【徹底解説!】パートナーエージェントの資料請求してみた体験レポート!

パートナーエージェント資料請求してみた体験レポート

マッチングアプリ大学マミ

ついに30歳になってしまいました、マミです。

普段はマッチングアプリばっかり使っているのですが、ついに30歳になったことをきっかけに、私決めました。

使ってやろうじゃないか結婚相談所!ということで、今回はパートナーエージェントの資料請求をしてみたレポートです。

わかりやすいように資料の写真もたくさん載せています。「結婚相談所ってどうなのかな」と検討している方々の参考になるのではと思います!

パートナーエージェントの入会を検討すべき人


マッチングアプリオタクとして様々な出会いを知り尽くした私から言わせてもらうと、パートナーエージェントに向いているのは「本気で結婚したいけど自分ではどうしようもできない人!」

具体的に言うとこんな人。

  • とにかく本気で今すぐにでも結婚したい人
  • 紹介だけでなく婚活全般をフルサポートしてほしい人
  • ひとりでは婚活できない、不安が大きい人

理由としては、資料を読んだ結果、パートナーエージェントの一番の特徴は婚活サポート体制の充実度にありました。つまり、すぐにでも結婚したい真剣度の高い人にはパートナーエージェントは向いていると思いました。

逆にパートナーエージェントにちょっと向いてなさそうな人

では逆にパートナーエージェントでなくてもいいのでは?と思った人はこんなタイプです。

「結婚はしたいが自分のペースで婚活したい」
「ぶっちゃけあまりお金を使いたくない」

婚活の真剣度は高いけど、結婚相談所を利用するほどでもない。自分のペースで自分なりに婚活したいなら、婚活サイトのほうが向いています。

>>婚活サイト&婚活アプリを徹底比較した究極のオススメランキング

「婚活そのものがよくわからない・・・」

まずは自分がどんな婚活方法が向いているかを把握しましょう。いきなり結婚相談所というのもハードル高すぎますから。こちらの記事があなたを助けてくれます!

>>【婚活アドバイザー解説】4つの婚活方法の違い

「相手とのフィーリングや相性が大事と考えている」

婚活パーティーなら、結婚を意識した人と直接出会えます。会って話をして印象や相性を確かめることができるのでオススメです。

>>婚活パーティーを徹底比較して導いた本当のオススメ

では、ここからはパートナーエージェントに向いている人・興味がある人に向けて、資料内容をかみ砕いて説明していきます!

これがパートナーエージェントの資料です!

じゃじゃ〜〜ん!!これが資料一式の写真です。思ったよりも盛りだくさんでした。

パートナーエージェントに資料請求してみた

送られてきた資料

  • 全体の説明パンフレット
  • 漫画で説明、結婚相談所の選び方
  • お年玉キャンペーンのチラシ
  • 全額返金のチラシ
  • 無料説明会のチラシ
  • 登録料10,000円OFFチケット ※1月で終了
  • 担当者の名刺

目立つ紺色の封筒(高級な感じ)に上記のようなものが入っていました。

さすが結婚相談所、資料もしっかり作られていますね〜。ではでは、ひとつずつチェックしていきます。

あっ、その前に。結婚相談所のパートナーエージェントについて詳しく知りたい、口コミなどを先に見たいという人はこちらをどうぞ。読んだら戻って、この資料請求の記事を見て下さいね〜。

>>パートナーエージェントの概要について・口コミなど

さぁ、では詳しく見ていきましょうか。

結婚相談所の選び方(漫画パンフレット)の内容

パートナーエージェントの資料

こんな風にきれいに整理されています。気になるのが金券っぽいチケットなんですが、これは後回しにします。

まずは、ちょっぴりゆる可愛いw 「結婚相談所の選び方」というパンフレットを開けてみます。

パートナーエージェントのパンフレット

子どもでもわかりそうな(必要ないけども!)漫画で説明している「結婚相談所の選び方」パンフレットですね。

パートナーエージェントのパンフ目次

これさえ読めば、結婚相談所の選び方がわかるという内容になっています。そもそも資料請求する時点で結婚相談所とはなんぞや?と思っている人も多いので、これはけっこう頼りになります。私的には最も気になるのが「成婚率」です。

結婚相談所は料金もかかるだけに、どれくらいの人が「結婚・ゴールインしているか」は要チェックポイントです。目次の「独自の基準?国の基準?」というところが、成婚率について詳しく説明しています。

パートナーエージェントのパンフレットパートナーエージェントのパンフレット

パンフレットは「成功例」と「失敗例」とわけて説明している点が優秀ですね。パートナーエージェントの成婚率は28.6%。

以前統計データを調べた限りではお付き合い率が47%、そのまま結婚したのが20%だったので、パートナーエージェントのこの数値は悪くないと思います。(参考:マッチングアプリと結婚相談所の成婚率について

パンフレットでは、独自の基準で成婚率を出している場合と、国の基準で出しているところがある、となっています。

成婚率の計算方法

パートナーエージェント 成婚退会社数÷在籍会員数=成婚率
某社 ざっくり結婚した人の数を割合にしている

パートナーエージェントの場合、国勢調査と同じ基準で成婚率を算出しているそうです。うーむ、確かにしっかりしている!

漫画はちょっと極端な対比になっていて、失敗例の方は「今度娘が結婚するのよ〜、あら、それも成婚率に入れちゃいましょ〜」的なやり方になっていて、まぁさすがにそれはないだろ、と思った次第ですが。

でも「そもそも成婚率ってどうやって計算してるんだろ」という素朴が疑問がハッキリしたので、スッキリしましたね。

他にもこちらの漫画パンフレットでは、会員数を見るだけでなく「どれだけ活動(婚活を真剣に行っている)中の会員がいるか」を知ることの重要性や、仲介者がいて紹介する仲人型と情報提供型の違いなどの解説もあります。

年代別に違う結婚相談所の選び方

大変よく出来た(イラスト微妙だけどw)漫画パンフレットなんですが、結婚相談所の選び方としては、やはり年代別に考えた方がいい部分があります。20代で結婚相談所を利用する人と、40代では違いますから。

20代、30代、40代別に結婚相談所のオススメを紹介しています。こちらの記事もぜひ参考にして下さい。

>>20代の為のオススメ結婚相談所
>>目指せ成婚!30代向け結婚相談所
>>40代にオススメ結婚相談所5選

全体の説明パンフレットの内容

パートナーエージェントの資料

もう1冊はパール感のある白い冊子で、なんとなく「結婚」をイメージさせる上品なパンフレットです。こちらが全体的な説明になります。

パートナーエージェントのパンフレット目次

漫画パンフレットは手っ取り早く「結婚相談所について学びつつ、パートナーエージェントのメリットを知る」ことができました。より詳しく解説してあるのが、白いパンフレットですね。

パートナーエージェントのスマート婚活プログラム

例えばこちら、何やらPDCAサイクルと難しい単語が出てきます。これは、婚活設計についての解説ページです。

パートナーエージェントのパンフレット

計画をたて、実行し、それを評価した上で見直しをして、再び計画に戻る。ムダなく婚活をし、少しでも早く結婚にたどりつくための「サイクル」について説明しています。これがパートナーエージェントの推す「スマート婚活プログラム」なんですね。

ちなみに漫画パンフレットにあった「成婚率」について、白い冊子ではデータとして見ることができます。漫画パンフレットと微妙に数字が違うのですが、これは調査した時期の違いと思われます。


パートナーエージェントの成婚率

漫画パンフレットで成婚率に関する知識がついた上で、さらに数字のデータをみると非常に説得力があるなぁと感じました。

パートナーエージェントの会員データ

他にも数字でわかる重要なデータが掲載されています。それは「会員データ」です!実際にどんな人が会員なのかはチェックポイントですね。

パートナーエージェントの会員データ

パートナーエージェントの会員データ(抜粋)

男女比 4:6
在籍会員数 11,763名
男性の平均年収(関東) 633万円
大卒以上の男性 74.3%」

「どんな男性(女性)が会員になっているのか」がひと目でわかります。男性の平均年収なんて、とても気になるところです。さすが結婚相談所、男性の平均年収も高めです。安心安心、これなら確かに結婚相手として不足はない!・・・って、別に敵ではないんですけども(-_-)

ともかく、年齢層をはじめ、どんな男女が会員なのかがわかるのはいいですね!

他の結婚相談所と会員数を比較してみた

パートナーエージェントのデータにある在籍会員数についてですが、わかりやすく他の結婚相談所と比較してみました。

大手結婚相談所の会員数比較

パートナーエージェント 11,763名
楽天オーネット 49,343名
ツヴァイ 29,236名
ゼクシィ縁結びカウンター 23,400名

ちなみに上記の結婚相談所についても知りたい!という人はこちらの記事をどうぞ〜!

>>楽天オーネット体験談

>>ゼクシィ縁結びカウンター体験談

これだけ見ると、パートナーエージェントは少ない方です。ここで、パンフレットの説明が重要になってきます。ちょっと漫画パンフレットの方に戻ってみましょう。

「アクティブな会員がどれだけいるか」というページを見直してみると、さらによくわかります。パンフレットは何度も読み返せるし、2冊を照らし合わせながら解説を読み解くことができるのが便利です。

パートナーエージェントの漫画パンフレットパートナーエージェントの会員数について

なるほど、パートナーエージェントでは「2ヶ月返答がない人はサービス停止になる」となっています。いっぽうの失敗例では、いいなと思っても実際にはその会員さんは全く婚活をしていない。

いくら会員数が多くても、「活動してない幽霊会員数」では意味がありません。それではマッチングする率も低くなってしまうことがわかります。

こうして、ふたつのパンフレットで確かめ合うと、非常によくわかりますね〜。感心です!

パートナーエージェントの紹介方法や流れについて

パートナーエージェント「マッチングの種類」
パートナーエージェントの紹介方法

ウエディングドレス色のパンフレットは、なかなか充実しております。例えば、マッチング(紹介)の方法も上記のようにすぐわかりますね。

結婚相談所といえば、条件を言って担当者が相手を探してくれるものと思いがちですが、実に様々な方法でベストマッチングな相手を探してくれるわけです。

そして、婚活全体をサポートしてくれる存在もたくさんいる!これがパートナーエージェントの特徴らしいです。

スペシャリストによる婚活サポート
パートナーエージェントのサポート体制

一般的にはこんなに担当者がいません!

例えばですが、エン婚活はどうでしょう。エン婚活は料金が非常にリーズナブルなのですが、それはすべてメールでの遣り取りが前提だからです。パートナーエージェントのような手厚いサポートはありません。いわば婚活サイトと結婚相談所の中間くらい、ですね。エン婚活に興味があれば、次の記事を参考にして下さい。

>>エン婚活まるわかり!オンライン結婚相談所

婚活の流れと料金表を見よう!

ページをめくっていくと、パートナーエージェントでの婚活の流れもひと目でわかるチャートが出てきます。ふむふむ、確かにわかりやすい。これなら安心して無料相談会にも行けそうです。後半になると、いよいよ気になる「料金」も出てきますよ〜。

パートナーエージェントの婚活の流れ
パートナーエージェントの婚活の流れ

料金表
パートナーエージェント料金表

おお、一番大事な料金表です!

公式サイトでもなかなかわかりづらいのが、結婚相談所の料金システムです。資料請求で一番見たいのが、この料金表ですね(^^;)

パートナーエージェントと他の結婚相談所の料金比較

パートナーエージェントの料金を見ただけでは、高いのか安いのかわかりづらいので比較表を載せておきます。

結婚相談所 料金
パートナーエージェント
コンシェルジュプラスコース
初期費用 95,000円
月会費 16,000~19,000円
成婚料 50,000円
IBJメンバーズ
スマートコース
初期費用 220,000円
月会費 15,000円
成婚料 200,000円
楽天オーネット
プレミアムプラン
初期費用 約100,000円
月会費 13,900円
成婚料 なし
ツヴァイ
パーソナルサポートプレミアム
初期費用 約145,000円
月会費 10,500円
成婚料 なし

パートナーエージェントは安い方ではありませんね。ただ料金が安いというだけで結婚相談所を選ぶのは賢くありません!大切なのは「結婚相談所が何をしてくれるか」クオリティですよ!

料金だけでなく結婚相談所選びでチェックすべきポイント
  • サポートはどれくらいあるか
  • 実際に婚活しているアクティブな会員が多くいるか
  • 担当者が熱心か

ポイントを押さえて、各結婚相談所の「質」を見極めるのが重要です。パートナーエージェント以外の結婚相談所も含めて、どう選んだらよいかはこちらに詳しく載っています。ぜひ参考にして下さい。

>>結婚相談所の正しい選び方

さて、料金表を見たところで「うーむ、高いなぁ」なんて思ったかもしれません。そこで!この資料請求でついてくる「パートナーエージェントを安く利用する方法」を見ていきましょう!

資料請求で貰える「お得な特典」とは

資料を請求するだけで、パートナーエージェントをお安く利用できちゃうことがわかりました!

10,000円安くなる!特別優待券

パートナーエージェントの優待券

資料が入っているファイルの中でも、ひときわ輝く黄金色!それが登録料が10,000円OFFになるチケットです。パートナーエージェントのどのコースでも登録料は30,000円。それが20,000円になるのですから、見逃せない特典です。

※10,000円割引チケットは1月で終了しました

お年玉キャンペーン

パートナーエージェントのお年玉キャンペーン

こちらは1月限定かもしれないのでなんとも言えませんが・・・。登録料10,000円OFFも、お年玉キャンペーンの一環です。でも、時期が違っても、資料請求をすれば何らかの形でこうした特典がついてくるのは確かですね。

来店でクオカード500円分が貰える!

パートナーエージェントのクオカードプレゼント

なぜか、ドロンジョ様とブラックジャックがいるんですけどもw

それはともかく、パートナーエージェントへ来店するとクオカード500円が貰えるんですね〜。プチ嬉しい!

「パートナーエージェント」資料請求してみて良かった!

結婚相談所を利用しようと思ったら絶対に資料請求をするべき!

これが私の感想です。登録料が10,000円も安くなるなど特典はもちろん魅力的。でもそれ以上に、パンフレットを読むと、結婚相談所についてよく理解できるし、パートナーエージェントのメリットも把握できました。

資料請求は無料です。また資料を送ってもらったからといって、しつこい勧誘があるといったことはもちろんありません。

結婚相談所を検討しているなら、まずは資料請求しましょう。

>>資料請求はこちらから

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック