神河町で暮らす良さとは?移住のための仕事・住居・支援情報

この記事では、地方への移住を検討している方に向けて兵庫県神崎郡神河町(かみかわちょう)の魅力をご紹介します。

神河町は兵庫県のほぼ中央に位置するまちです。面積の約8割が山林であり、関西地方でも有数の美しい高原地帯を有しています。1,000m級の山々から湧き出る名水と澄み渡る空気が自慢のまちです。

都市部へのアクセスも良好で、子育て支援にも力を入れている自治体なので、移住希望者からの注目も集まっています。

このような特徴を持つ神河町ではどういった暮らしができるのか、神河町定住支援員のおふたりに伺った話と合わせて、詳しく解説していきます。

神河町の定住支援員の藤原さんと中山さん

神河町での暮らし:3つの特徴


神河町暮らしの特徴

まちの形がハート型をしているという可愛らしい特徴を持つ神河町。町域の約8割を山林が占め、山々からは名水が湧き出ています。

そんな神河町は、以下のような希望をお持ちの方にぴったりの移住地です。

  • 自然に囲まれて暮らしながらも都市部へ気軽にアクセスしたい
  • おいしい空気を吸いながら、心穏やかに過ごしたい
  • 充実した子育て支援のあるまちで、子どもをのびのびと育てたい

それでは、神河町の特徴や魅力について詳しく見ていきましょう。

特徴1:豊かな自然と名水の地!多彩なアクティビティも楽しめる

神河町にある砥峰高原ススキが一面に広がる風景
▲ススキの群生地として有名な砥峰高原。映画や大河ドラマのロケ地にもなっている。

神河町は、千町ヶ峰や暁晴山など、1,000m級の山々に囲まれた自然豊かなまちです。神河町の各地できれいな水が湧き出ており、千ヶ峰南山名水や笠形神水をはじめとした水が「名水」として認定されています。

また、山だけでなく、小田原川や市川などの河川にも恵まれており、ホタルやアマゴといった生き物に出会えることもありますよ。

釣りやキャンプ、グランピング、登山にハイキング、スキーなどのアウトドアも楽しめるので、週末に家族でお出かけする場所にも困りません。

峰山高原のスキー場で写真を撮るご当地キャラのカーミン
▲峰山高原のスキー場。スキーウェアをまとったご当地キャラのカーミン。

神河町は、アウトドア派の方にもおすすめの移住地といえるでしょう。

特徴2:ちょうどいい立地!都市部までのアクセスが良好

神河町は兵庫県のほぼ中央に位置しているため、京阪神や中国地方へのアクセスが良好です。姫路までは車で約40分、大阪や神戸までは1時間半ほどで移動できます

神河町の自然に身を置きながらも、いざ思い立った時にすぐ行ける距離感は、田舎過ぎない暮らしを希望している方にぴったりな環境といえます。

特徴3:子育てに適したまち!環境づくりや途切れのない支援が魅力

神河町は、都市部では体験できない自然環境を活かした教育にも力を入れています。小中学校の給食には、神河町で作られた野菜を使用しているそうですよ。

幅広い世代の交流の場として作られた児童センター「きらきら館」・子育て学習事業「おひさま」には、子育てインストラクターの職員が常駐しているため、育児に悩んだときの駆け込み寺としての利用もできそうです。

神河町の児童センターで開催しているハロウィンパーティの様子
▲児童センター「きらきら館」・子育て学習事業「おひさま」では季節のイベントも豊富。

そのほか、子育てワンストップ窓口の設置や発達・発育支援を行うなど、「すべての子どもが暮らしやすいまち」を作ろうという姿勢がひしひしと伝わってきます。

また、子どもの成長に合わせた情報を発信したり、忘れがちな予防接種のスケジューリングができたりする子育てアプリも運営しています。神河町で子育てするなら、登録しておいて損はありませんよ。

公式URL:かみかわちょう子育て応援アプリ

子育てデビューから義務教育終了までの手厚いサポートあり

神河町は、特定不妊治療費の助成や妊婦健診費の助成、母親同士の交流が持てるプレママcafeなどを実施しています。産後には絵本のプレゼントや出産お祝い品の贈呈などの嬉しいサポートも行っているとか。

ほかにも下記のような支援で、子育て世帯をバックアップしています。

医療費無料 高校3年生までのお子さんの医療費がすべて無料
子育て世帯応援 第3子以降を対象に、お祝い金を支給
出生時:10万円
満6歳到達時:5万円
満12歳到達時:10万円
保育所・幼稚園保育料の減免 ■保育所保育料
第2子:半額
第3子以降:無料

■幼稚園保育料
無料

また、神河町ではひとり親世帯での移住にも力を入れています。ひとり親の移住者との交流や、仕事、住まいについての相談にも応じてくれます。

公式URL:ひとり親の移住を応援します!

神河町での暮らしの情報

次に、神河町での暮らしに役立つ情報をご紹介していきます。

気候 年間平均気温は13.8度
最高は8月の平均31.8度、最低は1月の平均-1.1度
※参考:気象庁ホームページ/一宮気象観測所
人口 人口は10,681人、世帯数は4,203
病院 病院・クリニック:3か所
歯科:4か所
眼科:1か所
学校 幼稚園:3園
小学校:3校
中学校:1校
高等学校:1校
食べ物

柚子製品、麹、仙霊茶、味噌、自然薯、からかわ(山椒佃煮)、米粉バームクーヘン

観光施設 とのみね自然交流館
峰山高原リゾート
かみかわ 桜の山 桜華園
銀の馬車道交流館
カーミンの観光案内所
かんざきピノキオ館
神崎農村公園 ヨーデルの森
こっとん亭
グリーンエコー笠形
ホテル モンテ・ローザ
峰山高原ホテル リラクシア
新田ふるさと村
道の駅「銀の馬車道・神河」
祭事 砥峰高原山焼き
かんざき桜の山桜華園さくらまつり
犬見川ホタル祭り
かみかわ夏まつり
砥峰高原ススキまつり
神河ヒルクライム
交通 【鉄道路線】
中心となる駅:寺前駅
JR播但線
新野駅-寺前駅-長谷駅

【バス】
神河町コミュニティバス((株)ウイング神姫粟賀営業所)

【高速道路】
播但連絡道路
・神崎南ランプ
・神崎北ランプ
近隣市町 姫路市
朝来市
宍粟市
神崎郡市川町
多可郡多可町
アクセス 【電車(JR線)】
JR播但線「寺前駅」または「新野駅」下車

【自動車】
中国自動車道「福崎IC(インターチェンジ)」経由
播但自動車道「神崎南ランプ」または「神崎北ランプ」下車

表を見てみると、神河町には学校や病院などの施設も揃っていることがわかりますね。

医療・保険・福祉も充実している神河町は、子育て世帯はもちろん、新婚などの若者世帯や、新しい地でセカンドライフを送りたいと思っている方も暮らしやすいまちといえるでしょう。

神河町では、多彩なお祭りや行事も各地で行われています。神河町での取り組みや日常は、公式Instagramでも発信中です。ぜひチェックしてみてくださいね。

公式Instagram:https://www.instagram.com/kamikawa_hyogo/

【仕事】求人情報は多め。起業目的の方や東京圏からの移住者には補助金制度あり

大手求人サイトで神河町の求人を探したところ、約1,100件の求人が見つかりました!30分圏内で通勤可能な近隣都市に幅を広げると約2,200件となりました。※参考:求人情報の一例(※2022年12月縁結び大学独自調べ)

大阪や神戸などの会社勤めの方がテレワークをしたり二拠点生活を送ったりしているケースもあるようです。

神河町でお仕事を探すなら下記のサイトがおすすめです。求人を募集している企業からのメッセージや働く方たちのコメントなどが掲載されており、親しみのあるページになっています。

公式URL:かみかわお仕事ナビ

また、「神河町で起業したい!」と思っている方は、神河町創業促進事業補助金制度を利用するのはいかがでしょうか。補助対象者や必要書類などの詳細は公式ホームぺージをご確認ください。

公式URL:神河町創業促進事業補助金制度

東京23区から神河町で就業または起業する場合に、移住支援金が支給される制度も実施されています。補助金額は下記のとおりです。

単身の場合 60万円
2人以上の世帯 100万円

申請方法については下記URLからご覧ください。

公式URL:兵庫県移住支援事業のご案内(移住支援金)

【住まい】空き家・空き部屋バンクがおすすめ。若者世帯に向けた住宅支援が充実

神河町で住まいを探すなら、「かみかわ空き家・空き部屋バンク」の利用がおすすめです。調べた時点で空き家物件は、平屋や2階建ての戸建て住宅価格が約200万円から掲載されていました。

最近では、空き家を購入して自分好みにリフォームするという方も多いですよね。神河町は空き家改修などの支援も充実しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

公式URL:空き家活用支援事業

ひとまず賃貸物件で探している方向けにも、集合住宅やログハウスの貸し出し物件が掲載されていましたよ。

公式URL:かみかわ空き家・空き部屋バンク

新婚・婚姻予定・子育て中の「若者世帯」必見の支援がたくさん!

神河町は、若者世帯に向けた移住支援が充実しています。表にまとめたので見ていきましょう。

若者世帯向け家賃補助事業 最大2万円までの家賃補助を実施
若者世帯住宅リフォーム 住宅リフォームにかかる費用を最大50万円まで補助
※神河町内の業者を利用した場合には加算助成あり
若者世帯家賃低廉化事業 住まいの確保が困難な低額所得者である若者世帯が、比較的低価格で入居できる物件を提供する支援

家賃補助の支援を利用してリーズナブルな価格で暮らしながら、マイホームのための資金を貯めるといった手もありますよ。ぜひ検討してみてくださいね。

神河町の移住者の声:地域の人があたたかい

神河町の移住者の声

ここでは神河町へ実際に移住した方たちの声をご紹介します。

  • 神河町は移住者を受け入れてくれる優しい方が多い
  • 困ったときも地域の方が助けてくれる。あたたかさに感動
  • 水と空気が最高においしい!
  • ゆったりとした雰囲気で、とても住み心地のよいまち
  • 都市部へのアクセスも良好なので便利が良い

神河町のまちの人のあたたかさや、自然環境の素晴らしさにふれている声を多く見かけました。

また、都市部へアクセスしやすく適度に流行に乗りながら暮らせる点も、人気の理由ではないでしょうか。

移住に関する問い合わせ:オンライン&LINEでの相談も可能

神河町への移住に少しでも興味を持った方は、「神河町移住定住サポートセンター」もしくは「神河町役場」に相談しましょう。

神河町の移住サポートセンターの外観写真
▲神河町に委託されて移住に関する業務を行っている「神河町移住定住サポートセンター」

神河町移住定住サポートセンターでは、ZoomまたはLINEでのオンライン相談も受け付けています

移住に関する不安や疑問点について話したり、神河町でのリアルな話を直接聞いたりすることで、移住への大きな第一歩を踏み出せるでしょう。

神河町移住定住サポートセンター(一般社団法人リバーズラン)

住所 〒679-2424
兵庫県神崎郡神河町柏尾471番地3
電話 0790-33-9500
FAX 0790-33-9488
LINE ID @691gdyxl(神河移住サポート)
営業時間 月曜日から金曜日
午前8時30分から午後5時00分まで
(土日祝日・年末年始は除く)
公式サイト 兵庫県神河町移住定住支援サイト:かみかわくらす

神河町役場

担当課 ひと・まち・みらい課
住所 〒679-3116
兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)
電話 0790-34-0002
FAX 0790-34-0691
公式サイト http://www.town.kamikawa.hyogo.jp/soshiki/1-12-0-0-0_1.html

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック