれば、ぜひ詳しく教えてください。

杉原さん

おおむね毎月1回、イベント列車の「清流みはらし列車」を運行しています。車内でお弁当を食べて、現代の秘境駅「清流みはらし駅」に降り立つことができますよ。

こちらは5,000円のプランとなっています。

編集部

さきほどご紹介いただいた「清流みはらし駅」に降りられるイベントですね。プラス1,000円で地酒とおつまみが付いてくる「ほろ酔いプラン」もあるので、お酒が好きなカップルにもぴったりです!
ほかにも定期開催のイベントはありますか?

杉原さん

隔月で開催する「運転体験」も人気です。約1時間の机上講習の後、錦町駅の構内で実際に鉄道車両を操縦していただきます。

こちらは4,000〜6,500円ほどのプランです。

参加回数に応じて特典もあり、これまで20回以上参加された方もおられます。5名以上のグループでしたら、臨時の運転体験もご相談可能です。
この運転体験はリピーターの方が多いのですが、初めての方からも「またぜひ参加したい」という声を多く頂きます。本物の列車を運転するという非日常感がたまらないそうです

編集部

運転体験の講習の時間には、運転法規や機器に関する説明を受けることができるのですね。これは列車好きのリピーターが多いのも納得です。

各回の定員は10人で、予約状況を見ると満員になっている日が多かったです。早めに予定を決めて、予約するのが良さそうですね。

地酒が好きなカップルには「利き酒列車」が超おすすめ!

編集部

イベントの中でもデートに向いているもの、カップルからの人気が高いものについてご紹介いただけますか?

杉原さん

春と秋に開催する「利き酒列車」は、毎回キャンセル待ちが発生するほどの人気イベントです。

車窓からの風景を楽しみながら、岩国市内にある5つの酒蔵のお酒を飲み比べることができます。さらにお弁当は錦帯橋たもとの老舗料理屋さんに注文するというぜいたくな企画です。

この列車も絶景の「清流みはらし駅」に停車いたしますよ。料金はおよそ8,000円となっています。

終点の錦町駅からは、トロッコ遊覧車「とことこトレイン」に特別料金にてご乗車いただけます。途中で通過する「きらら夢トンネル」の幻想的な蛍光石の壁画は、デートにおすすめですよ。

トロッコ遊覧車「とことこトレイン」で通過する「きらら夢トンネル」の幻想的な蛍光石の壁画
▲約600メートルにわたる「きらら夢トンネル」では、6色の蛍光石を使った壁画を見られる

編集部

個人的にはもう「利き酒列車」の名前を聞いただけで予約したくなります!銘柄は雁木・金冠黒松・金雀・五橋・獺祭と有名どころも多く、期待感が高まります。

また、トンネルの中の光る壁画というのは珍しいですね。デートで訪れるのにぴったりだと思いました。

「ホタル列車」など季節ごとのイベントも盛りだくさん

編集部

ほかにも、季節ごとに特徴的なイベントなどがあれば、ぜひ教えてください。

杉原さん

毎年七夕の時期には「七夕列車」を企画します。列車内と錦町駅に笹飾りを設け、ご利用の皆様に短冊を書いてもらうものです。七夕飾りは地元神社でご祈願のうえ、御焚き上げいただいています。

また冬には「クリスマストレイン」と称して車内を飾りつけ、錦町駅ではイルミネーションを点灯します。ご利用の皆様にはお菓子のプレゼントもございますよ。

さらに6月には「ホタル列車」を開催いたします。列車で錦町駅に到着後、バスでホタルの名所「府谷(ふのたに)」に向かい、ジャガイモ堀りや神楽の鑑賞、地元特産品が当たる抽選会などを行うイベントです。

あたりが暗くなると川沿いの道でホタルを鑑賞しながら散策し、最終列車のあとの臨時列車でお帰りいただくツアーです。近ごろは毎年100名ほど参加されますね。

編集部

季節ごとのイベントが充実しているのですね。個人的に気になったのは「ホタル列車」です。豊かな自然の中でホタルの鑑賞デートができるのは素敵です。

イベントは予約が必要。貸切列車で式を挙げたカップルも!

編集部

こういった錦川鉄道のイベントの予定は、どのような方法で知ることができますか?ぜひ予約方法も含めてご紹介ください。

杉原さん

錦川鉄道では、公式ホームページとSNSにより情報発信を行っています。社長自ら力を入れており、不定期にインスタライブも行っていますので、ぜひご覧ください。

なお、イベント列車は原則として予約が必要です。お電話やホームページからご予約を受け付けています。

編集部

人気のイベントはすぐ満席になるとのことなので、SNSをチェックしておくと良さそうですね。

ちなみに、イベントとは関係なく列車を貸し切ったりもできるのでしょうか?

杉原さん

はい、それなら「貸切臨時列車」をご予約ください。2,500円/人で、最低25名分の料金から運行できます。懇親会などでのご利用が多いですが、なかには一人で貸切という強者もおられますよ。

また、以前に車内で結婚式(神前式)を行ったこともあります。これはいまでも沿線の方やお客様から話を持ち出されるほど、皆さん強く印象に残っているようです。

編集部

これは鉄道好きのカップルには耳寄り情報ではないでしょうか。風景の良い列車内での結婚式なんて、招待されたら一生忘れられないですよ。もちろん新郎新婦にとっても最高の思い出になりますね。

錦町駅では地元とのコラボ商品や地酒を販売

「錦川鉄道」が運営する錦川清流線の終点錦町駅の売店の様子

編集部

錦町駅の売店が充実していると伺いました。特に人気の食べ物・飲み物があれば教えていただけますか?

杉原さん

地元商工会の提案商品「べっぴんアイス」は酒粕を使用した口当たりの良いアイスクリームで、人気商品の一つです。このほか地元産のトマトジュースも扱っています。

また地元高校生と商工会青年部のコラボ商品、通称「オオサンショウウオクッキー」もあります。地元のお菓子店で作っており、お土産にも人気ですよ。

編集部

地元の特産品やアイデアを生かした商品を展開されているのですね。どれも美味しそうで、お土産に良さそうです。

ちなみに、「利き酒列車」で提供される地酒も買えたりするのでしょうか?

杉原さん

もちろんです。酒井酒造さまの「五橋」、八百新酒造さまの「雁木」、村重酒造さまの「金冠黒松」、堀江酒場さまの「金雀」、旭酒造さまの「獺祭」と岩国市内の蔵元のお酒をそろえています。

特に地元錦町の「金雀」は取扱い店が少ないため、遠方から買い求めに来る方もいらっしゃいます。

また錦町はこんにゃくの産地として有名で、こちらも売店でご用意しています。

編集部

「利き酒列車」でお気に入りを見つけたら、すぐに買うことができますね。おうちデートで飲み直しながら、旅の思い出を語り合うのも良さそうです。

「区名札」などオリジナルグッズを展開。「鉄印帳」も実施中

編集部

飲食物以外で、錦町駅の売店で扱っているお土産にはどのようなものがありますか?

杉原さん

錦町駅売店では、錦川鉄道のオリジナルのグッズを販売しています。キーホルダーや、実際の車両に取り付けていたものを外した「区名札」などが人気商品です。

また、全国第三セクター鉄道の共同企画「鉄印帳」にちなむキーホルダーや巾着袋なども好評です。

「鉄印帳」とは、御朱印帳の鉄道バージョンのようなものです。全国の第三セクター鉄道40社の鉄印を集めると「マイスター」の称号が与えられ、各社からの特典を得ることもできます。

>>鉄印帳の詳細はこちらから(たびよみ)

また錦川の支流・宇佐川には、特別天然記念物のオオサンショウウオが生息しています。これを可愛くアレンジしたオリジナルキャラクター「ニシキー」のぬいぐるみやキーホルダーもありますよ。

編集部

「鉄印帳」のことは初めて知りました。すでに40社を制覇したマイスターも出てきているのですね。カップルの旅の目的にもなって面白そうです。

本物の車両のパーツを使ったものなど、気になる商品が多いので、錦川鉄道を利用する際には錦町駅の売店を訪れてみたいです。

錦川鉄道の感想・レビュー

編集部

錦川鉄道の利用者からは、景色を中心にさまざまな感想を聞いておられるのではないでしょうか?

杉原さん

やはり多く挙がるのは「川がきれい」という感想ですね。「川底まで見える」「泳ぐ魚が見える」と感動される方もいらっしゃいます。

また初めて乗った方の中には、各駅に桜の木が多いことに気づかれる方もおり、「春にまたぜひ来たい」という言葉をいただくこともあります。

編集部

ここまでお聞かせいただいたように、やはり川の美しさが最も印象に残るのですね。カップルで心洗われる時間を過ごせそうです。

広い車窓から沿線の風景を満喫できる

錦川鉄道についてのレビューを見ていると、風景を中心に高評価が多かったです。その中でも乗車した印象がよく伝わってくるものをピックアップしました。

アイコン
車窓は広くゆったり作られていて、清流をはじめ豊かな自然を満喫できます。
アイコン
カラフルな車両が素敵でした。四季それぞれにイベントがあって、どれに参加しようか迷ってしまいます。
アイコン
沿線の風景は、山も川も文句のないほど美しいです。ただ、終点の錦町駅の近くで飲食店が見つからなかったので、お弁当などを用意していくとよいでしょう。

広めの窓から見る沿線の風景は、約1時間にわたる乗車でも見飽きないほど美しいようです。イベントが多いのもカップルには嬉しいですね。

その中で、終点・錦町駅近くの飲食店は定休日や臨時休業の可能性があるようなので、事前に確認しておくことをおすすめします。

錦川鉄道からカップルへのメッセージ

編集部

錦川清流線でのデートを計画しているカップルへ、ぜひメッセージをお願いします。

杉原さん

錦川鉄道の列車から見る、清流錦川の眺めは最高です。「清流の滝」「かじかの滝」を含む「観光徐行」の場所では、皆さん窓に顔をはりつけるようにして景色をご覧になっています。

全国各地を旅行される皆様からも、「このようなロケーションの鉄道は、なかなか思いつかない」という声をよく頂戴します。デートでいらっしゃれば、都会の喧騒を忘れられる1日を過ごせると思います。

私自身、イベントの運営や臨時列車の添乗などを行うことが多いので、皆様とお会いできることを楽しみにしています。

編集部

本日は錦川鉄道・錦川清流線の魅力、またカップルにぴったりのイベント情報などを教えてくださり、ありがとうございました。

「錦川鉄道」の基本情報

走行区間

・岩国駅~川西駅
(JR岩徳線として乗り入れ運行)
・川西駅~錦町駅
(錦川清流線起点~終点)

運行時間

毎日運行(1日10往復)
・錦町駅発5:45~20:20
・岩国駅発6:56~21:33

運賃

川西駅~錦町駅(錦川清流線)
大人980円 (小人490円)など

割引きっぷ

・「1日フリー切符」
・「昼得きっぷ」など
>>詳細は公式サイト(お得なプラン)から

予約

イベントや臨時列車は必要

連絡先

0827-72-2002

公式サイト

http://nishikigawa.com/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

錦川清流線周辺のおすすめデートスポット

錦川清流線の沿線、また少し乗り継いだ先には、テーマパークやトロッコ遊覧車、温泉などの観光スポットがあります。

お得な割引チケットの情報も含めてご紹介していきます。

おすすめのデートスポット

清流に架かる5連の木造アーチが美しい「錦帯橋」

「錦帯橋」は、世界的にも貴重な5連の構造を持った木造の橋です。清流錦川に架かるアーチは見事で、国の名勝に指定されてから100年以上の歴史を誇ります。

江戸時代より改良が重ねられてきた独自の架橋技術は、 現代においても高く評価されているといいます。「平成の架替(かけかえ)」が行われるなど、その技術は脈々と受け継がれています。

少し歩きますが、小高い岩国城から見下ろすのもおすすめですよ。

公式URL:岩国市(錦帯橋)

廃鉱山を利用したテーマパーク「地底王国 美川ムーバレー」

「地底王国 美川ムーバレー」は、廃坑となった鉱山を伝説のムー大陸に見立てた、冒険型のテーマパークです。気温約16度の涼しい地下で、さまざまな難易度の謎解きを体験できますよ。

錦川清流線では、岩国~根笠間往復乗車券と美川ムーバレー入国券をセットにした「美川ムーバレー冒険列車」も運行されています。こちらは事前の予約が必要です。

公式URL:地底王国 美川ムーバレー

蛍光石の壁画がロマンチックな「きらら夢トンネル」


「きらら夢トンネル」は、錦川清流線の錦町駅から雙津峡(そうづきょう)温泉まで運行されるトロッコ遊覧車「とことこトレイン」で通る幻想的なスポットです。

地元の大学生や子供たちが6色の光る石を使って描いた壁画は600メートルにわたります。見どころのポイントで一時停車するので、カップルでゆっくりと眺めることができますよ。

とことこトレインは例年、3月下旬から11月末までの土日祝、また春休み、夏休み期間の平日に運行しています。

また、終点の近くにある「SOZU温泉」で、日帰りのラドン温泉を利用するのもおすすめです。

>>SOZU温泉の詳細はこちらから

公式URL:錦川鉄道(とことこトレイン)

温かい麺類が出てくる「観音茶屋 自販機コーナー」


「観音茶屋 自販機コーナー」は、自動販売機マニアの間でも人気の飲食スポットです。

今ではほとんど見られなくなった麺類の自販機が稼働しており、味もなかなかいけるのだとか。肉うどん(350円)は少し甘めの温かい出汁で仕上がっており、満足度が高いようです

錦川清流線の椋野駅から徒歩5分なので、興味のある方は途中下車で珍しいランチを体験してみてください。

参考URL:食べログ(観音茶屋 自販機コーナー)

まとめ:日常を離れて列車の旅を楽しもう!

本記事では、錦川鉄道が運営する錦川清流線から眺める景色を中心に、周囲のスポットも楽しむデートプランを紹介しました。

カップルで鮮やかな列車に乗って清流沿いを進めば、山の自然の中でリフレッシュできることでしょう。たまには昼間から、地元の銘酒を頂くのもいいかもしれません。

沿線には、清流にかかる木造のアーチ、光るアートのトンネル、ちょっとオカルトなテーマパーク、温泉などもあります。ぜひお好みの場所を選んで、非日常的なひとときを味わってください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック