福井県高浜町への移住!まちの魅力・仕事・住まい情報を徹底解説|縁結び大学

この記事では、地方移住を検討している方に向けて「福井県高浜町」をご紹介します。

高浜町は、福井県西端に位置するまちです。町内には、アジア初のブルーフラッグを取得した「若狭和田ビーチ」など8つのビーチがあります。美しい海のそばで暮らしたい方には大変おすすめの移住先です。

また「もっと幸せに子育てできるまち」を目指し、地域ぐるみでさまざまな取り組みを実施。子育て世帯の方に嬉しい支援がたくさんあります。

そんな高浜町について、魅力や住まい・仕事探しについてなど、移住に役立つ情報をたっぷりとお届けします。

本日お話を伺った方
男性スタッフのアイコン

高浜町役場 総合政策課

小原 一輝さん

高浜町の暮らしの特徴3つ

高浜町の暮らしの特徴

地方移住を検討している方の中でも、特に次のような方には高浜町がおすすめです。

  • 豊かな自然、特に美しい海のある風景が好き
  • 子育て支援の手厚いまちで暮らしたい
  • 禅の文化に興味がある
  • 心身ともに穏やかで、健康的な暮らしがしたい

なぜこのような方に高浜町が向いているのか、その理由を踏まえつつ、高浜町の暮らしの特徴を紹介していきます。

特徴1:「ブルーフラッグ」取得!美しい海のあるまち

高浜町の全景

高浜町は、8つの海水浴場を有する「海のまち」です。京都方面からのアクセスが良いので、関西にお住まいの方の中には「行ったことがある」という方もいらっしゃるでしょう。

アジアで初めてブルーフラッグ認証(“きれいで安全で誰もが楽しめる優しいビーチ”であることを示す国際認証)を取得した「若狭和田ビーチ」をはじめ、どの海水浴場も白い砂浜で、抜群の透明度を誇る遠浅のきれいな海。

ビーチにはそれぞれ特徴があり「美しい景色を眺めたい」「子連れでのんびりと泳ぎたい」「サーフィンやSUPをしたい」など、気分やお好みで選ぶことができます。

海の波打ち際
▲高浜の海は、圧倒的な透明度。「日本海とは思えない」と驚かれることも多いそう

海でSUPをする人々
▲SUPでゆったりと海上散歩。奇岩めぐりなども人気

海の向こうの山に沈む夕日
▲「若狭富士」とも呼ばれる青葉山に夕日が沈む風景は、日本夕日百選にも選ばれている

若狭高浜花火大会の様子
▲若狭和田ビーチから城山海水浴場までの浜辺で行われる「若狭高浜花火大会」は、高浜町の夏の風物詩

季節や時刻によって異なって表情を見せる、美しい高浜町の海。マリンスポーツや、海のある風景が好きな方には、たまらない環境ではないでしょうか。

特徴2:地域ぐるみで子育て世帯をサポート

子育て包括センター「kurumu」を利用している人々

高浜町の子育てに対する取り組みは、各所で高く評価されています。

2019年度、高浜町の子育て支援活動「kurumu(くるむ)」は、グッドデザイン賞(地域・コミュニティ部門)を受賞しました。これは、子育て世代包括支援センター「kurumu」を中心に、地域全体で子育て支援をする取り組みを行ったことが評価されたものです。

子育て世代包括支援センター「kurumu」のプレイルーム
▲「対話・成長・心」をコンセプトに作られた、子育て世代包括支援センター「kurumu」のプレイルーム

子育て世代包括支援センター「kurumu」のプレイルーム

取り組みは、子ども達が地域の「ぬくもり」に包まれて育ち、そのぬくもりを次の世代に伝えられることを目指しています。そのために、地域の資源・素材やイベントなど、数々の要素を横断化し、切れ目のないサイクルが作られました。

中でも特徴的なのが「産後ケアデイサービス」。産後のお母さんが心身の疲労をリフレッシュするため、町内の旅館でゆっくり昼食をとったり、お母さん同士の交流を行ったりできる制度です。

利用料の一部は町が負担。町内で子どもを産んだ方の大半が利用するほど好評で、この制度単独でも、厚生労働省のアワードを受賞しています。

詳細:「第8回 健康寿命をのばそう!アワード」母子保健分野(PDF)|厚生労働省

そのほか、経済的な支援や、子どもの遊び場も充実。あらゆる面から子育てをバックアップする高浜町の体制は「知り合いのいない移住先での子育てが不安」という移住者にとっても、心強い味方となりそうです。

子育て支援(一例) 〇小・中学生の給食費無償化
〇小・中学校の教材費無償化
〇小学校・中学校の入学時や中学校の卒業時などに応援金を給付
〇中・高生通学費助成 など

特徴3:「禅」と「自然」が叶える、穏やかで健やかな暮らし

お寺の中で座禅をする人

高浜町は、日本人の僧としてはじめて欧米に仏教を紹介し、「禅(ぜん)」を「ZEN」として伝えた釈宗演の生誕の地。禅の文化にゆかりの深いまちです。

若狭でも数少ない臨済宗建仁寺派の「大成寺」では、住職が説法と座禅を指導する、座禅体験を行っています。自然豊かで静かな環境の中での座禅体験は、心を落ち着かせ、リフレッシュさせてくれるかもしれません。

また、「薬草の宝庫」といわれる青葉山のふもとには、薬草に特化した食や、薬膳茶づくり体験などを行う「青葉山ハーバルビレッジ」があります。おいしい空気と薬草に囲まれ、楽しみながら健康づくりを目指すこの施設は、ナチュラル志向の方におすすめ。

ハーバルビレッジで薬膳茶作りをしているところ
▲ハーバルビレッジでの薬膳茶作り。青葉山には、数多くの薬草やハーブが自生している

都会で多忙で情報過多な生活を送りながら、ゆったりと穏やかな、心身ともに健康で豊かな暮らしに憧れている方も多いのではないでしょうか。高浜町は、そんな理想を叶えるヒントがたくさんあるまちです。

高浜町の暮らしに関する情報

ここでは、移住を検討するうえで重要となる、高浜町の暮らしに関してのさまざまなデータをお届けします。

気候

1月:平均気温3.8°C
8月:平均気温27.0°C
(高浜町内に観測地点がないため、小浜地点を参照)
※参考:気象庁ホームページ

人口 人口:9,780人
世帯数:4,282世帯
(令和5年4月末時点)
近隣都市 大飯郡おおい町
京都府:綾部市、舞鶴市
公共交通 鉄道:JR西日本小浜線
路線バス:京都交通
大都市へのアクセス 大阪へ:電車(特急利用)で約2時間
名古屋へ:電車(特急利用)で約3時間半
東京へ:新幹線+電車(特急利用)で約4時間半
病院 一般診療所4、病院1、歯科2
学校 中学校2、小学校4、保育施設5
名所 城山公園・明鏡洞、日引の棚田、青葉山、安土山公園、音海大断崖
名産・特産 ふぐ、若狭ぐじ(甘鯛)、桜干し、杜仲茶

高浜町は季節によって、気候のギャップが大きいまちです。春から秋は気候が良いうえ、夏は海を目当てに訪れる観光客も多く活気があります。

一方で冬場はシーズンを通して曇りがちで、からりと晴天という日は少なめ。ただ、雪が積もるのは年に1~2回程度なので、雪対策については大きな心配はなさそうです。

生活に関しては、町内にスーパーが数軒あり日常の買い物は事足りますが、大型ショッピングセンターへ出かけることや、通勤・レジャーなどの便を考えると、車は必須です。

福井県の西端にある高浜町は京都府と接していて、高速道路を使わなくても2時間くらいで行き来できる距離感です。昔から、関西方面の避暑地として民宿などの多かったまちでもあり、他地域からの人や色々な文化を柔軟に受け入れる風土があります。

高浜町には、美しい自然の風景に出会えるスポットが多数あります。

戦国時代に築城された高浜城の跡地である城山公園には、長い年月をかけて日本海の荒波が作り上げた8つの洞穴があります。その1つ「明鏡洞」は、穴の彼方に見える水平線が、鏡に映った美しい景色のように見えることからその名がついた名勝。釣りなど、さまざまな遊びを楽しむこともできます。

明鏡洞の前にたたずむ女性
▲城山公園内には遊歩道が整備され、展望台からは、若狭湾や、さまざまな奇岩などの風景が眺められる

明鏡洞で水遊びをする人々

山容の美しさから、別名「若狭富士」とも呼ばれる青葉山は、登山をする人から人気があります。その中腹にある中山寺の山門から見渡す、海を抱くようなまちの眺めは絶景です。

中山寺山門
▲中山寺は、北陸三十三ヶ所観音霊場第1番。本堂や金剛力士像は国指定重要文化財に指定されている

町内の漁港では、さまざまな種類の魚介類が水揚げされます。特に3月~11月頃は、ブリ、鯛、白身の魚がよくとれて人気。高浜町に暮らしたら、日々、旬のおいしい魚介類を味わうことも楽しみの1つになりそうです。

【仕事】起業や兼業、ワーケーションなど新しいチャレンジが盛ん

2023年5月現在、大手求人情報サイトで高浜町の正社員求人を検索すると、約800件がヒットしました。町内には、関西電力の「高浜発電所」があり、関連のお仕事が多く見つかります。

また、探す範囲を高浜町から25km圏内(通勤30分程度)まで広げると、約3.700件まで増加。京都府舞鶴市なども選択肢に入ってきます。
参考:正社員求人情報の一例(高浜町内)
参考:正社員求人情報の一例(高浜町から25km圏内)

高浜町の商工会のサイトでは、町内の求人情報とともに、就職フェアや支援制度の案内も掲載されているので、こちらも参考にしてみてください。

公式:たかはま求人

現在、高浜町では主に若い方が、新しい働き方にチャレンジをするケースが増えてきているそうです。起業や兼業、地元で会社勤めをしながら漁師もするなど、形態は色々。また、ワーケーションも人気があり、高浜町の美しい自然や、海や禅などのアクティビティを楽しみながら仕事をする人も多数。町内にはワーケーションの拠点となるカフェや宿泊施設なども充実しているので、ぜひ自分らしい働き方を探してみてください。

公式:Workation Takahama

【住まい】住宅・店舗のリフォームに使える支援あり

2023年5月現在、大手住宅情報サイトで高浜町の賃貸物件を検索すると、約15件がヒットしました。
参考:賃貸物件の一例

また、空き家バンクでも賃貸・売買両方の物件が見つかります。
参考:空き家バンク|高浜町

空き家の状態は、すぐに住める状態の物件から大幅な補修が必要な物件までさまざまです。空き家のリフォームに関しては以下の支援も利用できるので、あわせてチェックしてみてください。

空き家リフォーム支援事業 空き家を購入または賃貸し、町内業者によって、リフォームや空き家の荷物撤去処分をする方に補助金を支給
補助額:補助対象経費の2分の1の額(上限100万円)
住宅・店舗リフォーム支援事業 町内業者によって、住宅または店舗の一部をリフォームする方に、工事費用を補助
補助額:対象費用の20%(住宅で上限30万円、店舗で上限40万円)

高浜町へ移住した人の体験談・感想

高浜町へ移住した人の体験談

ここでは、実際に移住して高浜町に暮らしている方の体験談や感想をご紹介します。

  • 海も空気もきれいで自然がいっぱい。大人も子どもものびのびと過ごせている
  • 京都や大阪に出やすくてお出かけの選択肢が多いところが気に入っている。買い物をする場所は少ないけど、ネット通販なども使えるのでそれほど不便は感じない
  • 釣りが趣味で、以前から高浜町に釣りに通っていた。趣味を含めての移住ができてとても充実している
  • 経済面でも環境面でも、育児支援の充実していて、子どもを育てるにはとても良い環境
  • 地域全体に「お互い様」という自然な助け合いの精神がある。子ども達のことも見守ってもらえて、とても安心感がある

海をはじめとする豊かな自然環境の中で、のびのび暮らせるという声が多く見つかりました。子育て支援が充実しているということもあり、特に子育て世帯の方の満足度が高いようです。

高浜町への移住に関するお問い合わせ先

高浜町への移住のご相談は、高浜町役場の総合政策課で受け付けています。移住を検討している方、高浜町についてもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせをしてみてください。

また、高浜町在住のフォトライターが情報を発信する、移住定住ポータルサイト「ピン!ト」にも、高浜町の魅力や、移住に役立つ情報がたくさん紹介されています。

公式:移住定住サイト「ピン!ト」

担当課 高浜町 総合政策課
住所 福井県大飯郡高浜町宮崎86-23-2
電話番号 0770-72-7711(土・日・祝日、年末年始除く)
対応時間 8:30~17:15
公式サイト https://www.town.takahama.fukui.jp/page/sougouseisaku/p007341.html