【宇城市への移住】住み心地はどう?暮らしの特徴・仕事・支援情報

この記事では、地方移住を検討している方に向けて、熊本県宇城市(うきし)で暮らす魅力を紹介します。

宇城市の魅力はなんといっても、生活のしやすさ。他の自治体とのアクセスも抜群で、土地の取得価格が安いので、便利に・お得に暮らせます。さらに子育て支援も手厚く、子どもを自然にふれさせながらのびのびと子育てできます。

この記事では、宇城市の地域振興課で働く北村さんにお話を伺いながら、熊本県宇城市の暮らしの情報や支援制度を解説していきます。

宇城市市役所の地域振興課で働く北村さん

宇城市ってどんなまち?4つの特徴をご紹介

熊本県宇城市:暮らしの特徴

宇城市は、自然も生活の便利さもあり、子育てがしやすいまちです。土地の取得価格が格安なので、お得に暮らしやすいのも大きなメリット。

そんな宇城市への移住におすすめな人の特徴は、次の通りです。

  • 山と海の魅力を満喫しながら便利に暮らしたい人
  • お出かけ先や職業の選択肢がたくさんほしい人
  • お得に住宅を取得したい人
  • 共働き世帯で子育てをしている人

それでは、なぜこのような方におすすめなのか、その理由となる特徴を解説していきます。

特徴1:海も山も満喫できる

山と海がある宇城市

宇城市の魅力は、海も山もあって自然が身近にありながら、便利に暮らせる点です。

「若宮海水浴場」では、海水浴ができるのはもちろん、キャンプ場が併設されているためキャンプも楽しめます。バーベキューもできるので、市内でとれた海の幸を満喫するのもおすすめです。

宇城市の山におけるおすすめスポットは「大見石畳公園」です。地元の人にもあまり知られていない公園で、木や苔に囲まれた神秘的な場所なんですよ。近くには清流が静かに流れ、極上の癒しを感じられます。ハイキングで訪れれば、森林浴にもなりリフレッシュできます。

そして「三角岳」は、海と山を両方とも楽しめるスポット。標高は約400メートルと高くはないですが、登りごたえがある場所もあり、緑を感じながら爽快な気分で登山できます。登山の最中には、市内の港や橋といった宇城市の街並みはもちろん、美しい海も見られます

このように宇城市では海と山の自然を満喫できる一方、大型ショッピングモールもあり買い物には全く困りません。他の自治体とのアクセスも良好であるため、のびのびと豊かな気持ちで暮らしやすいまちです。

特徴2:熊本の真ん中にあり移動がしやすい

宇城市のJR三角駅

宇城市はあらゆる場所とのアクセスが良好であるため、移動しやすいのが大きな特徴。

宇城市は熊本の真ん中にあるので、九州内の観光やドライブなどにも気軽に出かけられます。海が魅力の天草にも、山が魅力の阿蘇までも、車に乗って1時間で行けますよ。少しだけ足を延ばせば、2時間弱で福岡にも行けるので、お出かけ先の選択肢は豊富です。

また、県庁所在地である熊本市へのアクセスも抜群です。宇城市の市街地から熊本市まで電車に乗って17分、車で約40分です。十分に通勤・通学圏内なので、職場や子どもの高校の選択肢も広がります

ブランド品や衣料品などを買いに、熊本駅周辺やアーケード付近のデパートやショッピングモールにいく人もいるんだとか。

宇城市は移動がしやすいからこそ、お出かけ先や職業、進路の選択肢がたくさん持てるので、自分のやってみたいことに挑戦しやすいのではないでしょうか。

特徴3:地価が格安で住宅が取得しやすい

宇城市の街並み

宇城市は熊本市へのアクセスが良好でありながら、地価はなんと格安な場所なんです!実際に、県内の他地域と地価を比較してみました。

▼宇城市と県内他自治体との地価比較

地価(1平方メートルあたり)
宇城市 19,500円
熊本県平均 29,000円
熊本市 65,200円
宇土市 37,400円

出典:熊本県「令和3年熊本県地価調査(令和3年7月1日時点)」

県全体や他自治体と比較しても、地価が圧倒的に低いことがわかります。熊本市へのアクセスがよく便利さを十分に感じられるにもかかわらず、住宅を取得しやすくお得に暮らせるのが嬉しいポイントです。マイホームの取得も一気に現実的になりますね。

そして「空き家改修等補助」によって、さらにお得に住宅を取得できます。※詳細は必ずご確認ください。

▼「空き家改修等補助」の概要

概要 空き家・空き地バンクを通じて空き家を購入したり賃貸したりした場合、リフォームにかかった費用の補助が受けられる。
補助額 補助対象経費の2分の1
補助金の上限額 100万円

参考:UKINISUM「補助制度」より

空き家をリフォームすると、最大で100万円もの補助金が受け取れるのは助かりますよね。地価の低さもあり、宇城市はかなりお得に住宅を取得できるといえそうです。

便利に暮らしながらも住宅コストを低く抑えられるので、お金も貯めやすいのが大きなメリット。「マイホームをお得に取得して、貯金額を増やしたい」という人に宇城市はおすすめの移住先です。

特徴4:子育て支援が豊富で手厚い

宇城市は子育て支援が豊富で手厚いのもうれしいポイントです。子育て支援の一部をご紹介しますね。

  • 無料で妊婦健診が受けられる
  • 出生児一人につき最大で42万円もの「出産育児一時金」を受け取れる
  • 子育ての悩みを「こども相談室」に相談できる
  • 産後に育児・家事が困難になった場合、ホームヘルパーを派遣し家事を手伝ってもらえる
  • 認可保育園で延長保育と病児保育を受けられる
  • 保育園の副食費が無料
  • 夜間に子どもが体調を崩した場合、小児科医から応急処置のアドバイスが受けられる
  • ファミリーサポートセンターで1時間600円から子どもを預かってもらえる

出産から子育てまで支援が充実していることがわかります。子どもの預け先の選択肢があったり、金銭的な負担を減らしてくれる支援があったりするので、子育てに余裕を持ちやすいです。子育てに困ったことがあったら相談先もたくさんあるので、一人きりで悩む必要もありません。

いざというときに頼れる子育て支援が充実しているので、「移住したいけど周りに頼れる人もいないし、子育てがきちんとできるか不安…」という人も心強いのではないでしょうか。宇城市は、仕事と育児の両立をしなければならない共働き世帯にもぴったりな移住先です。

熊本県宇城市の暮らし

宇城市松合地区の街並み

宇城市の特徴を知っていただいたところで、次に宇城市への移住に役立つ生活情報をご紹介します。まずは、以下の概要をご覧ください。

気候 一年を通して比較的温暖で過ごしやすい。
年間平均気温17.1℃
人口 57,660人(2022年4月時点)
病院 45施設
学校 小学校12校、中学校5校、公立高校2校、特別支援学校3校
イベント 小川初市、豊野さくらマラソン、オールドカーフェスティバルinみすみ、フラワーフェスタ、みすみ港祭り、不知火・海の火まつり、ふるさと祭り(豊野町、松橋町、小川町)、不知火伝馬舟競漕大会、宇城市合唱祭、伝統文化芸能まつり、秋桜ジョギング大会、宇城市物産展「食とモノの祭典」、みかん狩りウォーキング、松橋初市
※感染症の影響等により現在行っていないイベントもあります
食べ物 不知火(デコポン)、いちじく、白玉粉,生姜、メロン、ポンカン、梨、ぶどう、桃、みかん、栗、柿、キウイ、干し柿、すもも、梅、トクアミ、天然車エビ、ワタリガニ、シャク(穴シャコ)、アラジャク、トマト、なす、このしろずし
交通 ■鉄道
JR鹿児島本線:松橋駅、小川駅
JR三角線:石打ダム駅、波多浦駅、三角駅

■バス
九州産交バス・産交バス、熊本バス

■高速バス
松橋バスストップ(松橋インターチェンジに併設)ー氷川高塚バスストップ

■高速道路
九州自動車道
(熊本市南区)ー松橋ICー宇城氷川スマートIC

■港湾
三角港(重要港湾)
天草宝島ライン(シークルーズ)
近隣都市 熊本市、宇土市、上天草市、八代市、上益城郡甲佐町、下益城郡美里町、八代郡氷川町
アクセス 熊本市:【車】約40分、【電車】17分
福岡IC:【車】約75分、【電車】約1時間30分(松橋駅から)
東京:2時間(宇城市から阿蘇くまもと空港まで車で約30分、阿蘇熊本空港から羽田まで約90分)

大都市とのアクセスも良好で、駅が市内に5つもあり、移動に便利であることが改めてわかりますね。阿蘇くまもと空港を利用すれば、約2時間で東京に到着します。

そして、宇城市には世界文化遺産である「三角西港」があり、石炭産業で重工業化に貢献した港として広く知られています。市内には歴史的建造物が数多く残っており、近代の産業化における歴史を感じられることでしょう。

世界文化遺産である三角西港
▲世界文化遺産である三角西港

また、宇城市は特産品である農産物が多いこともわかります。宇城市内の道の駅には物産館があり、野菜の入れ替わりが1日に数回あるほど野菜が多く売り出されるそう。他の自治体と比べても物産館の品数が多く、他の地方からわざわざ物産館に訪れる人がいるほど人気です。

宇城市で栽培されているシャインマスカット
▲宇城市の特産品であるシャインマスカット

宇城市で栽培されている柑橘類
▲宇城市では柑橘類も豊富にとれる

豊富に特産品があるため、9月には『宇城市物産展「食とモノの祭典」』が開催されます。地元の特産品を売るテントが立ち並び、「新米すくい」などのイベントも行なわれ、にぎやかな雰囲気です。

おいしい食材を地産地消で普段から食べられると、生活の質がぐっと高まりますよね。

仕事:熊本市の求人とあわせて選択肢が豊富!起業も◎

大手求人サイトで宇城市内の正社員情報を探したところ、約3,000件の求人情報が見つかりました。また、ハローワークインターネットサービスで宇城市の求人を探したところ、約800件がヒットしました。事務、梱包、製造、品質管理の仕事が多い傾向にあるようです。※縁結び大学独自調べ(2022年11月)

宇城市内にも求人は揃っていますが、宇城市役所の北村さんによると、宇城市内で働く人より熊本市で働いている人の方が多い傾向があるそう。大手求人サイトで熊本市の正社員情報を探したところ、約39,000件の求人があり、よりどりみどりであることがわかります。※縁結び大学独自調べ(2022年11月)

また、宇城市役所の北村さんによると、空き家を活用して民泊やカフェを開業する移住者もいるそうです。地域の結びつきが強い場所なので、地域に密着したビジネスは向いている傾向があります。地価が安く固定費が抑えられるため、起業する場所としてもぴったりですね。

加えて宇城市には、起業や創業をサポートしてくれるビジネスサポートセンター「OGAWA Lab.&うきコテナ」があります。コワーキングスペースはもちろん、試験的に店舗を運営できる「コンテナハウス」も併設されています。

ビジネス目的の利用なら使用料の減免制度がありますので、宇城市で起業や創業を考えている人は活用してみましょう。

参考:UKINISUM「施設のココがすごい!」より

住まい:「宇城市空き家・空き地バンク360」の活用がおすすめ

物件情報サイトで宇城市の物件を探したところ、以下のような情報が見つかりました。

▼宇城市の物件情報

賃貸 約300件
購入 約20件

※縁結び大学独自調べ(2022年11月)

宇城市の物件における選択肢は少なくはないので、住む場所が見つからなくて困る心配はなさそうです。宇城市役所の北村さんによると、最近では空き家改修補助金を使用して空き家を購入する人が増えたそうです。

「宇城市空き家・空き地バンク360」では、地域や物件状況ごとに空き家を探すことが可能です。「360度画像」を活用すれば、気になる物件の内観を360度見渡せます。お家にいながらにして、内見のように物件情報を確認することができますよ

「宇城市空き家・空き地バンク360」の物件掲載情報は以下の通りです。

▼「宇城市空き家・空き地バンク360」の掲載物件

件数 価格帯
空き家(賃貸) 3件 4.5万円ほど
空き家(購入) 約20件 120万円~2,300万円
空き地(賃貸) 3件 4万円~5万円
空き地(購入) 約45件 10万円~2,600万円

空き地が10万円で購入できることもあり、その価格に驚きますよね。「宇城市空き家・空き地バンク360」には、100万円以下で購入できる土地が多数掲載されていました。

また、掲載物件の中には農地付きの空き家物件もあります。「移住して農業に挑戦したい」と考えている人にはうってつけの物件ですね。※諸条件があるため詳細はお問い合わせください。

そして、戸建ての賃貸住宅も5万円前後の手頃な価格で掲載されています。家族全員で住めるような広さで、スーパーや学校に近い賃貸物件が掲載されることもあります。

家族で移住を検討している人はもちろん、お得に住まいを探したい人には「宇城市空き家・空き地バンク360」の活用がおすすめです。

>>「宇城市空き家・空き地バンク360」はこちら

宇城市へ移住した人の声:地域の人が優しく、とにかく暮らしやすい!

熊本県宇城市:移住者の声

ここで宇城市に移住した人の声を紹介していきます。

  • どこへ行くにもアクセスがいいため、実家への帰省や趣味のために出かけやすい
  • 土地が安い!
  • 魚釣りや海水浴、登山をして自然に触れる機会が増えた
  • 海鮮が絶品!
  • 人と人との距離が近い
  • 地元の方にはいつも親切にしてもらえる
  • 生活に必要な施設は近くに全部そろっていて、暮らしやすい
  • 子育てがしやすい

宇城市へ移住した人のお話を聞くと、宇城市はあらゆる面で暮らしやすいことがわかりますね。他の自治体へのアクセスが良好で、自然も便利さも兼ね備えているという魅力を改めて感じられます。

宇城市には優しい人も多く「宇城市へ移住してきたときに歓迎を受けてうれしかった」と語る移住者もいます。地元の人たちの優しさも、宇城市での暮らしやすさにつながっているのかもしれませんね。

東京圏からの移住者は移住支援金を受け取れる

宇城市の情報を集めたり、宇城市へ実際に訪れたりする中で移住する決断ができたのであれば、いよいよ移住を行動に移しましょう。

もし東京圏から宇城市に移住して就職や起業、テレワークをする場合は、移住支援金を受け取れる可能性があります。移住支援金の助成額は以下の通りです。※詳細条件は必ずご確認ください。

▼移住支援金の助成額

2人以上の世帯 100万円
単身 60万円

さらに、子育て世帯の場合は、18歳未満の子ども1人につき最大30万円を加算した支援金が受け取れます。

住居を新しく見つけたり引っ越しをしたりと、移住には金銭的な負担がつきものです。東京圏からの移住者は、移住支援金を受け取って少しでも金銭的な負担を減らしましょう。

参考:UKINISUM「補助制度」より

新婚世帯に対する補助金もあり

また、宇城市では新婚世帯(※)を対象に、家賃や引っ越代といった住居費用の一部を補助する「宇城市結婚新生活支援事業補助金」も用意しています。

※夫婦ともに婚姻日における年齢が39歳以下

▼補助金の額(1世帯当たりの上限額)

夫婦ともに29歳以下の場合 60万円
それ以外の場合 30万円

宇城市結婚新生活支援事業補助金は予算額(900万円)に限りがあるため、利用したい場合は早めに申請するようにしましょう。※詳細条件は必ずご確認ください。

参考:宇城市役所「新婚さんの新生活を応援しています!!」より

熊本県宇城市への移住のお問い合わせ

宇城市のひまわり園

担当課 市長政策部 地域振興課
住所 〒869-0592
熊本県宇城市松橋町大野85
電話番号 0964-32-1111 
FAX 0964-32-0110
公式サイト https://www.city.uki.kumamoto.jp/ukinisum/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック