「花と泉の公園」で華麗な花々とインスタ映えするシーンを満喫するデート|岩手県一関市

この記事では、岩手県一関市花泉町にある植物園「花と泉の公園」を訪ねて、自然の中で四季折々の美しい花々を堪能し、インスタ映えする光景に出会うデートプランを紹介します。

とりわけ牡丹(ぼたん)や芍薬(しゃくやく)の開花期に「花と泉の公園」を訪れると、華麗な美しさとリッチな芳香に圧倒されてしまうかもしれません。

ちょっと知的なデートを楽しみたいカップルや、自然の中でゆったりしたひと時を過ごしたい二人には、ぴったりのスポットになると思います。

今回は、そんな「花と泉の公園」の特徴や魅力、デートでの楽しみ方などについて、同園でぼたん管理主任を務められる佐藤さんにお話を伺いました。

320種の牡丹と40種の芍薬を堪能する花と泉の公園

「花と泉の公園」内の「ぼたん園」入口付近の様子
▲園内の「ぼたん園」入口付近。「ぼたん・しゃくやく祭り」の開催期間以外は入園無料!

編集部

今回は初めて「花と泉の公園」に伺いました。雨上がりのためか、植物が一層美しく、生き生きとして見えますね。園内も綺麗に整備されて、インスタ映えしそうな光景も豊富で驚きました。

最初に、ロケーションや周辺環境の魅力などについて、お話しいただけますか?

佐藤さん

岩手県一関市は、東北地方のほぼ中央部に位置しており、歴史的な観光資源や四季折々の豊かな自然に恵まれた土地です。毎年春になりますと、近隣の地域も含めて、様々な美しい花を楽しめますよ。

編集部

園全体を通してのコンセプト・特徴などはあるでしょうか?

佐藤さん

園内の「ぼたん園」には、320種約4,000株の牡丹と、40種約3,000株の芍薬を植栽しています。とりわけ牡丹は、多くの品種を植栽することを心掛けていまして、全国有数の品種数を誇る植物園です。高台には、円形のぼたん園を一望できる東屋も設置しております。

牡丹は色鮮やかで、華やかな大輪の花を咲かせますから、「百花の王」とも言われるんですよ。

「花と泉の公園」内の「ぼたん園」で開花した島錦種の牡丹
▲「ぼたん園」で人気の紅白の牡丹。品種名は『島錦』。華麗な美しさは圧倒的!

さらに、「キッズランドモーリー」という屋内型の子供さん向けの遊び場(無料)も整備しました。子供さん連れのカップルにも、気兼ねなく楽しんでいただける植物園だと思います。

ペット(犬)同伴の入園もOK!ドッグランエリア完備の植物園

編集部

ちなみに、犬などペットを連れて園内を散策することは可能でしょうか?最近は、ペット連れでデートするカップルも増えてきているので、敢えてお聞きしました。

佐藤さん

リードを装着していただければ、「花と泉の公園」内では、ぼたん園を含めて散策可能ですよ。また、有料のドッグランエリアも併設しておりますから(年会員:3,000円/年・ビジター:500円/回)、周りに気兼ねせず、のびのびとワンちゃんを遊ばせることができます。

「花と泉の公園」内のドッグランエリアの様子
▲園内にはドッグランエリアも完備(有料)。ペット連れでのデートも気兼ねなく楽しめる

ドッグランエリアの具体的なご利用方法については、公式サイトの「ドッグラン」ページをご一読くださいね。

>>公式サイト「ドッグラン」

牡丹の見頃は5月中旬で芍薬の見頃は5月下旬

「花と泉の公園」内を周遊する有料カート
▲園内を20分ほどかけて周遊する電動カート(有料)。楽しいガイド付き!

編集部

「花と泉の公園」を訪れて、メインで観賞できる植物について教えてください。やはり、牡丹と芍薬になるでしょうか?

佐藤さん

そうですね。園内のぼたん園は、毎年4月29日~5月31日までを有料開園期間である「ぼたん・しゃくやく祭り」としていて、全国有数の品種数を誇る牡丹・芍薬を観賞いただけます(これ以外の期間は無料)。

牡丹の開花は、例年5月上旬のGW頃から始まり、中旬に見頃を迎える感じですね。牡丹は、別名で「百花の王」とも呼ばれるわけですが、その名に恥じない見事な大輪の花を咲かせてくれます。

牡丹一つ一つの開花期間は短いため、日々違った園内を楽しむことが可能ですよ。

「花と泉の公園」内の「ぼたん園」で見頃を迎えた牡丹の様子
▲例年5月初旬~中旬にかけて、見頃を迎えた牡丹の様子。午前中早めが観賞や撮影にはベスト

牡丹の開花後には、例年5月中旬~下旬にかけて、今度は芍薬が花開きます。芍薬の花も色とりどりで、可憐に咲き競う姿は、まさに圧巻の光景です。

「花と泉の公園」内の「ぼたん園」で見頃を迎えた芍薬の様子
▲例年5月中旬~下旬にかけて、今度は芍薬の見頃が訪れる。こちらも華やかで、圧巻の美しさ!

編集部

園内には、ほかであまり見られない珍しい植物や、カップルにおすすめの植物なども植えられているのでしょうか?

佐藤さん

園内には、さまざまな山野草も育っています。カップルでの観賞におすすめなのは、通称「タイツリソウ」ですね。正式名称は「ケマンソウ」なのですが、ピンクや白などの花はハート形で、連なって咲きます。

開花時期は、例年4月下旬から5月上旬で、ちょうどGWの頃です。花の姿が釣り竿に多数の鯛がぶら下がっているように見えることから、タイツリソウと呼ばれるようになりました。

「花と泉の公園」内で見られるケマンソウ(通称:タイツリソウ)
▲園内で見られるケマンソウ(通称:タイツリソウ)。ハート型のピンクの花が可愛らしい

編集部

ここまでご紹介いただいた植物以外で、これは必見!というものがありましたら、ぜひ教えてください。

佐藤さん

牡丹の見頃と同時期に咲く藤も人気の花です。園内には数ヵ所の藤棚がありまして、一般的な紫の藤の花のほかにも、白やピンクの藤の花もご覧いただけますよ。風に棚引く優美な姿は、実にフォトジェニックですね。

眺めているだけで、お二人とも晴れやかな気持ちになれると思います。藤の花の最盛期には、牡丹よりも藤と一緒に撮影される方が多いほどの人気ですよ。カップルで、インスタ映えする一枚を狙ってみてください。

編集部

園内に、佐藤さんお気に入りやご自慢の植物がありましたら、教えていただけますか?

佐藤さん

当公園には、日本ぼたん協会指定の「ぼたん見本園」、というものがあります。牡丹の品種保存を目的として設置されており、私どもは全国唯一の指定設置施設です。

「花と泉の公園」内にある「ぼたん見本園」の様子
▲園内の「ぼたん見本園」。国内ではここだけ!

見本園には、305種約1,500株の牡丹があり、古典品種を中心に、日本固有の品種から海外品種に至るまでを植栽しています。国内では、こちらにしかない品種の牡丹も観賞いただけるんですよ。

多彩なデートでの楽しみ方!イベントやランチも充実

「花と泉の公園」で販売中のハーバリウム各種
▲お土産に人気のお洒落なインテリア雑貨・ハーバリウム

ここまでは、「花と泉の公園」のコンセプトや見どころなど、観光で訪れた際の魅力を中心に伺ってきました。ここからは、デートの一環で見学する場合に特化して、お話を聞いてみましょう。

園内にはインスタ映えする写真撮影スポットが豊富

編集部

「花と泉の公園」には、人気の記念撮影スポットや、デートで訪れたカップルがゆっくり過ごせるようなスポットはありますか?

佐藤さん

撮影スポットとしては、全体を写しながら撮っていただいたり、その日おすすめの牡丹にオリジナルキャラクター「花恋ちゃん・泉美ちゃん」の看板を目印に立てておりますので、その牡丹と一緒に撮っていただくのがおすすめです。また、先ほども話題になった藤棚を背景にしての撮影も大変人気があります。

「花と泉の公園」内に設置された藤棚と満開の藤・牡丹の花
▲藤と牡丹の花の見頃は例年5月初旬~中旬で、ちょうど重なる。園内の藤棚周辺では、華麗でフォトジェニックな光景が展開!

そして、「ぼたん園」の中央には、センタツリーの欅(けやき)の木があって、その周囲のベンチは、一休みしながらお二人で牡丹を眺めるのにもぴったりですよ。園内の階段を上がれば東屋もありますので、カップルで園内を上から一望いただけます。

イベントやワークショップも豊富に開催される植物園

編集部

「花と泉の公園」ならではのイベント・ワークショップなどは開催されていますか?デート中のカップルが参加できそうなものがあれば、コンセプトや特徴も教えてください。

佐藤さん

通年や、各季節にマッチしたさまざまなイベントやワークショップを計画・開催しております。例えば、昨今人気のハーバリウム(※1)・テラリウム(※2)作りや、クリスマスリース作りなどのワークショップは、とりわけ好評ですよ。もちろん、カップルでの参加も大歓迎しています。

(※1)herbarium。本来は植物標本の意味で、プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラス瓶に入れ、保存用のオイルを満たして作られるインテリア雑貨。
(※2) terrarium。ガラスなど光が通る密閉された透明ケースの中で、陸上植物のおもに苔(こけ)や多肉植物を育て、観賞するためのインテリア雑貨。

「花と泉の公園」内のワークショップで制作体験ができるハーバリウムの例
▲ワークショップで制作体験ができるハーバリウムの例。お洒落なインテリアになる植物標本!

「花と泉の公園」内のワークショップで制作体験ができるテラリウムの例
▲ワークショップで制作体験可能なテラリウムの例。本物の多肉植物や苔(こけ)を用いる

ほかにも、雑貨マルシェやスイーツバイキングなど、子供さんからカップルまで楽しめる内容のイベントを開催できるよう、常に心掛けているところです。

デートでいらっしゃる前に、公式サイトの「各種カレンダー(イベント情報)」ページや、「体験メニュー」ページをぜひチェックしてみてくださいね。

>>公式サイト「各種カレンダー(イベント情報)」
>>公式サイト「体験メニュー」

紫陽花や紅葉にも注目!四季折々の移ろいも魅力の園内

編集部

来園する時期や季節、タイミングが違うことにより、そえぞれの楽しみ方がありましたら、お話しいただけますか?

佐藤さん

「ぼたん・しゃくやく祭り」の開催期間中であれば、見頃の5月中旬にデートでいらっしゃると、お二人で盛り上がれると思います。特に朝露で濡れた牡丹の花は、香りも高く格別な美しさです。

お天気としては、すっきりと晴れ渡った日よりも、むしろ少し曇っているくらいの日の方が花も元気ですし、綺麗に撮影できます。インスタ映えする一枚を狙うならば、五月晴れ(さつきばれ)の日は避けた方が無難ですね。

そして、梅雨の時期になれば、紫陽花(あじさい)がしっとりと美しく咲きます。秋には紅葉(もみじ)や銀杏(いちょう)の葉が紅色・黄金色に鮮やかに色付いて、散策にもぴったりの季節ですよ。

ランチやお茶を楽しめるレストラン・カフェが充実

編集部

「花と泉の公園」内には、ランチやお茶をいただけるスポットもあると思うのですが、簡単にご紹介をお願いします。

佐藤さん

まず、「ぼたん・しゃくやく祭り」の期間中は、「ぼたん園」内の「ぼたんハウス」が食事処として営業します。散策に疲れたら、ソフトクリームやコーヒー、ソフトドリンクなどを召し上がって、一息ついてください。

和風・洋風を選べるランチセットもありますよ。自慢の手作りピザもおすすめです。薪(まき)を使って石窯(いしがま)で焼き上げる本格派で、テイクアウトもできます。

「花と泉の公園」内の「ぼたんハウス」で提供される石窯焼きの本格ピザ
▲「ぼたんハウス」で提供されるピザは、石窯焼きの本格的なもの

もちろん、お祭り期間以外でも、お二人でランチやお茶を楽しめます。隣接する「交流プラザ」の喫茶コーナーは、カフェメニューも豊富です。手作りクレープや動物アイス、エディブルフラワー(※3)を使ったドリンクなど、当園ならではのラインナップで皆さまをお待ちしておりますよ。

(※3)edible flower。植物の花を食材として用いること。または、食用に供せられる花を指す。

「レストランはずみ」では、郷土名物のお餅やうどん、蕎麦などのランチメニューもご用意していますし、ご飯には貴重な古代米を使用しているんですよ。ほかではなかなか召し上がれないものも多いので、デートランチに利用すれば、いい思い出になるかもしれませんね。

編集部

今ご紹介いただいた食事処や喫茶コーナーでの人気メニューがあれば、併せて教えてください。

佐藤さん

「ぼたんハウス」の手作りピザの中では、当園で栽培したバジルをふんだんに使った「バジルピッツァ」が特に人気ですね。バジル独特のスッキリした大人風味が人気の理由だと思います。

「交流プラザ」の喫茶コーナーでは、エディブルフラワーを使ったメニューが好評です。当園で無農薬栽培した食用花を乗せたドリンクは、インスタ映えも抜群なんですよ。

そして、「レストランはずみ」では、こちら一関市花泉町のご当地名物・お餅のメニューがよく出ています。日替わりで5種類のお餅を楽しめる「もち膳」と、「ミニもち膳」が人気です。

「花と泉の公園」内の「レストランはずみ」で提供される「ミニもち膳」
▲園内の「レストランはずみ」の人気メニューの一つ「ミニもち膳」

デートのお土産にお洒落なハーバリウムやテラリウムはいかが?

編集部

「花と泉の公園」でのデート記念に、お土産品を買いたいと考えるカップルもいると思います。園内では、何かお土産品の購入はできるのでしょうか?

佐藤さん

隣接する「交流プラザ」の物産販売コーナーでは、季節の花や花卉(かき)雑貨を販売しています。デートのお土産としては、お洒落なインテリアとして楽しめるハーバリウムや、テラリウムなどがぴったりでしょう。

「花と泉の公園」内の「交流プラザ」にある物産販売コーナーの様子
▲園内の「交流プラザ」にある物産販売コーナー。デートのお土産はこちらで!

また、先にも話題になりましたが、ハーバリウムやテラリウムなどは、制作体験のワークショップも随時開催中です。お二人で参加して、来園の記念に作られるカップルもいらっしゃいますね。

「花と泉の公園」周辺の見逃せないデートスポット

「花と泉の公園」内の「交流プラザ」外観
▲園内に建つ「交流プラザ」。喫茶コーナーや物産販売コーナーはこちら

編集部

「花と泉の公園」を訪れる前後にカップルが立ち寄れそうな、周辺デートスポットがありましたら、ぜひご紹介をお願いします。

佐藤さん

当園から車で15分ほどの場所には、「館ヶ森アーク牧場」があります。チューリップやラベンダーなど四季折々の花を観賞できるほか、ヒツジやヤギ、ミニチュアホース、ロバ、ウサギ、シカなど、さまざまな動物たちと触れ合える牧場ですよ。

フォトジェニックな光景が広がり、インスタ映えする絶景ポイントも多いので、SNS投稿がお好きなカップルにもおすすめできます。

>>館ヶ森アーク牧場(公式サイト)

また、車で12分程度の「岩手サファリパーク」は、別名・天空のサバンナとも呼ばれる人気スポットです。広大な草原に多くの動物たちが暮らし、キリンやシマウマなど比較的メジャーな動物から、ブラックバックやヒマラヤタールなど大変珍しい動物まで出会えます。

動物好きのお二人ならば、とりわけおすすめです。ゾウの背中に揺られながら、カップルでお散歩することもできますよ。

>>岩手サファリパーク(公式サイト)

お泊りデートの予定であれば、当園から車で40分ほどかかりますが、須川(すかわ)温泉や真湯(しんゆ)温泉、厳美渓(げんびけい)温泉などを擁する「一関温泉郷」に足を延ばしてみるのはいかがでしょうか。

泉質がそれぞれ違っていることも特徴で、お二人のお気に入りの温泉を探しても楽しいかと思います。ぜひ、大地から湧き出す天然のパワーをたっぷりとチャージして帰ってくださいね。

>>一関温泉郷協議会「一関温泉郷」(公式サイト)

「花と泉の公園」からのメッセージ

「花と泉の公園」内の「ぼたん園」に設置された「ぼたんハウス」の外観
▲「ぼたん園」に設置された「ぼたんハウス」。「ぼたん・しゃくやく祭り」の期間中は、こちらも食事処となる

編集部

これから「花と泉の公園」を訪れるカップルへのメッセージや、今回のインタビュー取材で伝えきれなかった想いなどがありましたら、ぜひお話しください。

佐藤さん

園内の「ぼたん園」訪問のおすすめ時期は、例年5月上旬~中旬にかけてです。牡丹は、花の中でも特に午前中に観賞する花だと言われてきました。可能ならば、朝露がまだ残る時間帯にお出でになると、最も美しい光景を堪能できるでしょう。

ドッグランもありますので、ワンちゃん連れでのデートもおすすめです。なお、「ぼたん・しゃくやく祭り」の期間以外は、当園内は無料で散策いただけますよ。

編集部

想像していた以上に綺麗に整備された園内で、老若男女を問わずに楽しめるスポットだと感じました。デートの一環でカップルが訪れると、のんびりと散策しながらも、充実したひと時を過ごせそうです。

佐藤さん、本日はお時間をいただきまして、大変ありがとうございました。

「花と泉の公園」の口コミ・感想をチェック!

デートの参考になるよう、「花と泉の公園」を実際に訪れた皆さんの口コミや、感想をいくつかご紹介しましょう。

アイコン
花の美しさや、みずみずしい芳香に改めて感動しました。
アイコン
開花期間中に運行される有料カートが便利。楽しいガイド付きなので、使って正解だった。
アイコン
よく手入れされた植物園です。雨上がりに訪れると、ひときわ美しい光景を楽しめます。

全般的に、評判のよい植物園という印象です。ご自慢の牡丹・芍薬の花の美しさに加えて、きちんと整備された園内の快適さを評価する声を多く目にしました。カップルが初めてデートで訪ねても、思い出に残る一日になりそうですね。

「花と泉の公園」の料金・割引・予約・混雑しない日時

入園料 【ぼたん園】
大人(高校生以上):1人500円
小人(小中学生):1人250円
※「ぼたん・しゃくやく祭り」開催期間中(4月29日~5月31日)のみ有料(それ以外の期間は入園無料)

【ドッグラン】
ビジター(1日会員):1頭500円
年会員:1頭3,000円(2頭目以降は1,500円)
割引 【1~10割引(無料)まで各種の割引制度あり】
具体的な詳細は、公式サイトの「インフォメーション」ページをご参照
※割引制度の併用は不可
予約 不要
混雑しない日時 平日:比較的どの時間帯も空いている
土日祝日:午後は比較的空いている
※牡丹の観賞には、午前中早めの時間帯を推奨

※金額は、すべて税込表示です

「花と泉の公園」の基本情報(アクセス・営業時間)

住所 〒029-3103
岩手県一関市花泉町老松字下宮沢159-1
電話 0191-82-4066
アクセス 【公共交通機関】
JR東北新幹線:一ノ関駅よりタクシー利用で約30分/くりこま高原駅よりタクシー利用で約30分
JR東北本線:花泉駅よりタクシー利用で約10分

【車】
東北自動車道:一関ICより約40分/若柳金成ICより約40分
駐車場 無料駐車場あり
※普通車280台分
営業時間 【ぼたん園】
9:00~17:00
※ぼたんハウス含む

【ドッグラン】
9:00~17:00
※受付は、9:00~16:00

【レストランはずみ・喫茶コーナー】
11:00~15:30
※ラストオーダーは、14:30
休館日 【ぼたん園】
毎週水曜日(冬季)、年末年始

【ドッグラン】
毎週水曜日(冬季)、年末年始

【レストランはずみ・喫茶コーナー】
毎週水・木曜日定休(祝日の場合は営業)、年末年始
※ぼたん・しゃくやく祭り期間中は無休
附帯飲食施設 レストランはずみ
(交流プラザ)喫茶コーナー
ぼたんハウス
※ぼたん・しゃくやく祭り期間中のみ食事処として営業
公式サイト https://hanatoizumi.com/
公式SNS Instagram
Twitter
Facebook

※最新の情報は、公式サイト等でご確認をお願いいたします
※記事中の金額は、すべて税込表示です

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック