婚活コラム

【種類別】おすすめ結婚相談所を比較!特徴と選び方も徹底解説!

「今年こそは結婚したい!」と意欲の高い人が集まる結婚相談所。

しかし、いざ調べ始めるとたくさんの結婚相談所があり、「一体、どれが私に向いているの?」と途方に暮れてしまうのではないでしょうか。

結婚相談所を選ぶうえでもっとも大事なのは「成婚退会率」でも「会員数」でもなく、「あなたが出会いたいタイプの人」がいて、「費用」と「サポート」のバランスがよい結婚相談所です。

そして、あなたにぴったりの結婚相談所を見つけるためには、まずは結婚相談所のサポート体制に種類があることを知る必要があります。

今回は、おすすめの結婚相談所の特徴・種類を徹底解説しました。

結婚相談所の種類4つ

結婚相談所の種類4つ

まずはじめに、結婚相談所は大きく分けて4つあります。種類別の特徴を表にまとめました。

種類 特徴
仲人型 コンシェルジュが自分に合った相手を紹介してくれる。ヒアリングしたうえで紹介してくれるためマッチ度が高い人と出会えやすい。
データマッチング型 コンピューターが自分に相性の良い相手を紹介してくれる。多くの人と出会える半面、データだけで判断するため、人柄や価値観などの細かい部分はわからない。
ハイブリッド型 仲人型とデータマッチング型を合わせたもの。データの中から、自分で相手を探すこともできるし、コンシェルジュが探して紹介してくれる人にも会える。
オンライン型 スマホ一つで始められ、気軽に婚活ができる。時間や場所を選ばずにオンラインで利用が可能。

1.仲人型

仲人型の結婚相談所の場合、仲人(人間)を通した紹介を行います。

会員には専任のコンシェルジュがつき、ミーティングで希望の条件をあなたから聞き出します。そして、希望の条件をもとに、異性を毎月何人かピックアップしてくれるという方法です。

コンシェルジュが親身になって相談に乗ってくれるので、婚活中の悩みや、お相手とのデートで何を話せばいいのかなど気兼ねなく話すことができるのがポイント。まさに二人三脚で婚活を進めていけるのが特徴です。

2.データマッチング型

データマッチング型の結婚相談所では、登録したプロフィールやお相手の希望条件をもとに、自分で主体的に行動するのが特徴です。

あなたが入力した条件をもとに、システムが自動で相手を選定します。

相手のプロフィールを見て、「この人がいいな」という人がいれば、お見合い希望を送ります。そして、マッチングしたら、お互いにメッセージのやりとりをしていきます。

デートを重ね、プロポーズに成功したら成婚退会となります。その間、専任のコンシェルジュはつかないので、相手探し~成婚までのすべての流れを自分でやっていく必要があります。

3.ハイブリッド型

ハイブリッド型は、仲人型とデータマッチング型を組み合わせたシステムのことです。

コンピューターが選んでくれたデータのほかにも、自分で検索して相手を見つけたり、専任のコンシェルジュからもお相手を紹介してもらえます。

人間とコンピューターの両方からお相手を紹介してもらえるので、「こんな人がいたんだ」という新鮮な驚きのある出会いが生まれやすいです。

もちろん、専任のコンシェルジュがアドバイスをしてくれるので、プロフィール作成からお見合いのセッティング、交際中のサポートまでお任せすることができます。

4.オンライン型

オンライン型の結婚相談所は、スマホ1本で婚活を進めることができるサービスです。

「マッチングアプリや婚活サイトと何が違うの?」と思われるかもしれませんが、前者があくまで出会いの場の提供であることに対し、オンライン型の結婚相談所は、「オンラインでカウンセラーに相談できる」「オンラインでお見合いができる」というサービスを行っています。

結婚相談所を使った婚活の場合、専任コンシェルジュのアドバイスでうまくいった、という人は多いもの。

オンライン型の結婚相談所の場合、「サロンや相談所まで行く手間を抑えた」うえで、結婚相談所のシステムやサポートはちゃんとオンラインで受けられる、という形なのです。

すぐに成果が欲しいなら、ハイブリッド型がおすすめ

すぐに成果が欲しいなら、ハイブリッド型がおすすめ

すぐに成果が欲しい場合は、ハイブリッド型がおすすめです。ハイブリッド型とは、「仲介型」と「データマッチング」型のいいところを合わせて融合させたスタイル。

結婚相談所のデータベースの中から、興味を持った相手と関係を築いていく「データマッチング型」でありつつも、コンシェルジュがあなたと紹介相手の間に入ってくれて出会いの場をセッティングしてくれる「仲介型」でもあります。

自分でお相手を探しつつ、コンシェルジュが紹介してくれた人とも連絡を取ることができます。「人間」と「コンピューター」が一緒に選んでくれるので、出会える人の幅がぐっと広がります。

ただし、ハイブリッド型は料金が高額になるというデメリットがあります。費用を最小限に抑えたい方にはオンライン型がおすすめです。

オンライン型の場合は、すべての活動をネット上で行います。

結婚相談所を費用で選ぶ場合には、以下のポイントを参考にしてください。

  • すぐに成果が欲しくて婚活資金に余裕がある人→ハイブリット型
  • そこまで高額な婚活資金はないけど、手厚いサポートが欲しい人→仲人型
  • 費用を抑えて結婚相談所を利用したい人→データマッチング型
  • 最小限の費用で婚活したい人→オンライン型

【種類別】おすすめの結婚相談所を比較!

おすすめの結婚相談所の特徴を比較表にまとめました。

種類 名前 特徴
仲人型 ゼクシィ縁結びエージェント ゼクシィ縁結びエージェントは、オリコン顧客満足度3年連続1位の結婚相談所です。月会費9,900円からと月会費が安価。
クラブオーツー 慶應義塾大学をはじめとした、国公私立大学のOBの交流会からスタートした会員制クラブ。入会審査を厳しくし、少数精鋭で、会員の質にこだわっているのがポイント。
データマッチング型 オーネット 会員数が5万人以上、新規入会者は年間2万人以上と公表しており、はじめて婚活をする方に人気の結婚相談所。
ノッツェ 「良縁ネット」と連盟しているため、多くの異性を紹介できる
ツヴァイ 会員数は9.2万人と業界内でトップクラス。内面重視型のマッチングシステム・両想い紹介サービスが人気。
ハイブリッド型 パートナーエージェント コンシェルジュは200時間以上のトレーニングを積んだ婚活のプロ。強力なサポート力がウリ。
IBJメンバーズ 成婚前~成婚後までしっかりサポート。会員の男性の64%は年収600万円以上。学歴も約87%が大学卒。
オンライン型 スマリッジ 日本結婚相談所協会(JBA)に加盟しており、5万人以上の会員の中から異性を探すことができる。毎月20名紹介してもらえるので、年間で240名の方にお見合いを申し込むことが可能。
パートナーエージェント オンライン 約5.5万人の会員の中からお相手を探すことができる。対面でのお見合いに加え、オンラインお見合いも可能。費用をかけずに気軽にいろんなお相手と話すことができる。

種類別の結婚相談所に向いている人の特徴・選び方

種類別の結婚相談所に向いている人の特徴・選び方

結婚相談所を選ぶうえで、どんな種類のものがあなたに向いているのか、また結婚相談所を選ぶ際に注目すべき4つのポイントを解説します。

結婚相談所を選ぶ際に注目するポイント4つ

結婚相談所を選ぶ際には、以下の4つのポイントに注目しましょう。以下のことに注目して結婚相談所を選べば、入会してから「こんなはずじゃなかった!」と思う確率もぐっと減ります。

サービス内容

結婚相談所によって、会員へのサポートの厚さには雲泥の差があります。

サポートが手厚いところは価格も高いですし、サポートがないところは自分の頑張りしだいでどんどん出会えるうえに、価格も安いというメリット・デメリットがあるので、一概に「サポートがよいところが一番良い」というわけではありません。

自分に自信がない方は、プロフィール写真を撮ってくれて、内面や外見を磨くセミナーまで実施してくれる仲人型の結婚相談所を選んだほうがよいでしょう。

また、「私は自分で動けるから、とにかくお相手のプロフィールが見たい!」という方は、データマッチング型の結婚相談所でどんどん動くというやり方があります。

大切なことは、入会するときにどんなサポートが受けられて、どんなサポートが受けられないのかをしっかりチェックすることです。

料金

結婚相談所では「初期費用」「入会費」「月会費」「成婚料」「お見合い料(結婚相談所によっては無料)などがかかります。

1年間でどれほどの費用が必要になるのか、試算してから入会しましょう。

費用の目安としては、入会費・初期費用が3~20万円程度、月会費が1~2万円程度、お見合い料が5千円程度、成婚料が5~20万円程度となっています。

専任コンシェルジュのサポートが厚いところほど、月額の費用が高額になる傾向があります。

会員数・年齢層

その結婚相談所に入会することで、どれくらいの出会いがあるのかはとても重要なポイントです。

そもそもあなたの希望する年代・タイプの会員数があまりいない場合、入会してもなかなか希望通りの相手には出会えません。

例えば、あなたがオタクの趣味を持っていて、同じくオタクの趣味を持つ異性と出会いたいと思ったら、オタク婚活に特化した結婚相談所に入会すべきですし、60代以上のシニア層と出会いたいのであれば、シニア向けに特化した結婚相談所に入会する必要があります。

結婚相談所の全体の会員数だけではなく、あなたが出会いたい異性がどれくらいいそうなのか、そして、毎月紹介してもらえる人数は何人なのか。

一か月で何人の人にお見合いを申し込めるのか、などを確認しておきましょう。

会員限定イベントの有無

結婚相談所によっては、会員限定の婚活パーティーや、婚活を有利に進めていくためのセミナーがある場合があります。

イベントの参加者は、「結婚したい!」という意欲が強い傾向にありますので、積極的に参加することで、よい出会いにつながりやすいでしょう。

入会しようと思っている結婚相談所には、どんな会員イベントがあるのかチェックしてみましょう。

開催頻度や内容、費用などをチェックしているうちに、「このイベント、面白い!」とわくわくするようなイベントを開催している結婚相談所が見つかるかもしれません。

1.仲人型に向いている人

1.仲人型に向いている人

料金が高めでも手厚いサポートを受けたいという場合には仲人型の結婚相談所が向いています。

自分の魅力が何なのかわからない、自分に合う相手がどんな人かわからないというとき、専任のコンシェルジュはプロの目線からアドバイスをしてくれます。

料金は高めですが、最後までコンシェルジュが1つ1つ丁寧にサポートしてくれるので、仕事が忙しくてあまり婚活に時間を割けないという人にもおすすめです。

2.データマッチング型に向いている人

自分のペースで婚活をしたい人、自分で動ける人に向いています。

システムが紹介してくれた相手の中から、自分の好きな時間に相手探しをすることができるので、仕事の合間や帰宅時間などにさっとチェックすることも可能です。

専任のコンシェルジュはいなくてもいいから、費用を抑えたいという人にも向いています。

3.ハイブリッド型に向いている人

ハイブリッド型が向いている人は、自分のペースで婚活をしつつ、手厚いサポートも欲しい人です。

仲人型とデータマッチング型の良い部分が合わさっているため、自分のペースで会員を探しつつも、何かあったときにはコンシェルジュに相談もできるというところが魅力です。

4.オンライン型に向いている人

オンライン型に向いている人は、最小限の時間で婚活を進めたい人です。

実際に結婚相談所に行くことがない分、時間を節約して婚活ができるといえるでしょう。スマホ1台あれば、自宅でサクッと婚活をすることができます。

専任のコンシェルジュのアドバイスが受けられるので、マッチングアプリや婚活サイトではうまくいかなかったという人にもおすすめです。

【種類別】おすすめの結婚相談所

【種類別】おすすめの結婚相談所

それぞれの結婚相談所の特徴、料金、サービス内容などを解説します。

1.仲人型のおすすめ結婚相談所

専任のコンシェルジュが二人三脚で婚活を進めてくれる仲人型。仲人型のおすすめ結婚相談所は以下の2つです。

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ縁結びエージェント

会員数 2.9万人
1か月に申し込めるお見合い人数 ご自身で検索した方へのファーストコンタクトお申し込み
20人/月
1年間活動して成婚退会した場合の費用 222,000円
サポート

ゼクシィ縁結びエージェントは、オリコン顧客満足度3年連続1位の結婚相談所です。

月会費9,900円からと月会費が安価にもかかわらず、1人1人に専任のコンシェルジュが付き、成婚退会までサポートしてもらえます。

料金プランが低価格のため、結婚相談所の中では、会員の年齢層が20代~40代と若めです。専任のコンシェルジュがあなたと相性の良い相手を紹介してくれるので、マッチング率が高いと好評です。

>>ゼクシィ縁結びエージェント公式

クラブオーツー

クラブオーツー

会員数 1,700人
1か月に申し込めるお見合い人数 毎月2回のホットメールサービス(紹介)
1年間活動して成婚退会した場合の費用 426,250円
サポート

クラブオーツーは、慶應義塾大学をはじめとした、国公私立大学のOBの交流会からスタートした会員制クラブ。入会審査を厳しくし、少数精鋭で、会員の質にこだわっているのがポイントです。

大手の結婚相談所の連盟には加わらず、クラブオーツーの基準を満たした人のみが入会できます。ハイスペックな男性会員と出会いたいという女性に人気です。

入会すると、40~50代の経験豊富なコンシェルジュが担当します。

実際に入会し、成婚退会した方の口コミでは「ハイステータスをうたっているだけあり、何らかの魅力がある人が多かった」とのことでした。

>>クラブオーツー公式

2.データマッチング型のおすすめ結婚相談所

登録したプロフィールやお相手の希望条件をもとに、自分で主体的に行動するのが特徴のデータマッチング型。データマッチング型のおすすめ結婚相談所は以下の3つです。

オーネット

オーネット

会員数 4.8万人
1か月に申し込めるお見合い人数 8人
1年間活動して成婚退会した場合の費用 272,800円
サポート

オーネットは会員数が5万人以上、新規入会者は年間2万人以上と公表しており、はじめて婚活をする方に人気の結婚相談所です。

男性の約65%が大卒以上。オーネットに登録している男性の年収は、一般男性の平均年収を上回っています。また、若い女性の割合も高く、20代~30代の方が7割を超えています。

先にお伝えした通り、オーネットはその知名度から、婚活を始める方の入り口になっています。そのため、「この人は結婚相談所なんて入らなくても……」と思うような美男美女が比較的多い傾向にあります。

>>オーネット公式

ノッツェ 

ノッツェ

会員数 4万人
1か月に申し込めるお見合い人数 2名(オプション料により増加)
1年間活動して成婚退会した場合の費用 420,750円
サポート

ノッツェの会員数が多い理由は、「良縁ネット」と連盟しているため。連盟とは、複数の結婚相談所がお互いの会員データを共有することで、多くの異性を紹介できるようにする仕組みのこと。

例えば、結婚相談所Aに入会しても、連盟同士のBやCの結婚相談所にいる異性と出会えるということです。入会してからは、ほとんどサポートはなく、自力で活動することになります。

>>ノッツェ公式

ツヴァイ

ツヴァイ

会員数 9.2万人
1か月に申し込めるお見合い人数 3名(50人紹介される)
1年間活動して成婚退会した場合の費用 263,600円
サポート

ツヴァイは日本結婚所連盟に所属しており、会員数は9.2万人と業界内でトップクラスとなっています。

内面重視型のマッチングシステム・両想い紹介サービス(お互いの希望条件が両想いだった場合、それを教えてもらえます)が人気です。

実際に成婚退会した方は、「しっかりした収入があり、結婚したい意志の高い方が多いので、お互いに気が合えば結婚までスムーズです」と話されていました。

データマッチング型ですが、担当コンシェルジュのサポートを得ることができます。ただし、口コミを見る限り、二人三脚といえるほどのサポートはない様子。基本はデータの中から自力で相手を探す必要があります。

>>ツヴァイ公式

3.ハイブリッド型のおすすめ結婚相談所

仲人型とデータマッチング型のいいところを取ったハイブリッド型。ハイブリッド型のおすすめ結婚相談所は以下の2つです。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

会員数 1.1万人
1か月に申し込めるお見合い人数 コンシェルジュによるお相手のご紹介
6人/月
ご自身でコンタクト希望を送れる人数
5人/月
1年間活動して成婚退会した場合の費用 367,000円
サポート

パートナーエージェントは広告に力を入れており、会員数が右肩上がりの結婚相談所です。

「成婚率NO1」という広告を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パートナーエージェントは「1年婚活」を掲げており、過去5万人の会員の婚活データの中から、成婚退会までに何人とお見合いし、交際すればいいのかを年間婚活計画にして数値で示してくれます。

そして、専任のコンシェルジュが入会3か月と10か月目のタイミングで、計画が順調なのかを振り返ってくれます。

このサポートにあたるコンシェルジュは、200時間以上のトレーニングを積んだ婚活のプロ。パートナーエージェントはこの強力なサポート力がウリです。

>>パートナーエージェント公式

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

会員数 6.7万人
1か月に申し込めるお見合い人数 20名まで/月
1年間活動して成婚退会した場合の費用 55,1000円
サポート

結婚相談所の最大手といわれるIBJメンバーズ。ほかの結婚相談所と比べると、料金は高いものの、コンシェルジュのサポートの質が良いと評判です。

IBJメンバーズでは、成婚前~成婚後までしっかりサポートしてくれます。

この徹底したサポートにより、IBJメンバーズの会員の3か月以内の交際率は83.6%にものぼります。

会員の男性の64%は年収600万円以上。学歴も約87%が大学卒です。

実際に入会した方は、その手厚いサポートに驚いたとのこと。異性とまともに話せなかった状態から、上手に会話するコツやデートの仕方まで、たくさんのことを教えてもらったそうです。

>>IBJメンバーズ公式

4.オンライン型のおすすめ結婚相談所

スマホ一つで簡単に婚活ができるオンライン型。オンライン型のおすすめ結婚相談所は以下の2つです。

スマリッジ

スマリッジ

会員数 5.5万人
1か月に申し込めるお見合い人数 毎月最大4名
1年間活動して成婚退会した場合の費用 114,000円
サポート

スマリッジはスマホだけで登録ができるオンライン型の結婚相談所。「独身証明書」の提出が求められているので、安心して婚活することができます。

国内最大級のネットワークを誇る日本結婚相談所協会(JBA)に加盟しており、5万人以上の会員の中から異性を探すことができます。

毎月20名紹介してもらえるので、年間で240名の方にお見合いを申し込むことが可能です。最大の魅力は、登録料5,000円、月会費9,000円というリーズナブルな価格設定。

これ以上の追加料金はかからないので、婚活にあまりお金をかけたくない方におすすめです。ちなみに、3ヶ月間以内でお見合いが成立しなかった場合、全額返金保証制度が適用されます(登録料と3ヵ月分の月会費を返金)。

>>スマリッジ公式

パートナーエージェントオンライン

パートナーエージェントオンライン

会員数 5.5万人
1か月に申し込めるお見合い人数 2通+MYPR 12通 ※申し受け無制限
1年間活動して成婚退会した場合の費用 367,000円
サポート

パートナーエージェントオンラインはたびたびキャンペーンを行っており、登録料(11,000円)が無料、初期費用(57,200円)が50%オフなどになります。

会員になると、約5.5万人の会員の中からお相手を探すことになります。マッチングアプリと違い、学歴証明、年収証明、独身証明などの提出が必須なので、相手の素性がしっかりしています。

対面でのお見合いに加え、オンラインお見合いも可能です。費用をかけずに気軽にいろんなお相手と話すことができます。

プレミアムコースに入れば、専任のコンシェルジュによるサポートもあり、理想の結婚やお相手の雰囲気を徹底的にインタビュー。そして、あなたに合わせた婚活プランを設計してもらうことができます。

>>パートナーエージェントオンライン公式

【種類別】結婚相談所のメリット・デメリット

【種類別】結婚相談所のメリット・デメリット

それぞれの結婚相談所の種類のメリット・デメリットの解説を行います。

1.仲人型のメリット・デメリット

メリット

仲人型の場合は、お見合いの希望から交際希望まで、すべてコンシェルジュを通します。

そのため、もしお見合い相手に対して「合わないなあ……」と思った場合には、コンシェルジュにその旨を話せば、お断りを入れてもらえるので、ストレスフリーで婚活を進めていくことができます。

また、コンシェルジュがプロの目線で「合いそう」と思った相手を紹介してくれるため、お見合い相手にぼんやりとしたイメージを持っていない人や、「自分にはどんな人が合うんだろう……」と好みがはっきりしない人にとっては、良いサービスといえるでしょう。

お見合いのセッティングから、お見合い中の話の選択、交際中のサポートまで面倒を見てもらえるので、自分からガンガンいけないという人にとって安心のサービスです。

デメリット

コンシェルジュが手厚くサービスを行ってくれる分、人件費が高くなります。そのため、仲人型の結婚相談所はほかの結婚相談所に対して費用が高めです。

また、コンシェルジュの紹介を待たないと、次に進めないので、出会える人数がデータマッチング型やオンライン型に比べると少なくなります。

出会える相手も、その結婚相談所内の会員に限られるため、たくさんの会員の中から選びたい人という人には物足りないかもしれません。

最後に、コンシェルジュとの相性が悪いと、相談しにくくなってしまい、結果としてスムーズに話が進まない……というケースが発生します。

2.データマッチング型のメリット・デメリット

メリット

最大のメリットは、データを共有している結婚相談所が多いので、たくさんの方からお見合い相手を選べることです。

どんな人と知り合いたいのか条件が決まっていて、自分で動ける人でしたら、どんどんお見合い相手を見つけることができるでしょう。

会員データを見るのはいつでもできるので、自分の都合に合わせて、効率的に活動できるのもポイントです。そして、第三者のサポートがないぶん、費用を抑えて婚活することができます

デメリット

仲人型の結婚相談所と違い、専任のコンシェルジュがいないため、すべての流れを自分でやりぬかなければなりません。

自分から主体的に動ける人でなければ、よい出会いを見つけることができず、なかなか成婚に至らないことも。

また、データマッチング型の場合、コンピューターが自分に相性の良い相手を紹介してくれるのですが、コンピューターが結婚相談所に登録されているデータの中から判断するので、人柄や価値観などの細かい部分はわからないというのがデメリットです。

コンピューターがはじき出したデータにあなたのプロフィールがあったとしても、異性が「この人、素敵」と思えなければそこで終了です。

そのため、お見合いまで進むためには魅力的なプロフィールを作成することがなによりも重要になります。

コンシェルジュがいない場合、客観的にアドバイスしてくれる人がいないので、あなたの魅力がプロフィールから伝わらなかったり、自分のアピールすべきポイントがなんなのかわからないということにも陥りがちです。

コンシェルジュがいない分、最初のお見合いの申し込み段階で躓いてしまう人も多いでしょう。

3.ハイブリッド型のメリット・デメリット

メリット

「仲人型」と「データマッチング型」の両方の良いポイントを利用できるのがメリットです。

コンシェルジュの意見をもらいつつ、自分でも積極的に動くことができるので、効率よく婚活を進めることができます。

いろいろな角度からお相手を探すことができるので、「こんな人がいたんだ!」と思うような相手とも出会うことができます。

デメリット

デメリットは、データマッチング型よりも費用が高くなる点です。

コンシェルジュが入ることで人件費がかかるため、どうしても費用は割高になります。とにかく婚活費用は安くしたいという人には向いていません。

4.オンライン型のメリット・デメリット

メリット

オンライン型の最大のメリットは自宅にいながら婚活を進めることができるという点です。

マッチングアプリや婚活サイトが出会いの場だけを提供しておしまいであることに比べ、オンライン型の婚活では専任のコンシェルジュがしっかりとアドバイスしてくれますし、オンラインでお見合いもセッティングしてくれるので、効率よくお見合いに進むことができます。

デメリット

インターネット環境に左右されるので、環境によっては、画面が乱れたり、音声が途切れてしまい、スムーズにお見合いが進まない可能性があります。

また、照明の明るさなど、部屋の環境で印象が左右されるので、部屋が暗かっただけなのに「この人は性格が暗そう……」などと悪いイメージをもたれてしまうことも。

オンラインのお見合いの場合、良くも悪くも画面に映る映像しか判断材料がないので、画面に映っている場所以外の相手の仕草や服装が見えません。

基本的には上半身しか映らないため、人によっては貧乏ゆすりをしていたり、机の下で手を激しく動かしていることもあります。実際に会う時とは違う印象を持つかもしれません。

まとめ

まとめ

「私はサポートは必要ないから、いっぱい男性がいるところがいいな」という方にはデータマッチング型。

「異性とうまく話せる自信がないから、サポートが手厚いところがいい……」という方には仲人型。

「今は地方にいるけれど、将来的に東京で就職したいから、東京の人と出会いたい」という方にはオンライン型。

など、自分が入るべき結婚相談所の種類が見えてきたのではないでしょうか。

それぞれに特徴のある大手結婚相談所。じっくり比較して、自分にあった結婚相談所で活動を始めましょう!

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック