山口県山口市での移住はどう?暮らし・仕事・住居・支援内容を解説

この記事では、地方移住を検討している方に向けて、山口県山口市で暮らす魅力をお伝えしています。

山口県の県庁所在地・山口市は、人口約19万人と県内2番目の規模の街です。日本の国宝「瑠璃光寺五重塔」があり、瀬戸内の穏やかな気候に恵まれたこの街は、若い世代の移住希望者に特に注目されています。

今回は、そんな山口市の暮らしの魅力について、市役所で移住相談を担当されている渡辺さんにお話を伺いました。移住に役立つ支援制度などの情報や、移住者の声などもあわせて紹介します。

移住担当者の渡辺さん

山口県山口市の暮らし、3つの特徴

山口市の暮らしの特徴

山口市は、地域ごとの個性が魅力の街です。

市の中心部には、明治維新の名残漂う歴史的建造物や、美術館・博物館があり、文化の発信地となっています。また、北部へ足を伸ばせば登山や森林浴が楽しめ、南部に行けば瀬戸内の海があり、自然に囲まれて過ごすことができます。

そんな山口市での暮らしは、以下のような人におすすめです。

  • 不便は嫌だけどゆったりした暮らしがしたい
  • 競争でなく子どものペースに合わせた教育をしたい
  • アートなどにふれさせ子どもの感性を磨きたい

ここからは、なぜ山口市での暮らしがこのような人に向いているのか、山口市の特徴に触れながら紹介します。

特徴1:のんびりと便利が程よいバランスで同居する街

山口市内を走るSLやまぐち号

山口市は、中心地には都市機能が備わり、その周辺は海や森林などの自然に囲まれています。市内のどこからでも1時間以内で利便性の良い中心部にアクセスでき、「のんびり」と「便利」が程よいバランスで同居しています。

街の中心部は、新幹線の発着駅や国公立大学、総合病院など、さまざまな都市機能を備えています。そしてそんな中心部を囲うように森林や瀬戸内海があり、キャンプ・海水浴・マリンスポーツを楽しむこともできます。

また、市内には湯田温泉もあり、心身ともに癒やされる街です。

維新の名士や文化人が多く訪れた湯田温泉
▲明治維新の志士や文化人が多く訪れたと伝わる湯田温泉

他にも、山口市には歴史的建造物や神社仏閣もたくさんあります。その中でも最も注目したいのが、室町時代に繁栄した大内氏をまつるお寺で国宝にも指定される瑠璃光寺五重塔。市のシンボル的存在です。

山口市の中心部を見下ろす瑠璃光寺五重塔
▲山口市のシンボル的存在、瑠璃光寺五重塔

休みの日に散策がてら訪れるのも良いでしょう。

特徴2:数も種類も充実!医療機関が複数ある

山口市は、医療機関が充実している街です。市内には多くの医療機関があり、幅広い診療科が揃っています。山口市内にある医療機関の診療科を以下の表にまとめました。

▼山口市内にある医療機関の診療科

  • 内科系
  • 精神科/神経科/心療内科
  • 小児科
  • 外科/肛門科
  • 整形外科
  • 脳神経外科/脳神経内科/神経内科
  • 皮膚科/形成外科
  • 泌尿器科
  • リウマチ科/アレルギー科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科/気管食道科
  • リハビリテーション科

※参考:山口市医師会吉南医師会

そして、医療機関の数も充実しています。総合病院と、一般的な診療科の院数を調べてみました。

▼山口市内にある医療機関

総合病院 3院以上
内科 50院以上
小児科 15院以上
産婦人科 5院以上

※2022年9月縁結び大学調べ

また、この他に休日も交代制で急病に対応しています。山口市で生活する上では、「医療機関が少なくてなかなか通院できない」なんて心配は無さそうです。

特徴3:ユニークな取り組みあり!教育環境の充実

山口市は、教育にもとても力を入れています。学力の向上を目指した取り組みはもちろん、体験を通して感性を磨くような教育も受けられます

山口市の教育への取り組みについてまとめました。

▼ユニークな取り組み

山口情報芸術センター メディアやテクノロジーを用いたワークショップを開催。子ども〜大人まで学べ、小中学校と連携した教育プログラムも行なっている。
芸術文化の体験 学校の授業の一環で、日本屈指の劇団による舞台観賞、演奏家による生演出などに触れる機会がある。

▼学校教育への取り組み

学習支援 補助教員として、教育免許を持つ人材を県内トップクラスの水準で配置。これにより、子どものペースに合わせた学習支援ができる。
ICTの活用 電子黒板やタブレットを教育現場に導入。また、情報教育専門員も配置し、分かりやすい授業を展開している。

特に子どもへの教育においては、早い年齢から様々な経験・体験をさせることでその後の興味の幅に影響が出ます。学習面だけでなく、芸術やテクノロジーなど様々なものに触れさせたいと考える人にとっては、とても良い教育環境ではないでしょうか。

また、市内には美術館・博物館・図書館などの施設もとても充実しています。しかも、移動図書館まであり、気軽に本に触れられるような取り組みも行われています。

美術館 2つ
博物館 3つ
資料館 4つ
図書館 7つ

山口市の暮らしに関する情報

山口市内の田園に雪が積もった風景
▲山口市の北部では、このような雪景色が見られることもあります

山口市で暮らす際に必要となる、生活に関わる情報をまとめました。

気候 年間の平均気温は15.6℃。8月の平均気温は27.4℃、1月の平均気温は4.4℃。
冬期は北部で比較的雪が降りやすい。瀬戸内海は比較的温暖でおだやか。
人口 約19万人(2022年7月1日時点)
学校 国立山口大学、山口県立大学をはじめ私立大と短大もある。
高校は9校、中学は20校、特別支援学校や各種専門学校もある。
病院 綜合病院山口赤十字病院、山口県済生会山口総合病院、小郡第一総合病院などが中心部にあるほか、郊外にも医院や歯科医院など数多く点在。
文化施設 市民会館、情報芸術センター、県政資料館、スポーツ施設など多数。美術館・博物館5件、図書館7件。
交通 JR山陽新幹線(新山口駅)、山陽本線、山口線、宇部線、山口宇部空港、高速バス、中国自動車道、山陽自動車道、山口宇部道路が利用でき、道路網が発達。
近隣都市へのアクセス 福岡市へ 車で約2時間、新幹線で約30分
広島市へ 車で約2時間、新幹線で約30分
大阪市へ 新幹線で約2時間半
名古屋市へ 新幹線で約3時間
東京都へ 新幹線で約4時間半、飛行機で約1時間半

市内にある新山口駅は新幹線の発着駅であるため、大阪や名古屋への移動もスムーズ。また、山口宇部空港にも近く、東京へのアクセスも便利です。

そのため、「いきなり完全移住は勇気がない」という場合に、今の生活を続けながら週末だけ山口市に住むなどの2拠点生活を送るなんていう暮らしも叶います

住まい情報:賃貸物件は豊富で2,000件以上ある

山口市に移住した際の住まいに関する情報です。大手住宅情報サイトを見てみると、山口市内にある賃貸物件は約2,000件以上ありました。価格は間取りによってさまざまですが、目安は以下の通りです。

▼賃貸物件の家賃相場

1R 3.7万円
1K-1DK 3.2万円
1DK-2DK 5.3万円
2DK-3DK 5.5万円
3LDK-4DK 8.3万円
4LDK 10.1万円

※2022年9月縁結び大学調べ

一人暮らしなら3万円台、家族なら5万円台で借りることができそうです。

この他、売却物件であれば山口市の空き家バンクを見てみるのも良いでしょう。空き家バンクを見てみると、約30件の戸建売却物件がありました。価格は50万円~1,000万円程度で、立地条件によってもさまざまです。(2022年9月時点)

空き家バンクに登録されている物件はその時々で変わりますので、詳しくは空き家バンクの詳細ページをご覧ください。

>>空き家バンクの詳細

移住者が空き家バンクを利用すると最大70万円の補助あり

移住者が空き家バンクを利用する場合、受けられる補助金制度があります。対象となるかどうか、しっかり確認しておきましょう。

空き家バンク改修事業補助金 物件の契約をした所有者へ、物件改修の費用の一部を支援する制度。
金額は条件により異なり、45万円~60万円。
空き家バンク家財道具等処分事業補助金 空き家購入時に備え付けてあった家財道具などで、いらないものを処分する際の費用を支援する制度。
金額は補助対象経費の2分の1で、限度額10万円。

>>補助金の詳細

山口市の移住に関する支援

親切に相談に乗ってくれる移住相談ブース

山口市では、市内への定住を決めた人への支援だけでなく、移住を検討している段階から実際に足を運んでもらい、街をより身近に感じてもらおうというサポートを数多くそろえています。

以下が、主な支援内容です。

▼移住を検討している段階から受けられる支援制度

UJIターン訪問補助金 移住の下見や就職活動を行う際の交通費・滞在費を補助。交通費最大5万円、滞在費最大7万円。
やまぐちYY!ターンUJIパスポート 下見の際、宿泊料金やレンタカー代の割引などが受けられる(山口県)
YY!ターン支援交通費補助金制度 移住に関するツアーや暮らしの体験、下見などの際の交通費を補助。上限3万円(山口県)
YY!ターンコンシェルジュ 安心して移住できるよう、移住相談時から寄り添い、サポートしてくれるコンシェルジュ(山口県)

▼移住後に受けられる支援制度

やまぐちYY!ターンパスポート支援 引っ越し代金の割引、ローン金利の優遇などが受けられる(山口県)
UJIターン若者創業時家賃住宅補助 新規創業者の家賃の一部、最大24か月間を補助。
UJIターン者移転費用補助金 特定の企業に就職、または第一次産業に就労したUJIターン者が対象、上限20万円の移転費用を補助。
YY!ターンコンシェルジュ 安心して移住できるよう、移住相談時から寄り添い、移住後もサポートしてくれるコンシェルジュ(山口県)

レンタカーを割引で利用できたり、引っ越しに費用を負担してもらえるので、ぜひ活用してください。

▼支援制度の詳細はこちらをご確認ください。
すむ住む山口「移住支援制度一覧」

山口市に移住した人の体験談や感想

山口市に移住した人の声

次は、実際に山口市に移住された方の体験談・感想を要約して紹介します。どのような理由で山口市への移住を決断したのか、移住後の生活で感じたことなどをまとめています。

>>移住体験談の全文はこちら

兵庫県神戸市から移住したAさん

  • 移住前に住んでいたのは:兵庫県神戸市
  • 移住のきっかけ:闘病生活を経て、別の可能性を探りたくなった
  • 山口市を選んだ理由:移住フェアに参加したこと
  • 住まいは?:空き家バンクを活用して古民家を購入し、リノベ―ション
  • 今後どうしたいか:民泊経営も考えている

Aさんは、今の生活とは違う、別の可能性を探りたくなり移住フェアに参加されたそうです。まだ具体的にやりたいこと・住みたい土地が決まっていない場合は、そういった地方移住のフェアに参加するのもよいですね。

東京都八王子市出身の移住者Bさん

  • 移住前に住んでいたのは:出身は東京都八王子市、移住前はフランスに居住
  • 山口市を選んだ理由:気候が良く、災害が少なく、歴史が深いこと
  • 移住後の仕事は?:仲間と一緒に移動式の軽飲食店を出店
  • 移住してよかったこと:海もあって、山もある。魚がおいしくてびっくりした。

山口市は瀬戸内海と日本海に挟まれた土地で、海の幸が美味しいことでも有名な土地です。料理が好きな人、飲食関係の仕事をする人にとってはとても嬉しい環境でしょうね。

東京都あきる野市出身の移住者Cさん

  • 移住前に住んでいたのは:出身は東京都あきる野市、移住前はフランスに居住
  • 山口市を選んだ理由:国宝・瑠璃光寺五重塔の美しさ
  • 移住後の仕事は?:湯田温泉でバーを開業
  • 移住した感想:東京や九州へも意外と簡単に行ける

山口市はアクセスが良いため、2拠点生活も叶う土地だと話されるCさん。いきなり完全移住が不安な場合は、週末だけ山口市に訪れるなどの生活も良いかもしれませんね。

山口市に移住する前にできる体験・支援

山口市への移住に関する細かな情報収集や相談は、遠隔地にいながらでも可能です。

東京にはふるさと回帰全国支援センター内に「やまぐち暮らし東京支援センター」が、大阪には同様に「やまぐち暮らし大阪支援センター」があり、移住に対しての素朴な疑問や心配事の相談に乗ってくれます。

そしていよいよ「山口市へ実際に行ってみよう!」と思ったら、移住支援制度を活用しながら「お試し暮らし住宅」や「お試し暮らし体験プログラム」に参加してみることをおすすめします。

>>ふるさと回帰全国支援センター(やまぐち暮らし東京・大阪支援センター)

お試し暮らし住宅

山口市秋穂二島地域にあるお試し暮らし住宅では、地域の空き住宅に1~2週間滞在し、街の雰囲気をつかんだり、仕事探しができます。住宅には家具や家電が完備され、1世帯・通常5人まで利用可能です。

▼お試し暮らし住宅の利用料

  • 1週間:3,500円
  • それ以降:3,500円/週
  • 清掃料:1回の利用につき3,000円

>>お試し暮らし住宅

山口市への移住に関するお問い合わせ

山口市の定住促進課のみなさん
▲定住促進課のみなさんが優しい笑顔で相談に乗ってくれます!

移住についての相談は、市役所・定住促進課にお問い合せください。まだ具体的に決まっていなくても優しく対応してもらえるので、まずは問い合わせてみましょう。

担当課 定住促進課
住所 〒753-8650
山口県山口市亀山町2-1 山口市役所本館3階
電話番号 083-934-4646
対応時間 平日8:30〜17:15
※土・日・祝日・年末年始は休館
公式サイト http://www.sumusumuyamaguchi.jp/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック