【長岡市への移住】暮らしの特徴・仕事・住まい・育児情報

この記事では、地方移住を検討している方に向けて「新潟県長岡市」をご紹介します。

長岡市は、新潟県の中央部に位置するまち。新幹線の駅と5つのICを有し、他都市へのアクセスがよいのが特徴です。特に東京までは新幹線で約90分で到着するので、テレワークや2拠点生活など、頻繁に東京と行き来をする方にもおすすめの移住先ですよ。

まちは移住者向けに6つのエリアに分けられ、市街地や里山、海のそばなど、環境は多彩です。自分の希望やライフタイルにぴったりのエリアが見つかるのではないでしょうか。

そのほか、起業支援や「長岡ワークモデル」という新しい働き方によって、やりたいことにのびのびとチャレンジできる環境も魅力的です。

そんな長岡市について、詳しい魅力や支援情報など、移住を検討するのに重要な情報をたっぷりとお届けしていきます。

ながおか魅力発信課の佐藤さん

長岡市の暮らしの特徴3つ

長岡市の暮らしの特徴

地方移住を検討している方の中でも、特に次のような方には長岡市がおすすめです。

  • 住んでいるまちだけでなく、色々な都市へアクティブに出かけたい
  • 東京との2拠点生活を検討している
  • 移住後の暮らしのイメージがはっきりしていて、それが実現できるまちを探している
  • 起業したいので、支援体制が整っていると嬉しい

なぜこのような方に長岡市が向いているのか、その理由を踏まえつつ、長岡市の暮らしの特徴を紹介していきます。

特徴1:東京まで約90分!アクセス抜群で2拠点生活にもおすすめ

長岡市の全景

長岡市は、上越新幹線の長岡駅、関越自動車道と北陸自動車道のICを有し、多くの都市にアクセスしやすいのが特徴です。

たとえば自動車では、新潟市まで約40分、東京まで3時間。

新潟市の新潟空港からは札幌・名古屋・大阪のいずれの都市へも約1時間程度で行くことができ、中国、韓国や台湾への定期便も出ています。レジャーや旅行の選択肢が幅広く、出張で出かける際にも、移動時間が短いので負担が少なめですね。

新幹線なら、東京まで約90分、仙台まで約2時間半です。テレワークが多めの方なら、ときどき東京まで通勤することも可能な範囲と思われます。平日は東京・週末は長岡という2拠点生活もおすすめです。

実際のところ「東京での仕事は続けたいけれど、子育てのために、自然がいっぱいのまちに拠点をもちたい」などの理由でテレワーク移住や2拠点生活を選ばれる方も多いそうですよ。

特徴2:「自分らしい暮らし」が叶う、エリアごとの豊かな個性

長岡市内は6つのエリアに分けられ、それぞれに特徴が豊かです。

「車がなくても生活できる場所」「海のそばの暮らし」「自然に囲まれて農業をしたい」など、移住に求めるライフスタイルは人それぞれ。そのいろいろな希望にマッチするエリアが見つかるのが長岡市なんです。

都会のライフスタイルに近い「シティエリア」

アオーレ長岡を正面から見上げたところ
▲長岡駅直結の「アオーレ長岡」は、5,000人収容のアリーナや市役所などが一体となった、まちのシンボル的な複合型施設

「シティエリア」は、JR長岡駅を中心とする、市内で1番の都市部です。駅ビルやマンション、オフィスなどといった風景が広がり、マイカーがなくても公共交通機関のみで暮らせる利便性も魅力です。

「都会の生活スタイルを保ったまま他の土地に暮らしたい」という方にはピッタリと言えるでしょう。

ファミリー層に人気の「タウンエリア」

長岡まつり大花火大会の様子
▲「長岡まつり」の大花火大会は日本三大花火大会のひとつ。2日間で100万人以上の観光客が訪れる

「タウンエリア」は、住宅開発が進み、ロードサイドには商業施設が並ぶエリアです。車さえあればなんでも買いにいける便利さとともに、美術館や広い公園もあるため、特にファミリー層から注目を集めています。移住者が最も多く住んでいるエリアだそうですよ。

全国的に有名な「長岡まつり」の花火打ち上げ場所でもあります。自宅や近所から盛大な花火を見ることができるのは、住んでいる人の特権ですね。

スローライフとアウトドアが満喫できる「中山間エリア」

「中山間エリア」は、山間部にあり、市内で最も降雪量の多いエリアです。古民家をリフォームしたり農業をしたりといったスローライフに憧れる方におすすめです。

登山やキャンプ・スキーなどのアウトドアも生活圏内で満喫でき、自然の豊かなエリアならではの、山菜やきのこなどの季節の食材も豊富です。

温泉も多く、のんびり暮らせる「田園エリア」

「田園エリア」は、米どころ新潟県らしい、広々とした田園風景が広がるエリアです。街の喧騒を離れ、のんびりと暮らしたい方にピッタリです。

タウンエリアへのアクセスが良いため、車があれば買い物などにも困りません。日帰り温泉施設も多いので、温泉好きの方ならあちこち巡る楽しみもありそうです。

ワーケーションにもおすすめ「シーサイドエリア」

シーサイドエリアは、「マリンアクティビティが趣味」「海を眺めながらワーケーションをしたい」という方にピッタリの、海に面したエリアです。

「魚のアメ横」と呼ばれる魚市場があり、新鮮でおいしい魚介類が手に入るのも嬉しいポイントです。

生活が便利で県外へのアクセスも良い「産業エリア」

「産業エリア」は、長岡市の北部や関越自動車道の長岡IC周辺に広がるエリアです。歴史のある鉄鋼や米菓など“ものづくり”の企業が集まっているので、地域に根差した仕事をしたい方におすすめです。

買い物施設や住宅街、賃貸アパートも増えてきていて便利に暮らせます。また、長岡ICや北陸自動車道の中之島見附ICに近いため、県外へのアクセスもラクラク。ドライブが好きな方なら週末の楽しみも広がりそうですね。

特徴3:やりたいことにチャレンジできる!多彩な仕事支援

移住を機にお店を開くなど、起業を考えている方もいらっしゃるでしょう。

長岡市は、新潟県内でトップクラスの起業実績を誇るまち。その理由として、市の起業支援が手厚いことが挙げられます。

市が委託する「CLIP長岡(新潟県起業支援センター)」では、ビジネスアイデアから事業計画や資金調達まで、起業・創業に関する相談を無料で受け付けています。これまでの7年ほどで400件以上のサポート実績があり、起業後も引き続き伴走してくれるというのだから心強いですよね。

社会人だけでなく、大学生や高専生を対象にしたプログラムもあるので、お子さんの「早くチャレンジしたい」という気持ちを応援してあげることもできますよ。

公式:CLIP長岡(新潟県起業支援センター)

仕事支援として、もう1つ特徴的なのが「長岡ワークモデル」という働き方です。これは、「首都圏企業に就職しつつ完全テレワークで長岡に暮らす」というスタイルを指し、実践している人を「NAGAOKA WORKER(ナガオカワーカー)」と呼びます。

「大企業やグローバル企業で働きたいけれど、長岡に暮らしたい」という希望を叶えるのがこの取り組みです。市内には無料のコワーキングスペースなどもあり、テレワークをバックアップしてくれますよ。

「時間や場所に縛られない、新しい働き方」を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

公式:NAGAOKA WORKER

長岡市の暮らしに関する情報

ここでは、移住を検討するうえで重要となる、長岡市の暮らしに関してのさまざまな情報をお届けします。

人口 人口:261,585人
世帯数:110,043世帯
(2022年12月時点)
近隣都市 新潟市、西蒲原郡弥彦村、燕市、三条市、見附市、魚沼市、小千谷市、十日町市、柏崎市、刈羽郡刈羽村、三島郡出雲崎町
市内公共交通 鉄道:JR東日本(上越新幹線、信越本線、上越線、越後線、飯山線)
バス:越後交通、南越後観光バス
大都市へのアクセス 新潟市へ:車で約40分
東京へ:新幹線で約90分、車で約3時間
仙台へ:新幹線で約2時間半
病院 病院11、医院・診療所131
学校 大学4、高等専門学校1、高校13、中学校28、小学校56、保育施設102
※総合支援学校含む、その他県立、附属除く
食べ物 米(コシヒカリ)、油揚げ(栃尾あぶらげ)、長岡生姜醤油ラーメン、へぎそば、笹団子、越乃雪(日本三銘菓)、醤油赤飯、イタリアン、浪花屋の柿の種
名所・観光 寺泊海岸、東山ファミリーランド、長岡市おぐに森林公園、山古志アルパカ村、道の駅ながおか花火館、国営越後丘陵公園

長岡市は国内有数の豪雪地帯ですが、まち全体が広く変化に富んだ地形のため、積雪量はエリアによって差があります。

雪が降っても、市内では除雪体制が整っているので、家から出られないというようなことはほぼありません。道路も広く、消雪パイプ(雪を溶かすシステム※長岡が発祥)など消雪機能がしっかりしているので、比較的運転しやすいと言えるでしょう。

とはいえ、短時間で大量の雪が降ると除雪が追い付かないこともあります。冬場の通勤などは、時間に余裕をもって行動することが大切です。

また、長岡市の特徴的な取り組みとして、生ごみを電気エネルギー化する「バイオガス発電」があります。これによって、燃やすごみの量を約2割減らすことに成功し、一般家庭の600世帯分に相当する量の発電が行われました。(※令和元年度実績)

このためごみの分別が厳しいという面もありますが、全国に誇れる先進的な取り組みだといえるでしょう。

【仕事】地元での就職もテレワークも。選択肢は豊富

2023年1月現在、大手求人情報サイトで長岡市の正社員求人を検索すると、約10,000件がヒットしました。
参考:求人情報の一例

古くからものづくり産業が発展してきたまちであり、機械加工や鋳造業、食品製造業など、さまざまな仕事が見つかるのが長岡市です。平均世帯年収は下記の通り、新潟県・全国平均を上回っています。

長岡市 約520万円
新潟県 約500万円
全国 約500万円

参照:長岡市の家計データ

また「長岡市の暮らしの特徴」でご紹介した通り、最近ではテレワークや「長岡ワークモデル」で働く方も増えています。働き方の選択肢が豊富な長岡市なら、「自分らしい働き方」が見つけられそうですね。

【住まい】賃貸も分譲も充実の物件数

2023年1月現在、大手住宅情報サイトで長岡市の賃貸物件を検索すると約1,000件がヒットしました。
参考:賃貸物件情報の一例

高層マンションから一戸建てまでさまざまな物件が見つかり、家賃にも幅があるのが特徴です。「住みたいエリアから探す」「間取りなどの条件から」「予算重視」など、希望に合わせて探してみてください。

分譲物件を検討している方向けには「新築」「中古一戸建て」「分譲マンション」などがあり、こちらも選択肢は豊富です。空き家バンクを利用して自分好みにリフォームというのも、移住の醍醐味といえるかもしれませんよ。

参考:空き家バンク物件一覧

【育児】雪国のお母さん達の声から生まれた「子育ての駅」が人気

「子育ての駅てくてく」で過ごしている母子連れ
▲市内に13か所ある「子育ての駅」では、広いアリーナで運動できたり料理作りのイベントがあったりと、それぞれに特色ある遊びが楽しめる

豊かな自然に囲まれ、また市内9か所の図書館や、無料で利用できる児童クラブなどが設けられた長岡市は、「のびのびと育児ができる」と子育て世帯の方から人気です。

中でも特徴的なものが「子育ての駅」。公園と屋内広場と子育て支援施設が一体化した、全国初の取り組みです。冬に遊び場のない雪国のお母さん達の「子どもたちがしっかりと体を動かして遊べる場所がほしい」という声から生まれ、長岡市内には13か所が設けられています。

保育士や子育てコンシェルジュがいて、単なる遊び場ではなく、保育、交流、相談、情報提供の機能を持った施設です。冬はもちろん、年間を通してぜひ利用してくださいね。

詳細:子育ての駅について

長岡市へ移住した人の体験談・感想

移住者の体験談

ここでは、実際に移住して長岡市に暮らしている方の体験談や感想をご紹介します。

  • きれいな空気と豊かな自然がありつつ、生活インフラが整っていて便利
  • 無料のコワーキングスペースがあり、リモートワークがしやすい
  • 花火のまちなので、結婚祝いや還暦祝いなどで、気軽に打ち上げ花火を頼むことができる
  • 自然の中で子どもがのびのび遊んでいるところを見ると、移住して良かったと思う
  • 野菜を分けてくれたり、雪かきを手伝ってくれたりと、ご近所さんがとても親切

日常の生活やテレワークに便利な環境が整っていて「暮らしやすさ」を感じているという声が多く見つかりました。

自然環境や地域の方との交流も豊かで、子育て世帯の方には特に魅力的な移住先と言えそうです。

長岡市への移住に向けた行動

ここでは、長岡市への移住に向けて、実際に起こせる行動をご案内します。

移住ポータルサイトで、自分にピッタリのエリアを診断

移住定住サイト「長岡のはじめ方」のトップ画面
▲移住定住ポータルサイト「長岡のはじめ方」には移住検討に役立つ情報がぎっしり!

長岡市へ移住するための情報収集には、長岡市移住定住ポータルサイト「長岡のはじめ方」がおすすめです。

サイト内の「長岡移住マッチング診断」では、家族構成や仕事など簡単な4つの質問に答えるだけで、住むのにおすすめのエリアを提案してもらえます。まず住む地区が決まれば、移住に向けてはずみがつくかもしれません。移住エリアに迷っている方は、ぜひ試してみてください。

詳細:長岡移住マッチング診断

お試し移住施設で長岡暮らしを実感

お試し移住施設「タウンハウス日赤」
▲「タウンハウス日赤町」は市街地に近く便利な立地。インターネットは10Gの超高速通信が利用できるので、リモートワークのお試しにもおすすめ

長岡市では、移住を検討している方のために2か所のお試し居住施設を用意しています。

「タウンハウス日赤町」は駅から13分のところにあり、タウンエリアの暮らしを実感できる便利な立地。「山古志竹沢住宅」では、山あいの豊かな自然に囲まれた暮らしを体験できます。移住後の生活をイメージして、自分のライフスタイルに合う方を選びましょう。

お試し移住期間中には、教育施設の見学や物件の下見、暮らしの相談などができます。

(例)

  • 先輩移住者との交流
  • 保育施設・こども園見学、小中学校の見学
  • 不動産物件案内、就業起業相談 など

ネットやパンフレットの情報だけでは分かりにくい、まちの雰囲気や地元の方とのふれあいをぜひ体験してみてください。

詳細:移住体験情報

長岡市への移住に関するお問い合わせ

移住定住相談窓口の様子

長岡市では、「ながおか魅力発信課」に移住定住相談センターが設けられています。移住に関して分からないことや気になることを直接相談できるので、長岡市へ足を運べる方はお気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

遠方の方や、忙しくて直接窓口へ行くのは難しいという方は、オンラインやLINEでの相談も利用できますよ。

担当課 ながおか魅力発信課
住所 新潟県長岡市大手通1丁目4番地10
電話番号 0258-39-5151
対応時間 8:30〜17:15(平日)
公式サイト https://iju.na-nagaoka.jp/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック