婚活パーティー・イベント

シニア・中高年におすすめの婚活パーティーを紹介!熟年婚活を解説 

今、シニア・中高年世代の婚活市場が盛り上がりを見せています。

2008年に「離婚時の年金分割制度」が施行されたことにより、夫が支払ってきた厚生年金を離婚後にも妻に分配してもらうことができるようになりました。

この制度に後押しされ、離婚を決断するシニア女性が増加。熟年離婚がにわかに注目されだし、それと同時にシニア世代の婚活が注目を集めるようになったのです。

また、シニア世代の婚活を取り上げるメディアが増えたことで、「この歳でも婚活していいんだ」と多くの方が自信を持ったこともブームの背景にあります。

今や熟年婚活は決して珍しくありません。今回は、シニア・中高年世代におすすめの婚活方法をご紹介します。

結論:シニア・中高年にこそ婚活パーティーは向いている!

結論:シニア・中高年にこそ婚活パーティーは向いている!

近年、シニア・中高年にとくに人気が高まっているのが婚活パーティーです。

昔は月1程度だったシニア向けの婚活パーティーですが、現在は全国各地で毎週のように開かれています。

シニア向けの婚活パーティーの開催頻度は20年前の実に4倍になっているのです。若い世代の間ではマッチングアプリが大流行していますが、シニア・中高年にはネットに詳しくない方も多く、「ネットでの出会いは怖い」と思っている人が多数いらっしゃいます。

そんなシニア・中高年世代にとっては実際に会って伴侶を探せる婚活パーティが向いていると言えるでしょう。

シニア・中高年向けのおすすめの婚活パーティー5選

シニア・中高年向けのおすすめの婚活パーティー5選

シニア・中高年におすすめの婚活パーティを5つご紹介します。


年齢料金
パーティーパーティー男性55~69歳
女性50~67歳
男性4,000円
(早割りで2,500円)
女性1,500円
(早割り0円)
エクシオ男性50~70歳代
女性50~70歳代
男性4,000円
(web予約で3,500円)
女性2,000円
(web予約で1,500円)
オトコン男性50歳〜59歳位
女性50歳〜59歳位
(±2歳までの方が対象)
男性3,500円
女性500円
ホワイトキー男性50~68歳
女性49歳~66歳
男性5,000円
(web予約で4,500円)
女性は2,500円
(web予約で2,000円)
シャンクレール男性50~60歳くらい
女性48~58歳くらい
男性4,300円
(web予約で3,800円)
女性2,000円
(web予約で1,500円)

1 パーティーパーティー

パーティーパーティー

パーティーパーティーは東京都、神奈川、埼玉、茨城、栃木、群馬で主に婚活パーティーを開催している会社です。

参加条件を細かく設定しているのが特徴で、パーティーの中には「シニア」向けのものもあります。

パーティーパーティーで開催されている60代以上向けの婚活パーティーの割合は全体の5%程度。

若い世代の婚活パーティーと比べると開催数は少ないものの、近年は需要が高まっており、増加傾向にあります。

「40代・50代」「50歳~65歳」「50代」「60代中心」など、年齢幅がそれぞれ設けられているので、事前に「どんな年代のお相手と出会いたいのか」をイメージして婚活パーティーを選ぶと良いでしょう。

パーティーパーティーで開催されているシニア・中高年向けの婚活パーティーは1対1で話せる着席スタイルで行っています。

例えば、男性55~69歳、女性50~67歳を対象にした婚活パーティーでは、男性の会費が4,000円(早割りで2,500円)、女性が1,500円(早割り0円)となっています。

2 エクシオ

エクシオ

エクシオは、「7年連続、お見合いパーティー総参加者数ナンバーワン」を掲げている会社。エクシオのお見合い会場は全国に105箇所あり、地方に住んでいる方も少し足を伸ばせば参加できるのがポイントです。

エクシオでは「50・60歳中心」の婚活パーティーを行っています。

「離婚をしたものの、寂しくなり、お茶のみ友達が欲しくて参加」したという女性は同じような人がいっぱいいて、楽しかったと書かれていました。マッチングはしなかったものの、久しぶりに同世代の男性と会話ができて気持ちが高揚したのだとか。

婚活会場は個室ラウンジで行われ、1対1で話すことができます

男性50~70歳代、女性50~70歳代を対象にしたエクシオの婚活パーティーの参加費は、男性の会費が4,000円(web予約で3,500円)。女性は2,000円(web予約で1,500円)となっています。

3 オトコン

オトコン

オトコンは、株式会社パートナーエージェントが運営する婚活パーティ―の会社です。

開催エリアは北海道、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、福岡県となっています。

基本的には少人数で開催しており、ひとりのお相手と約7分ほどじっくりと話せることがポイント。フリータイムはなく、お相手と2回話せるチャンスがあります。

ランニング婚活や、朝読書婚活など、さまざまなパーティーが用意されており、その中にシニア向けの婚活パーティーもあります。

オトコンのシニア向けの婚活パーティーには、「恋愛を楽しみたいというよりも、人との交流が楽しみ」な参加者が多いのだとか。

ウォーキングやバスツアーなど趣向をこらしたイベントに参加できるので、同世代の友達ができて、日々の生活が生き生きし始めたと話す会員も多いそうです。

男性50歳〜59歳位(±2歳までの方が対象です)、女性50歳〜59歳位(±2歳までの方が対象です)のオトコンの婚活パーティーの会費は、男性3,500円、女性500円となっています。

4 ホワイトキー

ホワイトキー

ホワイトキーは、北海道札幌市で誕生した婚活パーティーの運営会社。20年もの間、365日婚活パーティーを開催し続けているのがポイントです。

現在は北海道エリアを中心に、東北エリア(仙台、山形)関東エリア(新宿、青山、銀座、横浜、宇都宮、大宮、、高崎、前橋、千葉、つくば)、中部エリア(静岡、名古屋、岐阜、浜松)、関西エリア(大阪梅田、心斎橋、神戸、京都)、中国四国エリア(広島)、九州エリア(北九州、福岡、熊本)で婚活パーティーを開催しています。

ホワイトキーでは、自己紹介タイムと呼ばれる1対1の会話のあと、すぐに第6位まで指名することができるファーストインプレッションカードに記入をします。

このカードをもとにコンピューターが集計を行い、相性診断シートを全員にお配りします。

これにより、気になる相手に何人のライバルがいるのか、また、自分は相手にどう思われているか見ることができるので、後半に誰にアプローチするべきか分かります

スタイルとしては、個室シートを採用しており、1対1で話すことができます。

男性50~68歳、女性49歳~66歳を対象にしたホワイトキーの婚活パーティーの場合、会費は男性5,000円(web予約で4,500円)、女性は2,500円(web予約で2,000円)となっています。

5 シャンクレール

シャンクレール

シャンクレールは全国の主要都市で婚活パーティーを開催している会社です。

月間動員数は50,000人超え。女性ファッション誌「nonno」やNHK「ニュースウォッチ9」で特集取材を受けるなど、知名度のある会社です。

シャンクレールには、婚活ノウハウを持つスタッフが多数配置されており、フリータイムで上手に異性に話しかけられないという人には、さりげなくスタッフがフォローしてくれます。

パーティー初心者の方に優しい会社といえるでしょう。

「40代・50代中心」「50代中心」「バツイチ理解者限定」などいくつかのカテゴリーに分かれているので、自分に近いものに参加することができます。

当日はシャンクレールの持つ個室ラウンジで、1対1で話すことができます

シャンクレールの婚活パーティーの参加費は、男性50~60歳くらい、女性48~58歳くらいの人を対象とする場合、男性4,300円(web予約で3,800円)、女性2,000円(web予約で1,500円)となっています。

シニア・中高年が婚活パーティーでカップリングする3つのコツ

シニア・中高年が婚活パーティーでカップリングする3つのコツ

シニア・中高年が婚活パーティーでカップリングするためには、以下の3つのコツが必要です。

1 清潔感のある見た目

これはシニア世代にかかわらず、清潔感のある見た目をすることは婚活において非常に重要です。

「人は見た目ではない」という言葉がありますが、それは「見た目によらない」というだけで、身なりはどうでもいいというわけではありません

例えば、2カラットの素晴らしいダイヤモンドがあったとします。銀座の高級ジュエリー店の店頭にあれば、500万の値がつけられていても買いたいという人が出てくるでしょう。

しかし、道端でボロボロの敷布の上で売られていたらどうでしょうか。あなたは「これが本物のダイヤだ」と思うことなく、通り過ぎるのではないでしょうか。

商品を売るときに、パッケージが重要なように、婚活においてもパッと見た瞬間の印象というのはとても大事です。

ある心理実験によると、人は相手を7秒見ただけで、印象が決まることが分かっています。「素敵」と思われるのか「なし」と思われるのか、その一瞬の判断は清潔感のある見た目にするだけでがらりと変わるのです。

ただし、若々しく見せようとして、年齢にそぐわない格好をするのはNGです。逆に「若作りしてる」と思われてしまうので、年齢相応の恰好を心がけましょう。

2 落ち着いた態度

パッと見た瞬間には「いいな」と好印象でも、その後、「なしだな」と思われてしまう理由は、「落ち着きがない」と判断されているケースが多いです。

仕事に対しても結婚に対しても本気。その姿勢は伝わるものの、ずっと早口で一方的に話し続けてしまった場合、相手はあなたの良さに気付く前にぐったりしてしまいます。

早くお相手を見つけたいかといって、焦っては本末転倒。あなたが焦っていることは相手にすぐに伝わってしまうでしょう。結果、「お友達としてなら」「伴侶としてはみられない」と思われてしまいます。

シニア婚活をしている人は、伴侶と安定して落ち着きのある生活を過ごしていきたいと思っています。婚活パーティーの場では、ゆったりと構えましょう。

まずは立ち姿から、変えていきましょう。猫背だったり、姿勢が悪いと老けて見えますし、おどおどした印象を与えます。立ち姿や歩き姿などの姿勢にも意識してみましょう。

3 丁寧な言葉使い

言葉遣いが丁寧なことがイコール誠実である人とは限りませんが、丁寧な言葉遣いは誠実さや真面目さ、優しさなどを示すことができます。

日常生活で使っている言葉でも、「だるい」「めんどい」などの言葉は相手に悪い印象を与えてしまいます。

恋の始まりは相手の方があなたと一緒にいることで心地よさを感じるところからはじまることを忘れないようにしましょう。

直感的に「この人とは合わなそう」と思われてしまった場合、恋愛関係には至りません。「いやな感じがする」と思われてしまう可能性は少しでも潰していきましょう。

シニア・中高年が婚活パーティーへ参加する際の2つの注意点

シニア・中高年におすすめの婚活パーティーを紹介!熟年婚活を解説

シニア・中高年が婚活パーティーへ参加するうえで、気を付けていただきたいことを2つご説明します。

1 婚活以外の目的だと勘違いされる

シニア婚活では、単純に「一緒に余生を過ごす」という目的ではなく、遺産目当てや介護探しと勘違いされる可能性もあります。

勘違いだけで済めば良いですが、遺産目当ての高齢者を狙う結婚詐欺もあるので、注意が必要です。

70代以上の方でも、40代、もしくはもっと若い相手と結婚したいという方もいますが、お相手と本当に価値観が合うのか、一緒に老後を穏やかに過ごせそうか考えましょう。

2 結婚詐欺に注意

これは婚活アプリでの話ですが、1000万円以上のお金を結婚詐欺でだまし取られた人もいます。

「無駄な保険に入っていないか心配だから証券を見せて」「今月、仕事のノルマが達成できなくて厳しいの。助けて」などと言われたら、すぐに詐欺を疑いましょう。

一度、相手を好きになってしまうと盲目になってしまい、騙されていても気づかないケースが多いです。

結婚詐欺は被害届が出にくい被害と言われており、報道されているのは氷山の一角。ちなみに、婚活アプリを利用した投資詐欺は、2010年から2018年までで相談件数が4倍となっています。

※引用:出会い系サイトやマッチングアプリ等をきっかけとする投資詐欺にご注意を(国民生活センター)

シニア・中高年の熟年婚活の現実は厳しいのか

シニア・中高年の熟年婚活の現実は厳しいのか

シニア・中高年の熟年婚活は出会いの場が限られているので、20代や30代の婚活に比べれば厳しいといわざるをえないでしょう。

若いころ、モテていたという人は、年齢を重ねても「自分がモテない」という現実を受け入れられず、婚活パーティーに1度行っただけで行く気を失ってしまったという人もいます。

しかし、自分はもう若くないことを自覚し、本当に寄り添える相手を探して積極的に行動していれば、十分に婚活は成功します。

シニア・中高年層に特化した婚活パーティーや結婚相談所で、出会いに積極的な相手を探すのがおすすめです。

シニア・中高年におすすめ熟年婚活の方法3選

シニア・中高年におすすめ熟年婚活の方法3選

シニア向けのおすすめ熟年婚活の手段を3つご紹介します。

1 シニア・中高年向けの結婚相談所を利用する

結婚相談所の中には、シニア・中高年向けのプラン、割引があるとこともあります。

例えば、1年以内の交際率93%という結果を出しているパートナーエージェントの場合、シニア婚活の活動費費用は以下のようになります。

ノッツェの料金費用
入会費33,000円
登録料33,000円
月会費14,300円
お見合い料無料
成婚料55,000円

結婚相談所に入会した場合、婚活のプロのアドバイザーからサポートが受けられるのがポイントです。

また、ノッツェをはじめ、結婚相談所では、プロのアドバイザーからのアドバイス、お互いの価値判断や、プロフィールや婚活写真の作成などを行ってくれるので、婚活を始めたばかりで自分の上手な見せ方が分からないという方の強い味方になってくれます。

シニア・中高年向けに特化した結婚相談所でおすすめなのは以下の7社です。詳しくはリンク先をご覧ください。

  • オーネット
  • 茜会
  • ノッツェ
  • パートナーエージェント
  • サンマリエ
  • IBJメンバーズ
  • 東京メモリー

2【ネットに強い人向け】マッチングアプリを利用する

普段からインターネットに慣れている方には、マッチングアプリがおすすめです。

最近ではマッチングアプリにもシニア・中高年世代の登録が増えています。マッチライフが行った調査によると、マッチングアプリを使用している人のうち、60代男性の割合は8%ほどいるそうです。

また、ペアーズには約15万人の中高年・シニアが参加しています。

マッチングアプリは、スマホ一台さえあれば、空き時間に婚活ができるほか、安価で活動できるというメリットがあります。

月額利用料は男性が4,000円程度、女性は無料。一度の婚活パーティーへの参加と同じくらいの料金で伴侶を探すことができます。


月額費用
ペアーズ月額1,430円~4,100円
Omiai月額1,950円~3,980円
マリッシュ月額1,650円~3,400円
マリマリッジ月額1,900円
(月額費用の幅は、契約する期間で変わります。もっとも高額なのは1カ月プランで、最も安いのは1年プランです。1年プランの場合、1度の支払額は高くなりますが、月額で割ると安くなります)

とはいえ、マッチングアプリであればどれでもいいということではありません。中には若者ばかりのものも多いので、中高年の登録者の多いマッチングアプリをつかいましょう。詳細はリンク先で紹介します。

3 シニア・中高年限定の婚活パーティーを利用する

シニア・中高年限定の婚活パーティーで出会う方法です。数年前まではあまり開催されていませんでしたが、近年では需要の高まりを受けて、シニア・中高年向けの婚活パーティーは増えました。

直接会って話せるので、ちょっとしたお茶のみ友達が欲しい、同年代の方と楽しくおしゃべりしてみたい、という動機の方にも人気です。

シニア・中高年向けの婚活パーティーに参加するようになり、若々しい気持ちになったという人も多いです。

まとめ

まとめ

シニア・中高年世代の方は「いまさら婚活なんて」「この歳で婚活なんて恥ずかしい」と自分の気持ちを封じ込めがちです。しかし、周囲の無責任な意見など、聞く必要はありません。

大切なことは、あなたが一生を一人で過ごすのか、それとも伴侶と寄り添って生きていきたいのか選ぶことです。結婚を焦る30代と違い、シニア・中高年向けの婚活では、ゆっくりと相手のことを知りながら進んでいきます。

婚活パーティーでマッチングしたら、即交際しなければいけないというわけでもありません。まずは出会いの場に出て、同年代の方と話してみることから初めてみませんか?

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック